« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の19件の記事

2008.01.30

桜の開花予想2008

民間の気象予報団体が増えてきて、毎年桜(ソメイヨシノ)の開花予想がどんどん早くなってる気がします。
気象庁は毎年3月に入ってから段階的に開花予想を発表するんですが、今年は民間の日本気象協会がもう開花予想を出しちゃいました。
桜開花傾向予想:日本気象協会

一般的に、桜の開花は2月以降の気温が高いと早く、低いと遅くなります。
西日本から北日本の2月の気温は平年並、3月から4月の気温は平年よりも高いようです。
そのため今年の桜の開花は、平年よりも3~6日ほど早いところが多くなるようです。

しかしこれはあくまで、2月の気温が予想通り高かった場合の話。
実際には、もうちょっと経ってからでないと正確な予想は難しそうですね。

と言うわけでまだまだ寒くて桜なんて気分にはなれないですが(笑)、一足先に梅の花も咲きそうです。
近所の梅園に行って、寒風の中を凍えながら梅を見に行くのが毎年の行事になっています。
梅の季節ってまだ死ぬほど寒いんですよ・・・。
あまりに寒くて、カメラ好きかよほど物好きな私たち(笑)くらいしか見にいかないから、人がいなくて余計寒いし。
でもなんとなく、それやらないと春が来ない気がするんですよね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.01.29

ゴミの持ち込み

なんだかんだで引っ越しが終わって一ヶ月が経ちました。
ようやく部屋も落ち着いてきて、なんとか人並みの生活ができるようになりました。
いくつか新しい家具類も揃えたんですがそうなると当然、不必要なものも出てきます。
大きなものから細かいものまで、雑多なゴミが出たので、ゴミ収集日にコツコツ出すのはちょっと大変。
それで、まとめてゴミ処理場に持っていくことにしました。

今回捨てるのは、以前使っていたテレビ用のラックや、サビの出たスツール(丸イス)、良く分からない(笑)板などこまごましたものです。
車に積めるだけ積んでゴミ処理場へ。

自己搬入(持ち込み)の方法は自治体によって変わるのかも知れませんが、私の市では車に乗ったままゴミ処理場の敷地内に入場します。
係員の指示に従って、荷物を乗せた車のまま計測機の上へ。
最初に車ごと重量を量っておくんですね。
そして、ゴミを指定の場所に置いてきます。
その後、再度計測機に乗って、ゴミを降ろした状態の車の重量を量れば、自分が持ち込んだゴミの重さが分かる訳です。
持ち込みしてる人が他にもたくさんいて、民間のゴミ収集車も来てました。

ゴミの持ち込みの場合、自治体にもよりますが10kgあたり250円ほど。
ただし、家電製品やパソコン、建築廃材などの産業廃棄物は受け付けていないそうです。
(家電等はリサイクルゴミに、産廃は事業ゴミになるんですね)
私たちが持ち込んだゴミはおよそ40kg、1000円の処理手数料となりました。


・・・・これはねえ、一度は処理場に行ってみると良いですよ。
「物は大切にしなきゃいかん」とつくづく思います。
何年も使ってきたものが目の前であっけなくゴミの塊の中に放り込まれるんですよ。
もちろん、係員さんにとっては「ただのゴミ」だし、私たちもそのつもりでここまで持ってきたんです。
だけど、やっぱり「うわ・・・捨てちゃった」という後ろ暗さがどうしても募るんですよね・・・。
助けを求める人を崖から突き落とすような気分です。
私もダンナ様も、悪いことをした後のように、なるべく振り返らないようにして無言のまま処理場を後にしたのでした。
「地球環境のため」とか「リサイクル理念」とかそんな人ごとのような美辞麗句では語れない、後味の悪さです。

小学生のころ、ゴミ処理場に見学に行って、たしかその時も「ゴミを捨てるって大変だな」と純粋に思った気がするんですよね。
だけどいつの間にか「ゴミは収集車が持っていったら後は知らない」になっていた気がします。
もうその時の気分でものを買うのはよそう、そう心に決めたのでした・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スパイ衛星が落下するかも?

