« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の17件の記事

2006.06.29

ピクルス王子

前のピクルス王子はガラスに貼るタイプだったけど、これはストラップです。

陸・海・空でコンプリート。

こうなると怪しまれるのはダンナですが(笑)、それはないと思うよ(思うって)。

そんなことより(笑)チケット買っちゃった~。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006.06.27

SEOアクセス解析ツール

SEOとは簡単に言えば、GoogleやYAHOOなどの検索エンジンの上位に自分のWebページが表示されるように工夫すること。
ブログやホームページを持っている多くの人が、自サイトのアクセス数に多少なりとも興味を持っていると思います。
特にSEO対策はやってない、って人でも、自分のサイトが検索サイトでどんな評価を受けているのか、ちょっぴり気になるところですよね。
そこで、こんなサイトでSEO最適度をチェックしてみましょう。

SEO TOOLS β(SEOツールズ) - 気になるあのサイトのアクセス・SEO対策を無料でチェック!

「解析するサイト」のテキストボックスに解析したいサイトのURLを入力するだけ。
サイトによって10秒から30秒ほど時間がかかりますが、ほぼリアルタイムでチェックできるのがお気軽ですよねっ。

私のブログの解析結果はこんな感じでした、細かい数値はこちらを見てください(てきとう)。
SHINOblogの解析結果


解析要素は大まかに5つあります。
WEBランクとはGoogleツールバーやYAHOOツールバーに表示される「PageRank」のことで、各検索サイトが独自の判断で算出したものです。
トラフィックランキングとは、いわゆるアクセス数ですね。
キーワード分析とは、一番よく検索される言葉。それが上位3つまで表示されます。
私のとこは「SHINOblog」「って」「思」の3つでした、・・・何これ、へこむわ。
被リンク数とは、そのままリンクされてる数のこと。
被リンク数が多いほど評価が高くなる訳ですが、ただ多いだけじゃダメで、よりランクの高いサイトからリンクしてもらわないといけないみたいですよ。
ドメイン取得年月日とは、そのサイトの歴史の評価。どれだけ長い期間開設されているか、ということですね。
ココログのユーザードメインは独自ドメインではないので、評価不能のようです。

というわけでSHINOblogの総合評価は52/120pts(120点満点で52点)、Cランクでした・・・。

んまあ、解析結果を知ったからと言って、何をどう対処する気もない、って人の方が多いでしょうけど(いや私がそうだし・・・)、自分のサイトと友達の評価を比べて、悔しい思いをしたり、陰湿にほくそ笑んでみるのも楽しいですよ~。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006.06.26

紫陽花と書いてHydrangea

梅雨入りして何ヶ月経ったんだって感じですが、今更感アリアリで背景画像を変えてみました。
(バラの画像のままだったら更新ボタンを押してくださいねっ)
前回のバラにはカエルくんはちょっと似合わなかったけど、今回はピッタリですねっ。

このアジサイは私の実家の庭にあったのをもらってきたものです。
今年はアジサイって当たり年なんでしょうか?
どこのアジサイもものすごく大きくて色鮮やかですよね~。
このアジサイも直径25センチはあるので(怖)、我が家のどの花瓶も不釣り合い。
仕方ないので一番大きい花瓶(それでも小さい)に水を満水にして重心低くしてます・・・。
あ、花についた水滴は「ヤラセ」です(笑)。

Blog0606
(画像クリックで原寸大をポップアップ表示できるよ)
写真がどうにもヘタなもんで(大汗)、この方から写真もらいたい気分です・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006.06.25

寂しいニフティクリップ

以前紹介したニフティクリップβですが、サービス開始から3週間が経とうというのに、けっこう閑古鳥ですね~。
数時間前に登録したクリップが「新着クリップ」にあがったままだったり、ちょっと寂しいことになってます。
ソーシャルブックマークってこんなもんなの?

今はクリップ数しか表示されてないけど、ヒット数を表示させたり、人気投票(面白いと思ったらポチッとなできるボタンつけたり)とかできたら良いなって思います。
できたら検討してください>スタッフ様

あんまり多くの人が見てる雰囲気もないんで、記事にするほどじゃない話題をポツポツクリップしてるんですけど、一人でやってても寂しいので(笑)、ブログからリンク貼ってみました。
右サイドバーのカレンダーの下に作ったんで、ヒマな方(笑)はたまーに覗いてみてくださいね~。


そうそう、関係ないけどうちのエアープランツ親子、お子様が顔を出してきましたよ。
これが発見当時の状態、子供はお母さんの陰に隠れて見えませんでした。

今はこんな風になってるよ。

親から独立(分離)する気配は・・・今のとこないです。
このままくっついたまま同じ大きさになったり、家族が増えたりしたら面白いというか怖いというか(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006.06.22

Musicbox Video

ちまたではYouTubeGoogleVideoをブログに埋め込むのが流行っていますが、今度はSONY BMGがミュージックビデオサイトを作ったそうです。

「Musicbox Video

広告ベースでの運営なので、視聴は無料。
Flashのストリーミング動画ベースなので、Firefoxでも観ることができます(最近Firefox不信気味)。

SONY BMG所属アーティストのプロモーションビデオが公開され、現在は約40組のアーティストのPVを見ることができます。
クリスティーナ・アンジェリーナとかジェニファー・ロペスとか、ピンクみたいな最近のアーティストもいるけど、マイケル・ジャクソン(スリラーもあったよ)とかビリー・ジョエル、あとブルース・スプリングスティーンなんてのもありました。
マイケルのPVは今観てもすごいね~、いろいろあってもやっぱこの人はすごいと思うよ、うん。
トップページにアーティスト一覧があるから、お好きなのをどうぞ。

・・・そう言えば私が初めて知った外タレも、初めて観たPVもビリー・ジョエルでしたよ、しかもレーザーディスクで。
なんか歳バレバレだけどもういいや(爆)。
ピアノ弾き語りアーティストとしてはエルトン・ジョンの方がずっと先輩なんだけど、エルトン・ジョンて外見がアレだったから、ランドセル背負ったお子様にはちょっと怖かったのよね、曲は良いとは思うんですけどね・・・。
我が(笑)DURAN DURANもBMGにちょっとからんでるんで出してくれないかなあ。

将来はこれらのビデオをYouTubeやGoogleVideoのようにブログに埋め込めるようにする予定だそうです。
Musicbox VideoならYouTubeみたいに「気がついたら削除されてた」なんてこともないでしょう(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.21

SUBARU SPORT MEETING

7月1日(土)にSUBARU SPORT MEETINGが晴海埠頭埋立地の特設会場で開催されるそうです。
The 3rd SUBARU SPORT MEETING
んもーっ!Firefoxで見るとなんじゃこりゃっ!!!(怒)

開場は朝8時から、入場料は3000円(前売り2500円)で、古今のスバル車の展示やグッズ販売などが行われるんですが、やっぱりメイン・イベントはプロ・ドライバーによるデモンストレーションでしょう!

王者ぺター・ソルベルグがワークスマシンでのデモランを披露してくれちゃいます。
・・・ピーターって、車載カメラで見ると運転中はものすごくポカーンとした顔してますよね。
人間って極限まで集中すると表情さえ忘れちゃうんでしょうか。
もっちろん我らが新井敏弘も参加!!
抽選で、ソルベルグや新井くんの助手席にも乗れるそうです。

実は私は今までラリーってこの目で見たことがなくって、一度こういう世界的なドライバーのテクニックを目の前で見てみたいんですよね~。
F1とかは乗用車じゃないから、速く走られても「そんなもんか」と思っちゃうけど、ラリーのように一見市販車と変わらない車が妙な(笑)動きで飛んでいくとこって、どんな感覚なんだろう?

ちなみに、SUBARU車限定ですが、ジムカーナも開催されるそうです。
こちらは事前の申し込みが必要で(The 3rd SUBARU SPORT MEETINGから申し込めます)、参加費は1万円。
普通免許でも参加できるそうですが、普免ドライバーなんか参加しないんでしょうね。
関係ないけど私は「A級ライセンス」のことをずっと「永久ライセンス」と勘違いしてて、一生更新の必要がない免許だと思ってました・・・。
このライセンス持ってる友達と、どうも話が食い違うんでおかしいなとは思ったんですけどね。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006.06.20

ブログをPDFファイルに

コツコツ書きためてきたブログの記事を無料でPDFファイルにしてくれるサービスができたそうです。

MyBooks.jp - MTファイル(MovableType形式)からPDFを無料で今すぐ作成
Movable Type形式のブログからPDFファイルを生成、これを自宅で印刷するなり、製本を頼むなりして自分のブログを本にしちゃうこともできる訳ですねっ。
利用できるブログは「ココログ」「MovableType」「TypePad」「はてなダイアリー」「SeeSaaシーサー」「BizPal」。
「ライブドア・ブログ」ではエクスポートできる有料ユーザーのみ利用可能だそうです。

作り方はこんな感じ。

最初に自分のブログの記事を書き出しておきます。
ココログだったら管理画面の「記事の読み込み・書き出し」で「ブログ(SHINOblog)の記事を書き出す」のリンクを右クリック(マックの場合はoptionキー?)で「対象ファイルに保存」で、自分のHDD内にログを保存します。
その他のブログでのログの書き出し方はこちらを参考にしてください。
http://mybooks.jp/FAQ.aspx

