« NASAとSUBARUは同い年 | トップページ | 地球の鉱物コレクション8 »

2008.04.16

どなどなティラノサウルス

ティラノサウルスの幼体って発見されてないのかと思ったら、1995年に発見されてたんですね。
モンタナ州にある7300万年前の地層から発見された「キャメロン(Cameron)」という愛称のT.rexは、推定年齢2~3歳で体長が10フィート(約3m)ほどしかない子供のティラノザウルスです。

Image:Blackfeet Heritage Center

キャメロンの調査は、モンタナ州立大学ロッキー博物館の学芸員(キュレーター)を務めるジャック・ホーナー氏に託されます。
ジャック・ホーナーと言えば、ジュラシック・パークの主人公のモデルにもなり、子育て恐竜マイアサウラの営巣地を発見したり、「ティラノサウルスはスカベンジャー(腐肉食)である」という、私にとってはあり得ない(笑)説を唱えた、恐竜界で最も有名は古生物学者の一人です。

ホーナーは、3年を費やして研究を重ね、この化石が足と尾の一部が欠けただけのほぼ完全な化石であることを証明しました。
化石には鳥の特徴である叉骨も残っており、恐竜が鳥へ進化した証拠であると考えられます。
また、のこぎり状でナイフのように尖った歯は、大人のティラノザウルスのような骨を粉砕する棒状の歯と違い、まさに肉を切り裂くために最適の形状をしていました。

当初、この子供の恐竜はインディアン種族であるブラックフット族が所有するBlackfeet Heritage Center& Art Gallery(ブラックフット族遺産センター&美術館)に保管されていましたが、この種族は慢性的な財政難に陥っており、財源確保のために恐竜を売ることを検討していたそうです。
実は恐竜などの化石が売られるのは珍しいことではなく、アメリカや中国など化石が産出される地域では、プロの化石ハンターもいるし、化石発掘を目的とした不法侵入で捕まる人もとても多いそうです。
それほど、化石は金になる訳ですね。

しかし、今回のティラノサウルスはあまりにも貴重な化石です。
ホーナー氏は「こんな形でキャメロンを失うことはできない」と、ブラックフット族にひとつの提案をしました。
所有権はブラックフット族のまま、ホーナー氏が学芸員(キュレーター)を勤めるモンタナ州立大学ロッキー博物館にレンタルしてほしい、というのです。
こういった方法はけっこう良くあることで、化石の研究や保存には専門施設や専門家の配置など何かと金がかかるものなんですね。
だから、資金が捻出できない所有者は博物館などに貸し出すことで、化石を保存してもらうのだそうです。
博物館側としても、貴重な化石を研究できるとともに、化石を展示することで収入も得られる訳です。
この恐竜が生み出す利益は計り知れないだろう、とホーナー氏は言います。
それは、単にお金だけでなく、古生物学への利益であり、多くの人がこの恐竜を目にする機会が増える利益でもあるんですね。

モンタナ州はこの化石のために、初期投資として50万ドルを拠出しています。
キャメロンは5月末にロッキー博物館に到着、復元骨格が展示される予定だそうです。

・・・も、モンタナ州って何県にあるんでしょうか???行ってみたいんですけど!!

Blackfeet Tribe's premier fossil up for bid - Great Falls Tribune(英文)

|

« NASAとSUBARUは同い年 | トップページ | 地球の鉱物コレクション8 »

恐竜・生き物」カテゴリの記事

コメント

うちの大食い恐竜もレンタルしたい・・・。
イリマセンカ?

投稿: Sachi | 2008.04.16 14:40

調べてみると、モンタナ州って熊本県と姉妹都市だそうですよ。なんか、ちょっと熊本県がうらやましいんですけど(笑)
子どもといっても、3メートルもあるんですね。北新地にあるキタノザウルスよりずっと大きいんだ。化石でよかった(汗)それにしても、恐竜ってお金になるけど、お金もかかるものなんですね~。

投稿: sumi | 2008.04.16 16:51

 レッドオクトーバーの副官で、モンタナに行きたがってた人は死んじゃいましたね。で、モンタナってシアトルの近所のようですね。
 スタバとボーイングに行くついでに行けば?

投稿: 南郷力丸 | 2008.04.16 19:16

>Sachiさん
うちにも大食い恐竜が1匹・・・・(笑)。
博物館にレンタルして、生態を調べてほしいものです。
拝観料は・・・とれないだろうな・・・。


>sumiさん
おお!モンタナ州は熊本県にあったんですね!!!(違?)
恐竜って尾と首が長いから、全長3mと言っても
意外と体は小さいかも知れませんよ~。
中型犬でも鼻先から尾までなんだかんだで1mくらいありますもんね。
だからもしかしたら、立ったときの頭の高さは人間と変わりないくらいかも?
それでも充分デッカイけど(汗)、
大人のT-rexは普通に全長12mとかありますからねえ(大汗)。

私が良く行く(笑)化石ショップでは、
直径50センチくらいのアンモナイトが20万で売ってました。
ただの(おい)貝でこの値段なんだから、動物の化石はいくらするのか・・・。
そう考えると、確かに化石ハンターってすっごい金になりそうですね。

恐竜とかの化石って、当然それまで岩に埋まってたものだから
空気に触れたり雨ざらしにしてると、どんどん劣化しちゃうんだそうです。
だから保存方法も大変だし、このデカさでは保存場所もそれなりに必要ですよね。
さらに、ちゃんと研究しようとなると、レントゲンとかCTとか、
ちょっとした病院並みの施設が必要なんですって。
たしか、恐竜のミイラが発見されたとき、
航空機の非破壊検査用の巨大なレントゲンを使ってましたよ。
そんなもの、一般家庭では揃えられませんよね(汗)。


>南郷さん
なんでレッドオクトーバー?って思ったら
副官ってサム・ニールだったんですね(今調べて知った)。

>>スタバとボーイングに行くついでに行けば?

スタバは行くけどボーイングは行かないってば。
あとはゲイツ君ちに遊びにいくついでとか?(もっと行かない)

投稿: しのぶ | 2008.04.17 08:54

熊本は電車で通ったことあるけど、モンタナ村なんてあったかなぁ・・

投稿: かざ | 2008.04.17 17:25

>かざさん
モンタナ村じゃなくてモンタナ州ですよ。
・・・ってもういいですね・・・。
そういえば吉里吉里国ってどうなったんだろ???

投稿: しのぶ | 2008.04.18 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/40895344

この記事へのトラックバック一覧です: どなどなティラノサウルス:

« NASAとSUBARUは同い年 | トップページ | 地球の鉱物コレクション8 »