アメリカの偵察衛星が2月下旬から3月下旬にも地上に落下するかも知れない、ということです。
Dead spy satellite could hit Earth - msnbc.com(英文)

老朽化や故障などで稼働できなくなった人工衛星は、安全や情報保持の観点から、地上から制御して地球の海に落下させるのが通常です。
過去に地球に落下させた大きな人工衛星では、アメリカのスカイラブ(1979年 80トン)、ロシアの宇宙ステーションミール(2001年 130トン)が有名ですが、それ以外でもかなり大量の衛星が落下させられています。
スカイラブ(Wikipediaより)

[星ナビ.com] さよならミール

しかし今回の偵察衛星はすでに制御不能な状態になっていて、落下させる場所を決めることができず、今のところ、予想落下地点は不明なんでそうです。

衛星の詳細については、機密のため一切明らかにされていません。
が、2007年にL-21という偵察衛星が軌道投入に失敗して運用を断念した経緯があるので、もしかしたらこの衛星のことかも知れませんね。
米国家偵察局、最新鋭の情報収集衛星「L-21」の軌道投入に失敗 - Technobahn
どこに墜ちるか分からないのであれば、いちおう「墜ちるかも」という公表だけはしておこう、という感じなんでしょう。

その衛星は10トンほどでバスくらいの大きさですが、大気圏突破する際におおまかな部分は燃えてしまうので、地面に達したときはかなり小さくバラバラになっていることでしょう。
ただ、この衛星の推進剤に使われるヒドラジンや、衛星の材料になっているベリリウムという金属が人体に害を及ぼす影響があるそうです。
万が一、人が住む地域に落下した場合、ちょっと面倒なことになりそうです。
だけど地球の表面は70%以上が海だし、その他の陸地でも人が住んでいる地域は本当にわずかな場所でしかありません。
たしかミールが墜ちたときも、「これが都会に墜ちたら」みたいな特集番組を見た気がするんですが、それこそものすごく可能性の低いことではあるんですよね。
もちろん可能性が0でない限り、何らかの情報を提供するべきだとは思います。

なお、この情報を公開した米国家安全保障会議(NSC)は、衛星をミサイルなどで撃ち落とす可能性についてはコメントを避けたそうです。
・・・個人的には、ミサイル撃墜の練習台として良い標的になると思うんですが、さすがに不謹慎なのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.28

ゴディバのチョコリキサー

ゴディバのチョコリキサー
アイスチョコドリンクに生クリームとダークチョコがかかってます。さてここで問題!お値段いくらでしょう(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.01.27

ALESSIの楊枝入れ

田舎の親戚に遊びに行くと、おしんことかリンゴを切ったのに楊枝をさして出してくれることがありますが、普通は楊枝ってあまり使わないですよね。
私が楊枝を使うのはロールキャベツを留める時くらいです。
だから、楊枝入れなんて当然持ってないんですが。

カードのポイントで楊枝入れをもらっちゃいました。
ALESSIが出しているステファーノ・ジョバンノーニというデザイナーの作品です。

実はこのデザイナー、私の携帯電話をデザインした人なのです。
DOCOMOのN904iをデザインした人で、待ち受け画像にはこのウサギが使われてるんですよ。

カードのポイントでもらえる景品はいつもは商品券とかガソリン券にしちゃってたんだけど、やっぱりこれは抑えとかなきゃねっ。

手品のようにシルクハットからウサギが顔を出してるデザインで、その名も分かりやすい「Magic Bunny」。
透き通ったアクリル樹脂の色鮮やかなウサギがとてもかわいらしいです。

あまり実用的とは言えない楊枝入れですが、楊枝を入れなくてもダイニングにちょっと飾っておくだけでもなんだかステキですよねっ。
このウサギ、今は雪風のダイキャストモデルの隣に置いてあります、なんとも妙な取り合わせが私らしいです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.26

雪風のダイキャストモデル

ずっと待っていた日がようやくやってきました(笑)。
今月25日に発売された「戦闘妖精雪風」のDVD-BOXです!!!

Blu-ray DiskのBOX仕様だと雪風(1/200メイヴ)のダイキャストモデルがついてくるんですが、我が家は普通のディーガなのです・・・。
でもなあ、モデルほしいよなあ・・・・と思っていたら!
.ANIMEで買うと初回限定で雪風がついてくるってんで、有無を言わさず予約しちゃったのでした。

きっちり発売日の25日に届きましたよ!!

翼の形が妙ですが、これは前進翼と言って翼が前に傾いたものなんたそうです。
高速での抵抗を低減したり、失速を起こしにくくしたりする効果があるのです。
普通の翼(後退翼)と比べて安定性が悪くなる分、逆に高い機動性を実現するので、安定性より機動性を重視する戦闘機向けの翼かも知れませんね。

こんな感じで実際の航空機でも採用されてるんですよ。
NASAの実験機X-29

ロシアのSu-47ベールクト

で、これが雪風(笑)

似てるでしょっ、・・・・似てないか・・・。

| | コメント (50) | トラックバック (0)

2008.01.25

地球の鉱物コレクション2

前回の地球の鉱物コレクションの続きが発売されてたのでさっそく買ってきちゃいました。
第2号の今回は、オマケとして鉱物標本を入れるコレクションボックスがついてきます。
そのせいで、この巨大な箱!持って帰るのがちょっと大変でした(笑)。

そして毎回ついてくる鉱物は黄鉄鋼(パイライト)です。
鉄と硫黄の硫化物で、たまに金と間違えられることがあるそうですが、残念ながらこの鉱物はそれほどの価値はないようです。
・・・高価だったら雑誌のオマケにはならないよね(笑)。

そしてこれがコレクションボックス。
これまたけっこうデカイんだわ、だいだい25×35センチくらいでしょうか。
オマケの割に(笑)ちゃんと木でできてるんですよ。

全部で20個の鉱物を収納できるんですが、これ、全部埋まったらそうとうな重さになりそうです。

ところで、「鉱物」って何なんでしょう?
一般的にはこう定義されてるようです。
自然に存在する結晶質の無機化合物
原子が規則正しく並んで、水晶や黄鉄鋼のように独特の色形を形成するのも鉱物の特徴です。

また、鉱物と岩石は全く別のもので、岩石は「鉱物または岩石破片の集合体」であって化学的に均質なものではないんですね。
たとえば花崗岩は雲母や石英など複数の鉱物から構成されています。
「鉱物は細胞」「岩石は細胞(鉱物)の集合体」なんて喩えられたりもします。
その岩石が集まって地球というひとつの星が構成されている、つまり鉱物は、地球の基本的な単位、ということなんですね~。

私のコレクションボックスにはまだ2つの鉱物しか入っていませんが、飽きなければ(笑)これからも買い足していこうと思っています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.01.23

ラプターとナイトホークのコクピット

オハイオ州にある米国立米空軍博物館(National Museum of the U.S. Air Force)で今月18日からラプターが常設展示されてるそうです。
National Museum of the U.S. Air Force now home to only F-22A Raptor on permanent public display(英文)

F-22「ラプター」戦闘機は、ロッキード・マーチン社が開発した他用途戦術戦闘機です。
ステルス性が高く、アフターバーナーを使用しないで超音速巡航ができ、機動性能も在来の戦闘機を圧倒的に凌駕する性能を持っています。
アメリカはこの戦闘機をよほど売り込みたいんでしょうか、高性能を宣伝するようなこんな噂もあるようです。
「F-15戦闘機との100回以上にわたる模擬戦闘で一度も負けたことがない」
「F-16との模擬戦闘で一度もミサイルの射程内に捉えられなかった」
ラプターには実戦経験がないので、どれも模擬戦闘での話なんですが、とにかくこんな神話が語られるのは、お得意先の日本に向けたプレゼンの一つなんでしょうか(笑)。

それにしても性能を重視した結果とはいえ、不格好な機体です。
A-10もそうだけど、とことんまでつきつめると、どうしても異形になってしまうんでしょうか。
美しいとはこういうのを言うのだよ(笑)。

戦闘性能に優れているが故に、機体価格が高く維持費もかかるF-22は東西冷戦が終結した今、存在意義そのものが問われることもあるようです。
実際、日本の航空自衛隊でも配備が検討されていたものの、現在は白紙になったようですね。

いずれにしても、やたら神格化されてる(?)F-22ラプター。
実機を目の当たりにできるのは、今のところ、この空軍博物館のものだけだそうです。
どうやらコクピットまで見られるらしい。
もっと大量のボタンや良く分からないスイッチが一杯あるのかと思ったら、意外にもシンプルなコクピットですね。
これなら私でも操縦できそうです。


ちなみに、他の航空機たちのコクピットはここで見られますよ。
・・・これはGCなんかな?
pecial Cockpit Issue First Quarter 2007:Code One Magazine On-line
アメリカの航空雑誌「Code One Magazine On-line」に掲載されてる特集です。
これはF-117ゲイラカイト(これまたかっちょわりぃ戦闘機だなあ)。

飛行機のコクピットってこんな感じで、これでもかってくらい計器が並んでますよね。
うん、こりゃ私には操縦は無理だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雪景色

雪景色
久しぶりに東京にも降っています。去年はほとんど降らなかったから、2年ぶりかも。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.01.22

インシュレーターを置いてみる

ある日、ダンナ様が「イソフラボンがほしい」と言い出しました。
「えー、男なのに更年期障害?」って思ったら、インシュレーターの間違いでした。
・・・・・すいません・・・・・。

インシュレーターとは、スピーカーの振動を台に伝えないようにするもので、主に金属でできた小さな部品です。
スピーカーをじかに台に置くと、スピーカーの振動が台に伝わって台が音を出したり、台から反射した振動がスピーカーに悪影響を及ぼして、音が悪くなるんだそうです。
なので、なるべく接地面を少なくすることで、余計な振動を伝えないようにするんですね。
スピーカーの下に10円玉を置いたり、石のブロックを置くのも、インシュレーターと同じ効果をねらってのことなんですね。
我が家のスピーカーも10円玉を敷いてたんですが、せっかくだから、見た目的にハッタリにもなる(笑)インシュレーターを買おう、ということになったのです。

さっそくヨドバシやビックに行って偵察したところ・・・。
スピーカー1個を支えるのに必要なインシュレーターは3個ないし4個で、普通は金属でできているんですが、これがまあピンからキリまであるんですねえ。
鍵のついたガラスケースに入ってたインシュレーターは1セット(スピーカー1個分)で普通に5万円とかしてました。
・・・・スピーカーより高いよ。

こんなふざけた値段のは買えないので、audio-technicaのハイブリッドインシュレーター(8個1組)AT6098を買ってみました。

お値段は比較的お手頃な約3000円。
お手頃とは言っても今まで10円玉8個(計80円)を使ってたんだから、ダントツで高いインシュレーターです(笑)。
もっとすげえ値段のインシュレーターは、特殊な合金でできてたり、内部にクォーツが入ってたりするんだそうです。
うちのは真鍮にハネナイトという制振ゴムをつけたものです。

とりつけ例はこんな感じ、と言っても単に乗せるだけなんだけどね。
スピーカーは昔っからあるONKYOのものです。

さて、肝心の効果のほどは???
・・・・まあ、3000円分は音が良くなったかな(笑)。
インシュレーターをつける前より、気持ち音に奥行きが出たというか厚みが出たというか、濃くなったような気がしなくもない、という感じです。

音響関係って、本当に気持ち次第というか(笑)、良いと言われればそんなもんか、と思ってしまうとこってありますよね。
「これだけやったんだから、良くなったんだろう」という思いこみというか(笑)。
ただ、スピーカーの下には10円玉でも良いから置いた方が良いとは言いますね。
それ以上は、本当にハッタリとか自己満足の世界みたいで、数万円出してどうこうってものでもないようです。
それだけ出すならもっと他にやるべき部分があるだろう、ってことでしょう。

テレビ用のスピーカー類にはまだ手を出してないので、いずれセンタースピーカーやウーハーを買ったとき、またレポできたらと思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.01.21

結露を防止しよう

窓が曇るこの季節、みなさんは結露対策、何かやってますか?

我が家はマンションなのでとっても機密性が良いです。
台所で換気扇を使っていると、気圧の変化で窓やドアが開かなくなるくらいです。
おかげで冬は少し暖房を付けただけでとても暖かいし、足が冷たくて眠れない、なんてこともありません。

ただ、この機密性のせいで、結露がけっこうすごいんですよ・・・。
以前住んでたとこで結露に悩んだことがなかったのは、暖房をつけてなかったからみたいです(笑)。
正確にはコタツを愛用していたので、室内の気温はあまり高くならなかったんですね。

結露が起きる原因は、室外と室内の温度差なのです。
ひどいときは、押し入れまでびしょ濡れになるようですが、幸い我が家はそこまでは行ってません。
それでもやっぱり窓の結露は気になるので、ヒマがあるとタオルで拭いてるんですが、それでは根本的な解決にはならない・・・。

結露の防止方法をちょこっと調べてみました。
結露が起きる主な原因はこんな感じ。
1.室内の機密性が高くて、窓や扉を閉め切ってることが多く、空気が動かない
2.室内と室外の気温差が大きい
3.水蒸気が発生するガスや灯油のストーブを使っている
4.室内に植物や水槽を置いている
5.室内で洗濯物を干すことが多い
6.人の呼吸などからも湿気が出る

・・・こうして見ると、我が家はほとんど当てはまっています・・・。
ガス温風ヒーターは買ったばかりなので、買い換えるのは無理。
鉢植えは直射日光を嫌うものや寒風に当てられないものばかりなので、テラスに置くのは無理。
できるだけ換気はしてるけど、室内で洗濯物を干すこともあるし、とにかく結露が出やすいことばかりしています。

ではどんな対処法があるんでしょうか。
一番良いのは、二重サッシにして、暖房をエアコンや床暖房に変え、水槽や鉢植えを置かず、室内で洗濯物を干さないこと、そして人が住まないこと。
・・・・なんでしょうけど、それは現実問題として無理(笑)。

で、我が家が現在ためしてるのは、こんな方法です。
・換気をこまめに(1時間に1回くらいは窓を開けて空気を入れ換える)
・暖房の温度を少し下げる
・扇風機で空気を撹拌する
・換気扇を頻繁にまわす

中でも特にこまめな換気はとても効果がありました。
カーテンと窓のすき間は結露しやすいので、窓を開けるときは、ついでにカーテンも全部開け放しちゃいます。
窓を開けるのはほんの1~2分程度ですが、これだけでだいぶ違いが出てきました。
特に風呂上がりや、洗い物の後の窓開けは効果的です。
以前は水が流れて窓枠に溜まる勢いでしたが、今はうっすら曇る程度です。
その程度ならタオルで拭き取るだけで良いし、ついでに窓掃除にもなるし(笑)。

結露はカビの原因になったり、家具や内装を傷めてしまうので、早めの対処が大切ですね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.01.18

丸で埋めるゲーム

久しぶりにネットでゲームの紹介です。

Play filler

やり方はとても簡単。
時間内に画面の3分の2を丸で埋めることができたらクリアです。

マウスをクリックしてる間、丸が大きくなっていきます。
壁や他の丸に当たるとそれ以上大きくならないので、次の丸を作って増やしていきましょう。
飛び跳ねてる玉にあたると、はじけてしまうので気をつけてね。
最初は跳ねてる玉は2個だけだけど、クリアするごとに増えていきますよ。
コツとしては、自分が作った丸で玉を閉じこめちゃうこと、かな。

最初はけっこう簡単なんですが、跳ねる玉が増えるとどうしてもうまくいかないんですよね・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.01.16

地球の鉱物コレクション

よくテレビCMでみかけるデアゴスティーニのコレクションシリーズ。
テーマに沿った小物を集めたり、毎号ついてくるパーツを組み合わせて大きな模型を作ったり(こんなのとか)、いろんな連載をやってるんですよね。
私もたまに気になるテーマを見つけるんですが、毎回買うのは面倒だし、売れなくて続かなかったら悲惨なので、一度も手を出したことはありませんでした。

んでも、今回のコレクションには墜ちましたよ(笑)。
地球の鉱物コレクション
毎回、本物の鉱物が1つついてきて、鉱物に関する豆知識が書いてあります。
デザートローズ(砂漠のバラ)とか水晶とか、いくつか既に持ってるのもあるんですけどね(笑)。

今月8日から隔週で発行さて、創刊号特別定価は390円、2号以降が990円だそうです。
やっと荷物を整理したばかりなのに、また物が増えるよ・・・。

創刊号のオマケはアメシスト。
2月の誕生石で、水晶のなかでも紫色のものをアメシストというんだそうです。
ブラジルやスリランカでも採れるけど、日本の宮城県でも質の良いものが算出されます。

んでこれ、いったいいつまで続くのかと思ったら、100号までがんばる予定なんだそうです(!)。
隔週で約1年か・・・。
それまで私が続くか、ディアゴスティーニが続くか、とりあえず買い続けてみることにします(笑)。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008.01.09

動く落書き

みなさん無事、社会復帰できてますか~?
この時期、お正月休みで帰省や旅行してきた人たちから全国各地のお土産をもらえますよねっ。
いろんなとこからおせんべいとか最中とかをいただきましたよ~。

私はこの正月はどこにも行ってないので、近所のスーパーで買ったブルボンのお菓子持ってったんだけどね(汗)。

というわけで、全然関係ないですが、ちょっと面白いFLASHサイトを紹介します。
落書きした線が勝手に動いちゃいますよ。
Flash Doodle

doodleeとは「落書き」というような意味。

右上の■がパレットで、4種類の線を書けます。
右上の○で全ての線をリセットです。
赤は書いたまま引ける線。
グレーはシャボン玉のようにたくさんの丸がフワフワと飛び回ります、他の線にひっかかって止まったりもしてます。
青い線はフワリと落ちていき、緑の線はクタッとして他の線とからみながら落ちていきます。
このなんとも言えない独特な動きがちょっぴり不思議な感覚なんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.08

ライトのキーホルダー

と言っても電気がつくキーホルダーではありません。
建築をちょっとでも分かる人には分かる記事です(笑)。

引っ越して最初にもらうのが家の鍵。
今まで使っていたキーホルダーをそのまま使うのも良いけれど、せっかくだから新しいものにしたいじゃないですか。
でもなかなか買いに行く時間が取れなくて、SUBARUでもらったキーホルダーや、MAZDAでもらったCX-7のキーホルダーなんかを使ってたんです(全部もらいもの)。
これはSUBARUのキーホルダーですが、数日でロゴが禿げちゃった・・・。

原宿表参道にMoMA Design Storeができたのを思い出して、ネットショップを見ていたら、私にピッタリ(笑)なキーホルダーを見つけました。
ダンナさまが会社の帰りに買ってきてくれました。
箱だけでもうフランク・ロイド・ライトでしょ、感動のあまりちょっと涙ぐんでみた・・・。

キーホルダーはこんな感じ。

あまり女性向けのデザインではないけど、もともと女性向けのグッズを持った試しがないんで(笑)、お似合いではありますねっ。

20世紀を代表するアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトが設計した「エイヴリー・クーンレイ邸」(1912年建造)に用いた木製壁(1907年制作)のモチーフを取り入れたキーホルダーだということです。
MoMA クーンレイハウス キーリング:Frank Lloyd Wright
ぶっちゃけ、クーンレイハウスって作品は聞いたことがなかったんで(笑)、慌てて調べてみました。
ライト好きのアメリカ人が作ったサイトです(ほとんど写真ばっか)。
Avery Coonley House: Riverside, Illinois
ライトの住宅って、絶対日本建築だよね(笑)。
本人は「影響なんかこれっぽっちも受けてない」って言い張ってるけど、どうみてもこれはねえ。
まあ、いずれにしても私が最も敬愛するアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトのキーホルダー、ずっと大切に使います。

ライトについてはWikipediaが割とよくまとめてるかな。
フランク・ロイド・ライト
これは彼が設計した日本の帝国ホテル(画像wikimediaより)、そうとうゴテゴテです(笑)。

オマケ:キーホルダーは、はずすとこんな風になってます。
かなり力入れないと取れないよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.01.06

食器洗い乾燥機を使ってみた

ついに念願の食器洗い乾燥機がやってきました!
本当は引っ越し直後に届いてほしかったんですが、年末だったせいで部品の調達が遅れてしまったのです。

ナショナルの食器洗い乾燥機 NP-BM2で、一気に60点の食器が洗えるという、2人家族に必要あるのか?ってくらいの勢いのヤツです。
実際にキッチンに置いてみると。


でか~~っ!!!
なんだか洗濯機置いてるみたい・・・。
最近の食洗機はかなり優秀だと聞いたので、夕飯はわざと油っこい餃子と麻婆豆腐にしてみました。

洗剤を投入して食器を詰めて、ここでちょっと気づいたことが。
我が家は最近、鍋でご飯を炊いてるんですが、大きめのフライパンを入れてしまうと、もう鍋を入れるスペースがなくなってしまうんですね。
仕方ないので、今回はご飯を炊いた鍋はフタだけ突っ込んで、鍋は手で洗いました。

普通の食事を作るのに使う鍋釜類って、ご飯を炊く釜、メインのおかず、汁類など最低でも3個は使うじゃないですか。
ってことは、どうしたっていくつかの鍋は手で洗うことになるんですね。
あと、柄の長いお玉とか木じゃくしって洗えないの?
大きいようで案外使えるんだか使えないんだか・・・。

スイッチを入れたのが午後8時半くらいでしょうか。
取説では1時間半で終わる、ということでしたが、最初に入れるお湯の温度が低かったせいか、なんだかんだで終わったのが11時近く、結局2時間以上かかりました。
(最初に入れる水の温度が高い方が、時間が短く済むんだそうです)


さて、使ってみて最初の感想です。
とりあえず、みなさんが教えてくださったように、音がすげえ!(笑)
水をぶっかけるザバー!って音と、すすぎのバシャバシャー!って音、乾燥機のブワー!て音・・・、今時の洗濯機の方がずっと静かなんじゃないか?

食器の並べ方が初心者っぽくてかわいいですが(笑)、洗う前はきちんと並べてたんですよ。
ご飯茶碗や小皿の乱れっぷりを見ると、洗ってる間にご飯茶碗がものすごく暴れたんじゃないかと想像・・・。

最初はちょっとビビり気味だったので、割れそうな食器は入れなかったせいか、どの食器も欠けたり色が禿げたりってことは全くありませんでした。
陶器もガラスもとても綺麗に仕上がってます、特に陶器関係は手で洗うより綺麗かも(笑)。
ビビり気味だったせいで(笑)、食洗機に入れる前にかなり念入りに水で流したせいか(意味ないじゃん)、洗い残しも全くありません。

ただ、テフロン加工したフライパンは、水滴が乾燥した水玉のような跡がかすかに残っています。
これは気になる人は気になるかもな、私は知らんぷりして棚に戻しちゃったけど(笑)。

あと、ものすごく誤算だったのがこれ。
ご飯を炊くのに使っているステンレス製の鍋。
手で洗った鍋の方は鏡のようにピカピカツルツルですが、食洗機で洗った蓋は変色して真っ白に曇ってしまっています、ちょうど空だきしたみたいな状態です。
げげげー!この鍋、買ったばっかなのに~~~っ(涙)。

これは食洗機のせいというより、洗剤の成分のせいなんだそうですね。
・・・うーん、これは困ったぞ。
我が家には鍋はステンレス製しかないのです。
それとも、ステンレス製品を洗える洗剤とかって売ってるんでしょうか?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008.01.05

2008年のカレンダー

今年のカレンダー、どんなのを飾ってますか?

カレンダーって毎年、お店や会社からもらうものが多いですよね。
我が家はSUBARUからと、不動産会社(去年つき合いが多かったので)、あとはJR東日本のカレンダーをもらいました。
JRは微妙に鉄分が入っている父に押しつけました。
不動産会社のは引っ越しのゴタゴタでどっか行っちゃった(爆)、・・・たぶん、年が終わるころにひょっこり出てくるでしょう(大汗)。

そして生き残った(笑)カレンダーがこの2つ。
こちらは、去年と比べて、ほんの少~し紙質が落ちたっぽい(笑)SUBARUのカレンダー。

そして、去年11月の入間航空祭で買ったエアホースのカレンダー。

・・・・じゃなかった、航空自衛隊のカレンダーです。

卓上カレンダーはclub.NINTENDO(クラブニンテンドー)からもらいました。


私は今年もなんだか乗り物とかゲームばっかりですが(笑)、相変わらずで行っちゃいます!

近いうち、先月発表された新型フォレスターを見に行ってきちゃいます。
今回はやたらCMが気合い入ってるんですが、SUBARUのサイトだと異様に重たいので、ようつべから引っ張ってきちゃいました。
もう見た人も多いかな?
こういうベクトルがずれた(笑)気合いって大好きです(笑)。(30秒)

ちなみに、本家のサイトからもCMを見ることができますよ(すっげえ重いよ)。
SUBARU オフィシャルWebサイトFORESTERスペシャルサイト

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2008.01.03

スターバックスの福袋2008

毎年恒例(笑)、スターバックスの福袋です。
値段は変わらず3000円。

今回の福袋は大きく分けて3種類あるのです。
レッドの「アジア・パシフィック」、ブラウンの「ラテン・アメリカ」、イエローの「アフリカ・アラビア」と、いずれもコーヒーの産地にちなんだ袋で、店員さんの話によると「今回のテーマは旅」なんだそうです。
私はアジア系のどっしりとした味が好きなので、アジアを選びました。
(画像クリックで大きな画像をポップアップ表示するよ)
Hukubukuro2008_1_2

中身は左から、
KARUTA
ものすごく強引な文もありますが(笑)、コーヒーに関した言葉のカルタです

コーヒー豆(スマトラ250g)
インドネシア・スマトラ島で栽培されたコーヒー豆です
トールサイズのタンブラー
タンブラーも「ASIA/PACIFIC」のデザインです
マグカップ
これは・・・桜っぽくないか?まさか、春の売れ残りってことは?(笑)
ネックピロウ
たまに長距離運転する私たちには嬉しいグッズ。
今もってるネックピロウはだいぶ汚れちゃって、買い換えたかったのです
CD(アジアンソウル)
なんか良く分からない曲(笑)が7曲

ネットで拾った噂ではタリーズの福袋もけっこう良い、なんて聞いたんですが、今日タリーズに行ったら売り切れてました(涙)。
ついでにミスドの福袋ももう影も形もありませんでした・・・・。


ちなみに以前の福袋はこんな感じでしたよ。
2006年

2007年

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008.01.01

初日の出

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

今年の正月は珍しく(笑)初日の出を拝むことができました。
毎年起きられなかったんですが(笑)今年はなんとか間に合いましたよ~~~。

今日の東京の日の出は6時50分。
この写真は6時45分くらい。
よく見ると、UFOが写ってます。

6時50分
雲のすき間が明るく光ってきました。
UFOはまだ写ってます。

6時54分
いよいよ初日の出が出てきました!
UFOはまだ写ってます、初日の出を見にきたんでしょうか。

6時57分
うおおお!がんばって起きて良かった~~~。
UFOは・・・・・・・すいません飛行船でした(爆)
この1年が、みなさんにとって、素敵な年になりますように

追記:CafeRoomのフランカーさんも、日々歳々のsumiさんも、見事な初日の出を拝めたようです。
太平洋側はみんな晴れたようですね。
そのかわり、日本海側は大変な荒れ模様のお正月だったようです。
年が明けると気候ってガラリと変わりますねえ。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »