« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の31件の記事

2004.06.30

お宝画像(笑)公開~

最近、自分の絵を発表するのが流行っているようなので私もひとつ。
学生時代に嫌になるほど絵を「描かされた」んですが、どれもデカイのでとてもとっておけるものでもなく、かなり処分してしまいました。
まあどれもこれも習作みたいなもんだから、いいんですけどね。

これは私が小学校4年生のときに東京消防庁が主催した写生大会で描いたものです。
いちおう賞状かなんかもらっちゃったんで、親が大切にとっておいてくれました。
最近(でもないぞ)の作品は私のホームページに何点かイラストというよりレンダリングみたいのを載せてるんで、ブログはいいや(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

PINGはポジティブ思考でね

ping送信してない人、川の流れに身を任せてる人、けっこういませんか?

いろんなブログのトップページやMyblogListなどで新着記事って載ってるでしょう。
あれは私たちが記事を書いたときに同時に自動送信したpingを拾ったり、RSSを読みとって「おお、こやつのブログは新しい記事を書いたな」って察知して更新情報として掲載してくれるんですって。
MyblogListなどのPing受信サイトはpingを送信しなくても、あちらの方で巡回して(検索ロボットみたいなもん?)新しい記事を拾ってくれます。
しかし、いかんせん機械のやることです、どうしても拾い漏れがあるようなんですね。

だからこちらからMyblogList専用のPing受信先にpingを送ってあげれば、巡回を待たずに拾ってもらえるわけです。
ココログ以外のブログだってココログpingサーバーにきちんと新着情報載せてもらえます。
試して見てると分かるけど、かなりリアルタイムで掲載されるんですよね。
書いた記事が、なかなか新着情報に掲載されないなあと思っている方は、ちょっと試してみましょうよ。

せっかく記事を書いたんだから、できれば多くの人に読んでもらいたいじゃないですか。
検索サイト経由もいいけど、タイトルとか見て記事そのものに興味持って来てくれる方が嬉しいじゃないですか。
せっかくだから、ping送信しましょうよ。

たいていのブログにはping送信先を登録する場所があって、そこに各URLを入力すればあとは記事が書かれるたびに自動的にping送信してくれます。
が!!!なんと!ココログには好きなping送信先を登録することができません(なんだそりゃ、改良希望!)。

BlogPeople送信先URL:
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

goo BLOG送信先URL:
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

Weblogs.com PING送信先URL:
http://rpc.weblogs.com/RPC2

ping.bloggers.com PING送信先URL:
http://ping.bloggers.jp/rpc/

Nifty ココログ PING送信先URL:
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc

MyBlog Japan PING送信先URL:
http://ping.myblog.jp

あと、意外と「訳分からないからいいや」ってないがしろにされがちなのが、「このサイトと連携する(XML)」って項目。
ブログによって「RSS1.0」とか「RSS2.0」って書いてるのもありますね。
ここをクリックすると、ソースともビミョーに違う怪しい文字列(笑)と各記事の一部が表示されますが、これもメチャ大事です。
新着情報を見ると、タイトルと記事の一部が紹介されていますが、あれはRSS(rdfファイル)を読み込んでるんです。
MyblogListはping送信してないブログをおそらくこのRSSを読んで拾ってくるんでしょう。
また、RSSリーダーという新着読み取りソフトを使うときに、見たいブログのRSSのURLを登録するので、これが表示されてないと「この人は自分のブログを見てほしくないのかなあ」って誤解されちゃいます。
まあ、ココログの場合は、全員index.rdfだからすぐ分かるけどね。
(私の場合はhttp://shinobu.cocolog-nifty.com/apty/index.rdfね)

・・・という記事を書いていたら、このping送信を何度もやって更新回数をいたずらに増やしてるとこもあるんだそうですね。
まあ、そういうのもいいんじゃないの?てか、勝手にやれば?と私は思っています。
カウンターをいじくったり、ping送信しまくったりしても、きっとそのうち飽きると思うし、そういうのって見てるとけっこう分かるもんだしね。

追記:PING送信先URLを追加しました、こちらをご覧くだいませ~。
「PING送信先URLの一覧」

トラックバック入力欄に更新通知URLを入力しても、更新は通知されません。
少なくともココログでは、任意の更新サイトに更新PINGを送るためには、ブログエディタ(BlogWriteubicast Blogger など)を使うか、BlogPeople提供の「ぶろっぐぴんぴん」を使うしかないようです。
(2005/02/02追記)

| | コメント (22) | トラックバック (6)

2004.06.29

三菱鉛筆と三菱財閥

先日のエントリーで「三菱鉛筆のハイユニは描きやすい」って記事を書きました(メインテーマはちょと違うけど)。
三菱グループと言えば最近なにかと話題の自動車事業から金融、不動産まであらゆる事業に関わりを持つ巨大財閥ですよね。
文房具の製造までやっててすごいな、住友鉛筆も三井鉛筆もないもんな、と思ってたんですが・・・。

なんと鉛筆の三菱は、いわゆる三菱財閥とは全く縁もゆかりもない会社なのだそうです。

昔、アメリカ(だっけ?)のバンド「TOTO」が東洋陶器(TOTO)に訴えられそうになったそうですが、この2つの会社の間ではそういうことはなかったんでしょうか?
(プチ情報:TOTOのバンド名は、マジで東洋陶器のTOTOからとったそうです。
どこのトイレにもTOTOのマークがついてて、これなら覚えやすいだろうということで(笑)。
でも東洋陶器が気づいたときには、世界的に有名バンドになっていたのでお互いいいじゃん、ってことになったんだとか。)

