« ブログをPDFファイルに | トップページ | Musicbox Video »

2006.06.21

SUBARU SPORT MEETING

7月1日(土)にSUBARU SPORT MEETINGが晴海埠頭埋立地の特設会場で開催されるそうです。
The 3rd SUBARU SPORT MEETING
んもーっ!Firefoxで見るとなんじゃこりゃっ!!!(怒)

開場は朝8時から、入場料は3000円(前売り2500円)で、古今のスバル車の展示やグッズ販売などが行われるんですが、やっぱりメイン・イベントはプロ・ドライバーによるデモンストレーションでしょう!

王者ぺター・ソルベルグがワークスマシンでのデモランを披露してくれちゃいます。
・・・ピーターって、車載カメラで見ると運転中はものすごくポカーンとした顔してますよね。
人間って極限まで集中すると表情さえ忘れちゃうんでしょうか。
もっちろん我らが新井敏弘も参加!!
抽選で、ソルベルグや新井くんの助手席にも乗れるそうです。

実は私は今までラリーってこの目で見たことがなくって、一度こういう世界的なドライバーのテクニックを目の前で見てみたいんですよね~。
F1とかは乗用車じゃないから、速く走られても「そんなもんか」と思っちゃうけど、ラリーのように一見市販車と変わらない車が妙な(笑)動きで飛んでいくとこって、どんな感覚なんだろう?

ちなみに、SUBARU車限定ですが、ジムカーナも開催されるそうです。
こちらは事前の申し込みが必要で(The 3rd SUBARU SPORT MEETINGから申し込めます)、参加費は1万円。
普通免許でも参加できるそうですが、普免ドライバーなんか参加しないんでしょうね。
関係ないけど私は「A級ライセンス」のことをずっと「永久ライセンス」と勘違いしてて、一生更新の必要がない免許だと思ってました・・・。
このライセンス持ってる友達と、どうも話が食い違うんでおかしいなとは思ったんですけどね。

|

« ブログをPDFファイルに | トップページ | Musicbox Video »

いろんな車とレガシィB4」カテゴリの記事

コメント

ジムカーナの案内をみました。
ミニサーキットの走行会みたいな感じ~。

普免ドライバーしかいないと思いますよ。
クラス分けが細かいのがいいですね。
Kカークラスもあるのが庶民的でいいな。

上のクラスの人達は、レーシングスーツ着てきそう(^^;

投稿: sin | 2006.06.22 00:15

>sinさん
お、普免しか参加しなさそう?
だったら私も・・・って一人で教習コース走行してそうだけどね(爆)。
どっちにしても、サーキットランて一度やると車ズタボロになりそうなんで
私は観戦者に徹しますわ、ってそれ以前にそんな車持ってないし(笑)。

>>上のクラスの人達は、レーシングスーツ着てきそう(^^;

そうなのよ、私もそれが心配(笑)というか、
いちおう参加項目にも「レーシングスーツが最適」とか書いてあるんで
何人かそういう人がいてもおかしくなさそうよね。
ソルベルグとお揃いのスーツとか着てたら怖いなあ(笑)。

投稿: しのぶ | 2006.06.22 03:35

群馬県民は半額とかそういう特典ないのぉ(笑)
いやーでもスバルってやっぱ、コアでディープなスバリスト、ボクサーフレークが支えてるから、きっとこういうイベントって青くてサイドに6連星をでかでかと貼ったナンバー555のインプが大挙して押し寄せるんだろうなあ。生ソルベルグはちっと見てみたい。

実は子供の頃行ったことあるイベントなんだけど、こんなのもあるよ。
夏休み乗り物教室。
http://www.fhi.co.jp/news/06_04_06/06_06_13.html

エアロスバルっていうスバル版セスナ機(セスナってのは固有名詞だからね)について、空中でのエンジンストール時の滑空角度を聞いた生意気な小学生だった俺(笑)。

今行ったら勿論あれだね、「ジャパニーズアパッチの米軍仕様との相違点」と「自動車ラインへのトヨタ方式導入における効率と品質改善効果」について突っ込むな(笑)

投稿: 三尉 | 2006.06.22 10:15

>三尉
群馬県民は地元のよしみで倍額だったりして(笑)。
うん、確かにスバリストってコアでディープな人も多いんだけど
それがたまーに鼻につく場合もあったりして・・・。
ナルシストが多いからちょっとウザイのよね、私も人のこと言えないけど(爆)。

この「夏休み乗り物教室」は社会科見学みたいなノリなのかしら。
私の時は、東京の郊外に日産の工場があった時代だから
あっちに見学行ってましたよ。
同時に行ったコカ・コーラ工場の方が楽しかったんだけどね(笑)。
だってコーラ飲み放題だったんだもん。

エアロスバルについて聞かれた社員さんはとっても嬉しかったんじゃない?
質問に答えられるかどうかは別として
やっぱ「この会社は飛行機出身」てのを分かってくれる子がいるって
ちょっと名誉なことかも。

>>「ジャパニーズアパッチの米軍仕様との相違点」

こっちはいちおう軍事機密だから詳しくは教えてくれないだろうけど

>>「自動車ラインへのトヨタ方式導入における効率と品質改善効果」

こっちはもっと教えてもらえないかも、プライドの問題で(笑)。

投稿: しのぶ | 2006.06.23 02:04

その昔利根川の河川敷から中島飛行機の工場が爆撃されてるのを、利根川のこっち(南)側から親父は見てたんだって。高射砲が空に咲かせる黒い花、それを避けて機首を急に上げ、僚機に空中衝突して墜ちていったB29を今でも覚えているとか。
…という話を子供の頃から聞かされてるもんで。
そのスバルが、今米軍の最新鋭のヘリを作ってるなんて皮肉というか、ああ平和だねぇというか。

ちなみにくだんの質問に対しての回答。
「機体に損傷がなければ全く不安はありません(着陸場所の確保は別として)。一般の無動力のグライダーは高度1m下がるまでに30m滑空しますが、この機首はストール時は1m降下に対し5m滑空となっています。これは危険な角度ではありません。」
と立て板に水を流すようにすらすらと。

投稿: 三尉 | 2006.06.23 08:03

>三尉

こんなことを言っては不謹慎なんだけど
激しい空襲を遠くから見ると本当に綺麗なんですってね・・・。
私の母親は熊谷の空襲を10キロほど離れたとこから見てたんだけど
子供だったから「空が真っ赤になってきれいだ」、と思ったんだそうです。
そしてその真下では、母のオバが熊谷で焼け出されて
手にサンダル持って裸足で走り回ってんだそうです。
・・・なんかさ、こういう話って私たちの世代にとっては
ものすごく昔のおとぎ話のような感じだし、
世界のどこかで今も争いが絶えないと聞いても
自分には関係のない話でしかないんですよね。
だけど、自分の両親や祖父母は戦争の中で生きてきた・・・。
本当はつい最近の現実のことなんですよね。

>>ちなみにくだんの質問に対しての回答。

え~っ、なにこの人、もしかして単なる広報担当じゃないですね(笑)。
私もこういう話は大好きなんだけど、予備知識がないので
一度ていねいに説明してもらいたいなあ。
あ、三尉が教えてくれてもいいよ~。

投稿: しのぶ | 2006.06.24 20:22

ええと・・俺なんかの口からよりここ見てくだされ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E9%87%8D%E5%B7%A5%E6%A5%AD
ウィキペディア:富士重工業

これ書いた人は重度のボクサーヲタ&ミリヲタという愛すべき人柄と見た。素敵っ☆レイセオンなんて社名出てくるなんて涙ちょちょ切れる(こんなのがからんでるなんて初めて知った)。
航空機部門が愛知にあるあたり、トヨタが欲しかったのはこれじゃん?と思ったりもして。最近ぱっとしないようだけどこの事業、より羽ばたいて欲しいもんです。

で、滑空角度。試しに5cm横線引いて、その端から1cm下に線引いて直角三角形書いてみて下さいな。この角度で降りるのって実は結構怖いかも??と思わない?素人が乗ると30度の上昇、下降でも垂直に感じるって言うからね。
ただエアロスバルは非常に運転しやすい機体とのことで、飛行機乗りからしたらこの角度の滑降は楽勝、なんだろうね。
そして無動力で落ちるだけのものなのに、1:30っていう滑空性能を持つグライダーってのもまた、すげぇ乗り物だよね。小さい頃利根川の河川敷で良く飛んでたみたいだけど、今も飛んでるのかな?

投稿: 三尉 | 2006.06.26 11:25

>三尉
すごいねこれ、熱いですねえ。
富士重工の項目も熱いけど、それぞれの車種や機種のリンク先も
クラクラするくらいすごいわ、やっぱこっち関係の人って体温が違うよね~。
んでもって私は何より谷村新司の昴がSUBARUのイメージソングだったってのが
初めて知りました、でも・・・「さらばSUBARUよ」って・・・。

航空事業は日本ではやっぱり今でも難しいのかなあ。
一旦遅れた事業を取り戻すのって本当に大変なのね・・・。
そういえば、現行のインプとR1のグリルの形状って
飛行機を正面から見た形をイメージしてるのよね。
ほんと、今からでも挽回してほしいね~。
んでもあんまり手を広げ過ぎてどっちつかずになるのもなあ(笑)。
ただでさえ、万年カツカツ企業なんだし・・・。

あー、滑空角度というか岩手なんかでも15度くらいの坂道が普通にあるんだけど
これは毎回泣けますよ、しかもカーブまでしてる日には
このままカーブの頂点で飛び立ちそうで・・・。
いつだったか「フランカー」の動画を見せてもらったじゃない?
あれもよほど訓練を積んだパイロットでないと気絶しそうですよね。
利根川の方は分からないけど、荒川の吹上あたりとか
グライダーがゆったり飛んでるのを良く見かけるよ。

投稿: しのぶ | 2006.06.26 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/10625669

この記事へのトラックバック一覧です: SUBARU SPORT MEETING:

» 富士重工業 SUBARU [自動車メーカーナビ]
自動車メーカーナビです。応援しています。宜しくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006.06.23 13:17

» スバリストへの厳しい道のり(完結編?) [Cafe Room]
ということで、実は月末に契約してたんですが、にやにや( ̄ー ̄)… やって参りまし [続きを読む]

受信: 2006.06.23 22:03

« ブログをPDFファイルに | トップページ | Musicbox Video »