« 驚異の大恐竜博in幕張メッセ | トップページ | スズメのリアル恩返し »

2004.04.06

そのゴミどうしてる?

私のダンナさまの実家は岩手県釜石市です。
釜石と言って、思いつくのはラグビー、新日鉄釜石、ですねっ。
現在は鉄を作る工場もほとんどなくなって、寂しい街になってしまいましたが、今でも当時の隆盛の片鱗は残っているようです。
病院などの公共施設もとても立派だし、何より当時の製鉄所の技術を駆使して作ったゴミ処理場は聞いてびっくりの性能なんです。
もう生ゴミだろうが冷蔵庫だろうがなんでもキレイに燃やしちゃう。
だから釜石市民はつい最近までゴミの分別なんかやらなかったそうです。
そういえば、工業都市神奈川県川崎市も同じような焼却炉持ってるらしく、川崎に住んでる友達は分別なんてしたことなかったって聞いたなあ。
現在は省資源とかリサイクル法とかいろいろ言われて、その驚異の性能もすっかり持ち腐れているようです。

そういう我が東京23区はどうなのか?
基本的には燃えるゴミ、燃えないゴミ、分別ゴミ(ビン・缶・雑誌等)と、まあありがちな分け方で、食品トレイやペットボトルなどはスーパーに設置してある回収箱に持っていくことになります。
私も規定通りゴミ箱をいくつかに分けて、トレイやペットボトルは洗ってスーパーに持っていってました。

で、ある日ペットボトル洗いながら考えたんですね。
これって本当にペイしてるのか?と。
こいつらを洗うのに水と洗剤使って、それでもう環境汚してるじゃん。
収集するスーパーのアルバイトの子の時給だってバカにならないし、運送費だのフリース作るのに油とか電気とかバカスカ使ってるじゃん。

「ペイするしないの問題じゃなくてこうやって物を大切にするという姿勢が大切なんです」と言われても、なんだか「環境保護のため、東京から京都まではチャリで行きましょう」って言ってるみたいで、どうも説得力ないんだよね(飛躍しすぎだっつの)。
高性能の焼却炉を税金で作るのと、徹底的に分別させて人件費や輸送費、再資源化のコストを税金でまかなわせるのと、どっちが良いことなのか、資源ゴミも集めすぎて処理に困ってる、なんて話を聞くと「今のリサイクルのやりかたってどうよ」という気もしてしまうのです。
物を大切にすれば、捨てないようになるから消費も減ってくる、消費が減ればお金が回らなくなるから経済が停滞する。
停滞すれば「景気が悪い、お上が悪い」って話になる・・・・。
体制批判は楽です、誰も傷つかないから。

というわけでjokerさんの記事にちょっと挑発かけてみました(笑)。

|

« 驚異の大恐竜博in幕張メッセ | トップページ | スズメのリアル恩返し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。リサイクルって全然、不完全なんですよ。お題目ばかりで。洗うのだって、コップ1杯以下の水量で充分なのに知らされてないし、リサイクルさせてる割にはペットボトルの総量を減らす気は業界にも役所にも無いみたいですし。
だからって、ペットボトルいらない、とも云えないのが現状で・・・
私自身は、水筒とか計り売りでも充分、産業として成立すると思うんですが、ペットボトルの利便性は凄いですから(笑)
劇的な変化は望めないのかなぁ、と思ってます。

投稿: joker | 2004.04.07 01:30

 関西のある市。高性能のゴミ焼却炉を持っているので分別収集は、その必要がなくて、していなかった。でも、リサイクル社会への転換への意識改革のために、分別収集をしようかということになった。検討の結果、分別収集をするコストは何とかなるが、分別処理をする余裕はない。それで、分別収集をしても、一緒にして焼却することになる。そういう無駄な分別収集をするか悩んでた。
 福岡市は毎年、夏に水不足が問題になり、コップを洗う水を節約するため、ホテルや喫茶店でも使い捨ての紙コップで水を出してるとこがあった。
 その近くのある市は、工業用に水源開発したものの需要が減って、水不足になることはない。でも、近所が困ってるというので、おつきあいで、夏には、ひたすら節水を訴えてました。

投稿: 南郷力丸 | 2004.04.07 08:48

環境とかいうとすぐリサイクルっていうけど、リサイクルは最後の手段ですよね。
基本はゴミ削減、次に再使用、それができないものがリサイクル。

まあ、それでも古紙なんかは多少コストやエネルギーがかかっても資源節約になっているとは思いますぜ。
ペットボトルはまだましだけど、容器包装リサイクルはどうよ。NG品はどうせ燃料にしちゃうんだから、高性能炉で焼却してその熱利用したほうがてっとりばやいと思ったりしますぜ。

そうそう、量り売りしてくれたらいいのにね。
私はあったかい飲み物が欲しいのでマグタイプの水筒を持ち歩いてるんです。
で、カラになると自動販売機でホットのお茶を買って水筒に移している。
最初から量り売りなら缶不要なのだが(^^;

投稿: ねこまたぎ | 2004.04.07 10:29

>jokerさん
大変ぶしつけなトラックバックを送ってしまったのに(汗)快く応じてくださってありがとうございます。
コメントはjokerさんの「ライフスタイルとゴミ」の方に書かせていただきました。
http://www.editide.com/joker/archives/001010.html

>南郷さん
京都市の焼却炉は京セラ三田製だったりするんでしょうか?
省エネ・省資源とかの法人活動も、なんとなく右へならえって感じで
「なんかやっときゃ文句言われないだろう」的な適当なヤツもずいぶんあるんだろうなあと思ったりもします。
ISOナンタラを会社でやってるから厳しくゴミ分別させてる課長さんも
家に帰ったら奥さんに「もう!ビンをゴミ箱に入れないでよ!」なんて怒られてたりして・・・。

>ねこまたぎさん
私も水筒は愛用してま~す。
ほっそりタイプの250mlのにスタバのコーヒー入れて持ってます(さすがスタバ中毒)。
それは資源節約のためというよりも、自販機のコーヒーはおいしくないし、何より毎日100円近い節約になるからです。
こういうケチ野郎って、案外遠回しに環境保全にも役だってるのかも知れません(笑)。
実際、私が水筒持ってきてるのを見て「環境保全に役立ててるのね」と言う人より「節約家なんだねえ」と言う人の方が多いですが。

投稿: しのぶ | 2004.04.07 13:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/405198

この記事へのトラックバック一覧です: そのゴミどうしてる?:

« 驚異の大恐竜博in幕張メッセ | トップページ | スズメのリアル恩返し »