« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の14件の記事

2011.04.29

ごめんね九州新幹線

3月11日の大津波は松島基地にも壊滅的な打撃を与えましたが、ブルー・インパルス6機は無事: SHINOblogでも紹介したように、ここを本拠地にしていたブルー・インパルスは九州にいて被災せずに済みました。

翌日の3月12日の九州新幹線全線開業イベントで展示飛行を行う予定だったのですが、残念ながらこのイベントは中止になってしまいました。
なんか関係者(笑)として本当に申し訳ない。
開業記念のテレビCMも自粛されていたのですが、これがすっごく良いCMなんだ!

180秒の長いバージョンで、一般の人たちを募って「九州縦断ウェーブ」をやったそうです。
博多~鹿児島中央間の沿線に住むみなさんが、七色に着飾った新幹線を駅や沿道で手を振って歓迎する様子が続くのだけど、ただ見てるだけでかなりグッときます。

ちなみに元ネタはこれじゃないかという噂もあるんですが、まあ確かにそのまんまなんですが(笑)気にしない気にしない(笑)。
http://youtu.be/kzqd2w1wdCc(1分01秒)


こちらは30秒のもので、九州にまつわるいろんなものが出てきます、これもかなりナイスCM。
「未来は明るいにきまってる」というコピーがとってもステキ。ホント、そうだよねきっと!

そうそう、ブルー・インパルスですが、開業日12日の前日にもテスト飛行をしてたんですよね。
その様子を撮ってた動画をチラッと。
女の子の声で「うわーーーきたきたきた!かっこいい~~~~!!いや~~~~っ!!!」って叫んでるのがなんとも嬉しいです。
いつもだだっぴろい基地で見てた私にとって、大都市のど真ん中のビルの隙間をぶっ飛んでるブルーがやたら新鮮。
テスト飛行はお昼過ぎに行ったそうなので、本当にちょっと後に・・・。
私はむしろこちらで号泣した・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.25

ストレプトカーパス

聞き慣れない名前ですが、いくらSHINOblogだからって、新種の恐竜でも戦闘機の名前でもありませんよ(爆)。
我が家に仲間入りした植物の名前です。

全体としてはこんな感じ。
20110425_1
葉はけっこう肉厚ですが、それに似合わず花茎が細くて繊細な花を咲かせています。

ちょっぴりスミレに似てるけど、一回り大きい感じかな?
20110425_2

こないだ買ったチューリップも終わってテラスが少し寂しくなってきたので、お出かけしたついでに買ってきました。

ストレプトカーパスはイワタバコ科の植物で、セントポーリアの仲間なんだそうです。
半日陰でも育つので室内でも明るい場所なら置いても大丈夫そうです。
植物って基本的には日光に当てないと生育が悪いじゃないですか。
でもそれだと、あまり部屋でかわいい姿を楽しめないんですよね~。
だもんで、こいつはしばらく室内にいてもらおうかなって思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.19

F2戦闘機を復活させよう

いつもミリ関係でお世話になっている(笑)Cafe Roomのフランカーさんからこんな情報をいただきました。

【東日本大震災】F2、防空の要所復活へ、奮い立つ松島基地 - MSN産経ニュース

宮城県東松島市にある航空自衛隊松島基地も、今回の津波で壊滅的被害を受けました。
F2戦闘機18機、T4練習機4機(うちブルーインパルス用1機)、U125A救難捜索機2機、UH60J救難ヘリ4機が冠水、一時はすべて使用不能かと思われましたが、F2戦闘機に関しては復活可能と判断さたそうです。

私は「戦闘機や救助ヘリは国の財産なんだから、自衛官は身を挺して守るべきだっただろうゴルァ!」と息巻いたのですが、フランカーさんに「それは難しかっただろうね」とたしなめられてしまいました。
そうだよねえ、あんな巨大なのが来るなんて、誰も想像できなかったし、想像できてたら、あれだけ津波への意識の高い人々がこんなに犠牲にはならなかったしね・・・。


去年の松島基地航空祭で展示されていたF2戦闘機。
翼の上を歩く体験ができました。
間違いなくコイツも冠水したでしょう、でも、廃棄処分にならずに済みそうです。
翼の上を歩き隊

松島救難隊創立50周年のカラーリングを施されたUH60J救助ヘリ。
これも冠水してしまったのでしょうか。
私が一番好きな(笑)ヘリ

私たちが釜石に行くときは、内陸にある隣の遠野市を通っていくのですが、遠野には陸上自衛隊の一大拠点が展開されていました。
もちろん衣食住は自前なのでしょう、大きなテントがいくつも張られ、深緑色のでっかい車が何十台も停まっていました。
ここから岩手の沿岸各地へと向かい、支援活動にあたっているようです。
しかし、今回の被災地はそれだけでは足りないほど広範囲です。
もっと内陸や、あるいは県外から毎日通っている部隊も多いと思います。

国道は渋滞していると聞いて、道が細くて遠回りではあっても県道を通って釜石市に入ったのですが、そんなへんぴ(汗)な道にもやっぱり自衛隊の車がたくさん走っていました。
本当に彼らには頭が下がります。

市内に住む叔母は、「前は、自衛隊なんてなんのためにあるのかって思ってたけど、みんなとても親切で本当にありがたいと思った」と言っていました。
大方の人が似たような思いを持っていることでしょう。

たぶん私は普通の人より自衛隊のみなさんを見慣れていると思います(笑)。
ただ、もっと見慣れていたのどかで地味な海沿いの町に、いかつい隊列が無数に走っている事実にはやっぱり違和感しか感じられず、「どうしてこんなことに」と思わずにはいられないのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.18

無事に帰ってきました

さきほど無事に自宅に戻ってきました。
車中泊を覚悟して行ったけれど、なんとか親戚の家に泊めていただくことができて、岩手ではずっと暖かい屋根の下で眠ることができました。
被災地まで押しかけて、結局、被災者のみんなに助けてもらっちゃいまいした・・・。

覚悟はしていったつもりだったけど、あまりのひどさにただ呆然とするばかりで、ようやく会えた人たちに、むしろ「何もなくなっちゃったけどがんばるからね」と元気づけられる始末でした。
家があったところは瓦礫が手つかずで残っていて、近づくことができませんでした。
前の姿を知っている私たちにとってあまりに無残過ぎて涙も出ません。
写真も撮ったけれど、ここに載せたところで意味はないのでやめておきます。

そういえば、東北道から沿岸に向かうあらゆる道で、自衛隊、機動隊、警察、病院関係の車、「災害派遣」「がんばろう東北」などと書かれたゼッケンを貼ったトラックや作業車をたくさん見かけました。
ナンバーを見ると、本当に全国各地からやってきているようでした。
テレビのCMなどで「みんながついています」という台詞をよく聞きますが、あれは本当なんだなと強く実感しました。
支援が遅いという話も聞きますが、中の人も外の人もみんな本当にがんばっています。
あまりに被害が大きくてなかなか行き渡らないことも多いけれど、それでもみんなががんばっています。

道路の部分は車が通れる幅だけ瓦礫が撤去されて、たいていの場所には行けるようになっています。
信号が根本から流された場所もたくさんあるけれど、みんなで譲り合ってたくましく走り回っていました。
人間て、というより生き物って、どんだけ叩かれても負けない、懲りない、そしてまた立ち上がるんだなって思います。

釜石では桜が咲き始めていましたよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.04.16

釜石市片岸町

釜石市片岸町
あまりにひどくて。これはまだとてもきれいな方です。これ以上載せられない。赤い丸に×マークは、撤去する物です。建物、車、橋、船、まだ見つからない人達。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.15

鵜住居

鵜住居
ダメだこりゃ。
何もなくなっちゃった。

| | コメント (63) | トラックバック (0)

遠野風の丘

遠野風の丘
この辺も地震でだいぶ被害があったけど、わりと落ち着いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.14

がんばろう岩手

がんばろう岩手
町中の至るところに垂れ幕やポスターが。
がんばろうね。みんな応援してるよ。一緒にがんばろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岩手に入りました

岩手に入りました
制限速度は50キロ。道路はうねって段差ができてるけど、ゆっくり走れば大丈夫。今日は岩手内陸部で一泊して、明日の朝釜石に入ります。
パーキングの売店のおばさんが災害派遣で来たであろう制服姿の人達みんなに「お疲れ様、ありがとう」って声かけてましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島通過〜

モブログ投稿です。このあたりも道がだいぶうねってます。
建物も多くがブルーシートかぶってますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

釜石に行ってきます

突然ですが、明日から岩手に行ってきます。
被災した親戚に会ってお見舞いを渡したりこれからの話をしたり、いろんな用事を済ませてきます。
泊まる家は流されてしまったので野宿になると思いますが、友達からシュラフをお借りしたし、釜石もだいぶ春らしくなってきたので、ちょっと早いキャンプだと思えば、そうつらくなく過ごせると思います。
被災しなかった親戚の家は、被災した知り合いや親戚でいっぱいなので、外から来た人を泊める隙間はないのです、これは仕方ないですよね。

父親のエルグランドを借りて行くんですが、これがかなりマズイことになってまして・・・。
車には、自転車とテレビ2台とスコップと日本酒とカリントウと、キャンプセットと長靴とDVDプレイヤーと、あと、なんかもう良く分からないものが大量に積まれてて、私たちの荷物を乗せる場所がなくなってました~っ(号泣)。
中には、被災者を冒涜してると言われかねない物も入っていましたが(極端にお古の食器とか服とか)、明らかに「これはいらないだろう」ってのは、すでに下ろしちゃいました(笑)。

もうね。
冗談抜きで何個も荷物下ろさないと私たちの着替えも持っていけないし、車中泊するって言ったの覚えてないのかよお父さん(汗)。

まだ毎日大きい余震も続いてるし、レベル7も気になるので、十分気をつけてゆっくり時間をかけて行ってきます。
東京に戻るのは日曜になるかな?
さすがに現地からモブログ投稿できるか分からないけど、帰ってきたら必ず生存証明します。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.04.12

恐竜博2011

2011年7月2日から10月2日まで、東京上野の国立科学博物館で「恐竜博2011」が開催されますよ。

今や恐竜の研究もだいぶ進んできて、ついには恐竜のミイラまで発見されています。
私もブログを休んでいる間に見に行ってきたんだけど、恐竜(ハドロサウルス)の肌のイボイボ(汗)ががっつり残っていて、これはかなり衝撃でした。
ウロコのような模様が分かる?

去年の「地球最古の恐竜展」では、ヤバイを通り越して単なるグロとしか思えない「ほ乳類」の仲間エクサエレトドンを見てきました。
エクサエレトドンの赤ちゃんの復元標本ですが、これさあ、どう見ても悪意に満ちてやしませんか(大汗)。
こ、こわいよ~

でもぬいぐるみはかわいい(笑)。
プリティ~

こんな感じで、最近はやたらマニアックな展示が多くて、子供たちにとってはあまり面白くなかったかも知れません。

しかーーし!!!
今回は恐竜の王道、ティラノサウルスとトリケラトプスがメイン展示となります。
誰でも知ってるあの王者たちの登場ですよ!!!
これはもう、行くっきゃないでしょ!

こちらは主催朝日新聞の特設サイト
asahi.com : 朝日新聞社 - 「恐竜博2011」

こっちは科学博物館の特設サイト
特別展「恐竜博2011」

まだ先の話なので、あまり詳しいことは書かれていませんが、なんか恐竜たちの色が分かるようになったそうですよ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.04.11

節電って言ってもねえ

これから夏に向かって、関東地方はシビアな節電を強いられることになりそうです。
今でも東京では、繁華街はもちろん、駅構内もかなり照明を落としてるし、ちょっと視力の弱い人は逆に怖いんじゃないかと思うんですが、まあこれも仕方ないことですね。
会社でも普段はつけっぱなしのトイレや休憩室の照明を、人が居ないときは消すようになりました。
一ヶ月近く経って、だいぶみんな慣れてきたみたいです。
案外人って適応するもんですねえ。

これから暑くなってくると、家庭でもかなり節電をしないと追いつかなくなりそうですね。
みなさんのご家庭でも何かやってることはありますか?


我が家は家族が2人しかいないってのもあるんだけど、以前からかなりの節電一家です。
もともと日中は家にいないし、ご飯はガスで炊いてるし、暖房もガス。
リビングの照明は白熱球を6個も使う大食いシャンデリアだけど、これも実はお客さんが来たとき以外は消灯しています。
普段使ってるのは2個球のシーリングに電球型蛍光灯を入れてるので、これもかなり節電タイプ(LEDはまだまだ高価過ぎてお話になりませんよ)。
お湯を沸かすポットも最近省エネタイプのにしたし、そもそも酷暑の時期は冷茶が多くなるからお湯もあまり沸かさないしね。
廊下の電気もセンサー式ですぐ消えるようになってるし、トイレの便座なんか一度も温めたことがありません。

というわけで、我が家で節電するとこって、あと何なんだろう??
唯一思い当たるのはテレビかなあ、今のテレビは番組情報を取得するために主電源落とさないでしょ。
こんな「主電源落とすな」とか言ってるテレビのどこがエコなんだよとか思うんですが、これ切ったらかなり節電になると思うんですよね。

あとは、アンペアを落とすってのも考えたんだけど、もっと良く考えたら経済的にはお得でも、節電という話になると効果あるのかな?
まあ、ブレーカー落とす限界値が低くなるという意味では節電にならなくもないですね。

他に何ができる?
早寝早起き?・・・それは一番難しい~(大汗)。
なにか他にできそうなことがあったら教えてください~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.01

みんなありがとう

あの地震からもう20日、4月になりました。
東京ではソメイヨシノがうっすらと開き始めましたね。

釜石も市街地なら携帯が通じるようになって、宅配も個人宅まで行くようになりました。
我が家でも子供たちのために、お古だけどニンテンドーDSi LLを送ったり、タバコのみの叔父にタバコを送ったりしています。
・・・考えたらロクでもないもんばっか送ってるけど(汗)、食品などの物資は一通り行き渡り始めたようなので、こういう息抜きだって必要だよね。
私の父親からは、男性物の下着を大量に預かったのだけど、これがまたあまり趣味がよろしくない(笑)。
40代から60代の男性が着るにはかなり厳しいものがありますが(笑)、ありがたく受け取りました。

そして何より、あって邪魔にならない現金。
我が家だけでかなりの額をいただきました!!
半分泣き落とし作戦(作戦だったのかよ!)で奪い取るようにもらったものもあるけど(笑)、ちょっとこれは驚きというか、本当にすごいなと思いました。

ここでは詳しいことは書けないけれど、多くの親戚や知り合いから、たくさんの励ましの声をいただき、いろんな形で支援をいただきました。
みんなができる範囲で協力してくれている・・・。
お金だけじゃなく、本当に様々な支援の仕方があるんだなと、改めて、多くの方の優しさに毎日感動しています。

震災から1週間くらいは悪い知らせばかりで、とどめは家族を家ごと失い、「こんなんで復興なんて無理だ、生き残ったみんなは釜石になんか住むのやめて」と思ったりもしたけれど、確実にゆっくりと前に進み始めているんですね。
今でもまだ「こんなんで・・・」という暗い気持ちになることもあるけれど、いつの日か「なんであんな弱気になってたんだろ」と思える日が来ることを信じています。

みんな、本当に本当にありがとう。
まだまだ先は長いけどがんばろう!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »