« サイバークリーンを使ってみた | トップページ | 「T.R.Y.」井上 尚登 »

2009.02.23

やっぱり火星人はいるのか

現在、火星には2台の探査機がいます。
2003年にNASAが打ち上げ、翌2004年に火星に着陸した「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」には2台の探査機「スピリット」と「オポチュニティ」が搭載されていました。
当初は2台とも3ヶ月の任務を終えればそのまま廃棄される予定でしたが、想定された耐用期間の10倍以上が過ぎた現在も活動を続けています。

当然ながら両方ともこれまで何の支障もなく活動してきた訳ではなく、様々なトラブルに遭っています。
コンピュータや通信機器等の不具合は数知れず。
火星の地面はパウダー状の砂が多く、砂丘などを越えるときに車輪がスタックして動けなくなったり、砂嵐に遭って何週間もビバークしたり、一ヶ月以上音信不通になったこともありました。
細かい砂は精密機械にとってはものすごくやっかい。
火星ではしょっちゅう砂嵐が起こっているらしく、スピリットもオポチュニティも、火星の地面を走るつむじ風を何度か撮影しています。

特にスピリットは砂嵐によってソーラーパネルに砂がたまり、蓄電することができなくなる現象が続きました。
誰かが火星まで行って砂を払う訳にもいかず、NASAは「砂を取り除く良い方法があったら教えてね」とたびたび公募してきました。

画面下にちょこっと見えてるスピリットのソーラーパネル
まだ本来のグレーっぽい色が見えています。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

完全に砂をかぶって地面と同化しちゃってます、これが自分の車とかだったら泣くな。

ところが。

スピリットは何度も何度も復活するのです。

あるいは風によって砂が払われたり、あるいは残り少ない電気で動いたときに砂が落ちたのではないかと推測されています。
今月5日、スピリットが自分を撮影したときも、ソーラーパネルにびっしりと砂が積もっていたのでした。
そしてまた、翌日に撮影した写真にはパネルに積もった砂は取り払われ、電力も復活・・・。


2台の探査機には、2001年9月11日の9/11テロ(アメリカ同時多発テロ事件)によって崩壊したニューヨークのワールドトレードセンターに使われていた金属が積まれています。
ファンタジックな人々は「ワールドトレードセンターが守っているのかも知れない」と言います。

それにしても本来なら3ヶ月で終わる予定だった2台とも、5年を超えた今でも普通に活躍しているのは少し異常とも思えます。

そして、いつもスピリットばかりが砂嵐に襲われ、そしていつも「もうダメだ」となった瞬間に突然復活する・・・・。


本当は火星人が砂を払ってくれている、という意見が有力です。
スピリットは以前、火星人を撮影しているのです。

丸の部分を拡大すると、人間の女性のような人影が・・・・。

あれ?火星人ってタコじゃなかったの???

参照:Spirit Gets Energy Boost from Cleaner Solar Panels|Mars Exploration Rover Mission: Press Releases:(英文)

|

« サイバークリーンを使ってみた | トップページ | 「T.R.Y.」井上 尚登 »

宇宙・星」カテゴリの記事

コメント

さいきんは火星人はイエティににてるといううわさなんだよ。タコだったのはむかしのはなしです。

あ、わかった。しのぶさんが火星までおそうじに行ってるんでしょ。

投稿: つばさ | 2009.02.23 19:06

うわわ、火星のタコの人はスカートをはいているのかしら! でも、ちょっぴり背筋が寒くなりましたよ。これはお化け?(汗)

投稿: sumi | 2009.02.23 22:57

>つばさくん
うーん、今はタコ型はもうふるいのねえ。
今はゴリラの着ぐるみなのね~。

私よりも、つばさくんのパパの方が行った方がいいと思います。
なぜなら、つばちゃんのパパの方が車を洗うのが上手だからです。
スピリットは三輪車くらいの大きさしかないので
きっとパパなら5分くらいでピカピカにしちゃうんじゃない??
・・・・・火星に水道はあるのかなあ。


>sumiさん
火星人はイエティみたいな姿だそうですが
この人はずっとスマートな感じですよね~。
もしかして、火星でも過激なダイエットが流行ってるんかな?

3ヶ月しか動かないハズの探査機がもう5年も動いてるってことは
どうも掃除だけじゃなく、バッテリーの交換から
ハードのメンテナンスまでやってくれてるんじゃないかと思っています。
だんだんウォーリーとイブの関係みたいに思えてきた。
(当然、スピリットがイブね)

投稿: しのぶ | 2009.02.24 01:35

タコのかたちになったのは重力が小さいのであしがほそくてたくさんのほうが効率がよく消費エネルギーがひくいからで 内臓は環境が悪いのでちいさくなって脳がおおきくてタコのかたちに科学的になりましたよ。

投稿: よつねーど | 2009.03.26 19:54

>よつねーどさん
レスが遅くなっちゃってすいません(涙)。

タコの形はやっぱり効率が良いんですかね~。
火星人をタコ型にしたのはH.G.ウエルズでしたっけか、
あれは私は単純に、イギリス人にとって
「キモイ生物=タコ」という連想から来たのかなと思っていたのですが(笑)
もう少しちゃんとした理論があったんですね~。

地球には人間のようなヒョロッと縦に長い生き物から
足が何本もある節足動物まで、いろんな形の生き物がいるので
きっと火星にもいろんなバリエーションがあるのかも知れませんねっ。

投稿: しのぶ | 2009.04.20 03:07

crocs クロックス

投稿: モンクレール ジャケット | 2013.09.24 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/44153456

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり火星人はいるのか:

« サイバークリーンを使ってみた | トップページ | 「T.R.Y.」井上 尚登 »