« 茶杓を作ろう | トップページ | 横田基地 »

2006.08.18

太陽系が12惑星に?

太陽系の惑星の並びって「水金地火木土天海冥」って覚えたものですが。
これが近い将来「水金地火セレス木土天海冥カロン2003UB313」になりそうです。
なんだこりゃ、覚えやすい名前希望!

太陽系惑星:新たに3個 国際天文学連合が定義案公表
--MSN毎日インタラクティブより--

要は「セレス」、「カロン」、「2003UB313(覚えやすい名前つけてあげようよ~)」の3つが新惑星候補にあがっている、ということですね。

こんな感じになるらしい。

そもそも「惑星」に関する定義自体がかなり曖昧でした。
「惑星とは、軌道を占有して太陽などの恒星を回る、ある程度の大きさの天体

観測技術の向上によって、小天体が発見されることが多くなったため、ここらできちんとした定義を決めよう、ということになったようです。

そこで国際天文学連合(IAU)が示した提議案はこれ。
「惑星とは、軌道を占有して太陽などの恒星を回る、質量で地球の約1万分の1以上、直径約800キロ以上の天体

おおっ、かなり具体的な数値が。

太陽系で一番小さい冥王星の質量は地球の約2000分の1、直径は約2274km。
ちなみに、月の質量は地球の約100分の1、直径は約3476キロメートルです。
冥王星の方が月よりずっと小さいんですね。
あーー月が地球の呪縛を離れていたら、立派な惑星になれたのにね・・・。
それでも木星には直径5268kmという巨大衛星ガニメデもいるから、やっぱりどんなに大きくとも衛星は衛星なんです・・・。

これはまだ「提議案」の段階であり、正式に決定するのは今月24日のIAU全体会議で承認されたら、の話だそうです。

ま、惑星が12個になって何が変わるかって言うと、理科の授業で覚えなきゃいけない惑星が増える、程度ですかね(笑)。
んでも、家族が増えてにぎやかになるのは楽しいですよね~。

|

« 茶杓を作ろう | トップページ | 横田基地 »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

ニュースを見たときに、てっきり冥王星の外側になんか見つかったんかい、と思ったんだけどフタを開けたら火星の一個外側にも新参者がいるとのことで、ふむふむ。
セレスとかカロンとかトヨタのクルマみたいなので、外側のUSB2.0みたいな名前のやつもそれ系にしたらいいんじゃないかと(笑)

そいや惑星の大きさはともかく、質量ってどうやって推測するんだろうね。

投稿: 三尉 | 2006.08.18 22:25

私も(って、みんなそうか)水・金・地・火・木・・・なーんて覚えてたのが変わっちゃうんですね~。
そうでなくても、冥と海の順序が入れ替わったりして訳わからんくなっちゃってる私には、荷が重すぎますって(笑)
で、『2003UB313』の名前はマジでどうにかした方が良いかも~~w

投稿: 檬花 | 2006.08.18 23:44

>三尉
私も最初は新発見かなと思ったんだけど
この小天体自体は以前から分かってたものみたいね。
今までイトコだと思ってのに実は血を分けた兄弟だった、という感じ?

>>外側のUSB2.0みたいな名前のやつ

うまいっ!
そうねえ、トヨタばっかだといろいろ不都合が出そうだから
プリゴンとか微妙な名前にしてみるとか(笑)。
(あれ?カミゴンて何だっけ??)

>>そいや惑星の大きさはともかく、質量ってどうやって推測するんだろうね。

うーん、確かねえその天体の公転半径とか周期から割り出すんじゃなかったかなあ。
ナンチャラの法則とかってのがあったような気がするんだけど。
(あ、ケプラーの第3法則だそうです)

>檬花さん
>>で、『2003UB313』の名前はマジでどうにかした方が良いかも~~w

そういやあ、これで思い出したんだけど
確か元素記号なんかも新しいのがどんどん発見(発明?)されて
だけど、きちんとした名前が付いてなくて
ウンウンウニウムとかウンウンクアジウムとか
ものすごくかわいそうな名前になってるんですよね。
日本語だと天王星以降、ちょっと無理のある(笑)名前をつけちゃったもんだから
後が続かないのかも??

投稿: しのぶ | 2006.08.19 02:16

ケレスは地母神、豊穣神らしいけど、地母星だと「ガイア」とかぶるし。。。。荼吉尼星
カロンは三途の川の船頭だから、懸衣翁星
2003UB313は、IAU名が決まってからがいいけど、第10惑星って言うんで、十王伝説にちなんで閻魔星。。だと冥王星とかぶるか。

投稿: 南郷力丸 | 2006.08.19 06:19

私もこのニュースを聞いたときは外側に新たな星が見つかったのかと思いました。モデル図で見ると、新メンバーは3つともちっちゃな星ですね(笑)

名前を覚えるのがほんと大変なんですけど、この際、難しいことは考えずに、いっそのこと1番星、2番星と順番に名前をつけていくのがいいんじゃかと…。今度また増えても、名前、つけやすいし (^^;

投稿: sumi | 2006.08.19 09:57

nikko81です。
ごぶさたしてまーす。

「水金地火木土天海冥」が
過去のものになるんですね。

わたしが習った頃は、ちょうど
「海冥」→「冥海」に変わっていて、
親が「海冥とちゃうんか?」と言っていて、
「今は冥海なんやで!」
と自慢げにいっていた記憶があります。

(今はまた…海冥なんですね!)

これから習うであろう子供たちは、
また違う覚え方で覚えて、
「水金地火木土天海冥」とか言ってると、
「なにそれ?」と
わたしたちも言われるんでしょうね(笑)

投稿: nikko81 | 2006.08.19 17:47

>南郷さん
改めて惑星の名前を見てくと、英語ではギリシャ神話で統一されてるけど
日本名って後半どうにも苦しいですね。
ちょっと漢字が読みにくい(&書きにくい)けど
荼吉尼星と懸衣翁星ってなかなか良い名前かも。

私は天王星と海王星繋がりで陸王星とか考えてました・・・。
1個しか追加できずに終わっちゃってるし、冥王星の立場ないし。

>sumiさん
うん、新しい家族になるであろうみなさんは
月よりずっと小さいんですよね~。
この小ささが今まで惑星の仲間に入れてもらえなかった要因らしいんですが
家族が多いのは賑やかで楽しいから、
決議で「惑星の仲間」として認められると良いですね~。

そうそう、記事では「名前を覚えるのが面倒くらいしか変化ない」って
書きましたが、実は占星術をやってる人たちにとっては
これってけっこう重要な変化みたいですねっ。

>>いっそのこと1番星、2番星と順番に名前をつけていくのがいいんじゃかと…。

あはは、それは面倒ない(笑)。
んでも、せっかく増えた家族なんだから
個性のある名前があっても良いのかも知れませんね~。
ただし、あんまり難しくない方向で(笑)。

>nikko81さん
そうそうそう!!!冥王星と海王星ってずっと逆転してましたよねっ。
ええっ!今は元に戻ったの???い、いつの間に・・・(大汗)。

>>「水金地火木土天海冥」とか言ってると、
>>「なにそれ?」と
>>わたしたちも言われるんでしょうね(笑)

うわーやだなそれ~(笑)。
「ワシらの時代は惑星は9個しかなかった」とか言っちゃったり
「これだから水金地火木世代は」とか言われちゃったりして
若い人に煙たがられるのかなあ(笑)。

投稿: しのぶ | 2006.08.20 02:33

>(あれ?カミゴンて何だっけ??)
プリンス系列が販売するプリメーラをサティオ系列でも売ろうと、グリルだけデザイン変更した双子車種ですわ。それがプリメーラ・カミノってカラクリね。先代P11のみにあったのよん。
カミノ乗りは結構この孤高なるマイナー車名へのこだわりが強く、セダン乗りはカミノと言うしワゴン乗りは俺みたくカミゴンと呼ぶケースが多い、みたい。
カー用品店で「プリメーラワゴンでお越しの・・」と自分のアナウンスかけられるとちょっとカチンと来る(笑)

カミノワゴンでオーテックバージョンなうちのヤツはリヤに「NISSAN」「Primera」「Camino」「Hyper-CVT M6」「AUTECH」とエンブレムがデフォで5個付いてます(汗)

投稿: 三尉 | 2006.08.21 10:26

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥(笑)
12個調度ですね。
13個目が発見されたら、猫を入れましょう~。

投稿: sin | 2006.08.21 12:45

>三尉
あ、なるほど!日産の双子車戦略がここにもあったのね。
グロリアとセドリックもお互いにプライドがあって
間違うとオーナーから大変なおしかりを受けたものです(笑)。

>>カミノワゴンでオーテックバージョンなうちのヤツはリヤに「NISSAN」「Primera」「Camino」「Hyper-CVT M6」「AUTECH」とエンブレムがデフォで5個付いてます(汗)

これは賑やか(笑)。
私のオジサンが昔乗ってた車には「Automatic」って書いてあったけどね。
別なオジサンの車には「熊出没注意」って書いてあったよ。
これはデフォじゃないか。

>sinさん
う、うまいっ!!!
ってことは、地球は寅星になるのか。
ちょっと放浪っぽいですねっ。
ネコの次はパンダがいいなあ~~。

投稿: しのぶ | 2006.08.21 22:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/11486600

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系が12惑星に?:

» 太陽系12惑星 新定義「自己重力で球形」提案 候補さらに12個 [所謂雑感]
太陽系の惑星が、これまでの9個から12個に増える可能性がでてきた。チェコのプラハで開催中の国際天文学連合(IAU)総会で16日、新たな惑星の定義の原案が示された。原案のまま承認されれば、冥王星の発見(1930年)以来、76年ぶりに太陽系の全体像が大きく書き換えられることになる。IAUは、24日に新定義を承認するかどうかを投票で決める予定だ。 国立天文台によると新しい惑星の定義の柱は、「恒星を周回する天体で、自己の重力でほぼ球形になるもの」としており、直径800キロ以上が目安になる。この定...... [続きを読む]

受信: 2006.08.18 00:36

» 雑記060817 [World Wind Diary -受験生篇-]
「惑星」の定義の原案、公開へ 何だかおかしな展開になって来ました。 惑星が12個。 新展開。 超新展開。 いや、まだ原案ですけど、冥王星が惑星から格下げされる とばかり思っていたので意表を突かれた感じがしてなりません。 そして、この原案が通った暁に....... [続きを読む]

受信: 2006.08.18 05:03

« 茶杓を作ろう | トップページ | 横田基地 »