« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の42件の記事

2006.05.30

エアープランツの赤ちゃん

我が家にいるエアープランツの1つ、名前はカップド・メデューサエ。
メデューサの髪の毛のようにウネウネしてるからこういう名がついたんでしょうか。

大きさはだいたい13センチくらいかな。

こいつが今朝、いつものように様子を見てやろうと手に取ったとき、ちょっとおかしなとこに気がつきました。
なんとなーく、下の葉の部分がいつもより膨らんでいるような・・・。
乱暴にいじったせいで取れかかってるのかな?(汗)

上から覗いてみました。

あっれ~~~~?なんか変なものが葉の中にいるよ???
こないだのカマキリのこともあったんで、一瞬体に電気が走ったんですが(笑)、すぐに何だか分かりました。
思わずダンナたたき起こしちゃったよ(笑)。

アップで見てみましょう。

うわ、これだけ寄ると親株ってちょっとキモイな(笑)。

どうやらお子さんが誕生されたようです。

エアープランツって、種から増えることもあるけど、こうやって根元から分身が出てくることもとても多いんですね。
うーん、この子、これからどうしたら良いのかな?
上にかぶさってる葉は取った方がいいのかな?それとも自然にもげるのかしら。
ある程度大きくなったら親株から離した方が良いんでしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.05.29

レガシィを試乗したよ

男の子ってみんな、ギミックとか、やたら手続き多いのが大好きですよね。
仮面ライダーなんか、「変身」とか言って携帯にコマンド送ったりなんかして、私なんか「黙ってサクッと変身すりゃいいじゃん」とか思っちゃうんだけど(笑)ああいう手続きが大事なんでしょうね。
その証拠に変身が済むまで、怪獣たちも不意打ちなんかしないで待っててくれてるし(笑)。

今回発表になったレガシィも、なんだかやたらボタンだのパネルだのが増えて、ハンドル周りなんかゴチャゴチャになってます。
スバル車のコックピットは他社の車と比べるとかなりシンプルだったと思うんですが、もうこうなるとトヨタ車も顔負けですね。

試乗の前に外側のチェックを。
外観で大きく変わったのがライトの形状です。

これは新しくなったLegacy OUTBACKの顔。

この前はこんな形でした。

目尻が丸くなりましたね。
(グリルやバンパー形状が違うのはグレードの違いです)

リアもちょっと変わって、リアフォグがつきました。
これで後ろから煽ってくる車に攻撃できるようになりました(違)。
スバルマークのとこに横1本線が入りましたが、これは前モデルにはなかったものです。
前々モデルのリヤガーニッシュが復活したという感じ?

レガシィってリアの横線がチャームーポイントだったと思うんで、これがなくなったとき、けっこう落胆した人が多かったんでしょうか。

エンジンルームも見せてもらったんだけど、良く分からないので写真だけ載せておきます(爆)。

可変バルブがどうとか言ってたけど「なにその可変ナンチャラって」って聞いたら、営業さん、説明に困ってました・・・。
すいません、ド素人に車の機構尋ねられても返答に困るよね(汗)。

というわけで、いよいよ新型レガシィの試乗です!
私たちが試乗したのはB4の2.0GT、運転席には私が座りました。

D型レガシィになってから「エレクトロルミネセントメーター」が付いたので、せっかくだからエンジン始動からやらせてもらいました。
キーをONまで回すと文字盤が点灯して、メーターの針が一旦MAXまで振り切れて「スタンバイオッケー」になるんです。

・・・で、ミサイル発射ボタンはどれですか?

メーターが振り切れる意味は特にないんだけど(笑)、まあ「かっこよさ」ですね。
ライトをオフにしてても常にコックピットが見やすいので、私はけっこう好きです。
んでも、ちょっと日が落ちたときにライトを付け忘れそうではありますね。

今回の大きな目玉は「SI-DRIVE」。
「SI-DRIVE」とは、エンジンやトランスミッションを電子制御でコントロールできるシステムのこと。
「インテリジェント」「スポーツ」「スポーツシャープ」の3つのモードに変換できて、ゆったりクルーズもできるし、アグレッシブに峠を攻める、なんてことも可能な訳ですね。

「SI-DRIVE」は、シフトノブとカップホルダーの間にある巨大なダイアルです。

私たちの担当の営業さんは、「男の子」の例にもれず、ガチャガチャするのが大好きなので、「SI-DRIVE」の正しい使い方(笑)を教えていただきました。

営業さんのレクチャーによると、出だしは「インテリジェント」で、エンジンの回転が少し上がったら「スポーツ」に切り替えてあげるとグワーーーッと来る、んだそうです。
2.0GTはターボエンジンなんですが、実は私はターボが嫌い。
あの、いきなりブチ切れする加速の不自然さが苦手なんです。
が、この車のターボエンジンに「ブチ切れ」はありません。
とってもスムーズに加速してくれて、ターボのいやらしさが全く感じられませんでした。
そして、気がつくと周りの車を置いてきぼりにしてしまう・・・これは、理性を押さえるのが大変ですよ・・・。

C型以前の特徴だったボクサーサウンドはD型になってからすっかり聞こえなくなりましたが、この2.0GTもインテリジェント・モードで運転してると、ちょっとした高級セダンのような静かさ&スムーズさです。
「ボコボコサウンドが聴けないのは寂しい」という声もあるようですが、エンジン音が大きいのは、どこかで無駄な干渉があって不協和音になってる証拠でもあるそうですね。
この音がなくなったことで燃費がものすごく向上したそうです。

「パドルシフトもガチャガチャやってアクセル全開で行け!!
右押せ!左押せ!今度は真ん中だっ!!グズグズするなーっ!!」
・・・って営業さんに矢継ぎ早に指令出されたんだけど(かなりウソ)、いちいち下見ないとどのボタン押していいのか分からないから(汗)、あまりいろいろ試せなかったよ・・・。
この車、慣れるまですごく時間かかりそうですわ。

最近流行のインテリジェント・キーとかオート・ライトがない、ってのがいかにもスバルらしいですが、まあこういうのは私は特に必要性を感じてないんで問題なしです。

試乗が終わって、営業さんに「こんな車を持ったら免許の点数がいくつあっても足りませんね」って言ったら、ダンナ様に「しっ!」って言われちゃいました(笑)。

さすがに発表直後ということで、値引きはほとんどないそうです・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.28

こんなお客さんが

3月、4月と、怒濤の満開状態を続けてくれたシクラメンも、さすがに花が終了しました。
今は7つほどの花がかろうじて残っていますが、これも数日中には散ることでしょう。
次のシーズンも立派な花をつけてくれると嬉しいなあ。
花の最盛期にはテラスの外に出して思いっきり日を浴びさせていたんですが、今の時期は日差しも強いので室内の明るいところに置いています。


静かに夏を待つシクラメンの姿です。
って、思いっきり見切れてますが、実はこの写真の主人公はシクラメンではありません(笑)。
よーく見ると、画面の真ん中にタタミのケバみたいのが・・・・。


体長1センチにも満たない子カマキリがいました。
ちっさ~~~っ!
どっから入ってきたんだろう?
窓を開けたほんの短い時間に風にでも流されてきたんでしょうか。
ここにいても食べるものが何もないので、さっきダンナが外に出しました。
ここですくすく育ってもらっても困るしね(笑)。

しっかし虫って本当に「メカ」ですよね。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2006.05.26

東京水

東京の水と言えば、澤ノ井の水くらいしか思い浮かばないんですが、もうひとつ、東京の名水ができました。
名前も分かりやすい「東京水」。

原材料はスバリ!水道水!
品名も「ボトルドウォーター」です、ミネラル水じゃありません。

つまり、東京23区の水をまかなっている葛飾区にある金町浄水場の水を、塩素除去してペットボトルに詰めただけ、なんですね。
東京都水道局が提唱する「安全でおいしい水プロジェクト」の一環として売り出された高度浄水処理水で、都庁など東京都の施設で買うことができます。
価格は500mlで税込み100円。
将来は普通の水道の蛇口からもこれくらいのレベルの水を提供できるよう、水道管の取り替えや河川・貯水池の水質管理の改善を進めているということです。

これがけっこうバカにできないというか、「おいしい」と評判らしいので、私もさっそく「きき水」してみました。

比較対象にぶつけるのはこれ。
我らが(笑)岩手県釜石市の水、「山華(さんか)」です。
釜石市の山奥(笑)にある鍾乳洞から湧き出る天然水を加熱処理することなくボトルに詰めたものです。
こちらの原材料は「湧水」。
品名も「ナチュラルミネラルウォーター」、東京の水道なんか足下にも及びません、品格なら(笑)。

・・・うーん、これの違いが分かる人って山岡士郎くらいしかいないんじゃないでしょうか。
言われてみれば、水道水、じゃなかった東京水の方が少し柔らかい感じがするのかなあ、という程度で、黙って出されたら普通のミネラルウォーターと思っておいしく飲むでしょう。

営利目的で販売してる訳ではないので、今後民間の店舗で売られるかは微妙なとこでしょうねえ。
こちらに販売施設が載ってます。
ペットボトル「東京水」販売場所のご案内

オマケ:都庁~~~

| | コメント (12) | トラックバック (3)

2006.05.25

ASTRO-Fの実力

2月に打ち上げられ、以前こちらでも紹介した、「赤外線天文衛星ASTRO-F(SHINOblog)」は、無事に軌道にのり、各機器類の調整も済んでいよいよ本格的な観測を開始したそうです。

「あかり」の観測開始と初期観測結果について
- 従来の赤外線観測衛星よりはるかに高い解像度での観測に成功 -

  --宇宙航空研究開発機構|JAXAより--

観測衛星の愛称は「あかり」。
人の目では見られない赤外線を観測できるのが特徴で、まさに真っ暗な宇宙に「あかり」を灯す目をもっているわけですね。
今回、「あかり」が撮影した映像の一部が公開されました。

JAXAサイトポリシーに基づき、画像を使用させていただきました。)

これは6000光年先にあるこぎつね座の星雲「IC4954」。
右が83年にアメリカ・イギリス・オランダによって打ち上げられた赤外線観測衛星IRASが撮影した画像、そして左が「あかり」ちゃんが撮った写真です。
こりゃ一目瞭然、IRASの画像はただの幾何学模様にしか見えません。


こっちは1200万光年も彼方の渦巻銀河M81。
3~4μmでは銀河内の星の分布が見られるだけですが、15や24μmと波長を長くすると温度分布が分かるようになります。
老いた星は温度が低く、若い星ほど高くなるので、星の成長過程や銀河の構造などが分かるということですね。

宇宙のことを知る上で、人間の目では見られない部分を調べることはとても重要なことです。
天体が発する熱や電磁波を調べることで、その天体の年齢や構造、あるいは動くスピードなども解明できて、それが宇宙の起源を調べる資料にもなりうる・・・。
これからも、「あかり」の活躍に期待しています。


さて、あんまり関係ないけど今日は地球滅亡の日ですねっ。
以前記事にした「シュワスマン・ワハマン彗星」(SHINOblog)の地球衝突説、ブログ界でひそかなブームになってるみたいです(笑)。
みなさん、思い残すことはありませんか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.24

レガシィ・ブログ誕生

しかもココログでっ!!!
レガシィブログ-LEGACY BLOG

ココログは夜中に更新するとProxy Errorが出ることがありますが(爆)更新、とても楽しみにしています。

新型レガシィも同時に公開されました。
Intelligent Legacy
スペシャルサイトはこちら(全面FLASH&公開直後なのでプチ重です)
SUBARU LEGACY

ていうか私もまだ何も分かってないので(おい)、とりあえず新型については後ほど行きつけのお店に行って偵察してきます。

私たちがB4に乗っていた頃は、このセダンもあまり見かけなくて寂しい思いをしてたんですが、今は少なくとも関東地方でならたくさん見かけるようになりました。
しかもコテコテにいじり倒してる車がとても多くて、単なる移動手段としてではなく、いろいろと楽しんでる人が多いですね~。
客観的に見てもB4乗りって人なつっこい人が多い気がするんですが(笑)、反面マナーの悪い人も少なからずいるので、私自身も気をつけつつ、インテリジェント&ジェントルな走りを楽しみたいものです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.05.23

スターバックスをテイスティング2

今回はスタバの新製品ピーベリー ブレンド(Peaberry Blend)をテイスティング。
(前回はコモドドラゴンブレンドとカフェ エスティマ ブレンドでした。)
できれば1回に2つの豆を紹介したいのですが、今回は個人的に興味深い豆なので、あえて単品で紹介します。


コーヒーの感想の前に、ある国の話をします。

東ティモールという国、私たちにはほとんど馴染みのない名前だと思います。
場所はここ、地図の赤い部分です。
面積は日本の長野県ほどの大きさで、人口は約80万人。
East_timor

東南アジア地域の例にもれず、ここも非植民化され続けた苦い歴史があります。
16世紀の大航海時代にはポルトガルやオランダにより、そして第二次大戦時代の日本、戦後のインドネシアやポルトガルによる被支配の歴史が続きました。

99年にようやく東ティモール民主共和国として独立しますが、その後も各地で暴動が起き、ついには多国籍軍が派遣される事態にまで発展しました。
日本の自衛隊も国連平和維持活動に出向いています。
しかしながら、未だに復興の目途がたっていないのが現実のようです。
東ティモールの経済状況は厳しく、国民一人あたりの所得(GDP)はたった500米ドル、世界の最貧国20カ国の一つとされています。

現在はコーヒーが唯一外貨を稼ぐことが可能な作物なのですが、そのコーヒーも国際的な供給過剰のために国際価格は下落しており、日本などからの援助で糊口を凌いでいるのが現実だと言えます。

さて、先日こんなニュースを発見しました。
無農薬・有機栽培の東ティモール産コーヒーはいかが? スターバックスや日本のNGOが販売
--日刊ベリタより--

各国でコーヒー農民の支援が始まっていますが、日本では2つのNGO団体が農家と直接取引をして日本に輸入、技術指導にも貢献しているそうです。
ここのコーヒー豆の生産には、農薬や化学肥料が使われていないので、有機製品ブームの日本でけっこう人気なのだそうです。
こんな風に、単なる同情や憐れみだけでなく、「良い物だから」買って、それが結果的にその国の糧になるというのは、とても素敵なことだと思います。

日本で通販などで買えるのはほとんどがここで売られているコーヒーのようです。
NPO法人アジア太平洋資料センター(Pacific Asia Resource Center/PARC)
ピースウィンズ・ジャパン(Peace Winds Japan) 

そして、日本以外での大手買い付け社がスターバックス、なのですね。
上記のニュースによると、スタバの豆には特に「東ティモール産」とは明記してない、ということでしたが、このコーヒーにはしっかりと書いてありました。
Starbucks Coffee Product Information ピーベリーブレンド

こちらのサイトには
「ブレンド:パプアニューギニア、ケニア、タンザニア、東ティモール
と、しっかり書いてありました。
他にも私が気づかないだけで、東ティモールのコーヒー豆がブレンドされているものがあるかも知れませんね。


うおおお、話がすっかり長くなってしまった(汗)。
ウラを取るのに数日かかっちゃったよ・・・。
という訳で、ようやく(大汗)コーヒーをいただきます。

味はスタバの豆の中ではかなり酸味が強調されていると思います。
コクはあまり強くなく、アジアン・コーヒーの割にはあっさりした味ではないかと。
かと言って、弱い味、と言うわけでは決してありません。
以前紹介したコモドドラゴン・ブレンドやカフェ・ベロナなどは、どちらかと言うとクセのある味でしたが、これは誰にでも合う味なんじゃないかな。
もしかしたら、ピーベリー豆が入ってるからなのでしょうか。

このコーヒーを飲みながら東南アジアにある国の平和について思いを巡らしてみるのも良いかも知れません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.05.21

山・川・海、そして

仇討ちの合い言葉ではありません(笑)。
ゴールデンウィークに撮影してきた、岩手の自然の風景を紹介します。



以前こちらで紹介した「JR東日本・北東北キャンペーン」とほぼ同じ角度から見た景色でしょうか。
岩手を代表する山、岩手山です。
5月だと言うのにまだこんなに雪が残っていました。
高速道路からは雫石や安比のスキー場もよく見えました。
岩手にお住まいのみなさん、岩手山は今もまだ雪が残っていますか?



釜石市某所(笑)の川。
川面をよーく見ていると、魚が泳いでることがあります。
いつだったか、この川でダンナ様が小さい魚を釣ったんですが、手渡された魚を私はアスファルトに叩きつけてトドメを刺してしまいました(だって急に動くんだもん・・・)。



モブログ投稿した黒崎海岸のすぐそばでもこんな絶景が見られます。
実際に見ると崖から海岸までとんでもない落差で、高所恐怖症の人はショック死しそうです。
あとで調べてみたら、どうやらこの断崖は高さ100m以上あるのだとか。
こういうとこに立つと男性ってキュンキュンするんですか?
この日はとても良く晴れていたので水平線もくっきり。

そして

JR釜石線の線路。
初めてこの線路を見たとき「あれ?線路の上に電線がないよ?」と言ったバカは私です・・・。
ここを走ってるのは電車じゃなくてディーゼル列車なんだよーん。
釜石線は国道と並行して走っているので、たまにすれ違ったりするんですよ。
まさに「線路は続くよどこまでも」ですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.05.19

木星に異変が?

この時期の夜、南の空に見えている木星の表面で、大きな変化が起こっています。
木星の表面には、何本もの横縞模様と大赤斑があることは有名ですが、ほかの場所に同じような新しい赤斑が誕生したのです。
大規模な気候変動の兆候? 木星の「小赤斑」
 --AstroArtsより--
赤斑に変わった木星の白斑
 --日本惑星協会より--
HubbleSite - Hubble Snaps Baby Pictures of Jupiter's "Red Spot Jr."
 --HubbleSiteより--
(どのページでも画像を見ることができます)


大赤斑と新しい赤斑は接近しつつあり、おそらく7月にはすれ違うようです。
最も近づいたときに、どのような現象が起きるのか、専門家や天文ファンの間でいろんな噂で持ちきりです。


*木星についてちょっと復習

木星は太陽系第5惑星で、土星や天王星などと同じくガスを主成分とする「ガス惑星」です。
ガス惑星は地球のように岩石や金属で構成されている惑星と違って体積が大きいのが特徴ですが、中でも木星はひときわ大きく、直径は地球の約11倍、体積は1300倍もあります。
しかし主成分がガスなのでとても軽く、質量は地球の300倍ほどしかありません。
どちらかと言うと、成分的には恒星に近く、質量が50倍ほどあったら恒星になってただろうと言われています。
(ちなみに太陽の質量は木星の約1000倍です)
この巨大な惑星の影響で、太陽系全体の円周は微妙にずれています。

大きさの割に自転は異様に速く、1日が10時間ほどしかありません。
そのため、木星は小さな望遠鏡で覗いても遠心力のせいで楕円形にゆがんでいるのが分かります。

1994年にシューメーカー・レヴィ第9彗星が激突したことでも有名ですが、これが地球なら生命の危機どころか地球自体の存在さえ危なかったのに、木星は(たぶん)「いててっ」くらいで済んだのですから、そのたくましさは推して知るべしです。

さて、木星で何と言っても特徴的なのが横縞模様と大赤斑(だいせきはん)です。

(This file is in the public domain because it was created by NASA.)

大赤斑は17世紀にカッシーニ(探査衛星じゃなくて人間の方ね)によって発見されたもので、巨大な台風の目のようなものと推測されています。
地球でできる台風とはケタ違いにデカく直径は地球の3倍、移動・変形を繰り返しながらも消滅する気配は全くありません。
赤く見えるのは、台風があまりに巨大なため、木星の深いところから濃い色の大気が巻き上げられたもの、と考えられています。
この「台風」がいつ、どうやってできたのか、いつまであるのか、それさえも未解明なのです。

一方、木星には白斑と呼ばれるものもあります。
上の写真で、大赤斑の下の方に見えてる白い点々がそれです。
赤斑と同じく台風の目のようなものですが、赤斑よりずっと小さく、星の表面をかき回す程度だから色も白いまま、なのだそうです。
(それでも地球がすっぽり入る巨大さで、数十年は存在し続けるものもあります)


今回ニュースになっているのは、この白斑の方。
いくつかの白斑が合体してできたこの小赤斑(Red Spot Jr.)は、大赤斑並に活発な長寿台風に成長したようです。

もしかしたら、この赤斑ジュニアも木星の定番模様になるかも知れない・・・。
あるいは2つの赤斑が最接近したとき、単にすれ違うだけなのか、合体するのか、力を相殺し合ってお互い消滅してしまうのか・・・。
更にこの斑点の出現は木星のなにかしらの大規模な変動を反映してるのでは、という学者もいるようです。
こればっかりは、その時になってみなければ誰も分からないようです。

なんか、みんな他人ごとだからって好き勝手なこと言って喜んでますが(笑)、これが地球まで影響を及ぼすなんてことは・・・まあ、なさそうですね・・・。
「人間に罰を与えるために木星が」みたいなことをブログに書いてる人が世界に一人くらいはいそうな気がしますが。

さて、カッシーニ(人間じゃなくて探査衛星の方ね)は、これを撮影することは可能なんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.17

確かにFirefoxって

私がインターネットを始めたころ(Win95の時代)はブラウザなんてInternet ExploreかNetscapeくらいしかなかったのですが、今はいろんなブラウザが登場して、それぞれに個性的な特徴を持つようになりましたね~。

それでも私のブログのアクセス解析を見ても、PCに最初からバンドルされてる強みか、IEを使ってる人が圧倒的に多いです。
ただ、ご存じのとおり、IEはセキュリティ面でいろいろアレなんで、私自身はFirefoxをメインに使っています。
Firefoxを採用した理由は
「タブブラウジングが便利」
「プラグイン(拡張機能)が充実してる」
「IEからの乗り換えがしやすかった(ブックマーク等の移行)」
「ブックマークの整理がしやすい」
「アドレスバーにアイコンを表示できる」(くだらね~)
という感じかな。

ところがね。
たまーにFirefoxに不満?を感じることがあるんです。
1.マイクロソフトのサイトを見ようとすると「IEを使え」と言われる。
これはもう知らんって感じで(笑)、勝手にやってろって感じなんですが。

2.省庁関係サイトの動画などを見ようとすると「お使いの環境には対応していません」と言われることがある。
これってマック・ユーザーのみなさんの方が切実かと思うんですが、官公庁のサイトってWindows&IEユーザーのことしか考えてないっぽいですよね。
例:政府インターネットテレビ(改革っ!)
動画を見ようとすると別窓が開いて「ブラウザ又はプレイヤーは、対象外です。」と、一刀両断(涙)。

3.長いURLなど、スペースのない半角英数字が画面から切れる。
たとえばスタイルシート関係の記事でタグを書いたり、リンクを貼らないURLを書くと、記事欄からはみ出てコピペできない状態になるんです。
無理矢理テーブルに押し込んでもダメだったりして。
だけど、他のブラウザだとちゃんと折り返してくれてるんですよね・・・。

4.スタイルシートやフォームなど対応してない機能がある。
単に見苦しいというだけなので、3ほどの深刻さはないんですが、それでも見た目主義(笑)の私にとって「見苦しい」のは何よりの苦痛です。

そんなことを考えていたらGIGAZINEさんで興味深い記事を発見。
Firefoxをアンインストールする5つの理由
Firefoxのアンインストール時にその理由を尋ねるというアンケート機能がついてるんですが、その結果が公開されたということです。
詳細はリンク先を見ていただくとして、理由のベスト(ワースト?)5は。

1位:再インストールするから一時的にアンインストールするだけ
2位:いくつかのページがちゃんと見えなかったから
3位:いくつかの機能が動かなかった
4位:パフォーマンス上の問題(遅い、メモリ使いすぎ)
5位:プラグインの互換性(Flash、PDF、WindowsMediaPlayerなど)

今のところアンインストールするほどキレてはいませんが、私が気にしているところが2位に入ってますね。
あ、でもパフォーマンスは全然悪いと思わないよ、むしろIEやネスケ、Opera、Sleipnirと比べても断然速くて快適だと思いました。
5位のプラグインの互換性というのは、おそらく私が経験した日本政府様などの動画のことでしょう。

こう考えていくと、どのブラウザもどっちつかずなんですよね・・・。
セキュリティがしっかりしてて、サクサク動いて、タブブラウジングができて、官公庁のサイトから追い出されないブラウザってないのかな・・・(MSサイトは見れなくてもいいや 笑)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006.05.16

≠〃ャ儿文字変換機

私もそうだけど、ここにいらっしゃるみなさんは携帯メールにこういう文字を使うことはまずないと思いますが(笑)。
これ、読める人がいたら、おかしいよキミ(笑)。
「⊇ωレニちレ£」
「∫нIЙOьlog」
「⊇яёレ£読めTょレヽ」

本当にこういうの使ってる子っているんかな?
それっぽい世代の子たちとつき合いないんで見たことないですが。
でも、中には「こういう子たちとメールしたい」って人もいるかも知れないので(笑)、そんなあなたのためにギャル語翻訳サイトを紹介します。

ギャル語変換コーナー

枠の中に変換したい文章を入力して「変換」ボタンを押すだけ。
「ちょっと」「そこそこ」「とことん」と3種類の変換機能があるけど、せっかくだから「とことん」で行くべし!
(なぜかFirefoxだと文字エンコードがうまくいかないことがありました)
変換した文字を携帯などのメールに送ることもできるよ。
(当たり前だけど、PCメアドが送信先の人に知られることになります)
・・・これ、送ったはいいけど、自分で何書いたんだか忘れそうですね(笑)。

これを自分のサイトに貼り付けることもできます。
自分のホムペにもギャル文字変換機

こんな感じ。

枠内に文字を入力して変換ボタンを押してみてねっ。

ちなみに私は携帯でメール打つのってちょっと苦手(汗)。
だって「く」って打とうとすると「かきくけ」まで打っちゃって、もう1周しなきゃいけないし、ヘタすると3周くらいするし・・・。
PCのキーボードなら人並みにタッチタイプできるのにね・・・。
携帯からメールを送るときって、待ち合わせの時くらいしか使いません。
だから貯まったパケット代を帰省中のモブログ投稿で消化している・・・という訳でもないんですけど。

そうそう、最初に書いた3つの文章の読み方はこれ。
「こんにちは」
「SHINOblog」
「これは読めない」
さすがに漢字は変換しないのね(って、できないか・・・)。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2006.05.14

懐かしい?車

この車の名前が分かる人は、ちょっと車に詳しい人か、実際に見に行った人、かな?
お父さんが車の点検をしにいったディーラーで、たぶん、もらってきたそうです。
「たぶん」と書いたのは、もしかしたら嫌がる営業マンさんから無理矢理うばってきたかも知れないから(笑)。


チョロQみたいに走れます。


ボタン電池でライトが光ります、光るだけだけど(笑)。

実車(?)はこちら

名前は「PIVO(ピボ)」だっけ?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.05.13

違法駐車はダメよ

違法駐車って本当にむかつきますよね~。
私が良く使う幹線道路も二車線なのに路駐のせいで内側の車線しか走れません。
たった1台の車がコンビニの前に停まったせいで大渋滞、なんてこともしょっちゅうあります。
緊急車両が来た日には、もう完全に交通マヒですよ。


6月1日の道路交通法改正で、駐車違反の取り締まりが強化されますよね。
今回の改正で大きく変わるのが、この2つ。

「使用者責任の拡充」
「駐車したのが誰だか分からない」とシラをきる、いわゆる「逃げ得」をなくすために、違反者が出頭しない場合は、その車の持ち主が違反金を払うことになります。
違反金を滞納すると財産の差し押さえや車検が受けられなくなるなど、かなり厳しい処置が待ってるそうです。

「民間の駐車監視員の設置」
警察官だけでは不十分だった確認事務を民間会社の駐車監視員に委託することで、より綿密な巡回ができるようになります。
駐車監視員は違反の取り締まりは行いませんが、「みなし公務員」として扱われるので監視員の作業を邪魔すると公務執行妨害罪になります。
もちろん、何でもかんでも違反にする、という訳ではなくて、違反適用除外車はもちろん対象外になるし、その場に運転手がいてすぐに車を動かせる場合も、その場で指導、移動をうながすそうです。

取り締まりの対象になるのは、一言で言えばこれ。

違法駐車と認められる場合の車両であって、運転者がその車両を離れて直ちに運転することができない状態にあるもの。

今までもそれで充分違反になったけど、これからは悪質と見なされればチョークチェックなしにすぐさま「放置車両」と認定される可能性があるわけでです。

まとめサイトはいろいろ見たけど、ここが一番分かりやすいかな(分かりやすく解説してるホームページって意外と少ないです・・・)。
違法駐車取締りの民間委託について
  --[法律相談] 法、納得!どっとこむより--
どうなる!? 駐車違反取締り ~新たな駐車対策法制~(動画で見られます)
  --ポリスチャンネルより--

各都道府県の警察のサイトでは、「取り締まり重点エリア」を掲載、主にどの辺りに監視員が巡回するかを公開しています。
親切にもそれをまとめてリンク集にしてくれてるのがここ。
ドライバー必見!ここが取り締まり重点エリアだ(5月8日現在)
  --「デジタルARENA」より--
(ちなみにみなさん省庁のサイトだけあってPDFがビシバシ開くよ)

今回の駐車違反取り締まりだけでなく、警察のサイトを見れば速度違反や交差点違反の取り締まりのスケジュールも公開してるんですよね。
例えば警視庁(東京)とか岩手県警とか。

もちろん、「ここに載ってないから違反してもいいや」なんて考えちゃいけませんよ。
ちなみに、私はたとえ数分でも車から離れる場合はパーキングメーターやコインパーキングを利用しています。
違反切符を切られるのもイヤだけど、その辺に放置して車が傷つけられる方がもっとイヤ(笑)。
違法駐車して車から離れようとするとき、自分の車を振り向いてみましょう。
ものすご~く不安げな顔してますよ(本当かいな)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.05.12

盛岡冷麺が東京進出

けっこう岩手ネタで引っ張ってるような気がしますが(笑)。
岩手には「三大麺」というものがございます。

「わんこそば」はもう思いっきり有名ですね。
それから、ここ数年で一気に有名になった盛岡じゃじゃ麺
そして、私がGWに食べた盛岡冷麺です。

(ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺)

わんこそばや、じゃじゃ麺は東京でもそれなりの味のものを食べることができますが、盛岡冷麺だけは東京では味わうことができませんでした。
東京の焼き肉屋っさーんでもそれなりの冷麺は食べられますが、やっぱり盛岡冷麺にはかなわない、かと言って冷麺食べるためだけに「岩手に行ってみてね」とも言えず。
そういう私も「盛岡冷麺食べたいよ~」と枕を涙で濡らす夜もございました。

ところが、先日、盛岡にお住まいの友達が機密情報(笑)を教えてくれました。
ニュースサイトでも紹介されていたので、私も安心して(笑)公開することにします。

ぴょんぴょん舎:東京へ進出 銀座に本場の冷麺を /岩手
--MSN毎日インタラクティブより--

オープンは6月2日だそうです。
がっ!問題なのは店がどこなのか分からないよこの記事じゃ・・・。
銀座4丁目にある2階建てのビル、ということですが、これだけじゃどこなのかサッパリですよ?
これはしかたない、直接行ってみるしかないですかのう。

でも、これで東京にお住まいの方にも安心して「盛岡冷麺食べてみてね」って言うことができます。
あるいは、岩手や盛岡出身で東京にいるみなさん、これからはここで盛岡冷麺が食べられますよ~。

ちなみに、「ぴょんぴょん舎」は川崎市駅前に建設中のビルにも出店する予定だそうです。
もちろん、本場の味は本場で食べるのが一番ですが、冷麺禁断症状が出てしまう人にっとっては救いの手ですねっ(え?私だけ?)。

| | コメント (23) | トラックバック (3)

2006.05.10

動物園も水族館も大嫌い

私は動物園や水族館が嫌いです。
・・・いえ、本当は大好きです、小動物たちのかわらしいしぐさ、たくましい肉食獣の迫力、あるいは巨大な水槽の中をゆったりと泳ぎまわる魚たち。
時間を忘れていつまでも見入ってしまうことも良くあります。

でも、施設によっては動物たちの管理をしきれてないところがあって、そういう施設にいる動物たちを見ていると、いたたまれない気持ちになるのです。
最近は北海道の旭山動物園を始めとして、動物の健康管理はもとより、行動学に基づいて、その動物が少しでも快適に過ごせるよう工夫してるところも多くなりましたね。
でも、昔はどこの動物園もあまり管理が行き届いてなくて、動物園全体が排泄物の臭いに包まれていたり、狭くて暗くて不潔な檻の中で毛づやの悪い動物が神経質にウロつきまわる、という光景が良く見られました。

和泉だったか岸和田だったか、小さな公園になぜか日本猿の檻があったのですが、ここの猿たちは全員皮膚病にでもかかっているのか、背中や頭の毛がなくなっていました。
管理人も見あたらないので、子供たちが猿に石を投げて遊んでましたっけ。

長野の方でもドライブインに熊が飼われてるのを見たのですが、なんとこの檻が駐車場に面していて、熊たちは排気ガスにまみれていたんです。
しかも狭い檻の中で更に鎖に繋がれていて、数頭いる熊たちは全員落ち着きなく檻の中をウロついていて、あきらかにノイローゼの症状を見せていました。


今回、岩手で見学した施設は石油備蓄基地のトンネルを活用した小規模な水族館、と言ったら、地元の方は「あそこか」と分かるでしょうか。
ここも私はもう二度と行きたくない、と思いました。

飼った後で大きくなったのか、最初から合う水槽がなかったのか、あきらかに「その魚には小さすぎる」水槽におしこまれてUターンもできない魚たち。
大きく立派なナポレオンフィッシュは皮膚病で肌がただれていて、別な水槽では水面で腹を上にして動かない魚もいました。
ゴールデンウィーク限定なのか、1区画になぜかハムスターが大量に置いてあって、みんなが触れるようになっていたのですが、スタッフがいないので、ハムスターは子供たちの格好のオモチャになっていました。
ハムスターって、よほど痛い思いをしなければ鳴かないものなんですが、子供たちが手加減を分かるハズもなく、室内中でキーキーというハムスターの悲鳴が響いていました。
もちろん、動物とのふれあいは良いことだと思うので、せめて、動物の扱い方を指導してくれるスタッフがいてほしかったです。
この一週間でいったい何匹のハムスターが殺されるのだろう・・・。
私は逃げるようにその場を立ち去りました。


動物や魚の生態や行動を知って、命の大切さを知るのが動物園や水族館の使命だと思うのですが、こんな飼い殺し状態の動物を見ても、ただつらくなるだけです。
こんなんだったら、いっそ動物実験にでも供されてひと思いに殺され方がよほどマシだとさえ思ってしまいました。

どんな動物も、野生で生きるより人間に飼育される方がずっと長生きするんだそうです。
では、どちらが幸せなのか、こればっかりは当の動物たちに聞いてみないと分かりませんが、人間の都合で、見せ物にされていることに変わりはありません。

観光事業として地元の生き物を見せる、というのは良い方法なのでしょう。
ならばせめて、できる限り快適に生きて快適に死んでいってもらいたい、飼いきれないなら飼うな、と思ってしまうのも、また人間のエゴなのでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.09

桜も終わりですね

このブログの背景画像がずっと桜のままで、関東以西の方にとっては「季節はずれだなあ」って感じだったかも知れませんね。
岩手の桜を見るまでは、このブログの背景画像も桜のままにしておきたかったので、決してサボッてた訳ではありません(笑)。

でも、そろそろ岩手の桜もおしまいなので、次はバラだよね~、ってことで。
今回は素材集からいただいた画像なので、あまりオリジナリティはないんですが・・・。
近所の植物園にでも行ったときに、自分でバラの花を撮ることができたら、差し替えるつもりでいます。
いちおう記録代わりにデザイン載せといた方が後々いいかしら。Blog0605
(画像クリックで原寸大をポップアップ表示できるよ)

ケロちゃんはかわいいから温存。
あと、改めて見てみるとリンク文字色がやらしいかも・・・。
でも、その前にまた恐竜シリーズが登場するかも(笑)。

5月は私の一番好きな季節でもあります。
なんたって夏に向かっていろんなものが勢いづいてる季節ですしねっ。

追記:ココログの画像のポップアップ表示って、画像の大きさによっては元画像を勝手にサイズを変えられてしまうんですね・・・。
しかたないので、別ファイルをアップしてそっちにリンクしたよ。
昔みたいに容量が限られてるなら親切心で縮小するってこともあるんだろうけど、ギガサイズ時代に元画像のサイズ変えるってあんまり意味ないと思うな、ちょっと意図が分からん。

あと、このブログが異様に重たいのはココログのせいではなく、おそらくtrackwordが原因と思われます。
ご迷惑をおかけいたします・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.05.08

岩手の桜いろいろ

改めて岩手で見かけたいろんな桜を紹介します。
東京ではすっかり葉ばかりになっているのに、岩手以北はまだこんなに見事ですよ。
もちろん、岩手でも南部や沿岸部では桜は終わっているのですが、北部や山間部はまだまだ見事です。
画像をクリックするとポップアップ表示(600×700ピクセル)できます。

■二戸市金田一(きんたいち)温泉の桜
岩手でも青森の県境の方はまだこんなに。
金田一温泉の桜

■釜石市の山間の風景
沿岸部の市街地ではすっかり終わっているのですが、峠の方はまだまだ春の装い。
釜石市の桜

■釜石市の山間で見つけた桜
釜石市の桜

■遠野市国道バイパス沿いの桜並木
遠野の桜並木

オマケ
■白いタンポポ
これはちょっと珍しいでしょ。
白いタンポポ

このエントリーは「さくらの散歩道」さんに参加しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.07

岩手限定?変わり桜

GW今回は岩手に帰省して、満開の桜をたくさん見てきたんですが、ちょっと面白いことを発見しました。
この写真はまさに満開の桜の木。
桜の木ってたいていは、葉が開く前に花が満開になりますよね。
ところが岩手ではこんな桜の木をたくさん見かけました。
どこの桜か分かった方は場所を言わないように(笑)。

同じ木に、枝によっては満開になってるのに、別な枝は葉ばかりが茂っています。

これ、どうなってるんだろう?と思って近寄ってみました。

こんな感じでまるで着生植物のように、一部の枝だけ葉が茂ってるんです。
何か他の植物が寄生してるのかなとも思うんですが、こういう桜の木は岩手でもとてもよく見かけるんですよね。
それを遠くから見ると上の写真のように見えるわけです。

私はこういう桜を今まで見たことがありませんでした。
これって岩手でしか見られない現象なんでしょうか?
どうしてこんな風になるんでしょうか?
そして、これは別な植物が寄生したものなの?それとも桜の枝の一部が変質したものなんでしょうか?
どなたか、この桜の木の秘密をご存じの方がいらしたら教えてください。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ただいま、東京

ただいま、東京

外環にはいりました、都会っぽい景色になったでしょ。
高速はほとんど混まず深夜割引も適用されて寿司代が浮きました(笑)。
長旅お疲れ~。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2006.05.06

大谷P.A

大谷P.A

多分ギョウザ(笑)。
たいした渋滞もなく、あっという間に関東突入です。
少し物足りない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転鮨 清次郎

回転鮨 清次郎

北上市です。
回転鮨なのにウマー!
これは和牛すきやき

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠野の桜並木

遠野の桜並木

見事な満開です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京に戻ります

GWもそろそろ終わり、私たちもこれから東京に戻ります。
こちらではたくさんの友達にも会えたし、岩手の美しい景色を堪能できて、とても楽しいGWになりました。
今は釜石駅のフリースポットからこの記事を書いているんですが、みなさんにコメントをいただいてるのに、なかなかレスをつけられなくてごめんなさい・・・。

これから市内をうろうろして黒いWRXを探しつつ(爆)、ゆっくりと東京に戻ろうと思います。
黒崎海岸を教えてくださったがたいちさん、とても素敵なスポットを教えてくださってありがとうございました。
やはたさん、釜石では通りがかった車を逐一チェックしてたんですが(笑)、まさか宮古にいらっしゃるとは思わなかったので、ボーッとしちゃってました。
また夏にも遊びに行くので、機会があったらよろしくねっ。
endunhumさん、宮古のもっとちゃんとした写真を紹介できればよかったんですが・・・、デジカメではちゃんと撮ってあるので、帰ってからバッチリ!紹介しちゃいますねっ。

あと、ととが崎は行きませんでした(笑)。

今回お会いした、みるきいさん、此路さん、くみちゃん、そしてちゃぼさん、お会いできて本当に嬉しかったです!
これから何十時間かかるか分からないけど(笑)、東京に戻ります。
岩手のみんな、本当にお世話になりました、また会いましょうねっ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.05.05

満開の桜

満開の桜

ずっと携帯圏外にいました(笑)。
釜石も海の方は桜は終ってるけど、山の方はこの通り。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.04

宮古についた~

宮古についた~

龍泉洞コーヒーを飲みながら、オートバックス宮古店でワイパー交換中。
壊した訳じゃありませんよ(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

たぶん岩泉

たぶん岩泉

迷子になった(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒崎海岸

黒崎海岸

三陸海岸の名所のひとつ。
がたいちさん、来ましたよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道の駅おおの

道の駅おおの

つい最近、洋野町になった大野村の道の駅。
フェスティバルをやってるらしく、びっくりするくらいの人出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森けーん!

青森けーん!

せっかくなので、通ってみました。
でもすぐUターンだよーん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金田一温泉まべち宛

金田一温泉まべち宛

桜、満開です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.03

金田一温泉郷

金田一温泉郷

やっと到着!(涙)
盛岡ではお友達にも会えて大満足!
しかも、この辺は桜が満開です!
でもさすがに疲れた~。
明日もハードワークなのでご飯食べて温泉入ってとっとと寝ます~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

岩手山S.A

岩手山S.A

いわてさーん!
盛岡から20分ほど北に走っただけなのに、すっごい寒いっ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺

ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺

盛岡と言えばやっぱりこれ!
キムチが別になってるので好みの辛さにできるのです。
ダシの効いたスープが絶品!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高速道路も子どもの日

高速道路も子どもの日

風の向きとか強さを見るための吹き流し?が鯉のぼりになってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一関I.C

一関I.C

岩手県突入!!!
あら、何だかんだで出発してから11時間たっちゃいました。
でも朝に出てたらもっと大変だったかも。
はるか後ろはすさまじい渋滞のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長者原S.A

長者原S.A

車にお昼ご飯、人間はまだおあずけ。
道路は少しすいてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴巣P.A

鶴巣P.A

ここは宮城の真ん中あたりかな?
道路公団てNEXCO東日本になったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと仙台南I.C

やっと仙台南I.C

脳内予定では今ごろ岩手で盛岡冷麺食べてるハズが(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良S.A

安達太良S.A

やっと福島ー。
何なの?いったい何があったのこの渋滞っぷり!
途中通行止めとか言われて青くなりましたが、今は解除になったようです。
昼までに岩手に着けないかも。
もー、どいつもこいつも帰省しやがって!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

那須高原S.A

那須高原S.A

予定どおり3時に出たのにまだ那須です。
真夜中から交通量多かったから、今日はずっとこんな感じかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

世界の地震モニター

最近、伊豆地方を中心に地震が多いですよね。
私が住む東京では立ってると気づかないくらいの揺れしか感じないのですが、それでも何度も小さな地震を感じて、少し気味が悪いです。

地震が来たら、まずテレビを付けるようにしてるのですが、たまたまPCの前にいるときは、このサイトを確認しています。

地震加速度情報の画像ページ
  --地震予知総合研究振興会より--
地震情報(各地の震度に関する情報)
  --気象庁より--

いずれも速報性のあるサイトで、ピンポイントで地震の規模や震度を確認するにはもってこいなのですが地震の直後はアクセスが集中して見られなくなる時もありますね。


で、今回私が紹介したいのは、もっと地球規模で見たときの地震の情報を掲載しているサイトです。
IRIS Seismic Monitor

「IRIS」とはIncorporated Research Institutions for Seismology(アメリカ地震研究所)のこと。
世界中で起きている地震の発生情報をほぼリアルタイム(20分ごとの更新)で見ることができます。
(あら、私って地震のことはEarthquakeだと思ってた、Seismicとどう違うの?)

○の色は赤が今日、オレンジが昨日、黄色が2週間前まで、そしてピンクが5年前までに起きた地震をプロットしたものだそうです。
○の大きさは規模を表しています。
画面上の時間は世界標準時(UTC)なので、日本時間に置き換えるときは9時間プラスしてね。

地震がよく起きる地域が線上に繋がっていて、これが見事にプレートの境界上にあるのがとても興味深いです。
日本がいかに地震大国か、そして環太平洋、インドやネパール、それと地中海付近もとても地震が多いのが良く分かります。
言われてみれば、これらの地域で大地震が起きて大変な被害を受けた、という話はとても良く聞きますね。

日本は国も自治体もあらゆる震災対策をとても良くやっているとも思います、もちろん今でも100%充分、ではないけど、限られた予算や人員でこれだけやれてる国というのは、世界中でもそうないんじゃないでしょうか。
あとは、私たち一般住民の震災に対する意識をしっかり持つことがとても大切なんでしょうね。
最後の最後に頼りになるのは自分自身と、個々の助け合いですしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.01

GWが始まりましたね

なんかすっかりご無沙汰しちゃいました(汗)。
PCの調子が悪くて、記事が書けなかったせいもあるんですが、一番の理由は「どうぶつの森」のせいだったりなんかして・・・(大汗)。

我が家も帰省の準備に大忙し、というところです。
お土産も買わなきゃいけないし、まとまった日数外出する時は、冷蔵庫の中身の処分もしなきゃいけないしね~。

そろそろ遠い地方のナンバーの車も増えてきて、道路はローカルルールが通じなくなってきています。
そう言う私たちも、これから遠い地方に行ってその土地のローカルルールを知らずに走る訳だから、あまり大きな顔をしないで遠慮がちに走らないとね。
この時期はドライバーも不慣れな道を走ってる人が多いので、お互いに充分気をつけたいですね~。

我が家の帰省は結局、夜中に東京を出ることにしました。
やっぱりこっちの方が面倒ないだろうと言うことで。
600km走りまくるぞ~~っ!

「東北フォーラム」さんによると、岩手県盛岡市の石割桜はすでに満開だそうですが、この桜はソメイヨシノより少し早めに開く種のようなので、他の桜ならまだまだ行けるかな?
私たちは盛岡より更に北に行くので、まだ桜が見られることを期待しています。
今年もできる限り、モブログ投稿しまくろうと思ってます~。

さて、ついでと言っては何なんですが、先日吉祥寺に買い物に行ったときに志茂田 景樹さんがパフォーマンスをやってたので記念に(笑)。

吉祥寺は、漫画家の梅図かずおをよく見かけるんで、最初は梅図さんかと思っちゃった。
たたずまいが似てますよね(笑)。

どうやら、この方が主催している「よい子に読み聞かせ隊」のイベントのひとつだったみたい。
志茂田 景樹のWEB絵本 読み聞かせ 劇場
この方、絵本や児童書の方に転向したのかな?
こういう風景も連休ならでは、という感じがします。

・・・リハビリ代わりの内容のない記事ですいません(汗)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »