« 横田基地友好祭2007 | トップページ | サンディエゴ動物園のパンダの赤ちゃん »

2007.08.29

恐竜は俊足だった?

マンチェスター大学が5種の恐竜について、骨格と筋肉のデータを元にスーパーコンピューターで計算したところ、ティラノサウルスは時速29kmで走れたという計算結果が出たそうです。

BBC NEWS | Science/Nature | T. rex 'would outrun footballer'
T. rex quicker than Becks, say scientists(いずれも英文)
Becksというのはデビッド・ベッカムのことらしいです。
要するにティラノサウルスはベッカムよりずっと速く走れた、ということですね。

筋肉や腱は残念ながら化石として残ることはほとんどありませんが、骨格に残った筋肉の跡からおおよその肉付きを予想することができます。
これらのデータに基づいて、プロスポーツ選手の筋肉と骨構造を元に一週間かけて計算したんだそうですよ。

肉食恐竜で最も小さい部類であるコンプソグナトゥスはなんと、最高時速64km!
現在地上で最も俊足の鳥であるダチョウでも時速56kmがせいぜいだから、コンピーはダチョウよりずっと速かった訳ですね。
(ブレブレですいません・・・コンプソグナトゥスの骨格標本です。
頭から尻尾の先まで1mほど、小型犬ほどの大きさしかない肉食恐竜です)

・・・実は「ティラノサウスルが時速30キロ近くで走れた」というのは特に新しい説ではありません。
ティラノサウルスの骨が哺乳類や爬虫類の仲間と同じであれば、おそらく体重は大人で10トンは超えたでしょう。
ティラノサウルスは確かに太くて立派な足を持っているけど、実はあの巨体を支えるにはこれでも華奢すぎるほど細いのです。
「走る」という行動は、全体重と地面の反動が足に激しい負担をかけます。
体重が10tもあったら、おそらくギャロップ(一瞬両足を浮かせて走る)はできなかったでしょう。
必ず片方の足を地面につけながら競歩していたら、私が競争しても勝てたかも知れません。

しかし、彼は今では鳥類の先祖とされています。
鳥の骨にはたくさんの空洞があってとても軽くできており、空を飛ぶのに最適なんですね。
だから、同じ体格でも哺乳類と鳥類では体重が全く違ってたりします。
航空機などにもこの原理は応用されていて、強度を弱めない程度に構造部分に空洞を作ってたりします。


ティラノサウルスやアパトサウルスなどの骨格からは、鳥と似たような空洞が発見されていて、おそらく体重も見た目より軽かったのではと想像されています。
以前は「軽く10tは超えたであろう」と言われていたT.REXも、現在では6tほどだろうと見積もられています。
体が軽ければ、それだけ骨や筋肉への負担も軽くなり、必然的に速く走れる、という訳です。
その結果、多くの古生物学者が「ティラノサウルスは少なくとも時速20kmは出せただろう」「あるいは時速50kmも可能だったかも知れない」と予想しています。
・・・まあ、多少、T.REXへの思い入れ故の「えこひいき」も入ってるかも知れませんが(笑)あり得ない話ではないですねっ。

ただし、哺乳類のように長距離を走れたのか、たとえ速く走れる構造を持っていたとしても実際に真価を発揮する場面はあったのか、それらはやはり実際の恐竜を見てみないことには何とも言えないでしょうね~。

いずれにしても、草原で恐竜と鉢合わせしてしまったら、必死に逃げてもあっさい追いつかれてしまうのは事実のようですね。
人間は黙って喰われるしかないんでしょうか・・・。
だけど、ロケット砲(汗)でさえ「重い」と文句たれてる人間でも、「喰われる」と思ったらタンスくらい抱えて走っちゃうかも知れません(なんでタンス?)。

|

« 横田基地友好祭2007 | トップページ | サンディエゴ動物園のパンダの赤ちゃん »

恐竜・生き物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
コンプソグナトゥスはぼくもしってたよ。
ティラノサウルスのカセキは、ぼくはタルボサウルスかなあと思いました。なぜならば、前足のつめが上にむいているからだよ。ティラノサウルスは下をむいているんだ。
ぼくのもっている本には、ティラノサウルスは20キロくらいではしるって書いてあるよ。アール2がゆっくり走るくらいだけど、はやいね。チーターの半分の半分くらい?

投稿: つばさ | 2007.08.29 21:18

こんにちは。
恐竜大陸は、9月2日に終わります。
http://www.kyoryutairiku.jp/
恐竜の化石が好きな姪は、恐竜大陸が始まってすぐに見に行き、
今月中旬に、福井の恐竜博物館&かつやま恐竜の森での発掘体験ツアーへいきました。
バス内は、男のばかりで女の子は2人だけだったそうです。

投稿: mi84ta | 2007.08.29 22:20

>つばさんくん
さっすが!つばさくんなら、コンピーのこと、ぜったい知ってると思った!!
で、このティラノサウルスは、有名なスーという名前のティラノサウルスなんだよ~。
(スーザンという、おんなのひとがはっけんしたから、スーなんだって)
ティラノサウルスでははじめて、ぜんしんのかせきが見つかったもので
今でも、とってもきちょうなかせきなんだって。
なん年か前に、東京のはくぶつかんにやってきて、
わたしは、このかせきのまえで、かんどうして泣いてしまいました。

つばさくんの本には、20キロって書いてあるんだね~。
わたしも、それくらいじゃないかな、って思います。
こんなのがアール2とおなじスピードで走ってきたらこわいよね~。


>mi84taさん
夏休みが終わると、こういうイベントも終了しちゃいますね・・・。
きっと、今度の週末は混雑で大変なことになるんじゃないかな。

>>バス内は、男のばかりで女の子は2人だけだったそうです。

うわ~、私が小学生のころに、理科の先生が化石を掘るためのピクニックを
計画したことがあるんです。
そして、参加した10数名中、女の子は私だけでした(笑)。
今でも、河原で発掘したフジツボの化石を大切に持ってますよ~。

投稿: しのぶ | 2007.08.29 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/16274896

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜は俊足だった?:

« 横田基地友好祭2007 | トップページ | サンディエゴ動物園のパンダの赤ちゃん »