« セレーネに愛称を | トップページ | 日本と世界の白地図素材 »

2007.04.17

V-22オスプレイ

航空機と言えば、頭のてっぺんにローターがあるヘリコプターと、両翼を持った飛行機なんかが代表的ですね。
ヘリコプターは垂直離着陸やホバリングができるので、狭い場所での活動に向いています。
しかし、速度が遅くて容量も少ないし、航続距離が短いのが難点です。
一方の飛行機は速度が速くて一度に大量のものを運べますが、長い滑走路が必要です。

戦場では素早く現場に到着し離脱することが重要ですが、ヘリでは迅速な行動がしにくく、飛行機では離着陸の場所が限られてしまうのです。

思いっきり相反する両者の良い点を合体させてできた、次世代航空機とも言えるのがV-22オスプレイ。
このプロペラ、垂直にしたり平行にすることができるんだそうです。
プロペラを垂直に立てればヘリコプターのように垂直離着陸ができます。

こんなふうに平行にすれば飛行機のように速く飛べる、という訳ですね。

(画像いずれもWikimedia)
ローターをティルト(傾き)させるので、この方式をティルトローターと言うそうです。
こんな夢のような航空機ができたら、ものすごく便利だろうということでアメリカでは1950年代から様々な実験が行われ、80年代になって、ようやくV-22が開発されることになります。

しかし、このV-22は試作機段階で何度も墜落事故を起こしています。
どうやらオスプレイには致命的な問題があるようです。

ヘリコプターには「ボルテックス・リング状態(vortex ring state)」という失速現象があります。
ローターを回転させ下方向に風を吹き下ろすことによって浮力を得ていますが、下降速度が吹き下ろしの速度と同じになってしまうと浮力を失って失速してしまう訳です。

オスプレイの場合、ティルトローター特有の空力特性のため、一般のヘリコプターよりもボルテックス・リング状態に陥りやすいのです。

現時点で、オスプレイが失速しないためにはUH-60の3分の1の速度でゆっくり降下しなければならず、それでは実戦で何の役にも立たないのです。
これはUH-60の派生機種SH-60J(海上自衛隊)

だけど、アメリカが長い期間、巨費をつぎ込んできたからには、簡単に諦める訳にはいきません。
見切り発車であってもなんとか実戦配備して実績を得なければ。

米軍、新型の垂直離着陸機「オスプレイ」をイラクに配備へ|YOMIURI ONLINE
もちろん、当面はそれほど危険のない地域での活動になるそうですが。

オスプレイ沖縄配備も 外相、可能性認める|琉球新報
「(既存の輸送ヘリに代わる)新しいヘリが開発されないなら、オスプレイが完成品になった段階で置き換えられる可能性があることは十分に考える必要がある」とのことです。
なんで久間さんじゃなくてローゼン閣下が?
ちなみに、オスプレイさん、1機のお値段は8000万ドル(約95億円)。
F-117ナイトホーク(4500万ドル)の倍近い。

|

« セレーネに愛称を | トップページ | 日本と世界の白地図素材 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

次世代のヘリコプターとして、近未来の架空世界を舞台としたエースコンバット5ではラストで敵の司令官がこれに乗って逃げ出すという機体。まあ容赦なくラプターなりスーパーフランカーで血祭りに上げるわけだが。
名前だけは知られてるけどなかなか配備が進まない。致命傷?を治すのが大変なようね。アメリカなら民間用でも用途が見込めそうなので、そういった方面からのオファー、支援みたいなのも受けられそうなもんだけどなあ、と思ってみた。

95億円じゃジャパニーズイーグルとほぼ同じ値段じゃんかっ!そりゃ配備進まねぇわけだ・・。アメリカにこれより高い機体はラプターとB2しかないんジャマイカ。

投稿: 三尉 | 2007.04.17 12:05

プロペラを垂直に立てて降りてくるところ、なんだかマッチョマンが筋肉をムキムキさせながら降りてくるみたいですね~(笑)
で、これがイラクに配備されるんですか。へぇ~。
…って、「今年だけでも6機が墜落」??? 今年って、今、まだ4月ですよね (^^;

投稿: sumi | 2007.04.17 13:31

>三尉
(こっそりサンキュウ 汗)
この機種ではないけど、ティルトローター式のヘリが
ジパングの「みらい」に搭載されてなかったっけ?
(かわぐちかいじが本物を元に創作したヘリだったような)
あと、三尉ってエヴァ観たことある?
あれにもチラッと登場して使徒にぶっ壊されてた覚えが。

固定翼機が翼を畳むってのは艦載機では普通のことなんで
可変式のローターもそう難しくないように思っちゃうんだけど
そこが素人には分からない部分があるのかなあと。
これが機構として成功して量産体制に入れれば
もうちょっとお安くなるんだろうけど
今は一品一品手作り状態なんだろうね。

>sumiさん
このヘリ?飛行機?あんまり見た目がよろしくないですよね(笑)。
まあ見た目で仕事する訳じゃないけど
見慣れない形のせいで、30年前のヒーロー戦隊ものに出てきそうな
「それは無理あり過ぎだろう」みたいなイメージを持っちゃいます。

今年だけでも6機墜ちたのは、米軍ヘリ全体の数みたいです。
オスプレイはまだイラクには行ってませんしね、
だけど、今後配備されたらどうなるか・・・。

日本ではイラク関係の話題はニュースの余った時間にちょこっとしかやらないけど
ベトナムの時よりひどい状態になってるらしく、
とにかく激しい戦火があちこちで展開されてるそうです。
(ついこないだも、国連事務総長の会談中にロケット弾が着弾してましたね)
それなのにヘリコプターは昔と同じものを使っていて
アメリカとしては、なんとしても新分野を開拓しなきゃいけないとこなんでしょうね。

投稿: しのぶ | 2007.04.17 14:02

>今年だけでも6機墜ちたのは、米軍ヘリ全体の数みたいです。

あ、そうか「全体で」なんですね。ああ、びっくりした(汗)
こんなお高いもの、そんなにポコポコ墜落してたらいくらアメリカでも困っちゃいますよね。慌てて読んだせいか全然わかってなかったみたいです。失礼しました~ (^^;

イラクニュース、民間よりNHKのほうがよく登場するので、最近、NHKのニュースばかり見ています。そのうちオスプレイ君のニュースも登場するかな。

投稿: sumi | 2007.04.18 00:10

>sumiさん
きっとオスプレイは安全面でも経済面でも
当分はあまり重要な仕事はしないでしょうねえ。
一時期、沖縄にオスプレイが配備されるという噂が立ったんですが
日本側が「そんな出来損ないのヘリは置けない」と断ったそうです。
そこへきて、麻生外相の談話ですから、
「軍備強化というより経済摩擦解消か?」と、うがった見方をしちゃいますね。

イラクはもうどうにも収拾が付かなくなってきました・・・。
ブッシュさんが退任したら、後始末をする大統領は大変そうです。

投稿: しのぶ | 2007.04.18 22:42

僕の中でオスプレイと言うと、遠い昔国民機でやっていた大戦略のオスプレイですかね。あれから10年以上の年月が経っていると思うんだけど、いまだにこういうレベルなんだよね。
何もかも懐かしい。

投稿: ryo | 2007.04.23 01:11

>ryoさん
10年くらいだったら戦闘機って充分最新鋭みたいですねえ。
イラクに行ってるものたちも普通にベトナム時代から使われてるのばっかだし、
子供みたいな顔のトム・クルーズが乗ってたF-14なんか
もう20年以上前の戦闘機だけど今でもバリバリ現役だし。

この辺りがちょっと私たちには理解できないというか
自動車とか家電とだいぶ違ってるというか、
40年以上も使われてても当たり前、みたいですね~。

投稿: しのぶ | 2007.04.23 22:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/14711359

この記事へのトラックバック一覧です: V-22オスプレイ:

» シール貼り中断 [pokoponにっき ]
 近頃の食玩はマーキングが自分で貼るシールになっているものも多い。それで前回に貼ってから、だいぶたつので、とあるきっかけで、その間に溜まったのに貼りだした。  まずはV-22オスプレィ。オスプレィって... [続きを読む]

受信: 2007.04.19 00:00

« セレーネに愛称を | トップページ | 日本と世界の白地図素材 »