« 宇宙食 | トップページ | 国立科学博物館 »

2007.05.17

アトランティス復活(でもブツブツだらけ)

昨日、おいしくいただいた宇宙食を、彼らも食べるのでしょうか。

本当なら何ヶ月も前に、スペースシャトル「アトランティス号」(STS-117)はミッションを終えているはずでした。
「SHINOblog: スペースシャトルの発射前」を書いたのが、2月18日。
アトランティスは3月15日に打ち上げられる予定でした。
ところが、2月26日に激しい雹(ひょう)に襲われて、燃料タンクなどがひどく損傷し、打ち上げが長いこと延期されてしまいます。

雹の被害に遭った外部燃料タンク、穴ぼこだらけです・・・。

あれから1ヶ月半、ようやく打ち上げ再開の目途が立ったため、5月15日早朝、射点(打ち上げ台)へ移されました。
NASA - Atlantis Returns to Launch Pad(英文)

Photo credit: NASA

このまま順調にいけばケネディ宇宙センターから6月8日に打ち上げされる予定。
・・・なんですがぁ・・・、この燃料タンク、よく見ると修復跡がモロ見えなんですよね~。
大丈夫なのかな?

うえーん、ブツブツだらけ~(涙)。
いや、プロのみなさんがオッケー出したんだから大丈夫なんでしょう・・・。
だけど見た目がすっごくヤバイよ、もうちょっとなんとかしようよ~。
ホルツとかSOFT99とか、日本製のタッチアップペンなら綺麗に補修できますよ(汗)、色がなかったら作ってくれるよ。
カーコンビニ倶楽部じゃ治してくれないかな・・・。

|

« 宇宙食 | トップページ | 国立科学博物館 »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

最後の3行で脱力した( ´,_ゝ`)スプレーのエアータッチ、結構いいよ!
ヒョウでここまでやられるようなもんが宇宙に行けるってのもまたすごいけど、ヒョウの破壊力も恐るべしだね。

うちの車、雪かきしただけで爪が引っかかるくらい深い傷がルーフにいくつも入っちゃったよ・・。車の上に積もった雪ってどうすればいいの?(涙)塗装のその弱さは全車種見渡しても90年代の日産車だけだと言われた時にはうんなことあんめぇ~と反駁しつつ軽く凹んでみたよ。

投稿: 三尉 | 2007.05.17 14:49

僕がもし乗組員だったら、とてつもなく不安になりそう・・
本当に穴はあそこだけなのか、なんて。
高いところは大嫌いなので、人生の早い段階で選択肢からはずした職業ではあるので、いらぬ心配ですが(あと医者も)。

とんがりやまさんのブログから飛んできました。

投稿: dunkel | 2007.05.17 17:08

>三尉
今回のヒョウはゴルフボールくらいの大きさだったらしいんで
シャトル以外にも被害を受けたとこがたくさんあるんだろうねえ。
この外部燃料タンクは表面が発泡スチロールのようなものでできてるので
指で強く押してもへこんでしまうんだって。
そのせいか、よけいにこんなトホホな姿になってしまったんだけど
タンクそのものは発射から数分で切り離されて自然落下するんで
その間だけ保てばよい、みたいな感じなのかな。

それにしたって見た目悪すぎよね~。
鉄板まで逝ってないから放っておけ、みたいな感覚
車を大切にする日本人にはちょっと考えられませんことよ。

>>車の上に積もった雪ってどうすればいいの?(涙)

そうなのよ、私もこれがとっても心配で、
雪とかあられが降ると、車の上に寝たくなります(自分が傘になろうとしてるらしい)。
私の場合は丸くした雪玉を持って、そいつに雪をくっつけて取ってるけど(涙)
それでも細かいヘアラインはどうしてもついちゃうよね・・・。
こればっかりは色の濃い車はどうしようもないのかも知れない。
つうか、もしかして傷ついたのってカミゴン?
スバルの塗装もけっこう逝けてますぜ(涙)。


>dunkelさん
初めましてっ!私もとんがりやまさんのところから
ちょくちょく遊びに行ってましたよ~。

シャトルにしても、もっと前のアポロにしても
搭乗する場面を見てるだけで、こっちが緊張して具合悪くなりますよね(笑)。
実際、エンジン点火の瞬間には搭乗員の脈が異常に跳ね上がるんだそうで
やっぱりあれだけ訓練を積んだ人でも
そうとうなストレスを強いられるんだろうなあと。
アポロ13の乗組員なんて、救助されたときは
生きてるのが不思議なくらい衰弱してたそうです。

私も子供のころ、天文学者になりたかったんですが
そのためには数学を勉強しなきゃいけないと分かって
あっさり諦めましたよ(笑)。

投稿: しのぶ | 2007.05.18 01:09

しのぶ閣下へ

「寒戸の姥」の**さん率いる宇宙戦艦がスラブ民族に発見されつつあり・・・(笑)

http://u-96.livejournal.com/967294.html

元ネタはこれです

http://www.youtube.com/watch?v=-xuZfjXDJQw

投稿: nanshoji | 2007.05.19 01:08

>nanshojiさん
他のがみんなちゃんと作られてるのに
nanshojiさんのだけ異質~~~(爆)。

みんなが喜んでるのか怒ってるのかサッパリ分かりませんねっ(笑)。

投稿: しのぶ | 2007.05.20 01:30

異質かなぁ?(笑)

変だと分かっていてあのページに宇宙戦艦の動画を貼付けるとは
あの謎のスラブ男もなかなかのものです。(笑)

その下のコメント欄にはアニメタルの宇宙戦艦ヤマトのmp3が
リンクされてました。

スラブ文字が読めないので何を書いてあるのか分からずに残念です。


ところで、今度の土日にイベントがありますので、よかったらどうぞ。

http://fukushima.exblog.jp/5438732/

寒戸さんではないです。(笑)

投稿: nanshoji | 2007.05.20 23:15

>nanshojiさん
>>あの謎のスラブ男もなかなかのものです。(笑)

しかもいきなりトップですからね(笑)。
きっとご本人的にはものすごく気に入ったのだと思いますよ~。

そういえば、去年の夏に「遠野むかしばなし村」で物語を聞いたんですが
あれは、地元の人と話したことない人のためのものだと思いました。
確かにちゃんと方言で話してはいるんだけど
どうも芝居がかり過ぎというか、とにかく自然じゃないんですよね。
それは、「素の遠野弁だと聞き取りにくいから」というよりも
加賀美幸子が共通語でおとぎ話を語っているような
不自然な丁寧感みたいのがあるんですよね。
そのせいか、昔話が終わったあとの雑談の方が楽しかったです(笑)。

投稿: しのぶ | 2007.05.21 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/15100967

この記事へのトラックバック一覧です: アトランティス復活(でもブツブツだらけ):

« 宇宙食 | トップページ | 国立科学博物館 »