« 夏の帰省1 新幹線で青森へ | トップページ | 夏の帰省3 三陸沿岸鉄道の旅 »

2008.07.27

夏の帰省2 奥入瀬渓流

奥入瀬渓流ホテルは奥入瀬渓流の入り口にあって、近隣の森もこのホテルが管理しているそうです。
ホテルの従業員のみなさんはとても気さくで親切で、以前行ったときと変わらず良いホテルでした。

今回は奥入瀬の美しくすがすがしい景観をたくさん紹介しますねっ。
前日に雨が降ったせいで水量が多く、水も濁っていますが、この通りむせかえるような緑です。
Iwate0727_01

奥入瀬渓流の特徴は、川の中に小さな岩が小島のように点々とあって、その上に木や草が生えている光景でしょうか。
たぶんこの辺が「阿修羅の流れ」。
今回の地震では、このすぐ上の道路に大きな落石があったんですね。
私が足で蹴り落としておきましたので(こらー)石は撤去済み。
奥入瀬は無事ですよ~。
Iwate0727_02

奥入瀬川は国道102号と接するように流れていて、道路の路肩には車1台が停まれるくらいのスペースがたくさん設けられています。
なので、通行の邪魔にならないよう車を停めて川岸に降りることもできるんです。
ただ、道路はカーブの連続だし、あまりの景色の良さについよそ見をしがちです。
運転する人は充分気をつけて。
私たちが行ったときも、車が1台腹を見せてひっくりかえってました・・・。
Iwate0727_03

倒木が川に沈んでることもたくさんありますが、こうして植物が生え始めています。
生命力を感じるよね~。
Iwate0727_04

前の記事でプリウスが停まっていた道をちょっと奥に入れば、とても勇壮な「三段の滝」が。
マイナスイオン出まくりですよ。
Iwate0727_05

奥入瀬で一番大きな「銚子大滝」。
写真の左上にかなり切り立った崖が見えますが、森の向こうはほとんどこんな感じで断崖絶壁が続きます。
地震がなくてもけっこう落石が多い地域ではあるみたい。
Iwate0727_06

奥入瀬渓流を抜けると、国道は十和田湖へ抜けます。
雨は降ってないけど雲が低くたれこめていて、対岸の山も見えません。
でもまあ、午前中まで大雨だったから私たちは運が良い方でしょう。
真冬なら森昌子とか石川さゆりの演歌がよく似合いそうです(吉幾三でも可)。
Iwate0727_07

でね、こんなことあまり大きな声では言えないんですが、地震後の警戒感から東北地方の観光客が激減して、奥入瀬渓流や十和田湖に来る人もいなくなった、とテレビで報道してたんです。
が、私達が行った地震の前でもこの状態。
遊覧船の船着き場にいるのは私たちとタクシーの運転手さんだけでした。
もちろん、平日の昼だったせいもあるんだろうけど、以前からそんなに人が多い訳でもないんですよね~。

さあ、明日は青森を離れて岩手の沿岸を鉄道で走破しますよ~~~。

|

« 夏の帰省1 新幹線で青森へ | トップページ | 夏の帰省3 三陸沿岸鉄道の旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

う~~ん・・・懐かしさ満点ですww♪
奥入瀬往復レースとか十和田湖1周タイムアタックとか
やってたバカモノもいるやに聞きおよびますが、
そんなことより、お土産で売ってるヒメマスの薫製は
カレーに入れると激マズらしいです。(ー"ー;)

投稿: Sachi | 2008.07.27 17:47

>Sachiさん
奥入瀬往復レース、確かに楽しそうですが
私はゆっくり走っていてもよそ見しちゃってキケンでした(笑)。
何度ダンナに「前見てーっ!(涙)ハンドル離さないでーっ(涙)」と絶叫されたことか。
翌日の「7時間列車の旅」にそなえて十和田湖一周はやらなかったんだけど
いつか遊覧船には乗ってみたいなあ。

私が買ったお土産は「奥入瀬渓流缶コーヒー」でした(笑)。
普通においしかった~。

投稿: しのぶ | 2008.07.28 02:00

ラルフローレン ゴルフ

投稿: ポロシャツラルフローレン | 2013.10.29 20:01

メンズ チャンルー

投稿: チャンルー キムタク | 2013.10.30 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/41979993

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の帰省2 奥入瀬渓流:

« 夏の帰省1 新幹線で青森へ | トップページ | 夏の帰省3 三陸沿岸鉄道の旅 »