« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の21件の記事

2006.09.30

秋の桜

秋の桜


*しのぶ*

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.29

釜石駅

釜石駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠野駅

遠野駅

| | コメント (5) | トラックバック (0)

土沢駅

土沢駅

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ここはどこでしょう

ここはどこでしょう

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.09.28

スターバックス オンライン・カスタマイズ

スターバックス・コーヒーでは、メニューにあるドリンクの他に、自分の好きなようにカスタマイズしてオーダーできるのをご存じでしょうか。
チョコチップやシロップを追加したり、ミルクを低脂肪乳や豆乳に変更したり。

・・・んでも、これって初めて注文しようと思うと、けっこう面倒というか難しいというか、ちょっと恥ずかしかったりもしますよね(笑)。

例えば、キャラメル・マキアート(ホット・ショートサイズ)にエスプレッソショットを2杯追加&ヘーゼルナッツシロップを追加&ミルクを豆乳に変更して、フォームミルクをたっぷり入れてもらうと。

トリプル・ショート・ヘーゼルナッツ・ソイ・フォーミィ・キャラメル・マキアート

という、もういったいどんなんが出てくるのか想像するのも怖いような、それ以前に「こんな名前覚えられんわ!」みたいな「じゅげむ」系の名前になります。

そんなシャイで忘れん坊のあなたのために、オンライン・カスタマイズができるページが登場しました。

Discover Your Starbucks:オンライン・カスタマイズ体験

ここで好きなドリンクを好きなようにカスタマイズ、できあがったら台紙をプリントアウトできるので、印刷した紙をお店に持っていって、「これくださいな」って言うだけでオッケーなのです。

もちろんカスタマイズする時は、ものによって50円からの追加料金がかかります。
ウケをねらったカスタマイズをして、飲み切れなくなっても責任持ってしっかり飲み干しましょう(笑)。

試しに作った「トリプル・ショート・ヘーゼルナッツ・ソイ・フォーミィ・キャラメル・マキアート」は、こんな感じ。


カップに付けられたマークは上から
エスプレッソをトリプル(キャラメル・マキアートは元々エスプレッソがシングルで入っているので)
ヘーゼルナッツ
ソイミルク(豆乳)
フォームミルク
キャラメルマキアート

こりゃーキツそうだ。
混んでるお店で頼むと超迷惑なので控えた方が良いですね(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006.09.26

中秋の名月は仏滅

以前こちらでも紹介した「中秋の名月」
あれからいろいろ調べてみたら、ちょっと興味深いことを見つけました。

中秋の名月(旧暦8月15日)は、毎年必ず仏滅になるんだそうです。
せっかくのお月見なのに、ちょっぴり縁起悪いなあという気もしなくもないですが(笑)、こればっかりはあきらめるしかないようですね~。

現在の曜日は「月・火・水・木・金・土・日」の7曜ですが、旧暦の頃の曜日は「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」で、6曜になります。
六曜の場合、旧暦で毎月1日の曜日が月ごとに決められていて、旧暦8月の場合の1日は友引とされています。
この順番で行くと、8月15日は必ず仏滅になるんですね~。

旧暦さえ分かれば、六曜の簡単な計算法があるそうです。

(旧暦の月+日)÷6で余った数字を以下の表に当てはめれば良いのだそうです。

余り012345
六曜大安赤口先勝友引先負仏滅

例えば旧暦8月15日の場合は、(8+15)÷6=3 余り5
という感じで、仏滅になる訳ですね~。
つまり、同じ月の同じ日なら、いつの年でも六曜は同じ、ということですね。

今はあんまり仏滅とか大安とか気にすることも少なくなったけど、まだまだ冠婚葬祭では気を使う方も多いですしね。
ちょっと覚えておくと、お年寄りからのウケが良くなるかもね(笑)。

・・・とは言っても、六曜の順番を覚えるのも面倒だし、旧暦が書いてあるカレンダーには六曜も書いてあることが多いんで、なかなかこんなの覚えられないですよね。

こちらのサイトで新暦を旧暦に変換してくるので、これを利用しても良いかも。
こよみのページ「新暦←→旧暦」

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.09.24

レガシィバトン

「mi84taのブログ」のmi84taさんに教えていただいた、レガシィブログ-LEGACY BLOG: レガシィバトン

私もさっそくやってみました!
質問は全部で12。

Q1:あなたのレガシィはワゴン?B4?アウトバック? そして何色?
ムラサキ(バイオレットブルーマイカ)のB4です

Q2:あなたのレガシィは何万キロ?
44,000kmくらいかな。

Q3:あなたのレガシィは何代目レガシィ?
3代目・・・だっけ?(おい)

Q4:あなたのレガシィはあなたにとってスバル何台目?
初です、我が家は代々日産信者でしたから・・・・すいません。

Q5:今のレガシィの前のクルマは?
私個人ではレガシィが初

Q6:あなたのレガシィ名前つけていますか?
   名前がある場合は由来を教えてください。

「畑中洋一」
由来:畑中葉子の「うしろから前からどうぞ~」って曲から「車庫入れが上手にできるように」ってのと、三浦洋一の「ギアを入れろよ」って曲から(ダンナがコサキンリスナーです)。
最近は「れがち」とか「れがちん○」って言ってます(大汗)。

Q7:あなたがレガシィで行った1番遠い所は?何キロ走りました?
今年のGWに行った、東京から岩手の金田一(きんたいち)温泉が最高かな。
片道で620kmくらい?でもほとんど高速だったんでラクでした。
翌日の金田一から釜石まで200kmワインディングロードの方がよっぽど辛かったっす(途中迷子になったし・・・)。

Q8:週末あなたのレガシィには平均 何人乗ってますか?
ダンナと私の2人

Q9:レガシィで行く好きな場所は?
ダンナの実家の岩手県。
景色が美しいのはもちろんだけど、道路が綺麗に整備されてて走りやすい。
カートピアのロケ地にいかが?>編集さん

(釜石広域風力発電)

Q10:レガシィに似合う有名人は?
私(爆)。
いえ、やっぱCMキャラクターのブルーズおじさま、ですね。
ジェニファー・ロペスはちょっと合わなかったです。

Q11:次のレガシィに望むことは?
良い意味での野暮ったさは残してほしい。
流行りものはHONDAさんにでも任せておけば(笑)。

Q12:あなたにとって「スバルらしさ」とは?
エンジンバカ&足回りバカ、そして好感が持てる不器用さ。
あと、レガシィ・ユーザー同士がニアミスすると、ちょっと並んでみちゃうとこ。


・・・・こんな感じですかね~。
これ、面白そうなんで他社メーカーの車をお持ちの方も、自分の車名を当てはめて考えてみては??
良いのができたらTBとかで紹介してくださいねっ。

| | コメント (17) | トラックバック (3)

2006.09.22

「ばんそうこう」でしょう

さて、ここで質問です。
あなたはこれを何と呼ぶ?

どうやらこの呼び名って地域色があるらしいです。

呼び名で分かる:地域編 出身地を推測できる「ばんそうこう」
--MSN毎日インタラクティブより--

都道府県ごとの大まかな区分けが図にプロットされていました。
これによると、「絆創膏」以外にも「バンドエイド」「カットバン」「サビオ」など、商品名で呼ばれてる地方が多いんですねえ。

「バンドエイド」は関西や関東などいろんな地域に浸透してます、さすが全国で5割近いシェアを誇るというジョンソン・エンド・ジョンソン。
「カットバン」は東北、中国四国地方、九州などでも使われてる言葉で、やぱり商品名だそうです。
「サビオ」は北海道でシェアNO.1のライオン製品、だから、北海道ではサビオって言うんですね。
一般名詞のはずの「ばんそうこう」が一般的なのは意外にも少ない中部北陸のみ。

・・・私はコッテコテの関東人なんですが、「ばんそこ」って言ってましたよ。
東北出身のダンナ様は調査結果通り、「カットバン」って言うそうです。


他の言葉でも言い方が違っていて、例えば東と西では
「画びょうと押しピン」
「お漬物とお新香」
「お汁粉とぜんざい」
「今川焼と回転焼」
「マックとマクド」
・・・とかって感じで分かれてるそうです。

押しピンなんて言わな~い。
回転焼ってなに?聞いたことないよ。
汁粉とぜんざいは違うもんじゃないの?(餅が入ってるか入ってないか、だったような)
あ、お新香は言うかな。
「マクド」って聞いたとき「マグロ?」って思っちゃったよ(いえ、思ってませんすいません)。
そういえば、関西ではケンタッキー・フライド・チキンのこと「ケンタ」って言う?

ところで、ダンナ様はシャーペンのことを「ペンシル」って言うんですよ。
「ペンシル」って鉛筆の英語じゃん、って思ったら、彼の親戚がみんな「ペンシル」って言ってたんで、これも方言というか地域色のようです。

| | コメント (25) | トラックバック (2)

2006.09.21

フォクすけ

私がメインで使ってるWebブラウザはFirefoxなんですが、けっこう長いこと使ってる割に「確かにFirefoxって」でも書いたように、いろいろ不満点もあるんです。
だけど、他に突出して良さそうなブラウザもないし、これに慣れたせいもあってそのまま使い続けてます。

このFirefoxに日本初のマスコットが登場しましたね。

「クールなイメージでとらえられることが多いFirefoxに親しみやすさを加えたい」ということで、妙にかわいらしい子ギツネキャラです。
ポケモンにこういうのいなかったっけ?
ヒトカゲとか何とか(あれはトカゲか)。
あと、なんとなく「かちかち山」のタヌキっぽいというか「志村!後ろ後ろ!」って感じもしますねっ。

キャラクターは性格付けも大切。

「人間でいえば幼稚園ぐらい」の年齢
性格は「人なつっこく好奇心おう盛」で、出身は「地球(ちたま)」
将来の夢は「立派なWebブラウザになること」

「今は立派なブラウザじゃないのかよ」とか言うツッコミはナシの方向で。

この子ギツネが名前を募集してたんですが、あまりに大量の募集があったので15日発表が19日に延期になっていたようです。
Mozilla Japan マスコットのネーミング決定!!
--Spread Firefox Japanより--


7000件もの応募の中から決まった名前は。
ふくすけ。

・・・じゃなかった

「フォクすけ」
だそうです。

あー、なんて言うか、イラストも名前も好き嫌いがハッキリ分かれそうですね。

現在はシックス・アパートのチームVoxのブログで「フォクすけ」を使ったバナーを募集しているそうです。
【Vox チームより】Mozilla Japan マスコット Vox バナーコンテスト
(ただし、シックス・アパートのブログサービス「Vox」のアカウントがないと応募できません。
こちらのページで招待コードを取得する必要があるようです)

ちなみに本家の火ギツネはこれ(クリックするとダウンロードページに飛ばされるよ)。
Upgrade to Firefox 1.5!
日本のキャラクターって海外のものより上手だと思うけど、これは本家の方が良いような気がしますね・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006.09.20

遠野の鹿踊り

岩手県遠野市で、9月13~15日に遠野郷八幡宮例大祭、16、17日に遠野祭が開催されたそうです。
この夏の帰省で、私も「みちのく芸能まつり」で観た鹿踊りの本場がここ、遠野市です。
私が観た鹿踊りは、お祭りのゲストとして岩手県内の複数の保存会が出演していたので、一団体の参加が十数人だったのですが、さすが本場遠野では、100人以上の群舞が観られるそうです。


みちのく芸能まつりでの鹿踊り

遠野くラブ ログの南昌寺 小太郎さんが、その時の様子をYouTubeにアップされたということで、さっそくリンクを貼らせていただきました。

私が夏に全演目を観た鬼剣舞はストイックなまでに硬派で、本当に神か仏が舞い手に憑いたんじゃないかってくらい猛々しい舞いなのですが、鹿踊りは華やかで明るい感じがします。
あまりたくさん乗せると重くなっちゃうので(汗)、直リンは2つ・・・。
南昌寺さんのchannelにたくさん掲載されているので、興味のある方はこちらからもどうぞ。
(YouTubeアカウント持ってる方は、ratingもポチッとな、してあげてねっ 笑)


青笹(あおざさ)しし踊り(5:59)
http://www.youtube.com/watch?v=JGRqK8bNNPU

細越(ほそごえ)しし踊り(7:02)
http://www.youtube.com/watch?v=PawQeEEIVzs

綾織(あやおり)しし踊り(4:52)
http://www.youtube.com/watch?v=SkWRPCatQuY

板沢しし踊り(7:40)
http://www.youtube.com/watch?v=XKC8AhijYF8

早瀬さんさ(1:47)
http://www.youtube.com/watch?v=ucIAMcSuBbM

| | コメント (34) | トラックバック (2)

2006.09.19

中秋の名月

中秋の名月とは旧暦で8月15日のこと。
毎年満月は12~13回もあるのに、この日の満月が特別扱いされるのは、久しぶりに煌々と輝く明るい月を見ることができるからでしょうか。
夏の間、太陽が天頂近くまで上るのに対し、月は空の低いところをどんよりと漂っています。
(逆に真冬は太陽は低く、月は頭の真上まで上りますね)
今くらいの季節になると、月もだいぶ空高く上るようになり、済んだ秋空にまぶしいほどの月が浮かびます。

秋は収穫の季節でもあるので、その年の作物を月にお供えする風習があって、そのため「芋名月」とも言われます。

今年の中秋の名月、つまり旧暦8月15日は10月6日。
しかし、実際の満月は10月7日になります。
実は毎年、中秋の名月は満月とは限らないのです。

これにはいくつか理由があります。
*旧暦1日の決め方によるずれ
旧暦の1日は新月(月齢0)となる瞬間を含んだ日なので、15日には月齢が14(満月の1日前)の場合が多いのです。
*新月から満月までかかる日数
新月が満月になるのは、正確には約14.76日。
ここでも旧暦より実際の満月の方が遅れることが多くなります。

これらの理由から、中秋の名月は満月でない日の方が多いわけですね~。
実際、来年2007年の旧暦8月15日は9月25日ですが、本当の満月である9月27日と2日もずれています。

んじゃあ、どっちの日でお月見したら良いの??
「中秋の名月」はいわばお祭りのひとつですから、厳密に満月である必要はないので、「旧暦8月15日の名月」と考えて良いようです。
だから、今年の中秋の名月は10月6日。

なお、「ちゅうしゅうのめいげつ」には「仲秋の名月」という書き方もあります。
「仲秋」とは、秋の半ばの月、すなわち8月のこと(早春、仲春、晩春、という言い方は今でも耳にしますね)。
「中秋」とは、秋の真ん中で、特に8月の真ん中(15日)をさす言葉だそうです。
どちらでも間違いではないのですが、「中秋」の方が比較的多数派のようです。

さて、十五夜は誰でも知っているけど、十三夜というのもあります。
これは旧暦9月13日の月のことで、満月の2日前の月を観賞する風習です。
十五夜に月見をしただけでは「片見月」と言って縁起が良くないため、同じ場所で十三夜にも月見をするのだそうです。
今年の十三夜は11月3日。
十五夜の夜は秋雨にたたられることも多いのですが、十三夜はかなりの確率で晴天に恵まれることが多いようです。

なにはともあれ、中秋の名月にはススキを飾り、お団子を食べまくりましょう!

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006.09.16

茶杓を作ろう(完成!)

ようやく茶杓が完成しました。
奥が見本、手前が私の作品です。

今回は初めての茶杓作りということで、あまり変わったことはしないであえて見本に忠実に作ったので、あんまり面白い姿じゃないんですけどね。

櫂先(茶をすくう部分)の裏も綺麗に磨きました。

この辺りは、何度も手で触ったり布で拭いて感触を試したり、畳の上に置いて様子を見たりして、一番気を使ったところです。

切り止め(持つ部分の一番上のところ)は、いろんな形があるんだけど、一番オーソドックスな利休型と言われる形。

茶碗に仕組んでみました。
裏側がまだ白っぽくてあまり粋じゃないけど、時間が経てば適当に枯れてきて良い感じになるかな、煙とかで燻したら良い色がつくかしら。

本当はこの茶杓を入れる竹の筒も作るべきなんですが、良い竹が手に入らなかったので・・・。
自分で茶杓を作ってサイトにアップしてる方はたくさんいらっしゃって、木を使ってみたり、変わった形にしてみたり、いろいろ楽しそうです。

まあ、とりあえずね、こんなに時間かかるとは思わなかったよ(汗)。
作業的には大したことないんだけど、ちょっと削って数日水に漬けて、ちょっと削って数日固定、ってのがね。
んでも楽しかったんで、また良い竹が手に入ったらチャレンジしてみようと思ってますです。

茶杓には「銘」があります。
この茶杓の銘は「熊野」にしました。
この竹を取った場所の名をいただきました。

「茶杓を作ろう」
「茶杓を作ろう2」
「茶杓を作ろう3」

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2006.09.15

ファイティングファルコン

2ヶ月ぶりの背景変更です。
今までホンワカ系の「らしくない」(笑)背景画像が続いてましたが、今回はちょっと?危ない?雰囲気にしてみました(画像がアジサイのままだったら「更新ボタン」を押してみてねっ)。
Blog0609
(画像クリックで原寸大をポップアップ表示できるよ)
今まで使っていた写真は「Cafe Room」のフランカーさんにいただいたもので、とっても気に入ってたんですが、さすがに、こんなに寒くなったのにアジサイの花が咲き乱れてるのもどうか、って感じですよね・・・。
恐竜の画像もいただいてたんですが、ちょっと忙しかったりしてなかなかデザインまで手が回らなくて、機会を逸してしまいました、ごめんね(涙)>フランカーさん

で、この飛行機は何だっけ(おいっ!!!)
【F-16ファイティングファルコン】
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-16
高価で配備しきれないF15の穴埋めとして登場したものの意外なまでの高性能機と分かり大人気。機動性もタダモノじゃないっす。かつて百里でF4ファントムのフライトの後コイツのデモフライト(三沢のアメちゃんパイロットによる)を見たら素人目にも目が点・・。マニューバの次元が違いすぎます。F15は戦闘機のロールスロイスと呼ばれるけどF16はなんだろ、S2000ってとこ?
(フランカーさんのコメント全コピペ)

8月20日に開催された横田基地の友好祭で撮ってきた戦闘機のひとつです。
詳しくはこちら
横田基地の友好祭1
横田基地の友好祭2

横田基地は混み入った住宅街のど真ん中にあるので、騒音問題にはとても敏感で、この祭でも戦闘機は一切フライトを披露しません。
だから、戦闘機のお披露目はあっても、こんな風におとなしく並んでるだけなんですよね。

文化の日に、今度は自衛隊の入間基地で航空ショーがあるらしいんです。
ブルーインパルスのアクロバット飛行とかがあるらしいんだけど、実は私って航空ショーって行ったことないのよね・・・。
横田の祭と比べると、規模もお客の数もハンパじゃないらしいです。
うーん、どうしよっかなあ、行こうかなあ、でもまた恥かきそうだしなあ(汗)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.09.13

マザーリーフ(無間地獄)

先日、「我が家の植物たち」で紹介したマザーリーフ、あの時はごく普通の多肉植物の苗、という感じでしたが、こいつがとうとう本性を現し始めました。

それ自体の大きさはあまり変化していませんが。

よく見ると葉の周囲にポツポツが生えてきてます。
もっと近寄ってみてみましょう。
葉のギザギザのすき間にちっさいのがいっぱいくっついてます。

・・・ちょっとグロい(汗)。
いっちょまえにフタバの形してるでしょ、これが、全部子供なんですよ(怖)。
これがある程度の大きさになると、葉からおぼれ落ちて地面に根をはるのです。
そして際限なく増えていくと・・・・。
もうね、下に落ちる前につみ取ってますよ・・・。

こいつ、もらったときは6株あったのですが、1株残して無理矢理実家に押しつけてきました(爆)。
それを母が近所に配って歩いたということです。
・・・増えるよ、って説明したのかな・・・。
これって、育てるのが面倒になったりして、その辺に植えたりしたら日本の生態系を思いっきり狂わせそうですよね・・・。

ガーデニングのお店とかでは、子供がたくさん産まれるから「幸福の植物」とか言って売られてるらしいけど、私にはどうしても「不幸の植物」にしか見えません(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.09.12

ハロウィンカードを送ろう

ものすごーく気の早い話ですが(笑)、10月31日はハロウィンですねっ。
日本ではクリスマスはかなり一般的になったけど、ハロウィンはまだそんなに浸透してません。
だいいち、ハロウィンて何の日?

ハロウィンとは、キリスト教の万聖節の前夜10月31日に行われる行事のこと。
万聖節は諸聖人の日(しょせいじんのひ)とも言い、全ての聖人と殉教者を記念する日です。
もともとはケルト人の収穫感謝祭だったものがキリスト教に取り入れられたもののようです。
ケルト人にとって10月31日は日本でいう大晦日、この日は死者の霊や魔女が娑婆(笑)に出てくるので、霊たちから身を守るために仮装をしたり、火をたいて魔除けにしたのが始まりだそうです。

ハロウィンと言えば、カボチャをくり抜いた「カボチャ大王(ジャック・オー・ランタン)」ですねっ。

このかわいらしいオバケをグリーティングカードにできるサイトを紹介します。

Happy Halloween! from Theoworlds.com
(音が出るよ)

作り方はとっても簡単
STARTボタンを押すとまっさらなカボチャが登場します。

マウスを使って好きな顔に切り抜いていくのだ。
フリーハンドでも描けるし、直線も選べます。
失敗したらUNDOボタンでひとつ前に戻れますよ。

できあがったら「DONE CARVING」をクリック。
「CARVE PUNPKIN」で顔を描く画面に戻れます。
「CHANGE MESSAGE」でHAPPY HALLOWEEN!」の部分を好きな文章に変えられます(ただし、英数字のみ)
「CHANGE IMAGE」で、背景を変えられるよ。

納得いく作品ができたら「DONE!」ボタンをクリック、自分の作品のURLが表示されます。
次の画面でアドレスを入力すれば、自分が作ったパンプキンのURLを送ってくれます。
アドレスを入力するのは抵抗あるって人も多いと思うので、URLをそのままコピペして自分のメーラーで送った方が良いかもね。

で、私が作ったのがこれ。
http://www.theoworlds.com/Halloween/index.asp?CardID=43958

ザクザク切っていろんな顔を作ってみてねっ。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006.09.11

ミノル・ヤマサキ

Minoru Yamasaki、アメリカの建築家。1912年12月1日~1986年2月7日。
日系移民2世としてシアトルに生まれ、苦学してワシントン大学、ニューヨーク大学大学院で建築を学びます。

卒業後はシュリブ、ラム&ハーモン事務所(エンパイアステートビル等の設計)や、ハリソン、フォールオウクス&アブラモヴィッツ事務所(ロックフェラーセンター等の設計)、レイモンド・ローウィ事務所など、ニューヨークの有名事務所で腕を磨きます。
第二次大戦中、日系人への迫害が激しくなっても、建築家としての能力が認められていた彼は、収容所に強制収容されることもなく、戦争中も多くの設計をこなしました。

1959年、ヤマサキ&アソシエイツを開設、4度にわたってアメリカ建築家協会(AIA)の一等栄誉賞を受賞するなど日系人の建築家としては非常に希有な存在となりました。

彼の設計の特徴は、モダニズムの禁欲的なデザインを踏襲しつつ、その後のポスト・モダンにも通じるような、外観の美しさに最大の力点を置いた所です。

一見、無愛想に見える建物でも、柱の部分を植物のように流麗な曲線にしてみたり、ヨーロッパの伝統様式を取り入れてるなど、よくよく見ると細かいところに彼なりのこだわりを見てとることができます。

主な作品としては、ランバード・セントルイス国際空港メインターミナル、在神戸米国総領事館(日本建築学会賞作品賞)、ラディソン都ホテル東京などがあります。


ランバード・セントルイス国際空港メインターミナル

しかし彼も全ての作品が成功ばかりだったかというとそうでもなく、1951年に計画されたセントルイスのプルーイット・アイゴーなどは今でも「アメリカの住宅計画史上最大の失敗」と非難されています。
セントルイスの貧困地区に立てられた高層住宅群「プルーイット・アイゴー」は、計画の不備に加えて極端な予算縮小によって町全体がスラム化に陥り、完成後20年も経たないうちに爆破解体されています。


完成当初のプルーイット・アイゴー

解体されるプルーイット・アイゴー

そういった失敗はあったとしても、やはり彼の代表作となるニューヨークの世界貿易センターの設計をまかされたことは、いかに彼の腕が高く評価されていたかを十分に証明するものでしょう。
もちろん、このツインタワーも完成当初は各方面から存分にこきおろされたものです。
私の手元にある建築書でも「ばかでかいのっぺらぼう」と酷評されていました。

1973年に建設されたこのビルは、110階建てで高さ411m。
この四角い建築物は、確かに周囲の表情豊かな建物とは一線を画しており、無骨で無愛想とも言える形態をしています。
しかし、ビルの間近に寄って細部を見てみれば、そこにはゴシック建築を思わせる柱のデザインなど、随所にミノル・ヤマサキ独自のこだわりを見ることができます。
ただ、このヒューマンスケールを無視した大きさの前にはディテールまで目が届かず、「巨大な豆腐のような」印象を与えてしまうのでしょう。

とはいえ、この建物がモダニズム建築の代表作となり、また資本主義の象徴となり、ニューヨーカーの誇りのひとつとなっていたことも事実です。

明日9月11日はアメリカ同時多発テロから丸5年になります。
あなたは、その時、どこでこのニュースを知りましたか?


建設中のWTC

追記:
世界貿易センタービル跡地に建設する新しいビルの計画が進んでいます。
ビルの名は「フリーダム・タワー」、2010年代完成の予定だそうです。
Freedom Tower
--Wikipedia英語版より--

この記事の画像、いずれもウィキメディア・コモンズ

| | コメント (32) | トラックバック (1)

2006.09.08

今後のスペースシャトル

今晩、日付が変わって9日の0時41分(米東部時間8日午前11時41分)にスペースシャトル・アトランティスが打ち上げられます。
国際宇宙ステーションの組立フライト 12A(STS-115)

--JAXAより--

本来は8月27日に打ち上げる予定だったのですが、天候不順や燃料電池の不具合などで、今まで伸びてしまいました。

ロシアの宇宙船ソユーズ(元ライブドア取締役の榎本さんが乗るハズだったアレ)も18日に国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられる予定なのでこれ以上延期するとバッティングしてしまいます。
アトランティスの打ち上げは今回がダメなら中止、ということになります。

今回のアトランティスの主なミッション内容は、宇宙ステーションにソーラーパネルを張ること。
今の宇宙ステーションにはソーラーパネルが2枚しかないんですが、最終的にこれを8枚にします。
で、今回は更に2枚のパネルを持っていく訳ですね。
このパネル、折りたたまれてる時は10×0.5mしかありませんが(要は太い棒、ですね)、これを展開すると35×12mの大きさになるそうです。
えっと、何倍になるんだ?(計算苦手・・・)


1981年4月、コロンビアの初フライトを皮切りにスペースシャトルの歴史が始まりました。
初期のフライトでは、宇宙空間での実験やハッブル宇宙望遠鏡の修理、惑星探査機の投入などに利用されていましたが、現在は国際宇宙ステーションへの建設・物資補給に重点を置いて活用されています。
その間、とても悲しい事故もありましたが、現在でも3基ががんばってますね。

シャトルは2010年に引退する予定ですが、すでに最後のフライトまでの予定は決まっているそうです。
Space Shuttle Launch Manifest

これによると、それぞれのラストフライトは
アトランティス:2008年10月
ディスカバリー:2009年4月
エンデバー:2010年1月
いずれも宇宙ステーションの部品を補給したところで、任務終了。
いちおう臨時用のスケジュールも組まれてはいますが、計画通りにいけば、それぞれが全ての飛行を終え、後の任務はオリオンに託されることになります。

今後のスケジュールは以下のとおり。
(もちろん今後、大きな変更もあり得ます)

年月オービター
ATLANTIS
DISCOVERY
ENDEAVOUR
主なミッション
今晩AT  ソーラーパネルの輸送&組み立て
06/12 DI P5トラス、与圧品等輸送&組み立て
07/02AT  S5トラス輸送&組み立て
07/06  ENS5トラス輸送&組み立て
07/08AT  ノード2(結合モジュール)運送&組み立て
07/09 DI ヨーロッパの実験装置「コロンバス実験棟」の試験運用
07/11  EN日本の実験装置「きぼう」プラットフォーム、
船外パレット輸送&組み立て
土井さんがフライト!!!
08/02AT  日本の実験装置「きぼう」ロボットアーム
08/06  ENS6トラス、最後のソーラーパネル輸送&組み立て
08/08AT  物資輸送、ラストフライト
08/10 DI 日本の実験装置「きぼう」輸送&組み立て
09/01  EN3人分の住居・調理室、クルー健康管理システム等の輸送
09/04 DI 物資輸送、ラストフライト
09/07  EN物資輸送
09/10 DI (予備日)
10/01  ENノード3(結合モジュール3)、キューポラ輸送(キューポラって何?)
ラストフライト
10/07  EN(予備日)

うおお、けっこう日程詰まってるけど大丈夫か???
なんだかんだ言いつつ、あと4年でスペースシャトルも終了なんですね・・・。

追記:もう後がないから今夜は行くだろうと、自信持って記事アップしたら延期だそうです、うわ~ん(涙)、安全第一(涙)。
スペースシャトル「アトランティス号」(STS-115/国際宇宙ステーション組立てミッション(12A))の打上げ延期について | JAXA

変更後打上げ予定日時:
米国東部夏時間9日午前11時15分
日本時間10日午前0時15分

当日の打ち上げの様子はNASA TVで中継されます。
NASA TV Landing Page
RealPlayer、Windows Media Player、Quicktimeのどれでも見られますよ。

| | コメント (76) | トラックバック (2)

2006.09.07

茶杓を作ろう3

「茶杓を作ろう」「茶杓を作ろう2」、とがんばってきた自作茶杓ですが、だいぶそれっぽくなってきました。

実は「かい先(サジの部分)」を曲げるのに、一度失敗しています、あははは・・・・。
本当は数日間水に濡らしたあと、2時間ほど煮ると曲げやすくなるのですが、私は面倒臭がって30分ほどしか煮なかったんですよ・・・。
そのせいか、しっかり曲がらなくて、再度「水につけ」「煮る」を繰り返してようやく思い通りの角度に曲げることができました。

曲げやすいようサジの部分をわざと長くしたので、妙なバランスになっています。

これをナイフで成形、遠目にはどっちが見本か分からないでしょ(思いっきり分かるっつの)。
奥の、削りすぎて薄っぺらくなっちゃってる(涙)のが私の作品です。
あと、見本のように節のある部分を微妙に反らせた方が形良く見えるので、ここは後でチャレンジです。

ここまで来たらナイフの出番は終了、あとはヤスリで丁寧に磨いていきます。
実は裏側はこんなふうにケバ立ってるので、ここもなめらかに仕上げないとね。

あ~~~やっとここまで来たよ(涙)。
次回はいよいよ最終回かな?だといいな・・・・。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.09.06

口コミのパワー

東京都三鷹市にある「街かど自立センター」は、主に身体障害を持つ成人が自立した生活を送るための施設です。
障害者施設というと、たいてい健常者スタッフが先頭にたって指示をしたり、率先して介助を行うのが一般的ですが、このセンターは少し方針が違います。
原則として、障害者本人が個々にあった自立プログラムを作成・実践しており、介助としての健常者もいますが、それはあくまで障害者の手伝いをするだけの存在なのです。

ここで月に一度開催されているガレージセールがあります。
地域住民とのふれあいや、自分たちの存在をアピールするのが主な目的で、収益は彼らの活動資金となります。
近隣住民にいただいた物や、センターのスタッフが集めたもの、例えば衣類とか食器、雑貨なんかを庭先や室内に広げて売る訳ですね。
そして、私もたまにガレージセールの手伝いをしています。
もちろん私は介助の資格を持ってないし、そういう訓練を受けたこともないので、主に売り子さんをやっています。
慣れない人がヘタに介助してお互いに関節でも痛めたら大変ですしね~。


ここの手伝いを始めたのが1年ほど前からかなあ。
だいたい1回のセールの売り上げは2万円超えたら大喜び、という感じでした。

ところが。

ここ数ヶ月、その売り上げがどんどん伸びてるんです。
今年の春あたりから、2万超えは当たり前、時には6万円なんて、あり得ない数字をたたき出しました。
広報のしかたを変えたのかなあと思ったのですが、特に何か変わったことをした訳でもなく、いつも通り、三鷹市報にスケジュールを掲載したり、三鷹のCATVで文字放送する程度だそうです。

となると。
これは口コミのパワーですかねえ。
近所の人たちが「あそこで毎月ガレージセールをやってる」って話を回してくれてるんでしょうか。

スタッフのみんなは「これ以上売れると疲れるんだよな~」とか言いつつ(笑)、毎回売り上げを見てはニコニコしています。

ガレージセールは基本的に毎月第4火曜日の12:30~14:00に開催されます。
たまに日程が変わることもあるんですが、サイト上でスケジュールが紹介されてないので、今は「サイトでも紹介するように」と命令、じゃなかった、リクエストしているところです。
お近くにお住まいの方や、興味のある方は、ぜひ行ってみてくださいねっ。

街かど自立センター
三鷹市上連雀4-1-8 福祉コアかみれん1F

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.09.01

ライカ、クドリャフカまたは宇宙犬

おそらく世界でも最も有名なこの犬をご存じの方も多いでしょう。
ライカとはロシア語で「吠えるもの」、つまり犬のことで、この犬の愛称であるとも、ライカ犬という犬種名であるとも言われています。
しかし、実際に開発者たちの間ではクドリャフカと呼ばれていたようです。

下の丸い部分にライカが入り、上部には生命維持装置や機器類が積まれました
画像いずれもウィキメディア・コモンズ


1957年11月3日、ソ連のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたスプートニク2号にライカは乗っていました。

ライカを生きて回収することは計画に入っておらず、気密服を着せられ、数日分の食料と、パラシュートの替わりに計測器や無線送信機が積まれました。
当時の発表では、再突入の前に食物に毒を入れて安楽死させられた事になっていましたが、グラスノスチ(情報公開)以後、「キャビンが欠陥により過熱し、ライカは数日後に死んだ」とロシア政府筋が発表しました。
さらに2002年には、スプートニク2号の計画にかかわった技術者が、「ライカは打ち上げ数時間後に過熱と極度のストレスにより死んでいた」と発表しています。
おそらく、これが一番正確なライカの最期だったのでしょう。

東西冷戦時代のまっただ中、アメリカに先駆けて有人飛行を目指していたロシアは、一ヶ月前に、世界初の人工衛星スプートニク1号を軌道に乗せることに成功していました。
これは世界中を震撼させ(スプートニク・ショック)、さらに世界で初めて軌道を回ったライカは、ケネディ大統領に「60年代が終わるまでに月に行く」と宣言させるほどの影響を与えました。
ロケットに乗っていたのが犬ではなく核弾頭だったら・・・。
以降、米ソは有人飛行に向けた熾烈な宇宙船開発競争に突入することになります。


ライカは「地球の軌道上を回った最初の生き物」ではありますが、実はそれ以前にも数分間ではありますが、無重力空間へ行った犬たちがいました。

宇宙へ人間を送るためには、酸素・食料・温度の確保、宇宙空間が人体に及ぼす影響の解明、そして何より無事に帰還することが重要です。

当初、実験動物にはサルも候補に挙がりましたが、サルは病気にかかりやすく、体に取り付けたセンサーを引きちぎってしまう恐れがありました。
犬はしつけしやすく、飢えに強く、小型であり、また愛嬌があってカメラ写りが良いのも大きなポイントとなりました。
研究者は実験用に連れてこられた犬たちを遠心加速機に乗せて加速テストを行うなど、厳密なチェックを進め、最終的に9頭の犬が選ばれます。

実験にはドイツから接収したV-2ロケットを模造したロケットが用いられました。
発射から約3分後に高度100kmに到達、犬たちは約4分間の無重力を体験し、大気圏突入後パラシュートが展開する仕組みです。

この実験は大成功で、打ち上げから20分後、2頭の犬は出迎えた研究者たちに元気な姿を見せたと言います。

以降、6度の打ち上げが行われ、のべ9頭の犬がフライトし、その中の3頭は2度経験、うち4頭が実験失敗によって犠牲となっています。
犬が犠牲になるたびに、技術者たちは深く悲しんだと言いますが、それは単に実験失敗の落胆だけではなく、心から犬の死を悼んだためでもあるようです。
そうでも思わなきゃ、こっちもつらいですよ・・・・。


なお、ライカ以降、ソ連は通算13頭の犬をロケットに載せて打ち上げており、その多くは地上に生還しています。
はじめて生還に成功した2頭の犬のうち、ストレルカという名の犬の子犬がケネディ大統領に贈られています(なにこれイヤミ?)。


これら多くの犬たちの活躍があって、ついに1961年、ガガーリンが世界初の有人飛行を達成、「地球は青かった」という言葉はあまりに有名です。
ちなみに、その後ガガーリンは飛行指揮官となるべく、ミグ15で訓練飛行中に墜落事故によって亡くなっています。


参照:
スプートニク2号
ライカ犬 とその仲間たち
--スペースサイト! 宇宙開発史 / 天文の話題--
ライカ(犬)
--Wikipedia--

| | コメント (148) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »