« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の32件の記事

2007.05.31

カエルがいたよ

カエルがいたよ
N904iから初モブログ投稿!
ガシャポンでゲットしたリュウキュウカジカガエルをローズマリーの鉢にあしらってみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スタートページは何にしてる?

日経リサーチが2007年3月に、16~69歳のインターネット利用者5,312人に対し、「パソコンのトップページに設定しているサイト」について質問したところ、6割以上が「yahoo!」に設定してたそうです。

「パソコンのトップページ」って壁紙のことか?と思ったら、「Webブラウザのスタートページ(ホーム)」のことですね・・・。

Yahoo! は多機能・ユーザビリティが理由で高い評価:日経リサーチ データシグナル

内訳はこんな感じ。

site(%)
yahoo!60.5
Google8.8
MSN6.3
BIGLOBE3.2
@nifty2.5
goo2.2
OCN1.5
infoseek1.4
So-net1.0
DION0.9

YAHOO!をトップページにしてる理由は「検索が使いやすい」「利用する機能が多いから(メールやアルバム機能)」「使い慣れているから」だそうです。

ちなみに、「直近(1ヶ月)のネットアクセス時に利用したサイト」(複数回答)では、「Yahoo!」「Google」「楽天」「MSN」となっていて、検索サイトがほとんどの中、買い物に利用できる楽天が光ってる感じですね。

site(%)
yahoo!91.0
Google56.8
楽天45.7
MSN27.6
goo27.6
infoseek25.9
NIKKEINET14.6
BOGLOBE13.9
excite9.8
asahi.com9.2

ちなみに、ナルシストな私がブラウザのトップページにしてるのは、自分のブログ(爆)。
いや、ブログなりサイトなりを持ってる人って、自分のサイトをトップページにしない?
このアンケートに答えた人は誰も自分のサイトを持ってないのかな?それとも私の自己愛が強すぎ?

あと、私の場合、この1ヶ月でネットアクセス時に利用したサイトは表の中では「Google」「NIKKEINET」「asahi.com」くらいかなあ。
yahoo!はほっとんど使いませんね、検索だけを利用するには画面がゴチャゴチャしててうるさいんだもん。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.05.30

火星で地下帝国発見?

NASAの火星探査衛星(Mars Reconnaissance Orbiter)が、火星の表面に地下帝国への入り口を発見したそうです。

mage credit: NASA/JPL/U.Arizona

アンダーグラウンドの世界への入り口、火星で見つかった謎の黒い丸:Technobahn
Windows onto the abyss: cave skylights on Mars:The Planetary Society(英文)
NAU(University of Northern Arizona) Researchers Find Possible Caves on Mars:NASA's Solar System Exploration(英文)

Arsia Mons(アルシア山)の北東部は比較的平坦な土地が続いてるんですが、唐突に巨大な穴ができており、これは洞窟の入り口かも知れないそうです。
穴の直径は100m以上あって、かろうじて波型の側面が見えるけど穴の中は真っ暗で、内部がどうなってるのか、どらくらいの深さがあるのか、判断材料が全くありません。
光が斜めからあたっているので、これが垂直洞窟なら少しは壁面も写りそうだし、地下空間の天井が陥没したのなら、穴の淵が薄すぎるんですよね。
とにかく、今分かるのは「この穴がものすご~く深い」ことだけなのです。

火星には他に似たような穴が全部で7つ発見されていて、どれも直径100mを超す巨大なもので、どれも内部がどうなってるのか、全く分かっていません。

火星の表面は生命が住むにはとても厳しい環境ですが、こんな洞窟の中なら気候も安定してるかも知れません。
もしかしたら生物が見つかるかも知れないし、将来人が火星に行ったとき、この洞窟を貯蔵庫として使えるかも知れない、と、NASAの中の人は考えてるようです。


んも~、NASAったら隠蔽工作してないか?
これは火星人の地下帝国の入り口に決まってんじゃん!
7つあるってことは、7つの都市があるってことじゃんか。
この写真を撮った探査衛星も見つけられてて、穴の奥から「いえ~い!」とかピースサインでニコニコしてる火星人が写ってるハズなんですよ。
その写真はどこに隠してるんでしょう???公開希望!!

もしかしたら火星人に「写メ」撮られてブログに公開されてるかも知んない、「地球から来たショボい探査機ハケーン」とか言って。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.29

恐竜だって泳いじゃうよ

恐竜は泳ぐことができたのか。
これは長年、古生物学者にとって論議の的であり、大きな謎でもありました。

ネス湖のネッシーも、屈斜路湖のクッシーも、猪苗代湖のイッシーも、海や湖を生活圏とするプレシオザウルスの仲間なのでとても上手に泳げますが、残念ながら彼らは恐竜ではなく、現生爬虫類の仲間なのです。

犬も象も鳥も泳ぐことができるから、恐竜だって泳いだのではないか。
だから泳げる派の意見が多かったものの、決定的な証拠を見いだすまでには至りませんでした。

そんな中、ついに大発見がありました。

スペインのCameros盆地は白亜紀(およそ1億2500万年前)には湖だったのですが、そこで恐竜が泳いだ跡が見つかったそうです。

Tracks suggest dinos could swim:BBC NEWS
Definitive Evidence Found of a Swimming Dinosaur:The Geological Society of America
(いずれも英文)


約15mにわたって、長さ約50cmのS字状にカーブした細い爪痕があり、これは恐竜が泳ぎながら水底をひっかいたことを示しているそうです。
そして、どうやらこれらは二足歩行する肉食恐竜の足跡らしいです。

それにしてもこんな曲線だけで、どうして「恐竜が泳いだ跡」って分かったんでしょう?


