« 最近のバイク乗りは | トップページ | 昔々、あったずもな »

2005.10.22

空飛ぶ車

いよいよ今週末から始まった東京モーターショー、車庫入れが簡単にできたり、ペットと安心して移動できたり、かゆいところに手が届く車がたくさん展示されてるようですね~。
・・・でも、時代は21世紀になったというのに未だに「あれ」がない、と思ってる人は少なくないと思います。

少年マンガ誌には必ずと言っていいほど登場する「空を飛ぶ車」、未だにありませんよね・・・。
アトムは生まれてる時代になったのに、アトムが生まれるきっかけとなった空飛ぶ車はどこにも展示されていません。

・・・と、思ったら、こんなの発見。

SKYCAR
動画もあります

サイトの写真&動画ではクレーンに吊られてるけど、これは安全のためのもので、ケーブルがたるんでることでも分かるように、ちゃんと自分で浮いているようです。
4人乗りで燃料はエタノール、最高速度は375mph、・・・・えっ!時速600km???
・・・本当にそんなに出るのかな???

そしてこれ、売ってます(笑)。
Moller Skycar M400
価格は32万4千ポンド、えっと1ポンド200円として6000万円ちょっとくらい?
ただし、自動車免許と併せて飛行機の操縦免許も必要だそうです。
軽飛行機でいいのかな?持ってないけど。

そしてもうひとつただし(笑)。
「Please note, the Moller Skycar is currently only at the "concept" stage.」
つまり、まだ開発段階だから、今すぐ乗れる訳じゃないよ、ってことですね・・・。

インチキ臭~~~っ、って思ったあなた!
会社名にもなってるモーラー博士(Dr.Moller)ってスーパートラップっていうバイクのマフラーを開発した人なんだそうですよ。
だから何?って言われてもとても困るんですが(爆)。
私はスーパートラップって全然聞いたことないんだけど(汗)、バイク乗りさんにとっては有名なの?

お金があって、飛行機の免許があって、日本の公道でも飛んで良いかどうか分からないけど(多分無理)乗ってみたい、って人は1台どう???

|

« 最近のバイク乗りは | トップページ | 昔々、あったずもな »

いろんな車とレガシィB4」カテゴリの記事

コメント

これ普通免許で乗れたら画期的ですよね!
でも形状からしても飛行機かロケットの仲間に見えますよね。垂直離着陸のできる飛行機みたいなものですから、既にあるバートル機種の自家用版という感じもします。オスプリーというヘリと飛行機のあいのこや、映画トゥルーライズでシュワちゃんが操縦するハリアーの自家用版かな?

スーパートラップですか!あのマフラーに付ける蓋みたいな...。取り付けると排気ガスの抜け方がどうのこうのでパワーが出たりトルクがアップするそうですね。なんだかマフラーの出口を塞いでしまうとエンジン出力が落ちてしまう気がするのですけど...よくシボレーのアストロなんかのマフラーがこれになってたりしますね。日本ではあまり普及しないようですが、アメリカでは人気があるのかもしれませんね、僕は付ける気がしませんが(^_^;

投稿: たろう | 2005.10.22 18:28

TO:しのぶさん

戦闘機のハリアーみたい。
エンジン出力645馬力ってかいてある。
そんなんで飛べるんだ。意外。
スカイラインGTRをチューンすると500馬力くらいはでるから、3000ccのガソリンターボエンジンでも、同じような推進装置(プロペラ?)を付ければ飛べるのかな(爆)?

けど、形的には、浮力があまりなさそうなので、飛べても効率悪そう(^^;
最大速度は、高度2万フィート(ってなんぼ(^^;?)での値みたいですね。

「スーパートラップ」をしらないなんて・・・。
きっと知らないふりしてるのね(笑)

昔、バイクに欲しかったです。>スーパートラップのマフラー
単気筒エンジンにつけると、良い音しますよ(^^)
単なる爆音ではなく、音に特徴があります。

スーパートラップは、穴を塞いでいるのではなく、マフラーエンドに排気用のディスクが複数枚挟んであり、ディスクの隙間から排気します。入れる板の枚数で、抜け易さを調整することで、エンジン特性を変えようってものです。今の電子制御の車にはマッチしないと思います(^^;

投稿: sin | 2005.10.22 20:59

マフラーの排気脈動(排気の圧力とかエンジンへの逆流とかそのへん)をコントロールすることでエンジンの特性変更、出力アップを図る、らしい。
抜けがよくなる→高回転でパワーアップ、しかし低回転でスカスカ、という感じになる、はず。

たまにビッグスクーターで排気音が「バババババッ!!!」という独特というかやかましいやつを見たことあるかもしれませんが、それはたいていスーパートラップだったりします。
ディスクの枚数をある程度増やすと割といい音だったりするんですが。

投稿: | 2005.10.23 06:58

>たろうさん
そうですよね~、これが車の免許で乗れるようになったら
すっごく良いんでしょうけど、やはり空を飛ぶという時点で
地面を走るものとは操縦技術も変わってくるでしょうしねえ・・・。
ただ、もしも将来、飛べる車が一般的になったら
今の飛行機操縦免許よりずっと簡単に
取得できるようになるのかなあとは思いますねえ。

バートルって言うと双発のプロペラを持つヘリのことでしょうか。
オスプリーって聞いたことがなかったんですが
これはまだ開発途上なのかしら。
試験飛行中に何度か事故を起こしたようですが
それだけ開発が難しいってことなんでしょうね・・・。
でも、この技術が確立したら
滑走路がいらないから機体のスペースさえあれば離着陸できるようになって
災害時などには大活躍しそうですね。

このスカイカー、マイケル・ジャクソンがすでに1台予約を入れているそうです(笑)。
どちらかと言うと、この車?飛行機?って買うというより、
投資するという感じになるんでしょうね~。

スーパートラップってバイクだけじゃなく四輪用のもあるんですねえ。

それにしてもたろうさん、
飛行機といいバイクといい、そして映画・・・、
いろんなことにお詳しいんですねえ!!!
すっごい感動しちゃいました~。

>sinさん
どうもスペック表を見ると、こっちが勘違いしてるのかな?と思ってしまうほど
「ホントに???」ってのが多いんですよね(笑)。
いちおうこうやって飛んでる姿もあるんで
飛べないことはないんだろうけど、動画を見ると
やっと浮いているって感じなんで、まだまだ試作段階なんでしょうね。

2万フィートっていうとだいたい高度6000mなんだけど
これでそんなに高いとこを飛べるのかな(笑)。
きっとそういう技術がある、ってことではなく
高度6000mくらいまで行けたらそれくらい速度出るよ、ってことなんでしょう。
・・・なんか、けなしっぱなし(笑)。

>>きっと知らないふりしてるのね(笑)

いやマジで違うって(大汗)、ホントに知らないのよっ。
バイクはねえ、もう全然分からないんですよ~、
2ストと4ストがあるなら3ストもあるのか、なんて真剣に思ってたし(爆)。
ふーむ、排気の部分でエンジン特性を変えちゃうってことなんですねえ。
音がうるさいようだけど車検は大丈夫なのかと。

>★ちゃん
なあるほど、あのうるさい(笑)バイクってこのマフラーのせいなのね~。
ってことは、このスカイカーもうるさいのかな?
見た目だけで充分すごい音が出る雰囲気は持ってるけど(笑)。

私はこれ全然知らなかったんだけど、
ちょっと検索しただけでワーーーッと大量にひっかかりますね。
日本ではそんなでもないのかと思ってたんでお見それしちゃいましたさ。

投稿: しのぶ | 2005.10.23 13:07

バートルはV-107を直接指す事がありますね、陸上自衛隊が保有している輸送ヘリです。バートルはVTOL(Vertical take-off and landing)垂直離着陸の略語でした。あ、確かV-107は単発だったような...航空自衛隊が保有するCH-47(チヌーク)が同じようなプロペラが二つ付いた形で双発だったと思います。
オスプリーは問題が多かったみたいですね。結局大量生産はされなかったような...
昔航空自衛隊をお客さんにした仕事をしていたので、そのときの情報をうろ覚えで覚えているだけなんです(^_^) なので民間機については全くよく分かりません...あと、バイクについてはよく分かりません(-_-)車なら少し分かります(^_^)

投稿: たろう | 2005.10.24 01:11

TO:しのぶさん

>音がうるさいようだけど車検は大丈夫なのかと。
大丈夫ですよ。
公道走行するときには、インナーサイレンサーってのがあるから。
本当は、入れなければ駄目なはず(^^; 入れてても音は大きいけどね。
あとは、ディスクの枚数を増やして抜けを良くすると音も大きくなるようです。ディスクを枚数を減らして抜けを悪くすれば、音も減るはず。

ディーゼル乗用車に乗り始めて1年ちょっと。
バイク用のスーパートラップの中古かジャンクを買って、車につけようかと検討したことがあります(^^;;; 抜けを少し悪くして、より低速重視に使用かなと・・・・。(成功するかどうかは不明)

結局、ヤフオクで探してもスーパートラップの中古があまり安くないので、直径が丁度良いジュースの空缶を使って、排気制限して試しました(爆) 効果があったかは不明(をい) 音は爆音じゃないスーパートラップみたくなりました(笑)

投稿: sin | 2005.10.24 07:57

>たろうさん
私もあれからオスプリーについて検索してみたんですが
アニメとかに出てきそうな近未来っぽい形をしてるんですね。
やっぱりヘリと飛行機?翼で飛ぶものとの
それぞれの長所を合体させたようなものって難しいんでしょうか。

そうそう、自衛隊のこれは救難ヘリコプターなんですが、
V-107を見たら、やはり2対のプロペラを持っていました。
http://www.jda.go.jp/jasdf/refs/v-107/page1.html

>>バートルはVTOL(Vertical take-off and landing)垂直離着陸の略語でした。

なるほど、あ、でもヘリってプロペラ&ローターのものでも
垂直離着陸しますよね。
でも基本的には双発型のを指しているようですね。

そういえば、「ヘリ&飛行機」で思い出したんですが
ヘリの開発者は「固定翼機が飛ぶのが理解できない」と言い
固定翼機の開発者は「ヘリが飛ぶのが理解できない」と言う、なんて話を
聞いたことがあります(笑)。
私としては、どちらかと言うと、ヘリの方が不思議かなあ。

こういう話をお聞きするのって大好きなので(笑)、いろいろ教えてくださいねっ。

>sinさん
中古でもあまり安くないってことは、それだけ人気があるってことなのかなあ。
もちろん、元々そんなに数が出ないってのもあるんだろうけど。

>>直径が丁度良いジュースの空缶を使って、排気制限して試しました(爆)

えええええっ!大丈夫なのそれ!!?(爆)
金属の質が違うだろうから、熱や汚れに耐えられないのでは??
それにエンジンとか大丈夫なんかな?
まあ、空き缶ならいつでも手に入るからどんどん取り替えてけば良いんだもんね。
まさしく、リサイクル品ですね~(笑)。

投稿: しのぶ | 2005.10.25 23:18

TO:しのぶさん

マフラエンドの温度なんて100~300度ってとこだから、金属空缶なら平気ですよ。空缶の塗装はこんがり焼けるけどね(^^;
金属のバンド(ネジでバンドの締め付けをでるやつ)でしっかり固定すれば、平気でした。100円ショップの金属バンドを使いました(爆)
ただし、始め、弱めに締めつけていたら、アクセスをふかしたたら、外れてしまいました(^^; 結構排気圧力強いのね。

高回転を犠牲にしてでも、実用域での燃費が向上しないかなという実験でした。
結果は、音は変わりました(笑) 静かなスーパートラップみたいな音~。
高回転のパワーは、抜けが悪くなったのでダウン。
低~中回転のパワー&トルクはの変化体感できず(^^;
燃費向上もいまいち効果が不明でした(^^;;;;
今は、使ってませんよー。
カリブとラルゴでそれぞれ短期間試しただけ~。

4WDカリブの強制FF化は、燃費に貢献したなぁー(爆)
あと、Dジェトロ(インマニの圧力センサーを使ったエアフローセンサー)の電圧誤魔かしも燃費向上しましたよ。コンピューターの自動補正で、しば~らく乗っていたら、燃費が元に戻ってしまったけどね(爆)

今度、リーンバーン等の燃費向上対策をしていないガソリン車を所有する機会があったら、O2センサーの出力を微調整する回路でもつけようかなと思っています(をい) 専用回路売っているけど高いから、自作かな(^^ゞ けど、プリウスみたいのに乗ることになったら、関係ないけどね。

燃料代が高いよーーーーー(涙)
軽油:100円
レギュラー:120円
ハイオク:130円

70円→100円(軽油)
 と
90円→120円(レギュラー)
だと、経由の値上がりは、もともとが安かったから割合が大きい・・・。
軽油どか食いするのに。

投稿: sin | 2005.10.26 01:04

>sinさん
>>マフラエンドの温度なんて100~300度ってとこだから、
あ、そんなもんなのね、そだよねえ、マフラーはもう外に出てるから
空気でだいぶ冷やされてるだろうしねっ。
で、結局は音が変わっただけで何だか良く分からなかった、ってことですね(笑)。
ちょっと前の車なら、いろいろ工夫できただろうけど
最近は電子制御バリバリだから、ちょっと変なことしたら
意外なところがおかしくなりそうですよね。

学生時代に、校庭でシトロエン(2CV)を分解してた友達がいたけど
今の車じゃ、もうあんなことはできないんだろうなあ。

>>燃料代が高いよーーーーー(涙)

一向に上げ止まらないよね・・・(涙)。
そういえば、レギュラーで100円しない時代もございました・・・。
軽油100円なら全国的には比較的マシな方なのかなと思うけど
だからって何の気休めにもならないよね(大汗)。

プリウスって、私ふと思ったんだけど
確かに燃費だけ考えるとすごいなって思うんですが
普通バッテリーって3年くらいで交換するじゃないですか。
プリウスが積んでるバッテリーがどういうものなのか良く分からないんだけど
ガソリン車より大きくて複雑っぽいバッテリー持ってんだよね、きっと彼は。
このバッテリーの交換とかメンテナンスの費用なんかを考えると、
トータルでどうなの?って気がしてるんですけど。
本当にガソリン車よりお得になるのか?みたいな。
環境に優しいのも良いけど、ユーザーのお財布にどれだけ優しいかってのが
いまいち良く分からないんですよね。

投稿: しのぶ | 2005.10.27 16:30

TO:しのぶさん

プリウス君の走行用のバッテリーは、ニッケル水素です。
普通に売っている充電できる乾電池とほぼ同じもの。
1つのサイズも単1サイズだって。それが200~300個だったはず。
(↑初代ね。現行の数は減ったらしい)

売り出されて、やっと5年くらいだから、寿命はまだ微妙みたいですね。
初代プリウスのバッテリーは、高かったけど、現行プリウスは、工賃込みで15万円くらいで交換できるみたい。5年10万kmの保証もついてるし。

まじに20~25km/L走るから、美味しいと思います。
あまり距離を乗らないのだと、メリット少ないけどね。
年間に1万kmくらい走行が元が取れるどうかの境界みたい。

投稿: sin | 2005.10.28 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/6513175

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ車:

« 最近のバイク乗りは | トップページ | 昔々、あったずもな »