« ドップラー効果 | トップページ | 山華 »

2004.05.06

白いタンポポ(再掲)

さて、釜石への帰省の際に、白いタンポポを撮影してここでもアップしたのですが、あとでダンナさまがお母さんに聞いたところ、これは彼のお父さんがどこか近所で咲いていたのを見つけて庭に植え替えて育てていたものだそうです。
調べてみたところ、このタンポポはもしかしたら「ウスギタンポポ」なのかなと思いました。
東北地方でよく見かけられる在来種ということです。
しかし「岩手県立博物館」によると現在では岩手県内でも非常に少ない品種のようです。

「岩手県立総合教育センター」では県内の生き物調査・タンポポのページでアンケートを行っていました。
タンポポは都会の路地でも見ることのできる強い植物ではありますが、在来種の分布などを調査すると興味深い結果が得られるのかも知れませんね。

なお、同じように白いタンポポとして、「シロバナタンポポ」、あるいは「キビシロタンポポ」があります。
関西より西には比較的多く見られるそうですが、本州ではとても少なく、これらが岩手県で自生しているのかどうか難しいところですね。

ハッキリさせるにはガクと呼ばれる総包外片や葉の形などをよく調べる必要があるんですが、そんなに珍しいものとは思わなかったのでじっくり観察してきませんでした・・・。
次の機会にはちゃんと見て来ようと思います。

|

« ドップラー効果 | トップページ | 山華 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほぉ!
それでは、これはとても珍しいタンポポなのかもしれないんですね。
ん~~うちにも欲しい。(笑)

ところで、このコメント欄に背景が出たり出なかったり(私の所もそうなんですが。)
これって、どんなカラクリになっているんでしょうね。

投稿: 檬花 | 2004.05.07 00:13

>檬花さん
岩手県でも生態系の調査でタンポポ分布を調べているそうですが、なかなか難しいようです。
日本のタンポポは受粉するのに他の株が必要で、単株でも増える外来種にあっという間に占拠されてしまうようです。
だから、もしもこういう珍しいタンポポを発見したら、2株持ってきた方がいいかも知れませんね。

コメント欄に背景が出るのは、この部分と記事部分の背景がスタイルシートで同じ設定になっているからみたいです。
私もここが気になっていて現在も研究中なんですが(汗)、どうしても分からずにいます。
うーん、ちょっとみっともないよね・・・・。

投稿: しのぶ | 2004.05.07 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/550845

この記事へのトラックバック一覧です: 白いタンポポ(再掲):

« ドップラー効果 | トップページ | 山華 »