« カレーライスに添えるもの | トップページ | バンダイの人工知能 »

2005.05.31

CINNABON

これ、覚えてますか???


一時期日本中を甘ったる~~~い香りで占領したシナボンです。
今ではシナモンロールってスターバックスにもドトールにもあるけど、スタンド系コーヒーショップにシナモンロールが定番になったのって、シナボンからじゃないかと私は思っています。

吉祥寺のサンロードに唐突に店ができて、商店街にバニラとシナモンの濃厚な香りをまき散らし、「暴力的な甘さ」を武器に日本人の味覚を破壊していきます(笑)。
あっという間に自由が丘、新宿、南大沢と、東京を占領、ついに名古屋や水戸まで勢力を伸ばしていきました。
シナボン一個で700キロカロリー、ピーカンボンはなんと1000キロカロリーという殺人的な栄養満点のスイーツ、普通の食事でもこんなカロリーは聞いたことないですね(笑)。

私も流行りものは大好きだったので(笑)、吉祥寺のお店に並んで「う~~~」とかため息つきながら完食したものです。
が、いくらなんでも、この甘さとあのボリューム、かわいらしい日本人の舌と胃がそう長持ちするとも思えず、案の定、吉祥寺店がなくなり、新宿店がなくなり、ついに南大沢もなくなったそうです。
現在、東京で残っているのはお台場アクアシティ池袋サンシャインシティ・アルパのみだそうです・・・。
やっぱりあの味は強烈すぎたのでしょうか・・・。
もっとミニサイズにしたり、しょっぱい系のお菓子とかと一緒に売るとかすればよかったのかな?

残った2店舗もいつ無くなるか、という感じですね。
そう思うと急に寂しくなって(笑)、わざわざ池袋まで行ってものすごく久しぶりに食べてみました。
これが見納め、食べ納めになったりして・・・・。

うーん、やっぱり完食すると死にそう~~(笑)。

|

« カレーライスに添えるもの | トップページ | バンダイの人工知能 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 そういや吉祥寺の1号店しかない頃に行って、それっきりだ。
 でも、失敗の理由は「ついに名古屋や水戸まで勢力を伸ばしていきました。」じゃないのかな。
 日本でオサレに最も遠いのは「名古屋、水戸、和歌山」の御三家お膝元という気がする。

投稿: 南郷力丸 | 2005.06.01 01:44

こんばんは、何時もお世話になってます。

いや~、あの味覚破壊を目的としてるとしか思えない「殺人的な甘さ」と、見た目の質量に反する「ブービー・トラップ的な高カロリー」は和菓子文化の日本人には合わんでしょ~(苦笑)。

2ヶ月ほど前、りんくうプレミアム・アウトレットへ買い物に行ったときに見かけたので久しぶりに食べましたが、そのあとはもう胸が焼けて胸が焼けて(笑)ご飯が食べられませんでしたもの(^^;

投稿: Ken Griffith jr | 2005.06.01 01:56

>南郷さん
そういや南郷さんが吉祥寺の1号店に行ったのって、4Uが健在だった時ですね。
あの店はサービスしすぎでダメでしたが・・・。
やー、同じく名古屋や水戸に勢力を伸ばしたスターバックスなんかは
一時期の怒濤っぷりこそ収まったものの、しっかり根を下ろしてますからねえ。
シナボンは店の前でに匂いかぐだけでお腹いっぱいになっちゃうし
上の写真からもシナモン臭がだたよってきそうな存在感ですし。
うなぎ屋戦法は、甘いものでは使えないのか?

ちなみに、水戸はルーズソックス発祥の地なんだそうです。
ルーズソックスがオサレかどうかはまた別の話として。

>Ken Griffith jrさん
どもども!ちょっぴりご無沙汰しちゃってます~。

うんうん、胃腸の弱い日本人にはあの異常なまでの濃厚さはきついですね~。
最初の一口は、ほっんとうに幸せなんだけどなあ。
結局がんばって食べて後で「う~~・・・」ってなって後悔するくせに
数ヶ月経つとまた食べてしまうという(笑)。
人間とはこうして過ち(おい)を繰り返す生き物なのでしょう。
そうそう、大阪にもまだ1店舗あったんですよねっ。
てことは、現在確認できるだけで日本に3店舗しかないのかなあ・・・・。

それにしても、シナボンが上陸してから
一気にシナモンが流行りましたよね。
ファストフード店でもシナモンロールをメニューに置くとこがあったし
コンビニにもシナモンロールが売られてたし
ハーゲンダッツまでがシナモン味のアイスを出してました。
そういう意味では1つの時代を作ったのかなという気もしますね~。

投稿: しのぶ | 2005.06.01 10:18

こんにちは!
このシナボンが日本で流行ったとは知りませんでしたね~。
昔、アメリカ人の友達とシカゴに初めて行った時、彼女が「シカゴに来たらシナボンを食べないと!」って言ってましたよ。ホントかどうか分からないけど、シナボンの発祥地だって言ってました...今じゃ、どこのモールでも手に入りますけど(笑)
この甘ったるい味は、一口で充分ですね。
あえて、買いに行こうとも思わないですよ。ホント甘いから。
でも、シナモン味は大好き!ですよ。

投稿: endunham | 2005.06.02 18:54

>endunhamさん
そうなんですよ~、流行りもの大好き日本人は瞬く間にシナボンにはまって
瞬く間に飽きてしまいました(笑)。
ロングセールになるには、ちょっと(?)濃厚すぎたようですね~。
そっか、シナボンってシカゴが発祥だったんですねっ。
スタバにしても、エディ・バウアーにしてもシアトル発だったから
シナボンもあのあたりが発祥なのかなと思ってました。
あの店一件で商店街がシナモンの香りに侵略されますね(笑)。
私もシナモンは大好きです~。
日本のニッキ味のお菓子には時々むせることもあるけど(笑)。

アメリカ人ならダイエットコーク飲みながら
シナボンの2,3個くらいペロリかな(超偏見)。

投稿: しのぶ | 2005.06.02 23:57

しのぶさん、こんばんは~。

シナボンですね、覚えてますよ~~。前の記事のときは、すごいコメント魔化してたような…(自爆)。

>シナボン一個で700キロカロリー、ピーカンボンはなんと1000キロカロリーという殺人的な栄養満点のスイーツ

へえ~そんなにカロリーあるんですか。すごすぎる…。

シナボン1個で約一食分のカロリーですよねえ。それでもびっくりなのに、ピーカンボンは1000キロカロリーですか!たかが(?)シナボン1個でそんなにカロリー摂っちゃヤバイですよね~。なんか信じられないような数字だよなあ、食べ物として…(唖然)。

そうそう、写真見て思ったんですが、サイドに付いているミニカップは何でしょうか?バターかにゃ?シナボンだけ見ててもお腹いっぱい(笑)なのに、コレ付けて食べろっつーところがまたまたびっくりだなあ。。この辺がやはりアメリカ~ンなのかな…(笑)。

東京で残ってるのがお台場と池袋ですかあ……どちらもなんかビミョーな場所ですよね(爆)。お台場は観光地っぽいとこだからあるのかな、と思いました。うむ、池袋店の方がまだ行きやすいから(爆)無くならないうちに、私も行ってみようかな。偵察を兼ねて(笑)。

シナボン見てちょっと思い出したことがあるので、もしかしたら(と、どこか逃げの姿勢…だめじゃん!)記事書いたらTBしますね♪

投稿: maple | 2005.06.03 03:00

>mapleさん
すっごいでしょシナボンのカロリー!
私もすごいだろうとは思ってたけど、まさかこれほどとは思いませんでした。
一食分のカロリーがあるくせに、栄養が偏り過ぎですね(笑)。

写真のミニカップについて触れるのを忘れちゃってました~。
これは、シナボンにトッピングされているクリームの増量分なんです。
写真のシナボンにも大量にかかってて、
こいつをレンジで暖めるとトローリとろけて
シナボン独特のあの甘~~~い香りが町中に充満すると(笑)。
それを更に増量してもらっちゃった訳ですね、バカですね~。
これって原材料は何なんだろう?
バターとバニラと、あと何か秘伝のタレ?が入ってるような気がするんですが。

トラバ、お待ちしてますよ~。
気が向いたら、お気軽に送ってやってくださいねっ。

投稿: しのぶ | 2005.06.05 04:03

thank you for share!

投稿: egg in vinegar science project results-ugg-online | 2013.10.25 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/4358159

この記事へのトラックバック一覧です: CINNABON:

« カレーライスに添えるもの | トップページ | バンダイの人工知能 »