書き出しができたらMyBooks.jpのページで新規登録。
メールアドレスとニックネーム、そしてパスワードを登録します。

PDFの作成(無料)のページで必要事項を記入、最後の「データのアップロード」で先程保存したログをアップします。

数分後、登録メアドにメールが来るので、指定URLを開いてPDFファイルをダウンロードすればオッケー。

なお、データの再現性にはいくつか制約があります。
HTMLタグで有効になるのは<br>と<img>のみで、その他のタグや特殊文字(ブログ独自の絵文字など)は反映されません。
私は太字には<strong>を使ってるので見事に反映されませんでした・・・。
あと、画像はほぼ同じ大きさで、右に出るみたい。
ページ数は50以上480まで、それ以上になるとPDFが生成できないそうです。
(50ページ以下の場合は空白ページができます)
記事数が多いブログは、何回かに分けて生成した方が良いですね。
もちろん、PDF生成は何度やっても無料です。
私のブログは記事数だけで900近いうえにくっだらない長文が多いので(汗)半年ごとに作ってみました。
・・・が、コメントやTBも入れる設定にしたらこれでも「途中で切れました」(涙)。
うーむ、私のとこは3ヶ月で500ページ越えたよ・・・、でもコメントやTBを載せなければ半年分くらいはいけそうです。

という訳で私のブログ本はこんな感じにできました(画像クリックで拡大表示するよ)。

Books_1Books_2

ちなみに有料ですがこれを書籍化もしてくれるそうです。
料金表はこちら
料金表
500ページの本1冊でおよそ2万円、これが安いか高いかは個人の判断によるでしょうが、500ページを自宅のプリンターで印刷するだけでもけっこうな紙代&インク代にはなりそうです。
しっかし500ページってものすごい厚さだよね・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006.06.15

月への隕石落下の瞬間

月に新しいクレーターができたそうです。
NASAが流星物体激突の瞬間の撮影に成功したということです。
A Meteoroid Hits the Moon(英文)

5月2日に月に落下した流星物体は、直径10インチ(約25.4センチ)の岩石で、時速85,000マイル(157,420km)で「雲の海(Mare Nubium)」に激突、3m×14mのクレーターを作りました。
じ、時速15万キロって・・・・。
このエネルギーはTNT爆弾4トン分に相当するということで、そう言われてもピンとこないんですが(笑)とにかくものすごい衝撃だったことは確かでしょう。

流星の衝突による閃光の持続時間は0.4秒ほど。
この瞬間を時間を7倍に延ばしたgifアニメーションで公開していますが、なーにしろ重い!(GIFアニメなのに3MBあったよ)
ので、またFlash作っちゃいました、240KBにしたのでちゃんと動くと思います(笑)。
下の三角ボタンを押すと再生できますよ。
画面の右上あたりにキラッと光るものが見えます。
再生時間約2秒の間の、ほんの一瞬なので見逃さないようにね。

これくらいの大きさの隕石なら、地球に墜ちたとしても大気圏で燃え尽きてしまうので、火球となって観測されることはあっても地表に到達することはまずないそうです。
しかし月には大気がないので、かなり小さい石でも大きな衝撃となるんですね。

NASAは将来、月に人を送り込む計画を立てていますが、大きな課題のひとつが落下物(隕石)への対処です。
わずか20センチほどの石が宇宙船や飛行士を襲えば致命的な損傷を引き起こすかも知れないんですね。
今のところ、月にどれくらいの頻度でどれくらいの大きさの隕石衝突があるのか、正確には分かっていないのだそうです。

今後は常に月をモニターして、月面着陸の際の安全性についても研究していくということです。

・・・月って雨は降らないけど石が降ってくるのね・・・。

追記:
NASAおよびJAXAでは画像・音声・映像などを、特定の人物(宇宙飛行士など)のものを除き、教育・広報・情報提供などの目的での使用を許可しています。
ただ、今回のようにgifアニメーションだったものをFlashに作り替えてアップしたことが、良いことだったのかは、少し自信がなかったりします・・・。
参考:
JAXAプライバシーポリシー
NASA/JPL Image Use Policy

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.13

エコドライブ

ここには車好きの方もたくさんいらっしゃるんで(笑)、「エコドライブ」という言葉を聞いたことある人も多いかと思います。
地球温暖化の主な要因となっている二酸化炭素を減らすため、一般ドライバーもちょっと努力してみようよ、という取り組みのようです。
個人的には地球温暖化が本当に人間の活動のせいなのか、ってのがどうも分からなくて、特に「地球にやさしい」みたいな偽善的な(汗)フレーズが大嫌いなんです。
でも、たとえ温暖化が私たち人間のせいじゃなかったとしても、省エネはとても大切なことですもんね。
「環境のため」というアバウトな理由も良いけど「経済的」の方も魅力的にも感じますしね(笑)。

エコドライブにはチーム・マイナス6%が推奨する10のポイントがあるそうです。
エコドライブとは?
(サイトに掲載するのは画像じゃなくてテキストにしてください>チーム・マイナス6%さん)
私も実践できてるか確認してみたよ。

1.不要なアイドリングはやめましょう
アイドリングストップをしましょう、てことですね。
乗用車がアイドリング時に使う燃料は、10分間で牛乳瓶1本くらい、これはデカイね。
ただし、古い車や渋滞の後はバッテリーがへたってるので、エンジンがかかりにくくなります。
キーを完全にオフにするとウィンカーなども付かなくなるので、ちょっと気をつけた方が良いですね。
私は信号待ち程度ならやらないなあ・・・、列の後ろの方だと信号が赤でもジリジリ動くときがあるんですよね。
人を待つ時くらいですかね私がやるのは。

2.タイヤの空気圧をチェックしましょう
空気圧が低いと燃費にモロ影響しますね~。
これはディーラーさんに行くと必ずやってもらってます、あと長距離ドライブの前とかも。

3.不要な荷物は降ろしましょう
トランクを倉庫代わりに使っちゃうってありますよね。
うちは5ナンバーセダンだから、緊急グッズ以外は掃除用品くらいしか積んでません(ていうかそれ以上積めません・・・)。

4.暖機運転は適切に
こーれーは、うちの車が変なんですかね(汗)。
暖機運転は徐行してもできる、って言うけど、うちのはダメ。
やっぱり回転数が1000くらいに下がるまでアイドリングしてないと、その日1日調子が悪いです。

5.”ふんわりアクセル「eスタート」”を実践しよう
急発進をやめましょう、ということですね。
あーこれは私実践してますねえ。
特に前に車がいるときは、必ず「ふんわりアクセル」やってます。
だって、前の車が発進しそびれたら怖いじゃないですか。

6.車間距離に余裕をもちましょう
免許とって間もない頃は、やたら前の車に貼り付いてたけど今は、普通の人よりずっと車間距離を多くとってると思います。
きっと、同乗者は「もっと前行け」とか思ってるかも(笑)。
だって、直前の車が減速するのを、いつも気を張って注意するのって面倒なんだもん(おい)。

7.減速時にはエンジンブレーキを積極的に使いましょう
これがいつも思うんだけど、4速オートマの場合、時速40キロ以上出てる時に「D」レンジから「2速」に落とすとものすごい衝撃じゃないですか?
一人で乗ってるときなら良いけど、同乗者がいるとビックリさせちゃうんじゃないかな。
あと、ブレーキランプが付かないのに急激に減速すると後ろの車にも迷惑なような。
かと言って「3速」にしてもあまりエンブレ効果がなかったりするんですよね。
なんか良いコツないですかね?

8.駐車場所に注意しましょう
渋滞にはまるとものすごくガソリンを消費しますよね。
その渋滞の原因のひとつが違法駐車。
ちょっと停める、ってときは場所に気をつけて、長い駐車なら駐車場に入れましょう。
それに今は法規も厳しくなったしねっ。

9.エアコンの使用は控えめに
がー、ホントごめん、私、冬でもエアコンつけてます・・・。
だって、ガラス曇るんだもん。
あと、うちの車は色が濃いから、夏は熱気ためるためる・・・。
ただ、寒いのは苦手なんで設定温度はいつも高めです、って自己弁護してみました(汗)。

10.計画的にドライブしましょう
私は計画好きなんで(笑)、ちょっと目新しいとこに行くときは必ずルートを調べてます。
最近新しい道路もたくさんできてるから、そういうとこ走ってみたりとか。


・・・以上、ほっとんど実践できてない気がしますが(大汗)、エコドライブのサイトにも書いてあります。

クルマの運転は、個人差もありますし、車種による違いもあります。ですので、自分に合った方法を探しながら、10のポイントを踏まえた「エコドライブ」を実行してみてはいかがでしょうか。

うんうん、そうだよね(涙)。
でも、もうちょっと努力した方が良いのかもね私の場合・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006.06.12

鳥の巣とアリアンツ・アレーナ

建築好きのみなさんこんにちは。
今日はワールドカップの話をします。
と言っても私はサッカーのことはまるで分からないので、スタジアムの話です(笑)。

今、全世界の人が注目しているのがここですね。
アリアンツ・アレーナ
FCバイエルンの新ホームスタジアムで、ドイツ・ワールドカップの開会式会場ともなったミュンヘンの巨大スタジアムです。


いずれもWikipediaより

このスタジアムを設計したのはスイスのヘルツォーク&ド・ムーロン(herzog and de meuron)という建築家ユニットです。
ジャック・ヘルツォークとピエール・ド・ムーロンというこの2人、今や世界で最も脂がのってる建築家じゃないでしょうか。
彼らが得意とするのは、斬新な素材の多用と、そして他に類を見ない斬新なデザインでしょう。
このユニット、作品を作れば作るほど、加速度的に不思議度が増していってるように思います。

もちろん日本でも彼らの作品を見ることができます。
プラダ ブティック青山はパッと見ただけでも、ものすごいインパクトがあります。

そして、2008年に開催される北京オリンピックのメインスタジアム「国家体育場」が、やっぱりこの人たちの作品なんですねえ。
いや、これは偶然なんかじゃなくて、それだけヘルツォーク&ド・ムーロンの勢いが絶好調だという証拠なんでしょう。

スタジアムはコンペ(設計競技)によって選出したのですが、その作品集がこちら。
国家体育场(2008奥运主体育场)建筑概念设计方案竞赛应征方案展示
受賞作品はこちらだそうです(なぜか小沢一郎さんのサイト)。

部材が複雑に絡み合って互いを支え合う構造になっていて、この外観から愛称を「鳥の巣」と名付けられています。
残念ながらパブリック・ドメイン画像が見つからなかったので、ここで紹介することはできませんが、これもまた強烈なインパクトのあるスタジアムですよ。
屋根には半透明の材料を使用しているため、スタジアム全体が柔らかな光に包まれ、プレイヤーも観戦者も強い太陽光に視線を遮られることがなくなるそうです。
ワールドカップって、どの試合を見ても天気が良すぎるせいか、日差しがやたら強くてプレイしにくそうだもんね、これがなくなるだけでだいぶ見やすくなるんでしょうね~。

・・・しかしこの体育場、大幅な予算削減のために、当初のデザインからはかなりかけ離れたものになるようですね。
本来は開閉式の屋根がつくハズだったんですが、これがなくなり鳥の巣の枝になるべき鋼材の数もだいぶ減るようです。
全体の雰囲気を損なわない程度の変更になる、そうですが・・・。
つい最近の建設中の写真もありました。
お?なかなか雰囲気保ってないかい???

で、私がいつも不思議に思うのは、こういう先進的なデザインをする人の建物って、当初の計画通りに建ったためしがないのはなぜなんでしょうか?
後から予算削減、なら仕方ないけど、「やっぱ構造的に無理でした」とかって、設計者のプライドとしてどうなの?

それと、新進気鋭と言われる建築家が設計した建物って、町の雰囲気ぶち壊してるのがとても多いように思うんだけど、これって誰も何も思わないの?
いやあのルーブルのガラス・ミラミッドとかポンピドゥ・センターとかって明らかにあの場所にあるのは変でしょ(あ、言っちゃったよ)。
教えてプロの人。

しっかしこう見ていくと、日本の代々木体育館(国立屋内総合競技場)って40年以上経ってるのに、やっぱすごいですね。
アリアンツ・アレーナのボンレスハムみたいなドームよりずっと洗練されてると思うよ。

| | コメント (7)

2006.06.10

ディスカバリーズ1都6県で

私が「ディスカバリー」って言うとスペースシャトルの方かと思う人がいるかどうかは分かりませんが、今回は「スターバックス ディスカバリーズ」の方です。

ほっんとうにようやく、という感じで関東の一都六県での発売が始まるそうです。

「スターバックス ディスカバリーズ」1都6県に販売エリアを拡大
-6月27日(火)から茨城・栃木・群馬各県のコンビニエンスストアで新発売-

って、いまだに関東限定なのか?って感じですよね。
なんでこんなに出し惜しみしてるんだろう?何か深い事情でもあるんですかね???

スターバックス ディスカバリーズのスペシャル・サイトはこちら。
Starbucks Coffee Japan -DISCOVERIES-

で、このスペシャルサイトでとーっても気になったのが
「スターバックス ディスカバリーズ」 "Cut"スペシャルムービー
「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が登場してるんですけど、チルドカップをこういう飲み方する人って初めて見ましたよ。
これじゃ飲めないと思うし、ダラダラこぼれると思うんだけど。
と思ったら最後の画面でスタバの店員さんも同じ飲み方してる・・・。
なにこれ、今流行ってる飲み方なの?

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006.06.08

ココログへの要望/まとめ

以前、「ココログへの要望」で、みなさんからのココログに対する意見・要望を募集したところ、何人かの方からコメントをいただきました。
協力してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

「ココログは遅い」とか「不具合が起きる」という話はチラホラ聞いても、それが毎日続いてるという訳じゃないし、具体的に何が原因なのかも良く分からない状態での話だったので、みなさんも答えづらかったんじゃないかなあと思っています。


私自身もいろんなブログを回って意見や批判を書いてる記事を読んでみたんですが、だいたいこの2つに集約されてるような気がします。

*時間帯や日によって、動作が異常に重くなったりプロキシ・エラーが出る。
*そういった不具合に対する情報公開が遅く、明解な説明が得られない。

多くの方が「目新しいサービス」より「現状の安定」を望んでらっしゃると感じました。

ブログでは、1つのエントリーにはテキストと数十キロバイトの画像をアップするだけ、というユーザーが大半です。
このささやかな作業も、何万もの人が一斉にやればサーバーにはかなりの負担になるでしょうが、個々のユーザーにはそれが見えにくい・・・。

「現状で起きている現象をスタッフが気づいてないのでは」、あるいは「気づいていても対処してないのではないか」、そういった不安が「いったい何をやってるんだ」という不満に発展するんじゃないでしょうか。

ところで確かにココログって、数日間高負荷が続いても、気づいたらいつの間にか復旧していた、ということがありませんか?
これこそがスタッフのみなさんが尽力された成果だし、これだけ巨大なシステムを復帰させるには大変な苦労があるのだと思います。
ですが、私はこの「気づいたらいつの間に」というのが良くないんだと思います。

復旧に向けた作業をしている、ということは、「不具合が起きてることを分かっている」ということですよね。
これをできるだけ早めにアナウンスすることで、多くの方の不安や不満は解消されるんじゃないでしょうか。
アナウンスを迅速に行うことは「現状を把握しており、復旧作業も始まっている」と知らしめ、大勢の人を安心させることにも繋がるのではないか。
自信に満ちた言葉はそれを聞いただけで安心できるものです。

基本的にココログ・ユーザーは優しい人が多いです。
なんだかんだ文句を言いつつ、ココログに対する愛情も持っています。
でも、スキを見せると理詰めで緊縛攻撃してくるから油断は禁物ですよ~。

・・・と、一瞬横道にそれたところで、具体的な要望も出されました。

*予約投稿するとトラックバック送信が出来ない
 これはスタッフさんにメール確認、の方が良いですかね?
*更新pingの送信先を増やすか、任意のURLを登録できるようにしてほしい
 現時点で送れるのは2カ所でしたっけ?
 確かに様々なブログ関連のサイトが増えた今は、もっと多くのpingを送れるようにしてほしいですね。
*アナウンスはできる限り分かりやすく
 ブログの特徴のひとつは「誰でもホームページが持てる」ことだと思います。
 だからこそ専門用語を並べられても理解できない人もいるということは分かってほしい。
 この辺りの兼ね合いは難しいところだと思いますが、分かりやすいアナウンスをお願いしたいところですね。
*社長の鶴の一声はデカイ
 ・・・うん、これは私も大きいと思う(笑)。
 実際「古河建純 インターネットBlog」でトラブル状況について書かれただけでみなさん、ずいぶん安心してらっしゃったもんね。

ええと、こんな感じでしょうか。
adsさんがココログ関係者にお会いするのは今月の半ば、ということですので、短い期間でしたが一旦まとめさせていただきました。
今後はadsさんからの報告を楽しみに、またこれからココログがどう変わっていくのか、1ユーザーの私もしっかり見守って行きたいと思います。
みなさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.07

ニフティクリップβ

ニフティが、はてブを始めたみたいです。
あ(笑)、正確にはニフティクリップβ(ベータ)と言います。

はてなブックマークと画面がそっくりですが、使い方や用途もほとんど同じじゃないかな。
要はネット上で見られるブックマークってことですね。
ブラウザのブックマーク(お気に入り)と違うのは、このブックマークをみんなで共有できること。

今話題のサイトをチェックするのもいいし、誰かがブックマークしたサイトを見に行って、「面白い」と思ったら自分のブクマに入れてもいいし、使い方はいろいろ考えられそうですねっ。

@niftyのアカウントを持っていれば誰でも無料で作れるそうです。
始まったばかりのサービスなので、アカウントもわりと好きなのが取れそうですよ。
私も
http://clip.nifty.com/users/shinobu
っていうベタなアカウントを取れました。

使い方は簡単。
新規登録で自分専用のクリップ用アカウント(URLに使われます)、ニックネーム(ハンドルですね)、そしてページの公開・非公開を選択してすぐに使えるようになります。
「誰にも内緒で怪しいサイトをたくさんクリップしたい」なら、非公開にすれば自分だけのオンライン・ブクマができる訳ですねっ。
非公開にするならブラウザのブクマで充分じゃん、て話もありますが(笑)、外出先とか自分のPCが使えない時はけっこう重宝するかもね。

あとは、画面の指示に従ってお気に入りのサイトや、気になったニュース記事をガンガン登録してっちゃいましょう。

クリップの画面はこんな感じ(見やすいようにわざと画面を狭くしています)。

「しのぶさんのクリップ一覧/編集」には私が登録したお気に入りサイトが表示されてます。
クリップを登録したり削除・編集するのもこの画面から。

タグはブラウザのブックマークのフォルダのようなもの。
右サイドバーの「タグ一覧」からそれぞれのタグをクリックすればジャンルごとに表示することも可能です。
複数のタグをつけることも可能なので、例えば動物の動画が見られるページだったら「動物」「動画」なんてタグをつけてあげれば良い訳ですね~。

友達や趣味の合う人のクリップリストを「ウォッチリスト」に登録すれば、お互いのリストをチェックし合えるようです。

・・・たしかドリコムRSS(元MyBloglist)でも、同じようなサービスをやっていたけど、こっちは画面がものすごく分かりにくくて面倒だったんですよね・・・。
でも、これならサクッとできそうなんで、しばらく様子を見てみます。
危なくない程度に(笑)ためこんでたサイトを紹介していきますねっ。

ところで、ニフティクリップβのスタッフのブログがココログ(TypePad)じゃなくてMovableTypeなのがビミョーに気になるんですが?(笑)

| | コメント (42) | トラックバック (1)

2006.06.06

ココログへの要望

今回はここに来てくださるみなさんへお願いです。

「ココログは遅い」とか「対応が悪い」なんて話はあちこちで聞きますよね。
それは私自身も実感してることだけど、では、具体的にどんな時に「遅い」「悪い」とみなさんは感じられますか?
あるいは、どうすればそういった不満や不安が解消されると思いますか?
「とにかくサーバーを安定させてほしいだけ」とか「質問メールにはソッコウで返事がほしい」みたいなのでもいいです。
どんな些細なことでも良いし、単なるグチでも良いので、お聞かせいただけると嬉しいです。


「あずスタ」のadsさんがココログの関係者にお会いするそうです。
ココログの関係者にお会いします

adsさんは今までも「みんなで解決!広場」で、多くの人の質問に答えたり、ご自分のブログ内で様々なココログへの提言をなさってきたのですが、その活動がこういう形で実を結んだという訳ですね。
本当にadsさんの行動力には頭が下がります。

この機会に、adsさんは

「もし当日伝えてもらいたい用件があれば」

と、ユーザーのみなさんからの意見や希望等を募集してらっしゃいます。
せっかくの機会ですので、ただの悪口で済まさずに、もっと前向きな意見をこちらからも出していきたいですね。
もちろん、ココログ・ユーザーじゃなくても、「うちのブログとココログとはここが違う」なんて意見もいただけると嬉しいです。

おわび:
以前、この記事で「adsさんは3つの用件に絞って話し合いたいとおっしゃっています。」と書いてしまいましたが、これはあくまでひとつの例であって、それ以外にも様々な意見を広く募集されている、ということでした。
誤解してしまって申し訳ありません>adsさん&みなさん
もちろん、単なるクレームではなく、「ここが悪いからこうしてほしい」というような、建設的な意見を出した方がより良く改善の方向に向かえるのではと思います。


・・・で、みなさんから「意見ちょーだい」とか言って自分は何も言わないのはズルイので(笑)、私の考えをチラッと。

私がココログ・スタッフに一番にお願いしたいのは「迅速な現状報告」です。

これだけ規模の大きなブログサービスでレスポンスが遅くなるなどの不具合が出るのは仕方ないことだと思います。
であれば、トラブルが出た場合の現状説明や、復帰に対する進捗状況のアナウンスがあるだけでユーザーも精神的にだいぶ違うと思うんですよね~。


まあ、全部が全部、スタッフさんの耳に届くかは分かりませんが、この機会にいろいろぶちまけてみるってのも良いんでないかい?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.06.05

ネットでゲーム12

恒例のネットゲームですよ~。
過去のゲームは「ゲーム」カテゴリーで見られますよ。


■トコトコひよこの大冒険
http://kids.nifty.com/game/adventure/hiyoko/index.htm

@niftyキッズのゲームランドにある、とってもかわいいヒヨコのゲーム。
地面のマスをクリックすると矢印が出てきます。
矢印をクリックすれば方向が変わるので、上手に向きを変えてヒヨコをゴールまで連れていってあげよう!
早めに矢印を出しておいても一定時間が過ぎると矢印が消えてしまいます。
最初は簡単だけど、2面目から2匹になるし、障害物も出てきてかなり難しくなります。
アニメはまったりだけど、ゲームはまったりできないよ。


■Gorillaz Room attache
http://www.gorillaz.com/item.php?N=attache&URL=attache

アタッシュケースに荷物を上手に詰め込もう。
全6面ありますが、ちゃんと全部きっちりすき間なく入れることができます。
コイツもけっこう難しいので、攻略のヒントを教えちゃいます。
ちなみに、上の画面は1面目のですよ。

画像をクリックすると途中まで入れた画面を見られるよ。


2面

3面

4面

5面

6面

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.02

恐竜いろいろ

7月15日(土)から9月10日(日)まで幕張メッセで開催される世界の巨大恐竜博2006まであと43日!
さあ盛り上がってまいりました!(私が)
サイトの方もだいぶ更新が進んで「恐竜博のみどころ・注目の標本」なんか見てると血が騒いじゃったりしちゃいますよ~(私が)。

今回の主催団体にはNHKが入ってるということで、映像面でもかなりの充実っぷりが期待できそうです。
恐竜博に合わせて恐竜セミナーを実施、合わせて特集番組がくまれるそうです。
「恐竜vsほ乳類の1億5千万年」
<NHK公開セミナー>(7月12日(金))

こ、これ行っちゃったらちょっとヤバイかな・・・。

番組はこちら、NHK総合ですのでこれなら全国のお茶の間で観られますねっ。
う、うちのビデオって一ヶ月先の録画予約できるんだっけ?
■NHKスペシャル「恐竜VSほ乳類 1億5千万年の戦い」
第1集「巨大恐竜繁栄のかげで」7月16日(日)午後9:00~9:49
第2集「羽毛恐竜との戦い」    7月17日(月)午後7:30~8:43

もうひとつ、こちらはケーブルテレビなんですが、ディスカバリー・チャンネルでも恐竜特集の番組があります。
Discovery Channel「恐竜の世界」
なんだよ番組一覧になってないじゃん~。
しかたない、私が表にしてあげよう(笑)。
チャンネルはそれぞれのCATVによって違うと思うんで確認してくださいねっ。

よみがえる恐竜の大陸106/05(月) 22:00~23:00
06/26(月) 18:00~19:00
よみがえる恐竜の大陸206/06(火) 22:00~23:00
06/27(火) 18:00~19:00
中国での発見06/07(水) 22:00~23:00
06/28(水) 18:00~19:00
ティラノサウルスのすべて06/08(木) 22:00~23:00
06/29(木) 18:00~19:00
T-レックスの真実06/09(金) 22:00~23:00
06/30(金) 18:00~19:00
地の果て06/10(土) 22:00~23:00
巨獣はなぜ死に絶えたのか?106/11(日) 20:00~21:00
巨獣はなぜ死に絶えたのか?206/11(日) 21:00~22:00

・・・実は私は以前、同じくディスカバリー・チャンネルで放映された恐竜番組のDVDを持ってまして・・・。

タイトルは全然違うんですが、私が持ってるヤツとかぶってるっぽい映像もあるようなんで、同じ番組なのかも。
恐竜に限らず、古代もの、歴史ものって実はどんどん新説が出たり、それまで常識と言われてたものが全くの誤りだったり、古いものなのに日進月歩なんですよね。
今はもう「バカでノロマな、爬虫類の祖先」なんて誰も言わないしね。
この番組がいつ放映されたのもなのか分からないんですが、2002年にエミー賞受賞、と紹介されてるので少なくとも2002年以前の作品のようです。
ってことは、番組の内容は話半分で観た方が良いかも知れません(笑)。

さらに、恐竜つながりで私がいつもこっそり拝見しているブログを紹介します。
[STUDIO D'ARTE CORVO] blog
プロの古生物イラストレーターである小田隆さんのブログで、制作過程の作品も公開してらっしゃいます。
・・・こ、こんなすごいものをブログで見ちゃって良いんだろうか、とひたすら感動しつつ、コメントも残さず毎日楽しませていただいてます。

特にずっと制作の流れを拝見してきた作品が「学研わくわく観察図鑑 恐竜」となって出版されるそうで、私も発売日(6月27日)本屋に直行します!!!

あーダメだ、コーフンすると人間て文章書けなくなりますね(大汗)。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.06.01

金星が8年周期で

小説家って、単に良い文章書けば良いってだけじゃなく、いろんな知識が必要じゃないですか。
登場人物が特定の職業についていたら、その職業について知らなきゃいけないし、特定の時代の人だったらその時代のことを分からなくてはいけない。

どうしたって不得意分野のことも書かなければいけない場合もあるわけで、そういうとき、その分野にちょっと明るい人が読むと「そんなことはないぞ」と重箱の隅突き大会になる訳です(笑)。
そういえば、私もとある小説に「フランク・ロイド・ライトというイギリスの建築家」という記述を見つけて、「コテコテのアメリカ人だよ」とツッコミを入れたものです。


さて、今更ながら「ダ・ヴィンチ・コード」に手をつけ始めています。
シドニィ・シェルダンとかマイケル・クライトンみたいに、精巧な機械のような小説ですね。
スラスラ読めるのでけっこう面白いんですが、冒頭の記述で少し気になるくだりがありました。
星形(ペンタクル)に関するラングドン教授の知識の記述です。

「金星が八年周期で黄道上に五芒星(ペンタクル)を描く」

私も天文学に詳しい訳じゃないけど、こんな話は聞いたことがなかったし、地球上から見る金星の動きはとても複雑なので、そんなにシンプルな形を描くとは思えない・・・。
実は金星と星形の関わりについては私も聞いたことがあります。
でも、黄道上で描くんじゃないんです。

金星も地球も太陽の周りを回っているのだけど、1周する日数がずれているので、何度か接近することがあります。
地球の公転周期は約365日、金星は約225日で、会合周期(接近する周期)は584日。
この584日を5回繰り返すと、2920日になるんですが、これが地球でちょうど8年、ということになるんですね。

で、この接近の仕方が面白くて、会合の順に点をプロットしていくと星形になる、という訳です。

言葉で説明するのは難しいんで(笑)、簡単なFlash作ってみたよ。

earthは地球、venusは金星、そしてsunは太陽を表しています。
上にあるゲージは地球での年数、8年間のそれぞれの動きをアニメにしてみました。
ボタンは左から「再生」「一時停止」「元に戻る」ボタンです。

地球と金星が8年間で5回出会って、その5回の地点から線を引いていくと、ね、見事に星形になったでしょ。

というわけで、正解は

「金星が八年周期で地球との共同作業で軌道上に五芒星(ペンタクル)を描く」

なのでした。
ああ、疲れた(笑)。

ダン・ブラウンの誤りなのか、翻訳家の誤訳なのかは不明です。
いや、でももしかしたら私が知らないだけでホントに黄道上にも星形を描くのかも知れません。
どなたかご存じの方がいらしたら、教えていただけると嬉しいです。

で、黄金比については私も授業とかで習ったんですが、たぶんおっそろしく話が長くなるので、私の(笑)気が向いたときにでも・・・。

続きを読む "金星が8年周期で"

| | コメント (39) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »