« はじめに | トップページ | Operating System Not Found »

2004.01.07

なんでお茶習ってみたのか

なんだかんだで私が茶道を始めて3年たった訳ですが、正直あんまり茶道が似合うような外見&内面ではないと自覚はしています。
以前から何か習い事したいなあとは思ってたんですよね。
ただ、仕事に直結するような「スクール通ってキャリア積んでバリバリ仕事するわ~」みたいのは味気ないし、せっかくだから日常から隔絶した空間を作りたかったのかなあ。

そもそものお茶との最初の出会い(ってほどでもないけど)は、まだうら若かったころの私が京都に旅行に行ったときのことでした。
たまたま入った喫茶店だったかで、とあるお寺のご住職と話をする機会がありまして、「一般客に公開してないとこ見せてあげる」って山門の内部に入れてもらえたんですね(これはものすごい感動でした)。
その時さらに、たまたま境内で野点をやっていまして、せっかくだからと薦められたのですが抹茶なんて飲んだこともなくておろおろしていたら、そのご住職が「作法なんて気にせんでもいいんですよ」って、片手で茶碗もってぐいっと一気飲みされたんです。
それが嬉しいやら恥ずかしいやらカッコイイやらで、せめて飲むくらいはキレイにできたらいいだろうなあと、その時はうっすら思ったわけです。

私が正座してじっと黙って集中(緊張)してる姿ってのもなかなか見ものな訳ですが、きちんとそれなりにボケもかましている訳でして、けっこう楽しくやってるとこを見ると、意外にも性に合っているようです。

|

« はじめに | トップページ | Operating System Not Found »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/79419

この記事へのトラックバック一覧です: なんでお茶習ってみたのか:

« はじめに | トップページ | Operating System Not Found »