« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の41件の記事

2006.08.29

茶杓を作ろう2

机の上の本を片付けないで出しっぱなし・・・ではありません。

「茶杓を作ろう」である程度の細さまで削れた竹、あれから水につけっぱなしにして、お湯で煮たらだいぶ柔らかくなったので、本を重しにして曲げているところです。
シャコ万力を使う方法も考えたんですが、どうも固定の仕方がうまくできなくて、こんな原始的な方法になっちゃいました。

横から見ると竹がけっこう曲がってるのが分かるでしょ。
丸いのはPC用のクリーナーのスプレーボトル(笑)。

んでも、まだこれでも曲げが足りないので、やりなおしになるかも知れません。
もっと直角に近いくらい曲げなきゃいけないんですよね~。
煮る時間が短かったのかな。

うまく曲げられたら、今度は長さを調整して、ディテールの仕上げに入ります。
曲げがうまくいかないんで、今、少しくじけそうになってますが(笑)、諦めずにがんばります・・・。


こないだお茶の先生に訊いたら「自分で作った茶杓を点前で披露することはない」って言われちゃいました。
もちろん、自作茶杓を使うのは良いのだけど、それを茶杓荘(ちゃしゃくかざり)という点前でうやうやしく披露するってのはあまりないんだそうです。
では、どういう茶杓なら良いのか、と聞いたら。
「家元からいただいたとか、先生からいただいたとか」

・・・それってつまり、高い(銘のある)茶杓じゃなきゃダメってことじゃん。
自分で茶道やってて言うのもおかしいんだけど、茶道ってこういうとこが嫌いなんですよね~。

ま、それでもがんばって作業続けるけどね。

オマケ:鼻毛がっ!!!しかも枝毛っ!(根っこですよ根っこ)

昨日カテゴリーを整理しまして、新しく「宇宙・星」「恐竜・生き物」てのを増やしました。
植物は「恐竜・生き物」のカテゴリーにすべきなのか、今悩み中。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.08.28

オリオンで火星をめざせ

Shuttleとは「往復するもの」という意味です。
アポロ以降、あらゆる宇宙船は使い捨ての一度限りの運用しかできませんでした。
機体の再利用による打ち上げコスト削減を目的に開発されたのが「スペースシャトル」です。

70年代から開発をすすめられたシャトル計画は、1981年に打ち上げを開始、現在までに114回地球と宇宙を往復しています。
その間、チャレンジャー(1986年)、コロンビア(2003年)の2機が失われ、現在はディスカバリー、アトランティス、エンデバーが残るのみ。
現在、アトランティスが今月29日(日本時間8月30日)の打ち上げに向けて待機中です。


PHOTO CREDIT:NASA or National Aeronautics and Space Administration

それにしても開発以来30年が経とうとしているスペースシャトル、これだけ寄ってみると素人目にも「満身創痍だなあ」ってのが分かっちゃいますね・・・。

NASAは、2010年にはシャトルすべてを引退させる予定でいます。
が、コロンビアの事故によって宇宙ステーションの建設に遅れが出たり、次期シャトルの開発が遅れるなど、もうちょっとシャトルの老体にムチ打つ期間が延びるのではないか、という噂もありました。

がっ!!
ここに来て、ついに出ました!スペースシャトルの後継機、Crew Exploration Vehicle(有人宇宙探査船)の発表です!
スペースシャトルを継ぐのは「オリオン」
--AstroArts天文ニュースより--

Image credit: NASA
名前の由来はもちろん、オリオン座。
最も見つけやすく、最も有名な星座にあやかった名前だそうです、なかなか良い名前ですね~。
これはシャトルで言うところのオービター(搭乗部)になります。

オリオンを乗せて宇宙へ飛び立つロケットの名は「アレス」。
「アレス(Ares)」とは火星の異称であり、最終目標である火星有人飛行を意識したものです。
「アレスⅠ」と「アレスⅤ」の2種類が同時進行で開発されています。

アレスⅠ(Image credit: NASA)

アレスⅤ(Image credit: NASA)

「アレスⅠ」はオリオンを乗せるためのもの、ずっと大型の「アレスⅤ」は月や火星や行くためのもの、うわー、本気で火星に行こうとしてるよ!!

さて、オリオンの画像を見て「スペースシャトルよりアポロに近い形だなあ」と思われたあなたは鋭い!!!
そうです、これは「シャトル」ではないのです。
アポロやソユーズが採用した使い捨てシステムが復活しました。
(アレスの方は再利用可、ということですが、どうやって再利用するだんろう?海に落ちたのを拾ってくるとか???)

理由はいくつもあります。
*2度も爆発事故を起こしたという安全性の問題
*帰還するためだけにつけた翼の抵抗による打ち上げ時の非効率性と、事故原因となった耐熱タイルをむき出しにすることの危険性
*使い捨てシステムの方が実はずっと経済的
使い捨て方式のソユーズが80年代以降、重大事故を起こしてないことも決定打のひとつになりました。


この結論に達するまで、あまりに多くの犠牲を伴いました・・・。
人間の宇宙への夢は絶えず続くものですが、やはり安全第一で行ってほしいですね。

「オリオン」は2014年までに、まずは国際宇宙ステーションへの有人飛行を行う予定だそうです。
2020年までに再び人類を月に送る予定ですが、それはあくまで最終目的地・火星をめざした「訓練飛行」なのです。
夢はでっかく!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.25

太陽系が8惑星に(あらら)

以前「太陽系が12惑星に?」でもお伝えした惑星に関する定義ですが、ついに明確な答えが決定したようです。
国際天文学連合(IAU)は24日、惑星の定義を確定しました。
すでにテレビなどでご存じの方も多いと思いますが、冥王星がとんだとばっちりを受けた形になっちゃいましたね。

冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義
--asahi.comより--

国立天文台のサイトでも速報が発表されています。
(速報)太陽系の惑星の定義確定

それによると、太陽系の惑星とは

(a) 太陽の周りを回り、
(b)十分大きな質量を持つので、自己重力が固体に働く他の種々の力を上回って重力平衡形状(ほとんど球状の形)を有し、
(c) その軌道の近くでは他の天体を掃き散らしてしまいそれだけが際だって目立つようになった天体である。

では、冥王星はどういう立場になるのかと言うと。
矮惑星(わいわくせい)、dwarf planetという新しい種類になるのだそうです。つまり。
太陽系の矮惑星とは

(a) 太陽の周りを回り、
(b)十分大きな質量を持つので、自己重力が固体に働く他の種々の力を上回って重力平衡形状(ほとんど球状の形)を有し、
(c) その軌道の近くで他の天体を掃き散らしていない天体であり、
(d)衛星でない天体である。

えっと・・・違いがよく分からないんですけど?
「軌道近くに他の天体がある」だけが違いですか?
てか、思いっきり冥王星を意識した定義(冥王星とカロンは二重星って説があるくらい距離が近いのです)のような気も。
とにかくこれで冥王星は「ドワーフ種」ってことが決定しました。

冥王星を発見した人の母国であるアメリカの出席者たちから大ブーイングが起きたそうですが(うわー、らしいよ君たち)、こうして決まってみると、妥当な結論なのかなあとも思います。
月より小さい天体なら、今後ボロボロ見つかる可能性もあるし、補欠選手もたくさんいるから、ある程度のところで線引きしておかないとキリがない、ということでしょうね。
個人的には「数値なりで明解に定義しといた方が後々よくないか?」って気もするんですが。

という訳で、こないだ作ったこの画像

こうなりました。

(なにも抹消しなくても・・・・)

Wikipediaの冥王星の項もすでに変更されてますよ。
一方、NASAのSolar System Exploration(太陽系調査サイト)ではpluto(冥王星)のページは今のとこ完全にスルーです、やっぱ怒ってんのかな・・・。
こういうすぐヘソ曲げちゃうとこがいかにもアメリカーンですが(笑)。

| | コメント (17) | トラックバック (4)

2006.08.24

我が家の植物たち

我が家にはいくつか植物があるんですが、エアープランツを除いてすべていただきものです(笑)。
最古参のテーブルヤシはもう20年近く前に景品でもらったんだけど、うちに来たときは10センチくらいだったのに、今は軽く1メートルを超えています(汗)。

先月もらったのがこれ。

ペンタスという名前で、花の形が五角形だからこの名前がついたそうです。
こんな感じの花です。

とある駅前でお姉さんが無料で配っていたのをもらったんですが、最初は花が一房しかなかったんですよ。
それがたった一ヶ月でこの状態・・・。

これはスバルのお店でもらったサンセベリア。

これも2ヶ月ほどで一回り大きくなっちゃいました。
(後ろにいるのが巨大テーブルヤシ)

この冬、大爆発してくれたシクラメンは今はこんな状態。

秋の鉢替えにむけて待機中ですが、葉が好き勝手な方向を向いてます。
帰省で一週間家を空けてたら、葉がみんな太陽の方向に向いちゃって形が悪くなったので、毎日鉢を回してたら、もっとみっともないことになっちゃいました・・・。
んでも、ものすごく元気そうなので、この調子ならこの冬も花を咲かせてくれるかも。

で、問題なのがこれ。

私がたまに手伝いに行くガレージセールでシクラメン用に良さそうな植木鉢を見つけて買おうとしたら、「お金はいらないから、中身も持ってってくれ」と言われて、渋々(笑)持って帰ってきたものです。
6株もあるぜ・・・。

で。
・・・なにこれ???

持ってきた方の話によるとサボテンの仲間だということですが、これサボテンか??
どう見ても違うよねえ?
私が困っている(笑)のが、こいつの繁殖能力です。
葉がギザギザしてるでしょ。
このギザギザの合間から小さな分身が生えてくるのですよ。
そして、ある程度重くなったら葉からこぼれ落ちてそのまま根付くんだそうです。
・・・こ、こわ~~~っ(涙)。
こんな苗みたいな小ささなのに、すでに葉のギザギザ全部に子供がついてて、しかも子供のいくつかは下に落ちて根付いてました・・・。
1個残して誰かに押しつけ・・・じゃなかったあげようかな(涙)。

追記:この増殖植物はサボテンではなく、多肉植物のセイロンベンケイソウというそうです。
子宝ベンケイソウ、マザーリーフとも言われているようで、葉の周りからたくさんの芽が次々出てくるので「幸せの葉」とも呼ばれているそうです。

植物ってけっこう際限なく伸びるものだから、最初はかわいいと思ってても、だんだん怖く(笑)なってきますね。
でも、私はみんな大切にするよ。
自分の都合でネコ殺すなんて絶対できないね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.08.22

横田基地の友好祭2

こちらスネーク。横田基地潜入に成功した!

さて、いよいよ友好祭(FRIENDSHIP FESTIVAL)の目玉、戦闘機・航空機の特集です。
あ、最初に言っておきますが、私は飛行機には全く詳しくないので、名前とかは全然分かりません(ひでえ)。
全て、先にモブログ投稿したものにコメントをいただいてようやく「あ、そうなの?」となったしだいでして、えへへっ。
というわけで、詳しい解説も全くできないので、後はよろしくねっ(爆)。

今回も写真をクリックすると幅800pxの画像を見られます。
飾ってあった戦闘機は4種類(たぶん・・・)。
掲載漏れはないと思います。


A-10攻撃機
近接航空支援に特化した攻撃機、だそうです。
通称ウォートホグ(イボイノシシ)。正式名称はサンダーボルト。
鼻先に機関銃がくっついてます、あ、ガトリング砲と言うんだそうです。
ん?バルカン砲とどう違うんだ???
最近のジェット戦闘機とかって翼が三角形ってイメージがあるんですが、こいつはレシプロ機とか旅客機みたいな翼ですね。
横から見ると、ますます不思議なスタイルです。


F-15
モブログ投稿で「トップガン」とか言っちゃったアレです(汗)。
え~横から見ると案外スマートなんですねえ。
コックピットのフタがあいてるのもあったよ。
後でスタッフが閉めていたので、もしかしたら誰か中に乗り込んでポーズつけてくれてたのかも。
Yokota08


機体ごとにコンパニオンがついていて、グッズを売ったり写真撮影にも応じてくれます。
みなさん、笑顔がステキなハンサムばかりです。
こういう時用に厳選された人材なのかも知れませんねっ。

F-16
兵隊さんたちのバックに写ってたのと同じヤツかしら?
「おまえ爆弾積み過ぎだよ」と思ったら、端っこの赤いリボンが付いてるの以外は全部予備燃料タンク(増槽)だそうです。
車輪の間にぶら下がってるのは何?
あと、コックピットの下から大口開けてるこれはエアインテーク?ちょっとキモイ。
このリボンがついてるのと、ついてないのの違いは何でしょうか?ま、まさか実弾???

F/A-18ホーネット
良く分からないけど、足下とコックピットをクローズアップ。
ヘッドレストがデカイですねえ。
タイヤのすぐ前に飛び出してる棒は何?


兵隊さんには話しかけるスキが全然ないし、周りの男の子たちみんな目がギラギラしてるし(笑)で、私一人おろおろしてたら、いきなり飛行機が離陸。
こんなんでも会場は大盛り上がりです。


展示場から遠く離れたところでは、仕事中(または休憩中)の飛行機たちが。
横田って言うと、こういうぶっとい飛行機がたくさんいるってイメージがあります。
普段は戦闘機とかはほとんどいないんじゃないかな。
あ、Wikipediaによると、
在日米軍司令部および米第5空軍司令部がおかれている極東における主要基地であり、極東地域全体の輸送中継ハブ基地(兵站基地)としての機能を有している。戦闘部隊はいないのが特徴。
だそうです。
写真が今回の祭のになってるよ、早いねえ。

会場の端っこでは輸送機が触りたい放題。
コックピットにまで入れて操縦桿も握れるので、長蛇の列ができていました。

お腹まであけて、ウェルカム状態。
アメリカでは悪い子は、ここから放り出されるんだそうです(ウソ)。


横田って基地があるせいか、国道16号沿いもなんとなく日本離れした雰囲気があるんですよね。
米軍の放出品を売ってる店があったり、レストランにはFENが流れ、映画から抜け出てきたような米兵が英字新聞を読んでたりしました。
夜に行くと、滑走路の誘導灯が点々と続いて、私のお気に入りのドライブコースでもありました。
内部に潜入したのは今回が初めてでしたが、とても貴重な経験をさせていただきました。
暑くて死んだけどね・・・・。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006.08.21

横田基地の友好祭1

8月19、20日に開催された横田基地の友好祭に行ってきました。
写真が多いので2回に分けて記事にします。

横田基地は東京都福生市の国道16号沿いにある米軍基地です。
普段は一般人は入れないのですが、年に1度のお祭りには基地内に入ることができます(もちろん入場は無料)。
だいぶ前に車で行って全く近づけずに引き返したことがあるので、今回は電車で行ってきました。
ハッキリ言って、車では絶対(笑)行かないことをお薦めします。
近隣の道路は渋滞なんて生易しいもんじゃなく、完全な交通マヒになってましたからね。
駐車場もないし、あってもボッたくってるし・・・。
JR青梅線の牛浜駅からノンビリ歩いても10分ほどで出入り口の第5ゲートに行けます。
駅は普段はそれほど利用者が多くないようで改札も券売機もとても少ないので、帰りの切符は先に買っといた方が良いですね。
地図はこちら。(GoogleMaps)

今回はどの写真もクリックで大きいのが見られるよ(幅800pix)。

手前に16号線があるんで、信号待ちが大変。
道路は日本の警察の管轄なので、交通整理はお巡りさんがやってます。

普段は横目に見るだけの基地の出入り口。
そういえば、9.11の直後は車が直進できないようコンクリート製のバリケードが巡らされ、監視カメラが何台も置かれて、米軍・日本警察ともに警戒警備してましたっけ・・・。

基地に入るには金属探知ゲートをくぐり、持ち物検査を受けなくてはなりません。
それでも、全体的には穏やかなお祭りムード。
検査をする兵隊さんたちも、カバンの中身をしっかりチェックしながらも「コンニチハー」ってにこやかに挨拶してくれました。
対応する兵士さんたちも、穏やかな人が選ばれてるんでしょうね。

基地に入って最初に通った巨大ガレージには、なぜかレストアカーが大量に陳列されてます。
WRカーもいたよ、なんで???
さすが自動車大国、バカっぷりは日本の比じゃないですね。
もっとアメアメしてる車撮ってくれば良かった・・・。

アメリカ人はやっぱりZが大好き?新旧のZが20台くらい並んでました、しかも全員大改造済み。
「ピーピーピーッ!CAUTION!危険です!この車に近づかないでくださいっ!」と延々しゃべってる車がいたよ、でもみんなにベタベタ触られてたけどね。
この車が本気を出したら、どんな危険なことをするのかちょっぴり気になるところです。

ああ、良いところにおばちゃんが・・・(涙)。
基地はとーにかく広いので、ゲートを入ってから祭会場まで10分近く歩きます。
このトロッコ列車?は祭のたびに大活躍してるみたい。
お客さんたちはゲートの検問で魂抜かれるので(笑)、元々シャイな日本人がますます大人しくなってます。

ジャンボ機も入りそうな巨大格納庫はイベント会場に変身。
この時はゴスペルやってました、すっげえカッコイイ!!

日本では売ってないスターバックスのビン入りコーヒー。
記念に買って帰ろうと思ったんですが、ビンの持ち帰りはできないそうです。
その場で紙コップに入れて渡されます、要は国外持ち出し禁止、ですね・・・・。
「ここは日本じゃないんだな」と実感させられる瞬間です。

滑走路の前にある、基地に来た米軍兵が最初に見るであろう「日本」。
「ようこそサムライの地ヨコタへ!」
鳥居っぽい形と後ろの橋がジャポネスク。

この鳥居もどきに軽く脱力させられつつも気を取り直して振り返ると、滑走路が眼前に広がっています。
次はお祭りの目玉、おすまし戦闘機のお披露目で~す。
戦闘機ファンは刮目して待て!
あと、解説もお願いします(爆)。

さて、会場には仮設トイレもたくさんあるし、屋台もいっぱい出てるので、その辺の心配は全くいらないです。
物価も日本とほとんど変わらず、おそらく本国よりプチ高めの、いわゆる観光地価格ってやつ?
ワッペンが500円から、Tシャツは2000~3000円くらい。
「オナカヘッター?ピッツァアルヨー」と叫んでる外人さんがいました。
日本語しゃべれる兵士さんはほとんどいません、当然といえば当然。
もうひとつこれも当然ですが、日本の飲食物は全く売ってないんで、「お茶とおにぎりがほしい」って人は外で買いましょう(食べ物は持ち込み可)。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2006.08.20

本来の横田

本来の横田

戦闘機たちは嘉手納基地から来たから、明日帰るのです。
年に一度しか入れない米軍横田基地、友好祭からのレポでした〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

これは?

これは?

暑いし、人多いし、もう何が何やら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トップガン

トップガン

だよね・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ミサイル何個?

ミサイル何個?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

もう手あたり次第

もう手あたり次第

どこにも機の説明がない!これ何??

| | コメント (8) | トラックバック (0)

横田基地2

横田基地2

おいしそ〜(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

横田基地

横田基地

中入っちゃうよ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.18

太陽系が12惑星に?

太陽系の惑星の並びって「水金地火木土天海冥」って覚えたものですが。
これが近い将来「水金地火セレス木土天海冥カロン2003UB313」になりそうです。
なんだこりゃ、覚えやすい名前希望!

太陽系惑星:新たに3個 国際天文学連合が定義案公表
--MSN毎日インタラクティブより--

要は「セレス」、「カロン」、「2003UB313(覚えやすい名前つけてあげようよ~)」の3つが新惑星候補にあがっている、ということですね。

こんな感じになるらしい。

そもそも「惑星」に関する定義自体がかなり曖昧でした。
「惑星とは、軌道を占有して太陽などの恒星を回る、ある程度の大きさの天体

観測技術の向上によって、小天体が発見されることが多くなったため、ここらできちんとした定義を決めよう、ということになったようです。

そこで国際天文学連合(IAU)が示した提議案はこれ。
「惑星とは、軌道を占有して太陽などの恒星を回る、質量で地球の約1万分の1以上、直径約800キロ以上の天体

おおっ、かなり具体的な数値が。

太陽系で一番小さい冥王星の質量は地球の約2000分の1、直径は約2274km。
ちなみに、月の質量は地球の約100分の1、直径は約3476キロメートルです。
冥王星の方が月よりずっと小さいんですね。
あーー月が地球の呪縛を離れていたら、立派な惑星になれたのにね・・・。
それでも木星には直径5268kmという巨大衛星ガニメデもいるから、やっぱりどんなに大きくとも衛星は衛星なんです・・・。

これはまだ「提議案」の段階であり、正式に決定するのは今月24日のIAU全体会議で承認されたら、の話だそうです。

ま、惑星が12個になって何が変わるかって言うと、理科の授業で覚えなきゃいけない惑星が増える、程度ですかね(笑)。
んでも、家族が増えてにぎやかになるのは楽しいですよね~。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006.08.15

茶杓を作ろう

茶杓というのは、抹茶を茶碗に入れるときに使う、耳かきの親分みたいなサジのことです。

利休の頃は茶会があると青竹を切って、自身で作っていたといいます。
私も茶杓くらいは自分で作ってみたいと思って、ゴールデンウィークに釜石に帰省したときに、ダンナの実家の裏山に生えてる竹をもらいました。
私は山に入るのが怖かったので、ダンナ様に切ってきてもらいました(爆)。
アブだのハチ(しかも足長・・・)が大量にいて竹を切ったら猛ダッシュで山を駆け下りてきたという、涙なくては語れない貴重な竹です。
余った竹は花入れにでもしようかな。

青いままだと後で反ってしまうので、数ヶ月放置しておくのが良いそうです。
で、今はこんな感じ。良い感じに枯れてきたでしょ。

見本に買った安物の茶杓でだいたいの大きさを比べています。
これをナイフで削いでいくのだ。

だいたい似たような太さまで削れました。

が、これからがまた一仕事。
お茶をすくう部分(かいさき)を曲げなくてはなりません。
乾燥した竹は曲がらないので、こいつを水につけて、数日間放置、更にこれを2時間ほど煮るとより曲げやすくなるんだそうです。
好みの角度に曲げたらヒモなどで固定して、またまた数日間乾燥させます。
曲げが固定したら、仕上げの削りをしてようやく完成・・・。
うーん、あと何ヶ月かかるんだろう(汗)。

まだまだ先は長いですね・・・。
完成したらこちらでもお披露目しますねっ。
茶道には「茶杓荘(ちゃしゃくかざり)」と言って、良い茶杓を手に入れたときなどに、みんなに自慢(笑)するための点前があるんです。
茶杓が完成したら、教室に持ってって自慢しちゃおうっかな。

茶杓の作り方の本もありますが、ここが割と参考になるかな~。
手作り茶道具に挑戦!!~茶杓作り隊 忘路庵 樂風

| | コメント (49) | トラックバック (0)

2006.08.13

カッパ捕獲許可証

遠野市でもらいました。

遠野駅そばの観光協会で申請することができます。
申請料は、写真付きが800円(後日郵送)、写真なしは200円。
せっかくなんで写真を撮ってもらって昨日家に届きました。
1年間有効なんで、来年更新しなくちゃ。
許可証の裏にはけっこう細かい規定が書いてあります。

んー、真っ赤な顔ってことはこのイラストのカッパ(カリンちゃん)は捕っちゃダメなのかな。
カッパって基本的にはあんまりかわいくないというか、馬盗って食ったり、悪さばかりするんですけどね。

カッパ淵は遠野の常堅寺近くを流れる小川のことです。

うっそうとした林の中を音もなく流れる川は、いかにも「出そう」です。
許可証はこのカッパ淵のみでの捕獲を許可しています、他の場所ではやたらと捕獲しちゃダメなのね。

なお、顔写真付きでなければ通販もやっているそうです。
遠野市観光協会--カッパ捕獲許可証通信販売について--
でも、やっぱり現地に行って作ってもらう方が嬉しいですよねっ。

地元の遠野テレビではカッパを生捕りにして遠野テレビに連れて行ったら、1000万円くれるそうですよ。
もちろん、捕まえたカッパは遠野テレビの帰属となるそうです。
来年はキュウリ持ってってカッパ淵で釣りするぞ~。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006.08.12

釜石広域風力発電

なんとか無事、帰ってまいりました~。
家に着いたのが午前3時過ぎくらいかな?
高速は上りも下りも順調で、トラックしか走ってませんでした。
そうそう!これから車で遠出をする予定のある方は、ガソリンは高速で入れることをお薦めします。
市街地よりずっと安いよ(涙)。


今回は北上の「みちのく芸能まつり」に始まって、遠野で昔語りを聴き、釜石市の風力発電(ウィンドファーム)も見学して、走行距離は大したことなかったけどかなり有意義な旅でした。

ウィンドファームの風車は国内最大級の規模で、かなり離れた市街地からも見えるんですが、いざ足下まで行こうとするとものすごく大変です。
人里を離れること1時間以上、ここまで来たらもうトトロさえいません。
木々の合間から「ニンゲンだ」「ニンゲンが来たぞ」って声が聞こえるんですよ(ウソ)。

根もとまで行くと、風車がグオングオンと巨大な風切り音を立ててものすごいスピードで回っています。
羽1枚が長さ30mくらいかな?これが、2秒ほどで1周するんで、真下で見てると羽が折れてこっちに飛んできそうです、実際羽、折れたことあるんだけどね(汗)。

てな訳で、再度大きな写真で紹介。
下に人がいるから、なんとなく大きさ分かるかな?

ちょっと離れると、こんなふうに風車が一列に並んでるのが見えます。
Windfarm2
画像をクリックすると大きい画像を見れるよ(1000×351ピクセル)。

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2006.08.11

蓮田P.A

蓮田P.A

さいたまー!あと1時間くらいでお家だ~、でも油断しないで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須高原S.A

那須高原S.A

関東突入!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.10

国見P.A

国見P.A

ここの会津屋のラーメンは超オススメ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菅生P.A

菅生P.A

すっかり長距離ドライブに慣れてあまり休憩しなくなっちゃった(笑)。
まだ10時なのに店しまってます(涙)。一般道ではハイオク154円くらいだけど、高速なら148円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワサビエール

ワサビエール

宮守名物ワサビのビール。
これから一路東京に戻ります。到着は夜中の2か3時くらいかなあ。安全運転でノンビリ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

大正軒のたこ焼き

大正軒のたこ焼き

ソースじゃなくて特製餡がうまい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.08

アリジゴク

アリジゴク

蟻を入れると出てくるよ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

釜石は快晴!

釜石は快晴!

東京より暑いー

| | コメント (3) | トラックバック (1)

釜石の風力発電

釜石の風力発電

下に人が立ってるのが見えるかな?
高さ100m、これが47基あります。
何度か羽が折れましたが(汗)、今は元気に動いてます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.08.07

河童キティ

河童キティ

どぶろく浸け

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンセイサマ

コンセイサマ

子授けの神様だそうです。
そのまんまだ。
もっとリアルなのとか、すごくたくさんあるのよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金勢様すりこぎ

金勢様すりこぎ

コンセイサマって何だっけ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

とおの昔話村

とおの昔話村

地元の方から、昔話を聞くことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.06

口内(くちない)薩摩奴舞

口内(くちない)薩摩奴舞

鹿踊りや鬼剣舞に比べると地味ながら重厚な舞い。暗くてデジカメでもうまく撮れません。鬼剣舞は感動のあまり、言葉にできません、とにかくすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北上市の鹿踊り

北上市の鹿踊り

岩手県内でも場所によって衣装や振り付けがかなり違います

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北上金ケ崎P.A

北上金ケ崎P.A

岩手にはいりました!道路が順調だった割に少し遅い時間に着いたのは、寝坊したから。(ETC割引の時間に間に合わなかった・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鶴巣P.A

鶴巣P.A

楽天イーグルス公認グッズ。
なんとなくキティ率が高い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菅生P.A

菅生P.A

ツバメの巣があったよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国見S.A

国見S.A

メダカの学校国見分校、だそうです。
本校はどこだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須高原S.A

那須高原S.A

茄子キティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐野P.A

佐野P.A

道はすいてます。
ウサギとニワトリがいるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

お札焼きかま1億円

足ふきマットじゃありません。

近所のスーパーに売ってるのを見て「こんなもん買うヤツいるのかなと思ってたら、父が買ってました・・・。
54cm×29cmという、まさに足ふきマットサイズ。でも乗っかっちゃいけません。

「よっちゃん銀行」ってことは、「よっちゃんイカ」売ってるとこかな。
あ、「よっちゃん食品工業株式会社」だそうです。
1億円だけど300円で買えます。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006.08.02

ARIETTA KITCHEN(吉祥寺)

車で吉祥寺を走行中にたまたま発見したイートインタイプのカフェ「ARIETTA KITCHEN(アリエッタ キッチン)」。
こんな日に限ってデジカメ持ってきてないし・・・。

有機野菜を使ったメニューが売りで、肉じゃがグラタンとか、チーズオムカレーとか、オリジナルな料理が楽しそうです。
こういうお店は吉祥寺にはとっても多いのだけど、私が慌てて寄ったのは、多田克彦さんのソフトクリームが売ってたから。

多田克彦さんとは?
もともと岩手県遠野市の職員をされてたんですけど、遠野の農業をより良くできないかとあれこれ試行錯誤してるうちに、とうとう農業を本業にしてしまった、という方です。
土作りから徹底した有機農法を採用した(有)多田自然農場を設立、今では全国的にも有名な方のようです。
ちょっと気の利いたスーパーだと多田克彦牧場のヨーグルトとか売ってるんじゃないかな。

ソフトクリームは3種類あって、バニラ、黒ごまと、MIX(各300円)。
私はバニラを食べたんですがとても濃厚だけどしつこくなく、とてもおいしいソフトでした。
コーンとカップの好きな方を選べます。

ただ!!!!
看板にはこんなことが書いてありましたよー。
(この記事で一番言いたいのは実はコレ)

岩手県遠野町ってどこよ!遠野市はいつ町に格下げしたんだ???
こら武蔵野市!遠野市と友好都市なのに、これはマズイっしょ~(市は関係ないか)。

平日の午後だというのに、けっこう人が入っていたので、人気はあるんだと思います。
吉祥寺にお出かけの際はぜひお店に寄って「岩手県遠野町ってどこ?」って聞いてあげてくださいね(意地悪)。
場所はこの辺ですよ~。


ブログに貼る地図『お散歩マニア』

オマケ:
慌てて100円パーキングに頭から突っ込んでしまい、どうやって出ようか思案中(出入り口はシルバーの車側)。
んでも入ったんだから出られるのは当然だわな・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.08.01

NASAとJAXAの著作権

私のとこではたまに宇宙関係のトピックを掲載してますが、その時に画像をJAXAとかNASAからもらってくることがあります。
今となっては著作権なんてあってないようなインターネッツ世界ですが、意外にも?JAXAとNASAはオープンな思想をお持ちなんですよ。

JAXA サイトポリシー
ここの著作権について読むと。

本サイトで使われているJAXAのテキスト、図版、画像、音声、映像などを、主に教育、広報、情報提供などの目的や法律で明示的に認められる範囲において自由に使用することができます。
この場合には、使用するテキスト、図版、画像、音声、映像などにクレジット(注)をいれていただくようお願いいたします。
(注)クレジット記入例
日本語の場合:『提供 JAXA』または『© JAXA』
英 語の場合:『Courtesy of JAXA』または『© JAXA』

ただし、宇宙飛行士など特定の人物に関するものの場合には、その個人の権利を保護するため、本人の承認が必要となります。
もちろん、商業目的で使用する場合はJAXAの事前承認が必要です。

M-V(ミュー・ファイブ)ロケット (提供 JAXA)

要は「きちんとクレジットを入れれば画像を使っていいよ」ということですね。


NASAの資料の使用・再生に関するガイドライン(英文)

1. You may use NASA imagery, video and audio material if it is for educational or informational purposes, including photo collections, textbooks, public exhibits and Internet Web pages.

NASAも同じく、教育や情報提供のためであれば、画像や音声等の使用を許可しています。
もちろん、人物は別、商用目的の場合は許可が必要です。
「NASAが開発した最新技術の・・・」とか言って怪しいグッズを売られるのを避けるためでしょう(んでも最近そういうの見ないなあ)。

Space Shuttle Discovery Landing on Aug. 21, 2005.
Image credit: NASA/KSC


最後に、宇宙と微妙に関係あるようなないような。
「新世紀エヴァンゲリオン」の画像についても、こんな記述になってます。
「新世紀エヴァンゲリオン」画像の使用申請について

ご自分で作成したオリジナルな静止画像、あるいは、本目的のために当方で準備した静止画像については、ホームページへ掲載していただいて結構です。
画像データはこちらで用意いたしましたので、 ここからダウンロードしてご利用下さい。

エヴァの場合は、あらかじめ使って良い画像が用意されています。
「ホームページへの掲載許諾データ一覧 」から好きな画像を使って良い、ということですね。

エヴァ弐号機(だっけ?)

ファイル形式の変換や減色・縮小などは可能ですが、これを動画やプログラムに組み込むことは禁止されてます。
画像使用にあたって 「エヴァンゲリオン画像の使用申請ページ」から届け出る必要がありますが、「何もかもダメ、リンクもダメ」と頑なに拒否しまくるよりは、ずっと良い方法だと思います。

| | コメント (40) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »