« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の20件の記事

2006.07.31

違法駐車対策その後

6月1日に施行された駐車対策法制ですが、警視庁で施工後の状況を公表しています。

「新たな違法駐車対策について」

こういうのをまとめてグラフにでもしてくれれば良いのに、そういうのが見あたらなかったから表にしてみました(グラフにしなかったのは面倒だったから)。

晴海通り、新宿通り、明治通り、京葉道路など10路線、約32.1kmにおける、渋滞の長さと、平均速度を見ると去年と比べて格段に良くなったようですが。

_渋滞の長さ平均速度
H17/6/1~521.24km15.42km/h
H18/6/1~5-53.8%(13.64km)+17.4%(18.2km/h)
H18/6/1~15-34.5%+14.7%
H18/6/1~30-29.4%+13.8%

・・・良い感じでビミョーに下降線ですね・・・・。
施行前は「たとえ1分でも停めてるのが見つかったらアウト」と言われてたのが、実際はそこまで厳しくなかったことと、民間の駐車監視員がどこに出没するのか、だいたい把握できてきたせいなんでしょうか。
あとは、商売で荷下ろししてるのまで取り締まるのはあまりに・・・ということで、自治体によって緩和政策をとったりしてるみたいだしね。


確かに、私が良く通る幹線道路(監視員の巡回路線)では、貨物トラック以外の路駐はかなり減りました。
たまに停まってるのを見かけてもハザードを出して「ちょっとだけよ」をアピールしてる車ばかりなんですよね。

ただ、これが一歩横道にそれるとギッシリ路駐、なんてこともあって、ただでさえ狭い道路がますます大変なことになってたりします。
広い道路は路肩に停めればあまり迷惑にはならないけど、狭いとこは1台いるだけで思いっきり交通マヒになるんで、こっちの方を何とかした方が良いと思うなあ。

そういえば、こんな裏技もあるんですよね。
ステッカー貼られても出頭しない---施行状況に明確に現れる
--Responseより--

違反者として名乗り出ると、反則金に加えて違反点数を付けられちゃうけど、車の持ち主として出頭すれば違反金だけで済むそうです。
私だって違反金で済ますだろうな・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.28

タモリ倶楽部でGoogleMaps

今日の深夜0:35から放送される、テレビ朝日「タモリ倶楽部」のテーマはGoogleMapsらしいです。
テレ朝のサイトには詳しい内容は載ってないんだけど、インターネットTVガイドにこんな風に書いてありましたよ。

タモリ倶楽部 初潜入世界最高峰のIT企業独占公開…超リアルで遊べる地図

もしかしたら、GoogleEarthの方かな?
初めてGoogleMapsを見たとき、狂ったように世界中を見て回ったもんですが、ゲストのみなさん(誰かは知らないけど)も衝撃を受けるんでしょうね~。
最近は自分で探すのがあまりに面倒で、人が探してくれたものを「おおお」とか言いながら楽しむ方向に行っちゃってるんですが、タモリ倶楽部でも新しい「すごい場所」を紹介してくれるかも知れませんねっ。
さすがにテレビ番組だから、あんまりヤバイ場所のは出さないかもだけど。
これとか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.07.27

うんこ大賞

すごいタイトルですいません。
いや、本当に受賞したことあるんだってば、残念ながら準大賞だけどね。
れっきとしたNPO団体・・・じゃないけど「世界うんこ協会」からいただいたんですよ。
手書きってとこがスローライフでしょ、良く分からないけど。

・・・・これは高校生のとき、デザインの授業でもらったものです。
平面構成と言って、ケント紙にポスカラで、テーマに沿ったイメージを描く授業があったんですけど、作品の中に「それ」っぽい形とか色があったら受賞できるんですね。
ただし!明かに受賞ねらいの作品は対象外になることもありました。
・・・どういう基準で受賞になるのかは、審査員のみぞ知る、ですが。

ええと、いちおう都内でもそれなりに進学校だったように思います。
もっとひどい(笑)こともいっぱいしたんですが、法に触れるようなことはしなかったと思います、買い食い以外は(とりあず校則では買い食いは違法)。

ってな感じで、大切に持ってたよ~。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2006.07.26

伝統芸能を観よう

みなさんがお住まいの地域には、昔から受け継がれる祭や伝統芸能がありますか?
歌舞伎や能などは国に認められて保存されるけど、地域で細々と受け継がれている伝統芸能は、どこも衰退の一途を辿っているようです・・・。

今回の帰省では岩手の伝統芸能にひたろうと思っています。
岩手の伝統芸能は、神楽(かぐら)、鬼剣舞(おにけんばい)、鹿踊り(ししおどり)などいろいろありますが、私が気に入ってるのが神楽と鬼剣舞です。

本当は釜石などで実際に神事として奉納される舞を拝見したいんですが、私たちが行く期間に奉納される舞はないようなんです。
それで、今回は内陸ではあるんですが、北上市の「みちのく芸能まつり」を見学することにしました。

こういった伝統芸能は、舞える人も、舞を教えられる人もどんどん少なくなっていると聞きます。
確かに伝統芸能は後生に受け継いでいってほしいとは思います。
ただ、誰だって「生活」ってものがあるし、あくまで部外者である私が自分は現代的な生活を送りながら、無責任に「ちゃんと保存してよ」などと言うのはノンキすぎるんでしょうね・・・。

「みちのく芸能まつり」では、市民ホールでの公演以外にも街頭での舞の披露もあるようなので、うまくいけば、モブログ投稿なんかもできるかもねっ。

*鬼剣舞(おにけんばい)
役の行者小角(えんのぎょうしゃ おづぬ)が、念仏を唱えながら踊ったのが始まりとも言われているので、仏教系(真言宗?)が源なんでしょうか。
他にもいろんな説があって実際のところ、正確な由来は分かってないようですね。
鬼の面をかぶり、赤いたすきをかけて、太刀や扇、金剛杖などを持って踊る姿は、とても勇壮で激しいものだそうです。

*神楽(かぐら)
神道の神事で奉納される歌舞で、早池峰神楽(はやちねかぐら)が有名です。
「国つくり」の日本神話(天照大神の岩戸隠れなど)にのっとった、物語性の強い舞のようです。
(かがり火の下でのコンデジ撮影なのでひどい写真ですが 汗)


*鹿踊り(ししおどり)
鹿の頭をかぶって踊るもので、こちらも非常に激しい舞です。
これも起源は定かでなく、狩猟で捕った鹿の供養であるとか、猟の安全を祈願するものだとかいろんな説があるようです。
(写真は吉祥寺での岩手物産展)

・・・って、自分で書いていながら、実はあまり詳しいことは分からないので、岩手の神楽や鬼剣舞についてご存じの方は、教えていただけると嬉しいです(大汗)。
ある程度予習してから行った方が良いかもね。

私自身、歴史のない東京のベッドタウンで生まれ育ったから、100年スパンで語られちゃうと弱いのよね~。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.07.25

まるごとまちごとハザードマップ

ここ数年、日本の各地で大雨や台風による被害が相次いでいますが、どうもこれは温暖化の影響ではないか、という説が出ていますね。
気象庁では、このまま温暖化が進んだ場合、つまり温室効果ガス(二酸化炭素)の人為的な排出量が比較的高水準で推移する場合の、100年後の気象の変化を予測しています。

異常気象の長期的な変化傾向と将来予測

これによると、100年後は最高最低気温ともに増加し、降水量が増加すると予測されています。
特に中国地方から九州北部にかけて大きな増加が予想されていて、これがまさに今年のパターンとそっくりなんですね。
すでに人為的温暖化は目に見える形で顕れてきている、ということでしょうか・・・。

二酸化炭素の排出量を減らす努力をしなければならないのは当然として、今起きようとする災害は、とにかく防がなくてはなりません。

国土交通省では、河川の氾濫時の浸水状況や避難所などを標識として表示する「まるごとまちごとハザードマップ」を作るそうです。
市街地に浸水深等を表示します
 ~まるごとまちごとハザードマップの推進~

現在は東京都北区の荒川沿いのみの実施ですが、今後は全国にこの標識を設置していく予定なのだそうです。

標識の凡例は以下のとおり。


河川が氾濫した場合、どの程度浸水する可能性があるかを表示したもの。
このマークだと、3m浸水する可能性がある、ということだそうです。

地上3mの位置に貼られる標識で、左の標識と対で表示されます。
浸水したらここまで水が来るよ、ということですね。

堤防が近くにあり、河川が氾濫すると浸水する可能性のある地域に表示されます。

災害時の避難所を示す表示で、おそらく学校など自治体の施設に設置されるのでしょう。

これらの標識を見かける場所では、大雨の時は気をつけた方が良いですね~。
「ハザードマップ」ってくらいだから、将来的には浸水の危険のある地域を地図にして発表とかするのかな?
ただ、これって注意を促すって意味では効果的なのかも知れないけど、地価や災害保険に影響しそうですね。

実は、私が住んでいる地域(東京武蔵野地区)は、昔はかなり頻繁に川が氾濫してたんですが、ここ10年以上、そういった話は聞かなくなりました。
この辺りでは、治水がかなり進んでいるのでしょう。
ま、川はコンクリで固められて死んでますけどね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.07.24

ビリー・ジョエル日本ツアー決定

単独では11年ぶりのコンサートだそうです(8年前にエルトン・ジョンとのジョイント公演をしていますが)
BILLY JOEL、11年ぶりとなる単独来日公演が決定
--bounce.comより--

東京、札幌、大阪、福岡、名古屋と5ヶ所でなんとまあ、25万人動員予定だそうです。
「このツアーを最後に音楽活動をやめる」という噂があちこちで立っているので、世界中で激しいチケット争奪戦になっているようです。
なんだかんだ言っても、日本でも人気あるしね。
こりゃヘタすると追加公演もあり得ますな。


以前もチラッと書いたかと思うんですが、私の洋楽の原点はビリー・ジョエルでした。
まだランドセルしょってスカートからパンツはみ出させているような年齢のときに、早稲田大の学祭に遊びに行ったことがあるんですが、ここで初めてビリーのプロモーションビデオを観て、ものすごい衝撃を受けたのが最初でした。
日本にはまだMTVとかPVとかって概念、なかったしね。
もう「なんじゃこれは」と。
それから洋楽ばっか聴くようになって、どこグレちゃった(笑)のか、最終的にはDURAN DURANに落ち着いちゃう訳ですが。

もちろん、来日コンサートは毎回行きましたよ。
1995年の日本最後の来日の時も行きました、確かこの年、大阪公演は1月17日の予定だったんです。
忘れもしない、阪神大震災が起きた日でした・・・。

チケットの予約はウドー音楽事務所・BILLY JOEL IN CONCERT 2006で。

・・・そういえば、DURAN DURANの時は無常のドタキャン騒動がありましたが(号泣)、頼むからそれだけはやめてね(涙)。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006.07.23

お盆の渋滞予想2006

毎年恒例、帰省の季節がやってきます。
私たちはお盆ラッシュを避けて少し早めに帰省することにしました。
今回もちょっと寄り道する予定なんですが、それはまたのちほど改めて。

JH(日本道路公団)って去年民営化されたじゃないですか。
そしたら、道路公団のサイトがまるまる削除されてましたよ。
・・・潔くて良いんだけど、せめて何年か「引っ越しました」ページを掲載しといた方が良いんじゃねえの???

と言うわけで、新たに掲載しなおし(汗)。

NEXCOグループは「お盆時期の高速道路における渋滞予測 【全国版】」を発表しています。

それによると、今年のお盆ラッシュ、下りは12日(土)、上りは14(月)~15(火)だそうです。

ハイウェイナビゲータ
こちらでは例年の渋滞状況を見込んだ所要時間を見ることができます。
試しに12日に東京を9時に出て、岩手に行くルートを検索してみたら、いつもより5時間多くかかってるよ、氏ぬよこれ。

出発インターと到着インターが分かっていれば、それぞれのインター名を入力すれば、ルートと所要時間が分かります。

その画面で出発予定の日時を入力して「ルート」ボタンを押すと、当日のおおよその所用時間が分かるのですが。
私たちがが走る高速は普段なら6時間10分で高速を抜けられるのですが、出発当日は1時間半以上延びて、8時間かかる予想だそうです(涙)。

日ごとの渋滞予想はこちら
ドライブカレンダー

当日の高速道路の交通情報はこちらで確認しましょう
(財)日本道路交通情報センター 道路交通情報Now !!


携帯からのアクセスはこちら
http://www.nexco.ne.jp/mobile/
■iモードからのアクセス
「iモードMenu」→「メニューリスト」→「交通/地図/旅行」→「ハイウェイドラなび」

■Vodafone live!からのアクセス
「メニューリスト」→「交通・グルメ・旅行」→「道路情報・タクシー」→「ハイウェイドラなび」

■EZwebからのアクセス
「EZインターネット」→「地図・交通・旅行」→「道路・交通」→「ハイウェイドラなび」

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006.07.18

フォーラム@nifty終了

@niftyは2007年 3月31日(土)をもって「フォーラム@nifty」(フォーラム、サークル、マイデスク機能)を終了するそうです。

「フォーラム@nifty」は、2007年 3月31日をもって終了します。
--フォーラム@niftyより--

私が@niftyに入会したのが1997年4月です。
フォーラムができたのがその10年前の87年ですから、私はまだまだ新参者、でした。
当時のインターネットはいわゆるWeb1.0の時代。
今のようにブログや掲示板でコミュニケーションを取ることもほとんどできず、日本のサイトもまだまだ少なくて、思うような情報を得られないのが実情でした。
その点、フォーラムは細かくテーマを絞って会議室ができているので、かなりコアな情報を得ることもできたのですね。

とにかく、フォーラムでは様々なことを教わったと思います。
技術的なことから書き込みをする上でのマナー、文章術まで、今の私のネット上での書き方やサイトの作り方は、すべてフォーラムで培われたものである、と、これは自信を持って断言できます。
フォーラムを通じてたくさんの友だちができたし、今でもたくさんの方と家族ぐるみでおつき合いさせていただいています。

そのフォーラムもWeb版に移行し、パソコン通信も終了しました。

私はココログで新しい友だちをみつけ、以前からの友だちとも仲良くし、これからもネットで楽しくやっていくのだろうと思います。

フォーラムのマネージャーのみなさん、フォーラムで出会えたたくさんの友達、そして何より、かけがえのない財産をくれた@niftyに、心からありがとう、そしてお疲れ様でした・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.07.16

世界の巨大恐竜博2006

昨日の恐竜博の記事はモブログ投稿での生中継だったので、画質もイマイチでした。
もちろんデジカメでも撮影してきたので、いくつか紹介しちゃいます。

■スーパーサウルス
Supersaurus
クリックすると大きな画像で見られますよ(1000×393ピクセル)。
どうしても1枚の写真に収まりきれなかったので、3枚の写真を貼り合わせてみました。
継ぎ目、分からないでしょ。
ちょっとは大きさが実感できるかな?
・・・どうでもいいけど、スーパーサウルスって名前、ものすごくダサくないか???

■トリケラトプス

これ、けっこう人気ある恐竜ですよね~。
この標本はトリケラトプスの中でもかなり大きい個体のようで、アフリカ象くらいの大きさがありました。
け、けっこう怖い(笑)。

■トリケラトプス(左)とティラノザウルス(右)

このティラノザウルスは2001年に発見されたメスの個体で、まだ完全な大人にはなってなかったようですが、それでも迫力があります。
この並べ方って、ちょっとどうなのかな(笑)。
どう見ても「あーらティラノさんの奥さん」「まあ、トリケラさんの奥さん、ごきげんよう~」というホノボノな雰囲気・・・には見えませんですね・・・はい。

■ケラトサウルス(左)とタニコラグレウス(右)

両方とも肉食恐竜なのですが、エサを巡ってなのか、縄張りを巡ってなのか争っている様子が再現されています。
「ぴょーーん!」「やめてよぅ!」

■おまけ


「恐竜の火山弁当」
恐竜の形のナゲットと恐竜の卵(ウズラの卵似)が乗っています。

「草食恐竜の草だんご」
原材料はシダ植物・・・じゃないよね(笑)。

「恐竜のたまご型はちみつプリン」
けっこううまそう~。

「恐竜博で遊んできました。」
ミルクパイみたいです。
モリー三兄弟のイラストがかわいい。

| | コメント (17) | トラックバック (3)

2006.07.15

ツーショット

ツーショット
ティラノザウルスとトリケラトプス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーサウルス

スーパーサウルス
携帯だとこれが精一杯

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ディプロドクス

ディプロドクス

一番大きいスーパーサウルスは携帯カメラじゃ入り切れませんよ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

恐竜博

恐竜博

来たよー!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.07.14

国のために戦うか

もしも戦争が起こったら国のために戦うか。

数十ヶ国の国民の意識を調査比較する「世界価値観調査」というのがあって、各国の大学・研究機関の研究グループによって、5年ごとに実施されているそうですが、2000年の調査結果が「社会実情データ図録」で公開されていました。

設問は

「もし戦争が起こったら国のために戦うか」

福井晴敏あたりが見たら、鬼の首でも取ったように喜びそうなデータですが(笑)。
サイトでは約35カ国の国についての意識が表になって「はい」の小ない順に並べられています。
日本が一番トップで「はい」が少数派になってて、これはもう「当然の結果でしょう」って感じですね。
具体的な調査方法までは分からないのですが、おおむね納得できる結果かなあと。
サイトでも書かれていますが、第二次大戦のこともあるし、日本は憲法によって戦争放棄しているので、「こんな国のために戦いたくない」というよりも、実感として国のために戦うということがどういう意味を持っているのか想像しにくい、ということもあるでしょうね。

一方、同サイト内でこんな調査結果も公開されています。

日本が戦争に巻き込まれる危険性

この表の出典はたぶんここ。
自衛隊・防衛問題に関する世論調査 --内閣府より--
あれ?私、この世論調査、朝霞でやったような気が?項目が多くて途中で飽きちゃったような気が(汗)。
んで、ピクルス王子のシールもらったような気が?

案の定というか、2000年以降「危険がある」割合がぐっと高くなっていますね。。


で、私感です。
私も多くの日本人の例に漏れず、自国が戦争を起こすという事態に対して、どうにも想像力が欠如していて実感ができません。
ただ、今の時点で、その乏しい想像力の中で考えるとしたら。

私は戦うと思います。
ハープーンでも何でもぶっ放すぜ(いやそうじゃなく)。

目の前で家族や大切な人が殺されようとしてるときに、黙って見てられるか、という感じでしょうか。
もちろん、現実にその場に立ったとき、足がすくんで何もできないかも知れない、あるいは「やっぱり自分がかわいい」と見ないふりをして逃げ出すのかも知れない・・・。
だけど、話しても無理な相手だとしたら、黙ってやられっぱなし、では死にきれない気がするのです。
あー、でもそれは「国のため」というより、「愛する人のため」なのかも知れません。
となると、やっぱり私も「いいえ」の部類なのかも知れません。

それでも、一般の国民が戦争やテロについて真剣に考えが及ばないというのは、決して皮肉ではなく、私はすばらしいことだと思うし、全世界の人がそうなるのが理想のような気もします。
甘い?

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006.07.13

恐竜の姿勢

いったいいつから恐竜に興味を持つようになったのか、自分でも定かじゃないんですが、たぶん、子供の頃に親に恐竜の絵本か何かを買ってもらったのかも知れません。
あまり古い本は処分したりして今はもうないんですが、手元には80年代に出版された本が残っていました。

それを見ると、現在定説とされている姿とはずいぶん違うのが分かってちょっと面白いんです。

たとえば、これはブラキオザウルス(首長竜)のイラスト。

尻尾が下に垂れ下がって、首がキリンのように真上に伸びています。
映画「ジュラシック・パーク」でもブラキオザウルスが登場しますが、この時代は首長竜は背の高い木の葉を食べていたと考えられていたので、こんな風に首がビヨーンと伸びてたんでしょうね。

今の首長竜はこんな感じ、これはセイスモサウルス。

尻尾も首も地面と並行に伸びていて、首を左右に振ることはあっても上に伸ばすことはあまりなかったと考えられています。

そして、こちらはティラノザウルス。

ゴジラのように背筋を伸ばしてスクッと立っています。
尻尾は地面にはついてないけど、この姿勢だと気を抜いたら地面につきそうですね。

今のティラノザウルスはこうです。

やっぱり頭と尻尾を地面に並行にして姿勢を低く保っています。
確かにこの姿勢の方が、「獲物に飛びかかる体勢」っぽいですよね。

今の姿勢になったのはいろんな理由があります。
ひとつには、恐竜の足跡の化石に尻尾をひきずった跡が見あたらないこと、そして構造学的にこの姿勢の方が無駄がないそうです。
この姿勢は吊り橋の構造に喩えられることが多いですが、あるいは綱渡りをする人が横に長い棒を持って歩くのと同じ感じ、でしょうか。
股関節を支点としたときに、体を寝かせて歩く方が全体の釣り合いが取れてエネルギーの消費が少なくて済む、という訳です。


恐竜と言えば、1億6000万年もの繁栄の後、プッツリと消滅するように絶滅したと言われていますが、これも現在は違う説が有力になっています。
もちろん、多くの恐竜たちは絶滅の道をたどったのですが、中には違う姿になって現在も生き延びているものがいるのです。
私たちがどこでも見かける鳥に進化したと言うのですね~。
生ゴミとかあさってるカラスも、クルッポーとか言って公園をウロウロしてるハトも、実はティラノザウルスの子孫だった、なんて思うと、ちょっと尊敬しちゃいますねっ。
もちろん、これらの説も、「今はそう言われている」というだけで、今後、全く別な説が出てくる可能性もあります。

私たち人間は、まだまだ恐竜のことはほとんど分からないことだらけ、なのですね。

オマケ:先日、「恐竜の壁紙いろいろ」で紹介した小田隆さんがイラストを描かれた本が出版されました。
私も買っちゃったよ~。

うーむ、恐竜街道爆走中~。

追記:すっげえ!メンテ終わったらココログさくさくだ~~っ!
これでフリーにも負けないぞっ!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.07.10

サービスエリアでスターバックス

コンビニの次はサービスエリアです。

高速道路のサービスエリアで「スターバックス コーヒー」を展開
~10月の足柄SA(上り)を手始めに、複数出店で基本合意~

--Starbucks Coffee Japanより--

日本道路公団って、去年10月に民営化して東日本・中日本・西日本高速道路株式会社(NEXCO)の3社に分割したんですよね。
そのからみもあって、これからサービスエリアやパーキングも工夫していくつもりのようです。
NEXCO中日本グループとスターバックスのコラボによって、いよいよ高速道路のサービスエリアに店舗展開を始めるそうです。

手始めは東名高速道路。

足柄SA(上り)に10月オープンを予定しており、これを皮切りに足柄SA(下り)、富士川SA(上り・下り)、浜名湖SAと、順次展開していくということです。

うーん、私としては東北道にできるとありがたいなあ。
・・・と思ってたら!
「スターバックス コーヒー」 NEXCO東日本SAに初出店!
~東北道 蓮田サービスエリア(SA)上り線に10月オープン~

願いが通じました!!
でかしたNEXCO東日本!
こちらはテイクアウト専用のお店になるそうですが、パーキングだったら全然問題なし。
ただ、非常に個人的には(笑)蓮田っていつも真夜中とか明け方に通るんで、お店閉まっちゃってるかも、あと下り方面にほしいなあ。
なんちゃって、こんなワガママは放置してください(笑)。
最初の出店が成功すればこれから徐々に増えていくかも知れません。
ドトールはけっこう前からサービスエリアに展開してるんですけどね。

この夏の帰省には間に合わないけど、これでスタバのない地方に遠出しても禁断症状が出なくて済みそうです(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.06

ネットでゲーム13

だんだん脱力系ゲームが増えてるように思えるのは、たぶん気のせいです。
今回はちょい少なめに2つ紹介。

■ハトキャッチ
http://game.coden.ntt.com/contest/prize/sgp.html#45

2006年OCNゲーム×なつゲー Flashゲームコンテスト準グランプリ作品。
神経衰弱の要領で同じ数字のハトをクリックしよう。
数字が合うと、ハトが爆発するのが意味不明です(笑)。
神経衰弱ってシビアなゲームのハズなのに、そこはかとない脱力感が漂います。
ハトの泣き声も、なんとなくムカつきます(笑)。

■DICEWARS
http://www.gamedesign.jp/flash/dice/dice.html


サイコロを使った陣取りゲーム、プレイヤーは青ダイスです。
対戦者数は2から8人まで決められるけど、4人以下の方がやりやすいかな?

陣地に置かれたサイコロをクリックして、攻撃したい陣地をクリック。
サイコロの合計数が大きい方が陣地を乗っ取れます。
たくさんサイコロがある方が勝つ確率が高いけど、必ず勝てるとは限らないという・・・。
マップは何度でも選びなおせるので、自分にとって有利そうなのを選びましょう(笑)。
サイコロを振る順番はランダムで決まるようだけど、先攻の方が断然有利な気がする・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.07.05

恐竜の壁紙いろいろ

もちろん(笑)すべて無料でダウンロードできます。

恐竜博2006の壁紙

いよいよ開催まであと10日となった恐竜博2006のキッズコーナーにある壁紙。
1024×768と、1280×1024の2種類が用意されています。
こないだNHKでモリーくんが加賀美アナと競演してました。

恐竜フィギュアの壁紙

恐竜や海洋生物のフィギュアなどを販売しているFAVORITE COLLECTIONの壁紙。
さすがに数万円するフィギュアはここまでアップにしても精巧です。
どれも素晴らしい壁紙なんですが、残念なことに(笑)リンクアイコンの並べ方が変。
Vol.1、Vol.2などのアイコンとリンク先は合ってるんですけどね。
サイズが書いてないんで、開いてからのお楽しみってことで・・・。

小田隆オリジナル壁紙

古生物イラストレーターの小田隆さんのロットリング(製図ペン)によるイラスト壁紙集。
こ、こんなにすごいの無料で提供しちゃって良いんでしょうか???
1024×768から1920x1200まで豊富なサイズが用意されています。

ナショナル ジオグラフィックの壁紙

ぃょぅ!

恐竜ではないけど、ナショナル ジオグラフィック日本版が提供する自然や宇宙、動物の壁紙写真集。
毎週新しい壁紙が追加されるのが楽しみです。
サイズは800×600と1024×768。


ところで、絶対やらないと思っていた「ジュラシックパークⅣ(4)」の製作が決定したそうです。
Internet Movie Databaseによると、2008年公開みたい。
監督はスピルバーグではなく「サウンド・オブ・サンダー」の製作総指揮Breck Eisner(ブレック・アイズナー?)だそうです。
パニック映画になるっぽ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.07.04

今更ですがアプラグβ

・・・実は開設初期から存在は知ってたんですが、使い方が分からなくて(爆)。
何度やっても「オマエには使わせねえ」って言われちゃって、てっきり向こう側のせいだと思ってしばらく様子見てたんですよ。
そしたら、私の使い方が悪いでやんの・・・。

アプラグβ

アプラグβとは、@niftyラボが提供するRSSヘッドライン・サービスのことです。

ドリコムRSSとかBlogPeopleと似たようなもので、登録したサイトの新着情報を教えてくれるんですが、RSSフィードを使っているサイトなら何でも取り込めるのが良いですね。

もちろん、ブログの新着情報を表示することもできるけど、主旨としてはニフティクリップβの新着ヘッドラインをブログに貼り付けさせるのがメインみたいです。
雰囲気的にはMyBloglistが昔やってたMyClipに似てるかな?(あ、今でも似たようなのはやってるんですね・・・)。

ニフティのIDを持っていれば誰でも登録できます。
「RSSヘッドライン」に登録したいサイトのRSSフィードURLを入力するだけ。
私って、こういう動的な画面があまり好きじゃないんですが(なんたってFirefoxユーザーですから・・・)、使用感は悪くないです。

で!問題なのがここ。
画面には「RSS(フィード)のURLを入力してください」って書いてあるんだけど、私はサイト自体のURLを入力してエラー連発させてた訳だこれが(涙)。

だってさあ!ニフティクリップβのスタッフブログ
「(2)RSS(フィード)のURLとして自分のクリップ一覧のURLを入力します。」って書いてあったんだよ。
・・・・・後半だけ読んだんだよ私(涙)。

例えばSHINOblogの新着情報を掲載したい時は
「http://shinobu.cocolog-nifty.com/apty/」
じゃなくて
「http://shinobu.cocolog-nifty.com/apty/index.rdf」
を登録しなきゃいけない訳です。
落ち着いて考えたらしごくまっとうな話で、BlogPeopleだってRSSを登録するんだよね・・・。
というのをsumiさんの日々歳々で知ったのです、あはははは・・・・。

と言うわけで、私のとこでは、右サイドバーのリンクリストの下に表示させてます。
自分のクリップなのに「しのぶさんのクリップ一覧」とかなってるのが、こっ恥ずかしいですが。
裏を取るのが面倒だったりして(笑)記事にはしなかったものをクリップしています。
おヒマだったら覗いてみてねっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紫陽花の背景part2

今年はどこでもアジサイがとってもキレイで、私も何枚かカメラに納めたりしたんですが、どうしてもコンパクト・デジカメではできないこともあるんですよね。
例えば、被写体に思いっきり寄ったマクロ撮影とか。

それで今回は一眼レフのデジカメをお持ちの「Cafe Room」のフランカーさんに写真を提供していただきました。
なお、今回のタイトルバナーはフランカーさんに敬意を表して「フランカー戦闘機(たぶんSu-35)」を使いました。

(画像クリックで原寸大をポップアップ表示できるよ)

いつもとてもキレイな写真を公開してらっしゃるフランカーさんですが、褒められてばかりでは成長もしないでしょうから(笑)、何枚かの写真を大きいサイズで見せていただいて、少し批評でもしてみようかなと。

写真に限らず、絵でも立体でも、あらゆる創作物において「テーマ」を明解にするのが大切だと思います。
例えばカメラの場合、フォーカスを合わせるのはカメラという機械の仕事、カメラマンの腕じゃないですよね。
相応の道具を正しく使えば、誰でもそれなりの写真が撮れちゃうのがカメラです。

この写真で何を言いたいのか、何を見せようとしてるのか、そういったメッセージが明確に伝わってくるのが良い写真であり、その点にこそ撮った人のセンスが問われるのではないかと。

プロのカメラマンだって何枚も撮りまくった中から良い作品を選んで公開するんだから、アマチュアならその何倍も撮っても、「これ」という作品には出会えないかも知れない。
だからこそ、テーマを明確にして、常に頭で考えながらシャッターを押すことで、より成功率が高くなるような気がします。

そのための訓練として、意外と効果あるのが「写真にタイトルをつける」こと。
私も学生時代にアホみたいに絵を描き、写真を撮ったけど、作品のタイトルに「無題」なんてつけようものなら、先生に石膏像投げつけられましたよ(ちょっとウソ)。
何のタイトルも浮かばない作品は、内容もない作品なのです。
(例外として、メッセージが明解すぎてタイトルさえ必要ない、なんて作品もあるけど、そういうのは余程名の売れた作家でない限り、たいていは認められません)

あ~~~、人の作品にケチ付けるのって楽し~~~っ(爆)。

| | コメント (14) | トラックバック (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »