« ハッピーホリデーgoogle | トップページ | がんばれ大掃除 »

2005.12.24

サンタ・クロースの追跡開始

日本はまもなくクリスマス。
以前紹介したNORAD(ノーラッド)によるサンタ追跡では、先程(午後11時頃)すでにサンタが日本に到着していることを発表しました。
自宅がある北極点を出発したサンタは、ニュージーランド、オーストラリアを経由して、日本までやってきたのですね。

日本の次は中国、そしてネパールに行くんだと思います。
なんでそこまで知ってるかって?
それはまあ、私がNORADの関係者だからに決まってるじゃないですか(爆)。

「最新サンタ発見情報」で、サンタがどこを通過して、現在どのあたりにいるかを確認することができます。


さて、アメリカのTIME誌では、2005年のフォト・オブ・ジ・イヤーの投票が行われていました。
TIME: The Best Photos of the Year 2005
(少し直接的な写真もあります)
これはもちろんアメリカでの話題が主なので、ハリケーン・カトリーナによる被害や、イラクの止まらないテロなどがクローズアップされています。
世界でも、スマトラ沖大地震やフランスでの暴動、ローマ法王の死去など、大きな事件がたくさんありました。
もちろん日本でも忘れられない事故や災害がたくさんありましたね・・・。

それから同じくTIME誌で毎年行っている「パーソンズ・オブ・イヤー」、今年はU2のボノと、なぜか(と言っては失礼?)ビル・ゲイツ夫妻が選ばれたそうです。
TIME.com: Persons of the Year
たしか、いつの年だったか田代まさしがとんでもなく上位に食い込んだことがありました(笑)。

なんだかんだで今年もまもなく終わろうとしています。
いろんなことがあった1年ですが、最後は穏やかに過ごしたいものですね。
みなさんにとって、今年はどんな年でしたか?
そして、来年もステキな年でありますように・・・。

|

« ハッピーホリデーgoogle | トップページ | がんばれ大掃除 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>>私がNORADの関係者だからに決まってる
こういうノリ大好き(爆)さっすが三佐。クリスマスイブも絶好調ですねぃ。

今年はまあいい年だったのかなあ。去年みたく転勤受け入れるか蹴って会社辞めちまうか、みたいな一大転機もなく平穏だったかな、と。

来年は今年よりちょびっとでいい、さらにいい年であってくれればそれでいいやって思ってます(笑)

とここまで書いてフォト・オブ・ジ・イヤー見たらうーん、なんてノーテンキな事書いてんだ、とちょっと思ったりもして。。
三佐も同感かと思うけど少なくとも「ベスト」って言い方はいかがなものかと思ったなあ。
災害なり戦争にしても、ジャーナリストなりフォトグラファーとしてそのありのままを伝える必要は確かにあるのだろうけど、そういう現場であっても力強く生きようとする姿を撮ろうとするのが、人間なんじゃないかなって…
プロならそういう写真を持ってきて欲しいね。

改めて、来年は今年より少しでもいいから良い年になることを祈って、メリークリスマス!

投稿: 曹長 | 2005.12.25 00:32

しのぶさま
再びお邪魔します。
遅ればせですが、リンク張らせていただきました。
随分前に張っていただいていたのに、遅くなって申し訳ございません。
紹介文ですが、内容の修正削除追加、各種承りますので
何なりとご指示くださいませ。

>私がNORADの関係者だからに決まってる
すいません、私も曹長と同じで、ここで爆笑してしまいました。
サンタの記事まではほんわかしてたのに、
写真の件は、うーーん。
コメントしづらいですね。
毎年悲しい事件や痛ましい事故に事欠かない
感がありますが、良いこともあるはず。
来年も良いこと「も」ありますように、祈りつつ。

投稿: 加賀錦 | 2005.12.26 00:53

>TIME: The Best Photos of the Year 2005

泣きそうになりました。

この世で一番醜悪なものは「他人と比較して感じる幸せ」と「あらゆる差別」だと思ってます。

そんな事を言ってみても、偽善…ですよね。。

投稿: 冬威 | 2005.12.26 03:34

>曹長
すっかりクリスマス気分も抜けて
日本人は正月にむけてまっしぐらですね~。
NORADのサンタ追跡、去年までは毎年違うムービーを作ってた気がするんですが
今年のは去年と同じヤツでした(爆)。
・・・まあね、こういうのはノリですから・・・。

この「LIFE誌」ではどうやら毎年
いろんなベスト・オブ・ジ・イヤーをやっているようで
人物もあれば芸術・自然など、様々なジャンルに渡って
その年を振り返る、というのを恒例にしてるみたいですね。
「ベスト」というのは決して日本語直訳の「良い」ではなく
「最も」という意味で使われてるんじゃないかな。
つまり、「今年最も重要な出来事」と言った意味になるんでしょうね。
日本語では「ワースト」という言葉が「最悪」って意味合いに使われてるけど
これだと「取るに足らない」とか「くだらない」って感じになっちゃうので
やはり今年最も印象に残った、という点では「ベスト」という言葉になるのかなあと。

>加賀錦さん
リンク貼っていただいてありがとうございます~。
私の方こそ勝手にやっちゃってすいません(笑)。

楽しいサイトの後にとてもシビアなものを紹介してしまって
不謹慎だったかも知れませんね・・・。
クリスマスの時くらいは、楽しいことだけじゃなく
世界に起こってるいろんなことを考えてもいいんじゃないかと思って
並べてしまったのですが、
やっぱり別々にきちっと分けて考えた方が良かったのかなと
少し反省しています・・・。

>>来年も良いこと「も」ありますように、祈りつつ。

ほんとうですね、毎年いろんな悲しい事故があるけど
それでも生きていくのが人であり、
また生命力でもあるのかなあと思います。
来年は冬のオリンピックもあるし
明るいニュースもたくさん聞きたいですねっ。

>冬威さん
どうか偽善だなんておっしゃらないでくださいね。
確かに、普通に生活していたらまず出会うことはないだろう
悲しい事件が世界中にあふれていて、そのたびに
私たちには何もできないと痛いほど思い知らされることがたくさんあります。
でも、私はそれで良いと思うんです。
・・・「良い」という言い方は語弊があるかな。
直接の当事者にならなかった私たちができることは
努めて日常生活を営み続けることじゃないかなって思うんです。
確かに世界には今でも飢餓に苦しんでる人や
戦争・テロの被害に遭う人が後を経たないけど
それを悲観して立ち止まってはいけない、
「他人と比較して」幸せだと感じているなら
その幸せを思いっきり活用して生きていくことも
幸せを与えられた者の義務ではないかと。
うーん、うまく言えないですけど
つまりは「人それぞれがんばって生きていこう」ってことかな・・・。

投稿: しのぶ | 2005.12.28 02:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/7813592

この記事へのトラックバック一覧です: サンタ・クロースの追跡開始:

» ボノ@タイム誌&オアシスVSレンジャスサポーター [iN-phase,Horyの部屋]
トヨタカップも終わり、なんか寂しい気分だな〜。。なんか、面白い事無いかな〜なんてBARKS見てたら、興味深いニュースが二本。まずは、U2のボーカル、ボノが、ゲイツらと米雑誌『TIME』の“年の人”に選ばれた事。詳...... [続きを読む]

受信: 2006.01.03 11:46

« ハッピーホリデーgoogle | トップページ | がんばれ大掃除 »