« ココログ4周年記念ストラップ | トップページ | ジャーニーのボーカルじゃにー »

2008.02.15

スパイ衛星を撃墜します

・・・・やっぱし、やりたかったんじゃん。

SHINOblog: スパイ衛星が落下するかも?と、SHINOblog: スパイ衛星は北米に落下?でお伝えしていた偵察衛星「NROL-21/USA-193」は今のところ、2月末~3月始めに地球の大気圏に再突入する見通しとなっているそうです。

Sm3当初、防総省ではミサイルによる撃墜についてはコメントを控えていましたが、ここにきてついに決断を下した、という感じですね。
すでにいろんなニュースサイトで話題になっていますが、アメリカ海軍が所有するイージス艦から3機の迎撃ミサイル『SM-3(Standard Missile 3)』を発射、大気圏突入の直前で衛星を撃破する予定だそうです。

国防総省ホームページ上でも発表されてたので、マジらしいですよ(信じてなかったのかよ)。
DefenseLink News Article: Navy to Shoot Down Malfunctioning Satellite:US Department of Defense(米国国防総省)(英文)
Technobahnが米国政府によるスパイ衛星破壊計画とは? 意外に深刻な落下のシミュレーション結果で意訳していて分かりやすいです。

ジェームズF.ジェフリー大統領次席補佐官は、ブッシュ大統領がミサイルによる衛星の撃破を指示したことを発表しました。

今回のことで一番懸念されているのは、この衛星に積載されているヒドラジンという毒性の強い燃料が、人の住む地域に落下することです。
ヒドラジンは人が吸い込むと肺の内部を火傷するなどの影響があるそうです。
宇宙開発の分野ではヒドラジンはそう特殊な物質ではなく、スペースシャトルや日本のH2-Aロケットにも搭載されています。
衛星が自然落下した場合、ヒドラジンはフットボール競技場2つ分の面積に拡散する可能性があると言われています。

そのため、ミサイルで事前に破砕し、できれば海に落下させるのが今回の目的なのだそうです。
地球の大気圏に突入する直前ミサイルが衝突すれば、宇宙に放出されるデブリの量は少量になり、衛星の破片の大半は大気圏で燃え尽きると予想されています。
また、衝突によって衛星の速度が落ちると思われるので、落下地点をある程度絞ることができる、つまり海に落下させることが可能になる訳ですね。

これらのことから、「撃たないよりは撃った方がマシ」という結論に至った、ということで、決して私やその他多くの人が想像するような「衛星の機密保持のため」でも、「米国のミサイル防衛力を誇示するため」でもない、っということですが・・・・。

それにしてもね。

前の記事でも書いたように、地球の表面は70%が海で、残りの地上でも人が住む地域はほんの限られた場所なのです。
人工物が人の住む地域に落下する可能性は、宝くじに当たるよりも確立が低いのです。
この衛星が私の頭に当たる確立も限りなくゼロに近いし、もう放っておいても良いんじゃないか?
他国を刺激してまでミサイルを持ち出すようなことなのか、ってのが、どうもね。
それとも、アメリカ本国の都市部に墜ちる可能性がけっこう高くなってきたのかな。
どう見ても「ミサイル防衛システムを使ってみたい!」と、任期終了間際のブッシュさんが・・・。
と、これ以上言うと日米両政府から刺客が来そうなのでやめときます(爆)。

|

« ココログ4周年記念ストラップ | トップページ | ジャーニーのボーカルじゃにー »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
>どう見ても「ミサイル防衛システムを使ってみたい!」と、任期終了間際のブッシュさんが・・・。
>「米国のミサイル防衛力を誇示するため」
これらの意見に1票!
アメリカは、サブプライムローンなど国家が危うくなると、国を守るためような出来事に目を向けさせる手を使う気がします。

投稿: mi84ta | 2008.02.16 00:16

当らなかったら、恥ずかしいだろうなぁー

投稿: sin | 2008.02.16 05:12

NHKでもCGか何かで解説してるの見ました。中国がやったときは文句つけてたのにね~って coldsweats01
でも、ほんとに撃っちゃうんですね sweat02

投稿: sumi | 2008.02.16 11:10

新しいおもちゃを手に入れたら使いたくなるのが人の佐賀ってもんですわ。
ブッシュおじさんも任期満了までなにかしらやっておきたいでしょうしねえ。
まあ、アルマゲ丼の予行演習ということにしておきましょうよ。

ときに三佐殿、
大好きなデュアリスの実物大ロボ画像、ゲットしましたぜ。
よろしければ当ブログよりお持ち帰りくださいませ。

投稿: VINCO | 2008.02.16 20:52

当たればニュースになるだろうし、失敗したら黙ってるんじゃないかな(笑)
弾道弾の迎撃よりはハードルが低いんかなコレ。

投稿: 三尉 | 2008.02.16 21:03

>mi84taさん
うむむ!確かにアメリカって大統領の人気が落ちると、
外側に向かってなんだかんだとちょっかい出しますよね~。
それでまた人気が復活したりするから、不思議なお国柄というか(笑)。

それにしてもやっぱり、なんでわざわざこんな高価な兵器を使ってまで
撃ち落とさなきゃいけないのか、さっぱり理解不能です。
全費用が65億円だって!!!


>sinちゃん
いやいや、あのお国のことだから、ハズしても当たったことにしちゃう気がする(笑)。
ハリウッドに頼んでVFX作ってもらうとか、
アドビに頼んで画像加工してもらうとかして(笑)。


>sumiさん
お、NHKでも報道してたんですねっ(最近テレビでニュース見ないなあ・・・)。
CGは私も見たいなあ、また放送してくれるかしら?
・・・・撃墜したときにいくらでも見られそうですね(笑)。

>>でも、ほんとに撃っちゃうんですね

うん、私も前の記事で冗談で「撃ったりして」って書いたけど、
まさか本当にやるとは思ってもいませんでした。
なんかもう、良くも悪くも、アメリカって理解不能です(笑)。


>VINCOさん
確かにねえ、一国の長となったら私だって一発かましてみたいですもん(私だけか)。
ブッシュさんにとっては良い思い出になりそうです。

>>まあ、アルマゲ丼の予行演習ということにしておきましょうよ。

なるほど、我らが石破大臣も「UFOが来たらイージス登場」みたいなこと言ってたし、
変な話、確かに良い練習にはなるんですよね・・・。

ところでデュアリス!!!
おねいさんたちの写真より小さく写ってるのはどういう訳でしょうか?
うわーーーーん!東京モーターショーではロボ展示してませんでしたよ~~~(涙)。
あれ?デュアリスって全車ロボに変形するんじゃなかったの?
その辺のショールームに逝けば
ロボがいっぱい置いてあるのかと思ってました(思ってませんすいません)。
いいなあいいなあ~~~~~。
この変形オプションを付けたら、デュアリスっていくらで買えるんでしょうね?


>三尉
どうなんだろう?
シロウト目に見て、自然落下してくるものを撃つ方が、
自力で飛ぶロケットを撃つより簡単そうじゃない?
あと、何が簡単って体面上は「安全のために」自国のものを撃ち落とすんだから
国際世論を説得しやすそうでもあるよね~。

湾岸戦争時代のパトリオットの迎撃率を見るとものすごく不安になったりするけど
あれからおよそ20年(だっけ?)、さすがに精度は上がったんかな。

投稿: しのぶ | 2008.02.16 23:27

>この変形オプションを付けたら、デュアリスっていくらで買えるんでしょうね?

軍用ロボのガンダムが現代価格換算で約800億円という試算があったりしますが、仮にその1%だとしてもおよそ8億円。ジャンボ宝くじ2回分でも足りませんなあ・・・

投稿: VINCO | 2008.02.17 21:41

>VINCOさん
8億円かあ、こないだ自衛隊が発表した戦車が1台7億円じゃなかったっけ?
戦車と変形ロボとどっちがほしいかって言われたら、やっぱし変形ロボよね~。

このロボならとりあえず借金して買っても営業で元が取れそうな気がします(笑)。
8億貸してくれるところがあれば、の話ですが・・・。

投稿: しのぶ | 2008.02.18 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/40136557

この記事へのトラックバック一覧です: スパイ衛星を撃墜します:

« ココログ4周年記念ストラップ | トップページ | ジャーニーのボーカルじゃにー »