この化石には爪痕と一緒に波の跡(リップルマーク)も保存されているので、水底で付けられた跡だということが分かります。
そして一定の間隔で右、左と順番に跡が付いていました。
単に歩いただけならJackWolfskinのロゴのように足の裏が指までくっきり残るけど、これはまさにひっかき傷。
つまり、この線は2~3本の指でひっかいた跡であり、体が水に浮いた状態で2本の足で交互に地面を蹴って進んでいた証拠だという訳です。
そしてこれは、水鳥を含む現代の二足歩行動物とそっくりな泳ぎ方なのだそうです。
更にリップルマークと爪痕の向きから、水深3mほどの場所を流れに逆らうように泳いでいたのが分かるそうです(すげえ!そんなことまで分かるんだ!!)。
Cameros盆地には他にも無数の足跡が残っていて、ほとんどはJackWolfskinスタイルでペッタリ足跡が付いてるんですが、今回のようにひっかいたような跡が見つかったのは初めてだそうです。

そしてこれが化石に残された跡から研究グループが描いた恐竜の泳ぐ姿の想像図。

うわ!これアロサウルスじゃないかい???
ちょっと研究員さんの願望入り過ぎな気もしますが(笑)、いや、アリでしょう!私も見たいもの(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.28

ゴミ袋が有料になるよ(汗)

みなさんのお住まいの地域では、ゴミ袋は有料ですか?それともレジ袋とかでもオッケー?
ゴミ袋が有料の地域にお住まいの方は(もちろん有料でない方も)、なにかゴミを減らす努力をしてますか?

私の住む市は、東京都推奨炭カル袋や半透明のもの、あるいはレジ袋でもオッケーです。
最近はスーパーにマイバッグを持っていくのが良いと言われてますが、私はわざとレジ袋をもらいます。
そしてそれをゴミ袋として使っています。

我が家では燃えるゴミは、45リットル(60×80センチ)のゴミ袋1つを、週に1回出しています。
ただし、夏場は生ゴミを1週間も置いておくと邪悪な臭いが出るのでレジ袋や20リットル袋を週2回出します。
燃えないゴミは週1回、大きめのレジ袋で1つ。
資源ゴミは洗ったものをそのまま集積場のカゴに入れれば良いので袋は使いません。
要するに今の季節なら、1週間でゴミ袋が3枚必要になるわけです。

2年ほど前、隣の市でゴミ袋が有料になったので、うちも時間の問題だなあと思ってたんですが。
ついに来ましたよ!!

来年の1月から我が市も有料ゴミ袋になるそうです(大汗)。

来年から可燃・不燃ゴミ共通で20リットル袋が1枚40円、40リットルが1枚80円になります。
そして今まで袋に入れる必要のなかった資源ゴミも有料袋に入れて出すことになります。
我が家が今まで通りゴミを捨てると、ゴミ袋だけで週200円近い出費になるんですね・・・。
もちろん今までもゴミ袋は買ってたけど、20枚で200円とかだったので(レジ袋なんかダタだよ)この差はデカイですね、うーん、こりゃあ痛いわ・・・。

とりあえず、ダンナに「来年からは会社からチラシとか持ってこないように」という通達は出しました(笑)。
それでもやっぱり最低でも週に3袋は使いそうな勢いですね・・・。

もちろん、ゴミ袋を有料にするのは良いことだし、みんながゴミを減らす努力をすればとても大きな力になると思います。
・・・それにしても痛い・・・。

みなさんは、どうやってゴミを減らす工夫をしてますか?
有料ゴミ未経験者としては、今からビクビクものなんですが、何か良い減らし方があったら教えてください(涙)。

もしかして、来年から駅やコンビニに家庭ゴミを捨てる人が増えて、その結果、町中からゴミ箱が消えたりするのかな・・・・。
会社に生ゴミ持ってく人も増えるのかな(汗)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007.05.27

夜間のライトは上向き?下向き?

えっ!
普通に下向きだろう!
と思ったら、茨城の県警は「上向きにした方が良い」と考えてらっしゃったんですね。

交通マナー:夜間のライト、どちら向き!? 下向き根強く、県警が修正PR /茨城

上向きって、あれですよね、常時パッシングの状態のことですよね。
私なんかは「そんな状態で走るなよ」って思うんだけど、どうもちょっぴり事情があるみたいです。

茨城県警の交通企画課によると「車のライトは、上向きにすると100m先まで照らすことができ、下向きだと40m先までしか光が届かない」のだそうです。
時速60キロで走るとブレーキを踏んで停まるまでに37m必要になります。
だから、40m先しか見えないと、歩行者などに気づいたときはもう停まれないことがあるのです。
うん、確かに私もこないだ免許の更新に行って、全く同じことを聞きました。

しかしここで1つ問題があります。

道路交通法施行令第三章第十八条(道路にある場合の灯火)ではこんな記述があります。

第十八条 車両等は、法第52条第1項前段の規定により、夜間、道路を通行するとき(高速自動車国道及び自動車専用道路においては前方200メートル、その他の道路においては前方50メートルまで明りように見える程度に照明が行われているトンネルを通行する場合を除く。)は、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める灯火をつけなければならない。

ところがこれが道路交通法第三章第十節第五十二条灯火及び合図ではこうなります。

第五十二条 車両等は、夜間、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

2 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。
(罰則 第1項については第120条第1項第5号、同条第2項第2項については第120条第1項第8号、同条第2項)

つまり、道交法施行令では、「明瞭に見えるよう上向きにしろ」と言ってるのにたいし、道交法では「対向車などがいたらライトを下向きにしろ」と言ってるわけです。
ライトを上向きにしっぱなしでいると場合によっては違反になると言うわけですね。

リンク先のニュースでも、「下向きライトの方が安全と教習所で習った」「いつも下向きにしてれば違反にならない」という意見があり、ほとんどの人が下向きのままで走行してるそうです。

だけどどうやら法律上は「上向きライトが基本で、対向車が来たら下向きに、こまめに切り替える」が正解のようです。

でも実際のところ、市街地など交通量の多いところでは、常に下向きしなければ運転に集中できませんよね。
山道など街灯や対向車がほとんどない場合には、私も上向きに固定して走りますが、対向車が来たらすぐに下向きに戻しています。
だって、上向きのままでいると、対向車にとってものすごくまぶしいじゃないですか。
真っ暗な道でライトを上向きにした車とすれ違うと、一瞬目がくらんでとても危険な思いをしますよね。
それに、上向きのままでいると、対向車に怒られないか?
私は怒るよ、パッシングして「ライト下げろゴルァ!」って言うよ。

なんかこれ、普段どういう道を走ってるかにも寄ると思うんですが、さて、みなさんはどうしてる?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007.05.25

N904iを買いました

やーっと!携帯を買い換えましたよ~。
今日発売されたばかりの「DOCOMO 2.0」携帯、N904iです。
私もようやくFOMAユーザーになりました。

外観はクールなマット・ブラック(ストラップはとりあえずですよとりあえず!)

