« インプレッサ S204 | トップページ | ローソン&海洋堂のフィギュア »

2006.02.03

大人になったと思う瞬間

「オトナ」の条件って何なんでしょう?
「私もオトナになったなあ」って思う瞬間て、どんな時でしょう?

日本では法的には20歳になったら成人、とされていますが、私が20歳だった時はまだ学生で、連日コンパだの課題だのに追われて自分のことで精一杯、大人としての実感も自覚もありませんでした。
ただ、ブラックコーヒーが飲めるようになったり、お酒を飲んで吐いたときはちょっぴりオトナかも、って思った気がします(本当の大人は吐くまで飲まない気もするけど 笑)。

もちろん、10代でも仕事をもって子供まで育ててる人もいるし、30過ぎても2ちゃんあたりで「あったかいなり」とか言ってる人もいるし、本当の意味では「何歳になったらオトナ」とは一概に言えないんでしょうね。

私の場合、結婚してしばらく経ってからですね、親の方が私を頼るようになったり、相談をもちかけられるようになって、ようやく大人として同じ目線で対峙できるようになったのかなーと思ったものです。

あと、妙な処世術を覚えたときにも、「私ってオトナだー」と思うことがあります。
思ってもいないのに「いいですね~」とか言ってみたり、エロオヤジのセクハラ発言にもブチ切れすることなくサラリとかわせるようになっている自分に、ふと「薄汚れた」と自覚しつつ、「いや、これがオトナというものかも知れない」なんて変な感慨を覚えたりするのです。

数年ぶりに会ったクラスメイトの頭頂部が薄くなってるのを発見したときも、「オトナになったのね」と思い、そんな彼らと「あの時あいつがこんなことしてさあ、バカだったよなー」みたいな話が始まったときにも「オトナだ」・・・。
幸い私はまだ大丈夫だけど、筋肉痛が2,3日後にやってきたら、これもオトナになった証拠なんでしょうか。
・・・ここまでくると、なんかオトナというより、年寄り、ですか(笑)。

|

« インプレッサ S204 | トップページ | ローソン&海洋堂のフィギュア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『アタシもホンネと建前の使い分けが上手くなったもんだなぁ。。。』
・・・なんて時には、自分もオトナになったもんだーって思いますねぇ。
それと、イケナイ策略をめぐらせてる(何の?)時なんかは、「ふっふっふ。これは子どもにゃ真似できんだろ」なんて思ったりして(笑)

んー。オトナになった「瞬間」として感じた事はないけど、徐々にジワジワきた気がしてます。
ぁ、それと、筋肉痛も忘れた頃にジワジワきてますねぇ(涙)

投稿: 檬花 | 2006.02.03 13:11

やはり食玩の箱買いをした時でしょうか(^^:(^^:
未だに大人になってないような木がします(;>_<;)

投稿: みるきい | 2006.02.03 22:03

おお~これはまた面白いお題ですね。

ちょっと前にメディアなどで、最近の人の精神年齢は実質年齢の7かけ、とか言ってたかと思うんですが、あれは今でも確かにそうかも、と思います。20歳なら14歳(中学生)、まだ思春期みたいな感じで、30歳位で、やっと昔の成人年齢20才になるわけで。。なるほどなと思います。今の(日本の)世代には、確かにそれが言えるんじゃないか、、と思います(あ、個人差は激しいのかもしれませんね、今のご時勢)。

私も20歳の頃なんて、甘ちゃんも甘ちゃんでしたよ~~。お酒を飲み始めた頃はそれなりに今までよりオトナになった(?)と思いましたが、学生のうちはまーだまだ、お子ちゃまでした。
かと言って、会社に入って仕事をしていた頃も、今から思えばまだまだ幼かったなあ、と思いますね。20代前半は、ほんと若かったなあ(笑)。ピチピチですわ(大嘘w)。まあ、でもそれなりに鍛えられて(爆)「社会ってこうゆうものなんだ」と基礎を作った時期かな、と今になって思いますね。20代後半は、これまたいろいろ(でもないですけれど)でしたね~。あの頃も、今から思えば、まだまだ甘ちゃんでしたなあ。

……自分がオトナになったと感じ始めたのは、ほんとここ数年です(笑)。早い話、30過ぎてからです。なんだろう、やっぱり結婚してから私も少しは成長したかな、と(今のトシでこんなこと言ってる時点でダメ子ですな 涙)。

うはー、なんだか自分語り(?)になってしまいました、お恥ずかしい~~。でも、まだまだですね(ってそれがダメなんだってば>自分)。

>本当の大人は吐くまで飲まない気もするけど 笑

あー、、、これはもう、苦い記憶がありまして。。。しかも、「若い子」ならともかく、充分いい年こいてから(酒の失敗を)やったもんだから、最悪でしたヨ。。。一時酒禁止令が出たり(爆)。オットによると、酒の失敗はハタチまでだと、未だに言われます(汗)。
それこそ若い頃(笑)周りから「お酒強いね」と言われまくった時代があったのですが、今は往年の(笑)見る影もなく、お酒弱くなっちゃいました。体質が変わったのかな。。

>数年ぶりに会ったクラスメイトの頭頂部が薄くなってるのを発見したときも

爆!いや~ん(笑)しのぶさん~。ワタクシのフェイバリット某ブログにて(つーか、しのぶさん、南郷さんが、超常連さんですよね 笑)ハゲ・ヅラの話が出るたびに、TVなんか見てても「この人はヅラなんだろうか」と非常に気になるようになりました。オットとも、その話でよく盛り上がります。デリケートな部分だけに?!(w

うわ~長文すみません!失礼しました。。いやー、空気の読めないお子ちゃまそのままですね、私(大汗)。

投稿: coply | 2006.02.04 00:31

三佐と檬花一尉とcoplyさんにいつも手のひらの上でいいようにコロコロ転がされているボクはまだ子供ですよええ(汗)。いじめちゃだめよん(泣)

最近大人になったというか、逆に幼児化というか退化してる気がします。少なくともお三方は俺から見たらすげぇ大人。

投稿: 三尉 | 2006.02.04 02:02

あはは、しのぶさんのこのエントリ笑いました!!でも、かなり興味深い!!
確かに大人の条件って、精神的なのか肉体的なのか、どちらに標準を合わせても納得行きませんね~。
しかも、それって誰が決めるわけ?みたいな疑問もあるし。
他人に迷惑かけない時になって、「大人」と言えるのでしょうか...
「大人になる」という条件を決める枠によるのかもしれませんね。その枠は、時と場合または場所と文化や国によっても違う訳だし...う~ん、何だか言ってる事が段々的外れになりつつありますか!?
私も自分の親に、「こうすべきだよ」と助言するように最近なったので、「う~ん私も、もう大人!?」なんてたまに考えちゃったりしますよ。
こういうの考えるから、もう大人になった証拠なのでしょうかね。

投稿: endunham | 2006.02.04 06:55

しのぶさん、Aloha・・!。

うぅ~ん、「私もオトナになったなあ」って思うときね・・・。

自分は「オトナ買い」をするときかな
(おとなの人を買うわけでは有りません・・・念のために)

どっちの靴のデザインも捨てがたい・・・よな
って時は両方買うことが出来るし。

CDをまとめて10枚とか買うときは
「学生の時は出来なかったよな~」って
イツモ思います。

吹けもしないのに"サキソフォン”を買ったときは
”オトナジャン”って自分を納得させていました・・・(笑。

お金の力でオトナ・・・ヨゴレテシマッタナ・・・自分・・・(笑。


ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2006.02.04 14:07

>檬花さん
ホンネと建前、いやらしいほど使い分けられるようになりましたよね(笑)。
自分でも「我ながら良くいうよ」とは思うんですが
その方が万事円満に通ることもあるわけで・・・(笑)。

そういえば、私が前いた会社にいっつも5分遅刻してくるバイト学生がいたんです。
そんな彼を見て、課長が
「あいつバカだよなあ、俺だったら25分遅れで来るぜ」って言ったんで
(時給は30分刻みで計算していたのです)
「彼はまだ課長みたいに汚れてないんですよw」って返したら
ものすごくへこんでました(笑)。

>みるきいさん
大人買い!まさに大人の特権ですよねっ(笑)。
私は今年の初詣で綿菓子2袋買いをしたときが「大人の絶頂」でした(笑)。
すれ違う子供たちがことごとく羨望のまなざしを向けるの。
ザマミロ!とか思いましたよ(爆)。
・・・こんなこと思った時点で私も大人じゃないですね・・・。

>coplyさん
うんうん、本当に大人になったと実感したのって
社会に出てからとか、家庭を持ってから、ですよね~。

精神年齢ってのもその根拠が良く分からないんですが
いつの時代の人が年齢相応だったんでしょうねえ。
その時代の平均寿命も関係してるのかも知れませんね。
子供の死亡率が多かったった時代には
早いうちに結婚してネズミのように大量に子孫を残しとかないと
血縁絶えちゃう心配があったからね~。
または若いうちからしっかりしてないと生きていけない時代だったとか。
後者の説が有力だとしたら私は精神年齢が低くても、
平和な国の方がナンボか良い、とか思ってしまいますね~。

ぷぷっ、酒の上での失敗は本当にいくつになってもありますよね~。
私のお父さんも、かなり最近まで吐いてましたよ(爆)。
私も今でこそ、お酒はほとんど飲まなくなったけど
学生時代はそれなりに・・・だったんです。
で、そんときに散々つらい目に遭って
「こりゃ私には素質はないな」と(笑)。

頭髪関係は男性は顕著ですよね(笑)。
私自身はハゲは嫌いじゃないというか、そんなに気にならないんですが
人によってものすごく気にする人もいるだろうから
あんまり口には出さないようにはしていますが。
ハゲオヤジ、かわいいじゃないですか。
カツラなんかで隠さないでチャームポイントにした方がよっぽどステキだと思う(笑)。

>三尉
ふふふ、ブログ界の三大美女にいいように扱われるなんて
三尉は、し・あ・わ・せっ。

私はねえ、自分ではずっと年下キャラだと思ってたし
年下の人よりも年上の人と話す方が楽しかったりしてたんですが
ある日、幼なじみの友達から
「あんたは子供の頃から年上キャラだった」と言われて
致命傷を負いましたよ・・・。
私だって本当はかよわい女の子なのよ(きもっ)。

>endunhamさん
いえいえ、endunhamさんのおっしゃることは良く分かります。
coplyさんへのコメントでも書いたんですが
大人の定義というのは、その時代や政治情勢、あるいは文化によっても
ずいぶん変わってくるんでしょうね。
ある意味、大人になりきれない大人が多いのは平和の象徴でもあるのかなあと。
常に命の危険にさらされていたり、緊張してないと生きていけないような土地では
必然「大人」にならざるを得ないのかも知れませんし。

>>私も自分の親に、「こうすべきだよ」と助言するように最近なったので、「う~ん私も、もう大人!?」なんてたまに考えちゃったりしますよ。

うんうん、本当にそうですよね~。
若い頃は、親に対して生意気なセリフをはくことはあっても
親自身は「はいはい」って感じで受け流していたところがあったと思います。
でも、最近は親の方もきちんと耳を傾けるようになったりして
そんなときに「あれ?」って感じで、嬉しい半分、
親も歳をとったのかなあと少し切なくもなりますね・・・。

>jazzさん
うんうん!やっぱし大人買いですよねっ。
私も学生時代にはたった1枚のCDを買うのに事前にものすごーく吟味して
さらに店に行ってからもまた考えて
ようやく買ったCDはもうヘビーローテーションで聴きまくってましたもん。
だけど、今ではジャケ買いなんて当たり前、
一度もまともに聴いてないCDなんかたくさんありますもん。
「ある程度の幸せは金で買える」とか
「金で解決できるなら」とか平気で言えるようになった自分も
かなり汚れてしまったようです・・・(笑)。

投稿: しのぶ | 2006.02.05 03:55

>ハゲオヤジ、かわいいじゃないですか。
>カツラなんかで隠さないでチャームポイントにした方がよっぽどステキだと思う(笑)。

そうです!私もそう思うのですよ、ホントに。
竹中直人とか、TVタックルの三宅さんとか、ちゃんとチャームポイントになってますよね。
男はハゲてなんぼ!くらいでみなさん行きましょうよ~。
最近、カツラ関係のCMが増えた(目立つ?)ように思うし、
そのCMの作り事体が可笑しくて、気になってしまうというのはありますが、
カツラのことで本気になって人をいぢめようなんて気はさらさらない(つもり)です。。。

>親も歳をとったのかなあと少し切なくもなりますね・・・。

私も先日、実家の父が風邪を引いて高熱が出て苦しそう、、と聞いて
生まれて初めて(爆)父の体が心配になりました(単なる風邪だったのに)。
ああ、父のちょっとした体調の異変が心配になるような年に
(父も私もお互い)なったのか、年を取ったんだなあ、と思いました。
親を心配するようになる、というのは大きな転機(の年を迎えたの)かもしれませんね。。。

>「ある程度の幸せは金で買える」とか
>「金で解決できるなら」とか平気で言えるようになった自分も

……(笑)。いえ、その通り、ですよね、、人生甘くないですもんね。。(ため息)

投稿: coply | 2006.02.05 16:22

>coplyさん
うんうん、竹中直人とか大地康夫もいいですよねっ。
あとジャック・ニコルソン、ブルース・ウィリスや
ショーン・コネリーなんかもとっても魅力的だし。
まあ確かに若くして薄くなってしまうのは気の毒だけど
ある程度の年齢になれば、その人柄の深みにもなるというか
皺の数と同じように人生経験を物語るようになるんじゃないかと
少しオオゲサに考えてみました(笑)。
カツラとか増毛のCMは使用前と使用後で表情やメイクまで変えてるんで
ついだまされてしまうけど、ダメよあんな上げ底なんか。
それよりも人間を磨けと(笑)。

あ、親が病気をするとビビりますよね~。
親ってなんとなく永遠に生きてそうな気がしちゃうけど
病気したりとか、ちょっとした気の弱さを見たときなど
「やっぱり親も人間なんだな」と気づかされることがあって
少し愕然とすることがあります。
父親の方が数年前に大きな手術をやったんだけど
そん時は、父本人よりも母の方が精神的に参っちゃって
これはかなり私としても「うーん」て感じでしたねえ。
お互い、これからあと何年一緒にご飯を食べられるのか
だんだんそのリミットが短くなっていくんだなと思うと
少しは孝行のひとつもやってやらにゃイカンだろうなあと。

>>……(笑)。いえ、その通り、ですよね、、人生甘くないですもんね。。(ため息)

なんかね、以前、「宝くじで1等があたったら」みたいな話を
ダンナとしていて
「今あるほとんどの問題は解決するよな」って結論に至ったことがあります。
たとえば、古くなった実家を建て替えられるとか
甥っ子たちを全員いい大学に入れてあげられるとか
毎日必死に働かなくても良くなるとか・・・。
まあでも、あんまり高額のあぶく銭を掴んでしまうと
今度は人間不信に陥りそうではありますね。

投稿: しのぶ | 2006.02.06 02:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/8480732

この記事へのトラックバック一覧です: 大人になったと思う瞬間:

« インプレッサ S204 | トップページ | ローソン&海洋堂のフィギュア »