« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の18件の記事

2008.02.29

MSのプラネタリウムソフト

マイクロソフトがこの春に「WorldWide Telescope」というプラネタリウムソフトを公開するそうです。
「WorldWide Telescope」はハッブル宇宙望遠鏡や宇宙ゲノムプロジェクト「SDSS(Sloan Digital Sky Survey)」などが提供するデジタル画像を表示する宇宙のバーチャルマップです。
WorldWide Telescope
WWT

夜空を縦横無尽に見て回ったり、好きなところでズームインしたり、北斗七星や火星を見たり、それらの天体に関連する解説やデータをオンラインで呼び出したり、Google Earthのsky機能をはるかに凌ぐ膨大な情報を参照できるということです。

公開は今年の春、ということで今はプロモーションサイトしか見ることができませんが、ソフトは無償で提供されるということです。

このプロジェクトにはMicrosoftのJim Gray(ジム・グレイ)とい情報工学者が大きく貢献しているんですが、彼は去年、ヨット旅行に出かけたまま行方不明になっているのだそうです。
今でもマイクロソフト所属になっているジム・グレイが行方不明になったことで、SDSS(Sloan Digital Sky Survey)プロジェクトはかなり遅れたそうですが、ここに来てようやく目途がついたのでしょう。
「WorldWide Telescope」はジム・グレイの功績を継ぐ形で公開にこぎつけたということです。

・・・こういったプラネタリウムソフトでは、同じくフリーウェアのStellarium 日本語版(オリジナルは『Stellarium(英語版)』)が有名です。
ホームページとしてはStella Theater Web(日本サイト)なんか使い勝手がとても良くて、私はどちらもよく利用しています。
特にStellariumはフリーなのにすげえ機能が満載なんですが、WorldWide Telescopeはそれを凌ぐすごさだ、ということなので、これはもう、公開されたらダウンロードするしかないですねえ。
あとは、私のPCがこのソフトの使用に耐えられるか、なんですが(笑)。

SHINOblogでは、ダウンロードして使うようなものはあまり薦めることはないんですが、これは個人的にも使ってみたいので、公開されたらレポしようと思っています。

ところで。
2008年春って、具体的にいつなんだろ???
こういうのって往々にして延期延期ってけっこうあったりしません????

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.28

黄砂と花粉

職場の人が淡い水色の春コートを着てきました。
みんなから「いいなあ、春だねえ」とうらやましく見られてたんですが、夜になって帰る時、みんなから「見てるだけで寒いからこっち来ないで、シッシッ」って言われててました。
でもなあ気持ち分かる分かる、もう分厚いコートは飽きましたよいい加減。

春が来るととても嬉しいものですが、中には嬉しくないものもあります。

久しぶりにB4さんをピッカピカに洗車して、鮮やかなバイオレットブルーを取り戻した翌日、ものすごい強風であっという間に黄色くなっちゃいました・・・。
友達の中には、すでに花粉を検知してる人もたくさんいて、マスクにメガネのギャングスタイルで完全武装し始めています。

気象庁では黄砂情報の実況図予測図を公開していますが、今年になって新たにレーダー光を利用したライダー(LIDAR: Light Detection And Ranging)黄砂観測による観測データの提供を始めました。

黄砂~環境省黄砂飛来情報(ライダー黄砂観測データ提供ページ)
北東アジア地域における黄砂の状況がリアルタイムで見られるもので、過去に遡って見ることもできるんだそうです。


そして多くの人にとって、もっともっと重要な情報と言えば、やっぱこっちですよね。
環境省花粉観測システム(はなこさん)
あれ、黄砂は気象庁だけど、花粉は環境省なんだ。
でもこっち↓のサイトの方が実は分かりやすいです。
花粉症*ナビ:共和発酵
幸い我が家は誰も花粉症になってないんですが、あまりに花粉の量が多い時はなんとなく目や鼻がムズムズします。
これから5月までつらい時期が続くみなさん、どうぞお大事にね。


オマケ:ココログやブログ人、MovableTypeなどの生みの親six apartのステッカーもらっちゃいました。
ブランドに弱い(笑)私はココログ4周年記念ストラップよりある意味嬉しいかも(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.25

TB企画(笑)梅がうめ~

なぜか(笑)TB企画になろうとしてますが、「うちもやっと咲いたよ~!」という方、コメントやTBで教えてくださいねっ。

我が家は毎年2月の頭になると東京都調布市にある神代植物公園に梅を見に行きます。

過去の梅の様子はこんな感じ(全部神代植物公園だ)
2007年2月10日
SHINOblog: 梅がうめー
SHINOblog: 神代植物公園の梅
2006年は3月1日でした、だいぶ遅いねえ。
SHINOblog: 梅は咲いたか
2005年2月5日、この年が一番早かったですね。
SHINOblog: 白梅
ちなみに2004年にはブログ始めてるんですが、ネタが思いつかなかったのかモブログ投稿の使い方が分からなかったのか(笑)記事にしていません。

で、今年は昨日24日に行ってきたんですが、おりしもこの日は全国的に爆弾低気圧が大暴れで、広い植物園は死ぬほど寒かったです・・・・。
毎年梅の季節は寒くて見にくる人も巨大なレンズつきカメラを抱えた好き者(笑)しかいないんですが、今年は特に人が少なくて写真だけ撮ったらさっさと帰ってきちゃいまいした(凍)。

かなり寒々しいですが、ほっとんど咲いていない梅園の様子を紹介します。
人が全然いなーい!寒ーーーい!!梅もほっとんど咲いていません。
(クリックで大きな画像をポップアップ表示するよ(800×600px)
Ume20080225_2

かろうじて咲いていたピンクの梅。
寒風の中でけなげに咲く姿が愛らしいですが、それにしてもガクブルですよ!!!
Ume20080225_1


いくつか咲いてる梅を発見したので先制攻撃。
南郷力丸さんが見つけたのは鹿児島県だそうです、さすが南国。
pokoponにっき : 梅がうめー 今年初
くっきもさんのとこも咲いてますね~。
ぶつぶつぶろぐ: 来てます

気の早いのはいくつか満開になってる木もあるんですが、やっぱり今年は例年に比べてかなり遅いかな。

追記:
檬花さん!!わたしすっぱいの苦手~!よだれ~~~!
Egoismo : Libero - 梅がうめ~…くて、すんません -

mi84taさんのとこも咲いてますね~。
mi84taのブログ: 梅がうめ~
でもやっぱり
mi84taのブログ: 梅がうめ〜。でもないそうです(笑)、今年は全国的に遅いなあ。

| | コメント (18) | トラックバック (14)

2008.02.24

梅がうめ〜。でもない

梅がうめ〜。でもない
神代植物園の梅。去年より2週間くらい遅く来たのに、ほとんど咲いてません。なんとか頑張ってる木をチョイス。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008.02.22

スパイ衛星を撃墜しました

もう散々ニュースでやってるんですが、東部標準時で20日午後10時26分(日本時間21日12時26分)、アメリカ海軍は制御不能の偵察衛星の破壊に成功したそうです。
一番重要視されてるのは「ヒドラジンのタンクが完全に破壊されたのか?」ってことですが。

英文ですがこちらはアメリカ海軍のサイトによる公式発表。
おそらく撃墜後24~48時間以内に大気圏に再突入する際、完全に燃え尽きてしまうだろう、ということです。
Navy Missile Likely Hit Fuel Tank on Disabled Satellite:the Official Web Site of the United States Navy
国防総省の公式発表はこちら
Navy Missile Likely Hit Fuel Tank on Disabled Satellite:U.S. Department of Defense Official Website

DoD photo by U.S. Navy. (Released)

・・・・意外にも(おい)うまくいっちゃいましたね。
今年のハプニング映像集でトップ10に入るかと思ったんですが(こらー)、これでは普通のニュースになっちゃいました。
私は何を期待してたんでしょうか(汗)。

ところで衛星が撃墜された当日、アメリカでは皆既月食が見られたそうですね~。
衛星撃墜も月食も、大統領選一色のアメリカではあまり大きなニュースにはならなかったのかな?

ミサイル撃墜の様子がようつべにも上げられています。
すっかり有名になった?カートライト将官による記者会見から撃墜のとこだけ抜き出した動画のようです。(1分6秒)
40秒あたりで見事にヒットしてますね。

オマケ:仕事中に(ウソですウソです!)ずっと追跡していたサイトを紹介します。
JavaScriptで人工衛星の位置を表示する
最新情報にもあるように、残念ながら偵察衛星NROL-21は既に消滅しています。
中国が撃墜した人工衛星のスペースデブデブはたくさん飛んでますよ~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.02.21

地球の鉱物コレクション4

あっぶない!デアゴスティーニ『隔週刊 地球の鉱物コレクション』の4号、19日に発売だったの忘れてたよ!!
昨日気づいて慌てて本屋に行ったんですがどこも売り切れで(汗)、仕方なくダンナにも探してもらいました・・・。
何件目かでようやく手に入れたそうです(ありがとう 涙)。

今回のオマケはルビー。
おおお!ルビーの指輪のあれですよ!赤い宝石ですよ!

・・・・赤くない・・・。
なんか薄いピンクで、宝石のあれとは全然似てない・・・。
ま、当然ですよね、原石だし。

ルビーはコランダムという酸化アルミニウムの鉱物に不純物が混入して赤色になったものを言うそうです。
同じコランダムが青くなると、サファイアになるんですね~。

と言うわけで、私の鉱物コレクションは4個目になりました。

そろそろ箱は処分しないと、だんだん邪魔になってきました(笑)。
コレクションボックスもバインダーもあるから、箱はもういらないかな、100号まで買っちゃったらこの箱で一部屋埋まりそうですよね。

以前のコレクションはこちらです~。
SHINOblog: 地球の鉱物コレクション
SHINOblog: 地球の鉱物コレクション2
SHINOblog: 地球の鉱物コレクション3



追記:Technobahnが米国防総省、20日予定のスパイ衛星迎撃は天候不順のため延期の見通しって記事を公開しましたよ。
Technobahnってソースがハッキリしないので、いつも参照程度にとどめてるんだけど、今回も延期の話は今のところ、ここしか公開されていません。
天気で左右されるのか、そんなことで地球は守れるのか?
敵国からのミサイルは小惑星が「今日は天気悪いからやめとこう」って言ってくれるんか?
・・・ま、今日は延期しても間に合うって計算なんでしょうね、やっぱこういうのは満を持して、ですね。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2008.02.20

スパイ衛星を明日撃墜します

ずっと定点観測しているアメリカの偵察衛星「NROL-21/USA-193」の撃墜ですが、いよいよ明日21日に実施されるようです。
U.S. to shoot down satellite Wednesday, official says - CNN.com(英文)

スペースシャトル・アトランティスが米東部時間18日午前4時24分(日本時間同日午後6時24分)に国際宇宙ステーションから離脱し、今日にもフロリダ州ケネディ宇宙センターへ帰還する予定になっています。
シャトルの邪魔にならないよう、帰還翌日の実施になるんですね。

現地時間の21日夕方からの数時間、ハワイ沖で民間航空機の飛行が禁止されます。
ちょうどこの時間に衛星がハワイ上空を通過する見込みなのだそうです。
すでに太平洋では洋上には3機の巡洋艦・駆逐艦が24時間態勢で待機、警戒機なども巡回しており、今後は常に最新情報が関係機関に通達される予定です。

Lakeerie計画では、レイク・エリー(The Lake Erie)ミサイル巡洋艦(写真:wikimediaより)がミサイルを発射、ディケーター(Decatur)ミサイル駆逐艦は弾道情報をエリーに入れて、ラッセル(Russell)ミサイル駆逐艦がディケイターのバックアップをします。
もちろん、ディケイターやラッセルも予備ミサイルは持っていて、いつでも第2弾、3弾を撃つことができる訳です。
米東部時間20日午後9時半(日本時間21日午前11時半)からの約2時間半が最初の撃墜可能期間だということです。

今回の「衛星迎撃」、予定通りいくと明るい夕方に実施されるので、日本などから衛星が撃墜される様子を目撃するのは難しいかも知れない、っということです。
スカッたら恥ずかしいから(笑)、みんなの幸せのためには見えない方が良いかも知れませんね。

ただ、熊本県の「さかもと八竜天文台」が日本上空を通過する偵察衛星の撮影に成功してましたよ。
asahi.com: 撃墜予定の米スパイ衛星を撮影 熊本の天文台
すげえ!これが「あの衛星」って分かるんですねえ。

そして案の定、中国やロシアは今回のことにプンプンです。
米故障衛星の撃墜計画、中国・ロシアが反発 | Chosun Online | 朝鮮日報

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2008.02.19

もんじろう変換

2月8日に発売されたATOK2008では、WEBサイトと連携する「ATOKダイレクト」がついていて「はてなダイアリーキーワード」を直接参照する「ATOK ダイレクト for はてな [ベータ]」などの新機能がついたそうです。
はてなダイアリーの上位100位までをリアルタイムで取得、ネットで流行ってる言葉を解説付きで変換してくれるんですって。
なんだか、一時期流行ったナントカ・ジェネレーターみたいですが、ATOKもここまで熟成するとやることなくなっちゃうんですかね(笑)。

と言うわけで最近やたら流行ってるらしい、ことば変換ジェネレーターの紹介です(笑)。

もんじろう変換

ブログ記事にも貼れるらしい。
変換結果は別窓で開きます。

変換したい言葉を入力して、武士語とか大阪弁、ナベアツ風味などに変換しちゃおう。
(ナベアツって大っきらい!)

このサイトで面白いのは、自分で変換語を登録できること。
特に方言なんかで「そんな言い方はしないよ」ってのがあったら、自分で言葉を登録できる訳ですね~。
岩手弁があったら登録したいところだけど(笑)、それはないのね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.02.18

ボクはジョニーです

ちょっと大きな公園とか、商店街の端っこで彼を見かけることがありますよね。
路上で一人で踊ってるこのピエロ、ちゃんと名前があるんだそうです。
JOHNNYという名前で、取説にもちゃんと「BOKU WA JOHNNY DESU!!」って書いてあります。

念のために言っておきますが、これは私が買ったんじゃありませんよ(笑)。
お父さんが通りすがりに見かけて思わず買ってしまったそうです。
お値段は1000円。
・・・・1000円か・・・・なんかノーコメント・・・・。
それよりなによりこの人形買った人、初めて見たよ(笑)。

10秒ほどの動画も撮ったんで見てみてねっ。
ただの紙でできた人形なのに、タップダンス?を踊るよ、とっても不思議でしょっ。

BOKU WA JOHNNY DESU」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

あ、この人形のタネが分かっても言わないようにねっ(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.02.16

ジャーニーのボーカルじゃにー

ジャーニーは1980年代を代表するアメリカのロックバンドです。
最盛期のボーカリスト、スティーヴ・ペリーの歌声は本当に美しくて、私も2度ほど来日公演に行きました。
コンサートで不覚にも(笑)泣いてしまった数少ないアーティストの一人です(デュラン・デュランは泣くどころの騒ぎじゃなかったけど 笑)。

ドラマ?映画?の「海猿」のテーマ曲になったり、日産エルグランドのCMに起用されたり、今でもジャーニーの曲は耳にする機会が多いですよね。
最近はニューアルバムとか全然出ないなあと思ってたら、残念ながらスティーヴ・ペリーは肺病を患って引退したんだそうです。
その後、後継のボーカリストがなかなか決まらなかったようですが、つい最近こんなニュースを見つけました。

世界的バンド“Journey”新メンバーはYouTube出身 - Ameba News [アメーバニュース]

ついに「ようつべ」からとんでもないシンデレラ・ボーイが現れましたねえ。
フィリピン出身のアーネル・ピネダさんは小さなクラブで演奏する「The Zoo」というバンドのボーカリストで、たまたまジャーニーのメンバーがピネダさんの動画を見て「ぜひジャーニーのボーカリストに」と連絡をとったんだそうです。

スティーブ・ペリーの声に一番似てるって言われて、アクセス数も異様に多いのはこの動画なんですが、これがまあ聴いてビックリ!!
確かにこれは「ヤバイ!!」と思いましたよ、うん!!!
Journey - Faithfully (Cover by The Zoo)5分21秒

この人はブライアン・アダムスとかTOTOとかチープ・トリックなんか(みんな古いなあ・・・)のカバーもやってるんだけど、もちろん歌そのものも上手なんだけど、とーにかく本人そっくりに歌うのもうまいんですよ。
動画を投稿した人のチャンネルから、他の歌も見られますよ。
ピネダさんがボーカルをつとめる新生ジャーニーが近い将来、ニューアルバムを出すんでしょうね~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.02.15

スパイ衛星を撃墜します

・・・・やっぱし、やりたかったんじゃん。

SHINOblog: スパイ衛星が落下するかも?と、SHINOblog: スパイ衛星は北米に落下?でお伝えしていた偵察衛星「NROL-21/USA-193」は今のところ、2月末~3月始めに地球の大気圏に再突入する見通しとなっているそうです。

Sm3当初、防総省ではミサイルによる撃墜についてはコメントを控えていましたが、ここにきてついに決断を下した、という感じですね。
すでにいろんなニュースサイトで話題になっていますが、アメリカ海軍が所有するイージス艦から3機の迎撃ミサイル『SM-3(Standard Missile 3)』を発射、大気圏突入の直前で衛星を撃破する予定だそうです。

国防総省ホームページ上でも発表されてたので、マジらしいですよ(信じてなかったのかよ)。
DefenseLink News Article: Navy to Shoot Down Malfunctioning Satellite:US Department of Defense(米国国防総省)(英文)
Technobahnが米国政府によるスパイ衛星破壊計画とは? 意外に深刻な落下のシミュレーション結果で意訳していて分かりやすいです。

ジェームズF.ジェフリー大統領次席補佐官は、ブッシュ大統領がミサイルによる衛星の撃破を指示したことを発表しました。

今回のことで一番懸念されているのは、この衛星に積載されているヒドラジンという毒性の強い燃料が、人の住む地域に落下することです。
ヒドラジンは人が吸い込むと肺の内部を火傷するなどの影響があるそうです。
宇宙開発の分野ではヒドラジンはそう特殊な物質ではなく、スペースシャトルや日本のH2-Aロケットにも搭載されています。
衛星が自然落下した場合、ヒドラジンはフットボール競技場2つ分の面積に拡散する可能性があると言われています。

そのため、ミサイルで事前に破砕し、できれば海に落下させるのが今回の目的なのだそうです。
地球の大気圏に突入する直前ミサイルが衝突すれば、宇宙に放出されるデブリの量は少量になり、衛星の破片の大半は大気圏で燃え尽きると予想されています。
また、衝突によって衛星の速度が落ちると思われるので、落下地点をある程度絞ることができる、つまり海に落下させることが可能になる訳ですね。

これらのことから、「撃たないよりは撃った方がマシ」という結論に至った、ということで、決して私やその他多くの人が想像するような「衛星の機密保持のため」でも、「米国のミサイル防衛力を誇示するため」でもない、っということですが・・・・。

それにしてもね。

前の記事でも書いたように、地球の表面は70%が海で、残りの地上でも人が住む地域はほんの限られた場所なのです。
人工物が人の住む地域に落下する可能性は、宝くじに当たるよりも確立が低いのです。
この衛星が私の頭に当たる確立も限りなくゼロに近いし、もう放っておいても良いんじゃないか?
他国を刺激してまでミサイルを持ち出すようなことなのか、ってのが、どうもね。
それとも、アメリカ本国の都市部に墜ちる可能性がけっこう高くなってきたのかな。
どう見ても「ミサイル防衛システムを使ってみたい!」と、任期終了間際のブッシュさんが・・・。
と、これ以上言うと日米両政府から刺客が来そうなのでやめときます(爆)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.02.10

ココログ4周年記念ストラップ

毎月届く「ココログマガジン」の12月号でココログ誕生4周年記念 大感謝プレゼントキャンペーンを実施してたので、なんとなく応募してたんですよ。
抽選で300人にココログオリジナルケータイストラップとQUOカード(500円分)が当たるということでした。
その後、引っ越しのバタバタですっかり忘れてたんですが、どうやら当選しちゃいました(笑)。
ありがとう!!!ココログさん。

サイトを見るとストラップにはオレンジ、ブルー、ブラックの3種類があったようですが、私がもらったのはブルーのもの。

けっこうしっかりしたストラップにココログのゆるい(笑)ロゴが良い雰囲気です。

さっそく携帯につけてみたよ。

・・・・・なんか似合わない(爆)。
ダンナ様の携帯が青系なので彼にあげようかしら。
ウソです!自分で大切に使います~~~。

てな訳で、ココログが4周年ということは、ココログ開設とほぼ同時に始めたSHINOblogも4年経ったということです。
こんなこと(笑)4年もやってたんですねえ!良くまあ飽きずにやってるもんだ。
たぶん、もうちょっとは(笑)続けられるかなあと思います。

遊びに来てくださってるみなさん、今まで本当にありがとうございました。
そしてこれからもますます!よろしくお願いいたします~。

追記:blogのTAMOさんも当選したようですねっ、あ、同じ色ですよ~。

| | コメント (84) | トラックバック (2)

2008.02.08

顕微鏡

だいぶ前にSHINOblog: 天体望遠鏡で私が持ってる望遠鏡の自慢(笑)をしたんですが、今回は顕微鏡です。
望遠鏡を買った後、たぶん翌年とか翌々年とか、そんな感じで手に入れた気がします。
天体望遠鏡持ってる子はけっこういても、顕微鏡ってのはあまりいないんじゃない?
大きさを比較するためにnanoを置いてるよ。

・・・我ながら、天体望遠鏡を買ったときのことは良く覚えてるんですよ。
親に「今までためたお年玉を全部投げ出す気があるなら、不足分を補填してやらないこともない」と言われて、二つ返事で「投げ出します」と答えた気がするんです。
だけど、この顕微鏡だけはどうやって手に入れたのか、全く覚えていない(爆)。

私、これ、本当にほしいと思って買ったのかな(ひでえ・・・)。

現在、顕微鏡にはいろんな種類があって、電子顕微鏡にX線顕微鏡、そして私が持っている光学顕微鏡などが有名です。
私が持ってるのは学校教育用の一番オーソドックスなもので、倍率も最大で450倍と子供が持つには充分なものです。

で、この顕微鏡で何を見てたかって言うと。
知恵のまわらない小学生のことです、その辺で拾ってきた葉っぱとか虫の死骸とか、そんなロクでもないもの(笑)を見てた気がします。
ただ、虫の死骸みたいに固くて凹凸が激しいものって、顕微鏡では見にくいんですよ。
かと言って、450倍では細胞の構造まで見るのは難しいし、なんだかんだでとっとと飽きた気がします(汗)。

この顕微鏡、さすがにかなりガタが来ていて、4つある対物レンズを回すレボルバ(転換器)の油が切れちゃって、レンズが回らなくなっています。
300倍でしか見れないよ(汗)。

この顕微鏡用にプレパラートのセットもあるんですが、押し入れの奥に突っ込んだままなので、いつか休みの日に取り出してみようと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.02.07

MyBoo ベータ版

たまにネタをチェックしてるkizasi.jpでブログの解析サービスが公開されてるということで、私のブログを解析してもらいました。

ブログがもっと楽しくなる! MyBoo/マイブー

利用方法はとても簡単で、ブログのURLを入力して「解析」ボタンをクリックするだけ。

ブログのRSSを解析して、話題を抽出・集計、「感動した」・「ありがとう」など20種類の感情パターンで解析するそうです。
感情が似ている著名人のブログを教えてくれたり、「最近の注目ワード」も表示してくれるようですよ。

で、このブログの解析結果は・・・。

SHINOblogの解析結果

総評:怒ってる感 がブログににじみ出てます。
話題に関しては 映画 について多く書かれているみたいです。

ええええええ!怒ってないし映画についても書いてないし!(爆)

「怒ってる感」の判定ワード
抑える、 起こす、 安全だ、 悪い、 逆だ、 当然だ、 文句...
「映画」の判定ワード
BLU、 RAY、 公開、 作品、 咲く、 DVD、 アメリカ...

似ている著名人ブログは
荒俣宏のオークション博物誌
ここが似ている・・・楊枝、 サザビーズ、 博物学、 クリスティーズ、 偵察、 雑多な、 衛星...
夏フェス特集-夏フェスブログ2007 燃やせ!!お天気お姉さんの音楽魂
ここが似ている・・・日本気象協会、 気象庁、 かわいらしい、 西日本、 気温、 地球、 大量の...
大前研一のニュースのポイント
ここが似ている・・・低減、 衛星、 北米、 機密、 制御、 航空機、 持ち込み...

他にもあったんですが、あまり聞いたことない方(失敬)のブログだったので割愛させていただきました。

注目ワードとしては「偵察衛星」「スパイ衛星」「雪風」(そんなんばっか・・・)「開花予想」などが該当するみたいですね~。

ちなみにこのMyBoo ベータ版、ブログによっては解析できないものもあるようです。
もしも解析できなかったら、RSSをちゃんと配信してるか、あるいは更新pingをちゃんと送信してるか、確認してみてくださいねっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.06

地球の鉱物コレクション3

意外にも飽きずに(笑)買い続けています。
デアゴスティーニ『隔週刊 地球の鉱物コレクション』の第3号。
今回はデバイダー付き特製バインダーがついてきました。
これでバラバラだったマガジンもまとめてとじることができるようになりましたよ。

今回の鉱物はこれ。ローズクオーツ(紅石英)です。

淡いピンク色がかわいらしい(?)石で、石英(クオーツ)に微量の酸化金属が含まれることで紅色になるんだそうです。

これで私の鉱物コレクションは3個になりました。
・・・まだまだ先は遠いですねえ・・・。

ところで、ディアゴスティーニってCMで良く見かけるけど、今までほとんど気にしたことはなかったんですが、ものすごい勢いでいろんなシリーズが出てるんですねえ。
地球の鉱物シリーズが1月8日に創刊されてから、5回も新刊が登場してます。
しかも更にクール・ジャズ・コレクションとか仮面ライダーのシリーズもすぐに創刊だそうですよ。
誰が買うんだろ?って思ったけど、まあ、私みたいのが買うんだろうな・・・。
お店で扱ってくれなくなる前に定期購読申し込んだ方がよいのかしら。

今までの「地球の鉱物コレクション」の記事はこちら。
もうちょっとたまったらこれ専用のカテゴリー作った方が良いかな(笑)。
SHINOblog: 地球の鉱物コレクション
SHINOblog: 地球の鉱物コレクション2


追記:ココログの記事に絵文字が入れられるようになったのはいつからですか???
penguinsnowpiscesdogtyphoon←これって台風だったのか
あ、2月5日からだって。
げげげ!!コメントでも絵文字が書けるよ!!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.02.03

脳速検定

今年も太くて黒くて長いものを無言でくわえて無病息災を祈りました。
とは言え、去年はフルサイズのものをくわて完食できなかったので、今年はハーフサイズにしましたよ。

さて、ソニーが提供する「ウィジェット(ブログやパソコンと連携したアプリケーション)」サービスFLO:Q (フローク)が「脳即検定」というブログツールを公開しています。
ニンテンドーDSで流行った「脳を鍛える大人のDSトレーニング」みたいな感じのブログパーツですねっ。
設定はよくあるブログパーツと同じくとても簡単で、スクリプトをコピーしてブログのサイドバーなどに貼り付けるだけ。
サイドバーに貼ってずっと使うってものでもないので(爆)、私は記事内に貼り付けちゃいました。

問題は「文字列判断」「文字並べ」「語句記憶」の3種類。
全9問の問題に時間制限内で答えると、あなたの頭の回転の速さを測定できちゃいます。

私の結果はこんな感じ、561回転だって。


全体的に判断力がいまいち、ってことでしょうか。
とっさの判断力、というより「思い切りの良さ」みたいのも大切かなって気がしました。

全ての挑戦者の中であなたの順位を知ることもできます。
FLO:Q会員でない人は、テキトーにハンドル名を入れるだけでもオッケーですよ。
私の順位は4547人中733位
おおおお!これはかなりすごいんでないかい???


私の記録を超えられる自身がある人は、コメントまたはTBで挑戦を受けるぜ!(思いっきりコテンパンなんだろうな・・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.02.02

トリケラトプス売ります

4月にパリで、恐竜の化石、隕石、鉱物などがオークションにかけられるそうです。
Natural History - From Prehistory to the Present Day at Christie's Paris:Artdaily.org(英文)

クリスティーズが主催する博物学専門のオークションで、目玉商品は個人所有のトリケラトプスの頭骨、予定価格は50万ユーロ(約7900万円)。
これの頭だけ、ね。

恐竜の化石がオークションにかけられるのは、サザビーズで10億円の値がついたティラノサウルスのスー以来のことなんだそうです。
(参考:「SHINOblog: スーに会える」「SHINOblog: 恐竜博2005行ってきたよ」

スーはティラノサウルスでは初めてのほぼ完璧な全身骨格だったのと、その前にいろいろ政治的・FBI的なゴタゴタがあったせいで、余計こんな高額で取り引きされたのかも知れません。
現在、ティラノサウルスは頭骨だけなら数千万で博物館に売られることもあるようです。

今回のオークション、他には、エドモントサウルスの頭蓋が推定7万ユーロ(約111万円)、ティラノサウルスの卵(えっ!ホントに本物か???)が2万5000ユーロ(約395万円)、アパトサウルスの脛骨が3万ユーロ(約474万円)、サーベルタイガー(スミロドン)の頭骨が4万ユーロ(632万円)で取引されるだろう、ということです。
鉱物や隕石類はおよそ3000~3万ユーロで取り引きされる予定で、中には400kgもある銅の塊なんてのもあるそうです。
これは何に使ったら良いんでしょう?鍋作るとか?
いや、使っちゃいけないんですよね、きっと、展示するんですよね・・・。

・・・トリケラトプスの頭が8000万かあ、私の誕生日のプレゼント、今年はこれに決定だな、時期的にもちょうど良いし。
玄関に飾るのも良さそうですよねっ。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2008.02.01

スパイ衛星は北米に落下?

以前「SHINOblog: スパイ衛星が落下するかも?」で紹介したアメリカの偵察衛星ですが、どうやら北米大陸に落下するようです。
北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が記者会見で明らかにしたということです。
自分で投げた石が自宅に落ちてくるんなら文句の言いようはないですね。
北米航空宇宙防衛司令部、制御不能のスパイ衛星は北米大陸に落下の見通し - Technobahn

この衛星は当初の予想通り「NROL-21/USA-193」と言う米国家偵察局(NRO)の情報収集衛星で、3mという大口径の望遠鏡を搭載しています。
外見は軍事機密らしくどこにも見あたらないんですが、おそらくハッブル望遠鏡に似ているのではないかということです。
解像度は10~15cmということですから、人の顔まで判別できそうな精度です。

これはハッブル宇宙望遠鏡、こんな形をしてるんだね。

(Image credit: NASA)

この巨大な望遠鏡を搭載しているため総重量が19.6トンもあって、地球の周回軌道上にある無人の人工衛星としては最大級の大きさです。
(ちなみに、気象衛星「ひまわり6号」が1.6トン、月周回衛星「かぐや」は打ち上げ時で約3トン、国際宇宙ステーションは完成時で419トン、そしてアポロ(司令船・機械船・月着陸船の合計)は約50トン)
この巨大な体のために、大気圏に再突入しても完全に燃え尽きず、衛星の一部は地表に落下する可能性があるそうです。

で、気になるのは「人の住む地域に落ちたり、あるいは人に当たる可能性はどれほどなのか」ということ。
実は、過去半世紀の間に、約1万7000個、合計で約1400トンの人工物が地球に落下しており、断面積が1平方メートル以上の物体が平均して毎週ひとつ落下している、という見積もりがあります。
人工衛星も落ちてくることがあるのですか?:横浜こども科学館
いまのところ、衛星の落下で人が死傷したという報告は皆無で、今後、人に当たる可能性も1兆分の1もないだろうということです。
・・・これなら宝くじに当たる方が確率高いですね。

と言うわけで、スパイ衛星が私の頭にぶつかる可能性はほぼなくなった訳ですが。

宇宙からの落下物がどこに落ちるのか、正確な情報は大気圏に突入するまで予測できないんですね。
天候や大気の密度によって落下速度・角度が大きく左右されるので、落下する地域をある程度限定するには数時間前にならないと分からないそうです。
やっぱり人間って、自分がやったことの後始末もできないんですねえ。

参考:「スパイ衛星落下」の危険性は:元空軍将校が語る監視の実態 | WIRED VISION
なるほど、秘密にすればするほど、みんながよってたかってその秘密を暴くわけですね。
世界中の人が自宅警備員って訳か(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »