« ただいま、東京 | トップページ | 岩手の桜いろいろ »

2006.05.07

岩手限定?変わり桜

GW今回は岩手に帰省して、満開の桜をたくさん見てきたんですが、ちょっと面白いことを発見しました。
この写真はまさに満開の桜の木。
桜の木ってたいていは、葉が開く前に花が満開になりますよね。
ところが岩手ではこんな桜の木をたくさん見かけました。
どこの桜か分かった方は場所を言わないように(笑)。

同じ木に、枝によっては満開になってるのに、別な枝は葉ばかりが茂っています。

これ、どうなってるんだろう?と思って近寄ってみました。

こんな感じでまるで着生植物のように、一部の枝だけ葉が茂ってるんです。
何か他の植物が寄生してるのかなとも思うんですが、こういう桜の木は岩手でもとてもよく見かけるんですよね。
それを遠くから見ると上の写真のように見えるわけです。

私はこういう桜を今まで見たことがありませんでした。
これって岩手でしか見られない現象なんでしょうか?
どうしてこんな風になるんでしょうか?
そして、これは別な植物が寄生したものなの?それとも桜の枝の一部が変質したものなんでしょうか?
どなたか、この桜の木の秘密をご存じの方がいらしたら教えてください。

|

« ただいま、東京 | トップページ | 岩手の桜いろいろ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ヒトで言えば白髪と黒いのがあちこちに共生しているようなもんでしょうか。あるいはところどころ毛が残っているようなもんかな。
初めて見たよこんなの。これって東北ではよくある光景??

なんかあれだね、色的に、桜餅(笑)

投稿: 三尉 | 2006.05.07 22:24

やはたです。帰省お疲れ様でした。
宮古に行ったり北上に行ったり、当方が釜石にいなかったような感じで
WRXワゴンも順調に走行距離を稼いでいます。

何処の桜かはわかったつもりではいますが・・・
これって、天狗病って言う病気のはず。

一本の枝の先端が放射状に枝分かれして、その枝は葉桜になるんですよ。

どうやって駆除するんだろう?

投稿: やはた | 2006.05.07 23:11

>三尉
うん、こういう桜の木って東北というか岩手ではとてもたくさん見かけて
なんだか不思議というか、ちょっと変わってるなあと思ってたんですよ。
全体的に花曇り気味で、淡い色なので
ちょっとおいしそうではありますね(笑)。

でも、どうやら、やはたさんのコメントのとおり
これは天狗病という病気のようです・・・。
このまま放っておくと枯れてしまうんだそうですが
今回いろんな桜を見てきて、かなりの木がこの病気にかかってたように思います。
うーん、ちょっと心配・・・・。

>やはたさん
実は某(笑)郵便局の斜め向かいの和菓子屋さんで
お菓子を買いに寄って、もしかして・・・と辺りを見回してみたんですが
きっと、やはたさんはお出かけ中だったのかも知れませんね~。
今回は釜石山田道を通ったんですが、もっのすごく走りやすい道路ですね。
でも、10キロほどの道路ですれ違った車は数台しかいませんでした。
あんな短い距離ではまだ利用する人も少ないのかな?
それとも帰省車ばかりだから、気づく人もいなかったのかしら?

>>何処の桜かはわかったつもりではいますが・・・

まさにご想像通り(笑)、下の写真なんか分かりやすいかと思います(笑)。

なるほど、これって病気なんですね・・・。
最初は私も何かの病気か寄生植物のしわざかと思ったんですが
あまりにたくさん見かけるので、そういう種類の桜でもあるのかなと
いろいろ想像してたんです。
遠野のバイパスの桜並木も、去年あたりは気づかなかったのに
今年はかなりの木が発病してるように思いました。
これ、何か手を打たないと面倒なことにならないのかしら・・・。

投稿: しのぶ | 2006.05.07 23:55

こんにちは、初めてこのブログへコメント書かせていただきます。
一郎と言います。
なにか、不気味なものを感じるのは、僕だけでしょうか?
実は今、桜の写真を集めております。
そこで、こちらでも一緒に参加をお願いしたくコメント書きました。
私のブログの■お願いボタン■を押していただくと参加内容のページは入ります。
他の地域にもに、あなたの桜を見せていただけませんか?

投稿: 一郎 | 2006.05.08 16:20

>一郎さん
こちらこそ初めまして~。
あれからいろいろ調べてみたところ、どうやら正式には
「天狗巣病」というカビの一種が原因の病気のようです・・・。
予防法がまだ見つかっていないので
病気に冒された部分を切除するしかないということで、
しかし、桜はご存じのとおり、枝を切るとそこから腐りやすいので
切ったあとの対処も面倒なようです。

岩手中を走り回って各地の桜を見てきたのですが
かなりの桜がこの病気にかかっているように見受けました。
これほど大規模に病気が広がってしまうと
ちょっと個人の力では対処のしようもないかと思われます・・・。
こんな残念な結果になるとは思わなかったので
少なからずショックを受けています。

さて、改めて岩手の桜の記事を書かせていただいたので
そちらからTBを送らせていただきますねっ。
でも、新しい記事に掲載した桜もよく見ると
天狗巣病がハッキリと分かるのですが・・・・。

投稿: しのぶ | 2006.05.08 18:25

こんばんは、やはたです。

間違えました。
天狗病ではなく、天狗巣病でしたね。
失礼しました。

投稿: やはた | 2006.05.08 23:35

>やはたさん
いえいえ、やはたさんが教えてくださったおかげで
この桜たちのことが分かりました、ありがとうございます。
ノンキに「面白いなあ」なんて言ってたんですが
本当はかなり大変なことになってたんですね・・・。

こればっかりは人間が治療する以外に治す方法はないようなんですが
かなりの割合でこういう桜の木をみかけたので
とても心配しています。
遠野の方なんか、去年より明らかに悪化してるし・・・。

ところで、全然関係ないんですけど
やはさん、ホームページかブログあたりやらないんですか?(笑)

投稿: しのぶ | 2006.05.09 02:48

しのぶさん、Aloha・・!。

桜の木の後ろに緑豊かな木が有るのか・・と思いました。

うぅ、まさに桜餅・・だ・・。

って感心していたら天狗巣病という
結構深刻な状態だった・・・という
壮大な展開でしたね・・・。

関東地方ではあまり見かけないし
天狗巣病なんて自分は知りませんでした・・。

恐るべし、東北地方って事ですかね・・・。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2006.05.09 18:20

>jazzさん
そうなんですよ、私も最初は後ろの木の枝が透けて見えるのかと思ったんですが
近寄ってみたら、同じ木だったんですねえ。
見た目はちょっと面白いというか、変わった桜だなあくらいなんですが
確かに病気と分かって改めて見ると、とても気味が悪いです。
一郎さんがコメントしてくださったように
アップで見ると、なんとも不気味な感じがしますよね・・・。
この異様に発達した枝の集まりが天狗の巣のように見えるんでしょう。
言い得て妙だなと思いました。

確かに関東では全く見たことがなかったんですが
カビ性の病気ということで、私が体につけて
東京に持ち込んでやしないかと、少し心配もしています。
そんな簡単に増える病気なら、とっくに全国に蔓延してるんでしょうが・・・。

うーん、これって東北だけで流行ってるのかなあ。
同じ東北でも都市部ではこんな桜は見かけませんでした。
ただ、去年は無事だった桜が今年は・・・というのもかなり見かけたので
もしかしたら将来ちょっと大きな問題に発展する予感もしなくもなく・・・。

投稿: しのぶ | 2006.05.09 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/9950271

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手限定?変わり桜:

« ただいま、東京 | トップページ | 岩手の桜いろいろ »