« マイ・チャリ | トップページ | ドライヤーでヘアケア »

2004.12.29

東京駅

日本国内の多くの鉄道の起点となっている東京駅。
赤レンガの重厚な建物が印象的ですね。
この駅舎は大正3年、近代建築を代表する辰野金吾の設計で立てられたネオルネッサンス様式の建物です。
「たつきん」さん、かねてから「建築家となったからには日銀東京駅と国会議事堂(公式サイトがない?!)を建てたい」と言っていたそうですが、そのうち2つも実行しちゃいました(国会はやらなかったのね)。

しかし、現在の建物は第二次大戦によって破壊された後、中途半端に修復したものなのです。
関東大震災ではビクともしなかった建物も、度重なる爆撃には耐えられなかったのですね。

現在は左右のドームは安っぽい直線でできていますが、本来のドームは美しい曲線を描き、建物も今より1層多い3階建てでした。

建設当時は、北側ドームが降車専用、南側が乗車専用とされ、中央口は皇室専用となっていました。
皇室専用駅と庶民用駅を1つの建物にまとめたために、こんなことになってしまったそうです。
中央口は今でも皇室専用の出入り口で、普段は閉鎖されてますね。

90年近く経ってさすがに老朽化が目立ってきたうえ、何より日本の表玄関としてはかなり使い勝手が悪くなってきたので、一時期は取り壊してこぎれいな現代風高層ビルに建て替える計画も立ちました。

そんな中、多くの建築家や歴史家、あるいは民間の保存運動よって、かろうじて命を長らえてきたのですが、そうは言っても修復する資金なんて、このご時世にそうそう捻出できるものではありません。

そこで苦肉の策として編み出されたのが「空中権の販売」
建物には容積率というものがあって、ぶっちゃけて言うなら、「この土地なら何階建てまで建てていいですよ」という法律があるんです。
たとえば、100mの建物が建てられる土地の場合、30mの高さに抑えれば、70m分が余りますよね。
それを近所のビルに売れば、あの辺りの地価から考えればかなりの資金を得られる訳です。
これはどの土地でもできるワザではなく、ちゃんと「特例容積率適用区域」が指定されてるからできるのであって、ご自宅を平屋にしても、お隣さんに売ることはできませんのであしからず(笑)。

さて、金はできたっ!
来年から修復工事が始まります。
竣工は2011年を予定しているそうですが、ここまで大規模な修復だと多少(?)ズレ込むのことが多いので、少し割り引いて待ちましょう(笑)。

東京駅及び周辺の整備計画について(JR東日本旅客鉄道株式会社)


竣工当時の東京駅
旧丸の内駅舎創建時・写真(PDF)
旧丸の内駅保存・復元の概要(立面図・断面図)(PDF)
へ~、けっこう忠実に復元するんじゃん。

プチ情報:大正3年に建てられた東京駅の総工費は300万円。
安っ!と思われるでしょうが、最初は40万の予定だったそうです。
あり得ないほど予算オーバーです(笑)。

|

« マイ・チャリ | トップページ | ドライヤーでヘアケア »

建築・アート」カテゴリの記事

コメント

へえ、いよいよ東京駅改修ですかぁ。
ホテルとギャラリーも引き続き存続するようですが、
両者ともアメニティというか機能的には
確かにけっこう厳しいものがありましたから、
どんな風になるのか、今から楽しみですね。

ところで国会議事堂ですが、参議院のホームページには
「参議院バーチャルツアー」なんてのがあって、楽しいですよ。
http://www.sangiin-vt.jp/

投稿: とんがりやま | 2004.12.29 14:11

>とんがりやまさん
京都駅は建都1200年のときに
羅城門を復元するために移築するとかいう話がありませんでしたっけ?
そんなことできるのかな?と思っていたら、やっぱりできませんでしたね・・・。

私個人は、東京駅は確かに保存してほしいけど
将来的にこのまま使うのは難しいだろうから
遠からず新築だろうなと思っていたので
今回の決断はちょっぴり意外でもありました。
うん、もっちろんこうなったからには、ものすごく楽しみにしています。
長生きはするもんですねえ(笑)。

>>「参議院バーチャルツアー」なんてのがあって、楽しいですよ。

うわ!これ本当にすごいっ!
画面がグリグリ動いて室内の様子がよく分かりますねっ。
うーむ、ここで夜な夜な悪代官と越後屋の談合が・・・(違)。

投稿: しのぶ | 2004.12.29 17:36

こんばんは、ろくろーです。しのぶんさん詳しすぎますね。もしかして建築関係ですか。・・・東京駅が建て変わる前に一度は見に行きたいローカル一級建築士でした。

投稿: ろくろー | 2004.12.29 18:53

>ろくろーさん
いえいえ(汗)、単に建築とかデザインが好きなだけなんです。
一級を取る知識も資格もありません。
あ、でも平行定規は持ってました(笑)。

東京駅には面白い逸話や、きな臭い事件がたくさんあって
ここでは書ききれないくらいなんですが、
どうも記憶があやふやになってて(大汗)、
ネットとか本とかで裏を取りながら記事を書きました・・・。

東京駅は本当に昔通りに建て替えられたら
おそらく今の姿よりもずっと荘厳になるでしょうね。
今から楽しみですよねっ。

広島ドームを復元しない(壊れたままの姿で保存している)のは
重要な意義があってのことですが、
あの建物も本来はとても美しい建物だったんですよね~。

投稿: しのぶ | 2004.12.29 19:24

しのぶさん、こんばんは~♪

「空中権」て、これのことでしたか。なんか新聞の見出しにあるなと思いつつ、放置していました(いえ、「いつも」放置ばかりです…)。

東京駅が復元化されるのは、楽しみですね~。
今風の(?)高層ビルを建てる方が商業的にはいいのかもしれないけど、それじゃ味気ないですもんね。今の東京駅も好きだし、歴史的建造物は残して欲しいですね、やっぱり。^^

しかし、丸ビルも(背が)高いなーと思ってましたが、新丸ビルとやらはもっと上を行きますか。すごいですねぇ~。

ちなみに丸ビル好きです。もっぱら観光専門ですが…(涙)。
でも一緒に行った友人達には丸ビルはいまいち不評で、淋しい限りでした(涙)。
いや、負けじと(?)また行くぞ!はい、「もちろん」観光ですが、何か…(涙三連発~寒っ)。

投稿: coply | 2004.12.29 23:00

こんにちは。
数ヶ月前にこちらで東京駅のドキュメンタリーを見ていたので、帰国したおりに行ってきました。思ったより小さかったのにビックリしましたが、やはりとても趣のある建物ですよね。
ドーム部分も復元されるのでしょうか?
それにしても、空間を売るとは奇抜なアイデアですね。僕には空気を売るようにしか感じられないのですが、実際に買い取った空間を買い手はどう利用していくのでしょう。

すごいのは、建築家になった夢を三つのうち二つも実現した辰野金吾という人ですね。そのバイタリティーに頭が下がります。

投稿: セイキ | 2004.12.30 02:04

>coplyさん
「空中権の販売」とはたかが(笑)駅1個保存するのに、
お上もなかなか粋な計らいをするというか
かなり苦しい言い訳ではありますが(笑)、グッジョブ!ですよねっ。

本当は新しい建物を建た方が、機能性や安全性、あるいは経済的にも
面倒ないんだと思うんですよね。
あれだけのレンガ造の建物を造り直すってかなり大変なことだと思うし。
でも、なんたって日本の表玄関なんだし、
できる限り完全な形で復元してほしいですよね~。

丸ビルは、やたら高級なお店ばっか入ってて
上の階に行くほど「うーむ」って感じになりますよね(笑)。
でもさあ、そういうのを見て歩くだけでもなんか楽しいじゃない?
新丸ビルには何が入るんでしょうかねえ。
ちょっぴり楽しみっ。

>セイキさん
赤坂の迎賓館も、モデルとなったベルサイユ宮殿と比べると驚きの小ささですよね。
でもワシントンのホワイトハウスも思ったより小さいです(お、斬り返してきたっ)。

計画ではドーム部分もきちんと復元されるようですよ。
東京駅の空中権はすでに三菱地所が買い取っていて、
駅近くに本来の容積率より多い建物の建設が始まっています。
東京駅周辺には、これから超高層ビルが建ち並ぶ予定なんですって。

国土の限られた日本ならではの裏技ではありますが
あくまでこれは東京駅だけに適用された「粋な計らい」でもあるんですねえ。

辰野金吾にしても、赤坂迎賓館を設計した片山東熊にしても
日本に「設計」という概念ができて最初の建築家たちですから
よく見ると西洋の建築とはあきらかに違う、
おかしな部分がたくさんあったりします。
ルネッサンス様式とかゴシックとかを必死になぞっているのに
どこかに日本のお寺っぽい雰囲気が残っていたり(笑)。

なんとか西洋の列強に追いつこうと必死に試行錯誤している様子が
建築ひとつからも伺うことができて
日本の青春時代だなあと、ほのぼのしてしまうのです(笑)。

投稿: しのぶ | 2004.12.30 11:39

>赤坂の迎賓館も、モデルとなったベルサイユ宮殿と比べると驚きの小ささですよね。

え?多分(ってなんじゃ^^;)見たことありますが、あれはベルサイユ宮殿のパクリ(爆)だったとですか~。。ほぉ~。

投稿: coply | 2004.12.30 12:19

>coplyさん
そうなんですよ、パクリというかモロまねっこ、です(笑)。
文明開化とか富国強兵とか言われている明治時代に建てられたんですが
当時の日本は「日本のものは古くてダサくて恥ずかしい」という風潮があったので
なんとか西洋のものを取り入れようとして、こういうことになったそうです。

もともとは新婚さんの大正天皇のスイートホームとして造られたのですが
陛下自身が「こんな贅沢な家には住めない」と言って
結局ほとんどお住まいになることはなかったのだとか・・・。
なんつうか、幽霊が出るという噂もあるらしいですよ(怖)。

投稿: しのぶ | 2004.12.31 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/2406575

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅:

« マイ・チャリ | トップページ | ドライヤーでヘアケア »