« SHINOblog復活 | トップページ | 夏の帰省2 奥入瀬渓流 »

2008.07.26

夏の帰省1 新幹線で青森へ

てな訳で、いつも岩手への帰省は車で行くんですがこの夏は列車を使って行ってきました。
なぜなら、SHINOblog: 旅行が当たったよでもらった奥入瀬渓流グランドホテルの宿泊券&旅行券を使ったから(笑)。
いろいろやってきたので3回くらいに分けて記事に紹介しますねっ。

今回のテーマは岩手・三陸フリーきっぷを使って4日間鉄道を乗り倒す」。
当初の予定はこんな感じでした。

22日
東京→八戸
(東北新幹線)
八戸→奥入瀬
(レンタカー)
23日
八戸→久慈
(JR八戸線)
久慈→釜石
(三陸鉄道北リアス線)
24日
釜石→大船渡
(三陸鉄道南リアス線)
大船渡→一関
(JR大船渡線)
一関→新花巻
(東北新幹線)
新花巻→釜石
(JR釜石線)
25日釜石→新花巻
(JR釜石線)
新花巻→東京
(東北新幹線)

23日夜半の地震によって、24日の予定は全てキャンセルになっちゃったんですけどね(涙)。
24日が実行できたら、岩手県内の鉄道をかなり網羅できたんだけどなあ。
まあ、これはまたいつかチャレンジしたいと思っています~。


旅の始まりは22日、東京駅から。(全ての写真はクリックで大きな画像をポップアップ表示します)
東北新幹線「はやて」(右側)と秋田新幹線「こまち」の連結部分ですよ。
盛岡で切り離されるとこも撮ろうと思ってたんですが、爆睡してて気づかず・・・・。
Iwate0726_01

JR東日本ではこの夏、「ピカ乗りサマー2008」キャンペーンとかで、1日に数本だけポケモン新幹線を走らせてるんですって。
私たちもこれに乗りたかったんですが(笑)、残念ながら時間が合わず、東京駅に止まってたヤツをかろうじて発見。
Iwate0726_02

悔しいので(笑)ポケモン弁当を買って、オリジナル紙コップのコーヒーを頼み、Suicaで買い物をしてもらえる「ポケモン・クリアファイル」をゲット!!
Iwate0726_03


今回お世話になった奥入瀬渓流グランドホテルは今年の4月1日から「奥入瀬渓流ホテル」と名称を変えたようです。そして11月には閉館するそうですが、これは取り壊しということではなく、恐らく経営者が変わるということだと思われます。

この奥入瀬渓流ホテル、爆発芸術家(笑)岡本太郎が奥入瀬をとても気に入ってたらしく、ホテルの随所に太郎氏の作品がちりばめられています。
ホテルのラウンジには大暖炉「森の神話」があります。
なんとも躍動的で生命力にあふれた、岡本太郎の真骨頂とも言える作品ですね~。
Iwate0726_05

個人的に、この魂?ニョロニョロ?らしき生き物?が気に入りました(笑)。
室内の灰皿や浴衣、そして大浴場ののれんにも岡本氏の図柄が使われてるんですよ。
Iwate0726_06

こちらは立体ものの大暖炉「河神」。
奔放で情熱的な作品を作らせると、日本では岡本太郎がダントツですね。
Iwate0726_07


さて今回、八戸駅でレンタルしたのはトヨタ・プリウス。
八戸から奥入瀬までは車がないと行けないのですが、森の中を走るならこの車しかないでしょ。
Iwate0726_04

ここでちょっとプリウスのインプレを(笑)。

ハンドリングや操作感は、特筆すべきものはありません。
停止時のアイドリングがやたら静かなのを除けば、たぶんカローラなどと同じような感覚で運転できます。
坂道も苦もなく上ってくれるし、車高のせいでカーブは多少頭が振られるけど(足回りが弱いのはレンタカーだからだと思います)、普通に運転してる分には全く問題なしの良い車でしたよ~。
タイヤなど足回りにも気を使ってもらえる自家用車なら、もっと踏ん張りが利くんじゃないかな。

で、一番興味のある「燃費」ですが。
エアコンをガンガンに効かせて、徐行しては停まって撮影、を何度も繰り返したので燃費自体は期待してなかったんです。
ところが、返す直前にGSに寄ったらガソリンが4リットルしか入りませんでした。
トータルで130キロほど走ったので、リッター当たりの燃費は30キロ、ということになります!
・・・・いくらハイブリッドでもこんなのあり得る???
GSで800円しか払わないってけっこう恥ずかしい(笑)。

奥入瀬渓流内の「三段の滝」をバックに。
Iwate0726_08


次回は奥入瀬渓流の美しい森をプリウスで走り回ります。

追記:sumiさんから、「岡本太郎作の大暖炉って暖房器具なの?」というご質問をいただいたので、ずっと前に行ったときに撮影した写真も紹介しますねっ。
このときは冬だったので、ちゃんと暖炉に火が入ってますよ。
彼の作品は大きな煙突になってるんですね~。
Danro

|

« SHINOblog復活 | トップページ | 夏の帰省2 奥入瀬渓流 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。
復活おめでとうさんです!
青森ですか、私いったことないですよ、たぶん。奥入瀬といい、岡本太郎ゆかりのホテルといい、すばらしー。なんか東北再発見っていいですね。

私も今度帰省した時に、JRパス使って旅してみようかな。。。

投稿: ダナン | 2008.07.26 21:49

しのぶさん こんにちは.
体調を崩されたのではないかと心配しておりました.

>足回りが弱いのはレンタカーだからだと思います

プリウスには助手席にしか乗ったことがありませんが,プリウスの後ろを走っている時に思うのは,「タイヤが細すぎる!」という事です.
燃費が命の車ですから,仕方ありませんが,
細いタイヤでは踏ん張れないと思われます.

投稿: TAMO | 2008.07.26 22:28

ここしばらくコメントさぼってます(笑)>私
車ネタだけコメント~(をい)

プリウスが欲しい~~~~~~
燃料代がぁぁぁぁぁぁ(涙)
4WDを出してくれー。e-4WDで十分いいから。>トヨタ

>車高のせいでカーブは多少頭が振られるけど
安心してください、カローラはもっと酷いです。
運転していて怖いです(爆)>カローラ
プリウスは、トヨタ車の中では、硬めな足回りですよん。

重量1.2~1.3トンで幅185のタイヤだから、そんなに悪くはない太さ。1BOX系で幅195が普通だし。カローラクラスは幅175が普通ですよん。

投稿: sin | 2008.07.27 00:15

>ダナンさん
気がついたら一ヶ月以上休んでたようですが(汗)なんとか復活しました~。

青森は岩手とはまた違った雰囲気があって
なかなか素敵なところでしたよ。
岩手って峻険な山が多いイメージがあるけど
青森はどちらかと言うとなだらかな丘が続くってイメージを感じました。
もちろんどちらも自然がいっぱいなんですが
夏は岩手の方が爆発的なパワーがある感じです(笑)。
対して青森は静かでありながら奥深い力がある、って感じかなあ。
これが冬になるとまたガラリと雰囲気が変わるんでしょうねえ。

ダナンさんも、一度青森にいってみることをお薦めします。
岩手の良いところも再発見できるしねっ。
今度は、三内丸山遺跡なんかも行ってみたいかなあ。

JRはいろんなフリーパスがあるので、
帰省されたときにはぜひ県内の路線を乗り倒してくださいねっ。
特に北リアス線はチョーおすすめ!!!


>TAMOさん
ご心配をおかけしましたが(汗)、お休みしてる間は元気に過ごしておりました。
ちょこまかと雑事が重なったせいでなかなか復帰できなかったんですが
どうやらブログは既に生活の一部になってたらしく(笑)
こうして復活してみると、やっぱり楽しいです~。

プリウス、確かに燃費の良さが身上なので
どうしても運転性能は二の次になっちゃうんでしょうか。
大きな声じゃ言えないけど実はもっと期待してなかったので(爆)
意外にも「なかなかやってくれるじゃん」と思ったりしました。
まあタイヤなら後からいくらでも替えることができるんで
自家用に買ったときは極端な話、ド扁平タイヤを履かせても良いわけで
その辺は自分で好きなように味付けすれば良いんでしょうね~。

同じ距離を我が家の車で走った場合、
ガソリンは10リットル以上使ったと思われます。
しかも、プリウスはレギュラーガソリン、うちの車はハイオク・・・。
もうこれだけで燃料代が数倍の違いになるんですね・・・。


>sinちゃん
私もここしばらくブログをさぼっておりました(笑)。

プリウス、すごかったよ~。
何が楽しいって、ナビの画面にリアルタイムの燃費と
ガソリンで走ってるかバッテリーで走ってるかを表示してくれるのがすっげえ楽しい(笑)。
当然だけど、バッテリーだけで走ってるときは燃費がリッターあたり99.9キロになるんですよ。
んでもって、一番ふかしたときでリッター8キロくらいかな?

実は私ってばトヨタ車に乗ったことがなくて
かろうじて、おじさんの古~いソアラの助手席に乗せてもらったくらいなのよね。
だもんで、他のトヨタ車と比較ができないのだけど
まあ、雰囲気としてはそう違いはないんだろうなと。
それに元々走行性能をどうこうする車ではないので
安全に走れるのであれば、あの足回りで必要充分なのかも知れない。

あとは、ガソリン車と比較して、車両価格やメンテナンス代込みで
本当にペイするのか、ってのがリアルに気になるところ。
車を日常的に使う人ならプリウスは最高みたいだけどね~。

投稿: しのぶ | 2008.07.27 00:37

>本当にペイするのか、ってのがリアルに気になるところ。
ほほほほ、私の手元にかなりリアルな、エクセルの比較表が出来上がっていますよ(笑)

今のガソリン代なら、同クラスの車両(カローラクラス)と比較すると10万km乗るとペイしますよ。私は、年間1.5~2万km走るので、5年くらいでペイするかな。後は、初期投資は多いけど、燃料代が大分安くなるので、気分的には気が楽そうですね。距離を走りすぎても痛くないし。あと、メンテ代は特に普通の車と同じです。

車両価格と大体の実燃費は、
 プリウス 220万円 20~25km/L(一番安いやつ)
 カロータ 130~150万円 12km/L(AT) 15km/L(MT)
 フィット 130~150万円 15km/L(CVT)
ってところです。

プリウスは、一番安いグレードでも、カローラよりは豪華です(笑) 国の補助が無くなったので、ディーラーで10万円程度の値引きはするそうです。税金も何年間か優遇あるし。

今のプリウスは、ハッチバックに似た構造なので、このままステーションワゴンの形状にして、後輪をモーター駆動の電気式4WDにして発売して欲しいです。

投稿: sin | 2008.07.27 14:33

凄いルートですね!
昔家にあったマークIIは足回りもハンドルもふわふわしてました。それが普通かと思っていたんだけど、BGレガシィに乗り換えて、今の車はこんなに違うのか!って思った記憶があります。

投稿: ryo | 2008.07.27 23:54

nikko81です。

岡本太郎といえば、太陽の塔なわたしですが
(大阪人なもので!)、こういうところにもあるんですね。

ホテルの内装が、有名なアーティストの
手がけたものって、好きならそれだけでも、
見に行く価値がありそう。

投稿: nikko81 | 2008.07.28 00:52

>sinちゃん
なるほど、カローラと比較して10万キロかあ・・・。
ところでプリウスって当然ながらハイブリッドだから
バッテリーがへたった場合、交換とかの費用は
ガソリン車と比べてどれくらい違うんだろう?
バッテリーもガソリン車とはちょっと違うものを積んでる訳でしょ。
あ、でもメンテ代は普通の車と変わらないのなら
これはかなりおいしいかも知れない。
あと、単純に経済的な話だけじゃなく「エコも考えてますよ」みたいな姿勢も
大切なのかも知れないですね~。

次期プリウスは屋根にソーラーパネルが組み込まれて
燃費は更にすごいことになるようです。
後はぜひ、「ハイブリッドだけどスポーティ」とか、
走りの点もぜひ改良していただきたいところだけど、
昔っからトヨタって正統派スポーツカーを作る気が全然ないと思わない?(笑)
でもせめて四駆くらいはほしいところですねえ。
ホンダにもがんばってほしいけど、「ホンダ」と「四駆」って組み合わせほど
あり得ないものもないしなあ・・・。


>ryoさん
いつも自動車で凄いルートを走りまくっていたので(笑)
今回は列車でもやってみました~。
さすがに毎日何時間も列車に乗ると、座ってるだけでも疲れますね~。
本当はもっとたくさん乗るつもりだったんですが(爆)
地震のせいで運休になっちゃいましてチャレンジは次回に持ち越しです。

マーク2とかの高級サルーンはフワフワ系ですよね。
お父さんが乗ってた日産グロリアも、今のエルグランドもフワフワなんですが
レガシィって本当に硬いじゃないですか。
そのせいかどうか、父親の車に乗せてもらうと軽く車酔いしちゃいます。
逆に、父をB4に乗せると「スバルの車は板バネか?」って言われます(怒)。


>nikko81さん
そうそう!私にとっても岡本太郎は「太陽の塔」ですよ~。
確か松下電気の保養荘があの公園のそばにあるんですよ。
で、松下に勤めてる親戚に保養荘を借りてもらったことがあります。
太陽の塔もちょこっと見たんですが、その時の印象は
「でかーーーーっ!!!」でした(笑)。

岡本太郎は青森がとても好きだったらしく
岡本太郎記念公園なんてのもあるようです。
青森もけっこう広いので、まだまだ魅力的なとこがたくさんありますね~。

投稿: しのぶ | 2008.07.28 01:55

すご~い! 芸術が躍動してますね(笑)さすが岡本太郎。
大暖炉って、これ、暖房器具なんですか? 巨大な煙突みたいに見えるので、最初、この下で焼肉を焼くのかと思いました…(汗)

投稿: sumi | 2008.07.28 06:55

>sumiさん
そうなんです、これちゃんと暖房として使われてるんですよ~。
今回は真夏だったのでさすがに火は入ってなかったけど
以前3月に行ったときに、薪をくべてる写真を撮ったので
記事の一番最後に載せてみました。

もちろん、この暖炉がなくても館内はエアコンが効いてるのだけど
なんとなく炎を見てるだけでも暖かい気持ちになりますよね~。

投稿: しのぶ | 2008.07.29 01:22

>しのぶさん
プリウスのバッテリーはニッケル水素ですよ。
乾電池型の充電できるやつと同じタイプ。

初期型はバッテリーが駄目になるやつがあったみたいだけど、現行型(2型)は丈夫になったみたい。ぐぐっても、駄目になったという話はほぼ無いですよ。万が一交換しても初期型と違って工賃込みで13万円くらいみたいだし。新車ならエンジンと同じ5年10万kmの保障が付きます。

1~2年前ならプリウスに興味もなかったのだけど、ここまで燃料が高騰するとかなり気になりますね。

燃費向上にハイブリッド(ミラーサイクルエンジン+モーターアシスト)もいいけど、軽量化もして欲しいな。軽ければ燃費も良いはず。X-TRAILがフロントフェンダーを樹脂にしたけど、強度の不要な部分は全部樹脂にして欲しい(爆)

ドアなんて枠だけ金属であとは樹脂でもOKそうだし、ボンネットも樹脂でしょう。天井も強度要らないや。車体もパイプで枠を組んで、樹脂の板張りとか布張りとか(笑)

投稿: sin | 2008.07.29 01:45

13万円は、工賃別です(汗) 間違った。
けど、大分安くなったみたい。

投稿: sin | 2008.07.29 01:46

>sinちゃん
初期プリウスが出たばかりの頃に、
ちょうどお父さんが車の買い換えを検討していて
プリウスにしようかどうか、ものすごく悩んでたのよね。
だけど、あの頃はまだ「実用としてはどうか」みたいな噂もあって
結局ガソリン車にしちゃったんだけど
sinちゃんの話を聞くと、今のプリウスは相当進化してるみたいね。

今回もそれなりに起伏とカーブが連続してる道を走ったのだけど
そう無茶な走りをしなければ、これで充分だなと思った。
大人2人に1泊分の荷物を積んで重いと感じたこともなかったし
特に「怖い」と思ったこともなかったしね。
(あまりムリをさせなかった、ってのもあるだろうけど)
もちろん、歴史の長いガソリン車と比べると「やっぱねえ」ってとこもあるけど
攻める車がほしい人は燃費なんか気にしないだろうし。

>>ドアなんて枠だけ金属であとは樹脂でもOKそうだし、ボンネットも樹脂でしょう。天井も強度要らないや。車体もパイプで枠を組んで、樹脂の板張りとか布張りとか(笑)

それってトラバント?

投稿: しのぶ | 2008.07.30 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/41976703

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の帰省1 新幹線で青森へ:

« SHINOblog復活 | トップページ | 夏の帰省2 奥入瀬渓流 »