« 続くといいねっ | トップページ | なんとかしてよ~~~ »

2004.01.18

けっこう合っているのか

以前もちょっと書いたんですが、お茶を習っていても特に仕事や実生活で非常に役に立つ、ということはあまりありません。
茶道と言ってもぶっちゃけた話、お茶点てて飲む、という行為に尽きるわけですから、それだけでは当然ながら教養が身につくということもなく。
もちろん、もっと良い(授業料の高い)教室にいけば、良い(高価な)道具を愛でる機会も与えられ、そこそこの審美眼も得られるかも知れません。
ただ、私が求めているのはそういう、いわゆる「教養」としての茶道というよりは、自分の生活にアクセントをつける、みたいなものなので、けっこう今の教室で合っているのでしょう。
仕事や普段の生活の雑用に追われて疲れてるときは、今回は休んじゃおうかなとか思ったりもするんですが、これが案外がんばって行ってみると帰りには「やっぱ行ってよかった」ってなってたりします。
たかだか3年しかやってないわけですから、お茶の世界ではまだまだ鼻タレ小僧であり、所作が美しくなったともあまり実感できてないのですけど(笑)、やっぱり安堵できる場所が一カ所あるって良いことですよねっ。

私が習っているのは、裏千家茶道です。
「表道具、裏点前」と言われるように、表千家は道具類が華やかで、裏千家は点前の仕方が優美だと言うことです。
さて、私の所作はいつになったら優美になるのでしょうか???

|

« 続くといいねっ | トップページ | なんとかしてよ~~~ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/111831

この記事へのトラックバック一覧です: けっこう合っているのか:

« 続くといいねっ | トップページ | なんとかしてよ~~~ »