でも中は鮮やかなオレンジ色です、ジャイアンツ・カラーとも言うらしい。
(本当はORANGE CUTって言うんだって)

岩手では圏外の場所がとても多いんですが(汗)、最近になってFOMAならかなり山奥(涙)でも使えるようになったので、これで夜でもモブログ投稿できるようになりました(笑)。

決め手になったのは機能やスペックではなく、DOCOMO初、海外デザイナーとのコラボ・デザインであること(この本末転倒っぷりが私らしい・・・)。
ALESSIの変な(笑)キッチンウェアなどを手がけるステファノ・ジョバンノーニ(Stefano Giovannoni)のイタリアン・テイストがけっこう良い味出してます。

・・・ALESSIって、エットーレ・ソットサスとかマイケル・グレイブスとかアルド・ロッシとか、建築やインテリアの分野でもバリバリな人たちがウヨウヨいるじゃないですか。
だけどステファノ・ジョバンノーニって、ぶっちゃけALESSI以外で何やってるのか知らないんですよね・・・。
そんなんで選ぶ私もどうかという感じですが、いいんです、こういうのは「雰囲気」なんです(笑)。

彼の主な作品はこんな感じ。
ALESSI DESIGNER'S COLLECTION Stefano Giovannoni - Paseli
ウサギをモチーフにしたBunnyシリーズが有名です。

だもんで、待ち受けやメニュー画面もこんな感じでウサギさんとニンジンです。
アンテナやバッテリー容量の表示も”Bunny&Carrot”。

イタリアなどではデザイナーが携帯デザインを任されると、機能性を度外視してもデザインに凝るので、見た目はオシャレでも小さかったり使いにくかったりするんですね。
だけど日本ではやっぱり使い勝手も大切。
だもんで、ジョバンノーニさんは「俺様がデザインするのになんでこんな巨大な筐体なんだ?」と不思議がったそうです。

そして、どうも彼にとって「JAPAN」と言えば「SUSHI」らしく、こんなメニュー画面もデザインしてました。
銀シャリの待ち受け画面と魚のメニュー。
クリックすると魚が寿司に変身します(笑)。

スペックは・・・良く分からない(爆)。
ハイスピードがどうのこうの、らしいです、これから勉強します(大汗)。

| | コメント (33) | トラックバック (3)

日産デュアリスのCMがすごい

動画ものが続いてごめんね。

日産は最近、変身ものに凝ってるんでしょうか。
だいぶ前にイギリスで放映されている日産のCMを紹介したんですが、これはPATROL(パトロール)、X-TRAIL(エクストレイル)、PATHFINDER(パスファインダー)、NAVARA(ナヴァラ)、MURANO(ムラーノ)と次々変身しながら悪路(水底まで!)を走破するものでした。
Nissan Transformer(「ようつべ」41秒)

その後で、同じく日産のQashqai(キャッシュカイ)というSUVのイギリスでのCMも紹介したんですが、これは車をスケボーみたいに操って壁を走ったりビルを飛び越えたりするやつだったんですよ。
Nissan Qashqai(「ようつべ」41秒)
この車自体は日本では販売されてなかったんですが、ついに出ました。
日本では「デュアリス(DUALIS)」という名で登場です。

日産デュアリス スペシャルサイト

今回は日本らしい(笑)というか、ロボットに変形しちゃうんですね。
このロボットは「パワード・スーツ」と言って、「超時空要塞マクロス」の監督・メカニックデザインや、ソニーのAIBOの外装デザインなんかを手がけた河森正治がデザインしたんだそうです。

スペシャルサイトの「DUALIS IN THE CITY」でロボットが町で暴れまくる(笑)動画を見られるんですが、これがカッコイイというか、正直キモイです(笑)。

動画は現在4種類、ようつべにもあがってますよ。

続きを読む "日産デュアリスのCMがすごい"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.24

4tトラック転がせます

こないだ運転免許の更新に行って警察のお兄さんに教えてもらったんですが、来月6月2日から免許の区分が変わるんですね。
今まで、普通免許を持ってる人は最大積載量5トン未満のトラックを運転できたんですが、来月からは3トン未満になるんだそうです。
確かに普通免許で4トントラックなんて運転しちゃいけない気がする(笑)。

中型自動車・中型免許の新設について :警視庁

新しい区分は以下のとおり。

改正前

区分普通免許大型免許
自動車の種類普通自動車大型自動車大型自動車
(特に大きな車両)
車両総重量8トン未満8トン以上11トン未満11トン以上
最大積載量5トン未満5トン以上6.5トン未満6.5トン以上
乗車定員10人以下11人以上29人以下30人以上
受験資格18歳以上20歳以上
普通又は大特
免許を保有し通算
期間2年以上
21歳以上
普通又は大特
免許を保有し通算
期間3年以上

改正後

区分普通免許中型免許大型免許
自動車の種類普通自動車中型自動車大型自動車
車両総重量5トン未満5トン以上11トン未満11トン以上
最大積載量3トン未満3トン以上6.5トン未満6.5トン以上
乗車定員10人以下11人以上29人以下30人以上
受験資格18歳以上20歳以上
普通又は大特
免許を保有し通算
期間2年以上
21歳以上
普通又は大特
免許を保有し通算
期間3年以上

もちろん、6月2日以前に普通免許を取ってる人は今まで通り4トントラックも運転できます。
だから私も運転できるんです。
10年くらい前に1.5トンしか運転したことない(しかもホロぶっ壊した)人なのに、おっかないですね~。
でも今の私はエルグランド運転できるんだから、4トン車なんか軽自動車みたいに運転できそうじゃない?(・・・え?)

そういえば、私のおじいちゃんくらいの世代の人って、普通免許しか持ってなくても大型バイクを運転できたんですよね。
そして、お父さんくらいの世代の人は普免でマイクロバスを運転できます。
(今は両方、普免じゃ運転できませんよ)
私もいつか「しのぶさんの時代の人は4トントラック運転できるんだよね」って、うらやましがられるんでしょうね(涙)。

あ、ちなみにもちろん免許はゴールドでしたよ~~。
柔道強そうなオジサンに「次回もゴールドとってね」って言われた、うん、がんばる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.22

機械仕掛けのカタパルト

「ようつべ」で見かけたちょっと不思議な機械です。

カタパルト(投石機)が8つついた「オクタパルト(OCTAPULT)」というこの機械。
小さな球を投げてそれを受け、また投げては受けを延々繰り返してるんですが、これがきちんと連続して動いてるのがなんとも不思議な感じなんです。
コンピューターで制御してるのではなく、綿密な計算をして作られた機械なんでしょうけど、いつまでも延々ボールを投げているとこがすごいです。
機械好きの人にはちょっとたまらないですね~。

なんとなく、日本のカラクリ人形みたい。

この機械の作者さんは、他にも似たようなカタパルトを作ってますよ。

続きを読む "機械仕掛けのカタパルト"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2007.05.20

おっぱいチラ見ゲーム

タイトルがアレなんで最初っから「TB受け付けません設定」にしちゃいました(笑)。
なんかこれ、だいぶ前にテレビ番組で紹介されたみたいですね。

[おっぱいチラ見ゲーム] LUST FOR BUST

やり方は簡単。
「LUST FOR BUST」というタイトルのすぐ下にある【Play Now】をクリックしてゲームスタート。
マウスを操作して、お姉さんの胸を覗いちゃおう~。
お姉さんにバレないよう、制限時間(60秒)内に「OGLE-METER(お色気メーター?)」がいっぱいになったらクリア!
私は10回くらいやってようやくクリアしましたよ(汗)。
まあ、クリアしたからって何がどうなるもんでもないんですけどねっ。
どうやらこれは、「Milwaukee's Best Light」っていうビールの宣伝サイトで公開されたゲームみたいですね。

| | コメント (11)

国立科学博物館のカプセルミュージアム

前回紹介した「SHINOblog: 国立科学博物館」で、カプセルミュージアムを売っていました。
例によってガシャポンです。
全部で9種類のアイテムがあるんですが、そのうち7種類をゲットしてきましたよ。
8回やって7種類なんで、今回はけっこう引きが強かったかな(笑)。
「かはく」で展示されてる現物を再現したミニチュアです。

フタバスズキリュウ復元骨格
1968年、福島県いわき市の双葉層群で発見された首長竜の模式標本です。
発見した人の名(鈴木さん)と発掘された地層名(双葉層)から「双葉鈴木竜」と名付けられました。
付近から大量のサメの歯が発見され、その一部は骨に刺さっていたことから、このフタバスズキリュウはサメに襲われたか、あるいは死体にサメが群がったものと考えられています。
国立科学博物館のシンボル的存在ともなっていて、2006年にフタバサウルス・スズキイという正式学名がつけられました。

異常巻きアンモナイト・ニッポニテス
普通、巻き貝は幾何学的な螺旋の輪を描くものですが、このアンモナイトは蛇花火みたいなおかしな形に絡まり合っています。
だけど決して奇形ではなく、とても規則的な巻き方なのだそうです。
当然ながら軟体部分は化石として残りにくいので、中のイカみたいのはオウム貝などを参考に想像されたものだそうです。

ヤンバルテナガコガネ
1983年に発見されてから、カブトムシを抜いて日本最大の甲虫になりました。
体長は5~6センチもあります。
国の天然記念物に指定されいますが、密漁や原生林の伐採により絶滅の危機に瀕しているそうです。

トキ
鴇(トキ)色と言われるオレンジがかったピンク色の尾羽を持ち、ニッポニアニッポン(Nipponia nippon)の名で知られるコウノトリの仲間ですが、この名に反して日本ではキンを最後に絶滅してしまいました。
中国ではなんとか繁殖に成功していますが、それでもレッドリスト(絶滅危惧種データ)で最高ランクの「絶滅 Extinct (EX)」に指定されています。

秋田犬ハチ
ご存じ「忠犬ハチ公」。
剥製となって「かはく」に展示されています。
「亡くなった主人を毎日渋谷駅に迎えに行っていた」という美談はあまりに有名ですね。
「本当は駅前の屋台で焼き鳥をもらえるのが目当てだったのでは」という説もありますが、良犬って飼い主にとても忠実だし、毎日の行動もバッチリ決まってたりするんで、やっぱり「忠犬」で良いような気がします。

縄文人と縄文犬
本物?の蝋人形模型が展示されてるんですが、あまりにリアルで怖いんですよ(汗)。
学芸員の誰かの型とったんじゃないかってくらい毛穴までリアル・・・。
で、いつも思うんだけど、古代人ってどうして、時代が遡るほど裸なんでしょう?
体毛がほとんどないのに全裸、っておかしくないか?
いくらなんでも寒いし、裸で藪の中とか歩いたら傷だらけになっちゃうって。
服を着るようになってから体毛がなくなった、と考えられる気もするんですが。
モロ見えのもあるもんだから(汗)見学に来た子供たちがウケまくり。

国立科学博物館 日本館
一番ほしかったのがこれ。

ネオ・ルネッサンス様式を基調とした重厚な建築で、欧米の博物館を参考にした日本初の本格的科学博物館です。
上から見ると、飛行機の形をしてるのが良く分かりますね。
GoogleMapsも分かりやすいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.05.19

国立科学博物館

「踊る阿呆を、観る阿呆。」のとんがりやまさんがワシントンのスミソニアン博物館群に行ってらしたのがよほどうらやましかったんですね(笑)。
悔しいので(笑)週末に東京上野の国立科学博物館(かはく)に行ってきました。
「かはく」は1931(昭和6)年に建てられた本館(設計:文部省営繕部)と、2003(平成15)年にできた新館(設計:芦原建築設計研究所)があります。
・・・えっ!新館は芦原義信先生の設計???
うわー、この先生、私が行ってた学校の校舎もたくさん設計してるんですが、かはく新館の建設中にお亡くなりになったんですね・・・。
新館の完成が少し遅くなったのはそのせいなのかな?
丹下健三に内井昭蔵・・・、昭和建築界の良識がどんどんいなくなるなあ・・・。
残るはヤンキーな彼と政治好きな彼か・・・。

上から見ると飛行機の形をした、当時としてはとても斬新なデザインの日本館は、今年4月17日に約1年間かけた改修が終わってリニューアルオープンしました。
本館は「日本館」、新館は「地球館」と改められ、それぞれのテーマに沿った展示が行われるそうです。

煉瓦造りの重厚な外観ですね。

真っ白なドームにステンドグラスの明かり取り、照明器具がオシャレです。

地球館の地下2階には、恐竜がいっぱい(またかよ、とか言わないでね 笑)

愛称をレイモンドというトリケラトプスの半身骨格標本。

ティラノサウルスも、トリケラトプスもとても人気のある有名な恐竜たちですが、実はどっちも完全な骨格が見つかったのはごく最近のこと。
この化石は地表に出ていた左半身が長年の浸食によってなくなっていますが、それでもここまで完璧な骨格はとても珍しく、現時点では「世界で一番良い標本」と言われているそうです。
しかも、レプリカではなく本物らしいですよ。

ステゴザウルス(奥)とエウロプロケファルス(手前)

アンキロサウルスかと思ったらエウロなんたらかんたら、って知らない恐竜でした(笑)。
鉄壁の防御を尽くした、肉食恐竜にとってはあまりありがたくない恐竜たち。
お互い、頑丈な鎧で身を包み、いざとなれば太いトゲを持った強靱な尾で敵をぶん殴ります。
まともにくらったら大型恐竜も致命傷を負ったことでしょう。

ティラノサウルスの全身骨格標本

うわっ!さっすが国立かはく!群馬県立自然史博物館なんか(笑)に負けちゃいられません!
これはSHINOblog: 恐竜博2005行ってきたよで来日したスーと比べると少し小さいので、もしかしたら亜成体(思春期?)なのかも知れません。
ティラノサウルスなんて、私が子供だったころは、ゴジラみたいな緑色のフィギュアでしか見たことなかったけど、最近は大サービスですねえ。
今はレプリカの全身骨格なら数千万で買えるそうなんで、私も1個買おうかしら(笑)。

「かはく」では展示されている恐竜たちをサイトで見ることができますよ。
国立科学博物館 - バーチャルミュージアム恐竜

ちなみに、日本で最も有名な首長竜、フタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)は別格扱いで日本館に展示されています。

これは学術的には恐竜ではなく、現生爬虫類に近い種なのです。
景山民雄の「遠い海から来たCOO」とか「ドラえもんのび太の恐竜」シリーズにも登場する美しい動物ですね。

さて、次回はまたまたやりました、大人買い(笑)したガシャポンの紹介です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.05.17

アトランティス復活(でもブツブツだらけ)

昨日、おいしくいただいた宇宙食を、彼らも食べるのでしょうか。

本当なら何ヶ月も前に、スペースシャトル「アトランティス号」(STS-117)はミッションを終えているはずでした。
「SHINOblog: スペースシャトルの発射前」を書いたのが、2月18日。
アトランティスは3月15日に打ち上げられる予定でした。
ところが、2月26日に激しい雹(ひょう)に襲われて、燃料タンクなどがひどく損傷し、打ち上げが長いこと延期されてしまいます。

雹の被害に遭った外部燃料タンク、穴ぼこだらけです・・・。

あれから1ヶ月半、ようやく打ち上げ再開の目途が立ったため、5月15日早朝、射点(打ち上げ台)へ移されました。
NASA - Atlantis Returns to Launch Pad(英文)

Photo credit: NASA

このまま順調にいけばケネディ宇宙センターから6月8日に打ち上げされる予定。
・・・なんですがぁ・・・、この燃料タンク、よく見ると修復跡がモロ見えなんですよね~。
大丈夫なのかな?

うえーん、ブツブツだらけ~(涙)。
いや、プロのみなさんがオッケー出したんだから大丈夫なんでしょう・・・。
だけど見た目がすっごくヤバイよ、もうちょっとなんとかしようよ~。
ホルツとかSOFT99とか、日本製のタッチアップペンなら綺麗に補修できますよ(汗)、色がなかったら作ってくれるよ。
カーコンビニ倶楽部じゃ治してくれないかな・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.05.16

宇宙食

いつもお世話になっている「踊る阿呆を、観る阿呆。」のとんがりやまさんが、GWにワシントンのスミソニアン博物館群に行ってらしたそうです。
日本で言えば東京上野のような感じで、博物館や美術館、動物園など18もの施設が集結した場所で、世界で一番見学者が多い博物館群とも言えるでしょう。

私は一度も行ったことがないんですが、大好きな恐竜や天文学の展示も充実しているということで、とんがりやまさんから「何か見てきてほしいリクエストがあれば」と、嬉しいお申し出をいただきました。
「航空宇宙博物館」に展示してある月の石を触れるという話を聞いたことがあるので、「ぜひ触って未知の細菌に感染してきてくださいっ」とお願いしたんですが(笑)、残念ながら、40年近く経った月の石は、ごく普通のタイルみたいな石だったようで、とんがりやまさんも元気に帰ってらしたようです(笑)。

そして、お土産にこんなステキなものをいただきました。

うおおお!宇宙食だ~~~っ!!!

チョコ&バニラ&ストロベリーの三色トリノアイスです!!

裏にはしっかり
「Packaged for:Smithonian Institution
Washington.D.C.」と書いてあります。

さっそく開けてみました。

さすがにフリーズドライの繊細なアイスは、割れてしまってますが、味はアイスそのもの。
これ、水で戻して凍らせたら本物のアイスになるのかな?
ちょっと怖いのでやってませんが(笑)。

さて、こちらは日本の上野、国立科学博物館で売っていたSPACE FOODS。
「杏仁豆腐」と「たこやき」です。
袋に色気がない(笑)。

こちらも味はそのまんま、杏仁豆腐とたこやきなんですが、やっぱりお茶がないと食べにくいですね~(笑)。

食品をマイナス40度でガチガチに冷凍し、真空状態で乾燥させるのがフリーズドライ製法。
普通に乾燥させるより栄養や風味の劣化が少なく、長期保存ができて軽量なのが長所です。
ただし、フリーズドライ食品は水分がほとんどないので、チューブやレトルトパックに入ったスープなどと一緒に食べるそうです。
宇宙空間の食事はもっとも楽しみなイベントのひとつ。
できるだけおいしい食べ物を提供できるよう、日々開発が進んでいるようで、今では200種類以上もの宇宙食があるそうです。
2005年にスペースシャトルに搭乗した野口さんは納豆も食べたそうですが、日本製じゃなかったせいか、お味は「・・・・」だったようです(笑)。

というわけで、とってもおいしくいただきました~。
とんがりやまさん、ステキなお土産をどうもありがとうございました!!!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007.05.13

さくらのブログって何?

ブログをやってて何がムカツクって、スパム・コメントやスパム・トラックバックは本当に頭にきますよね。
ただ、最近はブログサービス会社の方もいろんな対策をしてくれて、画像認証制にしたり、ユーザーが確認後に公開するようにしたり、IPやドメインで規制するなんてことも可能になりました。

それでも、ちらほらとスパムはやってきます。
私のところでも、もらうTBの半数以上が、「エろ」ものか「アフィりエイト」ものです。
でもね、タイトルだけ見て「いかにも」なのはまだ良いんですよ。
こっちも機械的にサクッと削除できるから。
問題は、タイトルでは判別しにくいものや、アフィりだらけであっても、記事は割とちゃんと書かれてるものなどは、どうしたもんか、対処に困ることがありますよね・・・。


最近、みなさんのブログにこんなトラックバックは来ませんか?

1.基本的に、受信した記事に沿った内容ではある。
2.発信元ブログに行ってみると、記事が1~5個ほどしかない。
3.かと言って、「ここもあそこもクリックしてね」的なうるさいリンクも貼られていない。
(Ads by Googleがある程度)
4.記事のみでコメント欄もトラックバックURLもない。

ここまでは、別に悪質なスパムっぽくもないし、実際私もいくつかもらったTBは公開しています。
だけど、私がひっかかってるのが「5」なんですよ。

5.ドメインがみんな同じ
それがこのドメイン
「http://****.sblo.jp/」
(****のとこはナゼか日本語の場合もある)

ブログの一番下を見ると、どれも「powered by さくらのブログ」ってバナーが貼ってあります。
ここから私は今までに何十というTBをもらいました。
全て、1~4の条件を満たしていて、しかも、アフィり全開っぽい雰囲気もないので、正直どう対処して良いのか、良く分からずにいます。

ダンナが言うには
「まさに『さくら』ブログなんじゃないか」と。
つまり、TBをもらった人が「どんな記事だろう」と見にいくことで、アクセス数を稼ぐ、すると、そのブログ・サーバーの価値が上がるという訳です。
いえ、これはあくまで想像であって、「さくらブログ」そのものには何の悪意もないのかも知れません。
そして、普通に「さくらのブログ」で楽しんでるユーザーもたくさんいると思います。

が、やっぱり、ちょっぴり不気味ではあるんですよね・・・。
いったい、何のためにTBを送ってくるんだろう?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007.05.12

生命の百科事典

インターネットは即時性のある情報や、世の中の傾向を知るにはとても良いツールですが、正確さ・緻密さの信頼性においては多少怪しいものがあります。
一つの事例について正確な情報を得るには、やっぱり高価な書籍を買うしかないんでしょうか。


地球上の既知の動植物全180万種を網羅する生物図鑑『Encyclopedia of Life』が、総予算1億ドルのプロジェクトで作成されるそうです。

Encyclopedia of Life(英語版、まだデモサイトしかありませんが)

この図鑑は、誰でも無料で閲覧できて、誰でも目撃情報などを投稿できるそうです。
アメリカの2つの巨大財団(マッカーサー財団、スローン財団)の援助によって、スミソニアン協会、英国自然史博物館、ハーバード大学など世界中のブレインが参加し、その図鑑の規模は世界のどの博物館よりボリュームのあるものになるだろうと言われています。

現在はまだデモページしかできていませんが、これから10年をかけて、種説明、写真、マップ、ビデオ、音、アマチュアによる目撃例などを各種について掲載していくそうです。
この図鑑が完成したら、紙にしておよそ3億ページにもなるということです。
実際、180万種もの動植物を全て網羅することはとても大変ですが、Googleが使っているような新しいサーチ・エンジンテクノロジーがこの巨大プロジェクトを可能にした訳ですね。

デモに使われてる稲のページ

主に動物、植物、菌類が取り上げられるほか、追って微生物や絶滅種もカバーされるということです。
現在、地球にはおよそ800万の種が存在すると言われており、人間が発見したのはその4分の1だけということになりますね。
もちろん、新しい種が発見されれば、それらは随時追加されていきます。


レッドリスト(絶滅危惧種データブック)2004には、約1万6000種の絶滅危惧種が記載されています。
しかし、既知の全180万種のうち、科学的データがあるのはわずか6万種ほどでしかなく、実際にはもっと多くの種が絶滅に瀕していることでしょう。
そして、現在もその数は着実に増えています。
(参考:「戦え絶滅動物&日本の絶滅危惧種」
この生物図鑑は環境汚染・地球温暖化など、生物に対する脅威を図示した地図を作るのにも役立つかも知れませんね。

これはまさにインタラクティブな動物園・博物館であり、学生からプロの科学者、自然保護を計画する政府、そして主婦でも(笑)「無料でアクセスできる」ことを最終目標としています。
プロジェクト開始当初は、英語のみの記述になりますが、将来は各国の言語に翻訳されるので、日本語ページもできるかも知れませんねっ。

ちなみに、恐竜など太古に絶滅した種も追加されるそうですよ。
「もし恐竜を含まないなら、子供たちにも(SHINOblogの中の人にも)楽しんでもらえないだろう」と、主催者は言ってます。

うーん、こんなもの(笑)ができたら、朝から晩まで見入ってしまいそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.11

あぐらで茶道

茶道というのは基本的には堅苦しいものです。
青汁の原液みたいな抹茶を飲むだけのために、30分近くも亭主のもったいつけた所作を眺めてなければなりません。
しかも、その間はずっと正座を続けなければならず、たいていの人は一席終わると立てなくなったり、しばらく歩き方がおかしくなったりします。


茶道って、利休のころから全く変わってないかと言うと、実はかなり激しく変化してるんですよ。
道具の種類も、お点前の方法も、当時と比べるとものすごく変わったし、新しい点前もどんどん考案されてるんです。

明治時代に入って、外国の人を茶席に招くようになったとき、初めて、立礼(りゅうれい)という椅子に座って飲める点前が登場しました。
裏千家茶道において、正座以外で茶を飲めるのは、この立礼だけでした。
立礼は外国人にはとっても評判がよくて、私が参加した茶会でも、多くの外国のお客さんが椅子に座っておぼつかない手つきで茶を楽しんでらっしゃいました。
正座でがんばる方もいましたが、最後の方はガマンできずにあぐらをかいてました。
もちろん、それを許されるのは外国の人だけで、日本人が茶席であぐらなんかかいたら、「もう来るな」って言われちゃうでしょう(笑)。

私の教室には60歳を越えて茶道を習い始めた方がいらっしゃるんですが、膝の調子が悪くて正座を続けたり立ち座りがとてもつらそうでした。
日本人だって「正座が大好き」なんて人、そうそういませんもんね。

そこで登場したのがこれ。

千宗室家元があぐらでの点前考案、座礼用の茶道具を発表 : YOMIURI ONLINE

あぐらでお茶を飲む「座礼」だって。
元記事に「座礼」の写真があるんですが、「立礼」のテーブルがちゃぶ台になった感じです。
左の方が茶を出す人で、右の人がお茶を飲もうとしてる、てな感じですね。
(奥の着流しの人が家元です、パパそっくりになったね)

教室を開いてる先生方が聞いたら、「おいおいおい」とかツッこみそうですが(笑)。
私も初めて聞いたときは、軽く引いてみましたよ。
堅苦しくない方法を考えたのは良いけど、ちょっとくだけ過ぎでしょ~。

でも、うちの先生は、割とドライに受け取ってらっしゃいました。
「今の代のうちに何かひとつ、成果を作らなきゃいけないんじゃない?」
安倍さんが自分の代のうちに憲法改革したいと思ってるようなもんか?

和服であぐらかいたら、パンツ丸見えじゃん。
まあどっちにしても、女性はこの「座礼」をやることはないでしょうから、この記事を読んで「茶道習おう」なんて考えても無駄ですよ>男性のみなさん

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007.05.09

ヤドクガエルがほしかったの

カエル嫌いの方はごめんなさい。

こないだ行った松島水族館にガチャガチャがあったので、懲りずにやってきました。
魚シリーズとか甲殻類(カニとかエビね)とか、いろんなシリーズがあったのに、よりによって当たり外れの多い(笑)カエルシリーズを選んじゃいました。
なぜならアイゾメ・ヤドクガエルがほしかったから・・・。

1個目はこれ
(大きさを比較するためにSDカードを並べたよ)
アカメアマガエル
あら、ちょっとかわいいじゃない?緑の体に赤い目がオシャレですねっ。
んでも私がほしいのはこれじゃなくて。

2個目
リュウキュウ・カジカガエル
沖縄にいるカエルでしょうか。
鳴いてる姿がキュートです。
が、私がほしいのはこれじゃなくて。

3個目
アズマヒキガエル
ぎゃ~~~っ!こわ~~~っ!
背中のブツブツがギョエ~~っ!見た目って大事~~~っ!

3個目で心が折れましたよ・・・。
こういうの何て言うの?引きが弱いって言うの?煩悩が邪魔したって言うの?七転び一回も起きられず(もう茫然自失)。
いや、ヒキガエルには何の罪もないです。
それは分かってる、分かってるけど・・・ほっんとスマン・・・。
結局、お目当てのヤドクガエルはヒットせず、シクシク泣きながら水族館を後にしました・・・。

ちなみに、他のカエルたちはこちらで見ることができます。
ほとんど売り切れてるなあ。
原色両生類カエル図鑑

オマケ:岩手では食用にもなるマンボウくん。
魚屋さんで切り身をよく売ってるんですが、あまり頻繁に捕れる魚でもないらしく、今回の帰省では見つかりませんでした・・・。
Sunfish


| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007.05.08

背景は護衛艦「はまぎり」

通常、女性というのは、兵器とか武器に対して問答無用に嫌悪感を抱くものです。
女性は生命を脅かすものに対し、生理的・本能的な危機感を持つ力があるため、危機回避をする確率も高くなり、よって、男性より生き延びる確率が高いのです。

・・・ああ、だと言うのに私って・・・。

岩手も桜はほぼ終わり、北海道にも渡ったということで、桜の背景画像はそろそろおしまい。
そしてまた痛々しい背景にしちゃいました(笑)。
だって、釜石港に護衛艦が来てたんだも~ん。
画面が桜のままだったら、更新ボタン(またはF5キー)を押してねっ。
人がほとんどいなくて閑散としてるように見えるのは、例によって例のワザです(笑)。

ぶっちゃけ護衛艦て全く分からないんですが、船体に「153」と書いてあるのが「ゆうぎり」、「155」と書いてあるのが「はまぎり」で、この2隻は「あさぎり型護衛艦」と呼ばれる兄弟船だそうです(えっ、鳥羽一郎・・・?)。
ダンナが見つけたんだけど、対空レーダーが2隻で微妙に違ってたので(「はまぎり」は平らなプレートみたいなので、「ゆうぎり」はザルみたいなの)、コイツらは実際にセットで行動してるんじゃないかってことでした。
いや、実際はどうだか分からないんですけどね(誰か解説希望)。

画像クリックでポップアップ表示します。
Blog070508

軍事にやたら詳しいWikipediaでも、やっぱり詳しく解説されています。
あさぎり型護衛艦

帰省先で釜石市の広報を見て、たまたま知った私たちは慌てて港に駆けつけたんですが、どうやら、10日ほど前に申し込みをすれば、船内にも入らせてもらえたようです。
私たちは事前申し込みをしなかったので、外から指をくわえて見てるだけ~(涙)。

我が家からだと、陸上は朝霞が、航空は入間が近いんですが、海上って横須賀になっちゃうんで、あまり行く機会がないんですよね。
主要諸元はWikipediaで見ていただくとして、外から撮った写真をちょっとだけ紹介。

1階?に見える2本の筒は3連装短魚雷。
その上に見える筒はハープーン対艦ミサイルだそうです。
「亡国のイージス」で、イージス艦「いそかぜ」が「うらかぜ」を撃沈したミサイルですね。
Hamagiri01

シー・スパロー対空ミサイル8連装発射機
「うらかぜ」がハープーン迎撃のために発射したミサイルがこれ。
結局、迎撃は失敗し、「うらかぜ」はあっさり沈む訳ですが。
Hamagiri02

搭載機はSH-60J対潜ヘリ(通称ホワイトホーク)
通常は奥の格納庫にしまわれています。
こんな大型ヘリを格納できるのは護衛艦でも珍しい方だそうですが、逆にこの格納庫がステルス上、不利にもなっているようです。
Hamagiri03

ちなみに、サイドバーにいるのは「ウミネコ」さん。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.05.06

仙人峠道路

今年3月に、岩手県釜石市と遠野市を結ぶ自動車専用道「仙人峠道路」が開通しました。
この道路ができるまで、カーブが連続する狭い道路が山の間を縫うように走っていました。
冬は路面凍結するし、見通しの悪いところも多くて、特に大型車とすれ違うときはとても気を使ったものです。

ただ、周囲の風景はとても美しくて、いつもは運転席に座りたがる(笑)私も、ここでは助手席で景色を楽しんでいました。
それでもやっぱり、釜石から遠野まで約1時間、狭くて長いトンネルや起伏の激しい峠道を1時間も走るのはそれなりに疲れたものです。

今回の帰省では、新しく開通した道路を通ってきたんですが、さっすが「釜石市民の悲願」と言われた(笑)だけあって、ものすごーく快適でしたよ~。
今まで1時間以上かかっていた行程が、30分弱に短縮されたし、なによりほぼ直線の見通しのよい広い道路は精神的な疲れも全く感じません。

ところがですね。
この記事を書く前に、どこかの地図サイトから画像を盗んでこようと思ったんですが(笑)、3月に開通したばかりのせいか、どこの地図も道ができてないんですねえ~。
仕方なく自分で作っちゃいましたよ。

クリックで大きな地図をポップアップ表示するよ。
Senindouro

オレンジ色の太い線が今まで通ってた釜石街道(国道283号)。
すっごくウネウネしてるし、「仙人トンネル」の手前なんか、グルッとループしちゃって、ガードレールの下は絶壁だったりするんですよ。
赤い線が新しくできた仙人峠道路。
もう見た目だけでも「こりゃ便利だわ」って感じでしょ。
ご覧のとおり、長いトンネルが続くので、美しい山並みを楽しむという感じじゃないんですけどね。

もちろん、この道路はまだまだ建設中で、最終的には東北自動車道に直結することになります。
それが確か平成22年とか23年とか、なんかその辺(笑)。
まだまだ先の話ではありますが、この仙人トンネルだって、3年前に「いつできるんだか」って言ってたんだもん。
あっという間ですよねっ。

走行中なのでボケちゃったけど、国道の仙人峠付近。
下の方で道路がからまってます。(地図-1)

3年前の5月、建設中の仙人トンネル。(地図-2)

今はこんなに立派になりました。(地図-3)

国道の上にJR釜石線、その上に仙人峠道路が走っているという三段重ね。(地図-4)

東北道に向かう道も着々と工事が進んでいます。
全線開通すれば、改めて「釜石自動車道」という名になるんじゃないかな。
工事中の道路が見られるのは今のうちだけだから、たぶん?貴重な写真になりますねっ。

更に、太平洋沿いでも三陸縦貫道を建設中。
今もトンネル工事が進んでます。
岩手はどんどん変化していきますね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.05.05

悲しき自然史博物館

毎回、帰省のときはETC割引を利用するために、早朝3時に自宅を出ています。
その時間に東京を出ると岩手には9時前に到着するんですが、今回の目的地仙台には朝8時前に着いちゃいました。
朝マックなんかしちゃってから、割と早い時間から開いていた博物館に寄ることにしました。

宮城県庁にほど近い自然史博物館は、小規模ながら、東北地方の自然史をメインに古生物の変遷を展示しているということです。
恐竜大好きしのぶさんとしては、これははずせないでしょう、ってことで、さっそく入ってみたんですが。

どうやらこの博物館、昭和51年に一新して以来、展示物の更新をしてないようです。
こんな懐かしいもの(笑)を見つけてしまいました。
シャキーンと直立したアロサウルスの骨格標本です。

右下にいるのはヤザワくん?

今はね、恐竜はこんな風に立たないの。
この姿勢が今のトレンドなのよ。

(写真は2005年恐竜博のティラノサウルス)
んでも、昔はみんなこういう立ち方してましたよね。

そしてもうひとつ。
恐竜の系統樹というタイトルのパネル。

まあ、いろいろツッコミどころはあるんですが、とりあえずタイラノザウルスってのはティラノサウルスのことみたいです。
あ、でもこれはTyrannosaurusをローマ字読みしただけで決して間違ってる訳じゃないんですよ。
イグアノドンも、トラコドンも、みーんな二本足ですっくと立ってますね~。
そして、今は存在しない恐竜ブロンドザウルス(現アパトサウルス)も元気にしてます。

いえいえ、この展示物が悪いと言ってる訳じゃありません(いや、充分言ってるような・・・)。
古生物学って日々変化してるものだから、常に最新情報を採用するのは難しいでしょうしね。
ただ、ブロントザウルスはもうやめた方が良いんじゃないかなあ。
この展示物を監修した人たちはどこに行っちゃったんだろう?

ということを、博物館の受付の人に言おうかと思ったんですが、学芸員ぽい雰囲気ではなかったのでやめておきました。

オマケ:それでも美しい仙台の街路樹

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2007.05.04

蓮田S.Aのスターバックス

蓮田S.Aのスターバックス
さすがにこの時間では閉まってました・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.03

清次郎でお寿司

清次郎でお寿司
まだ岩手にいます(笑)。
今日中に東京着は無理やね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠野の桜並木

遠野の桜並木
夕暮れで暗いけど、遠野の桜は満開ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新仙人トンネル

新仙人トンネル
3月に開通した釜石と遠野の間の自動車道。
東北最長のトンネルだそうですよ。
4492mだって。
これからゆっくり東京に戻ります。
到着時刻は全く未定。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アスロック装置

アスロック装置
こんなことしてたら、今日中に東京に戻れないので泣く泣く帰りま〜す

| | コメント (2) | トラックバック (0)

艦載機はSH-60J

艦載機はSH-60J
すぐ後方にアスロックも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

護衛艦はまぎり

護衛艦はまぎり
釜石港にいますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.02

ガソリン高っ!

ガソリン高っ!
ハイオクで150円だよ(涙)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007.05.01

そして梅が満開

そして梅が満開
もちろん釜石も市街地なら桜は終ってますよ(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桜はまだまだ(汗)

桜はまだまだ(汗)
岩手県釜石市の山の上は、一分咲きにもなってませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »