« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の55件の記事

2004.08.31

運転うまくなりたいな

みなさんは、運転してて何か気をつけてることってありますか?
けっこう飛ばすわりに恐怖を感じさせない運転と、そんなにスピード出してないのに怖く感じさせる運転って、何が違うんでしょうか?

女性が男性を「かっこいいなあ」と思う瞬間のひとつに「車庫入れが上手」というのがあるそうです。
悔しいけど、男性と比べると女性ってのはおしなべて運転があまり上手じゃないですよね。
私も、男の人が助手席のヘッドレストに手をかけて、くるくるすとんって車庫入れするのを見ると
「こんちくしょー」って思ってしまいます(笑)。

とりあえず私自身の運転でも他人の運転でも、常に意識してるのは
・シフト変更やブレーキを踏んで止まる瞬間にガクッとならない
・曲がるときは軌跡がなめらかな曲線になる
・高速での車線変更は同乗者が気づかないくらいスムーズ
・車庫入れはゆっくり確実に、車止めにタイヤが当たる直前で止める

って感じかなあ。

ドライビングポジションは、免許取り立ての頃は、思いっきり前にしてたけど、少し慣れたらハンドルの一番上を持ったときに、腕がのびる位置にしていました。
でも、最近は少し余裕があるくらい、真横を持ったときに肘が直角に曲がるくらいの位置にしています。
レーシングドライバーとか見てると、おばちゃんスタイル?でハンドルにしがみついてる(ついてないついてない)のが多いですよね。

以上は本当に基本的なスタイルであって、どこに注意を払っているか、目線は正しいか、あるいはとっさの時に正確な判断ができるか、そういったことには自信を持って「バッチリだよ」とは言い切れないんですよね・・・。

もう長い間、ドライブするのはダンナと二人っきりなので(ノロケではありません)、客観的に私の運転を見てくれる人にも、私が新たな運転技術を盗める人にもなかなか出会うことはありません。
自分は、そんなにヘタくそな運転ではないとは思うんだけど、実際他人が見たらどう感じるんだろう?

あ、あと、運転中じゃないけど、ドアを閉める時に親の敵みたいにドカン!とやるのはちょっとカッコ悪いですよね。

| | コメント (16) | トラックバック (3)

2004.08.30

二百十日

台風と熱帯低気圧の違いってご存じですか?

熱帯低気圧とは、文字通り、熱帯の海上で発生した低気圧のことです。
熱帯の海の上昇気流によってすくすく育った熱帯低気圧が、風速17mを超えると「台風」になるのだそうです。
陸地に上陸したりして勢力が衰えれば、再度熱帯低気圧となって、消滅していくわけですね。
ふーん、けっこう明快。
・・・と思ったら、話はそんなに簡単ではなく、熱帯低気圧だっていつも同じ勢力を保っている訳ではないし、常に低気圧中心部の風速を計測するのも困難ですよね。
ですから、最終的には専門家の判断によって「これは台風」「こっからは熱帯低気圧」と決まるのだそうです。

いずれにしても、台風と熱帯低気圧の違いは風速が違うだけで、雨量などは考慮されていないわけです。
ですから、熱帯低気圧になったから安心、とは決して言えないわけですね。

明日8月31日は1年で最もたくさん「嵐の来る日」と言われた日です。
今年は特に台風の被害が多いようですが、これからも充分気をつけたいものですね。

こよみのページ
デジタル台風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.29

最近のおガキさま

駅前を歩いていたときのこと。
おそらくさんざん地面に叩きつけられたり、踏み台にされたであろうボロボロのランドセルを背負った、いかにもクソガキそうな男の子がバタバタ走っていました。
すると、ポケットに乱暴につっこまれていたクシャクシャのハンカチが道路にハラリと。
男の子はまったく気づかずに走り去ろうとしていたのですが、すぐ後ろを歩いていたオジサンがハンカチを拾って
「おい、ぼうず!落としたぞ」
と声をかけました。
クソガキは、自分が声をかけられたのに気づいて立ち止まると、オジサンの方をくるりと向いてハンカチを受け取り、帽子を脱いで
「ありがとうございました!」と頭を下げたのです。
オジサンもそんなに丁寧にお礼を言われるとは思わなかったのか、さきほどのぞんざいな口調から「あ、いえ、どういたしまして」と敬語に変わっていました。


私が車を駐車させていたときのこと。
荷物をまとめていると隣のスペースに車が止まり、中から小学1年生くらいの男の子と、5歳くらいの女の子が降りてきました。
私は気にせずエンジンを切って車から降りようとしていたのですが、助手席のガラス窓をピタピタと叩く音がしてそちらを見ると。
二人の子がニコニコしながら「こんにちは」って声をかけてきました。
少し驚きながら窓をあけて「こんにちは」って返すと
お兄ちゃんが「かっこいい車ですね」
続けて妹がマネして「かっこいい車ですね」

・・・ごめんなさい、こんなことを言われるなんて予想もしてなかったので
「ありがとう」しか言えませんでした。
君たちの車もかっこいいね、くらい言えれば良かったのに、今の大人はそういうコミュニケーションに慣れてなくて、本当に恥ずかしい限りです。

最近の大人は、君たちにきちんと挨拶もできません。
きちんと礼儀をわきまえた君たちに対して、私は自分を本当に恥ずかしく思います。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.08.27

動物オリンピック???

会場作りが間に合わなくて、今年のオリンピックは開催できるのか?とか言われたけど、ふたを開けてみれば日本は大変なことをしでかしっぱなしでしたね~。
毎日が感動の嵐でした。
そんなオリンピックも間もなく終了ということで、なんとなく寂しくなっていませんか?
そんなあなたに。
Animal Olympics 3

以前紹介した「多趣味なフセイン氏」に続く、おバカなコラものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

めでたいことは良いことだ

「街かど自立センター」の彼ではないんですが(笑)、もしかしたら近いうちイトコが結婚するかも知れません。

こういう時、参列する側、特に女性は何が嬉しいって、晴れ着を着ることができるのが、ものすごく嬉しくないですか?(爆)
私の場合、お茶会なんかでも和服を着る機会はあるんですが、本来茶道というのは質素を旨とするものですから(わびさびの世界ですね)、あんまりキンキラキンの和服は好まれないのですね。
でも結婚式なら、ギラギラの服を着てったって大丈夫。
花嫁さんより派手にしちゃうのは良くない、と言いますが、そんなことは気にするな!

私のイトコは全員男で、まだ結婚してない子もいるので、会うたびに「すぐ別れてもいいから結婚式あげてよ」と言っています。
だって、私が和服着たいんだも~ん。

友達の披露宴の時に、着付けの先生が帯をきれいに結んでくれたので、記念に(笑)撮りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.08.25

まだまだ育つぞ

植物って、買ったときは小さくてかわいいなあと思っても、いつの間にかとんでもないことになったりしませんか?

ずっと前、線香花火みたいな繊細な感じがかわいいなあと思って、小さいアスパラガスの鉢植えを買ったことがあったんですが、これがあまりに伸びて気持ち悪かったんでこっそり庭に植え換えたら(汗)、雨樋伝いに伸びて2階の屋根まで到達したことがありました。
あと、ミント系も放っとくとアジサイの葉みたいにデカくなりますよね。
ハーブの寄せ植えを作ったら、全部ミントに駆逐されたことがありました(しかもデカくてかわいくない・・・)。

もう何年前になるのかも忘れちゃったんですが、ガソリンスタンドで小さいテーブルヤシをもらったことがありました。

(写真はイメージです)
高さは鉢を入れても10センチもなくって、景品にされるようなのだから、あんまり元気もなくて、どうせすぐ枯れるなあ、と思っていたのですが・・・。

どっこい、こんなに元気です(涙)・・・・。

現在の高さは約1m。
どんどん大きくなって、あっという間に鉢の下の穴から根がはみ出ちゃうので、何度植え替えしたか分かりません。
この写真は初夏に花が咲いたので記念に撮ったものですが、今は更に新しい葉が増えています。
しかも、一回り大きい葉が・・・。
写真の手前にももう一個同じのがいますが、これは友達からもらったもの。
テーブルヤシって丈夫なんですかね。
調べてみたら、テーブルヤシは2mくらいまで育つんだそうです。
・・・・ものすごく、将来が不安。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.24

街かど自立センター

今日はガレージセールの手伝いをしてきました。
社会教育を勉強していたはずのイトコがなぜか(笑)福祉の仕事につき、このセンターに行ってから、本当はこっちが天職なんだなと実感した場所です。
東京三鷹にある街かど自立センターが会場でした。

世の中には、障害者たちが集まって仕事をする、いわゆる福祉作業所がたくさんあります。
しかし、基本的に仕事を探してきたり与えたりするのは、健常者である経営陣やスタッフが行うことが多いのです。

この自立センターがそのような作業所と違う点は、ここでは障害者が主体となっている点です。
もちろんサポートとしての健常者は何人かいますが、それはあくまでサポートであってサポート側は、声をかけられたら介助をする、という形です。

私があれこれ言うよりも、センターのホームページの「概要」を見るのが一番分かりやすいかな?
自立プログラムの一貫として、毎月第4火曜日に、ガレージセールを行っているそうです。
私も不要なものがあると、たまに持ち込んだりしていました。

今日は朝から天気が良くて、夏物処分セールをやったこともあって、けっこう盛況でした(日焼けした~)。
ちなみに、街かど自立センターのホームページのクイズに答えると、ガレージセールで売っているケーキを無料で1つもらうことができます。
けっこう難しいです、サイトは所員のみなさんで作ったそうです。
私なんかよりずっと難しいスクリプト使ってるし(大汗)。
お近くにお住まいの方は、一度行ってみてはいかがでしょう???

・・・・センターのみなさんにもこのブログを教えたのでヘタなことは書けません(爆)。
今日は、みなさん、大変お世話になりましたっ!
また来月、時間が合えばお手伝いに行かせていただこうと思ってますので、よろしくお願いしますねっ。
ケーキチケットは来月また持ってってもいいでしょうか(笑)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2004.08.23

プラレール

これは私の趣味ではありません(笑)。

私のお父さんは、鉄道もののグッズやオモチャを集めるのが好きなようです。
気合いの入った人だと、メルクリンやライオネルなどの本格模型で巨大なパイクを作ってみたり、あるいはこんなかわいいパイクのケースを作っちゃったりするようですね。

でも、お父さんにはそこまでの根気はないので、プラレールがちょうどいいようです。
大人買いしてます(笑)。
メルクリンもいくつか持ってたけど、メンテナンスが面倒で今は押入の奥の奥の奥に仕舞っちゃったようです。

オマケ:ずっと前、故障したメルクリンの模型を知り合いに見てもらうために、とりあえず撮影した時の写真です。
右の箱?(コントローラーだろう)で前進・後退などの操作をします。
父のコレクションはSLがダントツで多いんですが、この列車は何だろう?よく分からないや(涙)。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2004.08.22

青い瞳の日本人

私が東北地方の人とつながりを持つようになったのは、岩手出身のダンナ様と出会ってからになります。
それまで私の北限は福島だったので、東北地方、岩手県に関する私の知識やイメージはとても貧困なものでした。
今ではたくさんの岩手の人たちとふれあう機会に恵まれているのですが、ある時とても面白い?ことを発見しました。

東北地方には瞳が青い人がいるのです。
薄い褐色の人もいるし、緑がかってる人もいます。
つまり、色素が薄いんですね。
だけどそれは、決して白人の血が混じっているという訳ではなく、生粋の日本人であったりするのです。

検索して探してみたのですが、ネットではそういう情報を見つけることができませんでした。
唯一それらしいのが見つかったのがこれかなあ。(なんだこりゃ?ダイナミックHTMLかな?)
「瞳の色」メガネかわら版より)

結局のところ、はっきりした原因はよく分かっていないようですが、少なくとも病気や混血と言った後天的なものではなく、先天的に「青い瞳」の遺伝子を持つ人々がいるのは確かなようです。

もともと東北の人は色白な人が多く、秋田美人や津軽美人などは、肌が透けるように白いという意味でもあるんですね。
ヨーロッパのように日照が少ないせいで現れる特徴なのでしょう。
ですから、東北の人に、白人のように瞳の色が薄い人がいるのも、そんなに不思議なことではないのかも知れませんね。

瞳の色の遺伝子は黒に比べて青が断然劣勢なのだそうで、青い目と黒い目の人の間の子供は、ほとんどが黒い目になるのだそうです。
もしかしたら、もっとずっと大昔には、東北地方にはかなりの数の青い瞳の人がいたのかも知れませんね。

| | コメント (54) | トラックバック (2)

2004.08.21

イメチェンしたよ

はい画像を差し替えましたよ~。
前のはあんまり気に入ってなかったんだけど、良い画像がなくて帰省したときにちょこっと撮った写真にしました。
砂利道走ったり、花火の灰をかぶったり、はっぱカッターの攻撃受けたりしたせいで、ボディがマーブル模様になっちゃってたのが面白くて(涙)撮った写真なんですが、木漏れ日のおかげ画像だと分かりませんねっ。

うーん、最近ちょっとデザインがパターン化してるかなあ。
色味変えたら雰囲気も変わったからいっか。
なんか、どんどん女性のブログじゃなくなっていますねっ。
どうしてもホンワカムードを出すのが苦手なようです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2004.08.20

DOCOMOMO

携帯電話の会社名の字余り、ではありません。
正式名称は
「The Documentation and Conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement」
長っ!!!
直訳すると「モダンムーブメント(近代運動)に関する、建物・敷地・環境形成の記録調査及び保存」と言った意味になります。
ぶっちゃけた話、近代建築を保存しましょう、って話ですね。
「世界遺産」の近代建築版みたいなもんでしょうか。
1989年にオランダで設立され、モダニズム建築の意義をみなおし、啓蒙・保存などを主な活動内容としているそうです。

で、近代建築って何??どんな建築?

ヨーロッパを旅行すれば、各地で古い建物を見ることができます。
あるいはゴシック建築だったり、ロマネスク、ルネッサンス様式など、ある一定のスタイルがある建物たちです。
もちろん我が日本にも寺社仏閣や茶室など、美しい建築がたくさんありますね。

20世紀に入ると、産業革命により様々な工業製品の量産が可能になりました。
ガラスやコンクリート、鉄などの強固な素材が生み出され、何より科学・工業技術の進歩によって複雑な構造を採用することが可能になったのです。
それによって、以前のように様式にこだわらずに、自由な発想で建物をデザインできるようになったのが近代建築の特徴でしょう。

おおまかに言えば、
1.産業革命以降にできた建物
2.工業化された材料を使って科学技術に基づいた構造技術を採用していること
3.機能性や合理性を重視した設計がされていること
4.年代で言えば1920~60年代に作られたもの
といった感じでしょうか。

日本はもとより世界各国に林立する高層ビルも家も近代建築の産物であり、ニューヨークのワールドトレードセンターなどは、まさにマスターピースとも言える近代建築の象徴でもあったわけですね。

現在、経済的理由や、都市計画の都合などで、モダニズム建築もどんどん取り壊されているのが実情です。
そういった、モダニズム(近代)とは言え既に歴史的建築物となりつつある建物たちを保存していこう、というのがDOCOMOMOの活動内容なのだそうです。

あー、ここからゴーマニズム行きます(笑)。

私はモダニズム建築は好きではありません。
ポストモダンのようなキッチュなデザインや、フランク・ロイド・ライトのようなコテコテの建築が好きなんだから、そりゃあ相容れないのは当然ですな。
ル・コルビジェやミース・ファン・デル・ローエなんかはどちらかと言うと大嫌いな(笑)建築家でもあります(うっわー言っちゃたよ、反論は受けとめられません)。
四角くて色気のない建物なんてつまんないじゃん。
しかしながら彼らの生み出した建築には、無駄な装飾や贅肉を徹底的にそぎ落とした合理性や機能美があるのも事実です。
日本にも前川國男や丹下健三など、優れたモダニズム建築を生み出した建築家が大勢います。

が、私は「モダニズムこそ、破壊と建設の象徴」と考えているので、時が来れば壊され、そこにまた新しい物が建っていくのもモダニズムとしての宿命なのでは?とも思うのです。
機能性だけを求めて作られたものが、機能を失ったとき、その物の存在価値はあるのでしょうか?

科学技術はこれからもどんどん発展していきます。
その土地の風土や歴史をほとんど無視して世界中を支配してきたモダニズム建築は、これからもどんどん増えていくことでしょう。
モダニズム建築を歴史的遺産に指定して懐かしがるには、まだまだ渦中にいる私たちに、どれだけのことができるのか、今後のDOCOMOMOの活動に興味がわきました。

DOCOMOMO INTERNATIONAL
DOCOMOMO JAPAN
DOCOMOMO US
その他各国にDOCOMOMOサイトがあるようです。

CASA BRUTUS「世界に自慢したい!ニッポンのモダニズム建築100。」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ぬるぽウィルス

かなりイタイ気がする・・・。
使ってない古いパソコンを被害に遭わせてみたくなりませんか?
なったあなたは、ぜひブログでリポートしてください(爆)。

Winnyで“ぬるぽ”ウイルスが流行の兆し~シマンテック警告

「Trojan.Nullpos」ウイルス情報(シマンテック)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

人を外見で判断するなよ

たとえば、家電量販店とかのパソコンコーナーとか行くでしょ。
展示してあるパソコンを見たりいじったりするでしょ。
そうすると店員さんが「なにかお探しですか?」とか声をかけてくるでしょ。

これがダンナ様とかの場合だと
「スペックは」とか「モバイル性能としては」とか「筐体デザインが」とか、なんかやたら専門用語を並べて説明してくるわけですよ。
ところがですね、私の場合だと
「絵がきれい」「場所をとらない」「かわいい形」とかって言い方になるわけですね。

上の言葉だと「パソコンのこと説明してるらしい」って分かるけど、下の言葉だと、なんか置き物でも売ってるのかよ、みたいじゃないですか?
ものすごく納得いかないっ。

確かにね、私がやってることと言えば、どんなゲームが入ってるのかチェックするとか、動画再生されてるのをボーーーッと見てるとか、それくらいですけどね・・・。
そういえばこないだも、恐竜の動画を再生してるPCがあったんで、ものすごい勢いで見入ってたら、店員さんに「そのノートパソコンは録画もできるんですよ」とか話しかけられちゃって、先を見れませんでした。
PCよりその恐竜ビデオがどこで売ってるのか教えてほしいよ・・・。

ああいうところに行って、パソコンがズラーッと並んでる中、みんなガシガシいじってるけど、実際のところ何やってるんでしょう?
変な名前のフォルダ作ったり、ブラウザのブックマークに変なサイト登録したりしてんじゃないの~~~?(誰もやらないって)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.08.18

無事帰ってきました

先ほどモブログで到着報告をしたんですが、エラーが出て送信できなかったとか言われたので、PC立ち上げたらちゃんと更新されてました(おいおい)。
今回はちょっと渋滞しちゃったけど、夏休み時期にしてはまあまあの時間で帰ってくることができました。
釜石の家を出たのが午前10時半くらいで、途中盛岡に寄って冷麺を食べたりしたので自宅に着いたのは夜の12時半になってしまいましたが、盛岡に寄らなかったとしても今回は12時間はかかったかなと思います。
福島あたりで豪雨に遭ったり渋滞もポチポチあったんで、これくらいは妥当かな。

どんなに空いてても最低でも9時間はかかっているんで(休憩込み)でね、もうこれくらいのドライブは慣れたもんです(笑)。

今回は、仙台に寄ったり、巨大な風車を見物することもできたし、花火大会も見れてかなり充実した帰省でした。
その代わり、親戚筋への挨拶はだいぶテキトーになっちゃったかも(笑)。

とにかく、今回の帰省で一番気の毒だったのは我がレガシィB4です。
あの風車の根元に行くには、細~い砂利道を20~30kmは走らないといけないんですが、なんたってB4が履いているのは17インチ扁平タイヤ・・・。
ホイールごとぶっ壊れるかと思っちゃいました。
ああいうとこにはやっぱし、地上高20cm以上あるパジェロとかジムニーで行くべきですなあ(涙)。しかも「戦いの跡(涙)」の写真のようなざまになっちゃって、「東京に出荷されたはずなのになんでこんなことに・・・」と、彼?のつぶやきが聞こえてきます。

東京は暑いです、そして雷が鳴っています。

オマケ:B4さまと風車
fusha.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃ〜く!

うわ〜ん!着いちゃった(涙)。ただいま〜!てか東京暑いじゃん!まずはお疲れさまでした。留守番の鉢植えたちは元気かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京突入

外環に入りました。なんか寂しい〜。今日中には家に着かないようですが、ペース的にはこんなもんでしょう。p505is0003080529.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.17

上河内パーキング

けっこう時間かかってますが関東に上陸しました。もう何も食べませんよ(笑)。p505is0003014992.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吾妻パーキング

喜多方らーめんで夕飯。渋滞はまあまあしてるけど、耐えられないほどではありません。p505is0002949455.jpg

| | コメント (13) | トラックバック (0)

菅生パーキング

あら、写真ボケちゃった。ここから30kmほど渋滞してると言う噂。その前にガソリン残量の方がヤバイと言う噂。p505is0002883918.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡を出発!

これから東北道を一路、東京に向かいます。天気は雨、気温は19度。何時に家に着くかなあ
p505is0002818381.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡冷麺

ぴょんぴょん舎の冷麺。他では味わえないおいしさです。
p505is0002752844.jpg

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2004.08.16

三陸海岸

昼間の気温は高いのですが、海の水は冷たいようです。
umi.jpg

| | コメント (7) | トラックバック (0)

戦いの跡(涙)

ただいま、釜石駅まえのフリースポットに来ております。
数日ぶりに自分がアップしたブログが見れて(笑)コメントを書けるようになりました。
実は釜石には柔道の谷選手がオリンピック直前の強化合宿に来ていて、あの左足のけがをしたのでした。
だから、町中で心配していたんだけど、試合自体は全く心配なく見ていられて、優勝も当然のような強さだったのでさすがYAWARAちゃんだなあと。

近所の子供たちは、選手たちの練習風景を見られたそうです。
う、うらやまし~~~~。

風力発電はまだ稼働してないので、建設中の風車もいくつかありました。
道路も未舗装だったので、セダンで行くのはものすごく無謀です(しかもうちの車は扁平タイヤ・・・)。
しかも前の花火大会で思いっきり灰をかぶってきたので、こんなことになっちゃいました。
途中どっかで洗車しなくちゃ(涙)。

とりあえず、明日帰路につく予定です。
高速の渋滞はどうかなあ。
まあ、焦らずノンビリ帰ろうと思っています。
東京も少しは涼しくなったでしょうか。
P1000194.JPG

| | コメント (8) | トラックバック (0)

三陸津波防波堤

先にあるのは小さな集落ですが、防波堤は巨大です。
p505is0002621770.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.15

風車真下から

雲が向こう側に流れてるから、ここから見てると倒れてきそうな錯覚を感じて、激しく怖いです。
p505is0002490696.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

風車の根元

はっきり言って太いです。
p505is0002425159.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

釜石の風力発電2

山の上まで来ました。全高100mの風車が林立!
p505is0002359622.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釜石の風力発電

一番奥の山の上に棒が何本か立ってるのが見えるかな。これが驚愕のデカさなのです。
p505is0002294085.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.14

都会のみなさんへ

今日も真夏日ですかー?バテ気味のみなさんに、画像で涼をお送りしま~す。
p505is0002228548.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しいと言うより

寒いくらいです。気温は22度。
p505is0002163011.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.13

釜石花火大会2

わりと狭い港内なので迫力はあります。
p505is0002097474.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

釜石花火大会

p505is0002031937.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.12

実家に着きました

さすがに日が暮れて写真撮れなくなっちゃいました。まずはお疲れさま!お付き合いくださったみなさんも、どうもありがとうございます。明日はお墓参りがあるので写真はアップできないかもです。
さて!ご飯ご飯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸縦貫道

仙台から沿岸を走る予定の自動車道ですが、まだ一部しか開通してません。だいぶ日が暮れてきました。
p505is0001966400.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大谷海岸

展望台からの眺め
p505is0001900863.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみっ!

リアス式の入りくんだ海岸線なので、水平線が見えません。
p505is0001835326.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛タンシチュー

仙台城址のお店で食べました。トロトロな肉で、昨日とは趣が違ってまたいいね。今は山の中ですが、30分ほど走ると海に出ます、多分(笑)。
p505is0001769789.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台東部自動車道

終点の石巻までいきます。海は見えないかなあ
p505is0001704252.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊達政宗像

観光の王道!
p505is0001638715.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛タン定食うまかった~

なんと!今日のホテルはPCがあればネットができるのでした!!!
すいません、前菜だけアップしといて肝心の定食をあげる前に、ホテルで爆睡してしまって気がついたらこの時間でした(爆)。
仙台駅ビル地下1階にある「きすけ」という牛タン定食のみのお店で食べました。
肉厚でものすごくおいしかったです、お値段は1300円。

P1000171.JPG

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.08.11

牛舌きすけ

つきだしの牛舌豆腐。やっこに牛舌タレがかかってます。まろやか~。
p505is0001573178.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台到着

ホテルに荷物を置いてこれから牛舌定食食うぞ!で、お店はどこにあるんだろう??
p505is0001507641.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西那須野インター

流れてはいるけど、交通量は多い~。天気良くて、サングラスなしだとつらいくらいです。14:00
p505is0001442104.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上河内サービスエリア

かなり渋滞してます。パーキングは昼どきのせいもあって混み混み。昼ご飯食えんかった・・・。13:40
p505is0001376567.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一般道が渋滞

10:40に家を出てこれから外環です。普段から15分かからないのに(怒)。なあんか東北道も渋滞してるって噂ですが仙台までだと思うと気が楽。11:23
p505is0001311030.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から帰省します

明日から一週間ほど帰省してまいりま~す。
ルートは今のところ(笑)予定通り仙台で一泊して、翌日、三陸沿岸から一般道を通っていきます。
明日はひたすら高速なのであんまり面白くないかも知れないけど、余裕があったらモブログでアップしようと思っています(前回の帰省は5月1日からアップしまくりました)。
パソコンはいちおう持っていきますが、回線を調達する所があまりないので(ISDNさえ通ってないところもあるのだよ)、コメントは書けないかも知れませんが・・・。

母はお土産にシラス干しがほしいだの、鯛がほしいだの言っていましたが、海ならどこでもなんでも採れると思ったら大間違いだぜ母ちゃん、今回もワカメで許してください(主に経済的理由)。
でも三陸のワカメはうんまいよ~~~~。

ところで今日、向こうで震度5の地震があったと聞いて、ずっとテレビニュースを注目してたんですが、どこも原発と地滑りの話ばっかだったので、地震そのものは大したことなかったようですね。

さあて!!まずは安全運転で行ってまいりま~~~す!!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.08.10

本棚解禁

え~リクエストにお応えして(笑)、期間限定!私の本棚の一部を紹介します。
なんで期間限定かって言うと、画像の容量が大きいので、ココログベーシックの私(ケチ?)はツライのですよ。
あと、私のデジカメは5年前に買った150万画素の上に、撮影者が問答無用の手ぶれ名人なのでこんだけ大きくてもよく見えません(涙)。
約700KBありましたので、もろもろの条件合わせて見てやってもいいという奇特な方(笑)は画像をクリックで見ることができます。
たぶん今月中は見られるようにしておくと思います。(今は大きい画像は見られません、ごめんね)

この本棚、かなり使い込んであるうえに、どうも既製品らしからぬサイズのズレがあるので、家具を作っていたおじいちゃんが工房の廃材を盗んで(笑)作ってくれたのかと思ってたんですが、あとで父に「俺が買ってやったんだぞ!」と言われてしまいました。
・・・・はい。大切に使います・・・・(涙)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.08.09

スヌーピー アミノちゃ。

何を隠そう、私はスヌーピーが好きです(笑)。
浦安方面のネズミみたいに媚びてないとこが好きなんですよ。
で!ファミマで見つけたコレ。

ナカザワという清涼飲料水の会社から出た「スヌーピーアミノちゃ。」

緑茶にアミノ酸が入ったという、きょう日の流行りをとりあえず入れときゃいいか的な安易な飲み物ではありますが、イラストだけで全て相殺(笑)。
なにより6種類のイラストがあるボトルキャップが嬉しいです。

ペットボトルのお茶ってあんまり飲まないので味はよく分からないけど、「言われてみればアミノ酸が入ってそうな味」って感じ?(笑)
他にもいろんなスヌーピーシリーズがあるそうです。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2004.08.07

うるさい車内

ETCを設置してから、まだ1回しか高速乗ってないんですが(涙)、料金所を素通りできる(できませんっ)便利さもあるけど、なんか車の中がうるさくなりました。
ETCってベラベラうるさくないですか?
うちの機械ってボリュームを一番小さくしても、充分うるさいんですよ・・・。

エンジンをかけるでしょ。
そうするとまずETCが反応して「ぽーん」とか言うんですね。
で、負けずにナビが「こんにちはっ」って言うんだけど、間髪入れずにETCが「カードが挿入されていません」って言うんですよ。
更に負けん気の強いナビが「現在地を表示します」って、なんなんだコイツら、何を張り合ってるんだ。

これでレーダー探知機が仲間入りしたら、車の中はいつでもお祭り騒ぎになりそうですね。
(でも、レーダー探知機ってどうなの?必要なもの???)

そう言えば、すっごい昔のソアラとかギャランとかも「キーを抜いてから出ろよバカ」とか「ガソリンが少ねえんだよボケ」とかうるさかったようですね。
なんだか、うちの車もバブル時代のハイテク車みたいになっちゃいました(古いなあ・・・)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.08.06

キティちゃんブログ

とうとうキティちゃんまでブログを始めました。

サンリオブログ広場

しかもライブドアやココログから契約料をもらってエントリーを書いてるのではなく、なんと自分で経営(?)してます!
さすがですキティちゃん、その辺のポッと出のキャラクターとは格が違います。

テンプレートデザインはどれも目が眩むようなキティ・ワールド。
社会派の記事は書けなそう?
オリジナル・カスタマイズなんて、絶対やっちゃいけません(笑)。
http://****.hellokitty.ne.jp/というキティラー泣かせのドメインや****@hellokitty.ne.jpというメアドももらうことができます。
ブログ内でキティちゃん顔文字も使えます(涙)。

ところで・・・容量どれくらいあるのか、見つけられなかったんですが?(汗)>キティちゃん
ブログだけじゃなくって、いろーーーんな充実のサービスがついてきます。
雰囲気的にはブログがメインというより、hellokittyメアドやキティちゃんメーラー、壁紙画像・抽選で当たるグッズなど、どちらかと言うと付加価値の方を前面に押し出してるって感じでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ラッシュ時の新宿駅にて2

昨日のエントリー、問題提起をしただけで私自身の考えを書かなかったのは少し卑怯でしたねっ。

結論から先に言わせてもらうならば、このように極端に混雑しているような場所には行くべきではないと私は考えています。
自分ばかりか盲導犬にも危険が及ぶ可能性があり、目線が低くなる車椅子で行きにくいのであれば、やはりそういう場所に行くことは極力避けるべきだと思うのです。
もちろんこれは、障害者だからという単純な理由で言っているのではありません。
誰でも自分にとって危険な場所には行かないですよね。
たとえば小さいお子さんを朝の雑踏の中に連れていくことは、普通の親であれば極力避けるでしょう。
でも、毎日通勤しているサラリーマンにとってはそれが当たり前の光景で、自分もその中に溶け込んでいます。
治安の悪い都市では一人歩きをするなと言われますが、その治安の悪い都市にも人は住んでいます。
それと同じことではないでしょうか。
ある人にとっては普通のことでも、別な人にとっては非常に危険な場合があるということです。

同じような障害を持った人たちには、とても密接なネットワークがあって、たとえば、どの駅が車椅子で行きやすいか、または行きにくいか、かなり詳細な情報を交換し合っています。
あるいは少し遠出をしたいとか、買い物をしたいが一人では・・・という場合にもボランティア協議会、社会福祉協議会などを通じてヘルパー(介護)を頼むこともできます。
混雑した場所に行きたい、行かなくてはならない、といった場合の対処法も必ずあるはずなのです。

私は知的障害と身体障害(肢体不自由)の人たちとのつき合いはけっこうあるつもりですが、盲人の方とは接点がないので詳しい事情は分かりません。
でも、似たようなネットワークは必ずあるはずです、「こういう場所は危ない」とか「あそこに行くには介護者が必要」とか聞いているはずなのです。

もちろん情報も100%完璧ではないから、予想できないことが起る場合もあります。
私も、車椅子の友達と映画館に行ったり、しょっちゅうパニックを起こす自閉症の子と博物館に行ってエライめにあったことがあります(正直噛まれたよ)。

私が見かけた盲人と盲導犬のコンビも今頃は、「もう二度とあんなところには行かない」と誓いみんなにも話しているかも知れませんね。

かなり突き放したドライな考え方でしょうか。
でも当の本人たちはもっとドライで現実的です。
大変なのは自分が一番分かっている、ではその先はどうするか。
ある肢体不自由の人とお会いした時に、「あれを取ってくれ」「それを向こうにやってくれ」と矢継ぎ早に指示されて、正直かなりムッとしたことがあります(笑)。
でもその人から、私はパソコンのことを教わり、大勢の魅力ある人たちと出会う機会を得ました。
世の中持ちつ持たれつ、ということでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.05

ラッシュ時の新宿駅にて

朝のラッシュ時に新宿駅の西口構内を歩いていたときのことです。
私の斜め前を歩いていた人が、急に何かにつまずいたように前のめりになって転びそうになりました。
その後に続いた人もやはり何かに驚いて横っとびにはねて、隣の人にぶつかったりしていました。
何かと思ったら、盲導犬を連れている人が歩いていたんですね。

新宿駅を利用した人なら分かると思いますが、一日中人があふれ、朝は特に混雑して足下を気にする余裕もありません。
人の流れは多くが駅から高層ビル群に向かっているのですが、盲導犬を連れた方はビルの方から駅へ、つまり人の流れに逆行する形で歩いていたのです。
すれ違うほとんどの人が犬にぶつかったり、蹴ってしまっている状態でした。
犬を蹴ってしまった後、謝っていた人もあり、「なんでこんな所に」といわんばかりの不快な顔をしていた人もいました。

そういえば、車椅子の友達を自宅に招いたときに、駅から自宅へ歩くまでに高校生の帰宅軍団と反対方向に歩く形になって、やはり何度も蹴られたことがありました。
本来なら私が盾になるべきなのでしょうが、私は車椅子を押していたので彼が私の盾になって蹴られ続けるというかっこうです。
一人一人追いかけてって殴り倒してやろうかと思いましたが、今思えば、家に帰りたい一心の子供たちにとって私たちは別な意味での障害者(物)だったのかも知れません。
バギーに赤ちゃんを乗せて町に出かけたことのある方なら、同じ思いをしたことがあるんじゃないでしょうか。

盲導犬を連れた方も、何かの理由でどうしても朝に新宿に行かなければならなかったのかも知れないし、ここまで混雑してるとは予想してなかったのかも知れません。
朝の構内では人混みを避ける場所などなく、これから電車に乗るであろう二人を見て、更に混雑しているホームから車内に乗ることができたのかとても不安になりました。

さて

こんな人混みの中を盲導犬を連れたり車椅子で歩くのがいけないのでしょうか?
それとも、ラッシュアワーとは言え、足下を見て歩かないサラリーマンや高校生がいけないのでしょうか?
それとも・・・・・・。

(追記:私の考えは次のエントリーに書かせていただきました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RALLY JAPAN Cafe

今日は南青山のラリー・ジャパン・カフェに行ってきました。

夜に行ったので写真がブレまくりですが(涙)、雰囲気はなんとなく伝わるかな??
場所は表参道と青山通りの交差点のすぐ近くにある「ラ・プラース南青山」
7月30日(金)~8月8日(日)の短い期間なのがちょっと残念・・・。

うーん、わざわざこのカフェのために行くほどのものかなあという気はしましたが(笑)。
お昼とかなら、ドライビング・シミュレータで遊べたり、いろんなイベントもあるようです。
詳しくはSUBARUのサイト内ラリー・ジャパン2004情報発信カフェをご覧くださいねっ。


平日のけっこう遅い時間だったけど、お客さんも多かったです

でも、やっぱり主役はこちら。かっちょえ~~~~~っ!!!
うちの車とホイール(のメーカー)が同じ。人のいない瞬間をねらうのが難しい~

最強の敵だけどいちおう・・・。惜しむらくは三菱のワークスが欠場になったこと。まあ、あんなことがあった後で、会社だけお祭り騒ぎしてらんないですもんね・・・。

ちなみに「WRC RALLY JAPAN 情報」さんのRALLY JAPAN Cafeでは、お昼の様子を見ることができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.03

リップクリームのフレーバーもの

吉祥寺にCinnabon(シナボン)日本上陸1号店ができて空前のシナモン・ブームが起きましたが、あっという間に収束してしまいましたね。
日本人にはあの暴力的な甘さは合わなかったのでしょうか。
でもスタバなんかはまだシナモン・ロール置いてますよね、あそこまで甘くないけど。

さて、今日はダンナ様が見つけてくれたサイトの紹介です。
「Lipmedic International Lip Balm Boutique.」
アメリカのリップクリームの通販サイトなんですが、商品のラインナップがいかにもアメリカ。
「食うな」と言われてもガマンできなそうです。
各画像から元サイトに飛べますが、やたら重たいのでご注意を・・・。

商品のほんの一例

HERSHEY'Sフレーバーリップ
チョコ味ですね、早い話・・・。
CINNABONの暴力的甘さをリップで表現してみました
CUP CAKEって何だろう?
向こうでは有名なチョコパイなんでしょうか
Snappleのラズベリー&ピーチ味
想像しただけでヨダレが出そうですが
機械油を使ってる訳じゃないようです。
パッケージの左上になぜか日本語で”ください”って書いてあります

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.08.02

本を処分するということ

本棚を見ると、その人の性格、好みから職業まで分かってしまうことがありますよね。
難しい専門書ばっかりだったり、とりとめのないジャンルの小説がギッシリ詰まっていたり、乱雑に平積みになっていたり、あるいは本はあまりないけど置物や写真立てが見栄えよく置かれていたり。

私は小さい頃からわりと本が好きで、部屋の中はいつも母から「豚小屋」と言われるくらい汚くしていたのですが(汗)、どういう訳か本棚だけはいつもきちんと整理していて、全部の本に図書室の本のように整理番号をふって番号順に並べたりしていました。

でも、本ってそう簡単に捨てられるものでもないので、本棚はあっという間に隙間がなくなりますよね。
かと言って新しい本はほしいし、本棚に入り切らなくなった本たちは、棚の上とか押入とか、果ては床の上までどんどん占領していきます。
そして何年かに一度、つまらなかった本や文庫本などから泣く泣く整理することになります。
これはものすごくつらい作業です。
服とかは流行があったり、古くて着られなくなればあきらめもつくけど、本は古いほど愛着がわくから始末におえない・・・。
捨てた後にまた読みたくなっても、そういう本に限って絶版だったりするんですよね。

今までの人生の中で本の大淘汰の時代が2回ありました。
一回目はハムスターを飼ったとき(爆)。
部屋の中を見回して、本棚が一番環境がよさそうだったので、彼らのケージの面積分を確保。
この時はかなり躊躇なく本を処分しました(笑)。
2回目は結婚して引っ越すときで、しのぶ史上最大の本の整理で、もう何百冊も処分しました。
今本棚にあるのは、少数精鋭の生き残りたちです。
これ以上一冊も捨てられる本が無くなってしまいました。
私はこれからどうすればいいんでしょう・・・。


私の貴重な嫁入り道具。
家具職人だったおじいちゃんが作ったのだとずっと信じていたのですが、結婚直前に「実は既製品だった」ことが判明して、未だに立ち直れずにいます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »