« セキュリティも度を過ぎると | トップページ | 桜が咲いたよ »

2006.03.25

雲の工場・岩手編

jazzさんの「Kailua Boat Ramp」では、ホノルルにある「雲の工場」から続々と雲が流れてくる様子が紹介されています。

写真を拝見すると山の向こうから雲がどんどん生産されて町の方へ流れてきてるのが良く分かりますね~。

では!という訳で、私からは日本の岩手県の「雲の工場」を紹介させていただきます。

工場の所在地は岩手県釜石市の山間部にある小川(こがわ)ダム。
山間部と言っても、この辺りは典型的なリアス式海岸なので、海からいきなり山が立ち上がっているような場所です。
だから、このダムも思いっきり山奥のように見えて、実は海岸から5kmほどしか離れていないのです。

季節は思いっきりずれて真夏の様子なのですが、こちらはまさに今、雲が生まれる瞬間の画像です。
まるで山火事みたいに見えますね~。

高原に行くと、朝方などにこういう光景を見ることができますが、この辺りでは真夏なら朝でも昼でも雲がどんどん生まれていきます。
地形や気候の関係もあるのでしょうか、遠野盆地あたりでも生まれたての雲がいつも見られるような気がします。

追記:
こういう雲がわき出る峰の姿を「雲岫(うんしゅう)」と言うのだそうです。
お茶の先生にだいぶ前に教わったのを、たった今思い出して慌てて追記しました。
「岫(くき)」って漢字、あまり見たことないですねえ。
「山のほら穴」とか「山の峰」とか言った意味だそうです。

|

« セキュリティも度を過ぎると | トップページ | 桜が咲いたよ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これはあれかな、海に近く湿気の高い空気がいきなり高い高度に持ち上げられて結露して雲にとか、そんなようなカラクリで出来やすいんでしょうか。
へぇでも面白いな。平地でも山間部でもなかなか見られないものね。片道1時間以内にこういう場所があったら4時置きしてでも三脚かついで出撃するんだけど(^^;
特に黎明の時刻にイイ写真が撮れそう。

くき、あら、俺のパソじゃ出ませんわ。でもなかなか風情ある言葉のようで。さすが三佐。

投稿: 三尉 | 2006.03.26 00:32

>三尉
うーん、どういうカラクリなんでしょうねえ、
やっぱ海と陸との気温の違いなのかなあ。
あとは、この辺は手つかずの広葉樹(というより手がつけられない?)が
ウヨウヨあるんで、
そういった木々が発する水分というのもきっととても多いんでしょうねえ。

初めて岩手に行ったとき、
いろんなことにいちいち驚いたり感動したりだったけど
行田の人にとってのゼリーフライのように
岩手の人にとって、この風景もごく当たり前のことのようで
「ああ、そう言われればそうねえ」という感じでした(笑)。
何気ないと思える風景から興味深いものを発掘するのは
意外と外の人間なのかも知れないね。

さすがに気軽に「行ってみてね」とは言えない距離だけど
もしも機会があったら、北東北はすっごい面白い素材があふれてますよ~。

>>くき、あら、俺のパソじゃ出ませんわ。

うん、実は私のPCでもこの文字が出なくて
手書き文字入力で表示させました。
どうやら常用漢字じゃないみたいですねえ。

投稿: しのぶ | 2006.03.26 01:58

この小川ダムって、かなり山奥にあるカンジしますが、やっぱり車無いと行けないんでしょうね。
今度帰省した時にでも、行ってみたいな~なんて思ってますが。
写真を撮るのには、凄く良さそうですよね。
釜石観音も久しぶりに電車に揺られて、拝みに行こうかなって。
あ~、岩手帰省が楽しみ!!です。

投稿: endunham | 2006.03.26 06:09

しのぶさん、Aloha・・!。

トラックバック有難う御座いました・・!。

岩手の方々も日々、雲作りに専念しているのですね・・・。
ここは、”県営”の施設でしょうかね・・・(笑。

山間から立ち上る雲は
まるで巨大な温泉がある様にも思わせます・・・。

キット、カモフラージュなのでしょう。
ここに、雲の工場が有るって知れたら
静かな山間が台無しになるばかりか
工場で働く人達も落ち着いて雲を作って
いられなくなりますからね・・・。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2006.03.26 10:02

ご無沙汰してます。
正しくは「日向(ひなた)ダム」と言います。
家からクルマで5分ほどの所なので、良く気晴らしに行きますよ。
これから暖かくなり良い季節なので、デジカメ片手にグルッと歩いて見ようかと思っています。

投稿: やはた | 2006.03.27 23:27

>endunhamさん
すすすいません!(汗)このダムの名前は日向(ひなた)ダムでしたっ(大汗)。
うん、さすがにここまで行くには車がないとちょっと無理でしょうねえ。
バスが来ている雰囲気もなかったし。
いちおう案内板や見晴台のようなものはあるんですが
訪れる人はあまり多くはなさそうでした。
広くて立派な駐車場もあるし、景色も見事なので
キャンプとかに使えそうな気はするんですが・・・。
この時はお盆の真っ最中だったせいもあって
チラホラと人は見かけたんですが、おそらく普段はほとんど人がいないんだろうなと。

ただ、写真でもなんとなく分かっていただけるかと思うんですが
景色はそれはもうすばらしいですよ~~。

今なら釜石観音から湾口防波堤が見られますよ~。
三陸津波を想定して作られたものすごく巨大な防波堤が
釜石湾のど真ん中に佇立している姿は
異様でもあり、たくましくもあり、
そして、過去の津波のすさまじさをも物語っているように思います。

なんだかんだ言いつつ、三陸も少しづつ変化していますね~。

>jazzさん
こちらこそトラバありがとうございました~!
このダムって釜石市が絶好調のときに作ったのかと思ったら県営でした(笑)。
さすがに市ではダムは造らないか~。

この雲の工場で雲を生産してるのは人間ではなく「もののけ」たちです(笑)。
たぶん「こだま」が作ってるんじゃないかな。
「シシガミ様」はよく見かけるんだけど、
「こだま」はまだ見たことがないので
まだまだ私も都会人なのかも知れません。

>やはたさん
こちらこそ、ご無沙汰しちゃってます~~。
てか、すいません(大汗)、これは日向ダムでした~っ!
この写真はやはたさんとニアミスしたときに撮った写真で
季節的にも一番雲が出やすい時期でした。

山から大量の水蒸気が立ち上る姿というのは
釜石や遠野ではよく見られる風景なので
この写真はそれをねらって撮った訳じゃなかったんですが
後になって見直してみると、
まあ見事なほど分かりやすく写っていたのですね。

今はまだ山全体が寂しい色に包まれているかも知れないけど
あとひと月もすれば淡い緑に覆われていくんでしょうね。
今年のGWもそちらに行きますよ~~。

投稿: しのぶ | 2006.03.28 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/9254281

この記事へのトラックバック一覧です: 雲の工場・岩手編:

» 雲の工場 [Kailua Boat Ramp]
今日も山の向こうの工場から 雲達が次々に出来上がり、流れて行きます。 山の向こ [続きを読む]

受信: 2006.03.26 09:52

« セキュリティも度を過ぎると | トップページ | 桜が咲いたよ »