« ナゾノクサ、ゲットだぜ! | トップページ | リップクリームのフレーバーもの »

2004.08.02

本を処分するということ

本棚を見ると、その人の性格、好みから職業まで分かってしまうことがありますよね。
難しい専門書ばっかりだったり、とりとめのないジャンルの小説がギッシリ詰まっていたり、乱雑に平積みになっていたり、あるいは本はあまりないけど置物や写真立てが見栄えよく置かれていたり。

私は小さい頃からわりと本が好きで、部屋の中はいつも母から「豚小屋」と言われるくらい汚くしていたのですが(汗)、どういう訳か本棚だけはいつもきちんと整理していて、全部の本に図書室の本のように整理番号をふって番号順に並べたりしていました。

でも、本ってそう簡単に捨てられるものでもないので、本棚はあっという間に隙間がなくなりますよね。
かと言って新しい本はほしいし、本棚に入り切らなくなった本たちは、棚の上とか押入とか、果ては床の上までどんどん占領していきます。
そして何年かに一度、つまらなかった本や文庫本などから泣く泣く整理することになります。
これはものすごくつらい作業です。
服とかは流行があったり、古くて着られなくなればあきらめもつくけど、本は古いほど愛着がわくから始末におえない・・・。
捨てた後にまた読みたくなっても、そういう本に限って絶版だったりするんですよね。

今までの人生の中で本の大淘汰の時代が2回ありました。
一回目はハムスターを飼ったとき(爆)。
部屋の中を見回して、本棚が一番環境がよさそうだったので、彼らのケージの面積分を確保。
この時はかなり躊躇なく本を処分しました(笑)。
2回目は結婚して引っ越すときで、しのぶ史上最大の本の整理で、もう何百冊も処分しました。
今本棚にあるのは、少数精鋭の生き残りたちです。
これ以上一冊も捨てられる本が無くなってしまいました。
私はこれからどうすればいいんでしょう・・・。


私の貴重な嫁入り道具。
家具職人だったおじいちゃんが作ったのだとずっと信じていたのですが、結婚直前に「実は既製品だった」ことが判明して、未だに立ち直れずにいます。

|

« ナゾノクサ、ゲットだぜ! | トップページ | リップクリームのフレーバーもの »

趣味」カテゴリの記事

コメント

他人様の本棚を眺めるのが好きです(^o^)/

で、しのぶさんの本棚、この写真からでは「広辞苑」ぐらいしか読みとれないんですけどぉ。

>本棚を見ると、その人の性格、好みから職業まで分かってしまうことがありますよね。

もしかして、そのへんを悟られたくないため?(笑)
ホレホレ、ワタシみたいに堂々と公開しなはれ(爆)

投稿: とんがりやま | 2004.08.02 23:02

お~~~っ!BANANA FISHがある~~!!
私もこれ大好きでしたよ~~。
って、私のこの写真も数ヶ月前のものなので
今はまた少し蔵書が変わってきてますが。
(結局また処分しました・・・)
とんがりやまさんみたいに、大胆に(笑)公開できるかなあ。
とりあえず、たまにネタに使っている本は隠してから(笑)
後日公開しようかなと思ったり思わなかったり(笑)。

いや!私も漢だ!あっ!間違えた!女だ!
約束は必ず守ります!!!

投稿: しのぶ | 2004.08.03 00:51

 ひゃあ、しのぶ先生は結構な読書家だったんですねえ。尊敬しちゃいます。
 読書量がいまひとつ足りない私ですが(笑)、結婚する際には、かなりの冊数を実家に置いてきました。実家に帰ると、持っていこうかどうしようか毎回悩みますが、結局そのまま置いて帰るという繰り返しです。
 処分せずにいられるいい方法があったらいいですよね。例えば四次元ポケットを手に入れるとか(笑)。

投稿: リカ | 2004.08.03 07:59

本ってホント、増殖しますよね~。
僕の場合は、引越しの度に「本リストラ」をしてますが、すぐにいっぱいになっちまいます。
今は壁2面使ってて。。。それぞれ2層。
ここ数年、引越しがないので、そろそろ初の自主的リストラをやろうかなと思ってます。

 でも、売り払った本って、けっこう後で読みたくなるとか、必要になるとなこともあって、捨てらんないんだよね~。

 帰省、お気をつけて。羨ましいな。
 (今年は帰りません)

投稿: aman | 2004.08.03 20:10

>リカさん
出入り口以外は全部本、みたいな
床が抜けないか心配してしまうような方もいらっしゃるので
まだまだ私なんか素人?の域です・・・。
読んだ量の割に実になってないし(笑)。

もう、マジで四次元ポケットほしいですねえ。
文庫本とか小説ものはほとんど残っていません(涙)。
私も実家に預けようと目論んでいたのですが
「全部持ってけ」と先に釘を刺されました(分かってらっしゃる<親)。

客観的に眺めてみると、ロクでもない本もたくさんありますが(爆)
やっぱり捨てられないですよね~。

>amanさん
本が増えても保管場所に困らないように
CDとかDVDになったらいいのかなとも思うけど、
それじゃあ絶対違うんですよね。
中身は同じだとしても、やっぱり紙とデータじゃ
全然違う・・・。

私も今の本棚は場所によって2層、
文庫本などは3層になってます。
たまに奥の方を見ると
「こんなもんが!!!」ってのが発掘されたりして(笑)。

帰省、気をつけて行ってまいります。
北東北の風をamanさんの分も堪能してきますね。
ブログで画像を公開する予定なので
せめて写真で楽しんでいただければと思います~。

投稿: しのぶ | 2004.08.03 22:12

僕は積読な人なので、どんどん本が増殖していってしまいます。
単行本だけじゃなく雑誌類もメチャメチャ多いので、本棚からあふれ出し、置き場に困ってそのままヒラ積みです(^^;
何度か、引越しのときが多いかな、泣く泣く処分しましたけど、ほんとツライです。雑誌類でどさーっと捨てた後あとで、そういえばあの本にはお気に入りの貴重な連載コラムがあったんだと後で気がついて凹みまくったり。。
何とか捨てずに圧縮する方法ってないですかねえ。(^^;

投稿: くっきも | 2004.08.04 09:10

>くっきもさん
コメントありがとうございます~。
みなさんけっこう本の保管には困ってらっしゃるようで
安心しちゃいます、ってのも変な言い方ですね。
引越の時とか、本当に泣きますよね・・・。
私なんか雑誌とかはもう無心になったつもりで処分です(涙)。
あと、車とかパソコンとかのカタログも
つもり積もってけっこうな量になったりするんですよね。
書籍のデジタル化時代って、
もっと早くやってくると思ってたけど意外と浸透しませんね。

投稿: しのぶ | 2004.08.05 01:57

私も結構本を持っています。
ハードカバーの本を飾っていると、何となく偉くなった様な気がするので(笑)、捨てれずに増える一方です(汗)。
ちなみに、本棚に入らない分は、段ボール箱に詰めて押入れにしまってありますが、再び開封される日はいつになることやら(笑)。

>書籍のデジタル化時代って、もっと早くやってくると思ってたけど意外と浸透しませんね。

『紙だからいい』という人が、まだまだ多いのかもしれませんね。デジタル化されてしまうと味気なかったりして…。

投稿: 居眠り大王 | 2004.08.05 23:08

>居眠り大王さん
そうそう!!!ハードカバーの本って
文庫本と比べて明らかに大切にしますよね(笑)。
段ボールに入れてしまうと、もう何がどこに入っているか
分からなくなっちゃうんですよね~~。
で、引越とかやむを得ない事情で開けて
同じ本が2冊あることに気づいたりとか(笑)。
私なんかそうと知らずに3冊持ってる本がありました(爆)。

>>『紙だからいい』という人が、まだまだ多いのかもしれませんね。

うんうん、あと、液晶画面で文字読むのって
意外と疲れるんですよね~。
どういう訳かあまり頭に入らないし、マーカーで線も引けないし。
私は今でもネットでダウンロードした長文の説明書とかは
印刷してから読んでますよ~。

投稿: しのぶ | 2004.08.06 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/1106586

この記事へのトラックバック一覧です: 本を処分するということ:

« ナゾノクサ、ゲットだぜ! | トップページ | リップクリームのフレーバーもの »