« こんなお客さんが | トップページ | エアープランツの赤ちゃん »

2006.05.29

レガシィを試乗したよ

男の子ってみんな、ギミックとか、やたら手続き多いのが大好きですよね。
仮面ライダーなんか、「変身」とか言って携帯にコマンド送ったりなんかして、私なんか「黙ってサクッと変身すりゃいいじゃん」とか思っちゃうんだけど(笑)ああいう手続きが大事なんでしょうね。
その証拠に変身が済むまで、怪獣たちも不意打ちなんかしないで待っててくれてるし(笑)。

今回発表になったレガシィも、なんだかやたらボタンだのパネルだのが増えて、ハンドル周りなんかゴチャゴチャになってます。
スバル車のコックピットは他社の車と比べるとかなりシンプルだったと思うんですが、もうこうなるとトヨタ車も顔負けですね。

試乗の前に外側のチェックを。
外観で大きく変わったのがライトの形状です。

これは新しくなったLegacy OUTBACKの顔。

この前はこんな形でした。

目尻が丸くなりましたね。
(グリルやバンパー形状が違うのはグレードの違いです)

リアもちょっと変わって、リアフォグがつきました。
これで後ろから煽ってくる車に攻撃できるようになりました(違)。
スバルマークのとこに横1本線が入りましたが、これは前モデルにはなかったものです。
前々モデルのリヤガーニッシュが復活したという感じ?

レガシィってリアの横線がチャームーポイントだったと思うんで、これがなくなったとき、けっこう落胆した人が多かったんでしょうか。

エンジンルームも見せてもらったんだけど、良く分からないので写真だけ載せておきます(爆)。

可変バルブがどうとか言ってたけど「なにその可変ナンチャラって」って聞いたら、営業さん、説明に困ってました・・・。
すいません、ド素人に車の機構尋ねられても返答に困るよね(汗)。

というわけで、いよいよ新型レガシィの試乗です!
私たちが試乗したのはB4の2.0GT、運転席には私が座りました。

D型レガシィになってから「エレクトロルミネセントメーター」が付いたので、せっかくだからエンジン始動からやらせてもらいました。
キーをONまで回すと文字盤が点灯して、メーターの針が一旦MAXまで振り切れて「スタンバイオッケー」になるんです。

・・・で、ミサイル発射ボタンはどれですか?

メーターが振り切れる意味は特にないんだけど(笑)、まあ「かっこよさ」ですね。
ライトをオフにしてても常にコックピットが見やすいので、私はけっこう好きです。
んでも、ちょっと日が落ちたときにライトを付け忘れそうではありますね。

今回の大きな目玉は「SI-DRIVE」。
「SI-DRIVE」とは、エンジンやトランスミッションを電子制御でコントロールできるシステムのこと。
「インテリジェント」「スポーツ」「スポーツシャープ」の3つのモードに変換できて、ゆったりクルーズもできるし、アグレッシブに峠を攻める、なんてことも可能な訳ですね。

「SI-DRIVE」は、シフトノブとカップホルダーの間にある巨大なダイアルです。

私たちの担当の営業さんは、「男の子」の例にもれず、ガチャガチャするのが大好きなので、「SI-DRIVE」の正しい使い方(笑)を教えていただきました。

営業さんのレクチャーによると、出だしは「インテリジェント」で、エンジンの回転が少し上がったら「スポーツ」に切り替えてあげるとグワーーーッと来る、んだそうです。
2.0GTはターボエンジンなんですが、実は私はターボが嫌い。
あの、いきなりブチ切れする加速の不自然さが苦手なんです。
が、この車のターボエンジンに「ブチ切れ」はありません。
とってもスムーズに加速してくれて、ターボのいやらしさが全く感じられませんでした。
そして、気がつくと周りの車を置いてきぼりにしてしまう・・・これは、理性を押さえるのが大変ですよ・・・。

C型以前の特徴だったボクサーサウンドはD型になってからすっかり聞こえなくなりましたが、この2.0GTもインテリジェント・モードで運転してると、ちょっとした高級セダンのような静かさ&スムーズさです。
「ボコボコサウンドが聴けないのは寂しい」という声もあるようですが、エンジン音が大きいのは、どこかで無駄な干渉があって不協和音になってる証拠でもあるそうですね。
この音がなくなったことで燃費がものすごく向上したそうです。

「パドルシフトもガチャガチャやってアクセル全開で行け!!
右押せ!左押せ!今度は真ん中だっ!!グズグズするなーっ!!」
・・・って営業さんに矢継ぎ早に指令出されたんだけど(かなりウソ)、いちいち下見ないとどのボタン押していいのか分からないから(汗)、あまりいろいろ試せなかったよ・・・。
この車、慣れるまですごく時間かかりそうですわ。

最近流行のインテリジェント・キーとかオート・ライトがない、ってのがいかにもスバルらしいですが、まあこういうのは私は特に必要性を感じてないんで問題なしです。

試乗が終わって、営業さんに「こんな車を持ったら免許の点数がいくつあっても足りませんね」って言ったら、ダンナ様に「しっ!」って言われちゃいました(笑)。

さすがに発表直後ということで、値引きはほとんどないそうです・・・。

|

« こんなお客さんが | トップページ | エアープランツの赤ちゃん »

いろんな車とレガシィB4」カテゴリの記事

コメント

いや~カッコイイですね・・・
僕はあくまでBE5D型派なのですが、やっぱ『レガシィ』はカッコイイものですねぇ。

ちなみに・・・
普通、エンジンのマニホールドは排気効率を考慮して、それぞれシリンダーの排気が早い順番にマフラーへ繋がっています。
しかし、ボクサーエンジンはシリンダーヘッドがお互いにそっぽを向いているため、マニホールドを排気順にマフラーへ流すには、かなり複雑な形状にすることになり、さらにボクサーエンジン本体のおかげでそんなスペースは作りにくくなってしまっています。
よって、ただマフラーへ繋げるしかなく、その時にマフラーとマニホールドの合流地点で発生する『排気干渉』こそがボクサーサウンドなのですよ~(^^ゞ

投稿: | 2006.05.29 19:54

男の子に限らず、ギミックとか、やたら手続き多いのが大好きな人多いですよね。
うちの婆ちゃんなんか、お茶を飲むのに、お椀を回したり、持ち替えたりで、私なんか「黙ってサクッと飲んでしまえりゃいいじゃん」とか思っちゃうんだけど(笑)ああいう手続きが大事なんでしょうね。
その証拠に飲み終わるまで、お茶を出す方も、次の人の分をいれずに待ってるし。

投稿: 南郷力丸 | 2006.05.29 20:13

2.0Rファンの三尉がやって参りましたよ。
なんかさあ、ターボと6気筒のが随分進化したけど、NAの下2つはなんか良く分かんないけど値上げしただけ?おいてけぼりかぁ、そりゃないよって気が(涙)。
パドルシフトってのはどうなんでしょう?やっぱりシフトチェンジは左手でレバーを持ってするもんだって思うんですよねえ。話それるけどサイドブレーキをけとばすタイプも苦手。そのあたり良くも悪くもトラディショナルなのがスバルとマツダだね。

ターボグレードはそのパワーが魅力の一つなわけだけど、試乗コースには必ず上り坂が含まれているのでは?

投稿: 三尉 | 2006.05.29 22:59

>辰さん
うふふ、レガシィってやっぱり見た目悪くないですよねっ。
うちのB4は何だろう?BE5B型になるのかな?
決して高級車って訳じゃないのに、
車のことをあまり知らない親戚のオジサンとかは
「なんでこんなのに乗ってんだ」みたいなことを言ってくれます。
そんな金ないだろう的イヤミで言ってんだろうけど(笑)、
私は車に対する褒め言葉ととっています(笑)。

そういえば、ボクサーエンジンてシリンダーが両端にあるんですよね。
平たいエンジンのおかげで低重心になって動きが安定する、とか言うけど
それ以外ではいろいろと不都合がありそうですよね。
スバルが意地でも水平対向エンジンに拘るのは
同じエンジン形式の飛行機を作っていたというプライドがあるからだ、
なんて話を聞いたことがありますが。
ただ、この「排気干渉」がスバル車の特徴でもあって
この音がたまらなーい!って人もいた訳で、
音が消えたのはそれだけエンジン性能が上がった証拠なのかも知れないけど
「ボコボコ・サウンド」ファンとしてはちょっぴり寂しい感じもしますねっ。

そういえば、すっごく昔の日産車の車も
ターボがかかると「ひゅい~ん」とか音がしてました。
あれはわざと音を出してた(効果音?)という噂を聞いたことがあるんだけど
実際はどうだったのかな?

>南郷さん
ぐっ・・・そう言われてみればそうだわ・・・。
ま、私なんか自宅でお茶飲むときは
ヤカンからダーとお湯注いでシャカシャカやったら
回しもせずに飲んじゃったりしてる訳ですけどね。
きっと仮面ライダーもカメラが回ってないところでは
黙って変身(着替え?)してると思われ。

>三尉
あ、三尉みたいに落胆してる人、ものすごくたくさん見かけますよ~。
呼び物のSI-DRIVEもパドルシフトもグレードによっては
まるっきりついてないヤツもあって
うちのダンナなんかはOUTBACKがお気に入りなんですけど
コイツなんか何が変わったんだかサッパリって感じだし。

>>パドルシフトってのはどうなんでしょう?

うん、正直私も分からん(笑)。
これって、最初のうちは面白くていろいろやるんだろうけどすぐ飽きそうよね。
たまーに友達を乗せたときに自慢するくらいしか使い道なくなりそう。
そんなにシフトチェンジがしたいならMT買えよ、みたいな。

>>サイドブレーキをけとばすタイプも苦手。

これ、私のお父さんの車がそれなんだけど
たまに運転させてもらうと、フットレストを必死に踏んでる自分がいたりします(笑)。
あと、車を止めたときに手が反射的に左に伸びてスカッたりとか。
これってウォークスルータイプの1BOXには良い方式だと思うけど
普通のセダンとかワゴンにつける意味はちょっと分からないですね。

で、うちの付近て土地の勾配がほとんどなくて
残念ながら登坂パワーを試す機会はなかったんですが
代わりに富士スピードウェイでの試乗会に申し込んできました。
抽選でほんとに少数しか行けないんで絶対に当たらないとは思うけどね。
でも、ずっと前にレガシィ・マウスが当たったことがあるんで(笑)、
万が一この抽選にも当たったらヤバイなとは思ってます。
(私以外の全員A級ライセンス持ちとかだったらどうしよう・・・)

投稿: しのぶ | 2006.05.30 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/10295172

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィを試乗したよ:

« こんなお客さんが | トップページ | エアープランツの赤ちゃん »