« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の28件の記事

2004.11.30

巨大風力発電の羽が折れた

夏休みの帰省で、釜石に行ったときに、巨大な風力発電を見てきたんです。
もしかしたら、まだ覚えてらっしゃる方も多いかしら。
高さ100mもある風車が40基も並んでいて、ものすごい壮観だったんです。
「折れて飛んできたら風車の矢七もビックリだよね」って話をしながら、「そんな簡単に折れる訳ないよなあ、あはははは」って

折れてんじゃん!!!!(涙)

「巨大翼ポキリ 大槌の風力発電施設」岩手日報より(画像あり)
「強風で翼ちぎれる 大槌の風力発電施設 」asahi.comより(こっちも画像あり)


こいつの羽が根元からボッキリ・・・。

あららららら、痛々しい・・・・。
この発電機を作った三菱(!)重工業株式会社は、今までに1679台を納入したそうです。
そして、これまでに強風によって破損した事故は2件起きているのですが、いずれも築10年以上たったもので、いきなり新品でポッキリ行ったのは初めてなんだそうです。

折れたことが分かった2日前には岩手各地で台風なみの強風が吹き荒れたそうで・・・。
みみみみ見に行きたい!(不謹慎)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

そのバスには乗りません

バス停でバスを待っていて、行き先の違うバスが来たとき、「そのバスには乗りません」ってどうやって表現してますか?

バスが停まってドアを開けて「なんだ乗らないのか」って再発車していくのを見送りますか?
おもむろに後ろを向く?
バスの運転手に見つからないように物陰に隠れる?

後ろ向いたり物陰に隠れたりしても、めざとい(?)運転手さんは、しっかり停まってくれちゃったりしますよね。
「うわあ、いいんです、行っちゃってください」って、思わず申し訳なくなるのは私だけ?でしょうね・・・・。

私が以前聞いた話では、バスが近づいてきたら、両手を胸の上で交差させた形(手の甲は上)にすると「そのバスには乗りません」て合図なんだそうです。

そんな簡単なことでオッケーなのかと思って、先日やってみたら、これがまあ!偶然なのか、本気なのか(笑)見事にバスが通過してくれました。
でも、もしもこれがうちの近所を走る西武バスだけの常識だったら、他の地方でやると、ものすごくバカみたいですよね(笑)。
それに、実際にそんなことやってる人も見ないし。
だから、あんまり活用してないです。

バスを通過させる場合のガイドラインとかってないのかしら?

| | コメント (26) | トラックバック (2)

2004.11.29

凍った川って見たことある?

もう12月になろうと言うのに、今年は暖かいですね~。
ダラダラと暖かい日が続いたせいか、紅葉も今イチきれいじゃなかったような気がします。
それでも寒いところは、きっちり寒い(笑)。

関東以西に住む方は、こういう風景ってあんまり見たことないんじゃないでしょうか。
私もダンナ様と結婚して、岩手につながりができてから、初めて見た光景です。
JR釜石線の遠野付近から見た、凍り付いた川です。
流れる水は凍らない、と思っていたので(笑)、この風景はちょっとビックリでした。

手前から奥に向かって大きく半円を描いてカーブしているのが川のあったところで、端っこにかろうじて水がチョロチョロ通っています。
この写真は12月末に撮ったものなので、年が明けたころには全部凍るのでしょうね。

遠野盆地は、本当に美しいところです。
盆地にありがちな気候で、冬はとても寒くなるのですね。
でもだからこそ、こんなハッとするような風景を楽しめるのでしょう。
都会のヘタレ人間は、冬に行くとあっという間に風邪を引いてしまいそうなので(涙)、帰省は暖かい季節だけにしているのですが、たまにはこんな景色を見とれに行きたいとも思うのです。


一方そのころ東京は乾燥注意報・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.26

NORADでサンタを追跡せよ

北米航空宇宙防衛司令部NORAD(ノーラッド)は、今年もサンタクロースの追跡を実施します。
ノーラッドは、カナダとアメリカ合衆国の航空宇宙防衛を担当する二国間の軍隊組織です。
アメリカのサイトですが、きちんと日本語サイトがあるので、英語が分からなくても読むことができます。

12月24日クリスマスイブの日に、サンタがどこを回っているのかを追跡するこのプロジェクト、日本は世界で早い時間に24日が来るので、出発してすぐに東京に行くのが恒例のようです。
日本はボジョレー・ヌーヴォーも世界に先駆けて楽しむことができますが、サンタも一足早くやってきてくれるんですね。

現在は、今年のプロジェクトチームの紹介や、NORADが機密情報として保存していたサンタの写真の公開など、サンタ追跡の準備が着々と進んでいるようです。

航空宇宙防衛司令部によるサンタの追跡の歴史は、なんと50年にも渡るそうです。
きっかけは一本の電話から。
サンタさんの家と間違えた子供が、中央防衛航空軍基地(CORAD)に電話をかけたのです。
事情を察した当時の司令長官が、レーダーでサンタの居場所を追跡、その子にサンタの居場所を教えたのだそうです。
それがきっかけとなって、毎年多くの子供たちにサンタの最新情報を知らせるようになったのだとか。

当時は電話で教えるだけだったのですが、現在はこうしてインターネットで誰でもサンタの居場所を確認できるようになりました、良い時代になりましたね~。

もしかして、今年はトナカイが運転するサイドカーでやってくるのかしら??
今年はどんなルートで、世界中を回るのか、今からワクワクしますねっ。
サンタさん、私には庭付き一戸建てをください・・・・。

NORADの本業(笑)のサイトはこちら(こっちは英語のみ)

| | コメント (8) | トラックバック (7)

酉の市(東京だけ?)

11月の酉の日には、各地の神社で「酉の市」が開催されます。
今年は一の酉から三の酉まであって、2日(火)・14日(日)・26日(金)の3日がそれにあたります。

東京では「値切る」という習慣はあまりないのですが、この日ばかりは、みんながこぞって値切り倒します。
「2万のやつを1万にしてよ」
「それはきついですよ、1万5000円でどう?」
「よし決めた、じゃあ2万渡すからおつりはいらないよ」
・・・結局、値切ってないじゃん(笑)。
ここが江戸っ子のきっぷの良さなんだそうです、なんだか良く分からん(笑)。
三本締めで縁起をかついでもらって、お店などの棚に1年間飾っておくのです。

商売繁盛を願って、熊手に恵比寿さん、大黒さん、おかめや金銀財宝を飾ったものを飾る庶民信仰は、全国共通のものだと思っていたのですが、これって東京の年中行事なんですね。
ってことは、神社の多い京都なんかではあまり見かけない行事なのでしょうか。

ということで、今日は三の酉の前夜祭だったので、新宿の花園神社をちょっとだけ覗いてみました。
うーん、デジカメ持ってくの忘れた(涙)。
これじゃ、なんだか良く分からないですね・・・・。
吉祥寺でもやってるから明日の本番はそっち行ってみようかな・・・。

オマケ:花園神社の酉の市本祭の発祥

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.11.24

DURAN DURAN来日決定

去年の7月に、日本武道館でDURAN DURANの来日コンサートを観に行ったとき、一緒に行った友達は7ヶ月の身重でした(爆)。
ものすごい胎教というか、こんなところで産気づいたらちょっとした話題になるよね、と本人は笑っていましたが、やっぱり少しつらそうではありましたねえ。
あれから元気な女の子が生まれて、その子ももう1歳。

ボーカルの人が最後に「See You Soon!」と言ってたのを誰も忘れていません。
てめーーーーー絶対すぐ来るんだろうなあ!!!来なかったら承知しねえぞ!!!
と、思っていたら、本当に(彼等にしては)早く来てくれることになりました。

先月、台風23号ののまっただ中、ニューアルバム『アストロノート』をゲットして、「あら、けっこう良い出来じゃん」と感動していたんですが、まさかこんなに早く来日するとは思いませんでした。

「Duran Duran JAPAN TOUR 2005」
1月22日(土)東京 東京ベイNKホール
1月24日(月)名古屋 名古屋芸術ホール
1月25日(火)東京 日本武道館
1月26日(水)東京 日本武道館
1月28日(金)神戸 神戸ワールド記念ホール
1月29日(土)福岡 Zepp Fukuoka

東京公演のチケットは12月5日(日)から一般予約開始です。
コンサートチケットって、良い席はヤフオクで買ったり、ファンクラブに加入してゲットできるらしいけど、そこまで必死になるのもなんとなく恥ずかしい気がして(笑)、私は一般予約でいきます。
ま、ロック・コンサートなんてのは、雰囲気が楽しめればね。

前回一緒に行った友達は、娘さんをベビーシッターにあずけて(笑)参加します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.23

東村山音頭

東京都の多摩北部に位置する東村山市は、多摩湖を背にした、狭山茶が名産のごくごく普通の郊外の町です。
うちからもそう遠くないので多摩湖にはよく散策に行くし、我が家のお茶は必ず狭山茶(笑)。
「となりのトトロ」のモデルにもなった八国山があります。
野球が好きな人だったら、西武線の西武遊園地駅から、モノレールみたいな列車で野球場まで行きますよね。
あのとき、東村山市を通っているのです(笑)。

東村山市と言えば「東村山音頭」でしょう!
「8時だよ全員集合」の合唱団?のコーナーで、志村が「東村山音頭」を歌ってましたよね。

あれ、本当にある歌なんですよ。

もちろん、少し編曲?はしてあるんだけど、4丁目の歌は前半がそのまんまです。
3丁目とか1丁目は、志村けんの創作ですが、これは4丁目がウケたから後で付け足したんでしょうね。
「東村山商工会【あい~ん】」でも、しっかり「あい~ん」とか言ってます(笑)。
志村けんは、東村山名誉市民なんです。
ある程度の年齢(笑)の人なら、東村山が実在するのかさえ知らなくても東村山音頭なら聞いたことありますもんね。

商工会のサイトには本物の東村山音頭の歌詞が載っています。
「東村山音頭」

こちらのサイトではMIDIですが、メロディを聴くことができます。
前半は「うんうん!これこれ~!」って感じですよっ。

毎年、夏になると東村山市民は盆踊りで東村山音頭を踊るんですよね。
しかも、歌っているのは三橋三智也だそうです、うーん、みっちー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.22

パソコン通信フォーラム廃止

NIFTY SERVEのフォーラム、2005年3月をめどにWebフォーラムに移行

遠からずこうなるだろうとは思っていました。
「私はエアクラ派」で、TTYの巡回ソフトのことで盛り上がったのが懐かしいです。

TTY(パソコン通信)のフォーラムは全廃になるそうです。
私も行きつけのフォーラムがWEBに移行したり廃止になってから、エアクラも使わなくなっちゃったし。
WEBで生き残ったフォーラムも、ほとんど生殺し状態で、どこも閑散としてるんですよね、フォーラムというサービス自体、あんまりやる気なさそうです。

TTYフォーラムのために、私もかなりの課金をつぎ込みました(笑)。
WEBの掲示板と違って、情報も濃かったし、みんな親切というか余計なお世話というか(笑)、とにかく「しゃべりたがり」が多くてどこのフォーラムもにぎやかでしたよね。
IDさらして書いているせいか、低次元のバトルもあまりなくて、技術的な部分でもマナーの部分でもものすごく勉強になりました。
ココログユーザーに礼儀正しい人が多いのも、そういう箱庭的環境でおっとり育ってきたからかな、なんて勝手に自負しています。
普通に生活していたら、まず出会えなかったであろうたくさんの友達にも出会えたし。

ひとつの時代の終焉、ですね。
残念なことですが、しかたないのだろうと思います。

| | コメント (15) | トラックバック (4)

2004.11.21

ココログルとgoogleの検索窓

SHINOblogを始めたのが今年の1月。
すぐ飽きるかなと思ってたんだけど、なんだかんだで、けっこうきちんと書いたもんです(えらいえらい)。

こんだけ記事が増えると自分でもいつ、どんなことを書き散らしたのか忘れてることが多くて、7月にココログルの検索窓をつけました。
ココログルは新着記事でも見つけられるのが便利だったんですが、逆にあまり過去にさかのぼるのは苦手なようですね。
そこで、今度はgoogle検索窓をつけました。

google内の「リンク、検索機能を追加」を参考にして、貼り付けてみました。
(正直、ほとんどダンナ様に作ってもらったのだ 汗)

あー、今更、とか言わないように(笑)。
本当はあんまりベタベタ貼り付けたくないんだけど、さすがにこれだけ記事が増えるとね・・・。

ココログル検索窓とgoogle検索窓のフォームをメモ代わりに書いておきます。

ココログル検索

<form action="http://202.222.30.11/coco/scgi/ksearch.cgi" name="cocologuru" target="_blank"><br>
<input type="text" size="20" name="k" value="" />
<input type="hidden" name="en" value="2" /><br>
<input type="submit" value="ココログル検索" /><br>
<input type="radio" name="site" value="">ココログ全体を検索<br/>
<input type="radio" name="site" value="http://shinobu.cocolog-nifty.com/apty/" checked>SHINOblogを検索<br>
</form>

google検索

<form method=GET action="http://www.google.co.jp/search" target="_blank">
<a href="http://www.google.co.jp/"></a>
<input type=text name=q value="">
<input type=hidden name=hl value="ja">
<input type=hidden name=ie value=UTF-8><br>
<input type=submit name=btnG value="Google 検索">
<input type=hidden name=domains value="shinobu.cocolog-nifty.com"><br>
<input type=radio name=sitesearch value="">WWW を検索<br>
<input type=radio name=sitesearch value="shinobu.cocolog-nifty.com" checked>SHINOblogを検索<br>
</form>

赤字の部分をそれぞれ変えて、リンクリストとかに貼ればできあがり(ココログの場合はマイリストのメモ欄に貼ればオッケー)。
googleの場合、文字化けする可能性があるので、
<input type=hidden name=ie value=Shift_JIS> の部分を
<input type=hidden name=ie value=EUC-JP> もしくは
<input type=hidden name=ie value=UTF-8>に変えてみるといいようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.20

学校の怪談

今でこそ、「学校の怪談」とか「トイレの花子」さんは一般的に認知されてきましたが、はるか昔、私が小学生だったころにも、やっぱり学校には怪談がつきものでした。

私の小学校では「七不思議」というのがあって、みんなが怖がったものですが、今思うとどれも「ありがちじゃん」って感じの話ばっかりです。

7つをあげてみると・・・・。

1.夜中に音楽室からピアノを弾く音がする、昔亡くなった音楽の先生が弾いているらしい
2.理科室の人間の骨格標本が夜中に動くのを見た人がいる
3.4年3組の教室の黒板に「たすけて」という文字が浮かびあがる
4.トイレに花子さんがいる(・・・・・)
5.焼却炉から人間の骨が出てきたことがある
6.校長先生の先祖は落ち武者である
7.裏庭に戦争で亡くなった人たちの無縁仏を埋葬した墓がある(これは本当)


「6.」あたりは、今思うとゲラゲラもんなんですが、これが小学生の時は「落ち武者」という言葉が、意味不明でありながら、子供心に何とも不気味なイメージを感じとって、やたら怖かったのを覚えています。

みなさんの学校にも、こんな話の1つや2つ、あったんじゃない???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマス・ツリー

ツリー完成しましたよ~。
どーん!(人間様の居場所が・・・・・・・)
ブルーがテーマカラーの我が家は、ツリーの飾りもブルー系です。

トップはこんな感じ。

クリスマスツリーのてっぺんと言えば、★ですよね。
★を飾っておくと、それを目印に天使が降りてきて祝福してくれるのだそうです。
でも最近はリボンというのもアリなんだそうです。
良い★が見つからなかったのと、リボンの方が華やかな感じがしたので、リボンとクリスマス用のパーツを組み合わせて自作しました。

今年はオリンピックのような感動の出来事もあったし、戦争や災害などつらい事もたくさんありました。
みなさんのもとに、ひとしく幸せがありますように。
・・・って、まだまだ歳末ムードには早いですよっ!

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2004.11.19

ツリーを飾るよ

11月に入っても毎日暖かくて、とてもクリスマスツリーを出す雰囲気じゃなかったんですが、ここ数日で一気に寒くなりましたねえ。
私もようやく、ツリーを出してもいいかなって気がわいてきました。
部屋に散乱していた物をとりあえず別室に移動して(汗)、まずは場所だけ確保。
長年の夢だった大きなツリー、ただでさえ狭い部屋ですが意地でも出します!!
ビニール製のツリーは面倒ないですね、水やらなくていいし、大きくならないし、いらない時は押入に突っ込んでおけるし(笑)。

とりあえず、マジでデカイので枝を広げるだけでもすっごく時間がかかります。
体裁良く、それっぽく広げるのもセンスのうち?
まずは家の中に唐突にもみの木が立ち上がりました。
オーナメントの飾り付けは・・・ここまでやって疲れきったので(爆)、また後でねっ。

あら、ちょっと情けないお姿・・・。
割を食った他の部屋がどんな惨状になってるかは内緒です(笑)。


ヤバイ、カメラに収まりきれない・・・・。
完成品は「クリスマス・ツリー」でね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.11.18

MINIとCITROENどっちが強い?

日本の自動車は、みーんなカッコ良くなりましたよね。
つい10数年前までは、ドイツとかのマネっこばっかだったけど、最近は日本独自のデザインやコンセプトのものが増えてきて、逆にそれを海外のメーカーが追随するなんてこともあります(ざまーみろっ!私は日本車びいきじゃっ)。

それでも、まだまだアドバタイズ(宣伝)は欧州車にはかなわないのかなあ。

MINIUSA.COMのオープニングではミニクーパーがロボットになってます。
(ポップアップ画面が開かない設定にしてると、次に進めないみたい・・・)
>CONFIGURE YOUR OWN MINICOOPER ROBOT
>CONFIGURE YOUR OWN COOPER S MINI ROBOT
のどちらか好きな方でボディカラーや、ホイール、シートなどをカスタマイズして壁紙に保存できます。
私はこんなん作ってみました(笑)。

そして、こちらは「tomologさん」で見つけたおフランス車、シトロエン C4のCM
いきなり普通の(おい)車がロボットに変形してマイケル・ジャクソンぽいダンスを披露してくれます、これはカッコイイよ!!!
左下の「SEE THE TV AD」をクリックでCMを見ることができます、みんな見に行ってるのか、かなり重い・・・。


どうよ!!!
日本の車メーカーもこれくらい逝っちゃったCM作ってくださいお願いしますっ(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.11.16

拝啓アフィリエイトサイト管理人様

たまにトラックバックを送っていただいてありがとうございます。
私が書いた記事に関係する商品を紹介していただけるのは嬉しいのですが。

ウェブログには様々な活用法がありますが、SHINOblogは書き手である私「しのぶ」が、適当に(笑)思いついたことや疑問に感じたことを書き留めると同時に、いろんな人とのコミュニケーションや意見交換を行うことを主な目的としています。
もちろん、ご意見無用の言いっぱなし記事を書くこともありますが(笑)。

できるだけ多くの方と、様々な情報を交換し、より多くの意見を聞ければと思っているので、コメントもトラックバックも大歓迎!というスタンスで運営しています。

しかし一方、記事内容にあまり(あるいは全く)関係なく、単に他サイト(海外の通販ものとかエロものとか)へ誘導するためのコメントがつくこともあります。
そういったコメントは、私が考える「情報・意見の交換」ではないとみなし、随時削除しています。

同じ理由で、単純に商売目的でトラックバックを送っていただいても、私が主旨とする「情報・意見の交換」にはならないと考えます。

ですので、あきらかにサイトへの誘導のためだけにトラックバックを送っていただいた場合、削除させていただく場合があります。

今はアフィリエイト専門サイトやブログも増えてきたし、私もそういうサイトで面白そうな商品を雑誌感覚で眺めるのは嫌いではありません。
アフィリエイト・サイトさんでも、情報・意見交換であれば大歓迎です、ノリノリで伺います。
が、単なる客寄せとしてSHINOBlogが利用されるのは本意ではありません。
そこんとこ、よろしくねっ。

あらあらかしこ

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2004.11.15

「毛」の話

ほとんど全ての哺乳類動物は、全身に毛がはえています。
猫(スフィンクス)とか犬(チャイニーズ・クレステッド・ドッグ )、あるいはモルモット(スキニー)などで、たまに毛の全くない種類がいますが、ほとんどは人間が交配の繰り返しによって作ったものです。
でも、唯一そういう作為でなく毛がほとんど生えてないのがヒトですよね。
(中には毛深いヒトもいるけど、狼男みたいなのはあまり見ないよね)
退化、って言うのかな、それともこれが進化形?

毛には、寒さや怪我などの外部刺激から身体を守るという役目があります。
あるいは毛に模様をつけることで、敵の目をくらます迷彩服のような役目をしたり、異性に自分の優位性をアピールする役目もありますよね。

でも、ヒトの体はみんなツルッ禿で、他の動物と比べるとなんともカッチョ悪いです。
人間は衣服のようなものをまとって体を守ったり、時に応じて迷彩服とか、勝負服に着替えることができるから、あえて全身に毛を生やす必要がなくなったんでしょうか。
そういう風に考えると、体毛がなくなったのはなんとなく理解できるんですが(できるか?)。

なんで、顔まで毛がなくなったんかな?

顔に毛が生えてほしい、ということじゃないですよ(笑)。
ただ、なんで顔までつるつるお肌になったのかなあと。
すごく寒い時って、もう顔まで寒いじゃないですか。
でも、日本ではどんなに寒くても、顔まで覆うような格好ってあまりしないですよね。

・・・って思ったら、サルも顔に毛が生えてないよ???
これはヒトだけじゃなく、霊長類全般の特徴なのかな。

・・・「日々カタログ」さんにトラックバック送った直後にこの内容ですが、決して他意はありません(笑)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「こうさざ」さんが取り上げてくれた!

「日々カタログ」さんが飼ってるこうさぎの「コミヤマさん」がSHINOblogを取り上げてくれましたっ。
オサレ系コミヤマの出番がやってきましたよ~っ!!!
偶然だとしても(おい)すごく嬉しいです~。
飼い主のコバヤシさんよりオサレ系だそうです(笑)。
そうそう、これからはコミヤマの時代だぜっ!

コバヤシさんは悔しさのあまり「オサレ系ったって、服来てないじゃないか」と応戦してますが、まだまだ甘いですよコバヤシさん(爆)。
コミたんは着ぐるみ着用なのですよ、オサレ系にも程があります(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.14

引越しするなら

9月に引っ越ししたときに、引っ越し業者さんに家まで来てもらって見積もりしてもらいながら、いろいろ話をしたんです。
やっぱり年度の切り替わりの4月や9月はメチャクチャ忙しいそうなんですね。
それと、日本ならではの暦のせいか、年末や正月明けなんかもけっこう引っ越しが多いそうです。
うわー、それは忙しそうですねえ。

と思ったらもっと忙しい人がいるらしく、12月31日に引っ越す人もけっこういるんだそうです。

もちろん、お仕事の関係などで年末年始くらいしか動けない人もたくさんいらっしゃいます。
が、年も押し迫ってギリギリで飛び込みのように引っ越しをする人は訳アリの場合がチラホラ・・・なんだそうで・・・。
だから、大手の業者さんはあんまり請負いたがらないんだそうです。
小さいところは、いちいち仕事を選んでられないので、かなりふっかけるそうですが、それでも言い値でお願いされるのだとか。

いずれにしても、年末年始は引っ越し業者自体が休業してる場合が多いようなので、お仕事の関係などでやむを得ず引っ越しする場合は、普段より早めに問い合わせた方がいいそうですよ。
そして変な誤解を生まないよう、周りの人にも引越しするむねを早めに話した方が良さそうですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

たまには駄菓子を

東京は昨日の夜から朝方まで木枯らし1号が吹いたそうですね。
確かに夜中は少し寒かったですが、これが例年の寒さなんだろうな。
昼間はまた暖かくなったので、買い物がてら、近所をお散歩してきました。

すると、駄菓子屋さんを発見。
鰹節とか乾物もあって、鰹節のかたまりと、鰹節削り機(木のやつね)も売ってます。

昔ながらの駄菓子屋さんの雰囲気を残していて、私たちが行ったときも、子供たちがウヨウヨたかっていました。
そんな子供たちをかきわけ(笑)、こちとら大人買いをしてきました。
ものすごくいっぱい買ったのに300円くらいで済んじゃった~。

もっとあったんだけど、食べちゃった(爆)。

うまい棒って、チョコレート味があったのね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.12

エスコルテ青山

新しい建物や施設に行くと、建築・デザイン業界っぽい人が、「ほぉ~」「ふ~む」とかつぶやきながら壁とか床とかベタベタ触りまくってるのを見かけます。
そんな不審者(笑)をたくさん見かけたら、その施設には誰かしら有名建築家orデザイナーが関与している可能性大。
スタッフも心得ているんでしょう、こういう無礼もある程度までならスルーしてくれるので、私も遠慮なく徘徊することができます(笑)。

先日は、北青山に新スポットができたと聞いて、さっそく徘徊してきました。
「escorter AOYAMA(エスコルテ青山)」というこのスポットは、NTT青山ビルの1Fにあって、インテリアショップと、ネットができるカフェのある、かなりこじゃれた空間です。

インテリアショップと言ってもマルイのイン・ザ・ルームとか、大塚家具を想像してはいけません(笑)。

ファニチャーデザインに興味のある方なら、ヨダレ垂らしまくり(汚)のスペースです。
外観の構築物の設計は隈研吾。
東京世田谷の「M2」なんかを設計した人です。

これはM2ね。
この人も若いモンに負けず、相変わらずがんばってますねえ。
透明感のあるFRPと木の組み合わせのスノコ、じゃなかった、床から光りが漏れて、夜はちょっとステキな感じです。
内装デザインは吉岡徳仁、すいません、この方、存じ上げません・・・。
光ファイバーを使ったデザインが得意のようですね。
全般的に、ここは光をモチーフにしてるみたいです。
このデザイナーズ家具ばかりを売っている「hhstyle.com」
原宿本店は妹島和世の設計だし、来年の春には安藤忠雄設計のアネックスができるらしい。
名前だけ見ると、バブル時代を思い出させる豪勢さです。

そして一歩店内に入れば、どれもこれもどれもこれも、デザインの教科書(?)で見たことある椅子やファニチャーばっかし!!!
この店舗は椅子がメインテーマみたいですね。

特に20世紀以降の代表的な椅子のミニチュアがショウケースに並んでるのを見ると、夜中に忍び込みたくなります。
でも、同じこと考えちゃう人いるんだろうな(いるか?)、ガラスの扉には鍵がいっぱいついてましたよ(汗)。
このミニチュア椅子も買うことができますが、ミニチュアのくせに、値段はうちにある椅子より高いです(涙)。

でもライトの椅子とか、座れなくていいから超ほしい~~~。


パラパラと眺めてるだけでも楽しそうなデザイン関係の書籍もおいています。
思わず椅子の本買っちゃいました。
そうそう、マイクロソフトから出たフィリップ・スタルクのマウスも売ってました。

けっこう使いやすそうだし、3800円だったのでお買い得かも。

でもねえ、結局、スタルクやイームズの椅子よりも、マルイで売ってる椅子の方が面倒なかったりするんですよね(笑)。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

クリスマス・バージョンです

今回は画像の差し替えと、横のサイズを広げました。
どうにも私は話しが長いですからっ(大汗)。
これまでの横幅800ピクセルだと、記事のサイズが400ピクセルしか取れなくって、下にダラーーと長くなってしまうのですねえ。
だからと言って「続きを読む」モードにするのもアレだし。
3列表示の人はみんな横幅が900ピクセルなんで、私もいいかなって感じ?

もうちょっとしたら、飾り付けに数日かかる(集中してやらないから・・・)ツリーもお出まししますよ~。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2004.11.10

おでんには「ちくわぶ」でしょう!

今年もそろそろ鍋物がおいしい季節になりますねえ。
鍋物と言えばおでん。
おでんと言えば、はんぺん、がんも、つみれ、きんちゃく、玉子、コンブ、味のしみた大根、でしょ。
そして忘れちゃいけない、ちくわぶだよね~~~。
・・・って、ダンナ様に言ったら、彼は東京に来るまで、ちくわぶの存在自体を知らなかったそうです。
関西に住んでる友達は、存在は知ってはいるけど、ほとんど食べたことないって言ってました。

なななんだって!!!
あのちくわぶを知らないっ?!てか食べないの???

考えてみたら、いわゆる「おでん」て東京近辺の料理なんですねえ。
関西では「関東炊き」って言うんですよね。
ダンナ様の実家のある岩手では、おでんに近い料理と言えば、百歩譲って煮染めくらいだそうです。

漢字で書くと「竹輪麩」。
お麩の原料と同じ小麦粉をこねて、竹輪(ちくわ)のようにしたからだそうです。
輪切りにしてみると、真ん中に穴があいてて、外側は星みたいな形をしています。
どうしてあんな形になったのかは、全くのナゾなんだそうです(笑)。
でも、竹輪みたいにただの輪っかよりは、味がしみそうですよね。
巨大なショートパスタみたいな感じ??

最近は関東以外でも竹輪麩を売っているそうなので、今までおでんに竹輪麩を入れたことがない方は、一度食べてみてね。
ところで、おでんという料理自体、自宅で食べることってあるんですか?>関東以外のみなさま

| | コメント (26) | トラックバック (3)

2004.11.09

台風の名前

今年は日本に上陸した台風が本当に多かったですね。
最後に上陸した台風23号は「トカゲ」、24号は「ノックテン」という元大阪知事みたいな名前だったそうですが、こういう名称って誰がどうやってつけてるんでしょうか?

アメリカでは台風には人名を付ける習慣がありましたが、日本にやってくるような太平洋で生まれる台風には、2000年から固有の名称をつけるようになったそうです。
台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)によって、140個の名称が選ばれ、その名前を順番につけていくのだそうです。
日本でもそのうち10個の名称をつけていますが、すべて星座の名前。
台風23号「トカゲ」は「とかげ座」から来ています。
・・・何故星座??・・・何故とかげ座???

私は台風の名前って、1つ1つ名称をつける係?の人がいるのかと思っていたんですが、実はもうあらかじめ名前がローテーションで決まってたんですねえ。
25号はムイファーという名前になるのでしょうけど、25号ってあったっけ?
ところで、2000年より前はどういう名前だったんだろう???

台風の番号と名前(気象庁)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.08

クリスマスの準備をしよう

キリスト教やイスラム教など一神教では、神は一人しかいず、他の宗教を認めないどころか、神を信じない者は地獄の業火で焼かれることになっています。
しかし日本には八百万人もの神様がいて、部屋の隅やトイレにまで神様がいるんですね(ほら、あなたのうしろにも~~~)。

今更1人や2人の神が増えたところで、大して困りはしないのでしょう。
だから、お正月は神社にお参りして、お墓参りはお寺で、結婚式は教会でやったって全然オッケーな訳ですね。
これを「節操がない」ととるか「包容力がある」ととるかは人それぞれですが、私は「なんかにぎやかでいいじゃん」とか思ってしまうのです。
私の実家は真言宗、ダンナ様の実家は神道、そして我が家ではそろそろクリスマスの準備を始めようと思っています(笑)。

うちには大きなツリーがありまして、飾り付けだけでもものすごい時間がかかるんですが、この作業がけっこう楽しいんですよね~。
本当はオーナメントも毎年違うコンセプトのを飾ろうと思ってたんですが、飾りだけでも段ボール一個分になっちゃうんで、ちょっとあきらめてみました・・・。
あと、ツリーを置く場所を確保するのが大変だな(てか、部屋の中かたづけようよ>わたし)。
ここに引っ越して初めてのクリスマスなので、近所にどんな装飾をする家があるのかちょっと楽しみでもあります。
でかでかツリーは完成したら掲載しようと思います。

みなさんの家では、どんな装飾をするんでしょうか?
これから少しづつそういう記事が増えてきそうですねっ。

そういえば、ペーパークラフトのツリーやリースもあるそうです。
「Canon ペーパークラフト ツリー」
このサイトでは、ツリーの他にリースとかサンタとか、サンタのぼうしとかもあるそうです。

とりあえず、壁にかけるだけでいいリースを出しました。
パーツを買ってきて適当に組み合わせたものです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2004.11.06

スーに会える

恐竜の中で最も有名で人気があるのは、なんと言ってもティラノザウルスです。
しかし、T-REXの完全な化石はほとんど見つかっておらず、たいていは一部の骨格から、想像で肉付けされたものばかりでした。
ほぼ完全な骨格が発見されたのは、1990年のこと。
アメリカ、サウスダコタ州の荒野で化石採集家スーザン・ヘンドリクソンによって発見された雌のティラノザウルスは、愛称をスー(SUE)と名付けられ世界中に大反響を呼びました。

スーの発見により、ティラノザウルスの研究は一気に進展するものと誰もが期待したものです。
ところが、ある日この恐竜の身の上にとんでもない悲劇が襲います。
地質学研究所でクリーニング作業中の化石や資料が全てFBIによって押収されてしまったのです。

スーが眠っていた土地の所有者は、アメリカ合衆国に管理権を委託していたため、その土地から発見された物の所有権も国にある、という主張でした。
土地の所有者には、定められた規定に沿って事前に了解を得ていたため、アメリカ政府の突然の行為には理解不能なものがあります。
一説にはスーの押収を決定した連邦検事の、上院議員選挙前の売名行為だという噂もありましたが、今となってはそれも定かではありません。
いずれにしても、このままでは研究が遅れるばかりか、保管条件の整っていない場所に放置されるのは化石にとっても良くないことです。
研究所は再三に渡ってスーを返還してもらうための裁判・公聴会を行います。
民間でも様々な活動が行われ、アメリカ本国では社会現象にまで発展します。
しかしながら、訴えは何度も却下されてしまうのでした。

手元に、その当時に発売された恐竜学の本があるのですが、その巻末に署名のための「嘆願書」が添付されています。
極東の国まで署名運動が波及した大きな事件でした。





・・・・私が知っていたのは、ここまでの話です。
その後、スーがどうなったのか、ようやく最近になって知ることができました。
どういう経緯でそんなことになっちゃったのか、スーはサザビーズでオークションにかけられていたのです。
発見から7年後の1997年、マクドナルドの出資によって10億円もの高額で「The Field Museum of Chicago(シカゴ・フィールド自然史博物館)」によって落札されるのです。

2000年以降、恐竜博やニュースで見るティラノザウルスの姿には、このスーが多大な貢献をしていることでしょう。
最近になってティラノザウルスに関する新説が多く発表されているのも、スーのおかげかも知れませんね。

日本で彼女に会える機会がやってきます。

国立科学博物館(東京上野)
2005年3月19日(土)~7月3日(日)
恐竜博2005

「Sue on the Web」
「The Field Museum of Chicago」

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2004.11.05

スイートホーム

道に迷って(笑)こんなステキな家を発見しました。

家の外観。水玉模様がキュートですねっ
いたるところにかわいい動物さんがいっぱい
玄関もすさまじい、じゃなかった凝りまくりです

| | コメント (13) | トラックバック (0)

無茶な運転をしてみた

たまに車で新宿へ行くことがあるのですが、当然というかいっつも渋滞してる訳です。
青梅街道は都内でも重要な幹線道路で、交通量が多いので制限速度ピッタリで走れることなんて滅多にありません。
たいていは、20~30km/hでノロノロ・・・。
2車線ある道路も、路駐でふさがれてることが多いので、たいていの車は真ん中の車線を走らされることになります。
私も他の車にならって、真ん中の車線を大人しく並んで走っています。

しかーし!私とB4さんは、シンジくんとエヴァ初号機並のシンクロ率です。
「ものすごくがんばったら、どれくらい早く着けるんだろう?」と、余計なことを考えてみました。
前述のように、制限速度を超えて走ることはまず不可能。
車線の的確なチョイスだけで進まなくてはなりません。

小平・田無あたりから新宿までの青梅街道はほとんど私のシマ(笑)。
どの辺りで路駐が多いか、どの辺りで車線が減るか、たいてい把握してます。
基本的には左側の車線をコソコソ走り、路駐があれば右側に車線変更、車の流れを見極めて臨機応変にチョコマカ車線を変えて走ってみました。
いつもは音楽かけて絶叫しながら悠々と走っているのですが、周りの状況を音でも確認しなきゃいけないので、BGMはエンジン音と外の騒音のみ。
サンキューハザード出しまくりです。

正直・・・もう二度とやりません(笑)。
運転しててちっとも楽しくなかった・・・。
自分がとても迷惑な車になってるのが良く分かるし、ストレスもものすごくたまります。
あれだけ苦労して結局、目的地に着いたのも普段と全くと言っていいほど変わらない時間でした。
少し空いてる日ならもっと早く着いちゃう。

どんなに無理な運転をしようと、到着時間にはほとんど差が出ないし、危険な思いをしたり、周りに迷惑をかけるだけなので、慌て損とはこのことですね。

余談ですが、あの経験で思ったのは、東京都内の(四輪)ドライバーってマナーがいいなってことでした。
かなり強引に割り込んでしまっても、ちゃんと間隔をあけて入れてくれるし、ドライバー同士のコミュニケーションもしっかり取れています。

それに比べてバイクはここ数年でマナーも技術も随分ひどくなった気がします、かなりの大型でも原チャリ並に堕ちた気がするなあ。
大型バイクのライダーなんて、みんなカッコイイと思ってたのに・・・。
免許取得がわりと容易になったからなんでしょうか?
ってことは、オートマ免許が認可されたら、もっとひどくなるのかな。
バイク乗りのみなさん、この辺どう思います???

新宿の大ガード下あたり、プロのみなさんに迷惑にならないようにね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.11.02

点取占いです

その託宣は非常に奥深いものがありますね(そうか?)。
さすがに公式サイトはないようですが。


これが点取占いの遊び方。

こちらは「点取りBLOG」です(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.01

精密ペーパークラフト

折り紙って日本独自の遊びなんでしょうか?
たった1枚の紙を切ったりしないでいろんな形にできるってすっごいですよね~。
「日々のざれごと」さんでみつけた「折り紙の世界」
こういうのを自分で考えながらオリジナルの作品ができたらすごい楽しいでしょうね。

さて、私が今回紹介するのは、逆に複数の紙を切ったり貼ったりして作るペーパークラフトです。

21yamaha.comペーパークラフト
そう、バイクのYAMAHAです。
動物とか季節の風物詩とかもあるんですが、やっぱり圧倒的にバイクのペーパークラフトがすっごいです。

パーツは4Aの紙、14枚に渡って、パーツ総数は170にもなります。
説明書では「135kgのケント紙」が良いって書いてあったけど、私はもっと薄目の100kg前後のがいいと思いました。
最終的には全長25cmほどの精巧なバイクができるんですが。

実はわたくし、このYZF-R1を作ろうとして、途中で放り投げました~~~っ(涙)。

パーツは全部できたんだけど、最後の方で微妙にずれて辻褄が合わなくなっちゃったのね~(涙)。

秋の夜長に、こんな創作活動はいかがでしょうか?
私はもう断念しましたけどね(号泣)。

| | コメント (66) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »