« ネットでゲーム9 | トップページ | 高速道路通行止め乗継証明書 »

2006.01.10

もらって困った

親戚の家に遊びに行くと、いろんなものをいただいたりしませんか?
農家をやってる親戚から野菜をいただいたり、自家製の漬け物をいただいたり、どれもとてもおいしいのでいつもとても助かるんですよね~。
中にはちゃぶ台に置いてあるお菓子とかミカンなんかももらっちゃったりして、「これはいつからここにあったのかね?」というのもあるけど(笑)、そういうのも気持ちですから、やっぱり嬉しいものです。

でもねえ、中にはもらったはいいけど「どうしたもんか」ってのもありませんか?
農家をやってる親戚から玄米30kgをいただいたことがあって、これは正直嬉しいやら困ったやら、でした。
車で30分のとこのコイン精米所に持ってって、少しづつ精米して食べています(笑)。
あとは旬な季節にいただく「リンゴひと箱」とかもちょっと考えちゃいますね~。
うちは2人住まいなので、食べきれないんです。
近所に配ろうとしても、どのお宅でも「うちもリンゴたくさんあるのよ~」って、逆に押しつけられたりして(笑)。

で、最近いただいて、一番困ってるのがこれ。
シクラメンです・・・・。

・・・・こういう生き物はちょと困るというか、もちろん嬉しいんですけど、枯らしちゃマズイと思うと、ものすごく責任を感じちゃう訳です。
だいいち、シクラメンて育て方難しいとか言いませんでしたっけ?
花自体はとっても豪華で可憐だし、部屋の彩りにもなってくれるので、今は楽しませていただいてますが。

とりあえず、今は我が家でも一番陽のあたる良い場所に置いてるんですが、どうやって世話をすればいいのか全く見当がつきません・・・。
シクラメンの育て方をご存じの方は、教えていただけると嬉しいです・・・。

ちょこっと検索したところでは、買った当初のような立派な花を咲かせることは諦めた方が良いらしいんですよね・・・。
たしかに、この植物ってみるからに野生らしくない不自然な形してるし、素人が普通に育ててたら絶対こんな風にはならないだろうな、と予想はつきます。
クリスマスに増殖するポインセチアなんかも、次の年には絶対にあんな綺麗な赤にはならないですよね。
数ヶ月後「あのシクラメンどうした?」って聞かれても絶句しないようがんばります・・・・。

|

« ネットでゲーム9 | トップページ | 高速道路通行止め乗継証明書 »

植物・鼻毛」カテゴリの記事

コメント

綺麗なビクトリアですね。
シクラメンは、夏越しをさせて翌年も咲かせようと思うとなかなか難しいですね。
でも、初夏までの花と割り切ってしまえば、なんとかなります。
まず気を付けなければならないのが水やりで、球根の頂部には絶対に掛けてはいけません。うっかり掛けてしまうと枯れる原因になります。また、同じく葉にも掛けてはいけません。
次に、日当たりを好みますから、この場所は理想的ですね。ただし、暑さには弱いので、温室の様に暑くなってしまう場所は厳禁です。
日当たりに関して言えば、時々葉の間を広げて、球根の頂部に日を当ててやって下さい。そうすると、花芽が出てきやすくなります。
そして、枯れた葉や、花の終わった柄は、こまめに取り除く事です。必ず根元をねじる様にして、全部を取って下さい。中途半端に残してしまうと、溶けた様になってしまって、球根に悪影響を及ぼす事があります。
最後に、ずっと咲かせるには肥料は欠かせません。水やりの都度に、ごく薄い液肥で良いので与えてやって下さい。ブロック状の緩効性肥料をおいてやるのも良いでしょう。
このシクラメンは、暫くすると弱ってくると思います。それは環境が変わった為で、暫くして慣れてくると、再び元気になってくると思います。恐らくは2月頃には花が無くなりますが、そこで諦めずに育てていれば3月の終わり頃にはきっと復活する事でしょう。
その後夏越し出来るかどうかは、私の腕では運次第です。

投稿: なおくん | 2006.01.11 00:34

>なおくんさん
ていねいなコメントをありがとうございます~。
うわあ、とっても助かります~(涙)。
葉にも水をかけちゃダメなんですねえ。
水と、たまに液肥あげるだけで済むような植物しか持っていないので
こんな上級者用の植物は本当に緊張してしまいます・・・。

肥料って普通、冬はあまりあげるものじゃないけど
シクラメンは冬に勢いがある植物だから
やっぱり冬でも肥料は必要なんですね。
この体に似合わない大量の大きな花をつけるところ見ていると
相当な体力を使ってるんだろうなと容易に想像はできますが。
今はまだみんな元気だけど、これが弱ってきたら
そうとううろたえると思います私・・・・。

なおくんさんのアドバイスをしっかり聞いて
ちょっとがんばってみようと思います。
葉をめくってみると、下の方にまだまだ大量のツボミが隠れているので
私の育て方次第でもっと花が続きそうな感じがします。
こりゃあ、責任重大だあ・・・・。

>>その後夏越し出来るかどうかは、私の腕では運次第です。

うっわ~~~(涙)。
やっぱそういうものなんですね~~~。
今のうちはまだいいけど、夏は本当に怖いです、
今年ほど「夏が暑くないと良いな」と切実に思う年はないと思います(笑)。

また分からないことや、心配事があったら
相談させていただいてもよいでしょうか・・・。
植物とか生き物が弱るのを見るのは本当に苦手です(汗)。

投稿: しのぶ | 2006.01.12 00:07

もらって困る物ですか...「ホワイトエレファント」ですね。敵国を争い事をせずに潰す方法です。
嫌いな人に大量のシクラメンを送って、たまにそのシクラメンを見に行くというは面白いですね。置く場所も大変ですし、枯らせては行けないので長期間家を空けることもできません。
でも、おおざっぱな人には通用しません。「あぁ、もう全部枯れちゃった。」で終わりそうですね。(^o^)

投稿: たろう | 2006.01.12 02:10

お久しぶりです。
遅れ馳せながら、明けましておめでとう御座います。
素敵なシクラメンですね。今は随分豪華なのがあるんですね。
この花暫く楽しめますね。また咲くといいですね。
今年も宜しくお願いいたします。

投稿: カズ姫 | 2006.01.12 13:41

>たろうさん
??ホワイトエレファントって何でしょうか???
と思って検索してみたら・・・うっは~~~!
こういうプレゼントってアリなんですかっ(爆)。
確かにこれはヒドイというか(笑)、いえ、とても嬉しいプレゼントですねっ。
しっかし相変わらず、たろうさんて引き出しいっぱい持ってらっしゃるんですねえ!
本当にいつも感心してしまいます~。

シクラメンて一時期流行ったような気がするんですけど
さすがに世話が難しいのか、最近はあまり大量には見かけなくなりましたね。
ううう、私も「あぁ、もう全部枯れちゃった。」で済まそうかなあ。
・・・という訳にもいかないので(笑)とりあえず努力はしてみます。
それでダメなら仕方ないってことで・・・。

>カズ姫さん
こちらこそ、すっかりご無沙汰しちゃってます~。
私もこんなヒラヒラな花びらのシクラメンは初めて見ちゃいました。
真ん中とフチの部分が赤くてとってもかわいらしい花ですよねっ。
でも、頑健な植物しか育てたことのない私のとこに来ちゃったのは
とても気の毒な気がしちゃいます・・・。
来年も咲くかどうか、あんまり自信がないんですけど
今からそんなこと言ってちゃダメですね~。
できるだけ長持ちさせられるようがんばりますねっ。

投稿: しのぶ | 2006.01.13 01:25

シクラメンやポインセチア、冬にも鮮やかに咲いているのをみるとつい買ってしまいます。その他の植木もそうですが、花が終わって葉っぱも萎れてきた頃に(大抵萎れてしまう)、おばあさんが積み重ねている堆肥(置き場)へ一緒にされます。切花と同じような扱いです。
しのぶさんのこの記事を見て、私は自分で思っていたより無慈悲な人間だったのだと気が付きました。でもきっと毎年同じことを繰り返すに違いありません。

投稿: ちゃぼ | 2006.01.13 02:26

ホワイトエレファント、僕も検索してみました。なるほど、家来にプレゼントしたのですね。てっきり近隣の敵国に送ったのだと思っていました。親善ということで渡せば殺すこともできず、なんとしても生かしておかなくては行けなくなり、結局えさ代がかかり国の経済が傾く...という話だと思ってました。
象一頭のえさ代で国の経済が揺らぐわけないですね(^o^;
そういえば、大学の友だちの結婚式2次会で参加者からのプレゼントとして鶏のつがいをあげたことがあります。しかも司会者が「必ず遊びに行ったときにはこの2匹が生きているかみんなで確認してください。」と。都内の一軒家を社宅として貸してもらっていた友だちですが、毎朝鶏が鳴いて大変だと怒ってました。

投稿: たろう | 2006.01.13 02:55

>ちゃぼさん
私の植物や小動物にかける愛情と同じくらいの愛情を
もっと人間にも注いでほしい、と某家のダンナが言っています(笑)。

変な話、植木なんかは枯れてくれないと次が売れない訳で、
売られている大部分の植木は、半年ももたないんだと思います。
自分で丹誠込めて花を咲かそうという人は
花が満開で盛りを過ぎた植木は買わないでしょ。
だけど、現実には花や実をいっぱいつけてる
見頃の植木がたくさん売られているので
やっぱり旬だけを楽しんで、あとは終了、というのが大部分だと思います。
だから、一番美しい時に買ってもらって見てもらえるだけでも
植木としてはありがたいのかも知れませんね。

>たろうさん
このホワイトエレファントの話を聞いて
私はパンダのカンカンとランランを思い出しました。
中国との国交再開の記念にもらったはいいけど
こんな珍獣を育てる技術もノウハウもなくて
かと言って死なせたりしたら、それこそ国交問題に発展しかねないから
上野動物園のパンダ飼育係は大変な苦労をしたそうですね。
象1頭のえさ代で国の経済がゆらぐことはなくても
その1頭のために国際問題が発展する可能性があるとしたら
なにより恐ろしい武器になり得そうです(笑)。

うっわ~、プレゼントに鶏ですかっ!
メスだけだったら毎日卵を楽しめそうですが
それでもやっぱり大迷惑にはなりそうですね(笑)。
そういえば私も縁日で買ったヒヨコを立派な大人にしたんだけど
ある日、学校から帰ったらヒヨちゃんがいなくなっていました。
両親もさすがに「締める」ことはできなかったらしく
農家をやっている親戚に里子に出したようです。
そのあとは、どうなったのか、全く覚えていません(笑)。

投稿: しのぶ | 2006.01.14 07:09

パンダですか...
僕の住んでいる横浜には昔からコアラが居る自然公園があります。当初は無料で入園できました。日本でコアラを飼育するのはとても難しいそうで、何年かすると風邪の症状が見られ、そのまま死んでしまうそうです。この自然公園でも何頭かのコアラが風邪の症状をひきおこし、そのまま死んでしまいました。
コアラを愛する飼育係の男性が居ました。コアラが死ぬたびにオーストラリアからコアラが連れて来られるのをとてもかわいそうだと常々思っていたようです。そして園内のコアラが皆死んでしまった時、次のコアラが来ることが決まったそうです。飼育するノウハウが無いままコアラを殺してしまうことを自分にも責任があると感じた飼育係の男性はこの自然公園に抗議の意味を込めてコアラのオリの中で首を吊ってしまいました。翌朝の新聞にも記事として載りました。そして数週間後、予定通りコアラが到着しました。しばらくしてこの自然公園は有料化されました。
僕は無料の頃にも行ったことありませんでしたが、このコアラの事件があるので絶対にこの自然公園には行きません。この事実を知らない大勢の人たちがこの自然公園に足を運んでいるようです。悲しいことです。

投稿: たろう | 2006.01.16 01:40

>たろうさん
うーん、この話、とてもショックを受けました・・・。
でも、コアラってそんなに簡単にスペアをもらえるものなんでしょうか?
・・・ああ、でもパンダでさえ、カンカン&ランランは
譲渡という形で日本国籍(?)にしてもらったけど、
今では国家間でも譲渡は禁止されてますもんね。
ちょっと前ならコアラも簡単に輸入できたのかも知れませんね・・・。

ほんとうに数年ほど前まではどこの動物園でも
動物は「単なる見せ物」として扱われていたような気がします。
私も関西の方の公園にある猿山のサルたちが
全員皮膚病か何かで毛が抜けたり肌が赤く腫れてるのを見て
いたたまれず逃げるようにそこを去ったことがあります・・・。
今頃、彼らはどうしているのか、
ああ、いやなことを思い出してしまいました・・・。

投稿: しのぶ | 2006.01.16 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/8101597

この記事へのトラックバック一覧です: もらって困った:

« ネットでゲーム9 | トップページ | 高速道路通行止め乗継証明書 »