調べてみたら、意外な事実が判明。
三菱鉛筆は純粋な鉛筆製造会社として1887年に創業、1903年に三菱マークをロゴマークとして登録しています。
一方の三菱グループがマークを商標登録したのは1914年。
あの菱形を3つ並べたロゴマークを先に商標として登録したのは三菱鉛筆の方が10年も前だったのです。
鉛筆という商品での競合はなかったのでお互い黙認という形で今日まで来たのだとか。

asahi.comより
三菱鉛筆

そういえば、ダンナ様が「四菱鉛筆ってのもあるよ」って教えてくれました。
「実録!四菱鉛筆ハイユニに迫る」
ま、これはオマケってことでねっ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.06.28

バカは黙って金を払え

じゃーん!ETC取り付け完了!!!
どこでもいいから(笑)高速道路を走るぞ!と思っていたんですが、その前に車にちょっとした不具合が発見されたので試験走行は保留です。

暑くなってから気づいたんですが、うちの車、なーんかエアコンが効かないんでついでに見てもらったら、修理に1万5000円かかると言われてしまいました(涙)。
いやもう、かわいいB4ちゃんのためなら、たとえ私の臓器を売ってでも(おいおい)治してあげますとも、てか、夏の帰省でエアコンがないとどっちみち私たちも脱水症状です。

で、見積書を見せてもらったんですが、よく見ると、顧客の名前が違う・・・。
車種もアウトバック(うちのよりずっとずっと高級車)じゃん、嫌みですか?
サービスの方が慌てて印刷しなおしてくれたんですけど、私はふと疑問に思いました。

修理が必要なのは本当にうちの車なんかね???
そのアウトバックくん、ってことはないのかね???
いえ、決して決してSUBARUのサービスの方を疑っている訳ではありません。
こういうのはどこでもありがちです。
お父さんの車(日産)のETCだって、Panasonic製のをつけろと言ったのに他メーカーのをつけられて、しかも設置場所も指定したのと全然違うとこに付けられてたし。

本題です。

もしもこんな風に「お宅の車はどこどこが悪いので修理しましょう」って言われて、機械に詳しくない私のような客は「はい、お願いします」と素直にお金を払うしかないんでしょうか?
それはもしかして、リコール対象じゃないのか?あるいは本当に修理が必要なのか、とか、そういうのを知るスベってないんでしょうか?(疑い過ぎ?)
・・・だからと言ってボンネット開けられて「ここです」って見せられても、きっと分からないですね(汗)。
そういうのは自分の勉強不足が悪いということで終了、なんでしょうか?

なんかねえ、三菱ばっかりあんなにドカドカ不正が出てくるってのも、おかしくないか?
世界中に無数にある車メーカー、三菱以外は全員真面目にやってるんでしょうか?
いやだから、SUBARUを疑ってるんじゃありません、絶対に。
SUBARUだ~~~~い好きです、レガシィ万歳、ソルベルグ運転うまい、ヒルボネン若い。
ほらね。
疑ってませんよ。
あくまで一般論としてどうなのかと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.06.27

おやじハムスター?

近所に激安ショップができたのでちょっと行ってみました。
私はあまりドンキホーテとかも行かないんで、こういうとこは珍しくてしょうがないんですが、ショッキングなものを見つけました。
商品は、まあよくある洗剤いらずのスポンジ?なんですけど、このイラストで撃沈。

デブのラッコ、じゃあないよね。
二重アゴでうっすらヒゲをはやしたタヌキでもないよね。
たぶん・・・・ハムスターってことでいいんだよね・・・。
スポンジにクルミが入っるらしく、クルミつながりからハムスターって来たんでしょうか。
なんなんだ、このおやじハムスターは。

いちおう有名メーカーです、エステー化学です。
だったらホームページでも紹介されてんじゃないかと思って調べたところ・・・。
ありました!
エステー化学 激ピカ くるみスポンジ
どうやら、激ピカシリーズがいくつかあるようなんで、見てみたところ。

激ピカスポンジたわし

激ピカ金属+スポンジ

激ピカへら付スポンジ

みんな、なにかが変です、あまりかわいくないです、でもいい味が出てるぞ。
うーんエステー化学の激ピカ四天王、恐るべし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.26

鉛筆彫刻

高校の授業で鉛筆デッサンがあったので、鉛筆は大量に持っていました。
ステッドラーの文具は洗練された感じでオシャレだったけど、使い勝手は意外とどれもダメダメ。
使いやすいのは三菱のuniでしたねえ。
本当はハイuniが一番いいんだけど、ちょと高かった・・・。
ユニ 三菱鉛筆株式会社
STAEDTER鉛筆


さて、私も授業中に鉛筆に名前とか変な絵を彫ったりしたもんだけど、ここまで作り込んでたら先生も何も言えないでしょう。
おかしい、絶対この人たちおかしい(爆)。
鉛筆彫刻

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.06.25

ETCが来たっ!

毎年長距離走って岩手くんだり(笑)まで行ってるくせに、今まで高速料金はハイウェイ・カードだったんですよ。
ETCの機械って、ついこないだまでけっこうデカかったし、なんとなくシステム自体道路公団の陰謀っぽくって、気に入らなかったし、高額のハイウェイ・カードがなくなったのも単に偽造防止のためじゃないだろう、って感じで胡散臭かったし。
だけど、最近のETCは超ちっちゃいし、価格も安くなってこれならペイできそうだな、と思ったんで、悔しいけど(笑)とうとう導入に踏み切りました。

本当はデンソーネットブログさんを見て自分で取り付けようと思っていたんですが、端子を見てやっぱり断念。
なんかあまり見たことない端子だよコレ・・・。
というわけで、SUBARUさんにやってもらうことにしました。
次の週末にでも、ちょっくら関越か何か走ってみようと思います。
ゲートをなぎ倒さないよう気をつけます・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.06.24

FLASHファイルが貼れるかのテスト





思いっきり練習です。
右下のボタンを押してみてね。

追記:おいおい、貼れちゃったよ、いいのか?(何が?)
てか、サブタイトルあたりにFLASHファイルを放り込もうと思ったんですが、なんかうまくいかなくてもう疲れたのでやめます(笑)。
でも諦めないぞ!!!

ちなみに、Macromedia Flash Player ダウンロードセンターでプレイヤーをダウンロードできます。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2004.06.23

これなあ~んだ?

私のダンナの実家は、近所のじいちゃんの事が柳田国男の遠野物語に書かれた、というような地域です。
現在の地図上の岩手県遠野市というよりは、上閉伊郡付近あたりの内陸部、ということになるので、遠野市のお隣の釜石市のこともけっこう書かれてたりするのです。
「物語」と言っても、話の起承転結がきちんとあるような話ばかりではなく、どこどこの山で誰それが熊に出くわした、おわり。みたいな、え?オチは?みたいな記述も多いんですよね。

遠野盆地はとても美しい土地です。
町々の手入れも怠りなく、さすが民話の里として町をあげて気を遣っているという感じで、それでも、いかにも観光地みたいないやらしさは全くありません。
なだらかな平原と豊かな田畑が広がり、盆地をぐるりと囲む山肌にうっすらと霞がかかっていたりすると、都会の人はそれだけでイチコロです。

その盆地を過ぎて山をガシガシ登り、峠を越えると、いきなり天気が変わります。
内陸型から沿岸型に一変し、空気に湿気が出て、気温もグッと下がったりするのです。
まさにトンネルを過ぎると雪または濃霧だった(危)、という感じです。
景色も遠野盆地とうって変わって、もののけ姫がモロと一緒にその辺散歩してそうな、周囲を圧倒的な自然が覆いつくす北上山地です。

そんな山の中腹で、道路からちょっと奥に入れば・・・。

じゃじゃん!!さて、ここで問題です!!!
この木の傷、一体何が起きたのでしょう???
答えはCMの後で。

じゃなかった、コメントに書いておきました~。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.06.22

そんなとこに置くな

今更ながら、スタイルシートの置き場所に困ってます。
かなり前の南郷力丸さんの「pokoponにっき」の「意味のない修正」で、サブタイトル内にスタイルシートが書いてあるのは変、てのを読みました。

はい、私、サブタイトル欄に自分で作ったスタイルシートへのリンクタグを置いてます。
そして、ココログではサブタイトル部分に<H2>を適用しています。
<H2>というのは、まさにサブタイトルを意味してるから、そこにスタイルシートを置くのはHTMLのルールとしておかしい、ということでした。
極端な話、<title></title>間にタグを置くようなもんですもんね(昔やったことあるけどな(汗))。

私も「なるほどねえ」と思ったものの、だからと言って実害ないからいいじゃんと(笑)、ほったらかしにしていたんですが。
先日、意外な弊害を発見(がーん)。

RSSリーダーによっては、ブログのタイトルと一緒にサブタイトルを表示するものがあるんです。
だからサブタイトルにタグやスクリプトが置いてあると、「どーゆーブログやねん」ってことになっちゃう訳です。
さすがにスタイルシート呼び出しタグ(LINKタグ)は表示されませんでしたが、代わりに、一緒にサブタイトルに置いてたアクセス解析用のJavaScriptがモロに出ました(爆)。

舞台裏のベニヤ板を見られた気分とでも言いましょうか。
こりゃ恥ずかしいすぎるってことで、アクセス解析用のJavaScriptはマイリストに移動させました。
・・・・・なんかマジで今更、ですね。

ついでに、オリジナル・スタイルシートへのリンクタグもマイリストに移動してみたんですが、私のCSSファイルはただでさえ無意味にデカイのに、ソースの下の方にあるマイリストから読み込むからとても時間がかかるんですね(汗)。
左側のサイドバーに置けば、気持ち早くなるかなという気もしますが、やっぱりマイリストに置くのはパス(大汗)。
人によってJavaScriptでスタイルシートを読み込ませる方法も試してらっしゃるようですが、JavaScriptを有効にしないとデフォの真っ白無表情ココログになってしまうのも切ないし。

というわけで、現在はとりあえず(笑)南郷力丸さんの方式を採用しています。
なんか、いろいろ探してみたけど、力丸方式が一番簡単かつ面倒のない方法かも???
他になんか良い方法ないですかねえ、あ、ベーシックでできる方法ね(笑)。
どうせテンプレートからして変なんだから今更細かいこと気にするな、と言えばそれもそうなんですが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.06.21

リゾートホテルの末路

私が小さい時に家族でよく行ってた会員制のリゾートホテルが、いつの間にか廃屋になって心霊スポットとして紹介されてました・・・。
http://www.ctktv.ne.jp/~r-type/r-type_spot083_famitekku.htm
5階で聞こえるという女の叫び声は私の生き霊かも知れない。
怪しげな儀式なんてやってないよ、だたのホテルだっつの・・・。

高度経済成長も落ち着いた昭和40~50年代、サラリーマンにもようやく余裕が出てきて、こういう会員制のホテルが流行った時代がありました。
瀟洒な建物に、プールやアスレチック、アーチェリーなど屋外の施設も充実していて、毎年避暑に行っていたのですが。

勢いに乗ってこのサイトで紹介されてる新館を建てたのがすべての始まりだったようです。
地盤がゆるかったのか欠陥工事だったのか、建物が傾いて築数年で使えなくなってしまったんです。
壊すに壊せず、建設費の損失も大きく、資金繰りのために詐欺まがいの会員集めをして訴訟沙汰まで起こしたようです。
結局このホテルはバブルの夢さえ見ることもなく、周囲の土地転がし祭を横目に見ながら朽ちるがまま放置されて、ついに栄えある心霊名所指定を受けたようです(涙)。

新館の方はまだ原型をとどめているだけマシです(汗)。
旧館は、こないだたまたま通りがかったら、屋根が腐って溶け落ちてました・・・。
こっちはもう幽霊さえも出ないだろうな。

しっかし、あの腐りようは2,3年で育まれたものとも思えませんが、未だにこうしてネットで宿泊募集してるってどういうこと???
写真のノスタルジックっぷりが怪しさを増幅してますが、宿泊料はあり得ないほど(涙)激安価格、これはお勧めです。
ただし、オバケが出る(らしい)し、各部屋に屋根はありません・・・。

↓こちらは旧館の宿泊ガイド
http://www.worldexp.co.jp/gasshuku/kanto1/tochigi/famitic_273.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.19

訳分らないけど危なげなメール

最近よくメールをくれる「NON泡CCR. Universities.」という、どっかの外国(?)の大学(?)。
「NON泡CCR.」って何?単なる文字化けか?
ググると何個かヒットはするんですが怖くてページを見に行けません。

中身もサッパリ分りませんよ。
確かに私は英語は苦手だけど、読めないのは私の脳みそのせいだけじゃないと思うぞ。
一部引用、じゃなくて、こんなんコピペでいいや。

mecca deductible afraid eastern wave antacid dovekie mcgee ridgway christ locoweed chive professorial kinetic ares cottrell orate diethylstilbestrol jubilee lunacy ferromagnetism transept aloft canaveral steven credible acetone demon counterattack amble threesome

本文はもっとあるんだけど、見ても面白くないんで省略しました(ベーシックユーザーは容量節約なのだ)。
これ読める人がいたら、ぜひ職務質問とかしてみたいんですが。
ちなみに、上の文章を翻訳サイトで訳してもらったらこんなん出ました。

恐れている控除可能なメッカ、東の波制酸剤ダブキーmcgee ridgway christロコ草エゾアサツキの教授の運動のares cottrell、ジエチルスチルベストロール記念祭精神錯乱強磁性袖廊に高く演説する、canaveralなsteven確実なアセトン悪魔逆襲アンブル三人組

牧師咀嚼魔術師domenicoかご緯度クリークembedder煙い特典鐘塔、琥珀はボローニャソーセージ四角形codebreak月状骨を悩ましました、

バンコック折り目について悲嘆する。前方に促進された企業家パンフレット精密さmonty指のあるwhat're爆発音の祖先の不活発なblackburnコンバーティブル

げー何これ、かなーーーーーりヤバげ?
すいませ~ん、これ、何なんでしょうか~~~?(涙)

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2004.06.18

ボコスカウォーズ、i-modeで復活

ラショウさん率いるイタチョコシステムズ(iTA-Choco Systems)が、まだイタチョコシステムズと呼ばれる前に伝説のゲームを作っていました。
1984年に第1回アスキーソフトウェアコンテストグランプリを受賞した「ボコスカウォーズ」というゲームです。
「野犬ロデム」とか「ニセミジンコのうそひみつ」とかは家にあるんですが、さすがにここまで古いゲームは持っていません。
でも、もう手に入らないんだろうな、とガッカリしていたら。
なんとI-modeでこのゲームができるようになりました!!!

「welcome to G-mode」より
I-mode版ボコスカウォーズ
http://www.g-mode.co.jp/news/presstop/maine85.html

月額情報料は月100円。
私もさっそくダウンロードしてやってみたんですが。
とりあえずね、難しいです。
いや、テクニックがいるとか攻略法が難しいとかそいういう次元の話じゃなくてですね。
イタチョコゲームを一個でもやったことがある方なら、なんとなく想像つくと思いますが(笑)、とにかく魔ゲームと呼ばれるだけあって、訳分らないです。
私が何度も何度も必死になってやっても全然クリアできないのに、ダンナ様がちょこっとやったらあっさりクリア、みたいなそういうゲームです。

初期のPC時代のゲームの攻略、と言っても攻略とも思えない解説はこちらに掲載されていました。
ボコスカウォーズ攻略ページ
マックユーザーでI-modeをお持ちの方、これはコレクションのひとつとしてはマストアイテムじゃないでしょうか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.17

くだらない話

関東の片田舎に江戸という町ができた頃の話になります。
西暦1603年に家康が江戸に幕府をおいて、それまで獣くらいしかいなかった荒れた土地に無理矢理都市を造ってから、わずか100年ほどで人口100万を超え、世界有数のメトロポリスに発展します。
しかーし、いくら何でもたった100年ぽっちで人は増えても商工業などの技術が簡単に追いつく訳がない。
面白い?ことに、醤油や釘など、ちょっとした日用品まで江戸周辺では粗末な物しか作れなかったのです。

そこで、しかたなく上方から「輸入」することになるのですが。
ご存じのとおり、江戸幕府は他の外様大名が妙な権力を持って楯突かないように、ギリギリの暮らしを強要していました。
意味もなく定期的に江戸に挨拶?に来させて(参勤交代)散財させたり、ちょっとでも不始末があれば容赦なくお家取りつぶしにしたり。

船さえも、こっそり軍艦でも作られたら堪らないって感じで、たとえ商船であっても大きな船は造らせません。
(余談:千石船は全長15mほどで総排水量は200トンくらい、黒船(サスケハナ号)は78.3mで総排水量2450トン、こりゃ「わあ、黒船だ~」って誰でも驚くわな)

となると、上方から江戸へ物品を運ぶには小さな船で運ぶか、陸路をチマチマ行くしかない。
当然、上方からの品物は質が良く、入荷する数が少ないのでとても高価なものになります。
そこで上方から江戸へ下ってくる品、「くだり物」はとても貴重な物として認識され、江戸周辺でとれるものは「くだらない物」として、卑下されることになるのです。

ここから「くだらない」という言葉が生まれたわけです。

そう、「くだらない物」とは関東で作られた品物のことを言うのですね。
京都大阪、瀬戸内海周辺で作られたものは、どんなにくだらない物でも「くだり物」なのです。
という説はどう?(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

MyblogListこれでいっか・・・

前々から、更新通知の時期にナットクがいかなかったMyblogListですが、どうも更新頻度の低いブログは、巡回がはしょられることがあるようです。
私は自分のMyblogListで新着記事を知って、リンク先のブログを見に行くことが多かったので、これはとっても困るんですよね。
しかたなく、最近はRSSリーダーを使って記事を見るようになったんだけど、問題は残されたMyblogListのリンクリストたち。
常にNEW!マークが付いて上の行に表示されるところと、そうでないところの差が激しくて、それは私のせいでないとしてもやっぱり申し訳ない・・・。
かと言って、毎日更新してる方たちの努力もとても大変なものだから、単純に文字順にするのも何だし。

それで、現在は更新順ではあるけど、更新日付はいれない形式にしました。
もうほとんど苦肉の策というか、打算というか、どうせなら漏らさず新着情報出してほしいというのが正直なところですが、あんまりワガママも言ってらんないかなあ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2004.06.15

RALLY JAPANチケット20日より発売

WRC RALLY JAPANチケットが、いよいよ20日より販売開始されます!!!

RALLY JAPAN NEWS

JR北海道の主要駅みどりの窓口、ツインクルプラザ、あるいは全国のローソンで前売り開始!
前売り価格は各レグとも、林道=6,000円、スーパーSS=4,000円で、札内スーパーSSのスタンド席は8,000円。
今回はスーパーSS(コース走行)が27SS中、7SSもあるので、スタンド席は必須かも。
個人的には一般道を走るSSの方が好きなんですが、国内で開催されるだけで幸せなので贅沢は言えないですね。

混雑を避けるために、一般の車には「アクセスポイント」と呼ばれる特設駐車場が用意されるそうです。
観客は、そこからシャトルバス(1000円で1日何度でも乗れる)で各ポイントに移動することになります。

そしてJTBでは、「ラリー・ジャパン観戦ツアー」を29日より申し込み受け付け開始。
こちらの料金など詳細は28日に発表だそうです。
ツアー専用受付ダイヤルも29日に「ラリー・ジャパン」上で発表されます。

詳細は「RALLY JAPAN」をご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

風炉釜

茶道用の風炉釜をもらったまま、実家にあずけっぱなしだったので、先日行ってきたんですが。
どうも、風炉(炭をくべる部分)だけで釜はないんだそうです。
・・・買わなきゃいけないのか釜・・・。
というわけで、これは私の母が持っている風炉釜です。
お母さんのは風炉の部分が鋳物ですが、私がいただいたのは陶器でした。
いただきものだから贅沢は言えないけど、明らかにお母さんの方が良い物だな(悔)。

これはお母さんの風炉&茶釜

どうせ母はお茶なんかもう何百年もやってないんだから、私が使うときだけ釜を借りようと思っています(悪)。

(・・・というのを書こうと思ったら重くてできなかったので、こんな時間になってしまった・・・)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Write Like an Egyptian

アルファベット文字(16文字以内)をエジプト文字に変換します。
Write Like an Egyptian

「shinobu」はこんな感じになるそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2004.06.12

日本最大級の風力発電

ゴールデンウィークに釜石に帰省したときに、大規模な風力発電施設ができるというので現地に行ってみたんですが、そのときはまだ基礎工事の段階だったので現物を見ることはできませんでした。

この風車は単一の風力発電所としては、最大規模の大きさを誇るものらしく、山の上まで新幹線車両を運ぶような巨大なトレーラーで運搬するという話を聞いて、現地を5ナンバーの車で走った私は、そんな大型車がここまで入って来るなんて「絶対無理!!!あり得ない!!」と自信を持って考えていたのですが。

見ちゃったよ、釜石市のホームページで。
さすがお役所のサイトだけあってPDFファイルですが、一見の価値アリです、風車のハンパじゃないデカさ。
風車輸送・据付行程(pdfファイル・約192kb)

ハブの高さ68m、ロータ経61.4mだって。
ってことは、羽のてっぺんまで約100mはあるってことですよね。
高さ100mというと、ビルで言ったら25~30階建てくらいです。
横浜マリンタワーの高さが106m。
大阪天保山にある観覧車や、東京お台場のパレットタウンにある観覧車も直径約100mだそうです。
こやつらも異様にデカイぞ、おい。
(オマケ:「おっさんのビル情報」ビルの高さランキングが分るよ。)

現在建設中の風力発電、今年の11月から稼働を開始する予定なので、私たちが夏休みに帰省するときには完成しているハズです。
北上山地のど真ん中のだだっ広い和山牧場に、高さ100mの風車が43基、唐突に立ち並ぶ姿はさぞかし壮観でしょう。
産出電力も、それまでとはケタ違い、約3万世帯の電力をまかなうことができるのだそうです。
牧場としての機能自体は最盛期と比べると、だいぶ衰退しているようなので、この広い空間を利用することは良いことなのかも知れません。
時間が取れたら、撮影して来ようと思います。

岩手県釜石市ホームページ
釜石広域風力発電事業の概要

これと同じ型のものが43基立ち上がる予定だそうです。
MWT-1000A(三菱重工)

ここに巨大風車が43個も並ぶのだ
これは天保山の観覧車です。こやつと同じ高さの風車を想像せよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.06.11

未確認飛行(浮遊?)物体

週末の夜は、明け方近くまでダラダラ起きています。
こないだも、午前3時過ぎまでパソコンいじったりしてウダウダやってたんですが、窓を閉めに立ったダンナ様がうわずった声で
「UFOみたいのが見える」って言い出しました。
まっさか~と思って、私も窓から西の空を見たら。

空のかなり低い位置に小さな光が1つだけ見えて、これがなんとも不思議なことに赤や青など、いろんな色に点滅して見えるのです。
UFOとは日本語で未確認飛行物体、ですから、これはもう明らかにUFOですとも。

ホバリングでもしてるんでしょうか?UFOは移動するわけでもなく、じっと同じ場所にいます。
カメラの望遠レンズで見ても、なんだかよく分らないし、もしも星だとしたら、もう向かいの家の屋根のすぐ上にいるから数分で沈んでしまいそうです。

こういう時に天体望遠鏡を使わなくて、いつ使うよ!って感じで、2人でものすごい勢いで組み立てました。
私が一人で組み立ててた時は、覗くことができるまで10分以上かかっていたと思います。
でも今回はすばらしいチームワークで2,3分で組み立ててしまいました。

で、結局。
なんだか良く分らないまま、星は沈んでしまいました。
はい、多分、星です、あれ。
うしかい座のアークトゥルスだったようです。
地平線に近くなって、空気の乱れで色が拡散していろんな色にチラついて見えたんだと思います。

人間、必死になるとけっこうやれるもんだ、というのが今回の収穫でした・・・・・・。


天体望遠鏡ってけっこう部品が多いんですよ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.06.10

初めてのパソコン

本棚を整理していたら、こんなものが出てきました。

きゃ~~~っ、近藤勇さま~~っ。

・・・じゃなかった、私が初めて買ったパソコン「Aptiva S-series(B60)」のカタログです。
香取くんの右に置いてあるのはネコの手ではなく、ジョイスティックです。
3Dゲームとセットで付いてきたんですけど、一回も使わなかったです。

そういえば、カタログに挟んであったメモに「FTPダウンボード」って書いてありました。
頼む、単なる書き間違いであってくれ私よ。

APPLEのPCはとうの昔からパソコンという機械にデザインを求めることが普通に行われていましたが、あのころはWINマシンはいかにも事務機器って感じのパソコンばかりでした。
ちょっと変わったとこで、東芝ブレッツァが色が黒かった、くらいでしょうか。
「そんな無味乾燥な機械を、あたくしの部屋に置けるとお思い?」てな感じで、白い箱は絶対買いたくないと(笑)。
(注:私の部屋は築40年のオンボロ木造和室、ハムスターの囓ったあと数知れず)

PCに詳しい友達やお店の人は、こぞってNECのバリュースターにしろとアドバイスしてくれました。
確かにバリュースターは質実剛健、値段もお得、アプティバと同じ金出せば17インチCRTにできたんです。
イメージ・キャラも私の好きな竹中直人だったので、かなりゆらいだんですが(笑)、マンション借りたからって藤原紀香は来ないのと一緒で、バリュースター買っても竹中直人が遊びに来てくれる訳じゃあありません。

何もかもが懐かしいMMXペンティアムプロセッサ166MHz搭載。
や、でもMMXが搭載されたのって、これが最初くらいだったハズですよ。
他のはみんな普通のペンティアムだったもん。

HDDドライブはなんと2.5GB。
今ではWindows Update分だけでHDDが一杯になりそうです。
だけど、もっと昔からパソコンをいじってる人たちからは「HDDはkb単位だった」「コンピュータからはき出される紙テープを読める人もいた(本当か?)」なんて話も聞くので、ギガ単位のHDDを背負ったパソコンは(そんなには)いばれないのかも知れません。

これ買ってニフティに入って、パソ通しまくりの毎日でした。
ホームページを最初に作ったのもコイツ。
モバイルが流行った時に、コイツを台車に乗せて移動しようかなんてしょーもない話もしましたねえ。
このパソコンには語り尽くせない思い出がたくさんあります。
私のブログのURLもこのパソコンに敬意を表してaptyとなっているわけです。

ちなみに、当時のバリュースターのカタログも出てきました(物持ちいいねえ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.09

初恋は遠きにありて

初恋の相手に会ってみたい、そんなことを考えたことがありますか?
私にとっての初恋は、小学校4年生くらいのことでした。
活発で元気な子、という印象をうっすら覚えています。
バレンタインでチョコをあげることもできず、結局彼には思いを告げられないまま、お互い別な中学校に進学してしまいました。

それから、約10年後、成人式の日のことです。
私は大学に進んで、合コンだの飲み会だの(同じだって)、課題の制作で2日徹夜だのと、なんともお気楽な日々を過ごしていたのですが、中にはすでに就職して社会で活躍してたり、子供を連れてくる子もいました。
私の中学時代の友達もかわいい赤ちゃんを連れてきていて、まあ早いうちに子供を作るのもアリなんだろうなと、人それぞれの人生についてなんとはなしに考えたりもしたものです。
で、彼女が「私のダンナなの」って紹介してくれたのが・・・。

そう、私の初恋のあの彼でした。

これ以上ないくらい典型的なヤンキー君スタイルの彼・・・。
和服着てて目立たなかったけど、よくよく見れば彼女もヤンスタイル。
そして、似たようなファッションのお友達大勢と集まって、式典の間中大騒ぎをしていました。

ひと様のファッションや人生哲学について、あれこれ言うのは私の主義ではありません。
でもね。
世の中、思い出は思い出としてとっておくべきもの、知らなくてもいいものって、たくさんあるんですね・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.07

多趣味なフセイン氏?

フセインさんは、捕まるまで世界各国でいろんなことをやっていたようです。
アメリカ人て、こういうの好きだよね~~~。
http://www.worth1000.com/cache/gallery/contestcache.asp?contest_id=1533

| | コメント (3) | トラックバック (0)

みんなのココログ笑える

文字の大きさが指定できなくなってるらしく、どのココログも笑える状態になってますねっ。
でも他のスタイルシートが生きてるのはどういうことだろう???
今日は重たいらしいです。って、こんなくだらないこと書くから余計重くなるんだっての。

ココログトップまで逝っちゃってます。
がんばれニフティ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネットでゲーム2

ものすごく昔に紹介したネットでゲームから、ものすごく久々ですが。

■ZUMA
http://www.shockwave.com/sw/content/zuma
Shockwave.comより)
カエルの像がはき出すボールを同じ色のボールにぶつけて、消していくゲームです。
ダウンロードもできるけど有料なので、無料の方で楽しみましょう(笑)。
連鎖で消したら高得点が。

■Tower Blaster
http://www.gamerival.com/index.cfm?game=C8496A22
GemeRivalより)
小人(プレイヤー)とバイキングたちとの塔建設?合戦。
下の数字が大きくなるようにレンガを積んで塔を完成させる競争です。
1違いの数字が上下に並ぶとボーナス点が。

■NEKO-BALLOON
http://ece4co.vis.ne.jp/shockwave8/fusen.html
ece4co-shockwave-games. より)
風船にぶらさがったネコちゃんを、扇風機で上手に誘導してGOALへ。
風船がトゲに刺さらないよう気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.06

コカ・コーラC2

明日、6月7日にコカ・コーラC2が発売されるそうです。
ダイエット・コークの後継商品ってことになるのかな?
それともコカ・コーラ・ライトの後継?
それがなぜここにあるかって言うと、マクドナルドでもらいました。
ダイエット・コークは人工甘味料の「いかにも」な味があまり好みじゃなかったんだけど、なぜかライトは好きだったのよね。

さすがコカ・コーラの名を冠する新商品。
専用サイトができています。
コカ・コーラ C2

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004.06.05

我が家に風炉が来る

お茶を習い始めたら、年配の女性と話が合うようになりました。
って、年が近くなったせいだとか言わないように(笑)。
親戚のおばさまから懐紙や扇子をいただいたり、知り合いのおばさまから黒文字(お菓子用の楊枝)をいただいたり、とてもかわいがってもらえるようになりました。
こないだも母から電話があって、知り合いで長年お茶をやっている方が「しのぶちゃんに」ってお茶用の風炉釜を置いていったそうです。

・・・・・いや、めちゃくちゃ嬉しいです。
でも、ええと、置く場所が・・・・・・・。
母もなぜか骨董屋で茶釜を買っていたので「そっちに置いてお母さんも使えば?」というセリフは使えません。
まだ現物は見ていないのですが、ものすごく嬉しいし、これからは家でも練習できるなって思うんですが、うーんうーん・・・・。
日曜にでも取りに行ってこようと思います。
うーん、マジでどこに置こう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.03

午後12時、午前12時(こんなのアリ?)

意外というか、やっぱりというか、人によってバラつきのあった「午後12時、午前12時」ですが、私が思っていた「昼は午前12時」という考え方は、もしかしたら少数派なのかな?
多くの方から「昼は午後12時でしょう」という意見をいただきました。
「午後12時」をお昼とするのは文法的、順序的にはおかしいと思うのですが、「それでもお昼を過ぎたら午後なのだから」と言う理論はなるほどです。
だけど、やっぱおかしいよ、午前12時を1分(1秒?)でも過ぎたら午後12時1分って言い方になるなんて。

そしたら!!!
「blog」において、tamoさんがすばらしいサイトを紹介してくださいました。
どうもありがとうございます>tamoさん
ひゃー感謝感謝。

tamoさんが紹介してくださったサイト、ものすごく興味深い内容です。
どうやら法律的には、昼は午前12時とする模様(わーい)。
ところがっ!!!
それもあくまで慣例としてであって、絶対そうしろ、とは公式にはどこにも名言されていないとか。
鉄道関係なんかは24時間表記なので問題ないとして、保険会社なんかもやはり昼は午前12時だそうです。
テレビのニュースなどではそもそも「午前12時」「午後12時」という表現自体を使わないようで、(午後0時、あるいは正午)やはりこの表現はかなりまぎらわしいようですね。
これを読んで面白かったのは午前午後表示のあるデジタル時計の表記に関する記述でした。
うーん、確かにデジタル時計って1時から12時までの表記だもんね。

国立天文台の「よくある質問」掲載されていた「正午は午前12時?それとも、午後12時?」でも、「こんな説明、子供じゃナットクしないぞ」みたいな回答になっていました(笑)。

面白いのは、この定義、明確に定義されている公文書が存在しないのだそうです。
なんじゃそりゃっ。
というわけで、結論としては。

昼を午後12時と言っても、午前12時と言ってもどちらも合ってもいないが間違えでもない「らしい」。
でも、そういう言い方はまぎらわしいので使わない方がいい。

というなんとも分ったような分らないような不思議な結果となりそうです。
こりゃあ言い争っても結論でない訳だ(笑)。

お子さんや私みたいなおバカ(笑)に説明するときは「昼の12時は、午前12時? それとも午後12時?」(なぜか松下電器産業サイト内)を見せてあげるといいですね。
適当にオブラートに包んであって。
今後いろんな人に自慢して歩きそう(爆)。

| | コメント (15) | トラックバック (3)

2004.06.02

午後12時、午前12時

午後12時って、お昼?夜?
午前12時って、お昼?夜?
意外とこれが人によってまちまちなことがあって、さすがに待ち合わせとかを夜中にすることもあまりないので時間を間違えて出かけちゃったってことはないのですが(「オマエならありがち」とか言わないように)、会話が妙に合わない時もあって、あれ?ってことが多々あります。
私からしてみれば、午後11時は夜の11時なので、その1時間後の午後12時なら夜中、だと思うのですが、人によっては「昼だよ」ってこともあるんですね。
ってことは、その人にとっては午前12時は夜中ってこと???
午前0時は?午後0時は?

午後12時は昼である、と思われてる方がいらしたら、ぜひ根拠をお聞きしたいと思います。
いえ、変な煽りとかじゃなくマジで。
テレビなんかでも、たまに午後12時をお昼と解釈して使っている人を見かけるので、何の根拠もなく使われているものでもないと思うのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.06.01

パラボラミニを使ってみたよ

「サイト更新通知サービスの通知タイミングって」でも書いたように、どうもMyblogListBlogPoepleの更新通知のタイミングがよく分らないので、「パラボラミニv1.2」というRSSリーダーを使ってみました。
他のRSSリーダーをまだ使ったことがないので比較はできないんですが、今のところ、ちゃんと更新時期に合わせて記事を拾ってくれるようです。

ただ、MyblogList、BlogPoeple、あるいはココログ自体のリンクリストと違って、こちらは各記事の固定リンク先にジャンプするようです。
これが慣れないと「あれ?」って感じだけど、まあ大した違いじゃあないかな?

画面はWindowsで見ると素朴な感じで、MACでの画面の方が洗練されてるので、もしかしたら作者の方はMAC使いなのかも知れません、想像だけど。

というわけで、これからはこちらを活用しようと思うので、みなさんのとこには私のココログのリンクリストからはあまり行かなくなるかも知れません。
アクセス解析で見ると私のとこから飛ぶ頻度が減るかも。
でも、以前よりもきちんとチェックはできるようになる「ハズ(笑)」です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大人になってこれはキツイよ

私が24,5歳の今くらいの季節のことです。
友達と遊びに出かけたのですが、かなり暖かい日だったのに私は異様な寒さを感じていました。
目も痛いし、体の節々も痛くて歩くのもなんだかつらい。
途中でもうどうにも歩けなくなって、結局友達に送ってもらって家に帰りました。
まあ、こんなのは風邪か何かだろうから、一晩寝たら治るだろうと思っていたんですが。
翌日には、さすがの私(汗)でもハッキリ分るくらい熱があって、立っているのがやっとの状態。
なんとか這うようにして、近所の内科医に行きました。

先生は私を見るなり、緊張した表情になり、看護婦さんは待合室の様子を見に行きました。
診断の結果は・・・・。
ハシカでした~~~~~っ(涙)。
看護婦さんは、待合室に居合わせた人をチェックしに行ったのでしょう。

言われてみれば、その2週間ほど前に、おじいちゃんに付き添って総合病院に行ってたので、もしかしたらハシカの子がいたのかも知れません。
2週間といえばちょうど潜伏期間だそうです。
目が痛かったのもハシカの前兆で、結膜炎のような症状が出るんだそうです。

いちおう法定伝染病なので、近所の病院ではなかなか入院させてもらえず、家でひたすらうなっていました。
体中に点々が出てきて、これ以上出ないと思っていた熱もまだまだこれからって感じでガンガン上がっていきました。
何度か「トマト食べられるのかな」と言ってたそうですが私は覚えていません。
・・・大人になってからのハシカって、マジで命にかかわりますね・・・。

私の友達で、子供におたふく風邪をもらった人がいましたが、この方はとうとう隔離病棟に入院しちゃってました。
お子さんをお持ちの方は、子供だけじゃなく自分のことも気をつけないと、共倒れになってしまいますね。

| | コメント (315) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »