« 宇宙を漂うもの | トップページ | どなどなティラノサウルス »

2008.04.14

NASAとSUBARUは同い年

桜が咲く前と散った後って、風景が冬から春へ劇的に変化しますよね。
我が家のテラスから見える風景は、桜が咲くまで茶色とかグレーっぽい色彩に乏しい感じでした。
けど、桜が終わった今は街全体が濃い緑や淡い緑、ピンクや白がぐんと増えて、太陽も高く上るせいでしょうか、鮮やかな色彩に包まれています。
桜の開花を境にこんなに雰囲気が変わるなんて、みんなが桜の開花予想に夢中になる理由も良く分かります。

そんな春爛漫の日曜、SUBARUに行ってきました。
SUBARUでは「お客様感謝デー」というのが数ヶ月に1度あって、点検を無料でやってくれたり、クジで景品がもらえたりするんですが、今回はピンバッジを当てました。
今年はSUBARU50周年にあたるのだそうで、50周年記念の冊子ももらいましたよ。

ピンバッジになった車はみんな初代なのかなと思ったら、そうでもないらしい。
ラインナップの意味が分かりません。

1958年3月3日に軽乗用車スバル『360』を発表したのが、SUBARUブランドの始まりでした(プロジェクトエーックス!)。
ちなみに、今年はNASA(アメリカ航空宇宙局)も開設50周年にあたります。
NASAは1958年10月1日の誕生なので、学年ではSUBARUの方が1個上になります(笑)。
東京の横田基地では、NASA50周年を記念して、こんなのが建てられたらしい。
サムライ戦士の彫像、だそうです。
うわーーっ!これ見てみたいっ!!!

基地のどのあたりにできたのかは分からないんですが、夏の横田祭で見られるかな?

話はSUBARUに戻して、こんなニュースが飛び交ってますね。
株式売却の調達資金は新工場の建設に充当=富士重社長(ロイター) - Yahoo!ニュース
SUBARUの屋台骨である軽自動車は、将来的に自社生産を終了するようです。
・・・なんかもう、こんな感じになるだろうなってのは、トヨタがSUBARUの大株主になったときに予想してたんで、今更驚きもしないんですが。
資本主義社会って、体力ある方がない方を喰っていくのが原則原理ですしね。
・・・水平対向エンジンもなくなるのかな。
ISUZUの二の舞だけは避けてほしいなあ、あれは悲しすぎる・・・。

ところで、SUBARUが毎月配布してる小冊子「カートピア」4月号、スパナくんがどうしても見つかりません!!!
誰かヒント教えて~~~~っ(涙)。

|

« 宇宙を漂うもの | トップページ | どなどなティラノサウルス »

いろんな車とレガシィB4」カテゴリの記事

コメント

友人にSUBARUというハンドルの人がいるので...NASAとSUBARUが同い年ということは自分もNASAと同い年かと一瞬思ってしまいました(笑)

TOYOTAは水平対抗エンジンを活かすために、それでない軽自動車を切り捨てたようです...が、エンジンの技術は生き残ってもSUBARUが生き残るかはどうなんでしょう...

私の実家の初めての車が中古の360なREXだったので、今回の報道はそれなりに感慨深いです。家族四人乗せて新潟から福島への県境の峠でオーバーヒート気味で休ませていたなんていうのはとっても懐かしいです(笑)

投稿: OZZY | 2008.04.14 23:00

この手の話題が出るとボクサーヲタがトヨタ色が強くなってスバルが面白くなくなる・・とか絶対言い出しそうだけど、トヨタもスバルもそこまでお馬鹿じゃありませんって。いい方向に捉えていけばいいんじゃないかな。
軽撤退は次期R2ってどうなるんだ?とwktkしてた身としてはちょっと惜しいといえば惜しいけど、新型を見てあーいいなとため息をつくことが一生ないというのも美味かもしんない(笑)。まR1R2は金かけるところが軽カーユーザーのニーズ、世間一般の視点からずれてたね(それが愛しくてたまらないわけだが)。

↑カブトの武者の横顔が三沢の飛行隊の部隊マークだった気がするお。

投稿: 三尉 | 2008.04.15 08:13

>OZZYさん
あはは、NASAさんと同い年だけど学年では先輩、ですねっ。
SUBARUさんてことは、スバリストでらっしゃるのかな?
ぜひお話してみたいです(笑)。

私たちの親世代は、少なからずSUBARUのお世話になってますよね。
と言いつつ、私の父はなぜかルノーに乗っていて
その後、弟(私の叔父)が日産に勤めてしまったので
結局SUBARUに世話になることはなかったようです。
ただ、つい10年ほど前まで近所の家に360が置いてあったような・・・。
動いた姿は見たことがないんですが(笑)、
きっと捨てることもできずにとってあったのかも知れません。
私たちが子供のころ、みんな小さな車にぎゅうぎゅう詰めになって
けっこう遠出してましたよね~。
あの頃はチャイルドシートなんてなかったから
助手席に弟と2人で座って後席は母と荷物、という感じでした。
そして例によって、坂道が登れないという(笑)。


>三尉
ついこないだ「もうダメぽ」とか言って泣いてる人に
同じようなことを言った覚えがありますが(笑)。

ニュースが出た直後の「お客様感謝デー」だったんで
さぞかし社員はバタバタしてるんだろうと思ってたら
何も変わらないでやんの、相変わらず工業大学のノリですよ・・・。

SUBARUの車を買った手前、SUBARUの動向について
いろいろ気にしていたけれど、
みんなが言うほどSUBARUが楽しい車を作ってるかと言うとそうでもない気がした。
イタ車やフランス車ほど、はっちゃけた車は作れないし
かと言って、トヨタや日産のように堅実な車も作れてない、
どうも中途半端な感じがメジャーになれなかった原因だと思うんだよね。
バルブ崩壊に耐えられたのも、
せっかくのバブル全盛期に1人負けしてたからで
(あの時代、私はSUBARUが何やってたのかも覚えてませんよ)
何もやってなければ崩壊も何もない訳で(笑)。

>>トヨタもスバルもそこまでお馬鹿じゃありませんって。

トヨタはそうかも知れないけど、スバルはビミョーですよ(笑)。

>>↑カブトの武者の横顔が三沢の飛行隊の部隊マークだった気がするお。

うんうん、私もそれ考えたのだけど、横田に行ったとき
変な(笑)鳥居に「Home of the Samurai」って書いてあったの覚えてる?
たぶん、あれがこの彫像の元ネタではないかと。

投稿: しのぶ | 2008.04.15 11:26

こんにちは。
この古い記事にコメントするのをお許しください。最近のレガシィ記事が見つからなかったので。
しのぶさんは、もうB4には乗ってないですよね?
自分はまだBH(レガシィワゴン)に乗ってます。
昨年3月、運転免許試験場でシュミレーターに乗る機会がありました。
ふとメーターを見たら、こんな感じでした。
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/blog/hira100316.jpg
見覚えありませんか?

ちなみに、自分の車のメーターは・・・
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/photos/road/driver051211.html

投稿: mi84ta | 2011.02.13 23:38

>mi84taさん
お察しのとおり、すでに手放してしまいました・・・。
いまはもう年に数回しか乗らなくなってしまったので、
車が必要なときは、レンタカーで十分になっちゃったのです。
ちょっと贅沢してスポーツカーなんかも乗れるしねっ。
ハイブリッドカーとかいろいろ借りては独断で批評して楽しんでいます(笑)。

というわけで、メーター、懐かしいですねえ。
SUBARU車のパネルはあまりうるさくなくて、けっこうお気に入りでしたよ。

投稿: しのぶ | 2011.02.14 00:22

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/40879919

この記事へのトラックバック一覧です: NASAとSUBARUは同い年:

« 宇宙を漂うもの | トップページ | どなどなティラノサウルス »