« 書評を始めるよ | トップページ | サイバークリーンを使ってみた »

2009.02.21

MOS合格しました(まだWordだけ)

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)のOffice Word 2003、今日受験してなんとか合格しました!

と、偉そうに言ってるけど、Wordのスペシャリスト(中級)なので、ちょこっと勉強すれば誰でも受かるものなのです(汗)。
もーー緊張しまくるわ、試験場の私のPCだけ調子悪くて何度も落ちるわで、あまりベストな状態とは言えなかったけど、なんとか900点台を死守しました・・・。
問題自体は、参考書の模擬試験の内容とほとんど変わりなかったんで、本番は割と落ち着いて解くことができましたよ。

それでもかなり緊張してたんでしょうね、帰りはちょっと具合が悪くなって(笑)ゲーとか言いながら小走りに帰ってきました。
何が緊張するって、受験料が1万もするんで、これで落ちたらものすごくもったいないのです(笑)。

てな訳で、次はExcelなのですが、こっちはスペシャリスト(中級)ではなくエキスパート(上級)にしようか悩み中です。
ワードよりはエクセルの方が活用頻度高いしね。

|

« 書評を始めるよ | トップページ | サイバークリーンを使ってみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
おめでとうございます。
以前に、ワードアートって使う??と書いていたような気がしますが・・・努力が実を結んだんですね。

投稿: mi84ta | 2009.02.21 21:15

無事合格とのこと、おめでとうございます~。よかったですね。

受験料が1万するから落ちたらもったいないって気持ちとても分かる気がします(笑)。それにしても、しのぶさんでも緊張するとは(って怒られそうですが 大汗)。

投稿: coply | 2009.02.22 01:00

>mi84taさん
ありがとうございます~。
そうなんですよ、ワードについてくるイラストとか
いつ誰がどこで使うんだ?とか思うんですが(汗)
それでも問題に出るんだから覚えておかなきゃいけないってんで勉強しましたとも。
今ではワードアートすっかり使いこなしてます(笑)。
それにしても、ものすごく久しぶりに「試験」というものを経験して
なかなかフレッシュな気分になってみましたよ~。


>coplyさん
coplyさんに応援していただいて、本当に励みになりました!
どうもありがとうございます~(涙)。
いやもう、本当に緊張しましたよ~(意外とヘタレな私・・・)。
1万円ももったいないけど、ブログにも会社の人にもあえて公表してたので
これで落ちたら合わせる顔がないですもんね。

んでもこれからが本番というか、次はエクセルが待っている訳で
まだまだ始まったばかりなのです。
資格も取るだけじゃ意味ないしねっ。

投稿: しのぶ | 2009.02.22 16:05

ベンダーの資格って受験料高いですよね。
ともかくおめでとうございます(゚▽゚*)

投稿: ryo | 2009.02.22 22:28

>ryoさん
ありがとうございます~。
無駄に緊張しちゃったけど、問題自体は割と簡単でした。
ryoさんならもっとサクッと受かると思いますよ~。

MOS取ろうと思ったときに、通信教育受けようかと考えて
いろいろ調べたことがあったんですが
他の資格試験(簿記とか)の受験料が普通に2000円とか3000円と聞いて
ものすごく理不尽に感じた覚えがあります(笑)。

これからエクセルも受ける予定なんだけど
参考書や問題集も買ってるので、
MOS関係でなんだかんだで総額3万くらいかかりそうな予感ですよ・・・。

投稿: しのぶ | 2009.02.23 17:33

おめでとうございます~note こういう試験って、いくつになっても緊張しちゃいますよね。しかもPCの調子が悪いなんて。しかもしかも、受講料が1万円だなんて! びっくりです~ (@@;

でも、まだ試験は続くのですね。が、頑張ってくださいね shine

投稿: sumi | 2009.02.23 23:05

>sumiさん
ありがとうございます~~~!!
いや-、何十年ぶりに(笑)受験勉強なんてものをやってしまいました(爆)。
PCが墜ちまくったのは本当に笑えましたよ~。
ただ、試験自体はフリーズしてた時間はカウントされないので
(さすがMS、フリーズは想定内)
きっちり時間いっぱい使って回答できました。

受験料1万円って、ちょっとした私立大学の受験料みたいですよね。
ワード、エクセルの他にアウトルックとアクセス、パワポと合計5つ取ると
ジェダイ・マスターの資格を得られるそうですが、
さすがに合計5万はあり得ませんわ(それ以前にアクセスなんて触ったこともない)。

投稿: しのぶ | 2009.02.24 01:51

今現在アメリカに住んでいる私はこう思うのですよね。
スピルバーグ監督が『ユダヤ移民3世。このため、ホロコーストやユダヤ人迫害について描いた作品がいくつかあり、中でも 『シンドラーのリスト』 は大作として有名だ。』と言うことからも
ジュラシックパークは戦争批判、核爆弾批判の映画だと。コントロール出来ない物を作って人類滅亡の危機を招いても、恐竜を生き返らせる科学者達の傲慢さ、恐竜は核爆弾です。恐竜の危険は、核の危険につながっています、なぜなら両方とも科学者の傲慢さ故の産物が人類滅亡の危機をまねているからです。戦争になれば当然あるものは使う 勝つために、広島に使ったように。人類がコントロール出来ないものを作って人類滅亡の危機に導いている科学者に対する批判、それを戦争に使うだろうという予測。核の危険は現実です。未来の地球、未来の子供達を思う、心ある監督達の苦肉の策です。映画が時の政府の、国民に対する政府側に付けるための広告塔になる事は、どの国家の歴史をみてもあきらかですし、特に有事の際程政府の検閲は厳しいと言うのも事実ですから。

投稿: kayo | 2009.04.18 01:48

>kayoさん
コメントありがとうございます~。
えっと、これは違う記事へのコメントですね?

私としては「ジュラシックパーク」は単純な娯楽映画だと思っています。
スピルバーグを始め、多くの子供や大人が「本物の恐竜を見てみたい」と願い、
スピルバーグがそれをスクリーンの中に実現してみせたと。
映画と違って原作はもっとずっとグロい内容で、
映画のようにハッピーエンドでもない、なんとも後味の悪い結末なのですが、
それを監督はもうちょっとファンタジックに描き直しています。

あえてメッセージ性を探すとしたら、
戦争批判の映画ではなく、どちらかと言うと自然崇拝の映画じゃないかしら。
どんなに科学が発達しても、人が「自然」にメスを入れることはできない、
そして、生き物はどんなにつらくても生き延びる道を自分で探し出す、
そういったテーマなのではないかなと。
ただ、2作目以降はもう、単なる動物パニック映画になっちゃいましたね・・・・。

ジュラシックパークの1作目が作られてもう20年近く。
当時最新の学説を取り入れて作られた映画も
今はもう、だいぶ古くなって、間違っている部分も増えてしまいました。
それでもやっぱり、ティラノサウルスが見得を切る場面は
何度見ても感動してしまうのです(笑)。

投稿: しのぶ | 2009.04.20 03:22

nice articles

投稿: moncler hats-Its features and characteristics 2013 | 2013.10.24 19:01

accept insurance and offer a variety of payment options.
laney 5s http://www.woodhouselawfirm.com/jordan5laney.html

投稿: laney 5s | 2013.11.11 02:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/44132789

この記事へのトラックバック一覧です: MOS合格しました(まだWordだけ):

« 書評を始めるよ | トップページ | サイバークリーンを使ってみた »