« 突撃隣のマウスちゃん2 | トップページ | カスタマイズ11(背景を食い込ませる1) »

2004.04.18

茅葺きの家

私のおばあちゃんち(母の実家)です。

こののどかな風景はどこよ、という感じですが立派な(?)埼玉県です。
たまに写真を撮らせてほしいとか、絵を描かかせてほしいという人がやってくるようです。
正月やお盆になると、ここで親戚一同が大集結したものです。
プレステで「ぼくのなつやすみ」というゲームがあるそうですが、私はその主人公を地でやってたわけですね。
裏には鬱蒼とした林が広がり、その林を抜けると大きな川があります。
そこが子供の頃の私の探検場所でした。
このあたりは、以前は大規模な養蚕が営まれていて、初夏から夏にかけて客間から屋根裏まで芋虫の山となっていました。
私は子供の頃から食べるのが好きじゃなくてヒョロヒョロに痩せていたので、いつもおばあちゃんに「もっと太らないと、蚕だったらとっくに捨てられてるよ」と言われたものです。
言われなくてもここではご飯がとてもおいしくて、一週間もいるとものすごく太った覚えがあります。
そして東京に戻るとまた食欲がなくなるんですよね。

こうして、見ている分には「のどかでいいねえ」と微笑ましく思えても、実際に住む側にとってはやはり不便になってしまいました。
あちこち雨漏りがしたり、屋根が傾いたり、近づいて見ると傷み方は相当なものでです。
きれいに修繕しようとしたら、安いプレファブの家が建てられるくらいの投資になってしまうそうです。

周辺ではこれ一件になってしまった茅葺きの家も、間もなく取り壊される運命です。

|

« 突撃隣のマウスちゃん2 | トップページ | カスタマイズ11(背景を食い込ませる1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

関東で茅葺とは、珍しいですよね。
TVのDASH村で見たんですが、メンテナンスが大変みたいですね。
この辺では、『民家園』という所で見ることができるんですが、公共施設内^_^;。。。論外ですな(笑)

私は、おばあちゃんち=生まれ育った実家…だったのでちょっと憧れちゃうなぁ。。。
ただ、未だに実家に帰ると太るっていう所は似ているかも~!?

投稿: 檬花 | 2004.04.19 00:21

私も父方のおじいちゃん、おばあちゃんとは一緒に住んでましたよ~~。
この二人は超ハイカラじじばばだったけど、母方のおじいちゃん、おばあちゃんは、まさに「田舎のじっちゃん、ばっちゃん」でした(笑)。

こういう家はきちんとメンテナンスすれば恐ろしく長持ちするんでしょうが、今は茅葺きの家を手入れできる職人さんも減ってしまったようで・・・。
町や県に文化財とかに指定してもらって保護してもらうとしても、様々な制約がついてきて(修繕や改築がしにくくなるとか、見学者に公開しないといけないとか)普通に生活する人にとっては現実的じゃないようです。

家人も歳を取って、この家で住み続けるのも大変になってきたのでバリアフリーの今時の住宅に建て替える予定です。
こういう家が無くなるのはとっても寂しいことだけどこれも時の流れなんでしょうねえ。
江戸・明治・大正・昭和、そして平成と様々な歴史を見てきたこの家も200年の歴史に終止符を打ちます。

投稿: しのぶ | 2004.04.19 12:17

 おお埼玉ですな。
 埼玉というと、大宮とか所沢とかの方が人口は多いんでしょうが、私の感覚では、ここらは東京都下の延長という感じで、私の思う埼玉らしさというと吉田、小鹿野、両神あたりです。
 裏の畑には、切り残された桑の木が大きく育ってたり、2階というか屋根裏の、蚕を飼ってた部屋には、ももんがが住み込んでたりするのが正しい埼玉ですな。

投稿: 南郷力丸 | 2004.04.19 14:14

高速道路のインターが近所にできてからここもあれよあれよと発展していったんですが、なぜかこの家の周辺だけエアポケットのようにぽっかりと田舎ワールドが残っています。
小鹿野、両神と言うともう山の中ですが、うちは寄居より(ほんの少し)東側なので典型的な関東平野というか、だだっぴろい田畑が広がって、遠くに武甲山のハゲが見える、というのが私の「田舎」に対するイメージです。
なので、山に囲まれた釜石に行ったときはカルチャーショックでしたなあ。
いや、観光や旅行としての山国ならたくさんあるんだけど、そういうとこに住まう人々と縁ができた上で、うーむ、という感じでまた感覚も新たなわけです。

この家の天井裏には蛇が住み込みしてます。
ももんがーがいるかどうかは聞いたことないな、一度裏の荒川でホースみたいな、あれはトノサマガエル?の卵を見たことがあります。
あと、水の流れの関係か、土左衛門がよくあがったらしい。
最近は、土間(かまどがあるとこ)にツバメが巣を作ってしまって、ちょっとでも戸を開けるとツバメがサーッと出入りしています。
自動ドアかよっ。

投稿: しのぶ | 2004.04.19 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/456606

この記事へのトラックバック一覧です: 茅葺きの家:

« 突撃隣のマウスちゃん2 | トップページ | カスタマイズ11(背景を食い込ませる1) »