« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の23件の記事

2005.03.30

日本から「村」がなくなる日

平成の大合併と言われる、市町村の合併競争(競争じゃないだろう)がかなり激しくなってきました。
私が住んでいる市も、全国にさきがけて、さいたま市誕生と同じ時期に合併を実現しました。
中世から受け継がれてきた名を捨てて奇妙な市名になっちゃいましたが(涙)、旧市が抱えていた問題を考えればそれも仕方のないことなのでしょう。
小さな町では持てない機能も、合併することによって持てるものもあるし、2つ3つの町の機能がひとつに集約されれば、経費節減になる可能性もあります。
合併はまだだけど保健所などの機関は近隣の市と統合した、なんてのもあるようですね。

あっちこっちで合併合併って言っているけど、今、どれくらいの数の市町村が合併してるんだろう??
それでちょっと調べてみたんですが。

日本全国の市町村の合計数です
2003年9月1日
市=678 町=1951 村=552 計=3181
2004年4月1日
市=695 町=1872 村=533 計=3100 
2004年10月1日
市=703 町=1813 村=514 計=3030 
2005年1月1日
市=712 町=1695 村=462 計=2869 
2005年3月28日
市=729 町=1465 村=377 計=2571 

石川県や愛媛県、滋賀県などは驚いたことに「村」が消滅しています。
去年の10月までは3000以上あった市町村が、3月末現在2500あまりにまで減っていました。
これからまだまだ減っていって、最終的には2000以下に持っていく予定なんだそうです。
そのうち「○○村」という名前はなくなっちゃうんでしょうか。
現在合併協議中の市町村をあげてみようと思ったのですが、こんなにあるとは思わなかったので断念してみました・・・。
みなさんがお住まいの市町村でも、表や裏で合併協議が進められてるとこもあるんでしょうね。

東京都では合併した市町村はとても少ないんですよ。
話があるにはあるんですが、それぞれ出来あがっちゃってる(笑)市ばっかだから、「あの市とはやだ」とかなんとか主張しあってなかなか話が進まないようです。
まったく、東京の人って見栄っ張りつうか、意地っ張りつうか・・・。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005.03.29

デジタルアーカイブ公開

国立公文書館では、歴史公文書を閲覧できる「デジタルアーカイブ(電子資料館)」の運用を始めるそうです。

国立国会図書館でも、インターネットで明治期に刊行された図書を閲覧できる「近代デジタルライブラリー」を公開していますが、データ数は約55,000冊。
公文書館の方は遙かに多い、96万冊分となっています。

自宅が歴史資料館、180万画像を無料ネット公開
YOMIURI ON-LINEより
国立公文書館

4月1日からの正式運用で、現在は登載画像サンプルの一部が公開されています。
明治初期の写真や、日本国憲法の原本など、非常に貴重な資料をネットで気軽に閲覧できるのですねえ。

国会図書館のライブラリは専用のビューアが必要なんですね。
ビューアをインストールしたくない人のために、HTMLバージョンも用意されてはいます。
おそらく、公文書館も似たような形式になるんじゃないかな。
正式運用にならないと分からないですけどね。

・・・ところで、国会図書館にしても、公文書館にしても、本1冊借りるのに大騒ぎなんですよね~。
いちいち受付の人に「これ借りてもいいですか?」ってお伺いたてて「苦しゅうない」って感じで奥から出してもらって、おしいただいて「はは~~っ」って受け取る、みたいな。
まあ、貴重な文書ばかりを保存してるのだから、近所の市立図書館みたいな訳にはいかないんでしょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.03.28

アカウント情報の概要

このブログはココログ・ベーシックを使っているのですが、画像もアップしてるんで、けっこうな容量を使っているんですね。
でも3月から容量アップになって、これで当面は安心して使えるなと思って管理画面を見たら、ちょっとおかしなことになってました。


39KBしか使ってない・・・・???。
最初は単位の間違いかなと思ったんですが、こんなことになる前は25MBも使ってなかったから、それから一ヶ月で40MBも使うなんてあり得ないし・・・。
そのうち治るだろうと思っていたんですが、もうかれこれ数週間このまんまです。

ええと・・・。
私の記事やファイルたちはどこに行っちゃったんでしょうか???

まあ、多くカウントされるよりはなんとなくお得感もあるんで(笑)、今のところは通報しないで放っておいてますが。
みなさんのココログはファイルの容量、きちんと表示されてますか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.03.27

天命反転住宅

建築好きのみなさん(笑)こんにちは。
東京都三鷹市の東八道路を走っていて、ものすごく奇妙な物体を見かけました。
巨大な土管や仮設っぽい橋桁が一見無造作に積み上げられていて、建設資材置き場かと思うけど、よく見るとそれぞれの土管たちは、しっかりと固定されていて、中には球体と組み合わされたオブジェのような形をしているものもあります。
よくよくみると、けっこうオシャレ?

まだ工事中の建物のフェンスには「竹中工務店」の文字が見えます。
ゼネコン建設会社のくせに(笑)いつも面白い建築を世に輩出していく不思議な会社竹中・・・。
これはまた何かとんでもないことを考えているに違いありません、どこまで行くんだ竹中くん。

自宅に帰ってさっそく調べてみたところ、この土管の塊は近い将来とんでもない建物になることが判明。
さすが竹中、私の勘はまだ鈍っていませんでした(笑)。

建物の名前からしてイッちゃってるよ~。
天命反転住宅
なんだと思いますこれ?集合住宅だってよ、こんなのに住みたいか?住みたいのんか?

完成予想図はこんなの!

どうなのこれ???
このカラーリングはアリなのか??

「天命反転」とは、
「風景や環境、ひいては町や住宅を遺伝子のように構成し形作ることにより、人間の宿命(病や死など)を自ら変えていく」
という意味だそうです。
わけ分からん(爆)。

荒川修作はこの住宅の前に養老天命反転地というテーマパークを岐阜県に作り、新潮社第28回日本芸術大賞を受賞しています。

私にはなんともコメントのしようもない住宅ではあるのですが(笑)、さて、みなさんはこの家、どう見る???

| | コメント (12) | トラックバック (1)

子リラックマ、ゲットだぜ

新宿に買い物にいったときに、通りがかったゲーセンのUFOキャッチャーで、かなり際どい位置にいらした「子リラックマ」さん。
「1回だけ」とトライしてみたら、見事に取れちゃいました。
それがこれ。

座布団にできそうな大きさの子リラックマの生首です。
座布団にはしませんよ(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夢占い

すでに大人になったあなたは、今でも空を飛ぶ夢を見ますか?
子供の頃は、しょっちゅう飛ぶ夢をみませんでした?
手足をバタバタさせて飛んだり、何もしないのにフワリと浮いて空を歩いてみたり。
空を飛ぶ夢は思春期に多く見る夢だそうで、まだ大人になりきれない年頃にありがちな、夢と現実とのギャップや、自分では「こうありたい」と思っていてもその実現方法が分からず苦悶している時に見る夢なんだそうです。
だから、良い歳(笑)になっても空を飛ぶ夢を見る人は、非現実的な野望を持っているか、今の生活に不満があるのかも知れません。

夢判断をしてくれるサイトを2つ紹介します。
フロイトやユングほど統計的に調査されたものかどうか、どこまで信憑性があるのかちょっとよく分からないんですが、夢占いと考えると意外と当たってる部分があるかも~。
「不思議な夢を見たなあ」と思ったら、ちょっと調べてみると面白いかも知れません。

眠り男の夢占い事典
夢判断

そういえば、私は夢の中で「こんなことはあり得ないなあ」と思うと、ストーリーを変えることができました。
最近はできなくなっちゃったかも・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.25

ひまわり6号の初画像

何度も何度も打ち上げに失敗して、もう後がない、と言われていた日本の気象衛星ですが、2月にようやく成功しましたね、本当にホッとしました~。
H2Aロケットで打ち上げられた衛星は、愛称を「ひまわり6号」と名付けられ、静止軌道上で初めて撮影した画像が公開されました。
ひまわりくんが持っているデジカメの画素数は、1億3000万画素、すげえ~、私のデジカメの26倍の性能だ、って比べちゃイカンですね。

「ひまわり6号」初画像を公開 夜間の霧も撮影可能 (Sankei Web 社会)
運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)による初画像(気象庁)

現在はまだ試験運用中だそうですが、総合試験をパスしたら予定では5月末には正式稼働するそうです。

一般的に気象衛星の寿命は、気象ミッションが5年、航空ミッションが10年とされています。
人工衛星は姿勢制御ブースターの燃料が空になって軌道上に正しい姿勢を保てなくなった時が実質的な寿命と言われています。
しかし、気象衛星の最も重要な役割は、気象データを地上に送ること、この精密な機能が衛星自体の寿命よりも短くなってしまうのは当然なことでしょう。
先代の「ひまわり5号」は1995年3月の打ち上げ、すでに2年前には使い物にならなくなっています。
その間、日本はアメリカの気象衛星「パシフィック・ゴーズ」をお借りしていたのですね(涙)。

世界に誇る工業・科学技術を持っている日本も、こと宇宙事業に関しては悲しいほどお粗末です。
日本は気象の変化が激しく、自然災害の多い土地柄でもあります。
月や火星まで行けとは言わないから、気象衛星の研究発展にはぜひ尽力をつくしてほしいものですね。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2005.03.23

オーバーホールに大出費(涙)

だいぶ前にここで紹介したヴァンクリの腕時計、電池が切れたままつい放置しちゃってました。
近所の時計屋でいい加減にいじられたくなかったので、百貨店などのきちんとした技術者のいるとこでやってもらいたかったんです。
でも、なんとなく忘れちゃったり面倒だったりして、数ヶ月ほったらかしちゃってました。
先日、ようやく重い腰をあげて伊勢丹に持っていったのですが・・・。

電池交換自体は10分ほどでできたのですが、受付の人からショッキングな報告を受けました。
「電池が液漏れしていて、オーバーホールが必要です」
・・・前回オーバーホールしてから4,5年はたっていたので、この機会にやってもらっちゃえ、ってことでお願いしたんですが。
前回は分解洗浄だけで済んだので1万円を少し超えるくらいだったのですが、今回は最低でも2万は考えておいてくださいとのこと。
2万てアナタ、ちょっとした時計が普通に買えるじゃん!!!(涙)

でもこのまま放置してスクラップになるのも悲惨なので、泣く泣くお願いしてきました。
そしてこの直後、昨日の記事のATM事件ですわ、そりゃあ黄昏れるってなもんですよ・・・。

みなさん、時計の電池が切れたら早めに交換しましょうね。
もしも長期間使わない時計があったら、電池だけでも抜いておきましょうね(涙)。
電池を抜くだけならたいていのお店で無料でやってくれるそうですよ。

やっぱり良い時計だこのヤロー(涙)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.22

ATMに忘れ物をすると

先日、車で出かけ、とある駐車場に停めて買い物をしたんです。
ATM(無人のヤツね)に寄ってお金をおろし、一通り買い物を済ませ、さあ帰ろうとしたら、ポケットに入れてた駐車券がない・・・。
あれ?財布に入れたかな?と思って財布の中を見てもない。
カバンの中身を全部ひっくり返してもない(涙)。

途中でコーヒーを飲んだ店で、駐車券を見たのは覚えているので、そこから先のどっかで落としたのです。
コーヒー店に戻って店員さんに聞いてもそれらしき忘れ物はないと言われ、ダメ元で銀行のATMに戻ってみました。

ATMはすでに閉まっていたのですが、ガラスにへばりついて中を覗いてみたら、見覚えのある紙が床に。
暗くて良く見えないけど、あれは確実に駐車券です。

目の前にあるのに取れない駐車券・・・・。
ATMが開く翌日まで待ってたら駐車料金をいくら取られるのか見当もつかないし、駐車券を無くしたと言ったらそれはそれでいくら取られるんだか(涙)。
ガラスを割って入ろうものなら、思いっきり強盗です(割るなっつの)。
史上初、刑務所からのブログ投稿ができちゃいます(できないっつの)。

ダンナ様と2人、しばらく呆然とATMの中を覗いていたのですが、通りを歩くみんなが私たちを思いっきり不審な目で見ています。
真剣な顔で無人のATMを覗く怪しい2人連れ、そりゃあ不審ですよね。

「あ、ちょっと待って!」とダンナ様がひらめいて、そのATMから一番近い職員のいる銀行に電話をかけてくれました。
警備員さんが30分ほどで来てくれて、鍵を開けてくれたのですが、その後がけっこう大変だったんです。

私たちは中には入れてもらえず、警備員さん一人が入って中から鍵をかけ、いろんなところに何度も電話をかけたり、駐車券の写真を撮ったり、書類に何事か書いたりして、私たちが駐車券を手に取れたのは、警備員さんが到着してから10分以上たった頃でした。
最後に書類にサインをしてようやく放免となったのでした・・・・・。

私はてっきり、鍵を開けて中に入ったら券をとって「はい」って渡してもらって終了、と思ってたんですが、さすが金融機関、たかが紙切れひとつの忘れ物でも手続きが大変なんですね。
考えてみれば、あんまり不用意に渡されても逆に「そんな簡単でいいのか?」って気もするんで、これくらいの用心深さは必要なのでしょう。

みなさんも、くれぐれもATMに忘れ物をしないようにね。
駐車券は無くさないようにね(涙)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

関東の1個残し

大勢で料理やお菓子を食べていて、だんだん残りが少なくなって最後に1個だけ残ったとき、あなたはそれを食べちゃう?それとも遠慮して手をつけない?

会社へのお土産などで菓子折を買っていくと、たいてい1個だけ残ってしまうことがあります。
なかなか箱が片づかないのに、いつまでも誰も手をつけない。
宴会などでは、大きな皿に唐揚げが一個だけ残ったままいつまでもテーブルにあったりします。
こういうのって「関東の1個残し」って言うんですよね。
「関東の」という枕詞がつくくらいだから、他の地方ではこういうことはないのでしょうか?

関西では残り少なくなったら強引にでもみんなで分けて早く片づけてもらう方が良い、という感じだなんだそうですね。
あるいは残してしまうなんて料理や菓子を作った人に申し訳ない、とか。

中国料理では、出された料理を全部平らげてしまうと、「物足りなかった」と気を遣わせてしまうのでわざと少し残す、なんて作法があるようですね。
これと「関東の1個残し」とはちょっと主旨が違うようだけど、なんとなく「出されたものをちょっとだけ残す」というのは美徳、みたいなイメージがあるんでしょうか?

もちろん私も関東人のはしくれなんで、最後の1個が食べられません(笑)。
なんとなく遠慮しちゃうというか、最後に残ったものを食べてしまうのは厚かましいんじゃないか、なんて、どうでも良いことで気を遣っちゃうんですよね。
最後の1個を平らげたら空いた箱や皿を片づけなきゃいけないのが面倒、なんて人もいるかも知れません(笑)。

関東以外でも「○○の一個残し」とか「○○の一口残し」なんて言葉があるのでしょうか?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005.03.19

慶事にも鯨幕

今日は紀宮さんと黒田さんの「納采の儀」が行われましたね。
私もテレビで見ていたのですが、画面の端っこにお祝い事にあり得ない物が見えたんです。
宮内庁の建物の前にテントが張ってあって、そのテントが白黒の幕(鯨幕)で覆われていたんです。
なんで鯨幕なんて縁起の悪いものをこんな目立つところに???

紀宮さまと東京都職員・黒田慶樹さん 「納采の儀」が行われる(日本テレビより)
動画に鯨幕が一瞬映ります。

鯨幕というのは、お葬式などの凶事で使われる白黒の幕のことです。
鯨は背の部分が黒く、お腹の部分は白です。
さらに皮をはぐと黒い皮の裏側に白い脂肪がついています。
そこからの連想で、この白黒の幕を鯨幕というようになったようです。
鯨と馴染みの深い日本ならではの連想のようですね。

古来、黒色は高貴な色とされ、神事では古くから白黒の鯨幕が使用されているのだそうです。
凶事に白黒の幕が使われるようになったのは、大正時代以降、いわゆるお葬式屋さんが使い出したものなので、歴史が浅いようです。
紅白の幕も同様に歴史が浅く、今でも宮中の慶事や格式の高い神社では、古式に則った行事には登場しないため、紅白の幕が使われることはないそうです。
出雲大神宮の大祭でも鯨幕を張ります。
ですから、正統な神式にのっとった皇室の「納采の儀」に鯨幕が使われるのは、正しいことだったのです。

黒白の幕をお祭りに使うこともあるのですか(氷川神社HPより)

・・・そう言えば私の結婚式は神前式だったのですが、鯨幕は飾りませんでした。
いくら鯨幕が正統とは言っても、やっぱり一般人がやるとみんな引いちゃうから、なんでしょうか・・・。

| | コメント (85) | トラックバック (1)

2005.03.18

車検のシールが小さくなった

我が家の車が車検だったので、SUBARUのディーラーに一泊してきました(車が、ね)。
いちおう怪しいところもなかったということで、仮の車検証(保安基準適合標章)を貼られて帰ってらして、先日、本物の車検証と窓に貼るシールを郵送してもらいました。
そしたらビックリしたんだけど、今の車検証のシールって随分小さくなっちゃったんですねえ。

前のは6センチ角くらいので、年ごとに色分けされて月の数字がでかでかと書いてあったんだけど、
新しいのは4センチもないくらいちっこいのです。

へ~これってつい最近変わったのかなと思って、周りの車を見てみたら、なんと、みーんな小さいのつけてんじゃん!!
我が家は遅い方だったのですね、なんか意味もなくショック。
いつから変わったの??もー誰か教えてよ~~~。


全体に青っぽいのはガラスのせいです。


以前はこんなのでしたね、改めて見るとけっこうな存在感です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.03.17

テキストで錯視

私のダンナ様が教えてくれました。
全部、普通に1行づつ書いています、ゆがんでるように見えますか?
これってけっこう前から有名なの?

画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ
   画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ

   コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画
コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画

画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ
   画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ

イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。
イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。
イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。
イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。
イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。
イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。
イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。イケてるユニクラーより。

   コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画
コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ
    ○                  ○                  ○
画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニココニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画
   画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニココニア画コニア画コニア画コニア画コニ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005.03.16

エルグランドに乗ってみた

去年の10月に私のお父さんがエルグランドを買ってから半年、ようやく私もまとまった距離を運転させてもらいました。
すっごいね、あの車。
ありゃ~うちのB4さんとは全く違う機械ですね。

今回は、母と二人で、関越の花園インターから30分ほどの親戚の家まで、片道1時間ちょっとの距離を高速・一般道を交えて走ってきました。
本当はうちのB4で行くつもりだったんだけど、父が「俺の車で行けばガソリン代も高速代も、しのぶの負担にならないだろう」と言って、エルグランドを貸してくれたのですね。
ま、「一回乗ってみてよ~」というのが本音なんでしょうけど(笑)。

あの巨体をしっかり支えてくれる足回りと、余裕のあるトルク、サスはさすがにB4に乗り慣れている私にはフニャフニャだったけど、スポーツモードにすればそんなにひどくないし、いかにも高級サルーンって感じで快適です。
ああいう車って、同乗者には快適でも、運転者はつまらない、なんてことがありがちだけど、そんなにつまんないって感じでもなかったですね。
私が日産に持っているイメージって、「とにかく足回りがしっかりしてる」ってことだったんだけど、この車も本当に安心して走れる良い車でした。
でも、とりあえずデカすぎますね、狭い住宅街をコソコソ走るのはかな~~りつらいです。

そうそう、一緒に行ったお母さんが面白いことを言ってました。
「お父さんの車は高速道路をタダで通れるんだよ」
・・・それはお母さん、ETCのことだね。
確かに料金所は素通りできるよね。
でも、ダタじゃなかったような気がするよ。

車を返すときにお父さんに「ぶつけなかったよ」って言ったら、大きくため息をついていました(爆)。


フェンダーに変な角が生えてて、夜になると紫色(涙)に光るのです(涙)。
リアにもなんか変なアクセサリがついてたな・・・・(涙)。

| | コメント (58) | トラックバック (0)

2005.03.14

ボランティアの犬達

学生の頃、私はやたらとボランティア活動にはまっていました。
市内の知的障害者のサークルでスタッフをしながら、ボランティアセンターに登録して、ハイキングや運動会があると随行員として参加したりしていました。
私がボランティア参加したのは、主に知的障害者か身体障害者のグループでした。
今思えば、それは「誰かの役に立ちたい」とか言ったご大層な理由ではなく、ただなんとなく、人とワイワイ騒ぐのが楽しかったから、なんだと思います。

そんな適当な(笑)理由であっても、介助をするためには最低限の知識は必要です。
たとえば車イスの扱い方や救急セットの使い方も覚えておく必要があるし、障害の違いや程度によっても接し方が変わってくる訳です。
だから、ただワイワイやってるだけでなく、専門の先生に講義をお願いする時もあるのですね。

その中で、ある先生から教えていただいた一編の詩が未だに強く印象に残っているので、ぜひ紹介したいと思います。
この詩の作者は、車イスの人です。

「ボランティア拒否宣言」
(今も著作権は生きていると思うので、引用は避けさせていただきました)

この詩は障害者ボランティアだけでなく、たとえば被災地でのボランティア活動にもあてはまる部分が多いと思います。
初めて詩を読んだときは、ショックを覚えるというよりも、とても悲しい思いをしました。
「相手にそんな風に思われていたのか」という気持ちと
「私もそんな風に思っていたかも知れない」とい気持ち。
私自身は活動をしていたときは、お飾りだとか、自慢のためだとか、そんなことは意識したこともなかったのですが、では全くなかったか、と改めて問われると、少し自信がなくなってきたりもするのです。

この詩は20年ほど前に書かれたものなので、今ではボランティア活動に対する意識もだいぶ変化しているとは思います。
それでも、何らかの形でボランティア活動をしている方、していた方たち、あるいはしようと思っている方、少しでも多くの方に読んでいただければと思います。
そして、ちょっとだけ立ち止まってゆっくり考えてみる、というのもアリかなと。

| | コメント (386) | トラックバック (0)

2005.03.12

春らしいデザインにしました

「tomolog」さんの「さくらの開花予想(第1回)によりますと、今年の桜の開花は平年並みか平年よりやや遅くなる、ということです。

去年なんか、東京は入学式が始まる前に散ってしまいましたもんね。
今年は平年並みに戻るのかな。

というわけで、SHINOblogは一足早く開花宣言です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

北斎マンガを作ろうサイト

北斎マンガのキットを使って、オリジナルの北斎マンガを作れるサイトです。
Hokusai Manga Construction Kit

文字は小文字の半角英数字で入力。
で、私が作ったのがこれ。

オマケ
自分のロゴのついたグッズが作れます。
The Cyborg Name Generator
好きな文字を入力してキャラクターを選択すると、ロゴの入ったTシャツとかマグカップが作れるそうです。
キャラクターのセンス、どうにかならんものか(笑)。
ちなみに、私の名前で作ってみたんだけど、下に入る文章?文字列?は、あんまり意味がないみたいですね。

マグは12ドル、Tシャツは20ドルほどで買えるそうです。
い、いらないかも・・・・(笑)。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2005.03.09

周期表復活

元素記号の覚え方で「水兵リーベ・・・」ってのがありましたね。
私は高校の時からもう芸術系に行っちゃってたので、数学も化学も最低限のことしか習わなくて、この覚え方を習うことはありませんでした。
だから、初めて「すいへいりーべって知ってる?」って聞かれたときに「麻雀の役?」って聞いてしまったのを覚えています・・・・。

大学も似たような芸術系だったんで、化学記号なんてもうお会いする機会も全くなく、校内唯一の理数系である建築学科の友達(男)が「ふっくらブラジャー愛のあと」って言ってるのを聞いて「こいつ変態か」と思ったものです・・・。
これってハロゲン 17族の覚え方とか聞いたけど、錆びやすい順番、だったっけ?
イオン化傾向だと「貸そうかなぁ、まぁあてにすんな ひど過ぎる借金」だっけ?

それでも高校の教科書にはいちおう周期表が載っていて、順番は覚えなかったけど(笑)なんとなく最初に「H」が来てたなあ、くらいは覚えているのですが。
この周期表、ゆとり教育が推奨されてるときには教科書から消えていたのですね。

しかし最近になって学位力低下が問題になったとかで、来年の春からまた復活するのだそうです。

水兵リーベの悲劇 元村有希子(科学環境部)
ゆとり教育で覚えられなかった高校生はかわいそうだ、とか言うけど、詰め込み世代なのに覚えなかった私もかわいそうなのかな?

周期表の覚え方って、いろいろあったんですねえ。
「周期表の覚え方」
結局私はどれも分からない訳ですが(涙)。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005.03.07

駐車は得意ですか?

「Driving Beauty 日記」さんの記事「駐車は苦手ですか?」にトラックバックです。

うーん、みなさんはどうでしょう?車庫入れ。
たまにテレビとかで、ドリフトしながら狭いスペースに一発で入れちゃう人とかを見ますが、あれは確かに「すっげえ!」と思うけど、公共の駐車場でやられたらちょっと迷惑ですね(笑)。

さすがにドリフト・パーキング(?)はできないけど、私は駐車は得意?というか、苦手ではありません。
ただし、条件があります(爆)。
駐車しようとするスペースの隣に別な車が停まっていること。壁がある、とかでもいいです。
目標物があれば、目視やミラーで隣の車の位置を確認して、どこからバックすればいいか見当がつくんですよね。

私の場合は、まず停めようとするスペースの隣の車ギリギリに寄せちゃいます。

そして向こうの車のバンパーの端と、自分の車のお尻がスレスレに近づくまで斜めに出ます。
リヤタイヤの位置さえ間違わなければ、隣の車に当たることはないですよね。

あとは、ハンドルをめいっぱい切りながらバック、体半分入ったところで、自分の車が隣と適度な距離を保ちつつ並行に並ぶように調整します。

このとき、隣の車がセダンだったら、全長はうちの車(5ナンバー)と同じか、たいていは向こうの方が少し長いので、お互いのミラーが並んだらそこでストップ。
車止めの石に当たるか当たらないかの位置に停めることに命かけてます(笑)。

先生~、こんな感じでよろしいでしょうか?
最初にギリギリに寄せる行為って、隣の車のオーナーが見てたらちょっと不快に思うかなあとも感じているのですが・・・。
特に女の車庫入れは危ない、ってイメージありますもんね、同じ女性ながらそれは否定できません。


・・・という訳で隣に車がいれば、たいてい切り返しなしで入れるのですが・・・。
隣が空いてるともうダメです、まず一発では入れません。
同じ理由で縦列駐車も、前に車がいればすんなり入れるのですが、前後が空いてると、やっぱり見当が狂ってしまいます。
まあ、隣が空いていれば少々見当違いの位置(涙)に入っても、ぶつける心配はないし、ゆっくり入れ直せば安心と言えば安心なのですが、ちょっぴりきまり悪いですね・・・。

そうそう、最近はドアパンチされてる車がすっごい多いですね。
うちの車もけっこうやられてるので(涙)、なるべく間隔をあけて停めてるんだけど、都内とかだとすごい狭い駐車場も多いですからねえ・・・。
ドアパンチ防止のために私はなるべく、傷ひとつない高級車や、いじりたおしたスポーツカーの隣に停めるようにしてます。
そういう車に乗る人は自分の車も大切にしてると思うので(笑)。


キレイに入れられたかな?
こういう場所での車庫入れは嫌いじゃありません(笑)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005.03.06

ローレライ

5日に公開された「ローレライ」を観てきちゃいました。
私は映画館での映画はほとんど観なくて、最後に観たのが「新世紀エヴァンゲリオン」だったと思うのですが(笑)、今回は原作の「終戦のローレライ」を前に読んでけっこう面白かったので、映画も観たかったんですよね~。
小説って読んでる時に自分のイメージを作ってるから、それが映像化されると
「なんかイメージ違う」ってなることが多いんですよね。
だから、あんまり期待しないようにしてたのですが(笑)。

公開初日に行ったのですが、映画館が穴場だったせいもあって、ものすごくすいてました、きっと新宿とか行ったらすごい混んでるよね、たぶん・・・・・。
同じ館内でシャークテイルとかハウルとかやってたしね。

やー、すごい良かったですよ~~~。
あの上下巻の濃厚な内容の話を2時間にまとめる訳ですから、確かに多少のはしょりはありましたが、小説を読まなくても充分楽しめると思います。

広島、長崎に次ぐ東京への原爆投下を阻止するために、潜水艦「伊507」は、B29の発進基地である南洋のテニアン島を攻撃すべく出撃作戦をおこないます。
たった一杯の潜水艦で米太平洋艦隊のまっただ中に突入する無謀。
しかし、「伊507」には他の潜水艦にはない「目」を持っていた、それが「ローレライ・システム」だったのです。
ネタバレになっちゃうのでストーリーの話は書きませんが、とにかく良くできた映画でした。

潜水艦や駆逐艦の戦闘シーンは、ハリウッド映画と比べるとたしかにリアリティとしてはもう一歩・・・かな、という気もしますが(ハリウッドだと本物の潜水艦使っちゃったりするもんね)、そのハンディを映像や演出の美しさで充分補っているので、逆に私はこちらの方が好きです。

実はね、小説の中で「このシーンは映像でやられたら絶対泣くな」と思ってたシーンがね、なかったの(爆)。
でももしも本当に映像化されちゃったら、それはそれで観てらんないかも知れなかったので、まあ良しとしましょう(笑)。

戦争映画と言っても、そんなにグロイ場面はないので、お子さんと観て感想を話し合うのもいいかもよ。


セブンイレブンのキャンペーンでオマケでついてきた「伊507」のフィギュア

| | コメント (32) | トラックバック (13)

2005.03.04

東京は大雪

モブログ投稿です。
朝起きてびっくり!車もツノ(ツノ?)生やしてます。p505is0010879406.jpg

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.03.02

この画像見れる?

「写欲ないっとき」さんの背景画像に使われている夕焼け空でしょうか、とても美しい写真だなと思っていたのですが、先日、私も似たような写真を撮れました。
あまりにキレイな空だったのでしばらく見入ってしまいました。

特に珍しくもない写真でしょうが、ココログの容量が増えた記念に(笑)。
私はずっとベーシックユーザーなのですが、30MB中、使った容量が23MBを超えて、かなりヤバヤバだったので、これで当分安心です。
今までは写真も画質を落として50KB以上いかないようにしたり、いろいろ苦労してたのですが、これからはそういうのもあまり気にしなくていいかな?
最近は画像そのものの容量に気を遣うよりも、JavaScriptや、CGI、flashなどのスクリプトを気にした方が表示速度のダイエットになりますからねえ。
オマケでこんなのも(笑)。自分で踏みましたともさ。


ところで。
ここを見てくださってるみなさんに、質問というか、お願いがあるのです。
下の画像はタンポポの写真なのですが、あなたの環境で見られますか?

 

「見えないよ」という方がいらしたら、教えていただけると嬉しいです。

| | コメント (45) | トラックバック (2)

2005.03.01

恐竜博2005

いよいよ3月19日(土)から恐竜博2005が始まります。
今回の目玉は、なんと言ってもほぼ完全な形で発掘された、最初のティラノザウルスです。
だいぶ前、ここSHINOblogでも「スーに会える」という記事で紹介したのですが、この愛称を「SUE」と名付けられた巨大な化石は、後に数奇な運命をたどることになります。

化石の所有権を巡って裁判が起き、発掘者側が敗訴、貴重な恐竜の化石は土地所有者のものとなってしまうのです。
そして数年後、スーはサザビーズで競売にかけられ、日本円にして10億円という巨額でシカゴ自然史博物館によって買い取られます。
ここまでは前の記事に書いたことですが、私は裁判のことまでしか知らず、なぜスーが競売などにかけられてしまったのか、その理由を知ることができませんでした。

どうやら、土地所有者が競売を望んだ、ということのようですね。
たしかに、いくら貴重な資料だと言っても普通の人があんな巨大な化石を持っていても、処分に困るでしょうし。
でも正直、「なんだ、結局は金か」と思ってしまいました・・・。
この競売騒ぎの後、「化石やミイラは金になる」という悪い風潮ができて盗掘が横行、ちょっとした問題になったそうです・・・。

恐竜博2005公式サイト内のニュースによると、2月下旬にも来日、と書いてあるので、今頃はもう日本に来ているんでしょうね~~。

恐竜博って言うと、いつも夏に幕張メッセで、というのがパターンでしたが、今回は東京の国立科学博物館を皮切りに、愛知、大阪、福岡の順に巡回していくそうです。
これなら関東以外の方でも、スーの勇姿を見ることができますねっ。

「恐竜博2005公式サイト」

日程
3月19日(土)~7月3日(日)
東京都・国立科学博物館
7月16日(土)~9月25日(日)
愛知県・2005年日本国際博覧会(愛・地球博) ささしまサテライト会場
10月8日(土)~11月27日(日)
大阪府・大阪市立自然史博物館(予定)
12月23日(金)~3月31日(金)
福岡県・北九州市いのちのたび博物館

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »