« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月の69件の記事

2004.05.31

やっと繋がった~

いつものようにネットゲームで遊んだあと(笑)調べ物をしようとgoogleを開いたら、急に回線が切れてしまいました。
たまーにプロバイダーのサーバー障害とかでこういうことはあったんで、今回もそういうもんだと思っていたら、けっこう大事になってたようですね。
NIKKEI NET
INTERNET WATCH

法務局出張所で登記簿謄本や印鑑証明の発行ができなくなったり、IP電話が使えなくなったり、PHSデータ通信サービスなどあらゆるNTTコミュニケーション関連のサービスが影響を受けたそうです。
というわけで、我が家のADSLはOCNなので、モロに影響受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.30

サイト更新通知サービスの通知タイミングって

私のブログはMyblogListと、BlogPoepleに登録しています。
どちらも機能は同じなので、RSSも兼ねてくれてるMyblogListの方を多用していて、ここにもMyblogListを載せています。
たまたまMyblogListの方が登録が早かったってだけでもあるんですが。

で、サイドバーに掲載されてるリンクリストに新しい記事が載ったよって情報が出ると、記事を見にいくんですが、これが良く分らないんですよね。
ブログによっては、ものの数分もたたない内に「NEW」マークが付くんだけど、何日たっても「NEW」マークがつかないとこもあるんです。
たまに「ご無沙汰してるからちょっと行ってみよう」って見に行くと、ちゃんと記事が書かれてたりして・・・。

うーん、あの新着記事情報ってどういう基準で決まってくるんでしょう?
たまたま巡回のタイミングが悪いとか?
でもだったら何日もほっとかれるってどういうこと???

もちろんping送信とかすればすぐに拾ってもらえるんだろうけど、そんなん記事あげるたびにやるのなんて超面倒だし。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

最新のナビってどう?

私のお父さんはわりかし新し物好きで、自分の車にもかなり早い時期からナビを乗せていました。
多分10年以上前になるんじゃないかな。
当時のナビは車線変更するだけで曲がったと勘違いしちゃったり、戦車のように住宅をなぎ倒して走っていたり、高架の下やトンネル内はもちろん、ちょっと高いビルが多いともう自分を見失ったりしたものです。
ルート案内もできないGPSオンリーのかわいいヤツだったのですが、現在地の特定さえ怪しかったので、まあ仕方ないことでしょう。
あのころのナビは、車の中に笑いをもたらしてくれるアイテムでもありました。

我が家では4年ほど前に今の車を買いまして、その時にお父さんからナビ(CD)をプレゼントしてもらいました。
今ではかなりアンティーク調になってきたんですが、それでも初期のナビと比べると驚きの性能でしたねえ。
なんたって目的地を決めるだけでルート案内をやってくれる(笑)。
それに、車線変更したくらいじゃ道に迷わなくなったし、ピッチと繋げばネットもできるんです。
もちろんトンネルに入ると訳分らなくなりますが、ジャイロを後付けしたらちゃんと走ってくれるようになったし。
まあ、たまにそばの道を走ってしまうこともありますが、途中で「あれ?」って気づくから、家をなぎ倒すこともないし。

基本的にまるで知らない土地にはあまり行かないし、岩手ではナビは必要ない(迷うほどの道がない・・・)ので、地図データさえ更新すれば今のでも充分活用できています。
便利だなあと思うのは、VICS情報と目的地までの概算時間くらいでしょうか。

我が家にも約1名、新し物好きの人がいて、彼がしょっちゅう新型ナビのパンフを持ってきては見せてくれるのですが、最近のナビはHDDだし3D表示だし、DVDが観れるのは当然で音楽までかけられちゃうそうですね。
処理速度が早いからルート設定もあっという間だし、自車位置の特定も驚くほど精密になったそうです。
彼も「買いたい訳じゃないけど、いちおう情報としてね」って言ってはいるけど、実際はほしいんだろうな~。

こういう最新のナビ使ってる人は、使い心地はどうなんでしょう???
必要最低限のことは今持ってるナビで充分かなと思ってはいるんですが、やっぱり新しいのの方が何かと便利なのかな?
って、聞いたところで買う訳でもないですが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.05.28

タクシーに見るお国柄

以前はタクシーと言えば、小型(4人乗り)・中型(5人乗り)が主流だったんですが、最近はファンカーゴなどのワンコインタクシーが出てきたり、やたらラグジュアリーなファースト・クラウンやセルシオなど、ちょっとお殿様気分になれるタクシーもありますよね。

ところで、東京では中型タクシーが多いのですが、大阪や京都などの関西方面へ行くと圧倒的に小型が多いように思います。

思うに、これは関東と関西のお国柄みたいのが関係してるのかなと。
関西では倹約家は「しまつ」と言われて美徳のように思われているようですが、関東では「けち」という感じであまり良い印象は持たれないようなんですね。
よく聞く例え話しでは、「1万円のものを5000円で買えた場合、関東の人は正価で買ったように言うけど、関西の人は3000円で買えたと言う」みたいな。
見栄の張りかたが逆方向、ってことでしょうか?
だから、関東ではタクシーひとつにしても、無理してちょっと高い車に乗りたがる(あるいはお得意さんを乗せるのに小型じゃケチだと思われる、みたいな)けど、関西の人は同じ距離走るなら安い方に乗った方がええやん、って。

それとこれは京都に限ったことかも知れませんが、京都の人たちって割と日常的にタクシーを利用しませんか?>京都の方たち
MKを擁するタクシー王国京都ならではなのか、鉄道網があまり多くないせいか、理由は定かではないんですが、観光客だけでなく一般の住民も普通にタクシーを使っているように思いました。
東京ではタクシーはすごく急いでるときとか、終電がなくなっちゃったとか、和服着てて歩けない(私だけだよ)とか、よっぽどの理由がない限り自分からはあまり乗らない気がするのです。

さて、他の地方ではどんな感じなんでしょう?
とりあえず、東京のタクシー運転手はジムカーナとかに出場したら一発優勝しそうなくらい、乱暴、じゃなかったテクニカルなドライバーが多いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.05.27

プリンラテ・チョコバナナ味

こないだダンナさまがこんなナイスな飲み物を買ってきてくれました。
MEITOのプリンラテ・チョコバナナ味。
名前聞いただけで、苦手な人はとことん苦手そうですが、私はこういうの大好きなのでさっそく飲んでみました。
味は・・・うん、プリンがどっか行っちゃってますね(笑)。
完全にバナナチョコ味の牛乳ですが、まあ甘い甘い。
体が疲れたときに飲んだら一瞬で復活しそうな甘さです。
甘いものが苦手な人はマジで要注意です。
でもウマイ!!!

ちなみにこれって新製品らしく、共同乳業(MEITO)のサイトでもまだ掲載されていませんでした。
姉妹品というか、姉品?でプリンラテ(上から4番目)もあるそうです。
プリンラテ・チョコバナナ味

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.05.26

あの人たちは今

私が子供の頃、どういう訳か近所で学生を寄宿させるのが流行っていました。
私の家でもご多分にもれず、早稲田の男子学生が随時2,3人寄宿していたように記憶しています。
早大は同じ路線にある大学だし近くにグラウンドもあったので、学生にとっても何かと便利だったのかも知れません。

今では小さい女の子のいる家庭で、赤の他人である男子学生を同じ屋根の下に住まわせるなんて、絶対あり得ないでしょうけど、あのころは近所中で普通に学生に部屋を貸してたように思います。
当然というか、昼間は家にはいないのであまり遊んでもらった記憶はないんですが、やっぱり近所の小中学生の兄ちゃんと比べると、明らかに「大人だよなあ」と、やや羨望のまなざしになってしまうのです。

そういえば、すぐ裏のアパートの2階には女子大生が住んでいて、うちにいた学生が駆け落ちしたことがありました。
彼の部屋の北側の窓を開けると、ちょうど向かいのアパートの窓と向き合う形になるので、そこで仲良くなったようです。
私はこれは全く覚えてないので、両親は子供の教育上あまりよろしくないと思われる事件?はひた隠しにしてたのかも知れません。
大人になって聞いたところでは、娘さんの方が親に連絡したそうで(女は現実に戻りやすい?)双方の親が謝りにきて、その後お互い別なとこに住み移ったそうです。
我が家の監督不行届という気もしなくもないんですが、うーん、時代はラブ・アンド・ピースだったのですね。

あのころ家にいた学生たちも50、60のいいオジサンになってることでしょう。
もしかしたらどっかの会社の重役になって孫の1人でもいるか、あるいは政治家になって年金未払いで辞職してるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく夏スタイル

いい加減、春の雰囲気も終わりにした方がいいよなと思って、いきなり夏っぽくしちゃいました。
本当はもっとやりたいデザインがあったんですが、いろいろ試してみても、結局うまくいかなくって途中で断念(汗)。
もう少しじっくり考えて、また何か新しいこと(面倒なこと?)にトライしてみようと思っています。

ひゃあ、なんかお茶会終わってから、すっかり脱力しまくりです。
Flash置けるらしいし、もっとじっくり考えてみようと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.05.25

そんな訳で筋肉痛

というわけで、無事終わったお茶会ですが。
実は今、どういう訳か筋肉痛です。
足のあちこちと背筋がウッスラと。
多分足の方は筋肉痛というよりも、1日ずっと正座してたせいかなと思います。
背筋はなんだろう???背スジを必要以上に伸ばしてたからかな?

そういえば、初めて茶道の教室に行った翌日も筋肉痛になったのを思い出しました。
体にそうとう力が入っていたんでしょうね。
肩こり通り越して、筋肉使っていたようでして。
このときは、肩と二の腕がやられてました。

本番の点前では我ながらかなり落ち着いていたので、おそらく「待ち」の間に何か(?)やってたんだと思います。
緊張した翌日に筋肉痛になるってのも、なかなか、ですが、普段の生活をしてるとここまで緊張できる機会もそうないので、まあ良い体験だったんだと自分を言い聞かせています・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.23

お茶会終了~~~~

行ってきましたよ、お茶会。
もう心臓を吐き出しそうでした。

前回のお茶会では、出かけたあとで会場がどこにあるか知らないことに気づいたので(汗)、今回は地図を忘れないように注意して出かけました。
渋谷駅から「日赤医療センター」行きのバスに乗っていくんですけど、私はかなり早めに渋谷についたので、バス乗り場で時刻表チェックしてから近くのスタバでコーヒー飲んだんですよ。
頃合いを見計らって乗り場に行って、念のために降りるバス停を看板で確認したら。
・・・載ってない?あれ?
おっかしいなあと思ってもう一回バスを見たら「東京医療センター」行きじゃんか~~~っ!!
しかも今いるバス乗り場は西口だけど、乗らなきゃいけない乗り場は東口って、地図にもちゃんと書いてありました(涙)。
もう完全に精神が動転してます。

なんとか間に合いましたよ(涙)。
全体的にスケジュールが遅れ気味だったし・・・。

先生に「顔色悪いけど大丈夫?」とか言われても、普段なら
「やーもう緊張しまくりで~~」とかベラベラしゃべるのに、生返事しかできない状態で、こりゃイカンと思ったんでしょう、先生ずっと私のそばに付き添ってくださいました(涙)。
待っている30分ほどの間に5回くらいトイレに行って、そのたびに「ふー」とか「うわー」とか「いつものように!」とか変な叫び声出して屈伸運動とかしたってもう効き目ナシ。

お茶入れ(抹茶を入れる器)には自分で抹茶の粉を入れるんですが、手が震えてお茶入れの口にサジを入れることができません。
何回もこぼしまくって下に敷いたタオルが緑色になってしまいました(いいお茶だったのにもったいない・・・)。

いよいよ「しのぶさん出番ですよ」って言われたときは、ほとんど貧血寸前だったんですが、茶碗を持って襖の前に座ったとたん、神様が降りてきました。
あばれまくっていた心臓もピッタリ大人しくなって、周りを見る余裕が出てきて、もうあとはすーんなり。
お客のみなさんとも話すことができたし、まあこれは客の中にサクラがいて、その方が上手に話を進めてくださったからなんですけどね。
これが終わったら死ぬんじゃないかってくらい落ち着きはらって、すがすがしい気持ちで点前を進めることができました。
もう大成功!!!!!
先生にもものすげえ褒められちゃいましたーーーーーっ(嬉)。

でっ!
帰りのバス停、地図に載ってなくて迷子になっちゃった、てへっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.05.22

陸上自衛隊広報センター

今日は朝霞の陸上自衛隊広報センターに行ってきました。
別にそういう趣味がある訳でもないんですが、なんとなく車ですぐ行ける場所だったので(笑)。
もうちょっとショボいのかと思ってたんだけど、新しい建物もきれいで、子供でも大人でも楽しめるアトラクションがたくさん用意されてました。
自衛隊のみなさんも広報の努力をしてるんだなあと。
今日は土曜ということで、団体さんとか家族連れがとても多くて、ヘリの操縦ができるシミュレーターとか、3Dシアターとかは入れなかったくらいです。
60代くらいのオジサンが、孫を連れて来てたりして、しかもこのオジサンがものすごく詳しいんですよ。
若い頃は自衛隊でならしたんでしょうかね。

入館は無料で、グッズも豊富なので、それだけのために行っても楽しいかもって思いました(笑)。
陸上自衛隊広報センターHP

1990年に作られたので90式戦車
ヘリの操縦が体験できるシミュレーター
外にもタンクがいっぱい並んでいます
グッズがいっぱい、私もタオルとTシャツを買いました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

デモでも交通安全

先日、某所(かなりの繁華街)で大規模なデモが行われていました。
言ってることは、よくありがちな「イラク自衛隊派遣反対」とか「小泉総理は辞職しろ」とか「北朝鮮はナンタラカンタラ(良く聞こえなかった)」とか「給料上げろ」なんですが(てんこ盛りな内容ですね)、その中で「え?」って思ったのが「携帯電話を廃止しろ」ってのでした。
なにそれ?なんで?

まあそれはどうでも良くて、私、初めて知ったんですが、デモ行進の人たちが交差点を右折する時(斜め向かいに行くとき?)って、信号を止めるんですねえ。
両側3車線(右折車線も入れると4車線)同士の広い道路の交差点だったんですが、信号がどっちも赤になったままだったんです。
で、デモ行進の人たちは斜めに渡るスクランブル交差点状態(いいな~)。
全員無事に渡り終わったら、付き添っていたお巡りさんが笛をふいて、信号が青になったと。
そうとう長い行列だったから、かなりの時間どっちも赤のままだったと思います。
へ~、知らなかった。
私も斜め横断だけのためにデモ参加してみたかったなあ、冗談です申し訳ありません。
みんなきちんと信号守って横断歩道を渡る(二段階右折ってヤツですね)のかなと思ったら、あれだけ長い列だと逆に迷惑になるからなのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.21

海くん遊くん

私は海の生き物でサメが一番好きです。
イルカはなんとなく偽善者っぽくて(?)あまり好きじゃないんです。
実は楽屋では「ったくよ~、やってらんねえぜ」ってタバコ吸ってたりしそうですよね、ウソですごめんなさい。
それにイルカくんは大勢の人に好かれているので、もういいんです。
サメはただ食うためだけに作られた精巧な機械って感じが潔くていいんですよね。
泳ぐためにデザインされた究極の体を持ち、いかにも悪者そうな目をして、ただただ目の前にあるものを口に入れてみる。
血の臭いを感じると一斉に集まってきて、エサだろうが仲間だろうが何の計画性もなく噛みついてしまうストレートな性格。
いっかにも頭悪そうですよね、性格がどうのよりも、ご飯のこと以外何も考えてなさそう。

そんな殺人マシンみたいなサメの仲間にも、なんともボーーーッとしたヤツもいるもので、「大阪天保山の海遊館」に行ったときに見たジンベエザメは今までのサメに対する私の常識を見事に裏切るのん気な生き物でした。

基本的に水族館で飼われている生き物はご飯を潤沢に与えられているので、アオザメもシュモク鮫もがっついてないんですが、中でもジンベエザメはハムスターに近いものがあるように思います(頭の中が)。
海遊館には巨大な水槽があって、たくさんの大型回遊魚がいるんですが、たいがいのサメたちは底の方で陰険そうにたむろしてたりします。
ところがジンベエザメくんは、一人で上の方でわーーい、とか言いながら水槽の中をぐるぐる泳ぎ回っている姿が、回し車で狂ったように暴走するハムスターそのもの。
あまりにデカイ(体長10m以上)ので、巨大マグロたちも彼の後ろにピッタリ寄り添ってるし、コバンザメなんかハムチーのお尻についちゃったウ○コみたいです。
エサも他のサメみたいに魚や人間(汗)じゃなくて、プランクトンだそうです。
この巨体をミジンコで維持してるのか(ミジンコ?)。
海遊館では飼育員さんが水面をたたくと、大口開けながらぷかーと浮かび上がってくるので、バケツでプランクトンを流し込んでやるんだそうです。
いい生活だ・・・。

私が行ったときは海(かい)くんと、遊(ゆう)くんの2匹(2頭?)がいたんですが、今は何匹いるんでしょうか?
ジンベエザメが飼われているのは国内では大阪と沖縄くらいだそうです。

京都に行くと必ずカフェ・リドルに寄るように、大阪に行ったら海遊館は絶対に行っています。
jin.jpg
胸ヒレのあたりにコバンザメがお供。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.05.20

マンガを読むとバカになるか

今なら児童虐待で訴えられるくらい(大げさ)スパルタ教育で左利きを直されたほどですから、私の両親は(ジジババも)厳しい人たちで、子供の頃はテレビはNHKのみ、マンガもほとんど読ませてもらえませんでした。
それでもまあ活字を読むのはそう苦ではなかったので、それほど不幸な子供時代ではなかったのですが。
ただその反動か、自分の部屋をもらってからマンガもバラエティ番組もむさぼるように見た時期がありました。

ところが、ある時あんなに面白いと思った本が、あとで読んでみると難しくて全然頭に入ってこなかったんです。
マンガって読み続けてると確実に活字を読むのがツラクなっていきませんか?
活字だけの本は自分で場面を頭に描いたり、人物や空間などもある程度自分で組み立てながら読んでいかなきゃならないけど、マンガは絵を見てればイメージが直接入ってくるので、あまり頭を動かさなくても読み進んでいけるんですよね。
だからそのクセがつくと、細かい活字から場を読みとるのが面倒になってしまうようです。

疲れてる時なんかは、マンガは頭使わなくても入ってくるから、楽といえば楽なんですが、その分どんどん活字離れが進んでいくような気がするのです。
もちろんマンガは全部ダメって訳じゃないし、ヘタな小説よりずっと良い出来で、読み応えのあるのもたくさんありますよね。
だけど、そればっか読んでると確実に頭使わなくなっていくなあと。
(少しは)本も読まなきゃなあと反省した今日このごろでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ今週末!

いよいよ今週末にお茶会ということで、昨日は最後のお稽古でした。
お茶会で点前をする人たちはみんな必要以上にピリピリしてて、出ない人たちはみんなノンビリしてて、その落差が面白かったです。
って、私は点前する人じゃんか~~~っ。
昨日はそんな訳で、最後のチェックということで、いつもに増して先生も厳しかったのですが。
私が不安そうな顔をしてたら
「もっと危ない人がたくさんいるんだから」
とあっさり言われて、一回点前しただけで帰ってきました・・・・。
でも不安なようなら、金曜日に特別授業をしてくれるということだったので出かけてまいります。
本番ではさすがにケイタイでモブログはできないと思いますが(笑)、とりあえずがんばってまいります。
ああ、つくづくケイタイのデジカメが音がするのがうらめしい・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.18

SUBARU LEGACY OUTBACK

こないだRX-8の試乗をしましたが、先日はSUBARUレガシィ・アウトバックに乗ってきました。
何やってんだ、って感じですが、試乗するとキーホルダーがもらえるので(爆)。
今回はインプレッションはしません。
セダンであってもいちおうレガシィに乗ってる私にはあまりにリアルな車だったからです。
RX-8もWRXもランエボも、乗ればワクワクして闘争本能に火がつく(笑)車です。
だけど現実的に「じゃあ、買う?」ってなると、さすがに及び腰になる車たちです。
でもアウトバックは妙にリアルで、お金さえあれば(笑)ハンコついてしまいそうな現実感があります。
大きなモデルチェンジはしたけど以前の雰囲気は残っているから「しばらくは扱いに慣れなきゃ」というのもないし、エンジンも車体も大きく、値段も高く(涙)、ワンランク上に行くって感じで、営業がもうちょっと口のうまい人だったら、コロリとダマされそうです。

しかーーし!!!高いぜ君たち(涙)。
いつの間に300万超えたんだよ・・・・。

というわけで、久々のトラックバック。
tomologより。
アウトバックにL.L.Bean EDITION登場だそうです。
「OUTBACK L.L.Bean EDITION」 (発表になったばっかなのでページが重たいです・・・)

もう手が出ません。


こんなんもらっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.17

緊張の波

私は本番でやたらリラックスできる場合と、ダメダメなくらい緊張する場合と、どうも極端に分かれるようです。
前回のお茶会は、最初のうちは「これはあかん」と思ったけど、いざ出番になると妙に頭がスッキリしてものすごくうまくいきました。
大学受験の時は、私は美術系を受けたんですが、家を出るときは落ち着いてたのに、いざデッサンの実技(3時間一本勝負)が始まると最初の30分は手が震えまくって自分の名前さえも書けませんでした(受かったから良かったものの・・・)。
自分の結婚披露宴はものすごくリラックスしてたのに、友達の披露宴でスピーチをしたときは、頭の中が真っ白になって「おめでとう」って言っただけで終了、の時がありました。

この違いが何なのか、自分でもサッパリ分からないのですが、間もなくお茶会です。
前回のお稽古では、例によって手が震えまくりで先生にも「当日心臓麻痺なんか起こさないでね」って笑われるくらい(うわーーん)緊張してたみたいです。

もしかしたら、この緊張の波が本番でうまく落ち着いたときに、本領を発揮するのかも知れません。
するってえとだな。
どこで緊張のピークが来るのか、そしてどこで落ち着くのか、あとは神のみぞ知る、ってやつですか??

なんかこういうのうまくコントロールするスベってないもんですかねえ・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.16

緑の部屋

ナイスなサイトを紹介っ。
てか、おすすめサイトってカテゴリーがあったの、ついこないだ気づきました。
大丈夫か私、とうとうここまで来たか・・・・。

TAKAGIZUM
VIRIDIAN ROOMは推理系?ゲーム。
メチャクチャ難しいです。
ものすごく流行った前編のCRIMSON ROOMは今はもう無いのでしょうか?
マヨネーズってこうやって作るのか?って感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.14

冷蔵庫の中身

我が家の冷蔵庫の中身はいつもスカスカです。
冷蔵室には、調味料関係以外はダンナ様のビールと私のカフェ・ラッテ、あとコーヒー豆くらいしか入ってないし、野菜室もタマネギやジャガイモなど日持ちのする物以外は、ほとんど入ってません。
冷凍室に至っては、たまにアイスがあるくらいで、あとは保冷剤と氷のみ。

ところで、うちの冷蔵庫にはもう1つ切り替え室というのがあって、冷蔵にも冷凍にも使えるってやつなんですが、ここを開けるとめくるめく世界が広がっています。
三陸産ワカメがぎっしり。
岩手に帰省するたびに、いつもワカメを大量に買い付けてくるんですが、こないだのゴールデンウィークでも買ってまいりました。
夏にはまた帰省すると思うので、今回はやや少なめですが、それでもチルド室にしてあるこの場所は、ワカメのてんこ盛り。
岩手出身の友達に教えてもらった株式会社 五葉わかめ本舗のワカメは三陸でもピカイチの味です。

おかげでうちは、みそ汁の具は毎回毎回毎回ワカメ。
これとこのシャンプーとの抱き合わせで髪、フサフサですよ(笑)。

ちなみに、冷蔵・チルド・パーシャル・冷凍ってちゃんと使い分けできますか?(私はハッキリ言って分かってなかった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

T'sプレミアムカップアイス

最近はコンビニでタリーズのコーヒーの味を楽しめるようになりました。
ラテとモカが近所のコンビニで買えるなんて、なんてステキな世の中になったんでしょう。
そして、こないだなんとアイスを発見!!!・・・したのはダンナ様ですが、食べたのは私です・・・。
味は2種類で、やはりラテとモカ。
さっきラテ食べたんですけど、濃厚なコーヒーの香りと甘みをおさえた大人の味で、でもコクがしっかりあってとってもおいしかったです。
値段は税込み263円だから、ハーゲンダッツのカップアイスと同じかな?
これからモカも食べてみようと思います(って、さっきラテ食べたとか言わなかったっけ?)。

TULLY'S COFFEEでもWHAT'S NEWで紹介されてたけど、なんとPDFファイルでやんの。
http://www.tullys.co.jp/whatsnew/pdf/040423_02.pdf
どういうこっちゃ????
タリーズ・プレミアムカップアイス、ラテ
タリーズ・プレミアムカップアイス、ラテ
タリーズ・プレミアムカップアイス、モカ
タリーズ・プレミアムカップアイス、モカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.13

万華鏡(カレイドスコープ)

前回のお詫びと言っては何なんですが、面白いサイトを紹介します。
http://www.permadi.com/index.html

Java AppletやFlash、ShockWaveなどを駆使したサイトで、ゲームやギャラリーが面白いしキレイなんですよね。
私のお気に入りはカレイドスコープ(万華鏡)系。
Fractal Twister Kaleidoscopeは見てるだけでも面白いけど
Kaleidscope Painter
Kaleidscopeはインタラクティブに動かすことができます。
他にもゲームとかいろいろあって、私も全部は見てないんだけど、あれこれ試してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

背景画像食い込み訂正(涙)

以前ここで背景画像を食い込ませるテクを紹介しましたが、私の方式だと固定リンクのページでコメント部分に余計な背景画像が表示されてしまう不具合があることが判明いたしました。
あれからいろいろ試行錯誤しまして、ようやく不具合を解消することができました。
この方式を採用してくださったみなさまには、大変ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

修正した方式では、コメントを書いて「確認ボタン」を押した後に飛ぶページは、「#banner」の画像のみが表示されることになります。
以前の方法だと「#banner」の画像の下に、位置のずれた「#center」の画像が表示されていたので(うわーーん)、今のほうが多少スマートになるかなとは思います。

*修正した箇所

#center {
width: 400px; }
.content {
background-image: url(center2.jpg);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top; }

こちらを以下のように直しました。
#center {
width: 400px;
background-image: url(center2.jpg);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top;}
.content {
background-color: transparent;}

「#center」で指定する背景画像より「.content」クラスの背景画像の方が上に表示されます。
そのため、「.content」の背景色を透明にしています。
すいません、transparent(透明)というタグ、ついこないだ知りました~~~っ(涙)。

考えてみたら、「#container、#left、#right」と、他のとこは#つきタグだったのに、真ん中だけ「.content」ってのも変だよな、とは思っていました、あはははっ(っておいっ)。
おのれは、クラス(.)とID(#)の違いも分かってなかったのかと・・・・。
コメント部分だけポコッと画像が出たのは、入力部分のINPUT typeあたりが原因か、あるいはこの部分が子セレクターになってるのか(親子関係にあるセレクターは親の背景画像を継承してしまうのです。これはニフティの罠か?)、とも思いつつ、結局よく分かりませんでした、本当にごめんなさいっ(涙)。

以前の「カスタマイズ11(背景を食い込ませる2)」も同時に修正してあります。
うううう・・・やっぱ私がこんなことやったのは分不相応だったのか・・・・。

ついでと言っては何なんですが「#center」の幅を400pxにした場合、コメント本文入力部分のテキストエリアが少しはみ出てしまうので、以下のタグを入れるいいみたいです。

#comment-text{
width: 365px;
}
370pxだと微妙にはみ出るようです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.05.12

カスタマイズ12(プロフィール)

本文をカスタマイズしたら、せっかくだからプロフィールもデザインしちゃいましょう。
こちらは本文と違って、比較的シンプルなスタイルシートなので、かなりいろんなことができると思います。

スタイルシートのファイル名は、本文の方と一緒にならないよう違うファイル名にします。
私の場合はintrostyle.cssにしました。
あとは、以下のタグを「コントロールパネル」→「プロフィールの編集」で「興味のあること」あたりにでも書いておけばオッケーです。

<link href="http://shinobu.cocolog-nifty.com/apty/introstyle.css"
rel="stylesheet" type="text/css">

主なタグは以下の通り

入れ物部分
htmlスクロールバー
bodyページ全体背景など
#sideサイドバー幅・背景など
#main本文部分幅・背景など
#containerコンテンツ部分幅・背景など
テキスト部分
H1タイトル背景・フォントなど
.content H2本文タイトル背景・フォントなど
.content P本文背景・フォントなど
.sidebar H2サイドバータイトル背景・フォントなど
ULサイドバー本文背景・フォントなど(リストごと)
LIサイドバー本文背景・フォントなど(行ごと)
A:linkリンクフォント・背景など
A:visited訪問済リンクフォント・背景など
A:activeアクティブリンクフォント・背景など
A:hoverホバーリンクフォント・背景など
.photo画像(写真)位置・ボーダー線種など

各々の幅や背景色、フォントなどを指定してあげればいいんです。
これはもうセンス次第でどうにでもデザインできちゃうので、ガンガンいじり倒しちゃいましょう~~~。
って、これで説明終了、ではあんまりなので、私のスタイルシートを紹介します。
あんまり意味もなく細かいとこまで指定してますが、「こんなことができる」ということで、適当に遊んでいます(笑)。

スクロールバーの設定

html {
scrollbar-base-color: #FFFFFF;
scrollbar-shadow-color: #66CC66;
scrollbar-darkshadow-color: #008000;
scrollbar-3dlight-color: #66CC66;
scrollbar-arrow-color: #008000;}
カスタマイズ4
を参照してください

ページ全体背景など

body {
background: #FFFFFF url(about.jpg) no-repeat fixed left top;}
背景色を白に
背景画像は繰り返しなしで左上に固定

サイドバー幅・背景など

#side {
width: 210px;}
タイトル背景画像のサイズに合わせて
幅を210pxに

本文部分幅・背景など

#main {
width: 550px;
margin-left: 220px;}
サイドバーとの間が少し空くように
左マージンを220pxに

それぞれのパーツごとに背景を指定することもできるし、幅を変えたりすればかなり個性的なことができると思います。

タイトル背景・フォントなど

H1 {
color: #ffffff;
font-size: xx-large;
font-family: "Arial", "Helvetica", "sans-serif";
padding-top: 10px;
padding-bottom: 130px;
padding-left: 10px;}
文字色は白
サイズとフォントを指定
画像が見えるように下マージンを130pxとりました

本文タイトル背景・フォントなど

.content H2 {
color: #006600;
font-size: 16px;
font-family: "Arial", "Helvetica", "sans-serif";
background-image: url(abtytle.jpg);
background-repeat: no-repeat;
height: 22px;
padding-left: 5px;}
文字色は緑
サイズはpxで固定するのはお勧めしませんが、背景画像の高さを22pxにしてるのであえて・・・
左マージンを5pxとって、ビッチリくっつかないようにしました

本文背景・フォントなど

.content P {
color: #333399;
font-family: "Arial", "Helvetica", "sans-serif";
background-color: #FFFFFF;
padding-left: 5px;
line-height: 150%;}
背景画像を固定してるから、文字の背景色を指定しました
左マージンを5pxとって、行間を%で指定

サイドバータイトル背景・フォントなど

.sidebar H2 {
color: #006600;
font-size: 16px;
font-family: "Arial", "Helvetica", "sans-serif";
background-image: url(sidebgab.jpg);
background-repeat: no-repeat;
height: 21px;
padding-left: 5px;}
文字色は緑
サイズも背景画像のためにpxで固定
やはり左マージンを5xpあけてます

サイドバー本文背景・フォントなど(リストごと)

UL {
font-size: x-small;
font-family: "Arial", "Helvetica", "sans-serif";
background-color: #FFFFFF;
padding-left: 5px;
margin: 0px;
line-height: 150%;}
ここは背景画像がないのでフォントは相対的なサイズ指定
左マージン、行間は他の場所と同じ

各リンクフォント・背景など

A:link {
color: #006600;
text-decoration: underline;}

A:visited {
color: #003333;
text-decoration: underline;}

A:active {
color: #009900;
text-decoration: underline;}

A:hover {
color: #ffffff;
background-color: #66cc66;
text-decoration: none;}
リンク色はお好みで
アンダーラインを入れたり背景色をつけたり
背景画像も指定できます

リンク色は「UL A:link」「.content P A:link」などにすると、サイドバーのリンク色だけとか本文のリンクだけとか個別に指定できます。

画像(写真)位置・ボーダー線種など

.photo {
text-align: center;
}
写真はなんとなく
真ん中に置いてみました(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2004.05.11

夢を操作する

私は夢のストーリーを変えることができます。

たとえば高いところから落ちる夢を見ても、落ちた瞬間に「これじゃ死んじゃうし」って思ったとたん場面が変わって、もっと低いところから落ちてみたり。

あるいは、お店で服を買う夢を見ても、手に取った服が私に似合わなそうな服だったら「これは私の趣味じゃないし」って、別な服に替わっていたり(ナットクいくまで何度もリロードしたりします 笑)。

車で帰省する夢を見て、走っているのが中央道だったりすると「これじゃ釜石に着かないし」って、岩手の道に変わってたり。

夢の中で「あー違う違う」って思うと、場面が変わったりストーリーが変わったりするんですよね。
だから怖い夢というのは見たことがありません、というか覚えてないだけかも知れないけど(笑)。

こういうのは誰でもそうなんだと思っていたら、ダンナ様は「そんな気味悪いことしない」って言ってました。
彼は素直に高いとこから落ちて、いつまでたっても目的地に着かない夢を見ているのでしょうか。

みなさんは、夢を操作しますか?

ちなみに、私は色のない夢も見たことがありません。
いつも総天然色です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

燃費記録更新ならず

ゴールデンウィークに帰省して、平均燃費が出ました。
前回までの帰省の最高記録は1リットルあたり12.1kmでした。
で、今回。

1リットルあたり11.8km

うーん、ビミョー・・・・・・・・・。
タイヤのグリップが良くなったからなのかな。
でもホイールが軽くなったから、相殺か、あるいはもっと良くなるかなと思ってたんですが、意外にもほぼ変わらず。
まあ、計算の仕方も、走行距離をガソリン入れた量で割っただけのアバウトな方式なので、若干の誤差はあると思いますが、うーん、まあこんなもんか・・・・。
それでもこっちにいるときは、1リットルあたり7kmくらいなのでやっぱり岩手の道は走りやすいということになります。
ただし、高速のサービスエリアや、岩手沿岸部はガソリンが東京多摩部より10円以上高いので、お財布的にはあまり変わらないみたいです(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.10

コメント部分に背景画像が出る

以前、背景画像を記事部分まで食い込ませる方法
カスタマイズ11(背景を食い込ませる1)
カスタマイズ11(背景を食い込ませる2)
を書きましたが、これが表示でおかしな部分がありました。

下の画像のように、固定リンクのページで見ると、コメント部分に「.content」で指定した背景画像が見えてしまうのです。

カンペキ主義(ウソつけっ)の私としては、これはとても許せないことですし、せっかくこの方式を採用してくださったみなさんにも、不愉快な思いをさせてしまってとても申し訳ないので、現在この不具合を解消すべく研究中です。
ちなみに、今の私のココログの固定リンク部分、今はどう見えてますでしょうか?
上のようにコメント部分に変な画像?が出ちゃっていませんか?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.05.09

ザ・新宿26時くらい

連休の前後は、休む分働かなきゃいけないというのは世の常でして、私のダンナ様も連日遅くまで残っていることが多くなりました。
先日も、休日前に終電がなくなるまで会社にいたので、翌日は昼まで寝てられるし始発まで待つよりは、って車で会社まで迎えに行きました(妻のかがみだねっ、本当はドライブしたかったからなんだけどねっ)。

自宅から会社までは、新宿のど真ん中を抜けていくのが一番面倒ないんですが、さすがに休日前の夜中は、世界一の繁華街は顔つきがガラリと変わります。
昼間はわりとマッタリしてるんですよ、新宿も。
駐車場を探して町のなかぐるぐるぐるぐる走っているワンボックスとか、横断歩道の真ん中で止まっちゃって歩行者に包囲されてる高級車とか、なんとも平和な光景が広がってたりするのです。

で、夜中の新宿。
とりあえずタクシーの量でしょう、このタクシーたち普段はどこにいるのかと。
夜中の2時3時に新宿付近なんかをウロウロしている車は私以外は全部屋根に提灯つけたプロ。
信号なんか、昼の感覚で止まると隣の車線は3,4台は行ってしまいます。
いちいち黄信号で止まってたら、迷惑この上ないらしいですあの時間は。

終電に乗り遅れた人たち(全員酔っぱ)が車道までフラフラ出てくるし、彼らを乗せようと目の前のタクシーがいきなり(急ブレーキかけてから)ハザード出したりします。

それに平均スピードが20kmくらい違う、制限速度なんて守ろうものなら後ろから追突されそうな勢いです。
ひゃーそのスピードでこのカーブぶっちぎるの???いつも渋滞しててこんなにカーブしてたなんて気づかなかったから半端じゃなく怖い~。
思わずアクセル放しちゃいそう・・・。

年度末は過ぎたってのに、新宿伊勢丹前はものすごく派手な工事やってて、3車線が1車線になってたりして、そこをまた皆様ふっつーのスピードで抜けてくんですよね。
この方々はやっぱプロだ、と、失敬があっちゃあいけません。
私もみんなのペースを乱さないように抜けなきゃ(怖いよ怖いよ~)。

都内の生き馬の目を抜く車線争奪戦にはわりと慣れている私ですが、この時間の新宿はさすがに緊張しました。
やー、東京っつのはおっかないとこだなやー(でも面白かったんでしょ<わたし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.08

カフェ・リドル

一時期、京都に行きまくった時期がありまして、このときの夢はイノダコーヒーで祇園あたりのぼんち達にまぎれて朝コーヒーを飲むことでした。
念願かなってイノダに行ったんですが、正直「なんだこりゃ」って感想を持ったことは否めません。
だってさあ、いきなり砂糖もミルクも入って出てくるんだよ!!
勝手に入れるなよ!と(笑)、私はコーヒーはブラックなんじゃ~。
天下一品のラーメンといい、壹錢洋食のお好み焼きといい、京都の人が薄味が好きなんて絶対ウソじゃん!と思ったんですが、その後何度か京都に遊びに行って、考えを少し(笑)新たにしました。

京都の木屋町通にある「カフェ・リドル」は、よくあるコーヒー店とはずいぶん雰囲気が違います。
このお店には語り尽くせないことがたくさんあります。
東京で私のお気に入りのお店は永田珈琲ですが、こちらは気合いの入ったコーヒー店としては比較的ポピュラーな店内ではあります。

しかし、カフェ・リドルは店内の雰囲気がコーヒー店というよりも、高級ホテルのバーに近い感じで、大きな扉を開けるとその先に進むのに少し躊躇してしまいそうな(値段が高そうとか、うるさくしたら怒られそうとか、ネクタイ着用じゃなくて良かったのかなとか)空気があります。
でもそこは勇気を持って入ってみましょう。
マスターはタキシードでビシッと決めてはいるけどとても気さくなかたで、冗談にもついてきてくれるすてきな人です。
店内には静かな音楽がさりげなく流れていて。

コーヒーは、オールドビーンズをネルでドリップしたものを再度温めるという方式で、この入れ方をやっていたのは世田谷区奥沢にあったお店(すでに閉店)で見たきり、お目にかかったことがありません。
この方式って、何て言うんでしょうか?

カップはマイセンやアウガルテン、ジノリなどのアンティークもの。
ここまではよく見かけますが(そうか?)、スプーンやフォークなどもアンティークにこだわっています。

コーヒーだけでもおいしいのですが、ミルクティーはちょっとショックを受けます。
マスターが自己開発した企業秘密なんだそうで、紅茶とミルク以外にあるものが入っているんだそうです。
ものすごく濃厚な味で、砂糖を入れるとまた味がガラリと変わるのです。
そしてデザートまでがマスターのオリジナル。

これほどまでのコーヒー店を私は他のどこでも見たことがありません。

さて、お店の名前「カフェ・リドル」ですが、ナット・キング・コールやフランク・シナトラのアレンジャーとして、後にはリンダ・ロンシュタットとのコラボレーションによるスタンダード・アルバムで大成功をおさめたネルソン・リドルから由来しているそうです。

うーん、 Take the え~trainさんにトラバ送ろうとして記事書いてたら、話が違う方向にいってしまった。
ごめんね、Ken Griffith Jr.さん(笑)。
とりあえず、私はスタバ中毒で~す、ということで・・・。

カフェ・リドル
京都市中京区木屋町通三条上ル二筋目角CEO木屋町ビル2F
075-223-3820
そういえば、私はこのお店で「職業は詩人」という尾崎放哉のような生き方をしている年配の女性と知り合いました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

山華

最近岩手の話が多くて恐縮ですが、今日は水の話です。
岩手のおいしい水と言えば
仙人秘水
龍泉洞の水
などがあります。
仙人秘水は釜石鉱山で取れる水、龍泉洞の水は日本最大級の鍾乳洞で取れる水だそうです。

ところで数年前に、ダンナ様の実家のすぐ裏の山でも鍾乳洞が発見されて、なんとそこの水も売り出されるようになりました。
ウォータービジネスはとどまるところを知りませんね。
山華と言われる天然水、ホームページを見るとなーんとなく私が撮ってきた写真の風景と似てなくもないですね。
そりゃまあ、すぐ近所だもんな。

というわけで、ダンナ様は生まれた時から山華の産湯につかり、山華をタダで飲んでいたわけですが、無農薬野菜には芋虫がよくくっついてくるように、天然水も良い成分のみとは限りません。
やっぱり生水は飲まない方が良いと言われます。
お風呂の蛇口からカエルくんがズポッと出てきたことがあったそうですし(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.05.06

白いタンポポ(再掲)

さて、釜石への帰省の際に、白いタンポポを撮影してここでもアップしたのですが、あとでダンナさまがお母さんに聞いたところ、これは彼のお父さんがどこか近所で咲いていたのを見つけて庭に植え替えて育てていたものだそうです。
調べてみたところ、このタンポポはもしかしたら「ウスギタンポポ」なのかなと思いました。
東北地方でよく見かけられる在来種ということです。
しかし「岩手県立博物館」によると現在では岩手県内でも非常に少ない品種のようです。

「岩手県立総合教育センター」では県内の生き物調査・タンポポのページでアンケートを行っていました。
タンポポは都会の路地でも見ることのできる強い植物ではありますが、在来種の分布などを調査すると興味深い結果が得られるのかも知れませんね。

なお、同じように白いタンポポとして、「シロバナタンポポ」、あるいは「キビシロタンポポ」があります。
関西より西には比較的多く見られるそうですが、本州ではとても少なく、これらが岩手県で自生しているのかどうか難しいところですね。

ハッキリさせるにはガクと呼ばれる総包外片や葉の形などをよく調べる必要があるんですが、そんなに珍しいものとは思わなかったのでじっくり観察してきませんでした・・・。
次の機会にはちゃんと見て来ようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドップラー効果

高速道路を走っていていつも思うんですが、視界の端っこが青みがかって見えるんです。
路肩の草が生えてるとことか、中央分離帯とか。
私は「これはドップラー効果だ!」と思うんですが、実際のとこどうなんでしょうか?
ダンナさまは「その程度の速度で見えるわけがない」って言うんですが、実際に青く見えるんだから仕方がない。
助手席に乗ってるときは、あちこち散漫に見ているのであまり感じないのですが、運転中は前方を集中して見ているんでしょうね。
特に視界の端っこが写真のように青くなります。

ドップラー効果というのは相対性理論なんかでよく出てくる言葉で、近づく光の波は圧縮されるので青っぽく見えて,遠ざかる速さが速いほど赤っぽく見える、みたいな話ですね。
救急車のサイレン音なんかがよく例え話として出てきますが、実生活で実感できる例えは音についてしか聞いたことがありません。
たかだか時速100キロ前後で光のドップラー効果が体感できるもんなのか、それとも単に私が超能力者なだけなのか、未だに不明です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.05.05

楽しい帰省でした

いやいやいやいや、ただいまです~~~~。
帰省旅行から帰って、初めて自分がモブログでアップしたエントリーを確認できています(笑)。
なんかもう、しょーもない見にくい写真ばっか連続投稿しちゃって、もっと良い画像もたくさん撮ったような気がするんですが、圏外だったり容量デカすぎて送れなかったり面倒だったりで、なんだか消化不良でもあります(こんだけアップしといてまだ言うか)。

たくさんコメントいただいたのに、旅行中は全くお返事できなくて申し訳ありませんでした。
それぞれのエントリーに書いてしまうと読むのも面倒かと思うので、この場を借りてお礼を言わせていただきます。

jokerさん
カッパ捕獲許可証を発行している遠野は春爛漫でしたよ~~。
今回はカッパ淵には行かなかったけど、阿部のおじいさんとは何度かお会いしたので、ちょっぴり寂しくなりました。
私は鯵!のお寿司が大好きなので、どこ行っても寿司は鯵!を何度も頼んでいます(笑)。

南郷さん
家に着いてから「あれ?確かにこれって三陸鉄道の車両だよなあ」と思ったんですが、これには事情?がありました。
本来はここはJR山田線(釜石・宮古間)なのですが、三陸鉄道の南リアス線と北リアス線の列車も通るのだそうで、このような映像になった、ということみたいです。
西武池袋線の路線を地下鉄が走ってるようなものですな。

みやざきさん
いやあ、皆既月食のことすっかり忘れてしまってました(汗)。
どちらにしても思いっきり曇りでしたね・・・・。
確かに遠いのは大変なんですが、寄り道したりおいしいもの食べたり、けっこう楽しいですよ~~。
でも、確実にシミは増えたと思います(爆泣)。

檬花さん
意外にも岩手もとても暖かでした~。
夜は少し冷えたりもしたけど、今日なんかは東京の方が寒かったかも。
モブログでアップすると、カテゴリ分けもできないし、家に帰ってくるまで不安だったんですが、アップできてなきゃないでいいや!くらいに考えてました(爆)。
うーん、何かの拍子で固定リンクが表示されないんでしょうね。
原因は・・・・「たまたま」ってことにしときましょう(笑)。

ここまで読んでくださったみなさま、つきあってくださって本当にありがとうございました。
長い道中も記事書きながらだったから(笑)、すごく楽しかったし、実況中継ってのも面白いもんですねっ。

さ、明日から平常営業に戻りま~~~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

着いた~

行きは9時間でした。ひゃ~お疲れ~ 19:04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外環内回り

景色が都会っぽく(笑)なりました。10時に家を出て現在18時40分。かなり順調でした。連休最後の日で雨がちだったしね 18:42
p505is0007405875.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉上陸

水戸からは3車線になります。料金所と外環以外は目立った渋滞もなさそう。でも家に着くまでが遠足(遠足?)。まだまだ気を付けて運転! 18:16
p505is0007340338.jpg

追記:水戸と書きましたが、水戸インターは常磐自動車道ですよね(汗)。
宇都宮インターの間違いでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

汚〜い

佐野SAで、たぶん最後の休憩。スキーでも行ったみたいな汚さ(涙)。 18:01
p505is0007274801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東突入!

雨降ってますね〜。道はかなり順調! 16:46
p505is0007209264.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良P で休憩

渋滞はわりと落ち着いたようで今のうちに腹ごしらえ。関東入ってからどうなるかな? 15:48

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞キタ―(゜∀゜)―!!

10kmくらいらしいけど、どうかな?248.2kmポスト、福島松川パーキング付近。
p505is0007143727.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨が降ってきた

川口(東北道起点)まであと264km。明るい内に家に着いちゃえるかも~ 14:43
p505is0007078190.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北道中間地点

関東は雨が降ってるんでしょうか?速度規制が出てるようです。仙台付近は曇り、交通量は多いけど渋滞は全くナシです。14:04
p505is0007012653.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仙台通過

ここまでは、いいペース 13:56
p505is0006947116.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮守の眼鏡橋

JR釜石線が走っているのです。ここは国道283号。高速はだんだん混みつつあるらしく、さて、私たちは何時に東京に着くでしょう?? 11:47
p505is0006881579.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから帰ります

ただいま遠野。道はこんでるかな? 11:11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

遠野名物

ジンギスカン! 16:20
p505is0006619431.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新仙人トンネル、スクープ?映像

釜石自動車道のこのトンネルは貫通済み。まだ当分通行不可。ここまで来るのは工事関係者だけらしく、ウロウロしてたらエージェント(誰?)につかまりそうになりました。 17:08
p505is0006750505.jpg

| | コメント (15) | トラックバック (0)

釜石秋田自動車道

秋田から釜石まで通る予定の自動車道。まだまだ造成中です。いつ開通するのかなあ 17:01
p505is0006684968.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部曲がり家

遠野、千葉さん邸。小作人を合わせて30人くらいで住んでたお大尽の屋敷。馬も7、8頭いました16:15
p505is0006553894.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大トレーラー対策

風力発電用資材を運搬するのに、新幹線を運ぶような車が入るらしい、ホントにぃ~っ?確にカーブごとに道幅を広げてます。
p505is0006488357.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧が出てきた

前も後ろも誰もいないし、クマとか出そう 15:10
p505is0006422820.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石割り桜

盛岡のよりだいぶかわいいです。中央の岩が裂けて割れ目が一直線に入ってます 14:46
p505is0006357283.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧場の中腹

まだ雪が 14:41
p505is0006291746.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新山牧場

スリーグリーンラインと言う道から見た風景。上の方で大規模な風力発電設備ができるらしく、道は最近補修されたようにキレイ 14:14
p505is0006226209.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.05.03

菜の花

春らんまんですね〜。22:16
p505is0006160672.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山桜

山の上の方は、まだまだ山桜が満開。ソメイ吉野はこの辺り(峠近く)では見かけませんでした。 21:23
p505is0006095135.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家近くの渓流

よく見てるとヤマメかな?魚が走っているのが見えます。もう少し下流に行くと釣に来た県外ナンバーの車がいっぱい停まってます。21:16
p505is0006029598.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸名物

ホヤ! 18:26
p505is0005832987.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し色の薄い

たんぽぽ 17:45
p505is0005767450.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここは携帯も

思いっきり圏外。あらゆるところが春でいっぱいです。 17:35
p505is0005701913.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

記事にできてんのかな( 汗)

モブログからのアップなので、コメントが読めません、コメントつけてくださった方がいらしたらごめんなさい。アップできてるんだかも分からない状態ですが気にせず行きます(笑)。17:20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR山田線

下にいるのがうちの車11:07
p505is0005570839.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.05.02

とうちゃ〜く!

さきほど釜石の実家に無事着きました!約10時間の行程、読んでくたさったみなさまもお疲れさまでした。これからお風呂いただいて、ゆっくりしようと思います。 21:30

| | コメント (1) | トラックバック (0)

遠野の気温7度

寒すぎっ!
あと一時間くらいで着くかな。家を出てちょうど9時間たちました。20:03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食いすぎた

生ウニも鯵!もクレームブリュレもおいしかった〜。ゆっくりしすぎた(汗)ので、これから遠野を経てまっすぐ家に向かいます。19:00

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北上到着〜

ここは回転寿司なのに、ものすごくうまいのです!かなり待たされそうだけど待ちましょうではないですかっ!17:55
p505is0005505308.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ

半分くらいはきたかな16:05
p505is0005374234.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと蔵王〜

とりあえず渋滞はほとんどないみたい。こんな時間じゃ当たり前か(汗)15:56
p505is0005308697.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差塩パーキング

日焼け止め重ね塗り&休憩中〜。B4は走り方がやたらスムーズですがタイヤのせい?常磐道がいいから?そしてこの調子で岩手に今日中に着けるのか? 14:23p505is0005243160.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝坊した(汗)

まだ日立です。13:41
*しのぶ*p505is0005177623.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.01

みちのく帰省旅

明日から岩手に帰省してまいりま~す。
って、まだ何も準備してなかったりするけど、これから「梟の城」も見なきゃいけないけど、気にするなっ。

いつもは外環大泉I.Cから川口JCTを経て東北道をひたすら北上するのですが、高速道路渋滞予想情報を見ると、明日の下りは羽生PA付近で35kmの渋滞予想だぜー!いぇ~~いっ(涙)。
よっしゃ、今回は郡山まで常磐道を迂回しちゃる!ということで、何百年ぶり(汗)で常磐道を走ってまいります。
外環もメチャ混みだろうけど、がんばりますよ~。

5日に帰ってくる予定なんですが、問題はその間ココログはどうするかということ(爆)。
まあ、時間があったらケイタイから画像アップもできるし、釜石駅前のビルにフリースポットもあるからそこからもアクセスできます。
今回は3泊しかできないので、なかなか時間取れないかも知れないけど、って、何しに帰省するんだって感じですが、ほっとけっ。

いつも旅行に行くときは、ポットにスタバのコーヒーを入れてもっていくんだけど、水筒どこやったっけ?
スタバのタンブラー買えば良かったかしら、水筒のカップってさりげに運転中は飲みにくいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »