« 国勢調査だね | トップページ | SPAMさんようこそ(ココログ編)実験結果 »

2005.09.23

RITAと台風14号

アメリカ南部で猛威をふるったカトリーナに続き、今度はリタが上陸しようとしていますね。
日本も台風大国だから、人ごととは思えないんですが、それにしてもカトリーナの被害はかなり異様でしたね・・・。
Google Mapsでも8月31日時点のニューオーリンズの被害の様子を公開していますが、これはハイウェイでしょうか、道路がすっかり水没してしまってるのが分かります。
Photos taken on Wednesday, August 31 at 10 am
(右上のSatelliteを押すと被害に遭う前の画像が表示されます)

今回やってこようとするRITAはそれを凌ぐ巨大なハリケーンらしいのですが、果たしてそんなに巨大なものなのか、アメリカの地形に明るくない私には画像を見ただけではピンとこなかったので、ちょっと調べてみました。

先月、西日本に大きな被害のあった台風14号の衛星写真とGoogle Mapsを重ねてみました。

そして、これが9月20日のハリケーンRITAの衛星写真と同じくGoogle Mapsを重ねたもの、縮尺は同じです。

こうして見ると、見た目にはあまり違いがないんですね・・・。
14号も衛星写真で見たとき「これはでかい・・・」と思ったくらいなので、RITAもかなり大きいんだろうとは思います。
しかし決定的な違いはその勢力です。

14号のデータを熱帯降雨観測衛星(TRMM)で見てみると、赤道付近にあったときは
中心気圧:925 hPa、最大風速:50 m/s (2005/09/02 18:00)
となっていますが、九州に上陸したときには
中心気圧:935 hPa、最大風速:45 m/s (2005/09/05 17:00)
と、多少その勢力は弱まっています。

リタの場合、現時点ですでに中心気圧898 hPa、最大風速は70m/sを超えるそうです。

台風やハリケーンは赤道付近で大きくなり、北上して緯度が高くなるにつれだんだん勢力を弱める傾向にあります。
だから、日本に来るころにはだいぶ小さくなってることが多いのです。
しかし、ニューオーリンズやテキサスあたりは赤道に近いので、カリブ海の暖かく湿った空気を含んでこれからますます大きくなる可能性もあり、力を蓄えたまま、あるいは更に大きくなりながら上陸する危険があるんですね。

「今回は万全の体勢だ」、と鼻息を荒くしている大統領様ですが、自然を相手に万全ということはあり得ないのですから、気をひきしめていただきたいものです・・・。

|

« 国勢調査だね | トップページ | SPAMさんようこそ(ココログ編)実験結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アメリカというと国土が広いのは頭では分かっているけど、南端はほんと、赤道に近いですよね、確か。
一度だけアメリカを旅行したことがありますが、3月下旬でも(というか通年?)フロリダでは泳げたし太陽は真上に来ます。4時間くらい車を走らせても全く景色が変わらないあたり、半島とはいえ日本の本州半分に切ったくらいの大きさがあるんじゃないかな?泳いだ後3時間飛行機乗ってNY行ったら雪でしたよもう…

スーパーなどでは実は風水害よりもその後の略奪による被害の方が多いとか。このあたりは国民性でしょうか。日本ではそうはならないような気がします。

まあよく言えば治安維持や復興のためのマンパワーも日本の比じゃないと思うので、最小限の被害で収束して欲しいところですねぇ。

投稿: フランカー | 2005.09.23 08:30

>フランカーさん
フロリダ南部あたりはアジアで言うと、だいたい台湾くらいの緯度になりますね。
かと思うと、ワシントンD.Cや、シアトルなんかは北海道より北だったりするんですよね。
アラスカなんかオーロラが見えちゃう。

カトリーナの被害の後に略奪が多かったのは
避難できなかった人たちの救援が遅れて
食べ物さえ満足に得られなかったせいかなとも思うんですが
それにしたって救援機に発砲するあたりは、日本ではあまり考えられないですね。

そして、日本では何十万人もの人が避難するってことも
あまり考えられないかも知れません。
日本人は土地に執着することってけっこうありますもんね。
私の親なんかも「ここを離れるくらいなら家ごと死ぬ」とか言いそうです(汗)。

投稿: しのぶ | 2005.09.23 12:07

こんにちは、しのぶさん。
また、ハリケーンが来るの~?と呆れてます。今年は、ホントに最大級のハリケーンが多いので、ついに地球温暖化が本格的になってきたかというカンジです。予想では、このままだと最大級のハリケーンが増え続けるそうです。地球温暖化を軽視し続けてきたブッシュ政権がこの地球規模の問題に拍車を掛けていると思います。
只今、RITAが上陸すると言われているヒューストンの住民がいっせいに街を脱出しようとしてますが、肝心のガソリンがどこでも売れ切れになっていて、ハイウェイで立ち往生している車が多数だそうです。
ハリケーンの被害に、ガソリンの不足、原油の高騰、物価の高騰、不況、貧困...悪い事ばっかりがこれから押し寄せて来てます...もう、先進国アメリカは過去のものですね。

投稿: endunham | 2005.09.23 23:37

>endunhamさん
RITAによる被害は、カトリーナほどではなかったようで
少しだけ安心はしましたが、それでも「カトリーナと比べれば」の話で
家屋や建物の浸水や破壊はまぬがれませんでしたね・・・。

私もこの大規模避難については激しい疑問を抱いています。
住民たちの移動先での生活はもとより
移動のための手段はどうやりくりするんだろう?
そしてその後は・・・・。
移動の連続の後にやってくる様々な弊害をどう工面するのか、
もちろん、まずは生命を守るのが一番なんでしょうけど
その先に待っているのがインフレや雇用不足など、数え切れない不安な生活なんですよね。

日本も自然災害の多い国なので、とても人ごととは思えません。

>>もう、先進国アメリカは過去のものですね。

ああ、アメリカ在住の方から聞くと、とても重く感じてしまいます・・・。
自然災害は、どんなに人間ががんばっても
どうにもならない部分があるのは分かっていますが
今のアメリカ政府には「それでも良くやった」とは
お世辞にも言い難い部分が多々ありますね。
endunhamさんがいつもおっしゃるように
最後にツケを払わされるのは、貧困層や被差別層なのですね。

投稿: しのぶ | 2005.09.25 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/6071448

この記事へのトラックバック一覧です: RITAと台風14号:

» ハリケーン「リタ」、勢力を強める [Vivid Association]
「カトリーナ」による被害からの復旧もままならない米国に、追い撃ちをかけるかのごとく迫っているハリケーン「リタ」ですが、その勢力は「カトリーナ」を上回り、観測史上3番目の強さにまで発達していると、米国立ハリケーンセンターが発表しました。... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 04:01

» SAOLAクンとRITAチャン [きょうもおさんぽ]
台風様、千葉県へ今年4度目のご訪問。しかしSAOLAクン、どうやらかなり南へずれ [続きを読む]

受信: 2005.09.24 16:08

« 国勢調査だね | トップページ | SPAMさんようこそ(ココログ編)実験結果 »