« 日本と世界の白地図素材 | トップページ | 高校メーカー »

2007.04.20

オリオンとクリッパー

本当なら3月15日に打ち上げられる予定だったスペースシャトル・アトランティスは、2月に激しい雹(ひょう)に襲われて機体全体に被害が及んだため、未だに修復作業が続いています。
なんとか6月には打ち上げたいようですが、外部燃料タンクがシャレにならない状態です・・・。
タンクの外側は柔らかい発泡剤で覆われているので、特に損傷が激しいようです。
穴ぼこだらけ(涙)。

スペースシャトルは2010年に引退する予定なんですが、この分だと少しずれ込みそうな気配ですね。

さて、シャトルの話は少し置いといて、次世代宇宙船の話をします。

●アメリカの場合
そのシャトルの後継になるのが「SHINOblog: オリオンで火星をめざせ」でも紹介したオリオンです。
安全性やコストの面で、オービター(搭乗部)はアポロやロシアのソユーズのような使い捨て方式を採用します。
形もアポロに似てるでしょ。

Image credit: NASA
アポロ時代、帰還船は海上に着水していましたが、オリオンは陸上に着陸することになります。

これもやはり経費の問題で、海上着水の場合、宇宙船を回収するために洋上機動部隊を派遣しなければならず、これだけで膨大な費用がかかるのです。
陸上ならねらった場所に着陸できれば、迎えに行く運搬車さえあれば良い訳です。

ただ、この「ねらった場所」に着陸する技術と、着陸の際、人体に影響のない程度に衝撃を和らげる技術が、現時点ではNASAにないのです。
地上着陸の場合、主に以下の課題があります
「大気圏への突入角度」
「パラシュートや逆噴射装置による減速」
「正確な地点へのピンポイント着陸」
「エアバック等による着地の衝撃吸収」
このどれか1つでも失敗すれば乗員の命は失われるのです。

ロシアではソユーズが地上着陸方式を使っているので、もしかしたらロシアから技術を教えてもらうことになるかも知れませんね。


●ロシアの場合
そしてそのロシアも、ソユーズの代わりになる新しい宇宙船を開発中なんですが。
それがクリッパー(ClipperまたはKliper)という名の有人宇宙船。
コイツがなんとスペースシャトルそっくりなんです。

(画像Wikimediaより)

なんとも皮肉と言うか、アメリカが放棄したスペースシャトルと同じ帰還方式なのです。
アメリカが採用しようとしているソユーズの地上着陸方式、確かに安全性が高いと言われていますが、実はソユーズも過去に何度か死亡事故を起こしています。
ソユーズのようにパラシュートを使った着陸(というよりほぼ激突に近い)方式より、機体で揚力をつけ(リフティングボディ)翼を持つことで自ら滑降して着陸しようという訳です。

さて、どちらの方式が優れているのか。
オリオンもクリッパーも、まだまだ計画段階なので優劣をつけることはできません。
お互い、2020年代の実現を目指しています。

その前に中国がおいしいとこ持ってっちゃったりしてね(笑)。
ってゆうか日本もがんばれ。

オマケ:「SHINOblog: ソ連版スペースシャトル」で紹介したブランは結局復活しないようですね・・・・。



国立科学博物館「日本館」(旧:本館)リニューアルオープン
上から見ると飛行機の形に見える「かはく」の本館が4月17日、「日本館」となってリニューアルです。
日本館の名のとおり、日本をテーマとした総合的な展示が行われるそうです。
行かなきゃっ!!!

|

« 日本と世界の白地図素材 | トップページ | 高校メーカー »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
次々世代には恒星間ラムジェット宇宙船なんぞが現れているかと。
そしてオリオン、クリッパーが静止軌道上の恒星船~地上間
シャトル便の座を巡りシェア争いを繰り広げる、なんて。
キャッチコピーはアメリカ版「飛び込むな、シャトルは急に止まれない!」、
「狼煙上げれば救い有り」、「命あっての物種」、対するロシア版「クリパパッパラパッパ~、パラパラパッパッパ~」、
そうこうしてたら中国版100円シャトルが出現して熾烈な価格競争に突入!
なんて何処にいてもくだらない事を考えております。

投稿: hideandseek | 2007.04.20 22:52

>hideandseekさん
広島、楽しそうですねっ(笑)。

ラムジェットエンジン、ひっさしぶりに聞いた言葉です(笑)。
人間が想像したものは必ず実現する
(逆に言えば実現するものしか人は想像できない)なんて聞いたことがあるけど
本当にそのうち隣の恒星に行けるようになるのかな。
ま、その頃には私もお星様になってるでしょうけど(笑)。

>>そうこうしてたら中国版100円シャトルが出現して熾烈な価格競争に突入!

こうなると日本は超小型のパーソナル宇宙船を造らなきゃいけませんね。
ロケットの先端にはTOYOTAマークがついたりして。
(sonyマークかな?)

投稿: しのぶ | 2007.04.21 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/14781902

この記事へのトラックバック一覧です: オリオンとクリッパー:

« 日本と世界の白地図素材 | トップページ | 高校メーカー »