« 国立科学博物館 | トップページ | おっぱいチラ見ゲーム »

2007.05.20

国立科学博物館のカプセルミュージアム

前回紹介した「SHINOblog: 国立科学博物館」で、カプセルミュージアムを売っていました。
例によってガシャポンです。
全部で9種類のアイテムがあるんですが、そのうち7種類をゲットしてきましたよ。
8回やって7種類なんで、今回はけっこう引きが強かったかな(笑)。
「かはく」で展示されてる現物を再現したミニチュアです。

フタバスズキリュウ復元骨格
1968年、福島県いわき市の双葉層群で発見された首長竜の模式標本です。
発見した人の名(鈴木さん)と発掘された地層名(双葉層)から「双葉鈴木竜」と名付けられました。
付近から大量のサメの歯が発見され、その一部は骨に刺さっていたことから、このフタバスズキリュウはサメに襲われたか、あるいは死体にサメが群がったものと考えられています。
国立科学博物館のシンボル的存在ともなっていて、2006年にフタバサウルス・スズキイという正式学名がつけられました。

異常巻きアンモナイト・ニッポニテス
普通、巻き貝は幾何学的な螺旋の輪を描くものですが、このアンモナイトは蛇花火みたいなおかしな形に絡まり合っています。
だけど決して奇形ではなく、とても規則的な巻き方なのだそうです。
当然ながら軟体部分は化石として残りにくいので、中のイカみたいのはオウム貝などを参考に想像されたものだそうです。

ヤンバルテナガコガネ
1983年に発見されてから、カブトムシを抜いて日本最大の甲虫になりました。
体長は5~6センチもあります。
国の天然記念物に指定されいますが、密漁や原生林の伐採により絶滅の危機に瀕しているそうです。

トキ
鴇(トキ)色と言われるオレンジがかったピンク色の尾羽を持ち、ニッポニアニッポン(Nipponia nippon)の名で知られるコウノトリの仲間ですが、この名に反して日本ではキンを最後に絶滅してしまいました。
中国ではなんとか繁殖に成功していますが、それでもレッドリスト(絶滅危惧種データ)で最高ランクの「絶滅 Extinct (EX)」に指定されています。

秋田犬ハチ
ご存じ「忠犬ハチ公」。
剥製となって「かはく」に展示されています。
「亡くなった主人を毎日渋谷駅に迎えに行っていた」という美談はあまりに有名ですね。
「本当は駅前の屋台で焼き鳥をもらえるのが目当てだったのでは」という説もありますが、良犬って飼い主にとても忠実だし、毎日の行動もバッチリ決まってたりするんで、やっぱり「忠犬」で良いような気がします。

縄文人と縄文犬
本物?の蝋人形模型が展示されてるんですが、あまりにリアルで怖いんですよ(汗)。
学芸員の誰かの型とったんじゃないかってくらい毛穴までリアル・・・。
で、いつも思うんだけど、古代人ってどうして、時代が遡るほど裸なんでしょう?
体毛がほとんどないのに全裸、っておかしくないか?
いくらなんでも寒いし、裸で藪の中とか歩いたら傷だらけになっちゃうって。
服を着るようになってから体毛がなくなった、と考えられる気もするんですが。
モロ見えのもあるもんだから(汗)見学に来た子供たちがウケまくり。

国立科学博物館 日本館
一番ほしかったのがこれ。

ネオ・ルネッサンス様式を基調とした重厚な建築で、欧米の博物館を参考にした日本初の本格的科学博物館です。
上から見ると、飛行機の形をしてるのが良く分かりますね。
GoogleMapsも分かりやすいです。

|

« 国立科学博物館 | トップページ | おっぱいチラ見ゲーム »

恐竜・生き物」カテゴリの記事

コメント

うわぁー すごーい! 1Fのミュージアムショップで ガチャガチャやっているshinoさんが見えるようです (^_=)

古代人と犬のなかなかいいなぁー (*゚▽゚)ノ

投稿: chandra | 2007.05.20 06:43

フタバスズキリュウ、模型になっても美しいですね~。首のラインがなんともいえません♪ 建物のフィギュアも捨てがたいなぁ。でもこれ、蝋人形の模型のフィギュアまであるんですか(汗)フィギュアも十分リアルなんですけど、これが蝋人形で立ってたら怖いですね。こういうのが夜中に博物館内を歩いてるのかな、納得(笑)

ところで、ふと思ったんですけど、8回やって7種類… ってことは、1こダブってるんですよね。それって、まさかまさか、蝋人形… じゃ、ないですよね (^^;

投稿: sumi | 2007.05.20 09:28

8回って回数暴露した潔さに感動。それで7種類ゲットしたという運の強さに脱帽。
「亡くなった主人を毎日渋谷駅に迎えに行っていた」という逸話を読んで、それって「亡くなった主人の声が流れる蓄音機に耳を傾ける」犬の姿をちょこっと思い出してみました、ははは。

これ置き台が立派でいいじゃん!ガチャガチャじゃなくてまともにケース入れて売って欲しいってところだったのでは?

投稿: 三尉 | 2007.05.20 13:23

>chandraさん
すいません(笑)、子供たちの羨望を一身に集めて
ガチャガチャやってきちゃいました(笑)。
このカプセルミュージアムはけっこう人気のグッズらしく
店内に数台置いてあったんですが
いつも誰かしら貼り付いていて、店員さんが何度も補給してましたよ~。
そして、そのうちの1台を完全に占領していた大人が・・・(爆)。

ほんと、縄文人と犬は傑作ですよね~。
最初は「リアルでキモい」とか思ってたんですが(笑)
見ているうちに、これが一番力作だなって思うようになりました。
慣れって怖いですねっ(笑)。


>sumiさん
フタバスズキリュウ、本当にきれいな動物ですよね。
普段はかわいらしいイルカも、骨になるとちょっとエグイけど
骨になっても美しい動物ってのは、あんまりいないかも知れません(笑)。

>>フィギュアも十分リアルなんですけど、これが蝋人形で立ってたら怖いですね。

そうそう、本当に怖いんですよこれが!
じっと見つめてると、いきなり振り返って「見せ物じゃねえ!」とか
怒鳴られそうな勢いです(いや、キミ、見せ物だから・・・)。

ちなみにダブッたのは蝋人形ではなく
異常巻きアンモナイトくんでした(ちょっと安心・・・)。
「異常巻き」なんて気の毒な名前がついてるけど
これがまあ、良く見ると確かに複雑ではあるけど
おっそろそく規則性のある巻き方をしてるんですよ~。


>三尉

>>「亡くなった主人の声が流れる蓄音機に耳を傾ける」犬の姿

ええっ!ごめんっ!あれってそういう意味があったのねっ!(汗)
てっきり、美しい音楽にうっとりしている姿なのかと・・・・(大汗)。
うわ~それ知ってしまうと、なんだか改めてあの犬がかわいらしくなるなあ。
「His Master's Voice」かあ、なんか感動。
三尉にこんなステキな話を教えてもらうとは思わなかったよ~(おい)。

>>ガチャガチャじゃなくてまともにケース入れて売って欲しいってところだったのでは?

うん、少し余分な料金を払っても良いから
全セット1個ずつほしいなとも思ったよ。
あとね、当然ながらガシャポンてカプセルで出てくるから
あんまり何個も出してると、だんだん持ちきれなくなってくるでしょ。
そんで、店員さんに頼んで袋をもらったんだけど
その袋にさえ入りきらないでやんの(爆)。
どんだけ入れ込んでんだって感じですな・・・・。

投稿: しのぶ | 2007.05.20 21:29

今日、テレビ東京系の経済番組(モーニングサテライト)で紹介されて、魅了されてました。フタバスズキリュウの骨格/肉付きのペア、でてくるまでチャレンジしたいです。

投稿: おざきはじめ | 2007.07.03 06:35

同じくモーサテを見た三尉ですよ。妊婦のキャスターさん、結構好み♪
これ海洋堂だかってこの手のフィギュアでは一流どころが作った逸品だそうで、ガチャガチャにしたのも売上数を増やす戦略の一環。みんなまんまと引っかかったわけね(笑)
70日間で30万個だか売れたそうで、「三佐がこのうちの0.5%くらい占めてるわけだな」と軽くはじきだしてみたよ。

投稿: 三尉 | 2007.07.03 07:54

>おざきはじめさん
コメントありがとうございます~。

経済番組で紹介されてたんですね!
夜中のワールドビジネスサテライトは良く見てるんですが
モーニングサテライトの時間はまだ半分寝てる状態でして・・・(大汗)。

プレシオザウルスの仲間は本当に美しい動物ですよね。
フタバスズキリュウの成体復元も取れなかったけど
もうひとつ私がゲットできなかった
「トロートン社製赤道儀天体望遠鏡」があるそうです。

私の最終目標は国立科学博物館の建物だったので
ここで断念しちゃいましたが、
次回は必ず!残りの2つをゲットしたいと思います。

おざきさんも小銭をたくさん持ってってがんばってくださいねっ(笑)。
うまくゲットできたらぜひぜひ!紹介してください。


>三尉
ちょっと懐かしい、「亡国のイージス」のフィギュアも海洋堂だったはず。
上手だなあと思うと、たいていはここの作品ですね。
特に動物ものは、どこも海洋堂にかなわないよね。

ミュージアムショップの入り口に3個の機械が置いてあるのだけど
どれも人が並んでいて、店員さんが次々補充してたよ。
通常価格300円の倍出してもいいから、
その袋から私がほしいものを売ってほしい、と思ったけど
さすがに周りの子供たちの手前、言い出せませんでした(笑)。

投稿: しのぶ | 2007.07.03 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/15131847

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館のカプセルミュージアム:

« 国立科学博物館 | トップページ | おっぱいチラ見ゲーム »