« 昨日の雪 | トップページ | track word入れたはいいが »

2006.02.09

SETI@homeは今

数日前のものですが、こんなニュースを見つけました。
大マジメな宇宙人捜索プロジェクトがはじまっている!?
--livedoorニュースより--

要は、兵庫県の西はりま天文台で、レーザー光観測によって宇宙人が発する光をとらえようというプロジェクトが行われているという話題。
記事を書いた人は「マジでそんなことやってんのかよ」みたいなちょっぴり懐疑的な感想をお持ちのようですね。
だけど、ちょっとネット歴の古い(笑)人なら宇宙人探しに協力したことがあるって人も多いんじゃないでしょうか。
かく言う私もやってましたよ、MMXペンティアム200MHzの弱小マシンで解析してましたよ。

映画「コンタクト」のモデルにもなったSETI(Search for Extra-Terrestrial Intelligence『地球外知性の探索』)プロジェクトの一環であるSETI@home、ご存じの方も多いことと思います。
1999年にカリフォルニア大学バークレー校が立ち上げた、分散コンピューティングプロジェクトのことです。
プエルトリコのアレシボ電波望遠鏡によって収集された膨大な電波の中から、自然界ではあり得ない帯域幅の電波を、世界中のPCで探しだそうという訳です。

解析ソフトはスクリーンセーバとして動作し、コンピュータが使用されていない時間に解析を行ないます。
ユーザーはインターネットで定期的にデータの送受信をするだけでいいのでとても簡単。
もしかしたら私が解析したデータの中から宇宙人からのメッセージが見つかるかも知れない・・・。
解析に参加したからって報酬がある訳でもないけど、「まだ見ぬ友達を探す」という、このロマンティックな計画は、またたくまに世界中に広がりました。

しかし、現在まで何ら有力なデータが得られていないことと、PCの性能向上によってスクリーンセイバーを使う機会が少なくなったことで、このプロジェクトもなんとなく下火になっていったような気もします。
あるいは、早急に結果を求める気まぐれな参加者たちが、このとてつもなく気の長いプロジェクトに飽きてしまった、というのも大きいかも知れません。
いずれにしても、私もPCを買い換えたりしていつの間にかやらなくなってしまいました。

で、現在はどうしてるんだろう?

SETI@home日本公式サイト
おおお!ありました!まだがんばっています!!!
現在はシステムを新しいサーバー上に移行しているようですが、スクリーンセイバーで解析、というシステムは以前と同じみたいですね~。
今もこれ、参加してる方いらっしゃいますか?


昔の解析画像、スタートレックのコンピューター画面(オクダグラム)に似せてあったのはスタートレックがSETI@homeに出資してたから、みたいですね。

現在の解析画像、3Dっぽくなって今っぽいけどちょっと重そうではありますね。

今は国と国とで争い事を起こしてるけど、結局は同じ地球人なんですよね。
まあでもアレだ、ひねくれものの私はいつも同じことを考えちゃいます。
人が「地球人」という言葉を意識する時は、地球人以外の敵が現れた時じゃないかと。
日本だって「日本人」という言葉を意識する前は、隣の県(?)同士で戦ってた訳ですしね。

|

« 昨日の雪 | トップページ | track word入れたはいいが »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

 「日本人」という意識が出来てからでも、同じ県でも、県庁を取った取られたと言ってるとこもあります。

投稿: 南郷力丸 | 2006.02.09 19:17

新しいサーバーと言うよりは新しいシステムですね。BOINCといって、UDがん研究プロジェクトのような他の分散コンピューティングのプロジェクトにも同時に参加できるそうです、ということを書いてほしかったです…。

投稿: あきぃ | 2006.02.10 01:36

>南郷さん
うちの市でも未だに「隣の市民は」的な言い合いはありますよ、
もう合併して何年も経つんだからいい加減に諦めればいいのに(なにを)。
まあその程度ならかわいいんじゃないでしょうか。

>あきぃさん
BONIC(Berkeley Open Infrastructure for Network Computing)については
私も調査していたのですが、今回の記事の主旨として
「こういった活動が過去に立ち上がり、現在も稼働している」という
紹介をメインにしたかったので
そこまで詳細に言及する必要性をあまり感じられず、
あえてここでは書きませんでした。

・・・というのは建前で、実は
「では以前のシステムはどういうものだったのか」
というとこまで調べ上げることができなかったのでした(笑)。

でも、あきぃさんがコメントとして書いてくださったことで
どういったシステムに移行したのか、
この記事を読む他の方も理解できると思います。
説明不足部分を補足していただいてありがとうございます~。

投稿: しのぶ | 2006.02.10 02:07

おぅぅぅ、懐かしいなあ。
やってましたよ、どっぷりと、何年前になるんだろう。
ごそごそ。。1999年8月かあ。
空いてるワークステーションにまで突っ込んで(笑)
結構いい順位までいったんですがねえ。
いつのまにやら飽きちゃていました。

投稿: くっきも | 2006.02.10 02:16

>くっきもさん
おお!さっすがくっきもさん!!
これ、もしかしてパソ通で知りました?
すっごい流行りましたもんね~。
私も意味もなくスクリーンセイバー立ち上げて解析させてましたよ~。
どうせ会社のマシンなんて丸1日付けっぱなしじゃないですか。
昼休みなんかマインスイーパーくらいしかやらないだろうし(笑)。

さすがに数年くらいじゃあまりに遠くにいる友達は見つからないですよね。

投稿: しのぶ | 2006.02.10 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/8579950

この記事へのトラックバック一覧です: SETI@homeは今:

« 昨日の雪 | トップページ | track word入れたはいいが »