« 茶杓を作ろう(完成!) | トップページ | 遠野の鹿踊り »

2006.09.19

中秋の名月

中秋の名月とは旧暦で8月15日のこと。
毎年満月は12~13回もあるのに、この日の満月が特別扱いされるのは、久しぶりに煌々と輝く明るい月を見ることができるからでしょうか。
夏の間、太陽が天頂近くまで上るのに対し、月は空の低いところをどんよりと漂っています。
(逆に真冬は太陽は低く、月は頭の真上まで上りますね)
今くらいの季節になると、月もだいぶ空高く上るようになり、済んだ秋空にまぶしいほどの月が浮かびます。

秋は収穫の季節でもあるので、その年の作物を月にお供えする風習があって、そのため「芋名月」とも言われます。

今年の中秋の名月、つまり旧暦8月15日は10月6日。
しかし、実際の満月は10月7日になります。
実は毎年、中秋の名月は満月とは限らないのです。

これにはいくつか理由があります。
*旧暦1日の決め方によるずれ
旧暦の1日は新月(月齢0)となる瞬間を含んだ日なので、15日には月齢が14(満月の1日前)の場合が多いのです。
*新月から満月までかかる日数
新月が満月になるのは、正確には約14.76日。
ここでも旧暦より実際の満月の方が遅れることが多くなります。

これらの理由から、中秋の名月は満月でない日の方が多いわけですね~。
実際、来年2007年の旧暦8月15日は9月25日ですが、本当の満月である9月27日と2日もずれています。

んじゃあ、どっちの日でお月見したら良いの??
「中秋の名月」はいわばお祭りのひとつですから、厳密に満月である必要はないので、「旧暦8月15日の名月」と考えて良いようです。
だから、今年の中秋の名月は10月6日。

なお、「ちゅうしゅうのめいげつ」には「仲秋の名月」という書き方もあります。
「仲秋」とは、秋の半ばの月、すなわち8月のこと(早春、仲春、晩春、という言い方は今でも耳にしますね)。
「中秋」とは、秋の真ん中で、特に8月の真ん中(15日)をさす言葉だそうです。
どちらでも間違いではないのですが、「中秋」の方が比較的多数派のようです。

さて、十五夜は誰でも知っているけど、十三夜というのもあります。
これは旧暦9月13日の月のことで、満月の2日前の月を観賞する風習です。
十五夜に月見をしただけでは「片見月」と言って縁起が良くないため、同じ場所で十三夜にも月見をするのだそうです。
今年の十三夜は11月3日。
十五夜の夜は秋雨にたたられることも多いのですが、十三夜はかなりの確率で晴天に恵まれることが多いようです。

なにはともあれ、中秋の名月にはススキを飾り、お団子を食べまくりましょう!

|

« 茶杓を作ろう(完成!) | トップページ | 遠野の鹿踊り »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

仲秋という言葉は初耳。詳しい背景は初めて知ったけれど、酒臭くウルサい雰囲気が強い「花見」と違って「月見」って風流でいいかも、なんてイメージを漠然と持ってます。

11月3日・・メモメモ。お、今年も3連休か。この時期って晴天多いよね。ベランダに出て三脚とデジカメ出しつつ団子・・・いや群馬なら焼き饅頭だっけ・・でも食べるか、うししし。

光なら1.3秒で行けるところなのに、俺が生きてる間はあそこには行けそうにないなあ~。。

投稿: 三尉 | 2006.09.20 08:02

きょうは彼岸の入りだそうですよ、テレビで言っておりました♪ もうすぐ中秋の名月なんですね、お団子、買ってこなくっちゃ(笑)

台風が過ぎてから季節外れの暑さになってるんですけど、そういえばうちの近所でもススキが出てきましたよ。秋なんですね~。

投稿: sumi | 2006.09.20 09:55

しのぶさん、Aloha・・!。

月は行くもので無く、愛でるもの・・・、

ですね・・・。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2006.09.20 12:37

>三尉
ああ、分かるなあ、お月見ってあまり大勢でワイワイやる感じじゃないですよね。
てか、花見って花なんか見てないし(笑)。

カメラに納めるなら、満月より欠けた月の方が良いって言うよね。
陽が斜めから照らすから、月の山に影がさして立体的な写真になるもんね。

そういえば、昔は月にはウサギとかかぐや姫がいたものだけど、
実際にアポロで行ってみたら荒涼とした死の星だったので、
みんなガッカリした、なんて話もございました。
やっぱり遠くからあれこれ想像してるうちが華なのかもね~。

関係ないけど(笑)、11月3日は入間の航空ショーです。
お父さんが「行くなら朝7時に出るぞ」だって、なんでやねん!
一気にモチベーション落ちたわ(爆)。

>sumiさん
うわ!そうか今度の土曜は秋分の日ですもんねえ!!
もうお彼岸かあ、昨日今日と東京も暑かったけど、
やっぱり真夏の暑さとは違ってカラリとしてますよね。
なんだかんだで秋なんですねえ、外は虫の声もよく聞こえるし。
お墓参り行かなくちゃ(急に現実的)。

>jazzさん
aloha!!!

>>月は行くもので無く、愛でるもの・・・、

本当にそう思います、月にはお土産屋もスタバもないし(笑)。
一度大気圏は出てみたいかなあとは思うけど
月までは行かなくても良いかなあと。
だって、月に行くまでヒマそうじゃないですか(笑)。
外の景色もあまり変化なさそうだし。

投稿: しのぶ | 2006.09.20 23:13

ところで、このエントリーの写真、文字が入ってないのはなぜ?
著作権フリーの素材?

投稿: 南郷力丸 | 2006.09.21 05:11

>南郷さん
いろんな素材をいじくり倒したもの(切ったり貼ったり色変えたり)ですが何か?

投稿: しのぶ | 2006.09.21 23:50

good articles

投稿: ugg dealers uk-The wonderful quality 2013 | 2013.10.24 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/11959303

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

» 十六夜 [poco_a_poco]
SHINOblogで言われなければすっかり忘れていた中秋の名月。 だったのだが・ [続きを読む]

受信: 2006.10.08 22:19

» 超簡単!お月見に豆乳お餅を作ってみちゃいました。 [mipo'senjoylife]
秋の涼しい夜長、台風一過でせっかくきれいなんだから夜で過ごしてみたいものの・・・今住んでいる実家のある集合住宅が一周1キロは余裕であるマンモス団地なので、一歩外にでようものなら、小さい頃からのいろんな私を見てきた(見守ってくれた)、近所のおばさんたちが...... [続きを読む]

受信: 2006.10.10 23:52

« 茶杓を作ろう(完成!) | トップページ | 遠野の鹿踊り »