« ハッピーハロウィン!! | トップページ | 新日本様式100選 »

2006.11.01

オーケン石と砂漠のバラ

こないだ上野の国立科学博物館に行ってきました。
2004年に新館がオープンすると同時に本館の改修工事をしてたんですが、私たちが行ったときは本館もほぼ仕上げの段階に入ってました。

今は「ミイラと古代エジプト展 Mummy:the inside story」をやってるんですが、私たちの目的はこっちじゃなくて「化け物の文化誌展」の方。
日本における、「妖怪」や「もののけ」を科学の視点で見てみようという目論見の展示です。
常設展示料金(大人500円)だけで見学できるせいか、内容的にはそれほど濃いものじゃなかったけど、河童のミイラとか人魚のミイラなんかも置いてありましたよ。
ここは科学博物館ですから、「この人魚はネコの頭と鳥の体を貼り付けたもの」と身もフタもない解析をしちゃってますが(笑)、黙って見せられたら絶対「人魚だ!」って信じちゃうと思います。

で、国立科学博物館に行ったら必ず寄るのが館内のミュージアムショップ。
私って化石とか鉱物とかけっこう好きなんですよ(汗)。
以前も「テレビ石とゴニアタイト」「珪化木とオウムガイ」を紹介しましたが、今回ゲットしたのはこれ。

オーケン石(Okenite)
オーケンと言っても大槻ケンヂじゃないよ。
フワフワと綿みたいな感じですがこれでも立派な石です。
刃状結晶が放射状に固まった珪酸塩鉱物、だそうです。
実際に触ってみても綿毛のような感触だそうですが、私はまだ触っていません、なんとなくアスベストみたいなんだもん(笑)。
大きさは3センチほどで840円でした(ケースの大きさが3.5センチ四方くらいです)

砂漠のバラ(Sand-Rose)
Desert Roseとも言います。
とても有名な石ですね。
砂漠で採れる石で、石膏で構成されています。
オアシスが干上がる際に、水に溶けていた硫酸カルシウム(CaSO4)がこんな芸術的な結晶体を作り出すのだそうです。
直径2センチほどで315円。
大きいのは直径1mくらいになるそうですが、そこまで行くとちょっとキモイですね(笑)。

他にも変な(笑)ものを買ったんですが、それはまた後ほど。

オマケ:買わなかったんですがこんなのを発見
これは植物の化石ではなく、「堆積岩中に酸化マンガンがしみ込み美しいシダ状(シノブグサ)の模様となったもの」 だそうです。

さて、この石の名前は・・・・。

しのぶ石だって!!!
税込み2625円だそうです(ちょっぴり複雑な気分・・・)。

|

« ハッピーハロウィン!! | トップページ | 新日本様式100選 »

恐竜・生き物」カテゴリの記事

コメント

忍という字を「おし」としか読めない三尉がやって来ましたよ。
忍石って一青窈の「アリガ十々」の歌詞に出てくる(庭に3つとかなんとか)、いまだにどういうものか分かってないし、↑のしのぶ石はまた違うもの?・・なんだろねきっと。
いやでも、他では絶対手に入らないレアストーンのようだし、いいんでないかい?ぼられたのか・・?と自問自答するもよし(笑)

いつだったか富士五湖畔の雑貨屋さんで勤め先のマスコットマークが電灯になってるグッズ(しかも高さ50cmくらいありやんの)を見つけたけど、そのデカさと9800円というお値段にちょっと引きました(笑)

投稿: 三尉 | 2006.11.01 17:34

石にも「しのぶ」さんがいるんですね~(笑)
それにしても、びっくり。何も言われずに目の前に出されたら素直に化石だと思ってしまいそうです。生き物みたいに見えるのに、これが自然にできた模様だなんてすごいですね。
ほんとに、石っていろんな表情があるし、いろんなものがありますよね。光ってみたり綿みたいだったり。自分では持ってないんですけど、「なんでも鑑定団」に登場する石の回はけっこう好きだったりします (^^)

投稿: sumi | 2006.11.01 18:03

>三尉
いや、しのぶ石は買ってないっす(汗)。
オーケン石とか砂漠のバラは、パワーストーンのお店でも売ってるらしいけど
しのぶ石はどうなんだろう?
あまりありがたい効果はなさそうよね(大汗)。
石屋さん、というか、化石や鉱物を売っているお店ならたまに出るみたいよ。

一青窈は聴いたことないんで良く分からない(爆)。
歌詞を調べてみたんだけど、こんなの(笑)を庭に3つも置く家庭もそうそうないだろうから
何かの比喩なのかもね~。

えっ!あの会社のマスコットが電灯にっ!?
それって体全体がボーッと光る感じなの?(夜見たらちょっと怖いかも 笑)
昔は店頭に置いてあったりしたのかな?
9800円ってのはもしかしてコレクター価格なのかしら?
販促品だったとしたら、もらった側も扱いに困りそうね。

>sumiさん
子供の頃から、割と化石とか鉱物は好きだったんですが(どういう子供だ)
私も「しのぶ石」は初めて見ました。
この写真はガラスケースに入ってたのを盗撮してきたんですが
家に帰って調べてみるまで、私も植物の化石だと思い込んでましたよ(笑)。
・・・やっぱ買ってくれば良かったかなあ。
んでも、上の2つの石買っただけでダンナが呆れてたしなあ・・・(笑)。

鑑定団に出すような貴重な石じゃないけど
なんとなく眺めてるだけでも楽しいんですよね~。
って、やっぱ私って変だな(笑)。

投稿: しのぶ | 2006.11.01 19:30

Post_894a.. Nice :)

投稿: shinobu.cocolog-nifty.com | 2011.05.23 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/12513227

この記事へのトラックバック一覧です: オーケン石と砂漠のバラ:

« ハッピーハロウィン!! | トップページ | 新日本様式100選 »