« 引っ越しの準備が進まない | トップページ | GoogleMapsに「地形」機能 »

2007.11.29

ふたご座流星群

毎年決まった時期に出現する流星群。
なぜ、同じ時期に同じような場所で観測できるんでしょう?

宇宙に漂うチリや小石などが地球の引力に吸い寄せられ、大気圏に突入した際に燃えて明るく輝くものを流れ星と言います。

ご存じの通り、地球は太陽の周りを公転しています。
そしてこの軌道上には、主に彗星が放出した大量のチリが漂うダストトレイル(Dust trail)という場所があります。
ここを地球が通ったとき、流星群が現れるという訳です。

有名な流星群としては、ペルセウス座流星群(8月)、しし座流星群(11月)、しぶんぎ座流星群(1月)がありますが、来月にはふたご座流星群も見られるんですよ。
・・・さすがに12月は寒いですが、今年のふたご座流星群はかなり期待できそうだと言うことです。
12月5日ごろから見え始め、14~15日が一番良く見えるそうですよ。

画像は、12月14日午後9時の東京での見え方です。

14日の月齢は5なので、半月に少し足りないくらいの大きさで午後9時には沈んでしまいます。
そして、うまくいけば最大で1時間に数十個の流星が見られるかも知れないそうです。

ふたご座にある赤い丸の部分を中心として、流星群が降り注ぎます。
この日は引っ越しの準備をしてる真っ最中だと思いますが、ちょっと手を休める時間があったら、空を見上げてみようと思います。

|

« 引っ越しの準備が進まない | トップページ | GoogleMapsに「地形」機能 »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

1時間に数十個! けっこうたくさん見れるんですね~。
街明かりが明るい所でもそこそこ見ることができるでしょうか。ちょっとワクワクしますね (^^)
見逃さないように手帳にメモしておこうっと♪

投稿: sumi | 2007.11.29 21:05

>sumiさん
意外とねえ、星って市街地でも見えたりするんですよね~。
見始めてすぐは目が慣れなくて、明るい星が数えるほどしか見えないんだけど
がんばって数分見続けてると、星の数がどんどん増えてくるんですよ。
東京の住宅街でも4等星くらいまでは見ることができちゃいます。
瞬間的であっても爆発するように燃える流れ星はそうとう明るいので
天気さえ良ければ、かなり見えるんじゃないかしら。

投稿: しのぶ | 2007.11.30 01:19

 曇ってて、ジェミニどころか、火星もシリウスもベテルギウスも見えません。雲の切れ目もなさそう。

投稿: 南郷力丸 | 2007.12.15 00:14

>南郷さん
東京は14日の夜はとても良く晴れてました。
私は10分ほどしか見なかったけどそれでも数個流れたかな。
ただ、午後11時を過ぎたころから雲が出てきちゃって
15日は完全に曇りでした。

・・・流れ星はさすがにコンパクトデジカメでは撮れませんね・・・。

投稿: しのぶ | 2007.12.19 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/17219675

この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群:

« 引っ越しの準備が進まない | トップページ | GoogleMapsに「地形」機能 »