« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月の39件の記事

2004.04.30

今回は大丈夫ってことで

アライメント調整をどうしようかやっぱり気になったので、昨日タイヤショップに行って話を聞いたんですが、お店の人も「無理にアライメントやらなくていいよ」と言ってくれました。
今回は、空気圧だけ見てもらって出かけることになりました。
なにか調子が変、とかなら見ないとだけど、特にそういうこともないので今回は大丈夫でしょう、ということで。

考えたら、ホイール変えるたびにいちいちアライメント調整やるなら、ローテーションするたびにやらなきゃいけないじゃん、て話にもなりますもんね。
今回はインチアップもしたので、それだけが気がかりだったんですが、どこかのトラックみたいにホイールごとハズれて吹っ飛ぶということもなさそうです。

あとは、タイヤが替わって燃費がどうなるか、これも興味のあるとこかなあ。
岩手に入ってしまえばそう渋滞もないので、いつもコンスタントに同じ燃費で走れるんですよね。
都内をイライラしながら走ってるときは、いつも1リットルあたり7キロ前後しか走れないんだけど、岩手に行くと12キロくらいに伸びるんです、こりゃひでえや(涙)。

モブログの設定もしたので、ケイタイから記事をアップできるかも知れません。
岩手の美しい自然を紹介できるかも~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そんなでもなかった・・・。

あちこちのブログで、アクセス解析の解析?が掲載されていますが、ほっんとうに検索で来る人って多いんですねえ。
そんで、自分のとこはどんな経緯で来るんだろう?と思ってちょっと前にKent WebAccess Reportを入れてみました。
タグはいつものようにサブタイトルに放り込んでいます(笑)。

検索サイトから来た人は、1000人中244人(Access Reportは1000カウントまでの統計しか取らないのです)。
みんな多い多い、っていうけど、こんなもんかと。
キーワードはいろんな言葉がパラパラあって、統計の取りようもないんだけど、「リート彗星・リニア彗星」や「恐竜博」など、なんとなく今っぽいネタがやや多い気もしなくもなく。
時事ネタ・ニュースっぽい言葉のものは一切ありませんでした。
そりゃそうだ、そういうの一個も掲載してないもん。

というわけで、「日々カタログ。」と同じように(笑)、私のとこも検索にひっかかりやすいblogではない、ということが判明しました。
おそらく日々カタログ。で「カツラ ハゲ」で検索した人と、私のとこで「画像 食い込み」で検索した人は同一人物かと思います(爆)。
確かに私自身も調べ物をしたくて検索してて、blogっぽいとこがひっかかってもあまり進んで見ようとは思わなかったりします。
ニュースものなんかで、たまに「他の人はどう考えてるんだろう?」ってのを知りたいときは、積極的に見たりはしますが、たいていはニュースサイトのコピペだけとか、あってもありがちな感想だったりして。
いろんな人に見られる場所ではあまり過激な意見や、突出した考えは書きにくいでしょうから、それは仕方ないですね。

そんな訳で、せっかくつけたアクセス解析も「来てくれたのに内容なくて申し訳ない」と、恥ずかしい思いをしただけで終わってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.29

アライメント調整は必要?

ゴールデンウィークに車で帰省しようと思ってるんですが、こないだタイヤとホイールを交換したばかりなんですよね(16から17にインチアップ)。
で、タイヤショップの人には「アライメントの調整したら?」って言われたんですが、人によっては「そこまで必要ないよ、四駆だし」って言うこともあり。
それで悩んでるんだけど、ホイール変えたくらいならアライメント調整までしなくてもいいんでしょうか?
挙動が変、とかは特に感じてません・・・むしろ好調なんでどうしたもんかと。
いちおう空気圧チェックだけはしておこうと思うんですが(窒素充填済)。
例によって長距離ドライブになるので、(いちおう)安全運転励行で行こうと思ってますです。

・・・つうか、どうせ渋滞だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.28

おうちに帰ろう

みなさんには「実家」がありますか?
私は結婚するまで実家にいたし、結婚したあとも実家とは5kmと離れていないところに住んでいるので、近すぎて「自分の実家に帰省」というイメージにはほど遠いんです。
でも、ダンナ様の実家は岩手県釜石市なので思いっきり帰省のしがいがあって、ああ、帰省というのはこういうものだと思いっきり実感できるのです。

ちなみに「駅すぱあと」でJR山手線の新宿駅からJR釜石線の釜石駅までを調べてみると

新宿
 ↓ JR埼京線快速 30分
大宮
 ↓ JR新幹線やまびこ 166分
新花巻
 ↓ JR釜石線 112分
釜石
電車に乗ってる時間だけで合計6時間8分(距離579.1km)・・・・。
片道料金14,360円です。
釜石の駅前に家があればいいけど、残念ながらそこからバスに揺られて数十分ですから、行き帰りの2日間は移動で終了、というわけですね。

最近は車で行くことが多いんですが、これもまた大変です。
東北道だけで約500km、一般道も入れると700mk近い行程です。
都内の一般道では渋滞に悩まされ、岩手に着いてからはワインディングロードでジモティの軽自動車に煽られ(おじさんもおばさんもなんであんなに飛ばすんだよ~)、途中食事やトイレ休憩も入れるから結局は1日仕事。

最初はつらかったですね~~~~。
家族も親戚も気を遣わせない人たちばかりなので、それだけが救いでしたが、やっぱり1日かけて慣れない土地に行くのは、旅行と違って本当に苦痛でした。

でも何度か帰省するうちに、だんだん周りの景色を見る余裕も出てきて、長い運転も苦にならなくなってきました。
雪をいただいた険しい山々がつらなる蔵王、霞をたなびかせ豊かに広がる遠野盆地、紅葉で真っ赤に萌える北上山地、どれを見てもただただ感動するばかり。
私の母の実家も自然が多いとこだと思ってたけど、やはり格が違います。
中継地点で必ず寄るおいしいお店も見つかりました。
ドライブは本当に楽しいし、実家についてから手作りの地元のお菓子をいただいたり、素朴な郷土料理をいただいたり、今は帰省するのが楽しみになりました。

このゴールデン・ウィークはうまく行くと帰省できるかも知れません。
萌葱色に淡く彩られた若々しい山と、優しいひとたちにまた会いに行ってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.27

全国ロケ地ガイド

前のエントリーの裏付け調査をしてたら良いサイトを発見したので紹介します。
「全国ロケ地ガイド」は、ドラマや映画のロケ地が画像で紹介されていて、年代別、俳優別、地域別でも検索できるので、「自分の家の近所であんなロケやってたのか!」とか、「あのロケ地はここだったのね~」ってのが分かって面白いです。
写真見てると、「はいはいはいはい、この場所覚えてるよ~」ってちょっと感動したりして。
うちの近所には東映があるからけっこうロケに使われてるんだよね~。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

第二大地の建築(壊)

私の実家から車で10分ほどのところに、ナイスな建築がありました。

高崎正治設計の「第二大地の建築」という建物で、建設会社かなんかの社宅になっていて(住宅だよこれ!どうよ!)、数年前には「アフリカの夜」というドラマの舞台にもなりました。

なぜ「第二の大地」か、と言うと、第一の大地は地球の大地、そしてこの建築が第二、なんだそうです(意味不明、じゃなかったなるほどね)。
写真で建物の上に立っている巨大な茶色いアンテナみたいのは、植物の芽や花だそうです。
第二の大地から新たな命が芽吹いている、てなコンセプトでしょうか。
・・・・・・宇宙人と交信するためのものかと思ってた(思ってませんすいませんっ)。
なんとなく、「なんちゃってガウディ」と言えなくもないですが、高崎正治氏がガウディを意識していたかどうかは不明です(でもコンセプトは近いものがあるよね)。

あんまりバカっぽい、じゃなかった、ステキな建物だったので以前写真を撮ったのですが。
先日、そこを通ったらシートで覆ってあったので、改装でもしてるのかなと思ったら、なんと壊してました~~~~っ(涙)。
高崎正治さんという建築家の設計する建物は、いつもこんな感じで、なんというか、ずっと前に原宿に建てたビルなんかはできてたった2年で取り壊された(経済的理由とされています)のですが、第二大地の建築は1994年にできてから10年保ったから長持ちした方なのかもしれません。
社宅の持ち主側の経済的理由なのか、建物そのものの持久力的問題なのかは分かりませんが(あるいはやっぱり使い勝手悪かった、とか)、けっこうあのあたりでは有名なバカ建築、じゃなかったステキ建築だったので、とっても残念に思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

着物、自分で着られる?

みなさんは和服は自分で着られますか?
お茶会に出ようとか言ってるくせに、私は着物を着られません(涙)。
浴衣くらいはね、なんとか着られるんですよ。
以前、祇園祭に行ったときに「何がなんでも浴衣着てやる!」って、鏡の前で練習したんです。
浴衣なんつうものは、基本的には一枚しか着ないし、くるっと巻き付けて帯を適当に格好よく結べばいいんだから、これくらい着られたからってちっともイバれるもんじゃないです(涙)。

ですから、結婚式とかお茶会とかになると大金払って(涙)美容院で着せてもらうんですが、これがけっこう屈辱的なんですねえ。
私がよく着付けをしてもらう美容院の先生は、私の母とそう歳の変わらない方で、そんな方に帯を結んでもらったりするのが本当に申し訳なくて。
帯を締めるときはかなり力がいるのですが、若い私が何も手伝うこともできず、ただ棒立ちになって待っているだけです。

私は痩せているので和服を着るととても貧相に見えてしまいます。
だから、胸の上や腰、背中に大量に真綿やタオルを巻き付けるのですが、この上げ底たちが後で脱いでみると私と同じくらいの体積があったりして、これも恥ずかしー。
松島奈々子がCMで長襦袢姿になってお茶飲んでくつろいでいますが(長襦袢って色っぽいですねー)、私はあの時点ではまだ綿を全身に巻き付けているのでくつろげる状態にはないのです(涙)。
お太鼓くらいの簡単な着付けは自分でできるようになりたいなあと思いつつ、今回もやっぱり美容院でやってもらうことになりそうです。

今は大正時代あたりのレトロな柄の着物が流行っているから、あちこちに専門の古着屋さんがありますよね。
ってことは、ああいうのを買ってくみんなはきちんと着られるんだろうなあ、すごい尊敬~~~。

ところで、男性の浴衣姿もかっこいいですね~~~。
人によっては素浪人ぽくなっちゃうかも知れないけど、それでもやっぱり日本人は和服が似合います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.04.26

10ミニッツサービス(今度はTOYOTA)

さて、RX-8の試乗が終わってB4の元に戻ったら、なんと洗車してありました。
たしかに乾燥した空気のせいでボディの上半分がすっかり砂色になってました。
が、そこにいるのは美しいブルーパープルの輝きに戻り、斥候のようにMAZDA車に紛れ込みながらジッと主の帰りを待つ我がB4。
営業マンさんがニコニコしながら「だいぶお時間いただいちゃったので、洗車しておきました~」って言ってくださいました、ありがとう。

実はMAZDAに行く直前に、TOYOTAのディーラーに行っていたのです(昨日は他社ばっか行ったなあ・・・)。
TOYOTAのお店で10ミニッツサービスというのをやっていて、他社の車でもいいということだったので、そちらに寄っていたのでした。
室内消臭とかホイールの洗浄とかいろんな簡単メンテナンスが11項目あって、1種類1000円でやってくれるそうです。
今回はフロントガラスの油膜処理、コーティングと、ミラーの撥水加工の3種類をやってもらいました。
キャンペーン期間だったので費用は2500円でした。

その直後に洗車してもらったわけですねっ。
洗車したことのある方はお分かりかと思いますが、ガラスのコーティングとかって、洗剤で洗っちゃうと取れちゃうわけですねっ。
TOYOTAに払った2500円は何だったのか、という話ですねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.25

もうサバンナとは言わないのか?

今日はMAZDAに敵情視察に行ってきました。
SUBARUのライバルと言えばMAZDAかなと勝手に想像しています(MAZDAは相手にしてないだろうけど・・・)。
だって、お互い変なエンジン使ってるし、まあ水平対向エンジンはポルシェも使ってるけど、あそこは特別ですから(汗)。

本日乗ったのはRX-8 Type S(6MT)です。

営業マンさんにさんざんSUBARUの悪口言われて、若干ムッとしつつ(笑)ボンネットを開けてもらったとたん目がギラギラ。
ヤバイ、はめられかけてる。
やー、私はロータリーエンジンってテレビとか部品とかでしか見たことなくて、ああやってエンジンかかってる実車のを見たのは初めてでしたよ~~~。
ちっちゃいねえ~~~~、エンジンどこにあるのか分からないくらいちっちゃいですねえ。
ヤバイヤバイ、私は実はこういうバカな車、大好きなんだよなあ・・・・・。
今の車はオートマはまだしも、勝手にライトつけたり勝手にワイパー動かしたり、変な光線発射して前方の車をロックオンしたり、少し親切すぎるんですよね。
「余計なことをするな」と。
「機械は人間の言うことだけ聞いて、素直にその通り動いてりゃいいんだよ」と。
あと、ターボもなんとなく嫌い、なんか強引な感じだし。
今の車はトルクあるから、強引に過給機つけなくても充分ですね。

一発目くらいはエンストするだろうと思っていたら、意外や意外!相性が良いのかたまたまなのか、一発で動き出しました。
トルクが高いからなんでしょうか。
営業マンさんも、他のMTと比べると繋がりやすいって言ってました。
逆に普段からMT乗ってる人には違和感を与えるみたいですね。

2速でふかしましたよ~~~、だってやっていいって言ったんだもん。
速度はここには書けません(笑)が、ロータリーエンジンて、いわゆるレシプロエンジンと比べると、もっのすごい甲高い音なんですね。
なんていうか、普通の車はアクセル踏むと「ぶおーーー」って言うけど、ロータリーは「ひゃーーーー」って裏声って感じ。
MAZDAのエンジンは、回してナンボ。
もうカンカン回しまくってみたんだけど、良く回る回る、もーーーーー楽しいのなんのって、こりゃスポーツカーはたまりませんなあ。
ボディもやたら軽いから、吹っ飛ぶ吹っ飛ぶ!!!
初めて乗ったのに車体感覚もとっても分かりやすくて、もちろん何度かノッキングしちゃったけど、すぐに仲良くなれそうな感じではありました。
うーん、でもどうなんだろう?運転して楽しいという点ではWRXの方が楽しいかなあ・・・・、ま、これは好みですからねえ。

「アテンザのネット・ムービーのRUSHカッコイイですね」って話をしたらDVDもらっちゃいました~。
今でもネットで観られるそうです。
リュック・ベッソンがプロデュースしてるので、カーアクションはいいですよ~~。

え?RX-8買うのかって??
ダンナ様がこの夏の宝くじで2億円当てるそうなので、そのときに買おうと思っています。


このムービー、あのオチはナシだろう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.04.24

RallyJapanチケット情報発表

待ちに待って、若干くたびれた頃、ようやくWRCのRallyJapanのチケット販売情報が発表されました。
チケットは6月20日発売だそうです、けっこう先だなあ・・・。
日程は9月2日のセレモニー・スタートに続き、9月3~5日が本番、北海道帯広市など十勝地域で開催されます。

ソルバーグ~~~~~~、がんばれ~~~~!!
新井くんも頼むよ~~~~~!!!

チケットの価格などの詳細は6月15日に公式サイトなどで発表されるそうです。
きっとその直後からいろんなパックツアーも販売されるんでしょうねっ。
あーーー、行きたいなあ行けるかなあ。

WRC公式サイト(www.wrc.com/):http://www.wrc.com/
ラリー・ジャパンの公式サイト(RALLY JAPAN):http://www.rallyjapan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.23

みんなはどうしてるのかな?

あのーーー・・・・・今更なにかわいこぶってんだよ、って笑われるかも知れませんが・・・。
たとえば、MybloglistとかBlogPeopleとかで、
「あ、私のブログをリストに入れてくれた~」ってのを発見したとか、そういうサービスじゃなくてもリンク貼ってくれてるのを見つけたらどうすればいいんでしょうか?

ありがとう、って挨拶に行くべき?
自分も相互リンクすべき?
ものすごく大量のリスト作ってる方のはスルーしてもいいの?
気に入ったとこだけリンク貼ればいいの?
って、書いて、気に入ったとこだけリンク貼ったら「うちは気に入らなかったのかよ」って思われそうですよね。

そんなの気にするなって?
・・・・そうなんだけどね・・・・・・・・。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

理数科って数学習わないの??

私は高校で数学は1,2年生でしかやりませんでした、それも数1の基本的なことだけで授業自体もなんだか遊びみたいなものでした。
ところで、私のダンナ様は高校で理数科だったそうで、私と正反対のことやってたからなんだかそれだけで尊敬してしまうのですが(笑)。
ある時、ダンナ様に「高校の数学の授業って難しかったんでしょ」って聞いたら
「数学なんてやってないよ」というショッキングなお答え。
理数科のクセに何やってたんだよ!と思ったら、もうナントカ解析とか、ナントカ物理とか専門の授業に分かれていたので、「数学」なんて大ざっぱな授業はなかったんだそうです。なーるほど。

で、考えてみたら私は高校で芸術コースにいたのですが、やっぱり「美術」や「音楽」という授業はありませんでした。
美術専攻は素描・彩画・デザイン、音楽専攻はソルフェージュ・声楽・音楽理論・器楽など細かく分かれていたんですね。
そんな授業がてんこ盛りだったので、数学などは文部省(当時)に怒られない程度の最低のことしか習わなかったのでした。
クラスのほとんどが美大や音大を受験するし、私立大の受験科目には数学はなかったので習う必要さえなかったんです。
公立大でさえ、当時は筆記より実技の方を重視していたので、「テキトーにやっとけ」的雰囲気がありましたし。
今は足切りとか言って、学科の筆記試験も厳しくチェックされるようです。
大学で「I am tired」さえ読めないクセに(笑)とんでもない作品創るヤツがいたけど、そういう紙一重の天才はもう輩出されないのかも知れません。

大学は学部や専攻によって細かく分野分けされるけど高校もそうだったねと今更ナットク。
ってことはだよ、英文科とか国文とかも「英語」や「国語」は習わないのかな?

現在では彼の方が現代芸術に詳しく、そして私は恐竜に詳しい(恐竜って理数科か???)と、逆転しているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.22

スズメの仁義なき攻防

テラスに遊びに来るスズメたちに食パンをお裾分けするようになって数日。
スズメたちは「ここに来たら食い物が置いてある」というのを認識したようで、毎朝けたたましい嬌声で目が覚めるようになりました。
そんでいつも食パンばっかじゃ悪いかなあと思って(悪いか?)、小鳥用のエサなんか買っちゃって、毎日あげるようになったんですが・・・・。
いつも必ず来るのはツガイっぽい2羽なんですが、最近は他のスズメたちも来るようになって我が家のテラスはすっかりサンクチュアリと化したのかと思いきや。
どうにも毎日すさまじいファイトを展開しているんです。
この辺ではツガイの2羽の勢力がやや強いらしく、はじめのうちは他のスズメたちもなんとなく遠巻きに、その辺落ちてる殻なんかをついばんだりしてるんだけど。
やっぱねえ、おいしいとこ食べたいよねえ。
ついにガマンの限界が来ると、とても小鳥とは思えないような絶叫をあげてケンカになるわけです(汗)。
もうマジつっつきとかやってて、こんなとこで流血するなよ頼むから、ってくらい激しい殴り合いになってます。
・・・・なんか、鳥の社会もけっこう大変・・・・・。

↑強い2羽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亭主の言うことをお聞きっ!

先日稽古に行ったら、先生に「亭主役、やりなさいね」と言われちゃいました。
来月、私が通っている茶道教室でミニお茶会を催すのですが、私は教室の中ではまだまだヒヨッコなのでお手伝いだけでいいかなと思ってたんですが・・・。
なんでも亭主(お茶を点てる役)をやる人にキャンセルが出たとかで、私に白羽の矢が立ったんだそうです。
ありゃー。
ありゃー・・・・(嬉)。
帛紗、新しいの買っといて良かったわー。

実は2年ほど前にも、お茶会(と言ってもほとんど学芸会みたいなノリ)をやって初めて亭主役を務めたことがあるのですが、そのときはよっぽど緊張してたんでしょうね。
当日電車に乗ってから、会場が何駅にあるかも知らないことに気づいたものです。
慌てて家に電話して調べてもらったさ、つくづく携帯電話のある時代で良かった(涙)。

さて、抹茶には薄茶と濃茶の2種類がありまして、和風喫茶とかで出されるのは薄茶です。
適度にクリーミーな泡がたっていて、苦いけどお菓子と一緒にいただくとおいしいですよね。
でも、濃茶は薄茶の3倍くらいの抹茶を大量投入して、シャカシャカ混ぜるというよりはグリグリグリグリ練っていく感じで、できあがったものは見た感じ、青汁の濃縮液みたいになります。
あんまり練り過ぎると冷めて硬くなるので、茶碗を逆さにしても中のゲル状液体(涙)が出てこない場合もあって、飲んだあとはお歯黒ならぬお歯緑になったりします。
逆によく練られてないと粉っぽさが残って、思いっきりむせたりして。
それでも上手に点てられた濃茶はそりゃもーーーー、って感じでとってもおいしいんですよね。
まあ諸刃の剣とでもいいましょうか、当たりはずれが極端なわけです。

私は本番で、練る練る練るねの濃茶を点てることになりまして、本番までの稽古でドロッとした濃茶を点てまくって練習をすることになりました。
私はひたすら点てるだけだからいいけど、実験台になってひたすら飲まされる生徒さんは地獄だろうな・・・。

しかしあれだね、抹茶も確かにおいしいけど、香りはやっぱり煎茶にはかないませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.21

背景食い込み仲間ができた~っ!

檬花さんのキノミキノママで、さっそく画像食い込みにトライしてくださいました!!!わーーーい!やったねっ!
うおおおお、すっげえ美しく決まってるではないですか!!!
写真の位置も溶け込み方もとっても良い比率になってるし、なんかとっても嬉しくなっちゃいますね~~。
てか、私のよりステキなのがちょっと許せない(爆)。
まずまずまず!檬花さん、お疲れさまでした~。
フォントとかの細かい部分にもトライされるのですねっ、がんばってくださいね~。
ひゃ~~~~もうなんかさっきから嬌声出しまくりですけど、こうして少しずつ道を踏み外していく、というのは楽しいものですねっ。

私の背景のポジション指定の仕方がちょっとおかしかったようですが(汗)、もしかしたら#left、#rightともに「left top」でキッチリやった方が正確にできるのかも知れません。
いやあ、ご迷惑おかけしちゃって~あはははは(大汗)。

ちなみに、固定リンク先はこちらで~す。
カスタマイズ11(背景を食い込ませる1)
カスタマイズ11(背景を食い込ませる2)

私のココログはベーシックのままなんですが、これがプロとかだったらもっといろんなことできるのかしら?
うーん、でもなあ、ココログに月1000円ってビミョーだ~~・・・・。
しかも、全プランでファイル削除できるようになったっつうしなあ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.04.20

おニューの帛紗

先日、吉祥寺のお茶道具屋さんで帛紗(ふくさ)を買ってきました。

帛紗というのは茶道で茶入れや茶杓を拭く(清める)ための、四方が約30センチほどの絹の布です。
私が茶道を習い始めたときは、帛紗はわりと派手な模様のものが多かったのですが、昨年、裏千家の家元が代替わりをしてからなのか、今は無地が好まれているそうです。
でも、私としては少しでも柄があった方が楽しいなと思うし、お稽古に使う分には柄ものでもかまわないそうなので、いつもワンポイントがついてるものを買ってしまいます。

今回の柄は申年にちなんで「くくり猿」。

京都市東山にある八坂庚申堂で祀られているものだそうで、願いを叶えてくれるかわりに、欲をひとつガマンしなきゃいけないんだそうです(できるか私?)。
飛騨のさるぼぼが丸まったような感じですが、親戚なのかどうかは不明です。

前に買ったペガサス(と店の主人は言っていた)の柄の帛紗の方が良いデザインだと思うのですが、いかんせん、柄もの帛紗は種類が少なくて・・・。
でもって、これ、どう見てもペガサスじゃないよね・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.04.19

カスタマイズ11(背景を食い込ませる2)

いよいよスタイルシートの作成です。
それぞれのタグは「カスタマイズ11(背景を食い込ませる1)」で詳しく解説しています。

バナー部分の幅と背景の設定

#banner {
height: 120px;
padding: 25px;
background-image: url(upper.jpg);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top; }
タイトル部分
高さを指定
タイトル余白
背景画像のファイル名を指定
背景画像は繰り返しなし
背景画像は左上寄せ

背景を覗いた全体(コンテナ)の幅と背景の設定

#container {
width: 800px;
border-right: 1px solid #66CC66;
border-bottom: 1px solid #66CC66;
border-left: 1px solid #66CC66; }
背景を覗いた全体
幅を指定
ボーダーは緑色で1pxの実線

borderは私は上だけ何も指定しなかったのでborder-right、border-bottom、border-leftの3辺を個別に指定してるけど、四辺を囲みたい場合は
「border: 1px solid #66CC66;」のみの記述でオッケーです。
もちろん、4辺それぞれ別な色に指定することも可能です(笑)。
上部は「border-top: 1px solid #66CC66;」のように書きます。

左サイドバーの設定

#left {
width: 200px;
background-image: url(left2.jpg);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top; }
左サイドバー
幅を指定
背景画像のファイル名を指定
背景画像は繰り返しなし
背景画像は左上寄せ

右サイドバーの幅と背景の設定

#right {
width: 200px;
background-image:url(right2.jpg);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top; }
右サイドバー
幅を指定
背景画像のファイル名を指定
背景画像は繰り返しなし
背景画像は左上寄せ

記事部分の幅と背景の設定

#center {
width: 400px;
background-image: url(center2.jpg);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top; }
記事部分
幅を指定
背景画像のファイル名を指定
背景画像は繰り返しなし
背景画像は左上寄せ

記事部分の背景の設定
固定リンクのページで余計な画像が表示されるのを防止します。
「#center」で指定する背景画像より「.content」クラスの背景画像の方が上に表示されます。
そのため、「.content」の背景色を透明にしています。

.content {
background-color: transparent;}
記事部分
背景は透明

background-image: url(center2.jpg);」などの画像ファイルは自分が作ったファイル名を指定してください。
画像指定の仕方は「画像を使うにあたって」を参照してねっ。
一個一個の設定が面倒だったら、このタグ全コピペして画像のファイル名とボーダーの色だけ変えれば使えると思います(笑) 。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

カスタマイズ11(背景を食い込ませる1)

画像がバナー部分から本文に食い込むデザインを開発(笑)したのでここでやり方を披露しちゃいます。

今回はかなり長くなるので、解説編と、タグ編を分けて記事にしました。
タグ編は「カスタマイズ11(背景を食い込ませる2)」に書きました。
説明読むの面倒だよ、という場合はスタイルシートのタグ部分だけコピペして勝手に作り直してください(笑)。

おおまかな手順は3つ。
横幅指定、高さ指定、画像の作成、です。
サイドバーや本文記事部分にかけて背景画像が続くようにするには、それぞれの部品に正確な数値を設定することが大前提となります。
全部数値を指定するのは面倒に思えますがこれには他にも大きなメリットがあって、ネスケで見たときの不具合も解消されるので、私的には数値指定はお勧めです。
多いけどがんばってねっ。

1.横幅指定
全部で4カ所指定します。
右の数値は私のココログの数値です。

#container背景をのぞいた全体800px
#center記事部分400px
#left左サイドバー200px
#right右サイドバー200px

*もうちょっと広くしたい場合は全幅を900ピクセルにするといいです。
でもそれ以上大きくしてしまうと多くの環境で画面がはみ出て横スクロールバーが出てしまうのであまりお勧めしません。

2.高さ指定
これは#bannerのみの指定で大丈夫。
ただし、ブログのタイトル部分の上下に余白が指定されてるのでこれもプラスしなくてはなりません。
私の場合は#bannerが120ピクセル、上下の余白(padding)は各25ピクセルにしました(つまり高さは合計で170ピクセルですね)。
タイトルの余白を作るなら上と左だけ指定すればいいじゃん、って感じしょうが、あえて上下左右指定するには理由があります。
ニフティ提供の大元のスタイルシートですでに余白の数値が指定されていますが、デザインによって数値もまちまちです。
自分のデザインって普通は余白いくつになってるんだろう?っていちいち調べるのも面倒でしょ(笑)。
オリジナルのスタイルシートで数値を書いておけば、その数値が優先されるのです。これで数値指定は準備完了です。

3.背景画像の作成
なんでも好きな画像でいいですよ、幅はキッチリ800ピクセル、高さは200以上あるとキレイに食い込むと思います。
下をグラデーションにすれば溶け込んでいくみたいな雰囲気を出せますね。
グラデーションに加工するソフトなんて持ってないよ、って場合でもWindows付属のペイントでエアブラシなんかを使うと、点描っぽいザックリした感じが得られるかなと思います。
あなたのセンスでいろいろ試してみてねっ。
その画像を今度は4つに分割します。
一番上は#bannerと余白を足した高さの170ピクセルにします。
左右はサイドバーと同じ幅の200ピクセル、真ん中は本文と同じ幅の400ピクセルにします。
それぞれの画像に名前をつけてアップロードしておきましょう。
どこに保存したか忘れないようにねっ。
ちなみに私の場合はスタイルシートと同じフォルダ内に4つの画像を保存しました。
画像は別なサーバー(自分のホームページとか)に置いておきたいという場合は「画像を使うにあたって」を参照してねっ。

ひゃ~~もうちょっとだがんばれ~~~。いよいよスタイルシートの指定だ!
ちなみにスタイルシートの置き方は以前書いた「スタイルシートの作成&背景を変える」を参照してくださいね。

| | コメント (19) | トラックバック (7)

2004.04.18

茅葺きの家

私のおばあちゃんち(母の実家)です。

こののどかな風景はどこよ、という感じですが立派な(?)埼玉県です。
たまに写真を撮らせてほしいとか、絵を描かかせてほしいという人がやってくるようです。
正月やお盆になると、ここで親戚一同が大集結したものです。
プレステで「ぼくのなつやすみ」というゲームがあるそうですが、私はその主人公を地でやってたわけですね。
裏には鬱蒼とした林が広がり、その林を抜けると大きな川があります。
そこが子供の頃の私の探検場所でした。
このあたりは、以前は大規模な養蚕が営まれていて、初夏から夏にかけて客間から屋根裏まで芋虫の山となっていました。
私は子供の頃から食べるのが好きじゃなくてヒョロヒョロに痩せていたので、いつもおばあちゃんに「もっと太らないと、蚕だったらとっくに捨てられてるよ」と言われたものです。
言われなくてもここではご飯がとてもおいしくて、一週間もいるとものすごく太った覚えがあります。
そして東京に戻るとまた食欲がなくなるんですよね。

こうして、見ている分には「のどかでいいねえ」と微笑ましく思えても、実際に住む側にとってはやはり不便になってしまいました。
あちこち雨漏りがしたり、屋根が傾いたり、近づいて見ると傷み方は相当なものでです。
きれいに修繕しようとしたら、安いプレファブの家が建てられるくらいの投資になってしまうそうです。

周辺ではこれ一件になってしまった茅葺きの家も、間もなく取り壊される運命です。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004.04.16

突撃隣のマウスちゃん2

今更2回目のトラックバック
マウスじゃないけど、マウスっぽい使い方をするので(笑)。
WACOMのタブレットです。
ホームページを作るときに、私は意地でも画像は手作りなので(笑)いつもマウスでやってたんだけど、長い線とか描いてると
マウスパッドの上だけでは「先生!マウスがこれ以上行きません」状態になるんですよね。
名前はワコムのタブレットだから「ワコタブ」。え?もう充分、ですか?

お隣は私の相棒バイオくんです。
ココログを始めたとたんにHDDがぶっ飛んだとこまではナイスタイミングなんですが、ソニー製品なのに迂闊としか言いようがありません。
壊れたのは保証期限内でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ出すのだ?

CDやDVDでソフトをインストールしたら、どういうタイミングでメディアを取り出したらいいんでしょう?
インストールが終了したら「システムを更新するために再起動してください」ってメッセージが出ますよね。
この再起動のタイミングがどうも分からん。
というより、CDをイジェクトするタイミングでいつも悩んでいます。
選択肢としては以下のやり方がありますよね。

1.再起動メッセージのOKボタンを押すまえにCDを出す
2.OKボタンを押した直後に出す
3.システム終了中に出す
4.再起動の作業中に出す
5.すべて起動して落ち着いた後に出す

ソフトによっては1とか2だと、ブルーバックになって「まだCD出すなボケ!」って激怒されることがあります(WIN95のときはカンペキそうなった)。
4とか5の場合はCDで起動しようとする場合もあったりして。
「後で再起動」ボタンがあったらそっちを押してCDを出してから再起動してますが、OKボタンしかない問答無用型もあるんですよね。
「起動できりゃ、いつだっていいじゃねえか」という話もあるんですが(笑)、正確なところどれが正しいのかな~みたいな。

そういえば、私のお父さんはフロッピーを入れたままパソコンを起動して面倒なことになった経験があるらしく、いつフロッピーを入れたらいいのか、このタイミングを聞かれた時もウーンて悩んでしまいました。
(お父さん江戸っ子なもんで気が早くていらっしゃる・・・)
私は「パソコンが完全に起動しおわったとき」って言ったんだけど、「そのタイミングっていつよ」って言われるとウーン・・・・。
HDDのアクセスランプが完全に消えた時、と言っても、起動してだいぶだってからもチカッて一瞬光ったりしますよね。
それが全部落ち着くまで待たなきゃいけないのか、このやろう、とか言われるとまたまたウーン・・・・。
そしたら、娘はアテにならんと思ったのでしょう(汗)、お父さんが通っているパソコン教室の先生に聞いたら「起動の音楽が鳴り終わったら入れていいよ」と言ったそうです。
激しく納得。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.15

リアルトラックバック野郎

ナンバーもあまりに見事だったんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析とかデザイン変更が流行る訳2

おおっ!斬り返してきたぞっ、いいですねえ、私も応酬じゃ~(笑)。

私は普段IEを使っているんですが、たまに自分が作ったサイトやココログが他のブラウザでどう見えるかネスケやOperaを開くんですけど、この2つで見るとかなり笑えるサイトが多いんですねえ。
ITメディア総合情報サイト「ITmedia」なんか、ノートンインターネットセキュリティの広告ブロックをオフにしないと、画像が一切見れないし(これって私だけなんだろうか?)。
そういうの見てると、ホームページの方が好き勝手やれて楽しいなとも思うのですが。

たとえば「ホームページちょっと作ってよ」って言われたとします。
「明るい雰囲気にしてね」って言われて、さてそっからどう考えるか、ってけっこう悩みませんか?
それよりは今ある小豆色のサイトを「明るい雰囲気に変えてね」って言われた方がまだやりやすいかなって思うわけです。
前の記事でねこまたぎさんがとても明確なコメントをつけてくださいました。

ちなみに私はパンツ履き忘れたことあります(いばるな)。
小学校の夏休みってプールのために学校に行くことあるでしょう。
いつも着替えるのが面倒で水着の上から洋服着てってたんだけど、しょっちゅうパンツ持ってくるの忘れて帰りはノーパンでした。
それってパンツ持って来忘れたと言うんじゃ?と、つっこまれる前につっこんでおこう。
ネーチャン・フォトのことはスルーの方向で(爆)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.04.14

アクセス解析とかデザイン変更が流行る訳

はっきり言って私はココログのデザインをカスタマイズするのに夢中で、肝心のコンテンツがかなりおろそかになったことがありました。
カウンターがつけられると聞けば、それ!って感じで自分のとこにもつけて、フォントが変えられると分かればとっとと好きな字体に変更したり。
だって、人と違った画面にするのって楽しいですよね~。
でも自分のホームページってどうかな?と見てみると、意外とそれほど真剣にデザインやってない気もするんです。
一度「これでいいや」ってなったら、ほとんど変更しない・・・。
自分のホームページでリンク元まで分かるようなアクセス解析してるのもそうそう多くはないですよね。
では、なんでココログばっかしカスタマイズとかアクセス解析が流行ってんのか?

個人ホームページって、完全な白紙の状態から自分の技術とセンスだけで勝負、ですよね。
すっごい自由。自由すぎてどこから手をつけていいか分からないくらい自由。
マックやネスケユーザーなんてシカトしまくりでもかまわないし「Scriptをオンにするとかセキュリティ切るとかしたら見せてやってもいい」なんてゴーマンかますことも可能です(実際よく見ますよね)。
これが企業や自治体などある程度公的なサイトだったら「二度と来ねえよ」だけどね。

でも、ココログはある程度基本のテンプレートが決まってしまってるから、たとえばサイドバーを上下に並べたい、とか、縦書きにしたい、とか、表紙はFlash画像だけで決めたい、なんていうワガママは許されないのです。
フォントを思いっきり機種依存にするくらいが関の山でしょうか(いや別にわざわざしなくても・・・)。
その制約の中で、少しでも自己主張できるようにデザイン変えてみたり、アクセス解析つけてみたりして、みんなそれなりに楽しんでいるのかも知れません。

もしかして、人は完全な自由が本当は嫌い、あるいは怖いんじゃないでしょうか。

特にココログの場合は、レイアウトがみんな同じだから他の人のと比較しやすいし、「これなら私もできそう」ってのが分かりやすいしね。
実際、ある程度のテーマが決まっている課題は「そのテーマにはずれない」というガイドラインがあるので意外と考えやすかったりします。
でも「なんでも好きなようにやってください」と言われちゃうと、パンツ履き忘れたような不安が襲うのです・・・。
なんでも好きなようになると、自己責任という得体の知れないオマケもくっついてくるし。
意外と人って、ある程度制約がある方が幸せに暮らしていけるのかな、なんて考えてもみました。

・・・・という文章を書きためていたら、先を越されてしまったので(笑)またまたトラックバック攻撃です
お互いの論点はビミョーに違う気もするんですが気にするな。

| | コメント (3) | トラックバック (26)

2004.04.13

突撃隣のマウスちゃん

あなたのマウスはどんなマウス?
今回はトラックバック攻撃です

ああ、ええと、マグロの目玉ではありません。
いつだったか新型レガシィが発表になったときにアンケートに答えたら抽選で当たったものです。
正面から見たライトの形を模したんだそうで、それはそれは使いにくい代物ではありますが、まあ記念品ですから。
レガシィのマウスってことで「レガマウ」とでも呼びましょうか、ダサダサですね、はい。

>>この「マウス」の名前を募集したいっす。

日本人らしくネズミ、またはミッキー、あるいはエビちゅってのはどうでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またデザイン変えちゃった

そろそろ桜の季節もおしまいということで今回はチューリップをモチーフにデザインしてみました。
ちょっぴり気が早いけど、私は初夏から夏にかけての季節が大好きなので、早くそんな季節がやってこい、という願いもこめて。
本文まで画像がずれ込むデザインは気に入ったようで、似たようなパターンになってしまいましたが。
けっこうこの手法も確立してきたので(笑)、後日やり方を紹介しようかなと思っています。
前回は、同じ画像関係はファイル名を上書き保存したので、キャッシュに残っていたファイルと混ぜこぜになって変な表示になっちゃった方もいらっしゃると思いますが、ニフティ様がココログにアップしたファイルも削除できるようにすると言ってくださったので、それを信じて別名にしました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.04.12

内税かよっ(三村風)

うちはガソリンはいつも近所のエネオスで入れてもらってるんですけど、ここがたいだい1リットル105円前後(ハイオク)だったんですよ。
ところが、昨日ガソリンスタンドに行ったら、看板に「ハイオク115円」って書いてあったんです。
げえええ~~~~~!一気に10円も値上げかいっ!!!
って思ったら、こちらもそういえば内税表示なんですなあ。
これはものすごく値上げ感というか、損した!っていうか、内税表示のバカやろーー!って感じでした・・・。

消費税が内税表示になってもう10日以上たつわけですが、まあ、普段の食品とかの買い物ではあんまり極端な違和感もなく、しょうがねえなあって感じだったんですけどね。
私んちの近所の商店街はベッドタウンによくある、スーパー以外はさびれまくりの商店街でして、消費税かかるほど収入のある店は数件しかないと思われます。
なのに、ほっとんどの店が消費税取るという不思議なことになっていて、今後もどの店も消費税込みの値段で押してくるんだろうなあ。
今まで100円で売ってた商品もなぜか110円とかになってやってくるんだろうなあ。
もう税率7%でも10%でも、関係ないじゃん、と毒づいてみた私でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.11

鳩のなる木と亀まみれの島

この鳩はオブジェではありません。
暖かい日なのに何が楽しいのか、みんなでここでじーっとしてました。
で、その木の下は池なんですが、池の真ん中にある小さい島には亀が集まってやっぱりじっとしてました。
ま、こういう亀のかたまりはよくある風景かな。
みんな~~~、何やってんの~~~~~~???

鳩って人が近くに来ても全然動かないね
こういう亀島はどこにでもあるよね

| | コメント (8) | トラックバック (0)

CMに出るのも大変ね

アホの坂田さんはきちんと富士通のパソコンを持っているから偉いけど、テレビに映ることを本業としてない方たちは案外のんきにやってるようです(私的には、坂田利夫がPOWER BOOK持ってたら、それはそれで感動なんだけど)。

スーパー大御所建築家の清家清(せいけ きよし)氏はネスカフェゴールドブレンドのCM(1976-1977)で、コーヒーを飲みながら「違いの分かる男」と言われた一人ですが、実はこの方、コーヒーは大の苦手で、カップの中身はコーヒーではなかったそうです。
つまり違いはサッパリ分かってなかったと?

それから、バブル時にやたら盛り上がった鈴木エドワードさんというイケメン建築家ですが、日産セドリックのCMに出演(1987-1988)してらっしゃいます。
後に私の大学に出張公演にいらしたときに「日産から車もらったんですか?」みたいな質問をした学生がいました。
すると笑って「プレリュードが好きだったので当時もそれに乗っていた」と話されていたそうです。
いや、この時代のプレリュードは確かにかっこよかった。
セドリックは微妙におっさん臭がしますからなあ。

他にもオロナミンCのCMで王貞治さんが「元気はつらつ」とか言って、オロCをきゅーっと一気のみするシーンがあるけど、王さんは体のために冷たい飲み物は飲まなかったとか、あと他に思いつかないんでなんかあったら教えて(笑)。

年金払ってなかった女優さんのことはよく知らないけど、民間企業の方がCMイメージキャラにうるさく言うのかと思ったらそうでもなかったんですね(少なくともあの時代は)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.04.10

こんなんでも大成功!

窓を閉めていても中で人が動くのは察知するらしく、どうがんばっても5m以上は近づけなかったんだけど、今日は大成功でした。
レースのカーテンを閉めて、下だけクリップで留めて外を覗けるようにしといて、ほふく前進でここまで接近(それでも約3mほど・・・)。
ケイタイのカメラはシャッター押すと「ぱほっ」って音がしちゃうので、デジカメで撮影です。
望遠レンズつきの一眼レフでも用意しといた方が良かったかな。
でも今うちスキャナないんだよね~。
「撮れた~」って立ち上がった瞬間に逃げていきました・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.04.09

自宅で簡単抹茶(うまいのかこれ?)

コーヒー&ケーキもいいけど、たまには抹茶と和菓子なんてのもいいですよね~。
うちでもたまに、和菓子を買うと抹茶を点てるのですが、普通のご家庭では茶筅(竹製の泡立て器みたいなやつ)なんてそうそう常備してないものです。
ちなみに、泡立てる・混ぜると言えばカクテルシェーカーがありますが、抹茶の粉とお湯を入れてシェーカーで振ると大変なことになります。
中のお湯が膨張してフタが吹っ飛び、あっという間に壁がステキな緑のまだら模様になりま~す。

自宅でも抹茶を楽しみたいわあ、というあなたに、ステキな商品をご紹介いたしましょう。
http://www.rakuten.co.jp/shokki/476065/482227/510636/
単3電池2個使用のハンディタイプで、おいしい抹茶があっという間にできあがります。
って、茶筅は数百円で買えるんだけど、まあ、こちらは抹茶以外にカプチーノ用のフォームミルクも作れるそうなので。
あと、この写真で見る抹茶完成図って、点てるのに失敗した抹茶の見本みたい、とか知ったようなこと言うのはやめとこう・・・・。

以上、先日のお稽古で他の生徒さんが点てた抹茶が濃すぎて吹き出した私でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.04.08

巨大天体望遠鏡壁紙集

ハッブル宇宙望遠鏡には、史上最悪の望遠鏡なんて不名誉な愛称?がつけられています。
少し大きな望遠鏡を覗くと、空気の影響で、見えるものがなんとなくユラユラとしてるのが分かると思います。
観光地の遠景程度ならそれでもかまわないけど、細かい精度が要求される天体望遠鏡ではこのユラユラはとても痛い傷害になるのです。

ハッブルは宇宙(高度600km)に浮かんでいるので、この大気の影響を受けずに天体観測できるすばらしいコンセプトの望遠鏡です。
ところが無事打ち上げも成功して、軌道に乗ったあとに大変なことが判明します。
設計ミスがあって、送ってくる映像すべてがピンボケの使い物にならない代物ばかりだったのです。
もう宇宙に行っちゃった後では治すのも大変だし、一時は「面倒だからこのまま放置しよう」って話にもなったんだそうです。
だけど、一回も使わないで捨てるにはあまりに巨額をつぎ込んでるし、なによりNASAのプライドも許さない。
それで更に巨額をつぎ込んで、修理軍団が「ハッブルに眼鏡をかけに」わざわざ出張サービスに出向いてようやく仕事ができるようになったという切ない経歴の持ち主なのです。
そのわりに、今の成果はどうよ、ってのが大半の意見らしいですが、それでも現在の天文分野に様々な新発見をもたらした功労者であることは間違いないと思います。
そのハッブルが撮影した映像の壁紙を見つけたので紹介しちゃいます。

ハッブル宇宙望遠鏡壁紙集
ハッブル宇宙望遠鏡TOP

ちなみに日本では、すばる望遠鏡が有名ですよね。
こちらにもギャラリーがあるのですが、壁紙用って訳じゃないみたい。
サイズはバラバラですが、こちらも美しい画像がたくさんあるので、ダウンロードして自分のPC画面のサイズに修正して飾るのもいいかも知れませんねっ。
すばる望遠鏡ギャラリー
すばる望遠鏡TOP

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.04.07

スズメのリアル恩返し

東京は桜ももうすぐおしまい、気温も暖かくなって、淡い緑がだいぶ増えてきました。
私の住んでいるマンションのテラスにもかわいいお客さんがやってくるようになりました。
スズメのつがいが追いかけっこしたり手すりで一休みしたりして、なあーんか春だよなあ、ってなごんだりするのです。
ある日、食パンの端っこを小さくちぎって植木鉢のお皿に乗せてテラスに置いてみました。
しばらくすると、1羽が偵察にやってきて安全を確かめると相方を連れてきました。
仲良く食パンをついばんでいます。
スズメは警戒心の強い鳥なので、私は室内でじっと気配を殺しながら可憐な姿をしばし楽しませていただきました。

数日後、テラスにはスズメたちからのお礼が置いてありました。
おいしいとこはあらかた食い終わった後のトカゲの干物でした。
て、てめぇら・・・・・・、ありがとうね、でももうそんな気遣いはいらないからね絶対(涙)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.06

そのゴミどうしてる?

私のダンナさまの実家は岩手県釜石市です。
釜石と言って、思いつくのはラグビー、新日鉄釜石、ですねっ。
現在は鉄を作る工場もほとんどなくなって、寂しい街になってしまいましたが、今でも当時の隆盛の片鱗は残っているようです。
病院などの公共施設もとても立派だし、何より当時の製鉄所の技術を駆使して作ったゴミ処理場は聞いてびっくりの性能なんです。
もう生ゴミだろうが冷蔵庫だろうがなんでもキレイに燃やしちゃう。
だから釜石市民はつい最近までゴミの分別なんかやらなかったそうです。
そういえば、工業都市神奈川県川崎市も同じような焼却炉持ってるらしく、川崎に住んでる友達は分別なんてしたことなかったって聞いたなあ。
現在は省資源とかリサイクル法とかいろいろ言われて、その驚異の性能もすっかり持ち腐れているようです。

そういう我が東京23区はどうなのか?
基本的には燃えるゴミ、燃えないゴミ、分別ゴミ(ビン・缶・雑誌等)と、まあありがちな分け方で、食品トレイやペットボトルなどはスーパーに設置してある回収箱に持っていくことになります。
私も規定通りゴミ箱をいくつかに分けて、トレイやペットボトルは洗ってスーパーに持っていってました。

で、ある日ペットボトル洗いながら考えたんですね。
これって本当にペイしてるのか?と。
こいつらを洗うのに水と洗剤使って、それでもう環境汚してるじゃん。
収集するスーパーのアルバイトの子の時給だってバカにならないし、運送費だのフリース作るのに油とか電気とかバカスカ使ってるじゃん。

「ペイするしないの問題じゃなくてこうやって物を大切にするという姿勢が大切なんです」と言われても、なんだか「環境保護のため、東京から京都まではチャリで行きましょう」って言ってるみたいで、どうも説得力ないんだよね(飛躍しすぎだっつの)。
高性能の焼却炉を税金で作るのと、徹底的に分別させて人件費や輸送費、再資源化のコストを税金でまかなわせるのと、どっちが良いことなのか、資源ゴミも集めすぎて処理に困ってる、なんて話を聞くと「今のリサイクルのやりかたってどうよ」という気もしてしまうのです。
物を大切にすれば、捨てないようになるから消費も減ってくる、消費が減ればお金が回らなくなるから経済が停滞する。
停滞すれば「景気が悪い、お上が悪い」って話になる・・・・。
体制批判は楽です、誰も傷つかないから。

というわけでjokerさんの記事にちょっと挑発かけてみました(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.05

驚異の大恐竜博in幕張メッセ

恐竜好きのみなさんこんにちは(笑)。
このあいだテレビでやってたんですが、2002年の恐竜博に続いて、今年も幕張で「驚異の大恐竜博」が開催されるようです。
それを見た時はまだ公式サイトもできてなかったので、ソースを出すことができなかったんですが、いよいよ公式サイトが登場!
うわーい!ワクワクするねっ。
前回の恐竜博のマスコットはセイスモザウルスのセイモくんでしたが、今回はチュアンジエザウルスのチュアンくんだそうです。
チュアンくんは、アジア最大級の恐竜だそうで、今回の恐竜博は主にアジアで活躍してた恐竜が主な展示内容になるみたいですね。

開催日程は7月16日(金)~9月1日(日)
チケットは2500円、前売りは 2100円です。
2002年のときは、ネットクーポンがあって前売りチケットより更に安く行けたから、今回もそういうサービスがあるかも~。

またまたB4で湾岸飛ばして行っちゃおうっと~。
公式サイトはこちらで~す!!!
http://www.kyoryu.jp/home.html

しっかし何が驚いたって、7月16日まであと103日しかないのね・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.04

やらかしたもの

みなさんは、思わず衝動買いしたはいいけど後になって「なんでこんなもん買っちゃったんだろう」ってのありませんか?
日本の電気の規格と合わないのに海外でエスプレッソマシン買っちゃったとか、東南アジアのリゾートで髪を細かい三つ編みにしてもらっちゃったとか、そういうのは旅の思い出にもなるからいいとして。
あんまりかわいくないマグカップ買っちゃったのも、VanCleef&Arpelsの腕時計を勢いで買っちゃったのも、まあ普段使えるからいいとして。

これはねえ、ほっんとうになんで買ったのか我ながらサッパリ、です。
世田谷だったか高田馬場だったか(それさえ忘れた)の骨董市で買った、骨董品でもない、どこの国の土産物かさえ分からない、使いにくい(というより全く使えない)水差しと一輪挿しです。
どうがんばっても何の役にも立たない、他の家具たちからも思いっきり浮きまくりで置物としても合わない、掃除のたびに邪魔になるという・・・。
私はちょっとでも「いらない」と思った物はパンパン捨ててしまうんですが、どういうわけかこの2つだけは生き残っています。
こんなんでも真鍮でできてるらしく、2つで5000円くらいしたように思います。
もう安いんだか高いんだか・・・。
よっぽど茶釜でも買っといた方が後々役に立ったのに>私。

「もっとすごいの買っちゃったことあるよ」って方がいらしたら、教えてください、それ見て私も安心するから(爆)。

水がほとんど入らない一輪挿し超注ぎにくい水差し

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.04.03

漢字読めね~~~(涙)

車とかの免許と違って、茶道の場合は
「その技術を使う資格を得ました」ではなく、
「その技術を習う資格を得ました」という意味になります。
私も裏千家茶道の中級(四ヶ伝)の許状を申請して、いよいよ今週から中級のお稽古が始まりました。
先生が「では今日からサツウバコのお稽古をしましょう」というので
「札箱・・・ですか?」
「茶通箱です」
・・・・・・けっこうねえ、お茶の用語って難しいんですよねえ(汗)。

ザッとあげてみても
「茶碗荘」
「更好棚」
「桑小卓」
「風炉」
「貴人点」
「和巾点」
などなどなど・・・。
いくつ読めましたか?(ちなみに、私は全部読めなかった~)
「日々是好日」「和敬静寂」なんていうブログのタイトルでも見かける言葉は元々は禅語ですが茶道でもとてもポピュラーです。
でもどちらも茶道とも禅とも関係のないブログみたいです(笑)。
どれもキーボードでは一発で変換してくれないので、いちいち登録して使っています。

中級の稽古が始まってから、やることも難しくなったけど先生も厳しくなりました(涙)。
「左利きですので」と言っても「だから何」って感じです・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.02

あんまり気にしないよね普通・・・

私がHTMLに触れてからなんだかんだで9年くらい経っちゃうんですが、当然そのころはたいていのご家庭はダイアルアップだったし料金も従量制が多かったんですよね。
こんなんでチャットとかRTなんかハマッた日には、毎月2、3万円なんて普通に請求されたものです(RTのときは遅い回線で、とかやりませんでした?>パソ通世代のみなさま)。
回線速度も14Kとか28Kとか、すげー早え~!と評判になったISDNでさえ64K(今みるとショボ~)だったのですが、今では単位が3ケタくらい多くなった人も多いと思います。
そういう我が家も推定スループットは約6.8Mbpsです。
私が以前使ってたパソコンも36Kで電話かける方式だったので、ホームページを作るときは、ファイルサイズはそりゃもー厳しくチェックしたものです。
ギャラリーものとか、商品の紹介なんかは極力解像度の高い画像の方がいいけど、私のなんて雰囲気分かりゃいいじゃん的画像ばっかでしたし・・・。
でも今のていたらくはどうよって感じで、もうファイルサイズなんてほっとんど見なくなっちゃいました。
だってさあ~~~、今時どこのサイト見たって華やかに画像がちりばめられてて、FLASHなんか見るからに重そうなのガンガン使ってて、そんなん見てたら「私だってやりたい」って思わない??

で、ひっさしぶりに自分のココログのファイルサイズでもチェックしてやれと思って
[買いパラ]ネットショップ検索エンジンをやってみたんですが、あっさりと
「ファイルが重過ぎます。根本的に考え直したほうが良いかもしれません。」というお答え。
これにはさすがにカチンときた、じゃなかった、ガッカリしたんですが、そうかあ、確かに「みつあんず」の写真が68KBってのは申し訳なかったかな(笑)。
横300×200ピクセル程度の写真の場合は、jpegの画質を65%くらいまでダイエットさせても、あんまり雰囲気変わらないみたいです。
これからは(ほんのちょっと)気を遣ってみよっと・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みんなありがと~~

ひゃあ、けっこう評判よくって安心した~~~。
ニフティ様からお叱りも受けなかったし(笑)、「らしくない」とか「痛い」という噂もありましたが、とりあえず限定バカは終了で~す。
ほとんど当て逃げ状態ですが(笑)今日からはいつものまったりココログに戻ります、何事もけじめけじめ(笑)。

というわけで、今日の近所の桜です。
火曜日の暴風雨でけっこう散ってしまって、今年はあまりキレイじゃなかったかもなあ。

ほぼ満開です
去年はもっとキレイだったような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »