« 女子テコ | トップページ | SABONのルーム・フレグランス »

2011.05.26

最近わからないこと

東京電力がなぜあそこまで批判されるのか、いまいち分かりません(汗)。
東京電力だって被災者なのに、なんであんなにタコ殴りにされるの?

海の目の前に原発を造ったから?地震や津波に対する対策を怠ったから?その後の対処が悪かったから?

それならですね。
海の目の前に拠点を作って、いの一番に流された警察署とか役所とか自衛隊の基地とかが、そのために救難活動できなかったことは批判されないんでしょうか?
地震のあと、ソッコウで内陸に避難した沿岸役場の職員は批判されないんでしょうか?
避難者ごと流されるような場所に避難所を造って大量の犠牲者を出した自治体の責任は?
沿岸に社屋を作って自社も大損失を出したうえ、大勢の失業者を出した被災企業の責任は?
先人の「これより下に家を作るな」の教えを無視して家を作り、流された人は?
大津波警報が出てたのに、「大したことない」「ここまでは来ない」と逃げなかった人は?


「なにもかも想定外だったから」
東京電力にとっても想定外だったはずです。

「大勢の人に迷惑をかけたから」
大勢の住民を守れなかった避難所や自治体や警察・自衛隊は?
私は今でも、屋根まで水に浸かるような場所に防災センターを作って大勢の犠牲者を出し、しかも後になって「あれは津波のための一次避難所ではなかった」と言い訳している釜石市を許せずにいます。


私たちが電気に不自由を感じず生活できるよう電力会社は電気を作り続け、その恩恵を私たちは散々受けてきました。
もちろん、原子力発電の存在そのものについては、以前から疑問がありました。
満足に制御もできないような物に手を出すことの危険性はみんな充分分かっていたはずです。
それでも、多くの人が「原発は必要だと思う?」という問いに、「危険だとは思うけれど、今は代替がないから仕方ないと思う」と答えていたでしょう。
そして、代わりになるものを探す努力をしなかった、節電は必要と分かっていても努力をしなかった私たち国民に責任はないんでしょうか。

「国が責任を持て」と言うけれど、「国」とは私たちそのものです。
「日本」は、日本人である私たちがお金や知恵を出し合って形作っているもので、誰か奇特な人が善意でお金出してくれてる訳じゃありません。
つまり、責任を持つのは私たちではないでしょうか。

国策として、つまり私たち国民の意思として、各電力会社は電気を作り続けてきました。
もちろん、東京電力には、命をかけてこの事態の収束に努めてもらわなくてはならないでしょう。
そのために、国民みんなが電気を消して協力しています。
電力会社には、なんとしてもがんばってもらわなきゃいけないから。

しかし今の、ヒステリックとも思える東電批判が、やっぱり私には理解できずにいます。
・・・でもなあ、これって「みんなやってんだからいいじゃん」的な考えなのかもなあ。

|

« 女子テコ | トップページ | SABONのルーム・フレグランス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/51776375

この記事へのトラックバック一覧です: 最近わからないこと:

« 女子テコ | トップページ | SABONのルーム・フレグランス »